Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(227) >>

RのRによるRのためのファンタジー

 ( 募集・告知 )
- アクセス(798) - いいね!(1)

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

タイトル通りです。
らくだのために善意で協力してくれるスタッフさん募集中です。

ここで出来たお話は、どこかに投稿してみたいと思っています。
二重投稿厳禁ですので「自分も!」と言う方はご遠慮ください。

忙しい方も、時々しか来れない人も遠慮は要りません。
ただし、マナーは守ってください!


では、GO!

1年前 No.0
メモ2016/04/26 23:08 : ブルーツ・リー @keibahiro★zklKK5jGlN_nHx

らくださんがここの使い方を分からないようなので、

私が代わりに決まったことを書いておきます。

ここに書いてあることについては、だいたい最終決定している内容です。


パーティについて。

4人パーティです。


カイ…戦士系。純朴青年等、かなり細かく設定されています。

シエナ…神官。ヒーラー。箱入り娘等、こちらもかなり細かく設定されています。

トーコ…「神人」神の分身?罵倒少女等、かなり細かく設定されています。

ニレ…魔術師。悪人キャラも、大人、等、かなり細かく設定されています。


世界について。

「聖石」が落下したことによって、魔法汚染が広がり、人類が住みづらい環境です。


「聖石」について。人格があるようです。「トリックスター」として、

世界やパーティを悪意無く振り回す存在です。

また、聖石の破片が各地に散らばっており、その破片の周りだけは浄化されており、

人類が住めるという設定です。

ただし、聖石が滅びないために、人類は聖石の破片に対して、

「巡礼者」を送り込み、「命の水」を取ってきます。

その水によって、聖石の破片は生き延び、力を発揮することができます。


「神」について。

唯一神です。細部がまだ詰められていない部分があります。

もともとは実在の宗教色が強かったので、現在実在の宗教色を外しに行っているところです。

普段は実体を持ちませんが、人類や神人の祈りが高まった際に、物理的にも存在できるようです。


とりあえず思いついたところだけ。

今後随時更新していく予定です。

…続きを読む(4行)

ページ: 1 2 3


 
 
↑前のページ (177件) | 最新ページ

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_nHx

次、神と聖石の力関係についてですが、
ここの世界の神様は、怒りに任せて突っ走っちゃう神様です。

聖石を召喚する際も、後先考えずに突っ走りました。
あまりに科学ばかりに走り、神を忘れた人類に、
ついにキレてしまった感じ。

怒りに任せ、異世界から聖石を、「機械仕掛けの神」
に向けてぶつけ、機械仕掛けの神の科学力の中でしか生きられなかった人類は滅亡。
教育や文化的な事象についても、すべて「機械仕掛けの神」の能力
(リアルの社会のスーパーコンピューターを遥かに上回る計算能力及び、
人間の知能をはるかに上回るAIみたいなイメージです)
にすべてを任せていたため、機械仕掛けの神が壊されたことによって、
それまでの生活がすべてできなくなってしまった感じ。

食糧生産、電力、水、教育、治安維持、情報、等々、
かつての人類は、すべて「機械仕掛けの神」を通して科学技術を発展させていたので、
機械仕掛けの神が聖石によって破壊されてしまったので、
文明は途絶。

むしろ、ラドン一族のような、機械から離れた生活をしている人々のみが、
唯一生き残った。という感じ。


ちょっと長くなりますが、「魔法汚染がなぜ発生したのか」
についても、ちょっと述べておきたいと思います。
今まで、聖石が壊れたことによって、魔法汚染が引き起こされた。
ということになっていたと思うのですが、思い切って変えましょう。

つまり、「機械仕掛けの神」が、聖石の直撃を受けたことによって、崩壊。
全世界のすべてのエネルギー供給を任せられていた「機械」ですから、
それが崩壊したことによって、世界のあらゆる化学物質が、世界中に飛び立ってしまった感じ。
ちょうど福島第一発電所事故のような、最悪の事態です。
1Fの時は放射能汚染が広がりましたが、
機械仕掛けの神の崩壊は、放射能だけではなく、化学兵器やら科学物質やら、
有害なものがごちゃ混ぜになって飛び散ってしまった感じ、というのはどうでしょうか。

これならば、「魔法汚染」がどうこう決めるより、単純に、猛毒に侵された世界。が発生すると思います。
更に、聖石自体は魔法汚染の原因になりませんから、
全てが聖石頼みだったよね。という問題点が、一つ解消されると思います。
魔法汚染というか、化学物質の融合変異のために、単純に世界中が猛毒に冒されている。
でもいいかも知れません。

そして、聖石は魔法汚染の原因ではなくて、単純にぶっ壊れたと。
壊れてしまって、元の世界に戻れなくなって困っている存在。とかでもいいかも知れないです。
元の世界に戻るために、とりあえずこっちの世界の住人に協力してもらうために、
生き残った人類の安全を確保するべく、自分の本体と破片を使って、
汚染物質から人類を守る手段を提供している感じ。
その代わり、人類に頼んで、「命の水」を命の泉から持ってきてもらう感じで。

とりあえずざらっと書きましたが、修正はいくらでも利きます。
疑問点、訂正点がありましたら、お願いします。
たぶんこれで全部確定とはならないと思います。
あとラドン一族の設定もいろいろ考えてはいるのですが、
今日はあまりにも長いので、ここでいったん切りたいと思います☆

1年前 No.178

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

ブルーツ・リーさんへ

結構、しっくり来ます。

疑問に思ったことをいくつか。

「神を殺した」は神の力を削いだという解釈で合っていますでしょうか?

それと神の力が生み出す精霊と魔物は
文明社会に溶け込めますか?



らくだより

1年前 No.179

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_nHx

思いついたことと、質問の回答を。

まず「神を殺した」というのは、暗喩です。
つまり、高度文明を持っていたかつての人類は、
神を非常に軽視しました。
科学力が猛烈に発達していたので、
「なんだ、私たちは神なんてなくてもやって行けるじゃん!
神要らね!科学力万歳!!」
みたいな状態になってしまっていた。という意味です。
「精神的に殺していた」という感じかな。

あと、かつての文明社会では、精霊や魔物も軽視されていたと考えていいと思います。
それこそ、かつての善良だったころのラドン一族みたいな、
経験に神を信じていた人たちにとっては、
科学力ではなくて、精霊を頼って魔物と戦っていたりしたと思うんです。

ただ、それ以外の人は、わざわざ神の力を借りなくても、自分たちの作った、
「機械仕掛けの神」が全部処理してくれるから、精霊なんて使わないでいいし、
魔物の退治も機械仕掛けの神頼み。みたいな状況でした。
そういう意味でも、聖石によって、機械仕掛けの神が壊されてしまったのは、
かつての人類にとって、致命的でした。

あと、聖石の強度について思いついたのですが、
聖石は、硬いです。
何を当たり前のことを言っているんだと言われそうですが(笑)
神が、機械仕掛けの神をぶっ壊すのに何がいいかと思って、
たまたまめちゃくちゃ硬い上に、質量もあって、
これを高速でぶつけたら機械仕掛けの神はお陀仏だね!
くらいしか考えないでぶつけてしまいました…。
(ちなみにそのあと化学汚染がこんなに広がることまで、ここの世界の神様は考えていません…)

という訳で、たまたま別の次元にある、非常に硬い石をぶつけてきた、ということで、
リアルの世界ではダイヤモンドが一番硬いそうですが、それよりも硬いです。
あと、ダイヤモンドは硬いけど粘りが無くしなれないから叩くとすぐに壊れちゃうのですが、
聖石は粘り気もあって、硬い上に壊れづらいです。
異世界から呼び込んだ、リアルの世界の我々も知らない、未知の石。という感じでどうでしょうか。

1年前 No.180

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

ブルーツ・リーさんへ

特に問題はないです。
ただ、らくだは科学については明るくないので、
人造神についての描写は難しいため、
本編では触れる程度にしようかと。


提案

汚染から逃れるために、
生き延びた、都市の一部の人類は地下に潜り込んだとかどうでしょう。
十階層ぐらいあって、最深部に行くほど位の高い人物が住んでいるとか。
単なる思い付きですので、無理があれば仰ってください。


あ。
疑問が出ました。
汚染前のラドン一族の信仰は離れていませんでしたが、
神にとっては些細なことだったのでしょうか。



らくだより

1年前 No.181

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_nHx

生き残った人について。

これは、確実に必要です。
ただ、聖石落下前の人口に比べたら、生き残った人の数は、
激減しています。
食糧から何から、自給しなくてはならなくなったので、
聖石が汚染を除去している範囲でしか、食糧の生産もできません。

地下に関して、難しい部分としては、地下で生きていくためのエネルギーすら、
聖石落下直後の人類には無い、という点です。
電力や空調や食料生産が生きていないと、地下に潜って、
汚染自体を避けられたとしても、機械仕掛けの神が壊れている時点で、
かなりの人は生きていけない環境になると思われます。

私のイメージでは、生き残ったのは、むしろ聖石落下前には、虐げられていた人じゃないかと思います。
機械仕掛けの神、の力を使わせてもらえなかった人たち。
階層で言ったら、「下級市民」とみられていた、差別を受けていたような人たち。
それから、ラドン一族をはじめとする、機械に頼らない生き方をしていた人たちだけが助かったイメージ。

都市部の生き残りも居てもいいと思うのですが、
その場合は、また聖石頼みになってしまうのですけれど、
落下した聖石が「なんでこんな所に落とされなきゃいけないんだよぉ…」
とか思っていたら、なんか生き残った人類たちが、死にかけてて、
「うーん、なんかかわいそう??」
とか思って、浄化結界を張った結果、聖石の落下に耐えた人類は助かっている。
という設定にはできるかも知れません。
聖石が汚染した設定では無くなっているので、これならば通るかも知れないです。

ただ、食糧生産とか、魔物との闘いまでは聖石が面倒を見てくれないので、
それができない人類、つまり、農耕や精霊を宿す能力の無い人類は淘汰されていく感じ。
今まで虐げられてきた人がむしろ生き残り、それまでの貴族とか、
機械仕掛けの神に頼っていた人は、だいたい滅んでしまった感じで。
だから、直後に生き伸びた、はあってもいいかも。
ただ、その人たちが、そのまま環境に適応できたかは、また別の話かもしれないです。

「神」は、ラドン一族のことよりも、人類全体のことを考えていたので、
全体的には信仰心はどんどん薄まる一方だったため、機械仕掛けの神の破壊に走ったイメージ。
いったん神が怒れば、一部の人の信仰だけでは、どうにもならないんじゃないでしょうか。

1年前 No.182

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

ブルーツ・リーさんへ

人造神に頼っていない人々が、助かるという点は納得いたしました。
ただ人造神がいる位の文明であれば、地下シェルターが存在していてもいいと思います。
災害用の施設や食料、デパ地下や交通機関。
それどころか核戦争を想定したセキュリティーや研究施設。
科学者の研究所や軍事機関、種の貯蔵まで。
色々あったのではないでしょうか。

ラドン一族などの劣勢者以外の人々も生き残ると思います。


ご意見お待ちしております。



らくだより

1年前 No.183

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_nHx

うん、当然地下シェルターどころか、SFっぽい兵器や再生医療やら、
現代日本のレベルを遥かに凌駕する科学知識を持っていました。

ただし、「機械仕掛けの神」に計算、設計、運営、等々、すべてさせていた訳ですよ、
例えば地下シェルターだったら、「機械仕掛けの神」の稼働が止まると、
まず食糧生産ができません。食べ物がありません。
電気もありません。真っ暗です。
空調が利きません。密室内で、気温がどこまでも下がるか上がるかの一方です。
外気を入れようにも、外は化学汚染されてしまっています。

という訳で、すべてでは無いにしろ、ほとんどの人間は生きていけないと思います。

元々の設定が、「かつて文明が栄えていたけれど、滅びた」
という設定ですから、そうなるためのカタストロフとして、機械仕掛けの神を考えたわけですよ。

「生き残った貴族がいる」とか「種族として残す技術がある」
のはあるんだけれど、機械仕掛けの神が壊れたらそれらは機能しないよね。
という設定を提案している訳です。

「かつては機械仕掛けの神にすべてを委ねていたのだけれど、
その神が聖石の直撃により破壊され、生きるすべを失った人類が滅亡」

というシナリオを考えた訳ですが…。
>>183 については、それらはすべて機械仕掛けの神に全て委ねてしまった。
だからそれが壊れたとき、ほとんどの人類は生き残れなかった。ということです。

1年前 No.184

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

ブルーツ・リーさんへ

少し突っ込み。

人類が人造神に頼りきる設計をするか、という点です。
病院など、停電してもサブ電力が作動するという施設もあります。

人類が繁栄するなか、人造神が一度も故障したり誤作動がおこさないという事は、
少し不自然じゃないでしょうか。

ただ、リーさんの案はとても分かりやすいと思います。

自然さを取るか、分かりやすさを取るかで悩みますね。



らくだより

1年前 No.185

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_nHx

うーん。そうでしょうか。
福島第一原子力発電所事故に見られるように、
「絶対に、何があっても事故は起こりません」
という妄信は、神ならざる人類ならば、やってしまいがちな罠だと思うのですが。

もちろん機械仕掛けの神も、多重のセキュリティはかけていました。
けれど、「異次元から、超高速で、未知の物体を、ぶつけられる」
という事態は、明らかに科学者や政治家にも「想定外」の事態だと思います。

あとは、「人造神」であることにご留意いただきたいです。
「神」というワードが入っているように、
ある意味で、「信仰」の対象になっていた。という暗喩を理解していただきたい。

つまり科学技術を、まるで「神」のように妄信してしまった人類に対する、神の怒り。
ということで、機械仕掛けの神に対する、聖石の直撃があった。ということ。

私の中では、科学の象徴である機械仕掛けの神を妄信した結果、
そのしっぺ返しとして、人類が滅亡する。
というのは、現代の(少なくとも)日本の、
科学万能、神を忘れた世界。
という事象に対する警句として、十分小説にする価値のある題材だと思うのですが…。

汚染された世界、を題材にするならば、恐らくこの小説の方向性とも合致していると思います。

1年前 No.186

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

ブルーツ・リーさんへ

らくだの意見が的外れでしたら、すみません。
穴を見つけました。


らくだの構想が追いついてない(汗)!

>>184 ですが、気温の激変や汚染にラドン一族は、最初に滅ぶのではないでしょうか。
いくら聖石がいようとも、巡礼の仕組みなどの試行錯誤する余裕まで生き残れる条件はないかと思います。

原始的で敬虔な信徒として、神が手心を加えていたなら分かるのですが、
今のところ、そういった話は出ていないのが問題です。

解決案として、人造神の機能が一部生きているとかどうでしょう?
無事なシェルターが残っていて、そこに生き残った人造神の信徒が避難して、
聖石について調べる。
そして解析後に保護していたラドン一族に何らかの報酬を与える代わり、
危険な外へ巡礼をしに行ってもらうと。

最初に何故、余裕のない状態でラドン一族も保護したのかは考えないといけませんが、
どうでしょう。



らくだより

1年前 No.187

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_nHx

うーん、あんまり何もかも、神様頼み、聖石頼み。
という状態を変えたいので、とりあえず聖石直撃直後の設定を考える必要がありそうです。

というか、まずそもそも聖石が機械仕掛けの神を直撃した時代ですが、
これは、数百年前。ということでいいでしょうか?
余りにも聖石が直撃してから、現在の状態になるとしたら、
時間が相当無いとすべての巡礼システムですとか、
世界の様子ですとかが確定するのに、時間がかかると思います。

あともしかしたららくださんが危惧していると思われる点として、
身分の低い人だけが生き残ったら貴族とか聖人とかがあり得ないのではないか?
という点があると思うのですが、そのあたりも大丈夫です。
そもそも文明が一回完全に壊れてしまっているので、
それまでの秩序ですとか、社会的地位も、一度リセットされています。

リセットされた上で、数百年の歴史の中で、新たに新しい貴族階級ですとか、
神官階級、上位階級、平民階級、下層民。
と、新たに階級が形作られているので、特に階級が虐げられた人しかいない。
ということはないです。

まずこれを提案した上で、上記 >>187 の回答ですが、
まずラドン一族は、そもそも本来の「神」から能力を授けられた一族です。
その加護と、聖石によってそもそもラドン一族は、汚染から免れているイメージです。

あと巡礼については、これはたぶん機械仕掛けの神の設定が無い、元々の設定であっても、
聖石落下直後の汚染が広がった混乱状態の中で、どうやって巡礼のシステムができたの?
という問題は、機械仕掛けの神を登場させなくても、元々存在する問題なのではないでしょうか。

人造神の一部が生きている。
という設定はいいと思います。
ただ、かなりこれも精密に作っておかないと、あとあと問題になると思うので、
ここもかなり、話し合う必要がありそうです。

1年前 No.188

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

ブルーツ・リーさんへ

いつもためになる設定を、ありがとう!!

お互いイメージが違うみたいなので、すり合わせをしようかと思います。

らくだのイメージ
ラドン一族は敬虔な信者だった(ここはリーさんと同じでしたよね?)。
神の加護を持ち、昔ながらの生活をしていた(これも以下同文)。
違うのが聖石が無条件(巡礼による生命の泉の対価を無しに)保護していない、
という点です。
ラドン一族が有力であるも、他の途上民族(あまり好きじゃない言葉ですが……)
も巡礼の旅に出ていて、ラドン一族は聖石に贔屓されていない。
ただ、一番貢献しているので、災害前と比べて一気に勢力を上げて、
人造神信者といたシェルターから出た後、大きな都市を聖石本体を中心に築き上げる。

…………こんな感じになります。
リーさんと異なる意見は、すでに『人造神信者』からラドン一族が独立したわけではなくて、
身分や階級は既にリセットされている時代の話を考えている、という解釈でいいでしょうか?

あとは聖石の直撃という罰を与えた神が、ラドン一族の加護を消滅させないでいるか。
汚染された世界で守られているとならば、離信も難しくなるんじゃないかなと感じます。
ラドン一族の中でも、神から信仰が離れずに力を持つ者。
力が途絶える血筋もいるんじゃないでしょうか。


それと少し気になったのですが、 >>186
「絶対に、何があっても事故は起こりません」の妄信は
逆に取ればセキュリティの必要を考えないという事になりますし、
となると事故を想定しないからには文明に戦争、などの暗部を否定することになります。
リアルの世界を考えれば、失敗はない=成長しないとなると思います。
不満や不安、さらには信仰心も薄れて機械仕掛けの神(人造神)の発展、点検を怠るかと。


もう一つは聖石は砕けながら地上に落ちたか、落ちてから分裂となったか。
調べてみたら砕けながら落ちたが、自然だそうです。


リーさんの疑問・聖石ぶつかった時と現在の時間差
個人的には直撃後すぐの話を考えていたので、悩んでいます。
リーさんが仰った通り、数百年後を舞台とするにしても、過去(直撃後のすぐ)の設定をを飛ばして考えれば
後でいろいろと困ることになると思いますので、どちらを選ぶとしても考えたいというのは賛成です。
>>187 で触れたよう、故障しなかったシェルターに生き残った人々の中に、
人造神を研究していた科学者がいて、その者たちが聖石の解析を行い、巡礼という行動に結びついた。
そんなのを考えています。
リーさんの意見はどうですか?
らくだはリーさんと違って、理論詰めが苦手ですのでご意見を伺いたいです。



らくだより

1年前 No.189

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_nHx

いやあ、根本的なところがだいぶ…。

「事故直後の話」というならば、命の泉への巡礼システムが崩壊します。

そもそも事故直後じゃあ、なんで聖石が直撃してクレーターができた後に、
人類が大都市を作ることができたのでしょう?
大都市なんて、クレーターができるような衝突があったら、一回完全に壊滅してますよ。

あと、「機械仕掛けの神」に信者はいません。
>>186 に書いたように、「神」というのは暗喩です。
リアルの世界の、科学一辺倒で、神を忘れた人類に対する警句。
のような意味で、「神」という言葉が入っているのは、象徴的な意味です。
つまり、過度に文明が発達して、人類が全部機械頼みになっていた。
ということの、象徴的存在としての、「機械仕掛けの神」です。

まだまだあります。
もし今までの話が事故直後ならば、そもそも世界は大混乱をきたしていて、
それこそニレが女性を追いかける余裕なんてないですし、
巡礼がどうこう、強盗がどうこう、なんて設定も、みんなぶっ飛びます。

決定的に問題なのは、らくださん自身が、「文明が途絶した世界です」
と言っているのに、聖石落下直後の話です。とも言っている点。
これは完全に矛盾します。
もし聖石落下直後ならば、人類が少しでも生きている限り、文明は途絶しません。
あまり「こうであるべきだ」という話はしたくないけれど、
この点については、決定的に矛盾が生じるので、指摘せざるを得ません。

というか、聖石直撃直後の話にするのだと、
今まで提案してきたことをほとんど全て一回おじゃんにしないと、
設定に矛盾がありすぎることになってしまいます。
共同制作者として、聖石落下直後の話です。という点については、
申し訳ないけれど、ちょっと呑めません。

1年前 No.190

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_nHx

あと何か機械仕掛けの神、についても勘違いされているのですが、
かつての人類は、別に「人造神」を「神」として崇めてはいません。
そうじゃなくて、機械に全て頼った結果、「神を忘れた」から本来の神の怒りを買ったのです。

私の提案で、「人造神は神です」とは一度も述べていないですし、
「人造神に信者が居ます」とも書いていないと思います。

というか、どこかで、「機械仕掛けの神」とは「機械に全てを委ねた人類の暗喩です」
というのを、はっきり書きましたよね。
ぜひ再読を願います。

事故が起きない、というのも、福島第一原子力発電所事故をご存じないのでしょうか?
あの事故で、さんざん事故は絶対に、間違いなく起きません。
という発言が聞かれて、結果的に大事故は起きてしまいました。
これも、一度東日本大震災の後の現実の世界の流れを思い出してください。としか…。

>>189 に関しては、自分で事故直後ではない、と言いながら「血統が途絶える」
とかも言っているし、矛盾点やそもそも理屈として破綻していることが多すぎて、
すべて否定していくと、否定ばかりの文章になってしまうので、あまり書きたくありません。

知人の方は、この設定は読まれているのでしょうか??
できたら、まず知人の方に設定を聞いてもらって、矛盾点がないか、論理的な破綻がないか、
を確認の上、書き込みをしていただけるとありがたいです。
そうじゃないと、私がらくださんの書き込みの一言一句まで、「これは違う!」
という指摘をしないといけなくなってしまい、らくださんが読んでいて辛くなってしまうと思います。

1年前 No.191

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_nHx

聖石落下から、何百年と経っていないとダメな最大の理由を発見してしまいました…。

そもそも、神が人類に絶望しているのは、信仰が本来の神から聖石に移ってしまったこと。
ということで確定していますよね?

そもそも信仰というのは、そんなにコロコロ変わるものではないのです。
聖石落下直後にいきなり聖石信仰なんて、できないんですよ。
キリスト教の歴史とかを学んでいただければわかると思うのですが、
キリストが誕生して、ローマ帝国の正式な宗教になるのに、数百年の時間がかかっています。

また、神話も読んでほしいのですが、
神という存在は、一度の人類のミスでいきなり絶望したりはしないのです。
一時的に怒りに身を任せることはあっても、最初から人類を見限ったりはしないです。

人間の方だって、そんなに簡単に聖石に信仰を移さないですし、
ましてやちょっと前まで機械科学が発達した文明の中に居たのが、
それがいきなり農耕を中心にちゃんと世界が回っていて、
しかも聖石が新たな神として定着していて、なんて状態には、
数年やら数十年のレベルでは、決してなりません。

リアルの世界でも、今「災後」の世界を生きているけれど、
原発再稼働が進んでいたり、一見すると、地震前と同じ生活が戻っている訳です。
人類が、大きくその根幹から変わるのには、数百年の時間が必要なのです。

民主主義だって、フランス革命から200年以上経っても、所謂「西側」には浸透しているけれど、
全世界的に普遍的な価値とは、まだ見做されていないのです。


あと、正直まったく意味が分からなかったのは、機械仕掛けの神に科学技術を預けると、
なぜ戦争が起こらなくなるのでしょうか??
原子力発電所に発電を全て任せると、戦争が起こらなくなるんだ!
みたいな話に聞こえて、ちょっと話の筋が分からないです。詳しく説明をお願いしたいです☆

1年前 No.192

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

ブルーツ・リーさんへ

体調が悪いと伺いましたが、今は大丈夫ですか?
リーさんの善意に寄りかかるかたちで、感謝と申し訳なさを感じます。


「事故直後の話」
これはAとBどちらが良いかな? と、リーさんの意見が気になっただけで
事故の後のすぐの話を書こうとこだわったわけじゃないんです。


「人造神に信者が居ます」
リーさんの話にしっかり書き込まれているので、困惑しています。
>>186 で「機械仕掛けの神を妄信した結果」と、書かれているのですが……。
なので、よく分かりません。
お手数をおかけしますが、説明していただけると助かります。


「なぜ戦争が起こらなくなるのでしょうか??」
すみません。
分かりづらい文でしたね。
これは、らくだがリーさんに尋ねたいことで、質問に質問を返されている状態です。
発端は同じく >>186 を読んでいただけると分かると思います。
『福島第一原子力発電所事故に見られるように、
「絶対に、何があっても事故は起こりません」
という妄信は、神ならざる人類ならば、やってしまいがちな罠だと思うのですが。』

聞きたかったことは、たとえば戦争のように、
人造神が破損するような事態を想定していないのではないか?
という話です。
人造神の不備が絶対に起こらない=戦争のような破壊行動が起きない、
と人類は慢心している状態を、リーさんは提案してくださったのかな?
と思ったわけです。


それと、知人さんはらくだのレスは、毎回チェックしてくれています。
でも、らくだとリーさんの会話に干渉し過ぎないようにするのと、
気になった時以外は、らくだ自身の力を育てるために、敢えてリーさんが考案してくだった設定は
目をとおしていない時があります。
完全にらくだの力不足です。


リーさんの体調や都合もあると思うので、らくだは頻繁に書き込んでいますが、
無理はしないで下さいね。



らくだより

1年前 No.193

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_nHx

いやいやいや、そもそも「妄信」という言葉の意味が伝わっていないです。

何かを「妄信」する、という事は、「信者になる」という事では無いですよ…。

散々原発を例に挙げていますが、
「原子力発電所の安全を妄信する」
という単語はニュースでも新聞でも大量に出てくると思うのですが、
それじゃあ、日本人は原子力発電教の信者でしょうか?

全然違いますよね。

もうとりえあえず一個一個疑問点をつぶしていかないと、
ちょっと物語を作っていく段階に進めそうもないので、
とにかくちょっとでも疑問に思ったことを、
とりあえず書いてみてください。

たぶん、ここまでの話でも、相当の食い違いが生じている可能性が高いです。

あのですね、さんざん私が説明しているように、
「機械仕掛けの神」は、暗喩なんです。
なぜ「神」という単語を使っているかというと、
人類がまるで神のように「妄信」している。という意味。

この説明をもう3、4回書いているのですが、
どうしても意味を理解していただけなくて、
なぜか神は暗喩で科学技術を妄信した結果…という説明を書くと、
なぜか人類が機械仕掛けの神を奉る宗教が存在して、みんながその信者になっている。
みたいに誤解されてしまうので、こちらも非常に困惑というか、説明のしようがなくて、困っています。

1年前 No.194

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_nHx

ええと、もう一個書かないといけないのかな。
戦争について、ですが、これも意味を誤解されています。

これまた同義反復になるので、もしかしたら説明になっていないというか、
説明しても意味を理解してもらえないのかも知れないですが、

「機械仕掛けの神」は、科学技術の暗喩なんです。
それを、「妄信する」ということ。
(何度も言いますが、機械仕掛けの神の信者になる。という意味では、全くありません)

散々原発で説明しているので、そちらで説明を加えると、
「原発の安全性は絶対です、事故は完璧に起こりません」
ということになっていたのです、事故前は。

それと同じように、科学技術を全て機械仕掛けの神に預けてしまった結果、
機械仕掛けの神が聖石の直撃によって破壊された時に、
人類は生きていくための手段がないことに気付きましたよ。
という意味です。

うーん…。私の中ではこれ以上無いくらいに分かり易く説明しているつもりなのですが…。

機械仕掛けの神の能力については、これから詰めればいいと思うのですが、
ちょっとその前に、 >>194>>195 については、よく理解していただかないと、
今後機械仕掛けの神の話題になるたびにすれ違い、ストーリーを形成すること自体が難しくなってしまうので、
ぜひここの説明は、理解していただきたいです。

1年前 No.195

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_nHx

ちなみに具合は超悪いけど、根性で動いてます。
アップダウンが急激すぎて、身動きが取れないレベルです。

以下、「GOO辞典」からのコピペです。

もう‐しん〔マウ‐〕【妄信】

[名](スル)むやみやたらに信じること。ぼうしん。「記事を―するな」

類語

誤信(ごしん)

盲信(もうしん)

⇒類語辞書で詳しい使い方を調べる

関連語

過信(かしん)

迷信(めいしん)


という事で、妄信というのは、何も宗教的な意味の言葉じゃないです…。
誤信とか、盲信と同じ意味で、
特に絶対的な根拠もないのに、勝手に深く信じ込んでしまうこと。を言います。
ですから私の機械仕掛けの神の場合は、特に「絶対に安全な装置です」
という保証がないのに、勝手に人類が、「この機械に任せておけば絶対に大丈夫だ」
と信じてしまった。ということ。

で、こう書くとまた更にらくださんの中で誤解が進み、
「絶対に大丈夫なら戦争までおきないのだろう」
とかってことになっているみたいですが、そんなことは一言も言ってないです。
原発事故を例に何度も説明しているように、
「機械仕掛けの神に食糧生産ですとか、電力、軍事技術も含め、 全て任せてしまって平気だ」
と勝手に人類が信じていただけ。ということ。

そもそも機械技術を自分たちの作った機械仕掛けの神に任せて楽をしようとしたこと自体が、
そもそも人間の暗部です。
さらに申し上げると、機械仕掛けの神があっても争いは起きますし、発展すれば戦争にもなります。
それを仲裁したり、神のように裁いたりする存在としても、機械仕掛けの神を提案していないです。
あくまで、かつての高度文明において、「機械に全てを委ねた」という人間の堕落についての、暗喩。
その繁栄と崩壊の象徴としての、機械仕掛けの神。ということです。

私の全能力をかけた説明、理解していただけたでしょうか…?

1年前 No.196

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_nHx

あかん。
ここに書くような内容じゃないんだけど、
例の件で完全にぶっ壊れて、むしろ直後よりヤバい。
持病の方が相当悪化していて、一睡もできない。
音楽も頭に響いて、聞くことができない。

今まで気持ちで例の場所に行っていたから、
気持ちを切られてしまって、一気に体調が悪くなってしまってる。

少なくても今日は例の場所に行ける状態じゃない。
ごめんね。

小説制作ならこの体調でも何とかできると思うから、
読書とここは何とかできるとは思う。

心配かけちゃうけど、今は頑張るとはちょっと言えないかも。
復活まで、しばらくお待ちください。

1年前 No.197

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

ブルーツ・リーさんへ

リーさんの体調が回復する事を願います。
実はらくだも昨日は落ち込みました。
でも、もう復活しましたよ!
リーさんも無理せず、体調を整えてください。


あんゆ、あんゆ、あんゆ……暗喩。
呑み込みが悪すぎて、申し訳ありません(土下座)!!
何度も懇切丁寧にありがとうございます。

気を取り直して次へ進もうと思うのですが、まだらくだの誤解はありそうですか?


>>188 のリーさんの意見に賛成です。
聖石が落ちたのが数百年前。
そこで、
聖石直撃直後の設定を考えたいと思います。
これは壊れなかったシェルターに避難、または偶然いたため助かった科学者達が、
聖石を調査、解析を行い、現在の巡礼のスタイルに落ち着いたという案で大丈夫そうですか?。

決して聖石直撃直後のお話を書きたいのではなく、まずこのあたりの設定を考えた方がいいかなって、思いました。


打たれ強くなりたいので、また変なことを言っていたら教えていただきたいです。
リーさんの負担が大きくなり過ぎない程度でいいので。
いや、もう大きいかな……?
疲れたら休んでいいので、リーさんに元気になってもらいたいです。



らくだより

1年前 No.198

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_nHx

こんばんは〜。
いやいや、ここの負担は例の場所の負担に比べたら、への河童ですよ(笑)
対人関係のストレスの方が、私にとっては文章を書くストレスよりも、
遥かに遥かに大きいので、それもあって、文学を志望している部分があります☆

まあ、ほんとにそれで食っていけるようになるかは分からないのですが、
差し当たっての目標は、文である程度食っていける、無いし、ある程度の収入を得る。
レベルに持っていければな、と思って、日々努力している訳です。


聖石落下後ですが、これが難しいのです。
もし、科学者ですとか、シェルターのある程度の文字の読み書きができる人が生き残った場合、
新たな設定が必要になるのです。

どういうことかと言うと、「科学者」のレベルが生き残り、
その子孫が残れば、ほぼ必然的に、「文明」が残ってしまうのです…。
「科学者」のレベルではなくても、「識字階級」が生き残っただけでも、
実は「文明」は残ってしまう可能性が高いです。

もともとの設定が、「かつて文明が栄えて、滅びた世界」という設定ですので、
もし科学者とか、識字階級が残った場合、その子孫やら、
科学力を持った人、及び識字階級をどこかでもう一度滅ぼさないと、
「かつての文明」が継続してしまうのです。

その文明を滅ぼす手段として、聖石やら機械仕掛けの神を出してきたので、
「生き残りが居ましたよ」だと、もう一回その生き残りを滅ぼす事件が必要になってしまいます…。
まあ聖石を調べに行った人や、識字階級は、聖石を調べに行って、汚染を浴びて、全滅。
でもいいと思うのですけれど、そんな危険な作業は、それこそ社会的地位の低い人にやらせるんじゃないか…?
とかって問題点はあるように思います。

このあたりはクリアできそうですか?

1年前 No.199

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

ブルーツ・リーさんへ

もっともです……。

では、シェルター案は無しにして、
聖石の使者である聖人の教えで巡礼が始まった、とかはどうですか。
以前、リーさんが仰っていたような気がするのですが(違っていたらすみません)、
辺境の村々である人造神の影響下にない人々が生き残るとか。


ご意見、待っています。



らくだより

1年前 No.200

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_nHx

聖石に関しては、たぶん何らかのメッセージを受ける人が必要だと思うんですよね。
つまり、聖石自身が、破片になってしまって、このままだと死んでしまう…!
どうすりゃいいんだ!?
ってこの星を調査した結果、「命の水」が沸いている事が発覚。
これをかけてもらえば、生き残れるはず…!
しかし私は石でしかなく、手足がある人間が必要。
助けを求めよう…!

ってことで、人間にメッセージを送信したと。
そのメッセージを受信できる人間が、聖石と相性のいい人間で、
それが最初の「聖人」だった。
という感じでどうでしょうか?

なおかつ、「聖人」は、今まで虐げられてきた人々に多く、
文字すら分からないような階級の人が、突然目覚めた感じ。
(識字階級とか、貴族とかがメッセージを受信してしまうと、文明が生き残ってしまうため)

都市部が破壊されつくされ、辺境の村々だけが、聖石の直撃からは免れ、まず生き残る。
(このあたりですでに、「聖人」は聖石のメッセージを受け取る)
生き残った辺境も、次に、聖石の破片が落ちていない地域は、汚染に飲まれ、
そこで暮らしていた人たちは、全滅。
聖石が落ちていて、なおかつ聖人が居た村の人たちのみが生き残る。

そして、時代が下り、何百年の間に、文明は完全に崩壊。
当初は文字を知らないような被差別民のみで形成していた社会が、
年月を経るごとに、それまでの階級から離れ、新たに貴族やら神官やら平民やら奴隷やら被差別民やらに、
新たに階級が決定される。
さらに、かつて聖石の直撃で完全に破壊された中央や、聖石が降り注いだ地域には、
新たに都市や村ができている。という感じで。

まずはこの世界の「歴史」から考えた方がいいと思います☆

1年前 No.201

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_nHx

うーん…。
具合、相当悪化です。
帰るだけで、めちゃくちゃ大変でした…。

とりあえずあさって医者に行ってきます。
もしかしたら、しばらく動けなくなるかも知れないレベルの壊れ方です。
もしあの場に行けなくなったら、みんなによろしく伝えて欲しいです。

1年前 No.202

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_nHx

医者に行ってきました。
とりあえず、あっちの施設は今は休むように言われました。
抗うつ薬を処方されて、それを飲んで、とにかく負担を減らすようにと。
なるべくならば、横になって静かにしているように言われました。

ただ、明日はスクーリングがあるのと、週末にもスクーリング、
さらにレポートもあるので、今週はそんなにゆっくりはできないかもです…。

今週を何とか越えれば、来週は比較的ゆっくりできると思うので、
もしかしたら今週が調子の底になるかも知れないです。
来週一週間くらい、ゆっくり寝ていれば、回復できるかも。

そんな訳で、あちらの施設については、2週間くらいの休養が必要との事。
2週間てか、調子がある程度戻るまでは休養していてください。
とのことだけれど、とりあえず2週間くらいで、
何とか戻るのではないかと思っています。

申し訳ないことだけれど、そんな事情があって、
今週と来週は、あちらには行けそうもないです…。
あまりにもうつの状態が悪くて、ご飯を食べたり、風呂に入ったりすら辛い状態なので…。

あちらは、しばらく、休みます。
「親方」には今週も行くような事を言ってしまったので、心苦しいのですが、
うつになってしまって、医者からドクターストップかかったみたい。
というのを、できたららくださんから「親方」やスタッフさんに伝えてもらえると助かります。
しばらく休めば復帰できると思うので、
らくださんも、気落ちせずに、気長に待ってもらえればと思います。

とりあえず、休みます。

1年前 No.203

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

ブルーツ・リーさんへ

無理せず、休養してください。

沈黙で「今は体調が悪いんだな」って伝わるので、気に病まずで大丈夫です。



らくだより

1年前 No.204

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_nHx

こんばんぷ〜☆

ようやく、ようやくレポートが終わる…。
今日で何とかスクーリングもひと段落だし。

これで何とか「休み」モードに入れます…。
元々、医者に今は負担を減らして、休むように言われているのですが、
今週はどうしてもやらないといけないことが立て込んでいて、
休むことすらままなりませんでした…。

そんな訳で、明日から、1週間ほど、静養したいと思っています。
なので、あちらへの復帰は、1週間ほど見ておいていただければと…。

直後に比べたら相当マシにはなっているのですが、
たぶんここで無理すると、また壊れるパターンだと思うので、
思い切って、今週は休みたいと思います。

ちなみに、小説を書くのは大丈夫ですよ?
こちらが止まっているみたいだけれど、
特にこれくらいなら、問題なしです。
むしろあちらに行った時のストレスの方がかなり大きいので…。

とりあえず、今週は休んで、来週にはおそらく復帰できるかも…?
とにかく、まずはゆっくり休みます。

1年前 No.205

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

ブルーツ・リーさんへ


>>201 について

聖人ですが、聖石と相性の良い人間ということは、
代わりに神様とは相性が悪いのでしょうか?

うーん。
歴史を考えるって難しいですね。
@聖石直撃
A人が大勢死ぬ
……お恥ずかしいですが、この後が思い浮かびません(悲)。

汚染がどういった物かも把握できていません。
放射能ではありませんし、どこかで気候の悪化という手はお勧めしないと伺った気がします。
精神に悪影響を与えるとかでしょうか?
聖石との共存とそれまでのしのぎのタイムラグを、どう埋めるか。
それでシェルターを考えたのですが、無理っぽいですね……。
神様の守護だと、聖石との相性も問題がありますし……う〜ん。

人造神に頼らずに生きてきた一族だけが生き残る、というのは納得しております。
えっと、とういうよりこれで合ってますか?

お知恵をお借りしたいです。

1年前 No.206

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_nHx

聖人に関しては、どうにでもなります(笑)
という感じ。
この部分はフィクションで完結する話なので、
この世界の神と相性が良いでも、悪いでも話を作れると思います。
私は聖石落下直後は神と聖石の間で板挟み、というのも面白いと思います。
聖石が正式な宗教になるのには、時間が相当かかるので、
それまでは聖人も、信じてもらえるのは少数の人、
という感じでしょうか。
その後、聖石信仰が進むに連れて、聖人も信じてもらえる人が増える感じでしょうか。


汚染に関しては、「魔法汚染が起こる」とか、「精神に悪影響」だと、
ちょっと化学汚染との整合性が取れないです…。

元々の設定を確認したいのですが、
「かつて文明が栄えたけれど、滅びた世界」
「聖石に守られている地域以外は汚染されてしまっている」
ということで、汚染については私が言い出した話では無いのですが、
元々は、一体どんな汚染を考えていたのでしょうか?
「精神に悪影響を与える」とか、「木が魔物化する」汚染というのが、
ちょっと思い浮かばないです。

魔法汚染を考えていたのかもですが、
それだと聖石が汚染の原因で、汚染から守る存在が聖石で、しかもラストで人類を救うのも聖石。
になってしまい、これはお勧めできないです。
というか、魔法汚染に話を戻すのだと、またかなり設定を動かさないと論理的整合性が難しいです…。


あと、タイムラグの話は、なぜタイムラグが起こるかがわからないです。
聖石の破片が落下直後から浄化を行っていたのではだめなのでしょうか??
ただし、浄化を続けるためには、年に1度は命の水の補給が必要。
とかって設定にすれば、シェルターなしで、全く問題ないような気がします。

1年前 No.207

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_nHx

化学汚染に関しては、
グーグルで「インド ボパール 事故」
とか、「チェルノブイリ 事故」
とか、「地下鉄サリン事件 症状」

とかのワードで検索をかけてもらえれば、いくらでも化学物質による人体への悪影響は分かります。
そこからネットサーフィンを行って、
実際の世の中にはどんな汚染や、科学物質はいかに体に悪いのか、を調べて欲しいです☆

元々「汚染された世界」というのは私の発案では無いので、
この当たりを調べてもらって、あとはフィクションとして症状は作ってもらえればと思います。
小説を作るのには、知識が必要です。
分からない知識の場合は、とりあえず書籍やインターネットで検索をかけて、
調べながら作るという作業も、ぜひやって欲しいと思います。

あと歴史に関しても、小説を作る上では、小説の世界に至る前に、
どんなことがあってその小説の世界が出来上がっているのか。
を考えるのは、非常に大切な作業です。
小説の表に出てこない設定だったとしても、
フィクションの「歴史」を作らないと、小説の世界にリアリティを求めることが難しくなります。
ぜひ、小説を作る際には、小説の世界の歴史も作る必要があることをご理解ください☆

元々の設定が、元々の神から聖石に信仰が移った世界ですから、
当然神から聖石に、どんな風に信仰が移っていったのか、
数百年の歴史の間での変遷、宗教的変遷とか、新たな貴族ができるまでの変遷とか、
社会秩序はどうやって生まれた?とか、ノア一族は数百年の間にどうやって能力を伝えたのか、
とか、考えることは山積みですよ。
私なりに考えるならば、いくらでもネタはあるけれど、それだと超長文の書き込みを連発することになりそうです…。

1年前 No.208

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_nHx

うーん…。またしても具合が…。
またしてもって言うか、この間壊してから、治ってないです…。

それでも何とか読み書きはできる状態はキープしていたのだけれど、
今日はちょっと、読めない状態になってしまっている。
私は文学を読むとき、ただ文章を読んでいる訳ではないのです。

理性だけじゃなくて、感性も使って、全能力で読みに行きます。
行間とか、作者が訴えたいことは何なんだ!?
って読み方をするので、これだけ体調が崩れてしまうと、
その作業ができない=文学が読めない。
ってことになってしまう…。

他の事もできないから困るのは困るんだけど、
それよりも、文学が読めないっていうのは、僕にとっては根幹部分。
人生の意味。みたいな部分なので、ここが壊れてしまうのだけは、本当に困ります。

ちょっと、まずいかなあ…。
故障からもう2週間くらい経って、今日が一番体調が悪い感じなので、
回復が遅れているのか、本格的に沈み込みに入ってしまったのか…。

ちょっと今の体調だと、あちらへの復帰が難しいです…。
無理しすぎたっていうのもあるかも知れない。
調子崩した後も、あちらにも行って、さらにスクーリングに、
それにレポートまで加わっていたので、体が悲鳴を上げている状態なのかも。
ちょっと、どうなるか分からないけれど、少なくても今は、かなり落ち込み切っている状態です。

1年前 No.209

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

ブルーツ・リーさんへ

お体の具合は大丈夫ですか?

日曜ですが、たぶん行けません。
少し用事ができました。
ご連絡くださると幸いです。



らくだより

1年前 No.210

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_nHx

具合、何とか峠は越えたようだモン…。
日常生活には問題ないレベルには、改善してきています。

図書館、残念です…。

でも、たぶん火曜日には復帰できるとは思います。
よろしくです☆

1年前 No.211

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

ブルーツ・リーさんへ

お元気になったようで、嬉しいです。


聖人について

初めのころの聖人は聖石から直接生み出された存在でしたが、
>>201 のリーさんの書き込みを読んで、
「選ばれた人間」も良いなと思いました。
ところで虐げられた人に聖人が多いという設定ですが、
聖石はどうやって見知らぬ地で差別の情報を手に入れたか、考えたいです。


タイムラグについて

言葉が足りないようですみません。
聖石直撃直後から汚染は酷いという設定です。
生命の泉がないと浄化は出来ない聖石が、
人類から信仰を勝ち取り、巡礼というシステムを生み出す前と
その前の間にタイムラグがあると言いたかったんです。


汚染について

リーさんは化学汚染を推していますか?
一応、ファンタジーを目指しているので、
SF(?)はまたの機会にしたいです。
化学系でいくとしたら少し、ファンタジーを混ぜます。

汚染は聖石という物理的な天変地異と、神の呪い(下記)です。

再びタイムラグの話になりますが、汚染によって死ぬまでの時間稼ぎ。
それがシェルターか、精神力で耐え切るという設定で汚染の中身が精神悪影響
を考えていました。
前者(シェルター)だと化学汚染もアリです。


歴史について

ちょっと知りたいことで、リーさんは神の怒りの断罪と人造神(暗喩)に頼り切っている期間では、
どのぐらいの差を想定していますか?

ここからは提案の前の提案なので、流すか突っ込みをよろしくお願い致します。

大災害前は人(太陽の民)と魔物(月の民)が争っていた。
精霊は中立。
神様は魔物を生み出しながら、それを退治する力を人に与えることで信仰を培っていた。

ところが知性を持つ魔物が生まれたことにより、秩序に激震が走る。
太陽の王(人の王)と月の王(魔物の王)が手を結び、文明が急進した。
高位の魔物が低位の魔物から人を守るようになる。
一方、神は知性の低い魔物を生む悪役とみなされた。

信仰は薄れ、神の憤懣は激化。
人造神に聖石を召喚した。

大災害が起こる。

その後、人造神に頼らずに昔ながらの精霊を頼りとする一族(ラドン一族など)が、
ある程度の耐久を発揮した。

神の呪いにより、徐々に特定の人と魔物の間にしか子をなせない者が生まれ始める。
その者を『適合者』(仮称)と呼んだ。
適合者を魔女裁判のように、迫害するようになった。

そんな時、聖石が仲裁に入った。
共鳴反応で人と魔物の適合者を結び、子を巡礼者として仕立て上げる。

両親を異端者として、人からも魔物からも弾かれた者同士、
聖石を中心に集落を作り、村となり、町から街へと成った。

自衛が必要になった住人は、主(村長とか)を選び、更に大きな聖石や
生命の泉を確保するため、党を組んで他村を襲う。
または協力者として、冒険者ギルドなどを設立した。

……う〜ん^^;
らくだなりに頑張りました。
今度、図書館で歴史の本を借りてみます。



らくだより

1年前 No.212

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_nHx

うーん…。私の世界観とだいぶ方向が…。
突っ込みどころが多すぎて、ちょっとどこを直したらいいのか…。
とりあえず、言葉を厳密に使いましょう。
小説を作る上では、単語や文章の意味を間違えるのは、非常に問題です。

そもそもの設定なのですが、
「文明が栄えたけれど、滅びた」
という言葉の、「文明」の意味が、たぶん違うように受け取っているのだと思われます。

私の中での文明と言うのは、現代日本のような、科学力、文化が発展した社会。
というイメージだったのですが、
らくださんのストーリーだと、「中世」くらいの感じです。
まあ…中世も文明っちゃあ文明なんだけれど、
それだと、私が最初から提案している事象は、だいたい無効になってしまいます…。

タイムラグについて。
これも「信仰」という言葉を誤解されていると思います。
「信仰」というのは、何らかの存在を深く信じて、その存在に帰依し、
宗教活動として、その何らかの存在に対して祈ったり祀ったりすることです。

聖石に水を上げないといけないのは、単純に水を与えないと、聖石の破片が死んでしまうから。
そのために、水を与えるという事で、水を与える行為=信仰。ではないです。
そうだったら、ガーデニングが好きな人は草花を信仰していることになってしまうし、
ペットを飼っている人は、ペットを信仰していることになってしまいます。

聖石が死んでしまったら、汚染された地域では、人がバタバタと倒れていきます。
そのために聖石に水を与える必要があるのであって、
その行為自体が、即「信仰」という事にはならないと思います。

1年前 No.213

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_nHx

あと、そもそも化学汚染に関しては、
全てが聖石頼みなのは問題だよねってことで、もう1か月くらい前から、
「機械仕掛けの神が壊れたことによる化学汚染です」
というのは言い続けてきて、私もその設定を基に提案してきたので、
ここに来て変えられるのは非常に困ります。

ゴンさんもおっしゃっていたけれど、
方向性が違うのであれば、そのタイミングで言っていただけないと、
こちらとしてはその提案を基に新たな設定を提案し続けることになってしまうので、
例えば今回のように、1か月放置され、
その後になって「やっぱり方向性が違います」
と言われてしまうと、こちらとしては提案が難しいです。

そいうじゃないと、提案した事項を基に新たな提案を繰り返しても、
ある時「やっぱ使えない」ってことになってしまい、
その間に提案した事項が全くの無駄になってしまう上、
こちらの世界観と、らくださんの世界観がその1か月の間に全く違うものになってしまい、
ファンタジーの制作自体が難しくなってしまうのです。

太陽の王とか月の王とかは、私は全くノータッチで、アイディアも何も出していないところから、
いきなりらくださんが作って来られているので、
これならば、共同制作者は要らないんじゃないかと思ってしまいます。

これは、世界の設定をまた最初から作り直さないといけないレベルの話なので、
「将棋盤をひっくり返された」
という感じです…。

1年前 No.214

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

ブルーツ・リーさんへ

アイディアが、出ない!!
ご相談なんですが、外部に相談って嫌ですか?

三回半えびぞりさんという方がいて、ときどき相談にのってもらっているのですが。



らくだより

1年前 No.215

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_nHx

他の方への相談も、私としては別に構いません。

ただちょっと心配なのが、ゴンさんの時のようなトラブルに発展するケースです。
現状で、掲示板の中だけでは作ることが困難な状況にあると思うんです。

そうすると、どうしてもリアルの世界でも小説の設定について、
相談しながら作る作業を同時進行的に行わざるを得ない状況だと思うんです。

その中で、他の方を入れた場合、またゴンさんの時のようなトラブルにならないかと…。
あとは今まで決めてきたことがたくさんある中で、
途中からの参加という事になると、
今までの220くらいのレスを、全て読んでいただかないと、
今まで決まったことを理解していただけない可能性も十分に考えられます。

その「三回転えびぞり」さんは、どのような方なのでしょうか??
今までのすっごい長いやり取りを、全て読んでくださる方なのかな、と。
私は1回の書き込みが極力700文字を超えないように注意しているのですが、
ゴンさんの書き込みは、一部で3000文字の文字制限に引っかかるような書き込みもあり、
正直新しい方にあれを読めと言うのは、ちょっと厳しいのではないかと私は思います。

上記の問題点をすべてクリアできて、「三回転えびぞり」さんが自らの意思で「やりたい」
とおっしゃってくれているのであれば、私としては特にそれを拒む理由はありません。

問題点をクリアして、順調に小説を作ることができるでしょうか。
私も注意はしますが、最終的にはスレッドの管理人であるらくださんが統率を取らないといけないので、
またトラブルになってしまったりが、非常に心配です。

1年前 No.216

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_nHx

うーん…。三回転半えびぞりさんの文章を読んだけれど、どうなのかな…?
まだまだ全く修行不足の状態なのに、(読めたものではないレベルです)
他人にどうのこうの説教を始めちゃっている感じの人なので、
あの人を入れると、ますます場が混乱するんじゃないかと思います。

私に言わせれば、まずは10年純文読んで出直せい!
ってレベルの文章しか書いていないように思われます。

まあ、私もあんまり他人をどうこう言ってないで、精進するのみ。
だからこそ、私は文学の為には人生が500年必要だと言っている訳ですよ。
それくらいの時間がかかるくらい、勉強勉強が必要。ということ。
それが分かっていない方は、文学の世界では酷評すらされないです。
本当にレベルが低い人はどうなるかと言うと、文学の世界では、
「無視」されるだけです。

小説を書くという人には、勘違いさんが多くて本当に困ります。
個人的に、三回転半えびぞりさんをここに加えることは、ちょっと賛成しかねます。

1年前 No.217

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_nHx

また極度に体調が落ちてきてしまいました…。
ちょっとうつがまただいぶ悪いです。

私の症状としては、一回体調を崩すと、ガラガラ崩れてしまうところがあるので、
ちょっと今回は、無理をし過ぎたのかもしれません。

とりあえず頓服としてもらっている抗うつ薬が切れてしまっていることもあるのと、
医師から具合が悪くなった場合は遠慮せずに、
というか、無理せずすぐに来るように言われているので、
今日医者に行ってこようと思います。

もしかしたら、あちらにはまたしばらく行けなくなるかも知れないです。
ちょっと今回は、崩れ方がまずいです。

1年前 No.218

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

ブルーツ・リーさんへ

了解です。


体調、悪いんですね……ご静養ください。
焦らなくていいので、リーさんの無理のないよう、
お願い致します。

お元気になったら、また楽しく合作しましょう!

1年前 No.219

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_nHx

どうですか〜?
体調大丈夫??

一応スタッフさんから、休んでいる理由は聞いたけど、すごく心配です。
私も体調があまりよくないので、あちらに行くのは少なくてもしばらくは難しいのだけれど、
お互いに、体調だけは何とか整えて置かないといけないとは思うよ〜☆

一回行って、雰囲気がものすごく悪くなってしまっているのを、私も実感したから、
無理にあちらに行かなくてもいいとは思うのね。
大事なのは、どこに行くか、ってことより、いかにいい生活を送るか。ってことだと思う。

今のままだと、本当に病院送りになってしまうかも知れないし、
何より体がもっと悪くなってしまいそうで、そのあたりをすごく心配しています。
とりあえず、飲むものだけでも、ちゃんと飲んでほしいです…。

とにかくまずは体調を治して、しかる後に返信してもらえればと思います☆
早く元気になってね☆☆

11ヶ月前 No.220

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

ブルーツ・リーさんへ

ご心配ありがとうございます。
ここまで黙っていたらくだも共犯なのですが、ここはリアルと離れて交流できる
メリットがあります。
他の方もらくだ達が面識があると分かってしまうと、ここに入りづらくなると思うので
考えて欲しいです。

らくだの身を心配してくれるのは、とてもありがたいのですが、
「病院」「薬」など、個人的な情報を公表するのも止めていただければ
幸いです。
リーさんからご自身の状態を話すのは構いませんが、よろしくお願い致します。

ちなみに薬はかかさず飲んでいるので、ご安心を。



らくだより

11ヶ月前 No.221

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_nHx

うーん…。たぶん過剰に「差別」を心配し過ぎ…。

あと「お知り合い」の意見を聞き過ぎ。

せっかく心配して書いたのに…。
ここまでボコボコに言われてしまうと…。
しかも、第三者が入りづらいとか、病気のことは言うな、とか、
そのあたりはらくださんの意見じゃなくて、
「お知り合い」
の意見なんじゃないかと思われるし。

うーん…。
それだと、ちょっと掲示板上には、心配だろうがリアルの事項を記載することが一切できなくなるし、
現状ではこちらしか連絡できるツールがないのだけれど、それも難しくなってしまうよ…?
会話ができなくなるけど、本当にそれで、らくださんはいいのかな…?

まあ、らくださんの(?)意見はよく分かりました。
これからは控えようと思うけれど、それだと、ちょっと連絡のしようがないです。

本当に、心配な中、純粋に少しでも元気になってほしいから書いたので、
ものすごく残念でならないです。

とりあえず、私用の連絡は、控えます。
私の方の状況だけ言うと、「あちら」は当分控えようと思っているので、
「あちら」では当分会えないですよ?
だからこそこっちに書いたのだけれど…。

らくださんの(?)ご意見は分かりましたので、
こちらには書き込まないようにします。本当に残念です。

11ヶ月前 No.222

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_nHx

うーん…。
とりあえず、ごめんね〜。

詳しいことを書くと、また状況の説明になってしまうので、
そちらは自分で立ち上げたスレッドに書いておくけど、
現状で、「あちら」に行ける体調と状況じゃないのね。

そういう意味で、連絡方法は考えておかないと、
現段階で、こちらしか私の方から連絡しようと思ったら、手段がない状態。
伝えたいことがあっても、現状だと何も書けない状況ではある…。

まあ、らくださんが状況について書いてほしくないっていうのが分からなくて書いてしまって、
その点は申し訳ないと思うけど、どうしたものか…。

まとめの文章も、正直個人情報っちゃあ個人情報になるから書けぬ…。
うーん…。

とりあえず、ごめんね。

11ヶ月前 No.223

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

ブルーツ・リーさんへ

そんなに落ち込まなくて、大丈夫ですよ^^
えーと、知り合いさんからじゃなく、らくだからこの件は判断しました。

「差別」を恐れないことは勇気がありますし、そういう気持ちが「意識改革」
に繋がると思っています。
ただ、「差別をしない」=「良い結果」(もしくは「善意」=「良い結果」)になるとは限らないという事も
あると思います。
たとえばらくだの実話ですが、

美味しいお菓子があるから、これをあげたら喜んでもらえるな。
と、思ったら相手は糖尿病だった。

こちらの事情を知って、遠慮したりや気をつかったりもあるかもしれないです。
不特定多数の目がある場ですので、ご理解いただきたいと願っております。

多少の世間話なら、むしろ楽しいです。
ですが、「メビウスリングのルール」にもあるように、
個人情報が目立つようになってしまったので、申し訳ないですが
リーさんの善意を受け止めて答えた次第です。

誤解があると困るので言いますと、らくだはリーさんの妹です☆(冗談)
決してリーさんが嫌いなわけじゃないので、落ち込まないで下さい。



らくだより

11ヶ月前 No.224

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_nHx

どうしますか〜?作品、作りますか〜??
ほっとくと何かせっかく作った設定を荒らされてしまいそうなので、
放置はあまりしたくないのだけれど、現状でアイディアが出ない状態なんですよね。

あちらには当分行かないので、掲示板上だけでの作成が、非常に難しい状態にはなっているとは思います。
どうしますか?
やはり他の人を呼んでくる感じでしょうか?

ただ三回転半えびぞりさんも、最近は全く作品を作っていないみたいで、
誘っても、恐らく来ないのではないかと思います。

というか、ほとんどここの掲示板群、ゴンさんくらいしか書き込んでいない状態みたいです。
ただ3000文字の改行の無い書き込みはなあ〜…。
私にはちょっと付いていけないです。

いや、悪口じゃなくて、文学として批評は必要なんですね。
改行しないで3000文字を書いてしまったらどうなのかな?とか、
読者の反応を考えられないと、文学としては厳しいと思います。

あと、ここに来ている人の中で、「文章が書ける」と思っていたら、
それは私を含めて、全員間違っています。
文章なんて言うのは、そうそう書けるものじゃないんですね。
純文学で、芥川賞をもらうレベルの作家さんでも、「駄文」ばかり書く人も居ます。

まず、とにかく文章に対して謙虚にならないと。
あとは、批判精神も、文学を書く上では必須なのです。
そのあたりの視点が、どうもこちらの掲示板群を見ている限り、欠けているように感じるのです。

11ヶ月前 No.225

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_nHx

うーん…。
あちこちの小説投稿を流して読んでみたけれど、
どうしても私の目指しているものとはあまりにも違いすぎる…。

なんで小説を作る段階で、「ペルソナ」の話がいきなり出てきたりするのか…。
作品の肝って、そこじゃないでしょ?
という感じがだいぶ…。

私も純文学一本ではなくて、エンタメ系小説も、直木賞を取った方の作品であれば読んでいるんですね。
その中でも、この作り方は、なかなか…。
今更だけれど、ここの皆が何を考えているのか、さっぱり分からないです。

そもそも文学に何を込めるのかをを考えないで、枝葉のテクスト論を大人数で論じていたり、
(テクストがどうでもいいという話ではありません。
きちんとした日本語、他者に読ませるに足るテクストはもちろん大事です)
うーん…。
表現したいことをそもそも決めないと、文学って書けないものだとばかり思っていました。

これも最近気づいたのですが、こちらの掲示板群、年齢層が低いのかな…??
文学と言うよりは、アニメや漫画、ゲーム等の影響をすごく強く感じていて、
肝心の文学作品を読んでいない人がほとんどなんじゃないかと思います。

まあ…言葉は重いです。
「辞退します」と言ってしまえば、もうそれまでのことになってしまうので、
それを言えば最終局面がすぐにでも訪れてしまうんですよ。
ですから、言葉はちょっと選びますが、私としては、しばらくこちらは凍結させていただきたいと思います。
私なりに心血を注いで設定を作ったので、中途半端に改変をされるのは、できれば勘弁して欲しいとは思います。
もしかしたら、新たにスレッドを立て直して、もう一回最初から作り直した方が、
作品として完成する可能性が高いんじゃないかとも思います。

共同制作者としては、できれば新しい人が来られて、設定を改変して、妙なものに持っていかれるのは、非常に困ります。
例えば、「機械仕掛けの神」は、単純に高性能の機械であると同時に、科学を妄信した人類の暗喩でもあるんです。
この辺りは、私が入っていなければ、他の方が入れば、確実に反故にされてしまう内容です。
また、私が残ったとしても、他の方が変えてくれ。と言ってこられても、私としては、飲めない部分も多いです。
その場合、私と他の方の間での口論も十二分に予想される状態です。
テクスト的に変えられない、という意味と、文学として目指すところがあまりにも違う。
という、根本的な思想的な問題を孕んでいる訳です。

らくださんもこの設定ではファンタジーを作れないみたいですし、
一旦リセットして、新たにスレッドを立ち上げるのもいいかも知れません。
ここで他の方を入れて、本来の暗喩からあまりにもかけ離れたものを作られるのは、
創作者としての矜持に関わる問題ですので…。

そもそも論なのですが、同じ物事に対して、人に世より別の思想があるのは、当たり前のことです。
小説と言うのは、自らの思想を文の形で表現する芸術です。
そういう意味で、無思想にでもならない限り、「共同制作」という作業自体、少なくとも私には難しいのかも知れないです。
他者と論争をしたとしても、他者の思想を捻じ曲げることは不可能だからです。

そういう意味で、私としては、共同制作、という作業に関しては、「凍結」させていただきたいと思います。
大変わがままですが、私の文学の手法と、こちらの掲示板群の手法のあまりの違いに、今気づいた次第です。

まずはらくださんなりの、文学に込めるための文学的思想、知識的土壌、を作られることをおすすめして、
私はしばらく「凍結」したいと思います。

11ヶ月前 No.226

ブルーツ・リー @keibahiro ★zklKK5jGlN_nHx

眠れないお…。
一睡もできないお…。

図書館に行けるかと思ったんだけど、まさかの不眠…。
もしかしたら行けないかも知れないお…。
睡眠薬は入っているから、どこかで猛烈に眠くなるんだお…。

ぐーまー。

行けなかったらごめんね〜。

10ヶ月前 No.227
ページ: 1 2 3

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる