Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(953) >>

長編異世界ファンタジー合作募集

 ( 募集・告知 )
- アクセス(3388) - いいね!(1)

白熊 ★yRfxurPKYaU

専用記事をたてましたがいささか注目度が下がってきたような気がするのと
今回は成功すればなかなかの大プロジェクトになりそうな気がするので新しくたててみました。

ええと、題名どおり、異世界ファンタジーです。ある程度設定ができあがっているので、
それを読んで興味を持った方のなかで、最後まで投げ出さずにできる方、ぜひぜひご参加ください。
なお、ト書き・ギャル文字・小文字の乱用はご遠慮願います。

ではでは次から設定の説明をしますのでしばらくお待ちください。

2009/02/01 16:16 No.0
メモ : 秋桃★mFw8aLWqc9M

では、でてきた案をここにまとめていきます。もし抜けているところがあったら、私に言ってくれるか、編集よろしくお願いします。


〜空世界〜

・土地面積は十分であり、川・湖が存在する

・気流のせいで、地上には行くことができない

・各島に高度さがあり、高いほど気温が低くなる。ただし、気流付近も気温が低い

・ドラゴンが生息し、交通・医療の面で活躍している

・人がてなづけられたのはゴールドドラゴン、ブラックドラゴンだけ。

・黒魔法が発達


〜地上世界〜

・中央に険しい山脈(雪山)があり、東西に分かれている。東西の行き来は不可


〜陸世界〜

・世界の8割が陸である

・北から順に雪山、針葉樹林、草原、首都、砂漠、熱帯樹林、湿原が存在

・西に行くほど気温が上がる

・交通手段には馬車を利用

・医学が発達し、魔法は存在しない

・銃が使われる

・昔から続く王朝が政治を支配

・チェックポイントの封印(開放)の旅


〜海世界〜

・土地面積が十分ではなく、船の上で生活する人が多い。停泊、航海のどちらもある

・北は北極のように氷に覆われ、氷山も多い

・東に行くほど気温が上がる(西に行くほど気温が下がり、氷山もある)

・政府はなく、火薬も簡易な爆弾ぐらいしかない。

・白魔法が発達


…続きを読む(9行)

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11


 
 
↑前のページ (903件) | 最新ページ

ゴン @gorurugonn ★ANOBAXQECN_jAc

玉獣と呼ばれる種類の神がかり的な力を持つ動物がいるみたいな。ゴールドドラゴン、ブラックドラゴンもレッドドラゴンも玉獣の一種で、玉龍と呼ばれる種類とか。ある地域では神獣としてあがめられていたり、災厄の象徴として恐れられていたりみたいな。
これまでの話し合いではあんまりモンスター退治みたいなものが前面にくる話でもなかったので、これ退治みたいな路線にはしない方がいいとは思うんですが、一つの案としては、ヒルダが開封するべきチェックポイントの守護者として、この門を犯そうとするものを攻撃するみたいな存在だとか。
で、正当権利人たる王家の血をひくヒルダとクリスは玉獣に攻撃されないとか(レッドドラゴンもヒルダを殺そうとすることはできなくて、だからこそダブリスもヒルダを捕えて殺そうとはしない理由の一つだったり)。
で、正統権利人でなくとも、門を開けるに足る力の証明として玉獣の持つ宝玉を三種携えることで門が開く赤い石の生成が可能だとか。
で、コランダムとカーネリアンが空世界の大気の壁を突破可能だったのは、パフとオニキスが一緒にいて、かつカーネリアンかコランダムがレッドドラゴンを倒した時に手に入れた使い道の不明なレッドドラゴンの宝玉をその時持っていたことで、門を開く資格を満たしていたからみたいな。

だから当然ですけど門を無理やりこじ開けようとするバルバロスに対しては攻撃的で、でもバルバロスはそんなものに頓着せず向かってくる玉獣を返り討ちにして逆に宝玉を奪い赤い石を生成して、飛空艇を始動させ、門を開けてしまうみたいな。

そうなるとパールたちの一族が玉獣を守る一族だったりしてもいいと思ったり。で、バルバロスがこの一族に助けられたとき、一族の壊滅とともに守っていた玉獣も殺されたとか。で、玉獣自体は門がある限り倒されても時間がたてば復活する存在で、宝玉自体は何度も倒せば基本的に無限に手に入るものだとか。

ドラゴンたちも基本的に玉獣なので門を守る存在であるんですが、門を守りつつ人間とも共存できる特殊な存在とか。

2ヶ月前 No.904

白熊 ★a8X7P09MPK_yoD

玉獣かあ。空世界はドラゴン三種として海と陸もドラゴンの仲間とかいなかったっけ?そのあたりかな?

2ヶ月前 No.905

ゴン @gorurugonn ★ANOBAXQECN_jAc

海世界は割とそういうのが出てもおかしくない気はしますけど、王家が治めている陸世界はそういうモンスター的な存在からは多少距離がある気がしますね。
そもそも玉獣がキーポイント護衛のためにいるなら、陸のキーポイントである砂漠のあたりにいることになるでしょうし。
だとすると、砂漠の民は基本的にこの玉獣を砂漠の内側に封じ込めて、外に出さないようにしつつ、王家の人間がいつか予言の通りにこの門を開封することを待っている存在みたいな。それで、砂漠の民が扱う機械の原動力が、この玉獣から取れる宝玉のエネルギーを核にしているとか。
だから基本的にはジェイドはそういうモンスター退治経験はなくて、存在も知らないとか。アメジストは存在くらいは知ってそうですね。それぞれのチェックポイントに三種類の玉獣がいて、それぞれの三種の宝玉から生み出される赤い石を核にして動く飛空艇そのものがそれぞれ、三種類の玉獣の王であり、世界を滅ぼす力を持つ巨大な災厄である、ジズ・コロンブス(空世界の飛空艇)、リヴァイアス・バルバロッサ(海の飛空艇)、ベヒーモス・マゼラン(陸の飛空艇)とか。

石の名を冠す十二人の登場人物に合わせて十二種類の宝玉を生み出す十二種の玉獣(三つの扉にそれぞれ三種(合計九種)プラス飛空艇三機)で考えてみたり。強さ自体もレッドドラゴンが一応ドラゴンの力を使えば人間にも退治可能なことを考えると、それぞれの世界にいる玉獣も脅威ではありつつまったく太刀打ちできないレベルの強さというわけでもない存在な気がしますね(海なら焙烙玉、大砲で倒すことができる、陸は銃火器、古代の民の兵器で倒すことができるレベルみたいな)。

で、海世界では基本的に無尽蔵に現れる玉獣狩りが職業として成立していて、死傷者を出すにもかかわらず、最終的に得られる宝玉の価値を求めて門の近くで荒くれ物の海賊たちが狩りを行っているとか。パールの一族も砂漠の古代の民と同じような感じで門を守り、玉獣が人を襲わないように玉獣と人をそれぞれ導く存在だったはずなんですが、それを玉獣を独占していると考えた当時のバルバロスに目をつけられて島を襲おうとした結果、その玉獣の力により、当時所属していた海賊団ごと壊滅し、生き残ったバルバロスだけがパールの母親に手当てされたんですけどそこでバルバロスがパールの母親を自分のものにしようと、一族全てを抹殺し、手違いでパールの母親も殺してしまったものの、その遺体をずっと保管して、いつか生き返らせて自分を愛させるために動いているとか。

2ヶ月前 No.906

白熊 ★a8X7P09MPK_yoD

ということは空世界のドラゴン三種・海のドラゴンは首長竜的なもので陸は恐竜っぽい感じ?
あとそうなると飛空艇も生き物になるの?

2ヶ月前 No.907

ゴン @gorurugonn ★ANOBAXQECN_jAc

そんな感じですね。
飛空艇は生き物であり機械(道具)みたいな存在で、動力源は核の赤い石で、それがあり続ける限りほぼ無限に活動でき、生物として自らを適正な状態に保ち続ける機能(生物で言うところのホメオスタシス(生態恒常性)(傷ついたりしたら飛空艇自身がその傷を自動的に修復したり、異常が発生しても自らの力で正常な状態を保とうとする能力))があり、かつ知能を持ち、操縦者の意図を指示によって理解できるので、基本的に操縦は自律していて、多くの人間がその航行に労力を割かなくても、基本的に操縦者(指揮官)がいれば、他に誰も載ってなくても発進から何から何までできる、みたいな。だから操縦とかもあそこに行け、で行ってくれるし、着陸しろ、でどんな場所でもいいように着陸してくれるみたいな。そういう地形とか状況の判断は生物としてのプログラムから、命令に対して矛盾のないように自動的に処理して動いてくれる設計だとか。

でも固有の意思みたいのは非常に薄くて、操縦者の意思に全面的に従う道具のような存在だったり。役割としてはジルコニアは世界を崩壊させるための道具として生み出した存在なんですが、それ自身には世界を破壊するという意思はそんなになくて、ただ操縦者がその命令を下せばその通りにする、みたいな。
全体のデザインとしては機械と生物が合わさった感じで、一見すると生物には見えないんですが、内部をよく見ていくと確かに生物としての機関が備わっていたり(と言っても食事も排泄もないので、生物として機能しているのは循環器系と呼吸器くらいな気がしますが)。

イメージとしてはファイナルファンタジー]のシンみたいな(あれは鯨っぽいですが)
あんな感じで、ジズは鳥、リヴァイアスは蛇みたいなワニみたいな、ベヒーモスは四つ足があって頭部に巨大な角が二本生えてるみたいな感じとか(あやふやですけど)。

内部構造は近未来的な戦艦っぽい感じなんですけど、壁がよく見ると血管が走っていたり、触ると生暖かかったり、呼吸によって膨らんだりしてるみたいな。人が暮らせる空間は沢山あって、増改築もできるとか。

そんなわけで生物要素としてはメンテナンス要員が少なくて済むアンド知識のない人たちでも操縦できるあたりを満たすためだったり(単純に最初は厄災がモンスターだったのが私が後から飛空艇とか言い出したののつじつま合わせなだけなんですが)。

2ヶ月前 No.908

白熊 ★giq5ICff8X_yoD

海と陸もドラゴン三種にする?首長竜的なの三種と恐竜的なの三種
でもそうなると爬虫類が多くなるねw

2ヶ月前 No.909

白熊 ★giq5ICff8X_yoD

それとも海のドラゴンは首長竜じゃなくて東洋的な竜にする?
あれって水の神様的な存在だし

2ヶ月前 No.910

ゴン @gorurugonn ★ANOBAXQECN_VuR

門の守護者と書きましたが、ゴールドドラゴンやブラックドラゴンと同じく人の生活に根付いているのがいてもいいかもしれませんね。
具体的には依然上がった海世界でイルカ的に海を回遊して船の牽引役をやってくれるその玉獣がいるとか(全部龍形なら玉龍でいいかもしれませんが)。
後は陸世界では馬の代わりに移動に使われる玉龍がいて、これは基本的に王家の軍隊でも正規の騎乗用玉龍として認定されていて、近衛兵はもちろん、あらゆる兵士階級の人間は龍への騎乗ができないといけないとか(ただ、陸の龍はブラックドラゴンと違って空中移動をしないので、扱いは乗馬並みで、龍騎士みたいに特別才能がないと乗れないものでは全くないみたいな)。

で、門の番をやっているのもそれぞれの扉に一種類ずついて、それを含めてそれぞれの門に三種玉龍が封じられているとか。
空世界:ゴールドラゴン、ブラックドラゴン、レッドドラゴンですから
陸世界:プラチナドラゴン、グレイドラゴン、グリーンドラゴン
海世界:シルバードラゴン、ホワイトドラゴン、ブルードラゴンとか。

金属の名を冠しているゴールド、プラチナ、シルバー、無彩色のブラック、グレイ、ホワイトはそれぞれ人に有益かつ基本的に無害で、有彩色のレッド、グリーン、ブルーは門を守護するという目的に付随して人を殺すことがある獰猛な種類だとか。

イメージ的には海世界ではホワイトドラゴンがイルカ的な感じでその辺を泳いでいて、えさの魚を上げる代わりに目的の場所まで連れて行ってくれたり、白巫女はこのホワイトドラゴンと会話することができるとかで、前もって危機の先ぶれを知ることができるとか。

陸で馬の代わりに使われているのはグレイドラゴンで、大きさは大体馬一頭の小さいティラノサウルスみたいな外見をしているとか。馬力は一等で馬五頭分くらいで、荒れ地でも砂漠でも凍土でも歩いて走れるとか。

あと、大陸では医学が発達していて病があるみたいな話がありましたが、その病の原因の一つが実はグリーンドラゴンが出す瘴気で、これに当てられた人が陸世界においては不治の病にかかってしまうとかで、それを治すことができるのは海世界の白巫女の白魔法しかないとか(グリーンドラゴン自体いわゆるゾンビ系の生きながら死んでるみたいな、見た目も腐りかけで腐臭を放っているみたいなドラゴンで、白魔法が弱点とか)。

陸世界のプラチナドラゴンと、海世界のシルバードラゴンはそれぞれその世界における統一と秩序の象徴みたいな感じでそれぞれ、陸世界ではダイヤモンド王家に、海世界ではパールの一族によって守られていた存在なんですが、少なくともシルバードラゴンは、パールの一族による独占を快く思っていなかったバルバロスによって、一族襲撃の時にパールの母親によって命からがら逃がされていて、パールはいずれドラゴンを見つけ出して保護することを目的に、財宝探しとして、各地の秘宝伝説を探っていたとか。で、図らずもゴールドドラゴンのパフとコランダムがパールの住まう雷の島に落ちてきたことで、同じドラゴンであるパフに、シルバードラゴンの居場所がわかる、あるいは呼び寄せることができる、みたいな感じで、パフに雄たけびを上げてもらうとか。

で、その声を頼りに一番呼びたくないブルードラゴンが覚醒して、嵐を巻き起こしながらやってくるとか。ブルードラゴン八岐大蛇的な感じでもいいと思ったり。そんな感じのを考えたりしました。

2ヶ月前 No.911

白熊 ★giq5ICff8X_yoD

その獰猛な三体の中で一番暴走してるのがレッドドラゴンって感じ?
あちこちの集落に出向いていって襲ってるわけだし。

八岐大蛇いいね!

2ヶ月前 No.912

ゴン @gorurugonn ★ANOBAXQECN_VuR

そうですね。レッドドラゴンはグリーンとブルーに比べると圧倒的に小さく、数は非常に多いという感じだったり。
そもそも空世界における門が空世界全体を支える大気の壁そのものなので、その扉の力自体が空世界全域に及んでいて、だからレッドドラゴン自体も空世界の全域に現れ得るみたいな。さらにその法理自体がいじられていて、殺人とその被害者がレッドドラゴンへと変貌する呪いになっているみたいな。

ブルードラゴンとグリーンドラゴンは基本的にお互い門のところにしかいなくて、だから陸世界側では砂漠の民、海世界側では門を破ろう、あるいはブルードラゴンを倒して宝玉を得ようとする海賊たち以外とは基本的に縁がない存在とか。でもたまに天変地異をもたらす存在として、ブルードラゴンは大しけと津波、グリーンドラゴンは地震と疫病をもたらす存在として門から離れたところまで出没したり。

ホワイトドラゴンは50センチくらいのからクジラ並みに大きいのまでいろいろいて、基本的に群れを成して海を回遊していたり、群れから離れて移動していたりいろいろ見たいな(群れを成すのは小型のもの、ある程度大きくなると群れを離れて単独行動をするようになるとか)。知能が高く、物々交換の概念があって、船を運んでくれ、みたいな頼み事も相応の対価(それに見合う量の魚とか)がないと引き受けてくれなくて、人間との間に交渉が成立するとか。で、見た目は白い和風の龍プラス魚のリュウグウノツカイを混ぜたみたいなウミヘビっぽい見た目(足はなくひれがついている)で、船をつなぐのにちょうどいい感じの角が頭部の上に二本生えていて、海世界の船は、このホワイトドラゴンに引っ張ってもらうための綱をつなぐために船の前方に縄がついているとか。

プラチナとシルバーはどうしますかね。シルバードラゴンはバルバロスが求めてやまぬ死んだ人間を生き返らせるための宝玉を生み出すドラゴンとかがいいと思うんですが。

2ヶ月前 No.913

白熊 ★giq5ICff8X_yoD

ブルーやグリーンが暴れたら海世界や陸世界の人たちはやっぱり倒すの?
それとも神様的に鎮まるのを待つ感じ?
それを主人公パ−ティーが倒しちゃうとか?

ホワイトドラゴンなんかカワイイイメージw



う〜ん……でも死んだ人間生き返らせる力が本当にあるってどうなんだろう;

2ヶ月前 No.914

ゴン @gorurugonn ★ANOBAXQECN_VuR

グリーンに関しては大陸にいて、王家の人間が言うことを聞かせられるとしたら、毎年王がやる儀式か何かがあって、そこでグリーンドラゴンが暴れださないように封印を施すみたいのがあったりして、普段はそれで押さえつけられているんですが、不定期で、王に不足がある場合に、グリーンドラゴンが暴れて大地震と疫病をもたらすみたいな言い伝えがあるとか。砂漠の中心にあるグリーンドラゴンの巣という、ものすごい大きな穴がぽっかりと開いていて、その奥に海世界とつながるチェックポイントの門があると同時に、グリーンドラゴンが住んでいて、そこからあふれ出す瘴気で息とし生けるものはみな死に絶えるみたいな。砂漠が砂漠たるのもそもそもこのグリーンドラゴンの影響で、その土地に生き物が根付くことができない環境にあるからだとか。

ブルードラゴンは海賊たちが大量の火薬と人手を使って追い込みをかければ倒せなくもない存在、グリーンドラゴンに関しては、基本的に飛空艇に備え付けられている主砲がないと無理みたいな。あるいは王家の人間には無条件にいうことを聞かせられるんだけどそれ以外では古代の民の科学をもってしても、一度動き出したら止められない存在みたいな。大きさもグリーンドラゴンが一番大きくてイメージで言うとゴジラくらいあるとか(東京タワーよりでかい)。で、前身は腐りかけた血肉で覆われていて、絶えず緑色の体液を流していて、その体液がかかるだけで、生き物は死に至る疫病にかかるみたいな。で、このグリーンドラゴンが移動した後の土地は汚染されて病が絶えない土地になってしまうみたいな。で、王家は長い間そういう場所に疫病にかかった人を閉じ込める村を作って隔離していたとか。

シルバーとプラチナはもう少し考えます。

ホワイトドラゴンは白魔法で意思疎通が可能で(と言っても白巫女もピンからキリまでいるでしょうから、白魔法が達者な白巫女の中にはホワイトドラゴンと意思疎通が可能な人がいるみたいな)、白魔法でホワイトドラゴンを呼び寄せるみたいなこともできて、アクアは基本的にこの術をマスターしているとか。で、パールもこの術が使えて、その点からも最初はパールは女だと思われていたり(実際にはパールの一族は特別に白魔法ではなく、ドラゴンとやり取りする技術があったみたいな)。で、アクアと顔なじみのホワイトドラゴンみたいのもいるとか。生意気な性格でクロウルがよく馬鹿にされたり。

1ヶ月前 No.915

白熊 @bear10 ★giq5ICff8X_yoD

となるとグリーンドラゴンはクリスが動かせるわけだね。止められるヒルダがいない隙を狙って他のパーティーメンバーを襲わせるとか。
ヒルダ本人はさほど戦闘能力がないわけだから他をつぶせばそのあとヒルダを殺すのは簡単と考えて。


アクアと顔なじみのホワイトドラゴンとパールと顔なじみのホワイトドラゴンがいても面白いかも。
で、この2匹の仲が最初険悪だったりw

1ヶ月前 No.916

ゴン @gorurugonn ★ANOBAXQECN_VuR

ヒルダがダブリスに空世界にとらわれて、他メンバーが救出に向かっている最中に、それを機と見たクリスたちがグリーンドラゴンを動かす、みたいのはありですよね。ダブリスの目的が大陸王家の正当王位継承者たるヒルダに、自らが空世界の覇者だということを権威づけさせる(本当の目的はヒルダ自身の王家の血脈だとしても)ことにあるとすれば、最終的な立ち位置として悪役同士クリスたちとダブリスが組むとしても、当初はダブリスにとってもクリスにとってもお互いの存在は邪魔ということになるわけで、空世界にいて脅威であるダブリスに対抗する手段として、クリスがグリーンドラゴンを動かしてこれをけん制する、みたいのはありですね。

で、それを脅威と考えた主人公パーティがグリーンドラゴンを一時的に封じるとか(このグリーンドラゴンを倒す魔法こそが白魔法の最大奥義(ただしアクアの求める弟を治す術ではない)だったり)。で、手札がなくなったクリス側が逆にダブリスと手を組んで、バルバロスたちも合流して三大悪党の勢力が確立するとか。

そういえばバルバロスのペットのワニみたいな存在がいたみたいな話もあったんですが、ホワイトドラゴンという存在ができたならこれを使わない手はないなと思って、邪悪な意思を持つホワイトドラゴンのはぐれものみたいのが一匹バルバロスのもとにいるとか。ホワイトドラゴンの不文律として、人肉を食べてはいけない、みたいのがあって、その禁忌を犯すとホワイトドラゴンは自らの体裁を保てなくなる、みたいな制約があったりして、バルバロスのホワイトドラゴンはそれを破って人肉食を好む邪悪なホワイトドラゴンになっていて、見た目も普通のホワイトドラゴンと違って、凶暴な顎をもっているみたいな。

で、バルバロスは食料としてこのホワイトドラゴンに人肉を与えていて、その結果蓄えられた穢れによって、ホワイトドラゴンとしては破格の力を有している凶暴かつ獰猛な存在みたいな。

ホワイトドラゴン界隈では名の知れた悪党で、聞かれても他言無用のいてはいけない存在とか。で、最終的にバルバロス自身を食べることによってその妄念を写し取り、異形の化け物と化して、クロウルとパールによって葬られるみたいな。

バルバロスを倒すのはこの二人がいい気がしますね。ほかの人は特に因縁がないっていうのもありますけど。パールが突っ込んで力負けしそうなところにクロウルの小細工がさく裂して隙ができてそこをパールが一刀両断みたいな。

1ヶ月前 No.917

白熊 @bear10 ★giq5ICff8X_yoD

あれ、一応ボスなのに倒すのはふたり?他メンバー、特に二人以外の海メンバーの活躍の場が減りそうな。
そもそも大きな敵の数ってどれくらい?

1ヶ月前 No.918

ゴン @gorurugonn ★ANOBAXQECN_VuR

とどめの最後の一撃を差すのが、という感じで言いました。
バルバロス退治は全員参加ですけど、その中でバルバロスにとどめを刺すキャラクターは誰が適当かと言えば、やっぱりパールおよびクロウルかな、と。
どちらもバルバロス関係で家族殺されてる恨みがありますからね。

ボスは今のところ四人、
空世界:ダブリス
海世界:バルバロス
陸世界:ウラン(およびクリスを含める謀反政権)
全編通し:ジルコニア
が基本で、厄災系のドラゴンとかは、ボスではなくイベントでしょうか(倒すことで門開封などの動きはあるものの、それ自体が陰謀や目的を持っている存在ではない、逆にボスたちによって利用されることも多い)。後はそれぞれのボスの部下がいる形になりますが、今のところ具体的にそこそこのイメージがあるのはバルバロス海賊団の人たちだけですね(これもプロフィール作らなくてはいけないんですが)。

で、この人たちは、主人公たちがボスに行きつくための手がかりとして、刺客として何度か主人公パーティの前に繰り返し姿を現す必要がありますから、立ち位置的にも展開的にも倒すイベントはそれぞれのボス戦前の戦闘、あるいは物語中でのイベントとして、という形になると思います。

ダブリスは基本的にレッドドラゴンとジルコニアの意思のみが味方で、空世界の登場人物でダブリスに協力してくれる、という人はまずいなくて、ただ自らが支配するレッドドラゴンといつでも空世界の島々を落とすことができるという恐怖で支配している感じで、支配と言っても実際の生活面での干渉については無関心で、ただ、自らの追及したい心のままに、完全なる赤い石を生み出して、世界の終焉が見たい、みたいな感じですね。

バルバロスは配下の七人(以前提案した、バルバロスの愛妾、老人の賢者、怪力男、メノウマルの兄弟子、バルバロスの娘(パールの兄妹)、クロウルの海賊団の裏切りものの天才、エクセルシオール)、および下部構成員がたくさん、+例のホワイトドラゴンのはぐれものという感じで、
それぞれの幹部たちは所々でアクアたちの前に現れたりみたいな。

陸世界ではクリスとウランを中心とする大陸謀反政府とその協力勢力が敵、かつヒルダはある程度イベントをこなさない限り王国国民すべてがヒルダのことを王殺害の実行犯で、クリスは裏切りの姫から玉座を守る正義の王子、という構図だと認識しているので、逆に味方してくれる人たちの方が少ない感じですね。現状ではトルマリンの伯父、アメジストの師匠の狩人集落の裏切り者、あたりが形としてある敵役でしょうか。

そんな感じでボス自体は各編に一人ずつ、および全編通しでのジルコニアで、四人で確定だと思います。あとはイベントがたくさんあるくらいで。
今のところ提案されているイベントまとめも作っておいた方がよさそうですかね(本当に今回線が不安定でせっかく打ち込んでも送信エラーとかなる状態なのでしばらくかかるかもしれませんが)。

1ヶ月前 No.919

白熊 @bear10 ★giq5ICff8X_yoD

ボスは4人か。
あれ?エクセルシオールってジルコニアの弟じゃかったっけ?
兄の暴走を止めようとして主人公たちを導く……バルバロスの配下ってことは何か探ってるとかそんな感じ?

1ヶ月前 No.920

ゴン @gorurugonn ★ANOBAXQECN_VuR

エクセルシオールはジルコニアを止める選ばれし十一人を動かすためにバルバロスに力を貸している感じですね。
あとは十一人が力をつける上でバルバロス海賊団という一つの勢力を設定することでそれを凌駕するためのそれぞれの強さ及び連携のための試金石にしようとしているとか。
後は、十一人を集めるまでもなく、単純な力だけならこの地上で最強の戦力集団であるバルバロス海賊団が、三つの世界がつながることで顕現するジルコニアの意思と決裂して、そのままジルコニアを倒してくれれば面倒がないとかそういう感じの目的もあったりみたいな。
エクセルシオールは目的としてはジルコニアを倒すことが究極の目的なので、それが達しえるなら別にヒルダ達でなくても構わないみたいなスタンスだったり。

導いている以上はヒルダ達が力をつけて、というのが理想形なわけですけど、果たしてそれがうまくいくかどうかは誰も保証してくれないことですし、保険的にジルコニアを倒しうる戦闘集団として、バルバロス海賊団それ自体も候補に入っていて、ヒルダ達を導くにせよ、バルバロスたちに力を与えるにせよ、バルバロス海賊団にいる形が一番手っ取り早いので、そういう形をとっていた、みたいな。

いつまでもあだ名で呼ぶのもあれなので、取り合えず思いついた名前だけ提案します。具体的なキャラ付けは追い追い。

バルバロス本名:ハンニバル・バルバロス
バルバロスの愛妾:スピネル(源氏名、本名はバルバロスしか知らない。バルバロスのことをハンニバルと名前で呼べる唯一のキャラクター)(ほかのキャラクターは海賊団の団員は船長とか、旦那とか、バルバロス様とか)。
怪力自慢の巨漢:ジェット・ブラック(ジェットは和名黒玉という石です。英語でjet blackは漆黒という意味になります)。
メノウマルの兄弟子:コハクマル・マダラメ(駮馬琥珀丸、普通はカタカナ表記で)
バルバロスの娘:ルリ・バルバロス
老人の賢者:孔雀翁(くじゃくおう)、孔雀の爺様など(本名:アオイ・マラカイト(マラカイトは孔雀石という鉱物です)(ガリガリの髭もじゃ即身仏みたいな人のイメージ)
クロウルを裏切った天才:ブレスト・スファレライト(ブレストは平泳ぎの英語breaststrokeから、スファレライトは閃亜鉛鉱という鉱物で、名前の由来は裏切りもの、あてにならないという意味のギリシア語sphalerosから)

とりあえず名前から作った方がなんとなくキャラクターを作りやすいだけなんですが、とりあえず提案で。

1ヶ月前 No.921

ゴン @gorurugonn ★ANOBAXQECN_VuR

あと、エクセルシオールがバルバロス海賊団にいる理由としては、そのままだと海世界それ自体を虐殺で混沌とした焦土としかねないバルバロスに、エクセルシオールが接触することでその力の向かう先を果てしない殺戮からそらして、無政府状態でありながらも人が生きていける世界としての体裁を最低限守るみたいな部分が大きいとか。
その辺は国としての統治機構が最初から存在してない海世界において、バルバロスという巨悪が生まれた際にどうしようもなくそうせざるを得ない形だったみたいな(パールの一族は統治自体はしていなくて、あくまでシルバードラゴンを守り、海世界を見守るのが本分とか)。その辺ですかね、やっぱり。

1ヶ月前 No.922

白熊 @bear10 ★giq5ICff8X_yoD

エクセルシオールの動機としては >>922 のがいいかな

海世界は和名と洋名ががごっちゃになってるけど
地域によって文明がちょっと違うとかでもいいかもしれないね

1ヶ月前 No.923

ゴン @gorurugonn ★ANOBAXQECN_VuR

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1ヶ月前 No.924

白熊 @bear10 ★giq5ICff8X_yoD

バルバロスのイラスト&プロフ乙b

あれ、そうなるとメノウマルも関西弁になっちゃうの?

漢字が読めない人は文字そのものが読めないの?
それともアルファベットは読めるとか?

1ヶ月前 No.925

白熊 @bear10 ★giq5ICff8X_yoD

というかアルファベットと漢字じゃ文字だけじゃなくてそもそも言語そのものが違くない?

1ヶ月前 No.926

ゴン @gorurugonn ★ANOBAXQECN_VuR

メノウマルは標準語ですね。師匠だけ関西弁で、メノウマルが育った環境(というかその師匠が剣を教えていた場所)そのものは標準語圏みたいな。

ジルコニア成立以前は現在の世界のように多種多様な文字と発音が入り混じっていて、人種も混在した状況にあったんですが、ジルコニアが世界の覇権を握ってからはジルコニアが掲げる完璧な世界のために、彼が不完全とみなした要素はその世界ごとゴリゴリと消滅させていくイメージです。で、ジルコニア自身は現在の言語に近い、アルファベット的な文字体系の言語族で育つんですが、その言語自体も自分の理想通りではないので、一からこの世界で現在使われている言語を作った感じです。

で、漢字とアルファベットでは文法からして違うんですが、そこは日本人が漢文読む形式を採用してこの世界の漢字文化圏の人たちはアルファベット文を読み直してるみたいな。あるいは漢字に対してアルファベット読み仮名で、レ点とか返り点を併用して、文章と何一つ対応していない読み方で漢字を読んでいるとか(だからこそ漢字を読める人たちはほぼ相当マニアックな勉強してるみたいな人種しかいないみたいな)。

読みと書きが一つも一致しないっていうのは必ずしも無きにしも非ずですし、ジルコニアがいきなり言語変えた、みたいな背景があればありえるかな、みたいに思ったり。パールは漢字読めて欲しいですから、エピソードの途中で漢字が刻まれた石碑かなんかを読み上げてその辺の一致してないでたらめな読みと書きの食い違いで、ほとんど読み書きできないメノウマルとクロウルの脳みそをオーバーヒートさせたり。

『先即制人、後則爲人所制』

クロウル「せん……そく……あー、読まれへんわ、なんて書いてあるんやこれは」

パール「先んずれば即ち人を制し、送るれば即ち人の制するところとなる、って書いてあるのよ」

クロウル「……は? 嘘言うたらあかんでパール、ワシが文字読まれへんからっておちょくっとるやろ。「先」この字はせん読むんや、で、「人」こっちの字はじん読む、さっき言うた読み方、せんも、じんも出てこんかったやん。ワシかてわかるわい」

パール「馬鹿ねぇ、知らないだろうけどこの文字は読み方が一つだけじゃないのよ。それから文章になると読む順番も変わる。到底理解できないだろうから覚えなくていいけど、そういう文字があるってことだけは覚えておきなさいな」

ちょっとやり取り例を勝手に作ってみましたけど、実際にはこの世界の公用語の言語が書き下し分に対応している感じで、漢字に英語読みをあてて、かつ文法に沿う前置詞等々を送り仮名のごとく入れ込むみたいな感じで読んでるイメージだったり。
ちなみに関西弁は、この言語修正の際に、新しく作られたジルコニア言語と元の言語が混ざって生まれたなまりみたいな(つまり英語のドイツ語なまりとか、ロシア語なまりみたいなものだとか)。そんな感じだったり。

漢字はそういうわけで失われつつある言語なので海世界でも読めなくて当然のポジションで、海世界の人も基本的にはジルコニアアルファベットを使って読み書きしているみたいな。空世界も陸世界も基本的にこのジルコニアアルファベットで、識字率は100パーセント近い感じですけど、海世界だけこのジルコニアアルファベットについても識字率が低いとか。

ところでクロウルが元いた海賊団ですが、せっかくクロウルと、その裏切り者がブレスト(平泳ぎ)になったら、この海賊団はバタフライになぞらえて揚羽海賊団とかどうでしょう。船長がアゲハという名前で、基本的に関西弁の構成員みたいな。その中でブレストだけ標準語だったり。

1ヶ月前 No.927

白熊 @bear10 ★giq5ICff8X_yoD

……なんかややこしいな……読者が混乱しそう、というか私がすでに混乱してるかも;

1ヶ月前 No.928

ゴン @gorurugonn ★ANOBAXQECN_VuR

混乱はよくありませんね。複雑な漢字設定はやめましょう。ただ、海世界のごく一部には漢字という文字体系が残っていて、名前や地名を漢字で表記する地域がある、みたいな程度にとどめておくべきかもしれませんね。

でも、ジルコニアが言語統一を図ったこと自体は普通にありえそうだと思ったり。それも含めて現在この世界において使われている言語に関してはジルコニアが定めたジルコニアアルファベットを用いてつづられる言語というのは大丈夫でしょうか。

で、関西弁はこのジルコニアの強引な言語統一によって元の言語からジルコニアの定めた言語にする際、今はもう伝わってはいないんですが、元の言語に引きずられてイントネーション等が変化することで引き起こされる訛りみたいな。

1ヶ月前 No.929

白熊 @bear10 ★giq5ICff8X_yoD

そうなると関西弁だけじゃなくて三世界ともその地方地方で訛りとかありそうだね。

1ヶ月前 No.930

ゴン @gorurugonn ★ANOBAXQECN_VuR

うーん、あるでしょうけど、あんまり方言に関しては、書く側として、私たちが知識を持っていない部分もありますから、そこはあまり掘り下げない方がいいとは思うんですよね。クロウルの関西弁だけでも割と大変でしょうし。

で、なまりがあるにせよ、それが出ない理由としては、陸世界と空世界においては義務教育、公教育制度がすでに大昔に導入されているので、そこでジルコニア言語は必修で、国語として習うために、この二世界においては全ての人は公用語であるなまりのないジルコニア言語が使える、みたいな。
つまり、海世界は公教育の制度及び概念自体がなかったがゆえに、ジルコニアが作った言語も未教育でいきわたっておらず、結果として関西弁の形として、なまりのある言葉を話す人が多い、みたいな。

でも、そうするとトルマリンの一族は独自の方言もってそうなんですよね。なまり自体をこの世界独自の架空の方言にしてしまう、というやり方もあるんですが(落ちこぼれのロイとかは割と架空の田舎方言ですよね)。どうしましょう。

28日前 No.931

白熊 @bear10 ★giq5ICff8X_yoD

トルマリン一族は架空田舎方言でもいいかもw
それか漢字+カタカナ表記のカタコトとか

28日前 No.932

ゴン @gorurugonn ★ANOBAXQECN_VuR

田舎方言が好みですね。というか、セリフがカタカナのキャラクターを書いたことがあるんですが、変換がものすごく面倒くさいんですね。特に送り仮名で漢字+カタカナで送り仮名はつかないので、わざわざ消して送り仮名だけ打ち込んでカタカナに変換するという作業になるんですけど。それなら全部ひらがなで打ち込める田舎方言の方がいいと思います。キャラクター性にもあっているような。

個人的には老人口調の方言で〜じゃ、〜じゃのう、〜じゃな、みたいな言葉遣いだと十一人そろっているときでもキャラクターがわかりやすいような。で、この一族は大人から子供までみんなこういう口調なんですけど、例のウランと内通しているトルマリンの叔父は王家に合わせて標準語が喋れるとか。ちなみにこの叔父ですがタングステンとかどうでしょう。

で、クロウルが元いた例のアゲハ海賊団(仮)は船長のアゲハをはじめ全員関西弁かつ、このアゲハ自身バルバロスの息子だったりして、だからこそクロウルを母親から託された時もそれを引き受けてくれたとか。で、アゲハ自身その出自からバルバロスから命を狙われていつつ、そのバルバロスを打倒すために旗揚げした海賊団の一つで、バルバロスの凶行に虐げられた人を積極的に守っていたとか。で、時期が来たら話すつもりでいて、クロウルには彼がバルバロスの息子であること(アゲハとは異母兄弟にあたること)は告げていなくて、実際それを教えるより前にブレストの裏切りによって壊滅させられるみたいな。

文字については地名、個人名、固有名詞において、慣習的に漢字が使われる文化圏が海世界には存在しているものの、文章自体にはもう残っていないみたいな。

26日前 No.933

白熊 @bear10 ★giq5ICff8X_yoD

トルマリン老人口調いいね。メノウマルの侍言葉も方言のひとつにしても面白そうだけど方言キャラ男ばっかりね、まあいいけど


ということはアゲハ海賊団はふたりもバルバロスの子がいたことになるのか

26日前 No.934

白熊 @bear10 ★giq5ICff8X_yoD

ひょっとしてバルバロスがアゲハ海賊団を滅ぼしたときはクロウルがバルバロスの子とは知られてなかったとかも面白そう。
滅ぼしたときのターゲットはアゲハのほうだけで。

26日前 No.935

ゴン @gorurugonn ★ANOBAXQECN_VuR

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

24日前 No.936

白熊 @bear10 ★giq5ICff8X_yoD

孔雀翁としてはルリのことはどう思ってるのかね。
母親の娘として護っているのかバルバロスの血を引く娘として命を狙っているのか


あと、このあとクロウルってどうやって自分がバルバロスの息子だって知るんだっけ?

24日前 No.937

白熊 @bear10 ★giq5ICff8X_yoD

何かの理由でクロウルが一瞬神具を手放してそこで孔雀翁に襲われ自分がバルバロスの子だと知らされるも
仲間に助けられてとりあえず殺されずに済んだ、とか?

24日前 No.938

ゴン @gorurugonn ★ANOBAXQECN_VuR

クロウルにばれる展開ではぜひブレストによる真相の告白が欲しいですね。クロウルとしてはアゲハ海賊団では自分だけ生き残っていたと思っていて、バルバロスだけが復讐の対象だと思っていたんですが、そこに同じ生き残りであるブレストがいると知って喜んだ次の瞬間にそのブレストによってアゲハ海賊団が壊滅した理由がその裏切りにあると知って絶望する衝撃みたいな。

個人的にはアゲハとブレストがアゲハ海賊団の双璧みたいな感じで最高の相棒同士みたいな感じでクロウルも二人を慕っていたんですけど、実際にはブレストは内心でアゲハに対して言い知れぬ恨みがあったりしたとか。

例えばですけど、アゲハとブレストがともに幼いころに同じ年くらいの少女がいて、三人で力を合わせてたくましく海世界で生きていたんですけど、ある時そこにバルバロスが所属する海賊団(このころはまだバルバロスは独立していなくてどこだかの海賊団に所属していて旗揚げはしていないみたいな)がやってきて、その時ブレストと幼馴染の少女が二人でいて、海賊団に襲われていて、ブレストは必死の抵抗をしたんですけど、あえなく少女は海賊団によって殺されてしまうとか。で、その直後にアゲハがやってきてブレストを救い出して、以後二人はともに強く成長していくんですが、この時ブレストは少女を殺した海賊団ではなく、少女を助けに間に合わなかったアゲハに対して強い嫉妬を覚えていたとか。

それは少女を独力で守ることができなかった自分自身の弱さに対しての反動でもあるんですけど、とにかくあの時アゲハがいれば少女は助かったのに、という思いは後々自分が力をつければつけるほど、アゲハが強くなって支持が強くなればなるほど募っていたとか。で、そんな中で孔雀翁による呪いが行われてアゲハが身に着けているもの(個人的にはピアスがいいんじゃないかと思ったり。紫水晶のピアスで効果としてはあらゆる呪い、病、災難を回避するとかで、本来の所持者(紫水晶なのでアメジストなんですが)がそのピアスをつけると、所持者が望む限り、ありとあらゆるものの意識から外れる(自分が何をしていても相手が気づかない)という効果があるとか)(エクセルシオールももう一対このピアスを持っていて、それによってジルコニアの意思からは外れて行動しているとか)がそれを防いでいるということにアゲハとブレストは気づくわけなんですが、そこでブレストはアゲハのもとにアゲハより弱く、アゲハが守ってあげなくてはならないと思うような幼いバルバロスの子供を送り込んだら、もしかしたらアゲハはそのピアスをその子につけさせるんじゃないかと考えたとか。

で、ひそかにバルバロス海賊団に内通して、バルバロス海賊団が当時邪魔に思っていたアゲハ海賊団を壊滅させる手引きをするという条件で、孔雀翁が把握しているバルバロスの子供で条件に合う子供を教えてもらい、わざとその母親と子供をバルバロス海賊団の手のものに襲わせて、それを助けるふりをして、アゲハ海賊団へと導いたとか。その結果、とにかく弱いものを守ってやりたいと考えるアゲハは自らピアスをその子供(クロウル)に譲り、ブレストの思うつぼにはまったとか。で、ピアスの効果で防いでいた病もそれを機に悪化し始めて、バルバロスとの決着をつけなくてはいけない状況になって、そこでブレストの策謀によってアゲハ海賊団は壊滅するとか。

つまり、クロウルは最初からブレストによってアゲハを殺すために生かされていたことが明らかになるとか。で、アゲハが死んだあとは相手にもされない存在としてブレストにも見過ごされていたとか。

ところでこのアゲハがかかっていた病気が実はアクアの弟と同じ病気で(ギランバレー症候群に似た自己免疫疾患による四肢麻痺および運動神経障害)、徐々に体の自由が奪われていく疾患で、アゲハはもう一つ宝石神具を持っていて、それを使うことで動かない体を無理やり動かしていたとか(症状自体は進行するので体は動かせても体力は低下していき、病状は悪化する)。で、その神具の方はアゲハが死ぬ際にバルバロス海賊団によって奪われているとか。

孔雀翁のルリに関する思いはバルバロスに対しての毒薬だと思っているとか。生まれながらにものすごい白巫女としての才覚があって、バルバロスに対する攻撃もルリがいる限りその結界によって防がれるとかで、バルバロスとしても肌身離さず連れている娘だったりするんですが、それゆえにバルバロスを殺すための切り札になると思っていて、ほぼその目的のために容認しているとか。母親から生前に娘のことをよろしく頼むとか言われたりしているんですけど、そっちの方はとうに忘れて復讐心のみで動いているみたいな。

23日前 No.939

白熊 @bear10 ★giq5ICff8X_yoD

じゃ、ブレストはクロウルがバルバロスの子と知りつつ黙ってた感じ?
バルバロスに言えば待遇がよくなりそうなのにその辺は興味ないのかな。


ルリは父親のそばで感情殺してそうな感じするね。
常に無表情というか。で、パールたちに救出されて初めて感情が出てくる感じかな。
何歳の設定だっけ?結構幼いイメージあるけど。

23日前 No.940

白熊 @bear10 ★giq5ICff8X_yoD

そういえば孔雀翁、パールと再会したらどう反応するんだろう
まあ生きてたことには喜びそうだけどクロウルがバルバロスの息子と知っても
仲間として接してることを知ったら裏切り者扱いするんだろうか

22日前 No.941

ゴン @gorurugonn ★ANOBAXQECN_Vx8

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

21日前 No.942

ゴン @gorurugonn ★ANOBAXQECN_Vx8

ブレストが功名心キャラだとしたら、クロウルを生かしておくことで、当然そのことを知っていて自分同様バルバロスにそのことを報告していない孔雀翁に対して、切り札として使うことを考えて生かしていたとか。さらに物語が動いてバルバロス海賊団がクロウルたちの活躍によって壊滅しそうになったら、今度は逆にクロウルに対して自分が裏工作をしていた結果、みたいなことを言って自分だけ生かしてもらおうとか思っていたり。

で、そんな姑息なところが最終的にバルバロス海賊団におけるナンバーツーでバルバロスに対して絶対の忠誠心と、比類なき力を持つジェットにばれて、クロウルの目の前でジェットに殺されるとか。殺される寸前に最後の両親からクロウルに逆転の切り札を託して死んだりみたいな。

21日前 No.943

白熊 @bear10 ★giq5ICff8X_yoD

ルリはコハクマルが自分の母親を殺したことを知ってるの?

21日前 No.944

白熊 @bear10 ★giq5ICff8X_yoD

あと、パールたちにバルバロスを倒す切り札というか情報みたいなのを渡すのがルリだったりすると
面白いなと思ってたんだけどブレストも捨てがたいね。

21日前 No.945

ゴン @gorurugonn ★ANOBAXQECN_Vx8

個人的には知っていてもいいと思います。
そのことを知っていて余計にコハクマルのことを身近に感じているとか。
どういうことかというと、ルリにとって一番嫌いな人物が父親であるバルバロスであり、そのバルバロスに愛情を向けられているルリは、それがどれだけ嫌なことかを身をもって知っているわけで、かつてその立場にあった母親はコハクマルに殺されることによって、その魂をバルバロスに完全に汚される前に救われた、みたいに思っていて、コハクマルはむしろバルバロスから自分の母親を守ってくれた存在みたいに感じているとか。

それにルリの置かれている環境は到底健全なものとはいいがたいので、肉親を殺されることが悲しいことだ、みたいなことをルリはおそらく知らないで育っていると思うんですよね。バルバロスという暴君によって寵愛される一人娘、接してくる人間はコハクマル以外はすべてが腹に野心を抱えていてルリを利用するつもりで接してくる人間ばかり。たった一人の肉親であるバルバロスは正常な愛し方を知りませんし、母親は幼いころに死んでいるわけで、その立場上おそらく命を狙われたことも一度や二度じゃないわけで。

そんな中でバルバロスに対して矛先を突きつけられる存在がいたら、ルリは無条件にその人を慕いたくなると思うんですよね。しかも上に書いたようなゆがんだ死生観から母親を殺した相手という事実も、それが自分をバルバロスから守ってくれる存在であるということを理由に無理にでも肯定しようとする気がします。

一方でコハクマルも、パールの母親を殺してしまったことについては罪悪感もありますし、基本的にバルバロスだけ殺せればいいと思っていたのに赤の他人を巻き込んでしかも命まで奪った、という事実に対しては、相当罪の意識もあると思うんですよね。で、その後バルバロスの母親を生き返らせるという目的のためにあえて生かされている自分に対して生きる理由も必要なわけで、そこにルリをバルバロスから守る、という理由付けは、コハクマルとしてもそれなりに納得できて、かつ使命感のあるものなんじゃないかなと思ったり。

コハクマルは自分を慕うルリが歪んでいると思いつつも、そのルリに必要とされていることが、バルバロスを殺せなかった自分が生きるための理由になっている現状を、同じく歪んでいると思いながら、歪んでいる者同士、バルバロスの凶行に耐えているとか。

21日前 No.946

白熊 @bear10 ★giq5ICff8X_yoD

でも結局メノウマルがコハクマルを殺すわけだよね……。
ルリとしてはどうなの?その辺。
しかも今まで会ったこともない片親違いの兄姉も一緒にいるわけだし。
いろいろ複雑そう。おまけにパーティーの旅はそのまま続くわけだから
バルバロス倒した後連れてもいけないし10歳の子を誰かに預かってもらう必要があるけど…
アクアの弟と同じ場所にいさせるとかになるのかな?

21日前 No.947

ゴン @gorurugonn ★ANOBAXQECN_Vx8

ルリの役割としては、結局のところバルバロスを倒す部分がクライマックスですし、ここがジルコニア復活のポイントでもいいと思うんですよね。つまりイベント的には三世界パーティがそろっていて、かつヒルダが空世界に幽閉されていて、味方パーティはバルバロス討伐組のクロウルたちと、ヒルダ救出組のジェイドたちに分かれている時期ですが、その二者が離れ離れになりつつも最終的に空世界で再び合流して、バルバロスたちを討伐するイベントの最中みたいな。

で、ここで、エクセルシオールの存在と、その十二宝石神具と、ルリの力が合わさることにより、母親が本当に復活しそうになるその一瞬をついてその力を利用してエクセルシオールの体にジルコニアが復活することになるとか。具体的にはコハクマルがメノウマルに殺されたことがきっかけで箍を失ったルリの白魔法の力に十二宝石神具が呼応して、死者の魂がある世界への扉が開くとか。で、その時にバルバロスは他のメンバーの足止めの最中で、敵対する様子もないエクセルシオールがフリーの状態になっているところにジルコニアの意思によって動く何者か(空世界にいるのでバルバロスたちと手を組んでいたダブリスでいいと思うんですが)がその体にジルコニアの魂を再生することに成功するとか。

で、その後バルバロスはパールの母親が生き返らなかったというショックに虚脱してそのスキを突かれて倒されそうになるところをペットの獰猛なホワイトドラゴンに食べられることで魔のドラゴンと化し、主人公パーティでこれを撃退するも、その後無傷のジルコニアのものすごい一撃によってヒルダを取り戻しつつもまた地上に落とされて、載っていた飛空艇(ベヒーモス・マゼラン)も半壊の状態になるも、そこからジルコニアを倒すために何とか空を目指せる形にだけなっているボロボロの飛空艇で十一人で空を目指すとか。

で、ルリについてはジルコニアを生き返らせたときの魔力の消耗によっていつ目が覚めるかわからない深い眠りに落ちてしまい、最後ジルコニアを倒し終わった後にコハクマルの夢を見て目を覚ますとかでいいんじゃないかと思ったり。

つまりバルバロスの母親を生き返らせるという願いはまるまるジルコニアの自らの復活を画策する陰謀の掌の上で転がされているにすぎないとか。とりあえずルリについてはそういう形で処理するのがきれいな形かなと思ったり。寝ている間預ける先としてはアクアの家でいいような。ちょうど弟は三世界医療の融合によって回復していますし、そういう形ならアクアにもちゃんとエピソードに絡む理由がつけられますし。

とりあえずバルバロス海賊団が壊滅した後はいまいち役割もないので、いることでぎくしゃくするよりは、眠りに落ちて物語からは退場している方が扱いやすくはありますよね。心を閉ざしてパーティとの交流で打ち解けていくのはコランダムがいますし。

21日前 No.948

白熊 @bear10 ★giq5ICff8X_yoD

でもルリはルリで結末というかその後みたいなのは欲しい気がするな
いろいろ歪んだままじゃどうかと思うし


でもって三世界のボスの倒される順番みたいなのってどうなってたっけ?
とりあえずジルコニアはダブリスが復活させるみたいな感じだっけ?

20日前 No.949

ゴン @gorurugonn ★ANOBAXQECN_Vx8

http://enkikaferoid.blog137.fc2.com/blog-entry-455.html

靴を脱ぐ男子三人のイラストです。
クロウルのバンダナなしのイメージだったり。こんな感じで前髪は触角だけ長くてあとは短髪のイメージ。触角はアゲハリスペクトみたいな。

敵ですが、一応順番としてはウラン→バルバロス→ダブリス→ジルコニアの順番で、ウラン死亡イベントと同時にクリス改心イベントなので、バルバロスたちを退治しに行っている間でも、大陸世界は一応無政府状態にはならずに政権自体はクリスにありつつ、ヒルダ救出のために協力してくれたり。バルバロス関係が膨らんだ一方で大陸関係は敵もウランとクリスしか決まってなくて、ちょっとあやふやなんですが、順番としてはこのイメージですね。

展開としてはヒルダがバルバロスとダブリスによって空世界にさらわれる段階でウラン退場、ヒルダ奪還イベント(クロウル組とジェイド組に別れた後の再結集からのバルバロス討伐)で、バルバロス退場、そこからジルコニア復活で再び下に落とされて、また空を目指してダブリス退場、最後にジルコニア討伐、みたいな展開かなと思います。

毎回空が舞台なのもあれですから、ウラン退治は大陸の王宮、バルバロス退治は海世界、最終決戦は空世界みたいな方がいいですかね。

そうしたらルリについてはヒルダがバルバロスにとらわれているときに、ヒルダとの交流を通してみたいのもありですかね(ただコハクマル死亡イベントはそのあとになってしまうんですが)(だとしたらコハクマルとメノウマルの対決に際してルリがヒルダとの交流で得た勇気を振り絞ってバルバロスを殺しえるような行動をとろうとして、それを敵の幹部が妨害しようとした結果、ルリが殺されそうになって、コハクマルはとっさにルリを守ろうとして致命傷を負うとか。で、メノウマルとしてはそんな決着は認めない、みたいな感じなんですけど、あえなくコハクマルは死亡、ルリの力が暴走し、死者蘇生イベントからのジルコニア復活みたいな)。

最後すべての決着がついた後にコハクマルの形見みたいなものがルリのもとに渡るとかで、それでルリは生まれて初めて涙を流すとか。
ちょっとまだあやふやなんですが、とりあえずこんな感じです。

12日前 No.950

白熊 @bear10 ★giq5ICff8X_yoD

ウランってダブリスかバルバロスに殺されるんだっけ?
主人公パーティー全く関係ないところで終わる感じ?


そうなるとルリはヒルダから自分に兄姉がいることを知らされるも最初はそれが何?みたいな感じなのを
ヒルダが説得する感じかな?クリス改心のあとだし

10日前 No.951

ゴン @gorurugonn ★ANOBAXQECN_Vx8

すみません、高齢の祖母が熱を出して入退院を繰り返したりして、家の中がバタバタしていて返信が遅れ気味です。申し訳ありません。

ウランは展開としてはクリスを守るような形で攻撃を受けて死んでしまい、そのことでクリスは回心のきっかけを得る、みたいなのが欲しいんですけど、主人公パーティがその死に関わらないで、敵同士の対立によって、みたいなのがいいと思います(かつ、あくまでウランたちの目的が私心による世界征服とかではなく、彼女たちなりの理想の世界を目指し、大陸世界を守ろうとしていたのがわかる感じみたいな)。
ヒルダはもっぱら殺人には否定的でしょうし、展開上主人公パーティのうち、特に海メンバーがバルバロス海賊団の幹部たちと殺し合いになるのは避けられないとしても、陸のメンバーでも殺人に手を染められそうなのはトパーズとトルマリン、アメジストがギリギリのラインでジェイドは無理かなと思ったり。
で、ウランはヒルダにとっては両親の仇にあたるわけですが、それでも殺してでも排除したいとは思わないと思います。むしろウランの境遇を知っていくうちに逆に彼女に対して同情さえするくらいに慈愛の心に満ちているというか(その辺について自分の部下を殺されているジェイドは割とイライラしていたり。かと言ってジェイドはジェイドで復讐のためと言って割り切って人殺しを行えるほど冷淡にもなれなくて、みたいな。お人好しの苦労人キャラだと思います)。

そういえばクリスについてはキャラクターの造形がまだちょっとぼんやりしているんですが、これまで割と一人称は僕の優等生腹黒キャラをイメージしていたわけですが、弱者へのいたわりを尽くす優しい王である父親への反発および、それに対する反対思想を持ち優良な人間だけの世界を作り上げたいウランにいろいろ吹き込まれていて、かつそのウランの勢力が軍部の首脳とも通じ合っている、みたいなことを考えると、クリスは割とオレ様何様な感じで剣技等にもたける割と肉体派のキャラなのではとか思ったり。

ヒルダが優しさ特化なら、クリスはその反対で力というものに憧れている少年キャラでもいいのかなとか思ったり。
そんなクリスとヒルダを見て、ルリは血の繋がった姉弟でも、結局殺しあうんじゃない、みたいなことを言うんですけど、ヒルダはそれを否定するみたいな。でも、この時のヒルダは割と冒険こなした後ですから、誰かが優しさや愛情を与えてくれるのを待っているだけみたいなのは間違っている、みたいなことは示してほしいと思ったり。例えば助けにくることは確信しつつ、自分でも脱走のための方策をいろいろ考えたりしていると、ルリが無駄な努力みたいなことを言って、諦めろ諦めろと繰り返すみたいな。

物語の流れとしては、ルリとヒルダが一緒にいる状況というのは、ヒルダがバルバロス海賊団につかまって、ウランたちクーデター派とダブリスたちが手を組んで、悪の枢軸が合流しているところなので、ここからの展開で、ウランがバルバロスやダブリスが、世界をよくしたいみたいな目的のためには少しも動いていないことを知り、二人を排除しなければ大陸世界が脅かされると思っているうちに二人の方でもウランが邪魔だという結論に至っていて、排除する動きになって、ウランはクリスを守って死亡、クリスは大陸王家のジルコニアの血筋もあるので一応生かされて、ヒルダと同じく捉えられて、そこでクリスはヒルダと和解し、クリスがもたらした情報によって、パーティがヒルダを取り戻しに乗り込んできたところをうまく脱走し、そこでバルバロス討伐イベントおよびヒルダ脱出イベントになり、パーティ再開で、ジルコニア復活、世界崩壊までのカウントダウンで全員で地上に落とされて、そこからジルコニア及びダブリス退治になる、みたいな。

で、この一連のイベントを通してクリスとルリに絆みたいのが生まれて、コハクマルがメノウマルと戦う前にクリスにルリを託す、みたいなイベントがあって、バルバロスが倒された後はルリはクリスに連れられて政権が崩壊している大陸王家に行って、そこで白魔法を使って傷ついた人を癒す仕事をこなしつつ、クリスは崩れかけた王家の立て直しを行うとか。仮にそういう展開もありだとしたら、やっぱりクリスはコハクマルが自分が死んだあと、ルリを託せると思える程度の力があるキャラクターがいいかと思ったり。

3日前 No.952

白熊 @bear10 ★giq5ICff8X_yoD

じゃ、ウランたちは一方的にヒルダたちに手下を送り込むだけで主人公パーティーとのVSはないの?
一応中ボスなんだしある程度の直接対決は欲しいと思うけどな


あれ?コハクマルが死ぬ前にルリがクリスに託されるんならルリの力暴走はどうなった?

3日前 No.953
ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる