Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(5) >>

文体をリレー

 ( リレー詩・合作詩投稿城 )
- アクセス(170) - いいね!(2)

キシレン☆GSMAPNmZEkg ★DSi=OmYo56SoRp

文体をリレーします。
前に書かれた詩の続きを書いていきますが、途中までは前の人の文体で書いてください。
途中で、(ここから自分風)といって、ふだんの感じに戻せばOKです。
では私から。

(ここから俺の字!)
ただ何も隠してないよ内容量誤発射
薬指飲む麒麟も函館に行ったけど
私はこんなにもあなたがいとしい。

5年前 No.0
メモ2013/02/14 00:24 : キシレン☆GSMAPNmZEkg★DSi-OmYo56SoRp

正直>>0に続けることができたらすごいと思うます

ページ: 1


 
 

森田拓也 ★tq7No3MF1s_Zos

それでも、やっぱり
あなたは不定形な存在で
函館から麒麟に乗って帰って来た私を
警告もなく、あなたは爆撃しようとする。

4年前 No.1

蛾兆 @bolca ★SOFTBANK=squycCFOXc

機械仕掛けの朝日喰う虫
測られた沈黙にたかり
咀嚼した人工の石が腹中に寄生して光るのを待つ

麒麟の哭く夜の道は
通りなれた噴水をすぎて
地下室に繋がっている

(ここから自分風)

数字と私の
密会に生える猥褻な黴が
厚さ1.5メートルのドアをやすやすと透過して階段を上る朝

残された私は、気になっている

何が失われたのか、と

あり得ないことだが、

何も失われなかったのか、と

4年前 No.2

ハァモニィベル ★cJgSUf0Dy0_KHM

失われたのは、ただ1つ
幽玄な臭いローファーが!
塗りたくった洗濯物の鼓動が
覗きこむ罠を暴き出す
嘘の鎖と毒の湯気が
刃の花束を持って
白い頭蓋骨の砂漠で待っていることを

(ここから私風)

もがき伏す女神に陶酔しながら
可能性の髪をかきわけ
暖かな布団の檻の中で
魅惑の軌道をすり減らしては
逞しい摩擦が君の中で掠れる

4年前 No.3

蛾兆 @bolca ★SOFTBANK=squycCFOXc

しなやかな指に握られ
堪えきれず破れる微細な吐息が
煌めく水辺に群れをなして流れ出していく
紅色の蕾は淫靡な悦びに震え
白い花弁が一枚づつ伸展したがっている


(ここから私風。)


桜たちは、樹皮で呼吸し
根で密談している

春の太い指が、蕾をそっと弄りだす頃は

猫たちとか
僕とかが幹の陰でアクビする

\( ̄0 ̄)/


4年前 No.4

革島なめな @shimaname ★Android=SyQuIeuV4N

蝉たちは、羽を震わせ
恋人を呼んでいる

秋が爪先で、優雅に踊りだす頃は

馬たちとか
君とかの腹や足が太くなる

【style=”自分”】

道路の上の蝉は
もう死んでいる
死んでいるだろうか
死んでいるだろう
死んでいるに決まっている

君は、少し太ったように見える
君の、脂肪を分けておやりよ
私はもう少しでそう言いそうに
けれど言ったところで
蝉はもう鳴かない
君は怒るだろう
けれど蝉はもう鳴かない

秋の風は蝉を
落とす
落ちた
落ちている
もう鳴かない
この蝉はもう鳴かない
確かなのはそれだけだ

3年前 No.5
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる