Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(110) >>

動物の謝肉祭合作募集

 ( 募集・告知 )
- アクセス(586) - いいね!(0)

ゴン ★8bRTE7eaVc_nXr

異世界能力バトル込み救済系小説の合作募集です。
モチーフはサン・サーンスによる組曲『動物の謝肉祭』。
ネット上にもMIDIが無料で聞けたりするのでぜひ聞いていただけるとイメージもわきやすいかなと思いつつ。
登場人物たちは動物の謝肉祭に登場する十四匹の動物たち。彼らをアニモといいます。


1、ライオン(序曲と獅子王の行進曲)
2、雄鶏(雄鶏と雌鶏)
3、雌鶏(雄鶏と雌鶏)
4、ラバ(騾馬)
5、カメ(亀)
6、ゾウ(象)
7、カンガルー(カンガルー)
8、水族館(水族館)
9、ロバ(耳の長い登場人物)
10、カッコウ(森の奥のカッコウ)
11、鳥(大きな鳥かご)
12、人間(ピアニスト)
13、化石(化石)
14、白鳥(白鳥)

世界は周りを海によって囲まれ、出ることのできない島。その島の中央には世界樹という巨大な樹が生えており、木の根元には現世が、はるか上の樹上にはあの世が広がっているとされ、世界樹が二つの世界を絶対に触れることの無いように支えています。島には町がありアニモと人間たちが暮らしています。その島に暮らす人たちは現世で死に、何らかの未練があって世界樹の階段を上ることができない人たちです。アニモはそういう人たちを導き、町をさまよう魂を樹上に案内するのが役目です。

それと同時に世界を取り囲む海からは世界樹を倒し、彼岸と此岸の境界をなくし、この世界を混沌の海に帰そうと画策する七人の大罪者とその手下が訪れ、世界樹を切り倒そうと狙ってきます。アニモはそれらから世界樹を守る役割も果たし、全てのアニモは戦うための力を持っています。

アニモの持つ能力は二つあり、獣化と道具化があります。
アニモは世界樹に実る卵から生まれ、十二番のピアニスト以外は全員が最初は動物の形態で生まれます。
成長するうちに人間の姿と動物の姿を切り替えられるようになり、人間の姿を保持できるアニモはほとんど人間の姿で過ごします。
また、自らが生まれた卵の殻を、自らに一番適合した何らかの道具の形に変化させ、それを用いて特殊な能力を発現させます。
アニモは現世において尋常ならざる未練を残した魂を世界樹が選び、その時にアニモに欠員があった時、卵の形で実らせます。
アニモが道具化させる道具は多くはその未練に結びつくものがいいなぁみたいな。
そしてアニモは一応町では普通の仕事(大工とか服屋とか)をして働かなくてはならず、またその仕事を通して迷う魂を救済していくのが仕事です。

現状で決まっているのはピアニストのアニモである人間が世界樹に実り、彼が成長していく物語です。
で、この時点で新米のアニモが四人いて、雄鶏、雌鶏、耳の長い登場人物、ピアニストの四人が子供(十歳から十五歳くらい)で、アニモの学校で勉強してます。それ以外のアニモは全員大人みたいな。
とりあえずキャラクターと能力だけは考えてみたんですが、やっぱり話し合う人がいないとそれ以上の形にできなくて、うう合作しないと作品を完成させられない病は深刻です。
一応それなりの分量になったら公募とかへの出品も視野に入れて活動していきたいなと思っているんですが、そんなこんなで協力していただける方を募集しています。条件はぶっちゃけ三年とか五年を視野に入れて一緒にできる人みたいな感じなんですが。
とりあえず以下に考えた能力、というかモチーフを書いておきます。
キャラクターはピアニストと学校組くらいしかイメージがなくて、長々と書いていますがまだ全然ふわふわです。
どなたかこんなゴンと合作していただけないでしょうか。


1、ライオン

師子王の冠
形状:茨の冠
能力:針

2、雄鶏

チキンジョージの鎚
形状:金鎚
能力:固定

3、雌鶏

舌切り雀の鋏
形状:大鋏
能力:切断

4、ラバ

ヘミオーネの車輪
形状:車輪
能力:回転

5、カメ

ロンサムジョージの砦
形状:楯
能力:遮断

6、ゾウ

ガネーシャの杖
形状:錨
能力:質量

7、カンガルー

無音の靴
形状:靴
能力:反跳

8、水族館

めだかの学校
形状:金魚鉢
能力:千里眼

9、ロバ

井戸の残響
形状:音叉
能力:振動

10、カッコウ

暗黒の万華鏡
形状:鏡
能力:光線

11、鳥

鳥かご
形状:檻
能力:監禁

12、人間

ピアニストの糸
形状:糸
能力:結繋

13、化石

考古学者の時計
形状:時計
能力:時間

14、白鳥

白鳥の湖
形状:翼
能力:凍結

4年前 No.0
メモ2013/05/10 21:39 : ゴン @gorurugonn★8bRTE7eaVc_nXr

日本人の平均身長


5歳 男110.7 女 109.9


6歳  116.6   115.8


7歳  122.5   121.7


8歳  128.2   127.5


9歳  133.6   133.5


10歳 139.0   140.1


11歳 145.1   146.9


12歳 152.5   152.0


13歳 159.9   155.2


14歳 165.4   156.8


15歳 168.4   157.3


16歳 170.0   157.8


17歳 170.8   158.0

ページ: 1 2

 
 
↑前のページ (60件) | 最新ページ

ゴン @gorurugonn ★yRn10TRCWH_1cM

実際七人以上います。一応世界樹の外側に広がる海の向こうにある島に国(街)が作れる程度いる予定です。でも、基本的には大罪者はそれほど多くはない予定です。アニモが十四人でこれは減ることはあっても増えることはありませんし、大罪者のもとはズーロジークの街に流れ着く因果を負った人間です。その人間の数自体が十四人で処理できる程度のものなので、必然的にその人間の中から生まれる大罪者自体もそんなには多くなかったり(この辺はズーロジークの街の人口が多分だいたい一万人くらい、その中で因果を負った人間が百人くらい、その百人の中から大罪者は五人も出れば多すぎて大問題みたいな次元だったり)。

で、もともと大罪者そのものが因果を負った人間を殺すことによって自らを強化するので、その本性が殺戮に根ざしている以上はあまり共存とか共生には向いてないんですよね。だから、その辺でも大罪者たちがそれほど大きな集団になることもないみたいな。もっぱら大罪者同士で殺し合って因果を重ねて最強の大罪者とか生み出したほうが早いといえば早いですからね。そうならないのは七人の大罪者の力が拮抗していて、それぞれに不干渉であればとりわけ殺す理由もない、みたいなところだったりするので。

でも配下は欲しいので、見込みのある大罪者は殺さずに島にさらって保護したりもして、その中でも大罪者同士で子供を作ったりしてある程度の人口が虫の島にはいたりします(それも全部で五百人くらいでしょうか)。
ただ、物語に必要なのはその大罪者たちを束ねている存在である、七人の長なので、とりあえずはこのボスキャラ格の七人を考えて欲しい感じです。

というわけで質問の答えとしては、大罪者は七人より多いです。でも基本的に大罪者がほかの大罪者を殺すことで自らの力を強化するので増えていく一方でもなかったりします。全体として虫の島に五百人前後がいます。それを束ねる存在として、七人の長がいます。という感じでしょうか。

2年前 No.61

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

2年前 No.62

ゴン @gorurugonn ★yRn10TRCWH_1cM

またまた説明不足で申し訳ありません。

アニモの獣型と大罪者の虫型

ズーロジークの街に存在するアニモと大罪者ですが、その本性が人でない証拠に、人間以外の形を持ちます。
アニモだと動物の謝肉祭に登場する十四匹の動物の姿(ピアニストだけは変身できない)で、大罪者はそれぞれの罪に相当する、虫の姿に変身することができます。この動物の姿、あるいは虫の姿こそが、アニモ、あるいは大罪者の本性であり、大体その因果を象徴する怪物じみた姿の動物や虫の姿に変身します。大きさも人間並みの大きさの動物や虫の姿になります。

ホウライだと蜂の姿をベースに何かしらの化物じみた感じのデザイン(別に化物じみてなくてもいいんですが何かしらの特徴は持たせたいですね)を考えていただきます。

道具について

これは基本武器と考えていただいても構わないんですが、武器そのもの(剣とか盾とか銃とか槍とか)ではなく、戦う道具として作られたものではない道具(金槌とか、鋏とか、糸とか布とか)で、何かしらの能力とデザインを与えて、それを使用して戦う道具を考えていただきたいです。
アニモの場合、この道具は、アニモが生まれる際の卵の殻を元にアニモ自身の魂の形に反応して、道具の形になり、普段はアニモの影の中にしまわれてあって、戦う時にそれを自在に出して戦います(戦う場面以外でも能力を使用する際には使います)(だからこのへんでも能力自体も戦うための能力よりも、生活に使える便利な能力を戦いにも使用する、みたいな方がいいと思ったり)(大罪者は戦うための能力で構わないんですが)。

それを踏まえてホウライ様の道具は扇子(扇)がいいと思います。
能力は弱体化(減弱)で、扇で仰ぐ風はそこに存在するあらゆるエネルギーを減弱させるみたいな。つまりホウライに向かってくるものは遅くなり、脆くなり、壊れやすくなるみたいな。で、殴るとか扇で受け止めるとか接触を伴うとさらに顕著にこの減弱の効果は強まり、鉄でさえも軽く打たれただけでボロボロに崩れ、殴りかかった拳をこの扇で止めると、拳の方が砕けてしまうみたいな。もちろん心に対する影響も多大で、この扇に煽られると恐怖が煽られてホウライに対する恐ろしさがこみ上げてきて精神的に弱い人間ではひとたまりもないとか。ホウライに対するというより、今やろうとしていることに対して恐怖を煽り、行動不能にさせるみたいな。で、もっぱらこの風で因果を負った人間を弱らせて自殺に追い込んでその因果を喰らうみたいな(大罪者の虫型は因果を食べる時に基本この姿を取ります)。

名前はラクシャスの扇みたいな。ラクシャスというのは羅刹のことで、これは西遊記に出てくる鉄扇公主つまり羅刹女の扇ということで、いわゆる芭蕉扇のことなんですが、ちょっと持って回った言い方をしたいのがこの合作だったりします。

あと、真名なんですが、これは名前と同音の漢字で考えていただきたいので、ホウライの音に当たる漢字で考えてみると、崩雷(雷のように激しい怒りで自らさえもうち崩していく)みたいな。

で、前世の因果は社会的弱者、庇護と、被支配みたいのをキーワードにしていくと、常に守られる立場でいる自分に対する憤怒、弱いという罪、みたいのでまとめられると思います。つまり、ホウライの前世は何かと守られてばっかりだったみたいな。少し具体的にしていくと、ホウライは生まれつき呪いというか祟というか、そういうのを受けてこの世に生まれ、忌み児として育てられたんですが、ホウライ自身はその呪いによって傷つけた者にはホウライが受けた傷よりずっとひどい祟が返るみたいなので、ホウライ自身は家族から非常に丁重に慈しまれて育ったわけなんですが、その家族は絶えず村八分にあい、差別されて暮らしていたとか。で、ホウライ自身は家族が優しくしてくれることに非常に甘えていて、自分は困らないから安穏とその庇護の元で、友達はいなくても与えられるおもちゃとか綺麗な着物とかに満足していたんですが、あるときその村の領主がホウライの家が村の調和を乱していると家族を皆処刑することにし、ホウライ自身も捉えられ、目の前で殺されていく家族に、ホウライは初めて自分が何の力も持っておらず、そのことを疑問にさえ思わずに弱いことに安心して、いつも守ってもらえると思っていた自分と、その弱さは家族に多大な負担を強いていて、その大切な人達をホウライは少しも助けることができないんだと思い知ったとか。で、ホウライ自身も殺される、みたいなところで、実はホウライが非常に美しい娘だということに気づいた領主が処刑を中断し、ホウライを手込めにすることにして、以後ホウライは領主の屋敷の奥で閉じ込められて寵愛されたとか。

そんな中でホウライは弱い、ということに対して強烈な劣等感を持つわけなんですが、生まれついての呪いの体のためにホウライ自身が肉体的にも精神的にも強くなることはできなくて、ホウライはひたすらに自分より弱いものを更に罵って萎縮させることで自らを強いと思い込もうとしたとか。で、同じように領主に閉じ込められた娘たちを牢の中で罵ってその尊厳を奪い自殺に追い込んで、ついには領主自身もその毒舌により自刃に追い込むとか。そのあとはその領主の下から更に噂を聞いた地位の高い貴族の家で同じように囲われて自殺に追い込んでは更に高い身分のものの手に落ちる見たいのを繰り返し、ついには一国の王に囲われることになり、同じようにその王にも呪いの言葉を浴びせかけ、ついには国を滅ぼすみたいなところまで行くんですが、そこに勇気ある王の臣下がこの娘は呪われた女だ、みたいなことを言ってホウライを殺し、王を助けたとか。でもホウライを殺した時にその呪いが国に掛かりほどなくしてその国は滅びることになったみたいな。

で、ズーロジークの街で因果を背負った人間として流れ着いたホウライは、その呪いとは切り離されてはいたんですが、背負った因果のために街でも結局弱者として扱われ、何もできない、守ってあげなければならない存在として、そのホウライの面倒を見てくれるアニモに始終面倒を見てもらうわけなんですが、そのときは前世の記憶をすべて失っていて、普通に過ごしていたんですが、徐々に自分の因果に触れそれを思い出していくうちに、弱いからこそ誰も助けられなかったことを思い出し、そして弱いものが弱いままでいるのが罪だとすれば、弱いままでいてもいいように守ってくれる強いものもまた罪深いと考えて、ついにその一番ホウライのことを気にかけてくれて、守ってくれたアニモを自らの手で殺してしまうとか。

で、これによってアニモを殺したことで世界樹の祝福を受けられないことが決まり、蓬莱の左まぶたに烙印が現れ、フルール・ド・リスとして生まれ変わってしまうみたいな。そしてホウライの生まれ持った因果である、絶えず守ってくれるものがそばにいるという性質に引かれて、同じく樹の祝福を受けられなかった罪人たちの因果が集まって、ホウライはそれに守られる蜂の巣を作って、虫の島を作り上げてしまったみたいな。

で、そんな因果を背負ったホウライは守るみたいなことを忌み嫌っていて、アニモみたいな人間を守る存在がいるからこそ、いつまでたっても人は弱いまま、罪を重ねなくてはならないとか思っていて、それを断ち切るために、まず守ってくれる強いものを絶やすことが必要とか思ってて、そのためにアニモを抹殺する計画をずっとしたためているとか。

なんか思いのほか膨らみましたが、こんな感じでいかがでしょうかね。
ちなみにズーロジークの街はあらゆる世界のあらゆる時代の上に存在していて、すべての世界は平等に扱われますから前世には特定の時代、特定の国籍みたいなのはなかったりします。全部どこかの時代、どこかの場所であった話、みたいに扱われるので、いろんな人種みたいのがあって、遥か昔だったり現代だったり未来だったりするこの世から、絶えず無作為に因果を持つ魂が時代や地域を超えてズーロジークの街に流れ着くみたいな感じです。だからホウライに限らず、この世界の前世は全部架空の舞台みたいな感じで自由に思い描いて頂いて構いません。

2年前 No.63

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

ゴンさんへ

いろいろ膨らみましたね^^

名前:万時(まんじ)
真名:満餌(餌を食べても満ち足りない)

外見年齢:不詳(四十代〜五十代)
性別:女
実年齢:十八歳
外見:ストレートの黒髪ボブ。月の満ち欠けで体重が変わる。東洋風。素材は良い。
服装:着物
虫型:腐敗臭ただよう幾万もの蝿の集合体。
道具:カトラリー
能力:相手を餓死させる。
刻印の場所:鳩尾
象徴する罪:大食
前世の因果:飢饉に見舞われ、人肉を食べた。
性格:小心者だが孤立すると攻撃的になる。なるべく周囲と合わせるが、裏では裏切りのチャンスを求めている。ただし、直接には手を下さない。
口調:「そう」を省略する。「……ですね」「……でした」
好きなもの:ご飯。
嫌いなもの:ダイエット。



らくだより

2年前 No.64

ゴン @gorurugonn ★yRn10TRCWH_uyQ

マンジさんすごくいいです! 名前と真名もいい意味合いですし、道具もカトラリーってすごく道具的かつ大食の罪に適応していてそれらしいです。
あとは前世の因果と能力にもう少し特色というか補足が欲しいですね。
あと道具に固有の名前があって欲しいので、カトラリーは響きとしてもいいので頭に何か載せましょうという感じで『拒食のカトラリー』とかって名前にしてみようと提案してみたり。拒食症と巨食症と虚飾をかけているみたいな。で、それぞれナイフ、フォーク、スプーンにそれぞれの能力を持たせたらいいんじゃないかなと思ったり。
拒食症のナイフ:ナイフ自身が拒食症で食べる事(ナイフとして物体を切ること)を拒むため、ナイフを当てた物自体が勝手に切断されていくあらゆるものを切るナイフ。もっぱら戦闘時使用。
巨食症のフォーク:フォークに刺されたものに巨食症の呪いをかけることができ、この呪いにかかると絶え間なく訪れる空腹に苛まれ、手当たり次第に食べ物を食い散らかしてしまうが、その栄養は全てマンジの体に吸収され、呪いを受けた者は一切栄養を取ることができずに食べても食べても痩せていく一方で最終的にはが死に至る。
虚飾症のスプーン:巨食症のフォークによって呪いを受けたものに栄養を与えその上を癒すことができるスプーン。このスプーンを使って食べさせたものは呪いを受けた者には極上の美味に感じられ、数倍の滋養がつく。

で、もっぱらマンジさんはこの巨食症のフォークによって因果を背負った人間を呪って、そこに虚飾症のスプーンをもって現れてさも救ってくれるみたいな顔で、一度だけスプーンを貸してくれるんですが、それで一時的に症状が治まったあと再び呪いに苦しむ人間の前に現れて、もう一度スプーンを貸して欲しければ罪を犯して大罪者になることを求めるみたいな、大罪者の導き役になっているとか。

実際には人間を呪うのではなく、その人間が大罪を犯すためにその人間に関わりの深い獣人やほかの人間やアニモを狙うみたいな。
あとは前世の因果ですね。これはもう少し考えさせてください。
実年齢が意外と若いマンジさんですが、前世の因果と合わせて彼女自身が大罪者になったきっかけみたいのが欲しいですね。この辺はアニモ絡みでもいいかなと思ったり。具体的にはあるアニモが病気になって、それを治すためには世界樹の枝を摘まなきゃいけないとかで、でもそれは世界樹を汚す禁忌で(世界樹の中でも絶対に触れてはならないところに生えている枝とか)でもそれを犯してでもそのアニモの病気を治したいマンジさんは禁忌を犯して枝を摘み、それでアニモを救うんですが結果的に彼女は大食の大罪を犯し、フルール・ド・リスになってしまったとか。

前世の因果もそんな感じで誰かしら救おうとした結果、食べてはいけないものを食べた(あるいは食べさせたとかがいいかなと思ったり)。飢饉で飢えた子供を生きさせるために隠れて自分の腿とか腹とかから肉をそいでそれを食べさせて、命をつないでいたんですが、最終的にその傷が下で命を落とし子供たちに食べられてしまったとか。うん、そうですね。食べたというより、食べさせようとした(救おうとした)みたいなニュアンスの方が話としても罪としても面白いかもしれません。

とにかくすごくいい感じです。

これで

傲慢:
嫉妬:
大食:万時
色欲:
怠惰:(これから作ります)
強欲:
憤怒:蜂頼
で、あと四人で大罪者出来上がりですね。
どんどんできちゃうわ。ありがとうございます。

2年前 No.65

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

ゴンさんへ

うん。
ゴンさんの発想の豊かさにはガン見ですよ。


名前:何時音(イツネ)
真名:偉常(常に自分より偉い者はいない)

外見年齢:おじいちゃん
性別:男
実年齢:六十七歳
外見:細マッチョ。良い形のヒゲ。渋い髪型。長身。
服装:洋服
虫型:蟷螂
道具:王冠
能力:被支配欲を生み出す。
刻印の場所:額
象徴する罪:傲慢
前世の因果:裕福な家庭で、将来有望な身として絶えず接された。だが、次第に精神の均衡が崩れ、自分以外に褒められた者をイジメの中心人物として意地悪をし、被害者を自殺してしまう。
性格:泰然とした余裕を見せるよう、常に気を張っている。絹糸のような脆い精神と強気がせめぎ合っている。愛情に餓えている。
口調:断言「〜だ」「〜だな」
好きなもの:自信。権力。
嫌いなもの:無知・無力。



らくだより

2年前 No.66

ゴン @gorurugonn ★yRn10TRCWH_uyQ

来ましたねカマキリの大罪者。能力の冠は支配できるものが生物に限らないとかがいいと思ったり。というかぶっちゃけ世界樹そのもの以外はなんでも支配することができて、時間、空間、記憶などでさえも実は自在に操ることができるとか。で、それを使えばアニモも一発で崩壊させられるのにできない理由は、イツネがどれほど傲慢に神の力を騙ってもアニモの側に常にそれを許さない、本物の神の力を持ったアニモが存在していて、イツネの能力による支配がある一定の範囲を逸脱できない制限をかけているとか。このアニモは化石か白鳥がいいですね。とかそれはさておき。

イツネの罪はズバリ樹の祝福を振り切って再び根の下の世界に生き返ろうとしたことだったりしたらいいと思います。というか、このイツネの前世それ自体がキリストになりそこねたもう一人の預言者みたいな。カマキリの英語のマンティスには預言者という意味があって、カマキリが鎌をこすり合わせる動作から拝み虫とか呼ばれていて、その辺からそういう話になっているんですが、ことわざにも蟷螂の斧という話があって、これは日本での意味は己の無力を知らない無謀を揶揄する言葉だったりするんですが、その辺からイツネは前世で神の子を騙る預言者の一人だったり。で、それなりの神通力もあっていろいろな奇跡も起こしてきたんですけど、最初は神が自分の体を通して力を使っているだけであり、自分は神の道具に過ぎないみたいなスタンスだったのが、徐々にその力そのものが自分の力だと思い込み、自分を祭り上げる人たちにも神ではなく、イツネ自身を崇拝させるようにして、同時代にいた同じ神を信奉する預言者を次々に弾劾して処刑してきたとか。で、その処刑させた預言者たちの中に本物の神の子(キリスト)がいて、彼が死の三日後に本当に生き返ったことからイツネの信者は一気にキリストのもとに下り、イツネは誰からも見放された中で、自らの死から生き返れば再び神として崇められるとか思って自殺をして、ズーロジークに来たわけなんですが、ほかの人間と違って、生まれつきの神通力を持つイツネは最初から自分の前世を全て覚えていて、最初から因果を果たすつもりもなく、ただひたすらに生き返ろうとして、世界樹の冒涜し続けた結果、ついにはフルール・ド・リスとなって傲慢の虫である蟷螂に身をやつしてしまったとか。
だから目的は未だに世界樹の呪縛を振り切って元の世界(木の根の下の世界)に帰って生き返ることだとか。

道具の名前はリエージュの冠とかどうでしょう。ルーブル美術館に収蔵されているものだそうですが、聖王ルイと呼ばれたルイ9世が聖遺物を収めておくために作った冠型の聖遺物収蔵箱だそうです。冠を被ることで能力が発動し、あらゆるものの真名を知られてしまうと意思に関係なくイツネに支配されてしまうとか。これに対抗する力を持った例のアニモ(まだ未定ですが)がいない状況ではほぼ無敵で、逃げられるかどうかもわからないみたいな。虫の二人の女王より新参にも関わらず自らを虫の王と言ってはばからず、二人の女王の権威を認めていないとか。ただ自身の復活の奇跡への野望のために使い道があると思っていて、真名を二人共把握しているにも関わらず、自らの支配下にはおかずに一定の距離を保って独自の体制を気づいているとか。

で、このイツネの部下としてふたりの女王の間を行ったり来たりしているのが蠍で、二人の女王の情夫としてその情報を探るスパイだったりもするんですが、実際のところこの蠍自身もイツネに忠誠を誓ってるわけではなく、自分の野望のためにイツネを崇拝するふりをして利用しようと思っているだけだったりとか。

2年前 No.67

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

2年前 No.68

ゴン @gorurugonn ★yRn10TRCWH_uyQ

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

2年前 No.69

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

2年前 No.70

ゴン @gorurugonn ★yRn10TRCWH_uyQ

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

2年前 No.71

ゴン @gorurugonn ★yRn10TRCWH_uyQ

分量が多すぎて一投稿に収まらなかったよ……。

それで一応誰もいない間にそれぞれのアニモの名前と能力だけ考えたりしたんですけど一応参考までに貼っておきますが、らくだ様の自由に作ってもらって構いません。とりあえず決まっているアニモだけ〇をつけておくのでほかの人はご自由にどうぞ。

1、ライオン

師子王の冠
形状:茨の冠
能力:貫通――単一範囲型。師子王の冠の前方一千立方メートル(十メートル×十メートル×十メートル)の空間を消し去ることができる。指輪の大きさは自在に調整でき、大きな半径にするほど広く浅く、小さな半径にするほど細く長い範囲を消し去ることができる。消し去る体積は調整できず、きっかり一千立方メートルの空間を消し去る。理論的には絶対に防ぐことができない攻撃の一つ。冠の消失範囲に入っていたら何でも消されてしまう。
能力者:勇獅(ユーシ)

〇2、雄鶏

チキンジョージの鎚
形状:金鎚
能力:固定――単一接触型。束に鶏の頭がかたどられた金鎚。大きさはケースケの意志で伸ばしたり小さくしたりできる。たたいたものをその場に固定することができる。また衝撃を蓄えることができ、たとえば空中に煉瓦を固定して、三回たたいてから能力を解除すると、煉瓦に三回たたいた分の衝撃が一気に加わる。また、伸縮する性質を用いて槌の部分を支点にてこの原理を応用してものを動かしたりなど応用は広い(伸ばせる限界の長さがないため、理論的にはどんなに重いものでも動かせる)
能力者:鶏介(ケースケ)

〇3、雌鶏

舌切り雀の鋏
形状:大鋏
能力:切断――単一接触型。刃に触れたものを何でも裁ち切る能力。罪や縁といった概念そのものも切ることができる。罪を切られたものは以後そのことでとがめられることはなくなり、縁を切られたものは二度と出会わない。
能力者:穂酉(ホトリ)

〇4、ラバ

ヘミオーネの車輪
形状:車輪
能力:回転――複数射出型。空間に対して回転し、前進する車輪を無限に打ち出すことができる。車輪がついたものの移動速度、方向、回転を操作することができる。単純な移動速度ではアニモ中最速を誇る。車輪はいくつでも出せるが錬度からいって、正確に操作できるのは十個程度。移動しなくてもその場で回転させることができ、回転の力で物体を吹き飛ばしたり弾き飛ばしたりもできる。空間に対して回転するため、空中、水上、あらゆる場所を面にそって(面がない場合ソラが定めた方向に)進んでいく。
能力者:遡騾(ソラ)

5、カメ

ロンサムジョージの砦
形状:包帯
能力:遮断――結界型。大きさ、長さを自由自在に操作できる包帯で特定の空間を包み『砦』と呼ばれる空間を作りだし、内側と外側の干渉を不可能にする。砦に入っている限り光も音も時間も干渉できない空間を作るため、一度砦が形成されるとみることも触れることもできない。砦の大きさは自在でどれだけ大きいものでも小さいものでも作れるが一度に一つしか構築できない。また一度作った砦は恒亀が解除するまで持続し続ける。恒亀の許可によってのみ侵入できる。
能力者:恒亀(コーキ)

6、ゾウ

ガネーシャの杖
形状:錨
能力:質量――単一接触型。釣竿と釣り針の形を模した錨(あくまで錨)。実体を持たずあらゆるものの内部に浸透し針が刺さったものの質量を操作し、重くしたり軽くしたりする。自身の体重も自在に操作可能であり、攻撃の際に体重を重くして威力をあげ、回避の際に体重を軽くして身軽に移動するなど応用が利く。針を何度も複数の物体に刺し、複数の物体の質量を自在に操作できるが、犀象がガネーシャの杖を消した時点ですべて元の質量に戻る。
能力者:犀象(サイゾー)

7、カンガルー

無音の靴
形状:靴
能力:反跳――単一接触型。物体が跳ね返る力を自在に操作する。跳ね返る方向、速度を任意に操作でき、光や音なども蹴り返すことができる。また、一度ジャンプしてから反跳の能力であらゆる高さや方向に飛び上がることができる。物体の大きさ、重さ、硬さに関係なく靴に触れたものに衝撃が加わればそれを跳ね飛ばすことができる。
能力者:長乃(ナガノ)


8、水族館

めだかの学校
形状:金魚鉢
能力:千里眼――思念型。水を満たした金魚鉢の中に世界中のあらゆるものを映し、あらゆる音を聞くことができ、人や人以外の動物、あるいは物体、概念自体の思念や感情も音声化し読み取ることができる。また写し取る情報を自在に加工でき、目的場所の俯瞰図や、複数の人物をマークとして位置を把握したり、物体の透視なども可能。海神がめだかの学校に移している情報は海神が知っている全てのものに状態を問わず送ることができ、海神がその対象を見ている限り相手の心や声も海神に送られるので通信も可能。
能力者:海神(ミカミ)

〇9、ロバ

エコーズの井戸
形状:音叉
能力:振動――単一接触型。二本の大きな音叉の一方であらゆるエネルギー(運動、位置、熱、電気、化学的、音、光など)を吸収し、もう一方からそれを放出する。ネロの修行で、最初は吸収したら即座に放出してしまうエネルギーを徐々に蓄えていられるようになり、放出の際にエネルギーを改変(運動エネルギーを熱エネルギーに変えたり、音エネルギーを運動エネルギーに変えたり)できるようになり、また一度に加えられたエネルギーを分散させて放出したり、複数回でくわえられたエネルギーをまとめて放出したりできるようになる。音の操作が一番得意であり、普段は自分や他人の口元に音叉を当てて、もう一方から音を増幅して放出するマイクとスピーカーのように使っている。
能力者:音驢(ネロ)

10、カッコウ

万華鏡
形状:鏡
能力:光線――単一範囲型。鏡を中心に半径四キロ内に存在するあらゆる光線を自在に操作する。光源となることはできないが、支配空間に存在している光を収縮してレーザーのようにしたり、光線を操作して景色を錯覚させたりできる。また、支配空間内であれば特定の対象の目に光が入らないようにして、目を見えなくすることができ、実質これが一番使い勝手がいい。
能力者:郭(カク)

〇11、鳥

鳥かご
形状:檻
能力:引力――複数放出型。手に載るサイズの無数の黒い箱をほぼ無限に出すことができ、それらの箱同士がどこにあってもお互いに引き寄せあい、最終的にくっついて一つの塊になる。箱同士の引き合う力はそんなに強くなく、距離に関係なく一定で、くっついた箱同士は人間の力でも引きはがすことができる。ただいくら離しても、何度でもくっつきあう力が働く上に箱自体は無限にあるので、一つでも箱が体につくと後はどんなに逃げようとも最終的に箱に絡め取られてしまう。また、どの箱に惹かれあうかは籠鳥の自由に決められるので、特定の場所に箱を置き、自分も箱に乗って場所を思い浮かべると箱が引かれあう力で自動的に目的地に到達できる。
能力者:籠鳥(ルトリ)

〇12、人間

ピアニストの糸
形状:糸
能力:結繋――複数放出型。絶対に切れない糸を無限に指から紡ぐことができ、自在にあらゆるものに結び付けることができる。糸はユーキの手から出てる際には無限に延びるが、一旦手から離すと長さは変化しない。また一度放出した糸が特に何もしなければ消えることがない持続型の能力で、一度結びつけたものはホトリが切断しない限り誰にもほどくことはできない(ユーキ自身にもほどけない)。糸は手につながっている間は自在に動かすことができ、一瞬で網を作ったり、編んだり結んだりはユーキの錬度で自由がきく。
能力者:結樹(ユーキ)

13、化石

考古学者の時計
形状:時計
能力:時間――結界型。
能力者:石火(セッカ)

14、白鳥

白鳥の湖
形状:翼
能力:凍結――結界型。
能力者:白(シロ)

なんかすごい膨大な量になりましたけど気負わずに今年もよろしくお願いします。

2年前 No.72

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

ゴンさんへ

遅れましたが、今年もよろしくお願い致します。


うおー。
なんか学校の勉強並みに内容が充実している!

おバカならくだなので、ずれたことを言っていたらすみません。
アニモは全体的に少数で、生まれる時期もまちまちという事ですが、
学校の運営には問題はないのでしょうか?
臨機応変というか、生まれる前兆みたいなのがあって
学校を開く?

あと、博物館のアニモの道具は誰が作るのでしょう?



らくだより

2年前 No.73

ゴン @gorurugonn ★yRn10TRCWH_uyQ

まずアニモの欠員と補充ですが、アニモの人数は最大十四人でこれを越えることは絶対にありません。そしてアニモの数が減る主な理由は一つは大罪者との戦闘によって命を落とす、もう一つが自らの因果を果たし昇天していく、この二つがほとんどです。アニモには寿命はないのでそれ以外の理由、例えば病気とか事故死とか、殺人事件とかないといえば多分ないことはないんでしょうが、かなり稀なケースだと思いますね(病気はあってもいい気がしますね。基本的に病気にかからないアニモだけがかかる場合によっては死に至る病とか)(事故死も人が生活している世界ですからあることはあると思います。ただ天変地異はズーロジークの街では大罪者がもたらす異常気象くらいですから、これもそれでアニモが死ぬことは希だと思います)。

それで、そういう理由でアニモが十四人未満になった場合、世界樹が新しいアニモの卵を実らせることになりますが、このタイミングは世界樹のみが司る運命によって定められているので、十三人になったから即座に卵が一つ実る、とかってこともなくて、とりあえず欠員がある状態が続きつつ、気長に世界樹に卵が実るのを待つことになります。

ここからは話の内容になるのですが、シュゼンが目的であるアニモの道具を全て手に入れるという計画によって現在の子供組が生まれてくる前に、シュゼンによって結構たくさんのアニモが命を奪われていて、それで現在の子供組三人(新生児のピアニストを入れて四人)は規模としては結構子供の人数が多いことになります。アニモの最も大切な仕事が人間の昇天の手助けと大罪者の駆逐である以上、その任を任せられない子供組が多いというのはアニモ側にこれを育てるためにさらに大人組のアニモを割かなければならないために、結構大変だったりします。

ところで、現在の子供組の教師を勤めているのはラバのアニモの人だったりするんですが、この学校は基本的に年齢もアニモ歴もばらばらで授業は授業として行いますが、それぞれ学ぶ内容は別々で個別授業に近いです。そしてアニモのしきたりとして新生児の身の回りの世話はそのひとつ前に生まれたアニモに一任されるというのがあって、今回新しく生まれるピアニストの世話係は、そのひとつ前に生まれたアニモ歴二年目のロバの少年になって、この世話係に任命されたアニモが新生児の命名権を持ち、基本的にアニモの学校に使われる古い館で相部屋で暮らすことになります。

だから学校は生徒数もまちまちですし、生まれて五年未満の子供がいない場合は基本的に休講状態になりますが、大体五年のうちに大罪者に殺されたり昇天したりするのは絶えないので、生徒数の増減はあっても学校がない期間というのはあまり長く続かない感じです。

そしてアニモは学校から卒業して最初の五年くらいの間が一番大罪者に殺されやすかったりします。これは新人のアニモが弱いということと、大罪者が基本的に長生きで強いということと関わりが深いのですが、この期間に七割型の確率で大罪者に殺されます。で、そこを生き残った三割に入るアニモはその後二、三十年は生きることが多いですが、三十年あたりに差し掛かると、今度は自分の因果が果たされるべき運命が到来して、そこで因果を果たして昇天して行くアニモも結構多いです。で、ここで因果が訪れないアニモはその後数百年の単位で生きるわけなんですが、その年代で果たされるべき因果をになっているアニモは基本的に三つの館の主たちのような特別なアニモで、この人たちは二百歳とかザラだったりします。それだけに三つの館の主が倒されたりするっていうのはアニモ側にとって尋常ならざる自体なんですが、それはまあ置いておいて。

そんな感じでアニモの学校は今とても忙しい時期だったりします。生徒数四人で大わらわみたいな。で、ただいまの四人組が生まれる前は学校がない時代が結構長く続いていて、その後シュゼンによる少なくとも四人以上のアニモ殺害があって、久しぶりに学校があって生徒が多い、みたいな時期だったりします。ちなみに十四人揃うのは二十年ぶりくらいみたいな感じです。世界樹は基本的に一度に一つの卵しか実らせず、卵が孵化するまで半年位かかります。雄鶏と雌鶏だけは特別で、ひとつの卵に必ず二人で入って生まれてくるきょうだいのアニモで、このアニモは二人とも死んだ時にしか世界樹が新しい卵を実らせないので、このふたりがどちらか一人だけの片割れとして生きているとアニモが十四人揃うことはまずありません。

化石はアニモの中でも特別なアニモで、基本的に時間を操る能力を司るアニモであり、この化石が代替わりしたとき、既に死んでいる、あるいは昇天した過去の化石に現代の化石が道具を作りに行く時間遡行を行ったりします(これは道具なしで発動する化石が管理する博物館の館が持つ力であり、それ自体が化石に課せられる最初の試練みたいな)。もちろんですがこの化石がいない時はアニモに道具を作ってくれる存在がいなくなってしまうので、化石が死んだ、あるいは昇天した場合、それ以前にほかのアニモが死んでいたとしても、化石の新しい卵が世界樹に優先的に実ることになります。でも基本的に化石が代替わりするのは五百年単位の大イベントだったりして、大体どの時代でも化石はアニモで最長寿のポジションを占めていることがほとんどです。

2年前 No.74

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

ゴンさんへ

ゴンさんは頭が良いですね!
らくだはもう、いっぱいいっぱいです(汗)。
シュゼンってなんの大罪者だっけ? あれ? って感じで。
勝手なお願いなのですが、真名の方で書き込んでいただだけると、頭に入りやすそうです。

質問よろしいですか?
アニモの子供組みが(大罪者によって)幼い内に亡くなることが多いという事ですが、
人間(獣人?)の死者も出ますよね?
その場合はどうなるのでしょう?



らくだより

2年前 No.75

ゴン @gorurugonn ★yRn10TRCWH_uyQ

人間が大罪者に殺されれば大罪者はその因果を喰らうことになり、より自らの罪を深め、力が増すことになります。獣人に犠牲者が出た場合は、世界樹の一部である獣人を損なうことはすなわち世界樹を汚すことにほかならないので、これもまた大罪者の罪を深めることになります。そうではなく人間が生活の中で死んだ場合は、それもまたひとつの因果だと判断され、世界樹のもとに懇ろに葬られ、その因果は再び現世に置いていずれかの人間に振り分けられることになります。

ちょっと混乱させてしまったみたいなのでもう一度改めて書くと、強欲の大罪者であり蟻の虫を司るシュゼン(手全/朱然)がいまのところ一番アニモを殺してその道具を奪っていて、十四種類のアニモの道具すべてを集めることで生み出すことができるとされる世界樹の種を作るために、後ひとつピアニストの道具だけ足りないみたいな状況にあって、それ以外の十三種類は既に揃っているとか(とすれば当然化石、鳥籠、水族館の道具も持っていることになるので、この最長寿ら辺より年上ってことになるので年齢を少し考えないといけないかもしれません)(でもよくよく考えれば手全の能力は相手の一番大事なものを奪うことなので先代の蟻の女王が持っていたこれらの道具を全て奪った上で自らが女王を倒し頂点についたとかで、その後また足りない道具を集め始めて今ピアニストだけが足りない状態にある、みたいな感じでもいいですね)。

とにもかくにも手全によって一時期大量のアニモが殺される自体があって、ここ五年の間にそれによって生じた空席を埋めるようにどんどん新しいアニモが生まれて現在子供組三人(雄鶏、雌鶏、ロバ)に新しくピアニストが生まれて四人になる状況が生じるわけです。で、ここに教師のラバが教育のためについてまわり、化石、水族館、鳥籠はそれぞれの館の運営で離れられず八人が任に付けない状態なので、大人組六人で大罪者を撃退し、人間を導かなければならないため割と忙しい時期だったりします。で、そんな中なのにこの生まれてきたピアニストは結構鬱っぽくて、もともと獣形になれないほかのアニモと違う存在だってこともあって、道具もまともに構築できなくて、自分はこの世界に生まれてくるべきではなかったのではないかとかうじうじ悩むタイプで、そんなところに蜘蛛を象る怠惰の大罪者である薬母(ヤクモ)が接触してきて、いろいろあってピアニストはヤクモについていって大罪者として生まれ変わらされちゃったりするわけなんですが、そのピアニスト奪還のために大罪者の城にアニモを派遣してピアニストを取り戻すという作戦が提案されるわけなんですが、そのために派遣される人材がこの子供組三人だったり。つまり、ここで大人組を咲いて大罪者の城に向かわせてもしそれでアニモが死ぬ事態になれば、ただでさえ少ないベテランの大人のアニモがさらに減ることになり、その欠員が補充されるのをまたなくてはならず、生まれたとしても、それが育つまでに最低でも五年かかり、その間アニモ側の戦力が著しく低下することになり、そこに大罪者からの攻撃があれば、悪くすると世界樹にまで侵攻されかねない事態になると憂慮されたとか。その点子供組は実戦経験に乏しくても獣化も道具の召喚もでき、ある程度は戦え、しかもピアニストと一時的に親密だったために説得が通じるかもしれず、何より重要なのは子供組三人は最初から戦力としてみなされていないのでここで三人が死んで、奪還が失敗に終わったとしても、この三人の補充を待つことは大人組の戦力低下には繋がらないと判断されたから見たいな。

で、そんなわけで蜘蛛の大罪者ヤクモの城にとらわれているピアニストのアニモを取り戻しに子供組が初めての任務にして最高難度の大罪者の城への潜入ミッションをこなさなければならなことになったとか。

で、大罪者側ではヤクモがピアニストを溺愛している反面、それに協力した手全がピアニストの道具を奪うことで世界樹の種を作り出す元を完全に掌中に収めていて、あとはそれらを使って世界樹の種を生み出し、それを育てるだけになっているみたいな。

ところでこの手全の性別ですがこの性転換に好色(蠍の大罪者)の能力が使われたとかいいと思ったり。つまり手全は世界樹の種を生み出し、ヨシシキの能力で女になることで、自らの体にこの世界樹の種を受胎させ、世界樹に代わる新たな存在を生み出そうと思っていたとか。で、結局その計画はピアニストを取り戻した後にあったアニモと大罪者の総力戦みたいなので手全が倒されて頓挫に終わるわけですが、その世界樹のたねはヨシシキの手に渡っており、ヨシシキはそれを雌鶏のアニモに受胎させ、彼女の体を使って八番目の大罪者にして世界の法理そのものを生み出そうと思っていたりみたいな。

2年前 No.76

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

ゴンさんへ

お手数をおかけしてすみません。
とりあえず分かりました。
また分からないところがあったら、お願いします。

名前:友意
命名:(命名って、何でしょう?)
真名:勇威(ユウイ)

外見年齢:三十代前半
性別:男
アニモ歴:四二年
外見:赤味のある金髪。ショートボブ。女性に見える。長身。赤い目。
服装:女物の着物。
獣形:ライオン
道具:指輪

前世の因果:(悪い因果と良い因果。どちらでしょうか?)
性格:底から明るい。場を盛り上げ、明るく楽しく暮らすのが大好きな、駄目な男。人情味があり、情に厚い。
一人称と口調:「オレ様」 間延びした口調「やーだよー」など。
仕事:警備員

好き:お祭り
嫌い:暗いこと。

2年前 No.77

ゴン @gorurugonn ★yRn10TRCWH_uyQ

名前ですがアニモはその動物だとわかる文字を一文字名前の方に使って、真名もその名前と同じ音になるように命名していただけると助かります。って、めちゃくちゃハードル高いんですけど、一応
ライオン→獅
雄鶏、雌鶏→鶏、酉など(一応雄鶏が鶏介(ケースケ)、で雌鶏が穂酉(ホトリって名前だったりします)
ラバ→騾馬(らば)の騾(一応遡騾(ソラ)って名前だったりします)
亀→亀(き)、甲(甲羅の甲)など
象→象(ぞう)
カンガルー→跳、袋など
水族館→水、海、魚(な)など
ロバ→驢(ろ)(一応音驢(ネロ)という名前だったり)
カッコウ→郭(かく)公(こう、きみ)など
鳥籠→籠(ろう)篭(る)など(一応篭鳥(ルトリ)という名前だったり)
ピアニスト→ピアニストだけは字が決まってなかったりします(一応結樹(ユキ)という名前だったり)
化石→石など
白鳥→白など

こんな感じでそれっぽく名前を作っていただけると助かります。
で、命名っていうのはそのアニモの名前をつけたアニモのこと、つまりそのアニモの世話役をした直前の先輩にあたるアニモの名前だったりするんですが、とりあえず子供組だけわかっていればいい感じで、大人組はぶっちゃけ命名役のアニモは既に世界樹の世界にはいないみたいなパターンが多そうですから考えなくていいかもしれませんね。

で、前世の因果なんですが、アニモの因果は大罪者と違って罪の因果ではなくむしろ果たされなかった思い、未練あるいは罪悪感みたいなものが主となってる感じだと思ったり。守りたいのに守れなかったとか、叶えたかったのに果たせなかった夢とか。だから必ずしもプラスではないんですけど、でも少なくとも罪ではないみたいな因果がいいですね。で、アニモはその因果のことは全く記憶にないんですけど、割と行動原理みたいなところにその因果が刷り込まれていて、アニモとしての生き方それ自体も割と因果に引きづられるというか、その結果いずれかの時点で因果が果たされるようなことにめぐり合って、最終的には樹上の世界へと旅立っていくみたいな。

だからせっかく考えていただいたユーイさんもちょっと名前だけ変えて、因果を考えていただけたら嬉しいですね。あと服装ですが手全がオカマ(女装した男)でいて、アニモ側にも女装キャラがいるとちょっとかぶるのでここは男性の着物姿に女物の打掛を羽織っている、とかにしても構いませんでしょうか。性格とか外見職業に関してはオッケーです(警備員だとやっぱり動きやすい服装の方がいいでしょうし、ここは動きやすい男物の着物に打掛を羽織っているスタイルの方がいい気がします。その打掛を布団替わりにしてその辺で飲んだくれて道端で寝てることもしばしばとかダメな男っぽくていいと思ったり。で、その打掛には思い入れがあって、それがかれ自身の因果と深い関わりを持っているとか。なんか勝手に盛り上がってますけれどもども。

2年前 No.78

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

ゴンさんへ

遅くなってすみません。

名前:恣意菜
真名:獅威名(しいな)

因果:建築業を目指すため、子供の頃に秘密基地を作り、タイムカプセルを作った。そのタイムカプセルを誰かに盗まれる。


ごめんなさい。
因果を考えるのが難しかったです。



らくだより

2年前 No.79

ゴン @gorurugonn ★yRn10TRCWH_i7M

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.80

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

なるほど。
勘違い、申し訳ないです。
気を取り直して。


名前:問亀(とかめ)
真名:徒瓶

外見年齢:おばあさん
背別:女
アニモ歴:八三年
外見:奇形。胴体がくっついていて、頭が二つ。腕と足は二本ずつ。緑の髪に蒼い目。
服装:包帯を巻いている。
獣形:カメ
道具:包帯

因果:夫の忘れ形見である子供を流産してしまった。
性格:淑やか。異常なほど優しい。何をされても受身。忍耐強く、精神が強い。
一人称と口調:「わたしゃ」 小声。

仕事:医師

好き:お花
嫌い:自分


遅くなりました。
これからも、よろしくお願い致します。

1年前 No.81

ゴン @gorurugonn ★yRn10TRCWH_i7M

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.82

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.83

ゴン @gorurugonn ★yRn10TRCWH_0Ml

1、ライオン:獅意菜(シーナ)―― >>79
2、雄鶏:鶏介(ケースケ)―― >>80
3、雌鶏:穂酉(ホトリ)――これから出します
4、ラバ:狙騾(ソラ)――これから出します
5、カメ:問亀(トカメ)―― >>81
6、ゾウ:象増(ゾウゾー)―― >>83
7、カンガルー:
8、水族館:
9、ロバ:音驢(ネロ)―― >>82
10、カッコウ:
11、鳥かご:籠鳥(ルトリ)――これから出します
12、ピアニスト:雪(ユキ)―― >>80
13、化石:
14、白鳥:

アニモ一覧まとめてみました。できてないのは上からカンガルー、水族館、カッコウ、化石、白鳥ですね。わーでも結構埋まりましたね。らくださまさまです。ありがとうござます。一人ではまるで動いていなかったわけですからすごいです。そしてゾウゾー君ありがとうございます。性別が両性ってことで、トカメさんの時も首二つキャラだったり、割とそういうところでファンタジーな世界感がお得意な感じですね。

ところでこのゾウゾーですが、両性になった経緯に色欲の大罪者、ヨシシキの能力の犠牲になったとかを考えたいと思ったり。やっぱり大罪者によって何らかの被害を受けているキャラクターは必要ですし、ヨシシキは結構最終的な陰謀に関わってくるキャラなのでそんなのもありかなと思ったり。あと、やっぱり兄もの中に裏切り者がいて大罪者と通じている存在がいて、世界樹に憎しみを抱いているみたいな存在が欲しいと思っていて、その点でゾウゾー君を候補に考えてもよろしいですかね。また全員揃ってから考えたいと思いますがそんな方向もある感じだと認識して頂ければ幸いです。職業も漁師ということで、海からやってくる大罪者と一番最初に対峙することが多いポジションになってきますから、逆に大罪者との接点も多くてその関わりで、なんてことも思ったりしました。

1年前 No.84

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

ゴンさんへ

おお!
面白そうなアイディアなので、諸手を挙げて賛成です。

ところで疑問に思ったのですが、アニモ達の世界に果てはあるのでしょうか?
漠然としたイメージでは中心に世界樹あるのかなあ、と。



らくだより

1年前 No.85

ゴン @gorurugonn ★yRn10TRCWH_cPe

果てのない海が広がってる感じです。で、そこにあるひとつの地平の上に果てしなく天上に向かって伸びている世界樹があって、陸地も砂浜が少しあるだけで波部からすぐ世界樹みたいなイメージ。ただ、この世界樹の直径はかなり大きくて四キロくらい、幹の円周は十二キロくらいのイメージでしょうか。で、高さはそれこそ果てないんですけど、ズーロジークの街はその幹の外側にらせん状に登っていく枝に沿って上から下に螺旋階段みたいにあるイメージです(ですから地理も南部とか東部とかじゃなくて何階とかって表記になると思ったり(基本的に螺旋階段の始まる方向が基準で階段がその方向まで一周した部分までが一階、二周目が二回、3周目が三階みたいな表記(ですからその一周の幅は割と高くて家ひとつ以上(三メートル以上)は上の段まで高さがあるみたいな、このへんもう少し詳しく決めなくちゃいけませんね)になるみたいな。)。

で、その世界中を取り囲む海ですが、基本的には果てしなく広がっています。もうどっちの方向に船を出しても絶対にどこにも行き着くことはありません。ただ、その海のどこかにあるのが大罪者の住む虫たちの島で、基本的に嵐の中になります。で、この世界は方位磁針が指し示す方向とかもないので(磁石が言って方向を刺さない)、海に出てしまえば指針は何もないのでまず大罪者の島に行こうとして舟を出すことはできませんし、この大罪者の島は動いているイメージです(海の上を嵐を伴って漂っている)。

で、ゾウゾー君が漁師のように、海は魚が住んでたりします。世界樹の幹の上には水路(川)があって、川魚もいます。ゾウゾー君を始めズーロジークの漁師は世界樹のそばで漁をしている感じです。海底は割と急な斜面になっていて、すぐに海底の存在しない底なしの海になります(突き詰めて底に潜っていけばそのうちいずれかの世界の現世にたどり着いてしまうんですが)。

で、この世界の漁師は魚を取る以上に大事な仕事が二つあって、一つはこの世界にやってくる人間は基本的にこの海から上がってきて、世界樹の砂浜に打ち上げられます。で、人間を殺すか罪を犯させることで自らの因果を強化し力を蓄える大罪者自身もこの海からやってくるため、人間が打ち上げられていればまずこれを保護しなければなりません。つまり大罪者が一番狙いやすいポイントがこの砂浜であり、ここを守ることはアニモにとっても重要な責務です(基本的には水族館のアニモがその能力で浜辺を監視していて、人間が打ち上げられればゾウゾー君に指示が入って、彼がまず人間を保護するみたいなイメージ)。

もう一つは海の底で量をしている時に網に引っかかったり、釣り針に引っかかったりする、現世(生きているものがいる世界(これはいろんな時代のいろんな世界があります))からもたらされる道具(例えばテレビとか、冷蔵庫とか、はたまた石のお金だったり、宇宙船だったり)を引き上げて、使えそうならこれをズーロジークの街で使用し、使えない、使い方がわからないものは、化石が司る博物館へ収蔵する仕事があります。現世からもたらされる道具は大罪者の手に渡ると何に悪用されるかわからないので、こちらも放置はできません。

で、大罪者の方でもそれを分かっているので、海への探索は大罪者の方が頻回に行っているみたいな。というか、この虫の島自体も海を漂っている巨大な船だったとかで、それが大罪者ホウライ(憤怒の蜂の大罪者、ふたりの女王の一人)に見つかったためにホウライがそこを拠点にして虫の島を作ったとか。で、今はヤクモ(怠惰の蜘蛛の大罪者)の能力で海の底からいろんなものを引き上げることができて、結構大罪者側が有利な状態にあるとか(そのヤクモが第一話で死ぬので大罪者側としてはこれまでのようにヤクモの力で海底探索をできなくなることもあって、決戦に向けて動き出すとか)(で、ヤクモが死ぬ前に滞在者側にとって一発逆転を狙えるような現世からの強力な平気か何かが発見されているとか)

で、ゾウゾー君ですが、彼は彼が前世で慕っていた女性もまた世界樹に人間として招かれたとかで、もちろん前世の記憶失っているのでそんなことお互いに覚えていないわけなんですが、それでも記憶の奥底にあるものが二人の感覚を呼び覚まして、一緒に暮らしを共にする中で女性の方は徐々に因果を果たす方向に進んでいった矢先に、これまた前世の因果を繰り返すように仕事中に死んでしまうとか(これ世界樹の作用による災害に巻き込まれるとかがいいですね
伸びすぎた枝が落下する現象とか、あるいは木全体が伸びるときに揺れて地震が起きるとか)。で、その死に触れて前世のことを一気に思い出したゾウゾー君はそこで彼女を救ってくれなかった世界樹に対しての憎しみみたいのが強くなってその後のアニモとしての生活の中で、救われて昇天する人間と、救われずに大罪者になってしまう人間、さらにはその大罪者によって命を奪われる人間、みたいな世界樹の不公平性みたいなものに気づいてしまって、それで深く世界樹を憎んでいて、大罪者に内通しているとか。

で、そんなゾウゾー君の目的は、事故死したことによって、再び現世に舞い戻った彼女の魂を海の中から引き上げることであり、そのために海を探す漁師になったとか。そんなわけで海からものを引き上げるヤクモに特に協力していて、その次に自分を両性に変えたヨシシキだったりするんですが、ヤクモが死んだあとは、その能力を引き継いで糸でありとあらゆるものを結ぶユキに海の中を探すことをそれとなく促したりして、その辺で徐々に裏切り者がバレていくみたいな。

そしてユキの能力で、ついに彼女の魂が捉えられて海から引き上げられたりするんですが、その段階でゾウゾーの裏切りが判明し、ゾウゾーはアニモたちから追われることになり、二人だけの平穏を求めて虫の島を目指すとか。で、その中で最終的に彼女によって殺されることになり、ゾウゾーの命を奪ったその彼女は大罪者となり、アニモを殺した罪で一気に力を得て、ヤクモの次の蜘蛛の大罪者として新たに加わることになるとか。

なんか海の話から広がりすぎですけど、すみません、とりあえず海には果てがなくて、現世とつながっていることから色々と狙うものがいる、みたいなことだけわかってくれればオッケーです。

1年前 No.86

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.87

ゴン @gorurugonn ★yRn10TRCWH_6Gk

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.88

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

ゴンさんへ

名前:麗化(れいか)
真名:霊歌

外見年齢:小学生
性別:女
アニモ歴:百年
外見:ピンク色の髪を日毎、髪型を変える。満月に近づくと美形に、新月は(悪く言えば)ブスに。
服装:ドレス姿
獣型:化石
道具:懐中時計

因果:不治の病にかかり、恋人との約束(婚約指輪を買う)を叶えることなく亡くなった。実は恋人には他に相手がいることを知っているが、幸せでいてくれればと、その点については満足している。(前世は男)
性格:一途で意地っ張り。口が悪いが根は良い子。わざと偉ぶっているのは、嫌われる前に嫌ってもらえれば自分は傷つかないという信念。

仕事:冠婚系
一人称と口調:「オレ様」男言葉。

好き:出会い
嫌い:出会い

頑張ったー。
これからもよろしくお願い致します。

それとは別に、お誘いです。
「RのRによるRためのファンタジー」へ、よければ覗いてやってください。
とは言っても、まだ何もすすんでませんが……^^;



らくだより

1年前 No.89

ゴン @gorurugonn ★ANOBAXQECN_zRM

というわけでまず出てくるのがこの合作なわけなんですが、実はこの話は原形となる合作が先に二件ほどあって、両方ともダメになったわけなんですが、その話し合いの中で登場人物の雛形みたいのができていて、ただ、新規にあたってらくだ様にも考えていただこうってことでいろいろ考えてもらったわけなんですが、その後いろいろありましたから、自分一人でやろうかな、みたいな流れにもなって、その過程で一人で作るなら、らくだ様に作成していただいたキャラを使うわけにもいきませんでしたから、一旦それはなくして自分で作ったわけなんです。

ただ、それはそれで行き詰っていたりして、そこで相談なんですが、キャラクターは私が作ったのを使っていただく(一応イラストとか描いてしまったのでそこそこ愛着が出てきてしまったというか)形で、そこからのストーリー展開と実際の執筆に関してお力を借りたいと思っているわけなんですが、本当にらくだ様にはいろいろキャラクター考えていただいてお世話になったわけなんですが、それらが一旦全部なくなってしまうわけなんですけれど、そういう形での合作の継続は可能ですか。

それでよろしければ考えたアニモ十四体と大罪者七人のプロフィールを乗せたいわけなんですが。
ちなみにらくだ様と一緒にやっている合作でらくだ様のキャラクターが没ということになってしまうのはこの合作だけなんですが。
何卒ご一考ください。

2ヶ月前 No.90

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

ゴンさんへ

では、こちらもお世話になります^^

ボツについては気にしないで下さい。
らくだ自身も、よくある事ですから。
むしろ正直に「こうなった」と言っていただき、
好感を持てました。


久しぶりなので、けっこう忘れちゃっています;
以前から引き継ぐ設定があれば、ナンバーを
教えていただけませんか。
ほとんど変わるでも、全部変わるでもいいので、
ゴンさんののびのびとした感性に触れたいと
思っております。
なのでゴンさんが考えた、新しいキャラでも
らくだは大歓迎です。
楽しみにしています。



らくだより

2ヶ月前 No.91

ゴン @gorurugonn ★ANOBAXQECN_zRM

それでは物語のコンセプトと概要を。

舞台はあらゆる平行世界を含める現世(うつしよ)と、その現世に生きる人間が死んだ後に行く世界幽世(かくりよ)を隔てている一本の大きな樹「世界樹」の樹上および麓に広がる街「ズーロジークの街」。そこに暮らすものは獣の姿のまま人間になったような姿をした獣人と、人の姿と動物の姿、二つの形態を持ち、世界樹の番人を務めるアニモと呼ばれる十四人。さらに前世の因果を果たすために人の姿で世界樹の海辺に流れ着く人間。
基本的には流れ着く人間たちが獣人とともに暮らしながらアニモの導きによって前世の因果を果たし世界樹に許されることで幽世へと昇っていくことを手助けする物語。
ただし、世界樹を囲む大洋の外側の霧の向こうから大罪者(フルール・ド・リス)と呼ばれる罪を犯し異形の姿となった虫たちが世界樹を崩壊させようと暗躍しており、時としてフルール・ド・リスは人間を殺しその命を奪うことで自身の力を強めるので、アニモはその身に宿した特別な力の発露たる道具を使ってこれを撃退し、倒すことによって虫そのものも許す。
物語は世界樹に十年ぶりにピアニストの名を冠するアニモの卵がなるところから始まり、生まれてくる新生児をめぐってアニモと大罪者が戦ったりする。

世界樹:文字通り世界を支える大きな大樹。樹上に幽世(かくりよ)を支え、地下に現世(うつしよ)を従え、二つの世界が絶対に交じることがないように二つの世界を分ける唯一のもの。世界樹がなくなれば幽世と現世は混じり合い、不可分な混沌の海に戻ってしまう。現世は我々が過ごす世界から未来の世界、過去の世界、その他さまざまな可能性によって分岐したあらゆる世界の今生きている者たちの世界であり、世界樹はそのすべての世界の上に広がっており、ゆえに前世の因果と言ってもその前世自体は人によってさまざま。

ズーロジークの街:世界樹の麓に広がるドーナツ状の街。世界樹の根元には広大な砂漠が広がっており、その砂漠の外側に人及び獣人が住める領域が輪のように広がっており、そのさらに外側には海が広がっている。アニモたちが普段いるのもこの街であり、東区、南区、西区、北区に分かれている。子供たちが住む学校は東区に有り、大人たちはそれぞれ管轄の区に家を間借りしている。アニモ以外の人々も暮らしており、世界樹の祝福を受け樹上に登ることを許される人もいれば、大罪者(フルール・ド・リス)となり、アニモに退治される人もいる。人口は一万人くらい。普通の獣人は普通に生まれて普通に子供を産んで命の育みを繰り返している。現世から招かれる死者が審判を待っていることもあり、往々にしてそういう人もこの街で仕事を得て暮らし、その暮らしの中で、自らの罪の赦しを待つ。そういう人は五百人くらい。

動物達(アニモ):聖人カミーユによって描き出された動物の謝肉祭に記される十四種の動物達。フルール・ド・リスと戦い世界中を守ることを宿命づけられて、世界樹の幹に卵として生を受ける。アニモが死ぬと世界樹が代わりのアニモを生み出し、最大で十四種だが、足りない時もある。多くなることはない。基本的には不老であり、一定の年齢の容姿になると成長と老化が止まる(個体により様々)が、不死ではなく傷つけられれば死ぬ。動物の姿が本性であり、人間の姿に普段は変身してズーロジークの街で働いている。樹の管理者でもあり樹上に招かれた人の水先案内も務める。

獣人:いわゆる獣人。獣と人の中間のような姿で犬型ネコ型熊型トカゲ型など様々。世界樹が生み出す存在であり、普通に子供を作って普通において死ぬ。基本的に善良な意思の持ち主であり、人間と違って邪心を持たないとされている。

人間:前世の因果によって現世での死後そのまま世界樹を登り幽世に行くのではなく、一度ズーロジークの街で暮らすことで因果を果たす必要があると、世界樹によって選定され、世界樹の海辺に流れ着く人間。果たされるべき因果の時期の姿で流れ着き、基本的には獣人やアニモとのかかわりによって因果を果たし、改めて世界樹を登り幽世へと昇天していく。ただし中には獣人を殺す、他の人間を殺す、アニモを殺す、世界樹に許可なく登ろうとしたり傷つけるなど、大罪を犯し、世界樹の呪いを受け烙印を押され、大罪者(フルール・ド・リス)となり、虫たちの配下になるものもいる。アニモはそのようなものたちを倒さなければならない。

大罪者(フルール・ド・リス):罪によって烙印を押されたもの。ズーロジークから追放され混沌の外洋を彷徨っていた大罪者の中で力を持ったものたちが海の外に新しい島を作り、そこで大罪者たちを組織化している。トップに七人がいて、虫の姿と力を持ち、アニモに敵対し、世界樹を崩壊させることが目的とされている。

2ヶ月前 No.92

ゴン @gorurugonn ★ANOBAXQECN_zRM

そして十四人のアニモ一覧です。
一応名前と容姿と能力も決まっていて、個々人のプロフィールは追い追い書いていきますがとりあえず一覧だけ。
別に一気に覚えてくださいと言うことではありません。あくまでここまで考えましたという話です。

動物達(アニモ):
聖人カミーユが書き記した『動物の謝肉祭』に登場する十四匹の動物の名を冠する世界樹の番人。
もともとの姿が人間のピアニストを除き、全てそれぞれ動物の姿と人間の姿を持つ。
世界樹の幹のどこかに卵として実り、殻の内側で動物の姿で生れ落ち、成長とともに人間の姿に変身できるようになる。
生まれたときからある程度の少年少女、あるいはもっと年上の姿をしており赤ん坊であることは少ない(12〜16歳前後の少年少女であることが多い)。
子ども組と大人組がいて、子ども組は学校と呼ばれるズーロジークの街東区にある場所で共同生活をしている。
ズーロジークの街では全てのものは働いてなければならないという掟があるため子ども組もどこかしらの職場に属しており、大人組はもっぱら街のどこかで働いている。
子ども組は基本的に変身が未完了なので体のどこか一部に動物の部分が残ったままやや中途半端な人間形態をしている。
最大で十四人だが、十四人そろっていることはまれで、フルール・ド・リスとの闘い、およびアニモ自身が因果を果たし、世界樹に導かれて昇天することもあり、大体の場合何人かの欠員がある。
新生児が生まれた場合、その前に生まれたものが世話をし、命名権を与えられる掟がある。
生まれたときの卵の殻を道具として、何かしらの能力が備わった武器の形で使うことができ、大罪者と戦う際には動物の姿と、この道具を使って対処する(基本的にアニモは動物の姿が本性なので、身体能力自体は動物形態の方が強く、練度の高いものは動物形態で道具の持つ能力をその身に宿すことができる。道具は人間形態の状態でなければ使えないが、アニモ自身に宿る力を道具という形で具象化し、道具を自在に扱うことで、能力そのものの性能を直感的に扱いやすくしている)。

第1曲「序奏と獅子王の行進曲」 よりレザニモ・ユンヌ(これはフランス語で第一動物とかそんな感じの意味でアニモの序列です)―ライオン
名前:勇獅(ユーシ)
道具名:師子王の冠
形状:茨の冠
能力:消失――単一範囲型。師子王の冠の前方一千立方メートル(十メートル×十メートル×十メートル)の空間を消し去ることができる。指輪の大きさは自在に調整でき、大きな半径にするほど広く浅く、小さな半径にするほど細く長い範囲を消し去ることができる。消し去る体積は調整できず、きっかり一千立方メートルの空間を消し去る。理論的には絶対に防ぐことができない攻撃の一つ。冠の消失範囲に入っていたら何でも消されてしまう。

第2曲「雌鶏と雄鶏」よりレザニモ・ドゥ・スール(第二動物姉という意味です)―雌鶏
名前:穂酉(ホトリ)
道具名:舌切り雀の鋏
形状:大鋏
能力:切断――単一接触型。刃に触れたものを何でも裁ち切る能力。罪や縁といった概念そのものも切ることができる。罪を切られたものは以後そのことでとがめられることはなくなり、縁を切られたものは二度と出会わない。

同「雌鶏と雄鶏」よりレザニモ・ドゥ・フレール(第二動物弟)―雄鶏
名前:鶏介(ケースケ)
道具名:チキンジョージの鎚
形状:金鎚
能力:固定――単一接触型。束に鶏の頭がかたどられた金鎚。大きさはケースケの意志で伸ばしたり小さくしたりできる。たたいたものをその場に固定することができる。また衝撃を蓄えることができ、たとえば空中に煉瓦を固定して、三回たたいてから能力を解除すると、煉瓦に三回たたいた分の衝撃が一気に加わる。また、伸縮する性質を用いて槌の部分を支点にてこの原理を応用してものを動かしたりなど応用は広い(伸ばせる限界の長さがないため、理論的にはどんなに重いものでも動かせる)

第3曲「騾馬」 よりレザニモ・トロワ(第三動物)―騾馬(らば)
名前:遡騾(ソラ)
道具名:ヘミオーネの車輪
形状:車輪
能力:回転――複数射出型。空間に対して回転し、前進する車輪を無限に打ち出すことができる。車輪がついたものの移動速度、方向、回転を操作することができる。単純な移動速度ではアニモ中最速を誇る。車輪はいくつでも出せるが錬度からいって、正確に操作できるのは十個程度。移動しなくてもその場で回転させることができ、回転の力で物体を吹き飛ばしたり弾き飛ばしたりもできる。空間に対して回転するため、空中、水上、あらゆる場所を面にそって(面がない場合ソラが定めた方向に)進んでいく。

第4曲「亀」よりレザニモ・カトル(第四動物)―亀
名前:恒亀(コーキ)
道具名:ロンサムジョージの砦
形状:包帯
能力:遮断――結界型。大きさ、長さを自由自在に操作できる包帯で特定の空間を包み『砦』と呼ばれる空間を作りだし、内側と外側の干渉を不可能にする。砦に入っている限り光も音も時間も干渉できない空間を作るため、一度砦が形成されるとみることも触れることもできない。砦の大きさは自在でどれだけ大きいものでも小さいものでも作れるが一度に一つしか構築できない。また一度作った砦は恒亀が解除するまで持続し続ける。恒亀の許可によってのみ侵入できる。

第5曲「象」よりレザニモ・サンク(第五動物)―象
名前:犀象(サイゾー)
道具名:ガネーシャの杖
形状:錨
能力:質量――単一接触型。釣竿と釣り針の形を模した錨(あくまで錨)。釣竿の延長にあるものを錨によって補足し、捕らえられてしまったものは釣竿の動きに従って振り回され、同時に重量を支配される。ものすごく重くされたり軽くされたりして、体重を軽くされたまま思いっきり釣竿を振られるとはるか彼方へと飛ばされたりする。また自身の質量も自在に操ることができ、それにより高速での移動や超質量による肉弾戦を可能にする。

第6曲「カンガルー」よりレザニモ・シス(第六動物)―カンガルー
名前:跳瑠(ハネル)
道具名:無音の靴
形状:靴
能力:反跳――単一接触型。物体が跳ね返る力を自在に操作する。跳ね返る方向、速度を任意に操作でき、光や音なども蹴り返すことができる。また、一度ジャンプしてから反跳の能力であらゆる高さや方向に飛び上がることができる。物体の大きさ、重さ、硬さに関係なく靴に触れたものに衝撃が加わればそれを跳ね飛ばすことができる。

第7曲「水族館」よりレザニモ・セット(第七動物)―水族館
名前:海神(ミカミ)
道具名:めだかの学校
形状:水盆
能力:千里眼――思念型。水を満たした盆の中に世界中のあらゆるものを映し、あらゆる音を聞くことができ、人や人以外の動物、あるいは物体、概念自体の思念や感情も音声化し読み取ることができる。また写し取る情報を自在に加工でき、目的場所の俯瞰図や、複数の人物をマークとして位置を把握したり、物体の透視なども可能。海神がめだかの学校に移している情報は海神が知っている全てのものに状態を問わず送ることができ、海神がその対象を見ている限り相手の心や声も海神に送られるので通信も可能。

第8曲「耳の長い登場人物」よりレザニモ・ユイット(第八動物)―驢馬(ろば)
名前:音驢(ネロ)
道具名:驢馬耳の王
形状:音叉
能力:変換――単一接触型。二本の大きな音叉の一方であらゆるエネルギー(運動、位置、熱、電気、化学的、音、光など)を吸収し、もう一方からそれを放出する。ネロの修行で、最初は吸収したら即座に放出してしまうエネルギーを徐々に蓄えていられるようになり、放出の際にエネルギーを改変(運動エネルギーを熱エネルギーに変えたり、音エネルギーを運動エネルギーに変えたり)できるようになり、また一度に加えられたエネルギーを分散させて放出したり、複数回でくわえられたエネルギーをまとめて放出したりできるようになる。音の操作が一番得意であり、普段は自分や他人の口元に音叉を当てて、もう一方から音を増幅して放出するマイクとスピーカーのように使っている。

第9曲「森の奥のカッコウ」よりレザニモ・ヌフ(第九動物)―郭公(かっこう)
名前:郭(カク)
道具名:万華鏡
形状:鏡
能力:光線――単一範囲型。鏡を中心に半径四キロ内に存在するあらゆる光線を自在に操作する。光源となることはできないが、支配空間に存在している光を収縮してレーザーのようにしたり、光線を操作して景色を錯覚させたりできる。また、支配空間内であれば特定の対象の目に光が入らないようにして、目を見えなくすることができ、実質これが一番使い勝手がいい。

第10曲「大きな鳥籠」 よりレザニモ・ディス(第十動物)―鳥籠(とりかご)
名前:籠鳥(ルトリ)
道具名:形状:檻
能力:引力――複数放出型。手に載るサイズの無数の黒い箱をほぼ無限に出すことができ、それらの箱同士がどこにあってもお互いに引き寄せあい、最終的にくっついて一つの塊になる。箱同士の引き合う力はそんなに強くなく、距離に関係なく一定で、くっついた箱同士は人間の力でも引きはがすことができる。ただいくら離しても、何度でもくっつきあう力が働く上に箱自体は無限にあるので、一つでも箱が体につくと後はどんなに逃げようとも最終的に箱に絡め取られてしまう。また、どの箱に惹かれあうかは籠鳥の自由に決められるので、特定の場所に箱を置き、自分も箱に乗って場所を思い浮かべると箱が引かれあう力で自動的に目的地に到達できる。

第11曲「ピアニスト」よりレザニモ・オーンズ(第十一動物)―ピアニスト(人間)
名前:夕騎(ユキ)
道具名:アリアドネの糸
形状:糸と手袋
能力:結繋――複数放出型。絶対に切れない糸を無限に指から紡ぐことができ、自在にあらゆるものに結び付けることができる。糸はユーキの手から出てる際には無限に延びるが、一旦手から離すと長さは変化しない。また一度放出した糸が特に何もしなければ消えることがない持続型の能力で、一度結びつけたものはユキが切断するかそれに準ずる力を使って切断しない限り誰にもほどくことはできない。糸は手につながっている間は自在に動かすことができ、一瞬で網を作ったり、編んだり結んだりはユーキの錬度で自由がきく。

第12曲「化石」よりレザニモ・ドゥーズ(第十二動物)―化石
名前:石瑕(セッカ)
道具名:考古学者の時計
形状:時計
能力:時間――結界型。結界の範囲を指定し、その範囲内の時間の経過を操り、加速させたり原則させたり、遡行させたりできる。ただし未来に行くことはできず、予知のようなこともできない。あくまでもできるのは過去を遡ることまで。さらに過去に関してはあくまで観測するのみで過去に干渉することはできない。戦闘では自身を加速させたり相手を減速させたりして翻弄する。

第13曲「白鳥」よりレザニモ・トレイズ(第十三動物)―白鳥
名前:白(シロ)
道具名:白鳥の湖
形状:翼
能力:凍結――結界型。翼を広げ一定の範囲内にあるあらゆるものを凍結させる。近づけば近づくほど凍結する速度が速く中心部ではシロ以外のものは生き残れない凍り付いた世界になっている。

2ヶ月前 No.93

ゴン @gorurugonn ★ANOBAXQECN_zRM

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

2ヶ月前 No.94

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

ゴンさんへ

少し遅れました^^;
リアルが良くも悪くも充実していまして、
とにかく頑張るので許してほしいです、
スミマセン。


特に問題は見つからなかったのですが、
ひとつだけ気になったので挙手。
ズーロジークで新たに産まれた人間には、
因果は生まれないのでしょうか?


お返事お待ちしております。



らくだより

2ヶ月前 No.95

ゴン @gorurugonn ★ANOBAXQECN_c1Z

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1ヶ月前 No.96

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

ゴンさんへ

フルール・ド・リスに人格はありますか?
ある場合、何のためにアニモと戦うのか、
気になりました。

この話に出てくる大罪は、七つの大罪で、
合っていますか?
虫の罪に殺人以外の犯罪は、入れない方が
いいでしょうか?

色欲の罪を犯した住人は虫になると
伺ったのですが、ズーロジークの町の中でも
突発的に大罪者としてアニモと戦いますか?

質問が多くて申し訳ない;
考えてほしい事は宿題を下さい。

ゴンさんのイラストは、魂がこもっています。



らくだより

1ヶ月前 No.97

ゴン @gorurugonn ★ANOBAXQECN_c1Z

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1ヶ月前 No.98

ゴン @gorurugonn ★ANOBAXQECN_c1Z

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1ヶ月前 No.99

ゴン @gorurugonn ★ANOBAXQECN_c1Z

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1ヶ月前 No.100

ゴン @gorurugonn ★ANOBAXQECN_c1Z

http://enkikaferoid.blog137.fc2.com/blog-entry-478.html

なんか以前の投稿で随分失礼な言い回しになっていて申し訳ありません。
ここまで大丈夫でしょうか。意見等ございましたらお気軽に何でもおっしゃってください。

レザニモ・カトル――亀(les animaux quatre-Tortues)

名前:恒亀
命名:シオリ
真名:耕飢(耕せど耕せど飢えるの意味)

見た目の年齢:人間で三十歳前後
アニモ歴:14年
性別:男
外見:身長179センチ。おデブちゃんでずんぐりむっくり。目が細く鼻は低く人の良さそうな笑みを浮かべている。髪の色は茶色で肩くらいの長さを後ろで一つに束ねている。目の色は黒。料理人らしく白っぽい清潔なワイシャツを腕まくりし、緑のコックタイを締めている。下は焦げ茶色の大きなズボンで裾を折り返しており、その上からタイと同じ緑色のエプロンをしている。手の部分に包帯を幾重にも巻いている。

性格:明るく温厚でややおっとりしているところがあり、せっかちなケースケからは早くしてくれとかどやされたりする。勤めて楽天家としてふるまおうとしており、深刻な会議の場でも空気を壊すためにわざと間抜けなそぶりを見せたり、息抜きに手作りのパンを差し入れたりと何かと気遣いができるタイプ。
しかし実際にはシオリを自分たちの手で殺さなければならなくなったことを機に、ユーシ、ハネルとともにアニモと世界樹に反旗を翻す決意をしている。石瑕の命により、その体内にシロの道具を隠し持っているが、このことを最大の切り札として、世界樹を倒す計画の根幹を握っている。
実際にはハネルに恋心を抱いており、しかしハネルがユーシのことを好きなことも知っているので、思いは思いのまま誰にも言わずに一生隠すつもりでいる(その割にサイゾーとかには見抜かれていたりする)。

獣形:黒い亀。甲羅に幾何学的な紋様が浮かんでいる。
道具:ロンサムジョージの砦。コーキの腕から無限に伸びる黒い包帯で、包帯で覆った内側と外側を完全に断絶する空間を形成する。結界の中に入ってしまうと絶対に干渉することは不可能で、唯一コーキのみが出入りできる。また、一度形成された結界は外側からは見えない。絶対防御。
また、極秘事項として普段から形成している体内の砦内に、十四人目のアニモであり、その力を封じるために世界樹の地下にとらわれている白鳥のシロの道具である、ブラックスワンの鎌を隠している。
能力:遮断――コーキの誰にもわからない、誰にも理解されたくない、誰とも共有したくないという願望の発露。決して相容れぬ包帯が守る大切なもの。
職業:パン職人、料理人、ズーロジークの街東区にあるパン屋で働いている。総菜パンが得意で、その具にするためにあらゆる料理に精通している。ケースケは朝の鐘を鳴らす前に必ずこの店でカレーパンと牛乳を買うのが日課。

前世の因果:はるか未来の世界における惑星開拓の任を任された宇宙飛行士。ひたすら砂漠が広がる世界で、いつかこの星が緑の惑星になると信じ続けて畑を耕し続けた。しかし、惑星間の時差と長距離宇宙航行のためのタイムトラベルで、自分が宇宙に行ってすぐに母星が天変地異によって滅びており、コーキはそのことを知らないまま、星の開拓を続けた。
しかしその努力もむなしく、最後の種から育てた苗も枯れ果て、食べるものもない誰もいない宇宙の片隅で死んだ。

性格:優しく子供好きで、アニモ子供組の給食を提供してくれる調理師でもある。普段はピーター・パンの店というパン屋で働いている。料理の腕はピカイチでアニモの中でも並ぶものがない。また、アニモ一の大食漢でもあり美食家で、料理をしている時以外は何かしら食べている。食べ方のマナーには詳しくネロの食べ方が汚いことをそれとなく注意したり、結構食べることには口うるさい。ただ、基本的におおらかでのんびりな性格で、料理を作る以外の動作はのろのろしていることが多く、ケースケなどは見ていてイライラすることが多い。人を急かしたりすることが嫌いなのでネロとは気が合う。お世辞にも美形とは言い難い自分の容姿をそれなりに気にしていて、清潔感に関してはかなり気を使っている。

好き:パン、食べ物全般。子供。美味しそうに食べ物を食べる人。出されたものを完食する人。発酵時間を待つこと。美味しいの一言。ごちそうさま、いただきますが言える人。
嫌い:残飯。残しても平気な人。食べ方の汚い人。偏食家。体重計。急かされること。堪え性のないお客さん。自分の料理がまずいと言われること。

1ヶ月前 No.101

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

ゴンさんへ

特に失礼なお話は聞いていませんよ?
大丈夫ですので、お気になさらず。


えーと、質問という事ではないのですが、
設定全てを見せられないのでは、とは思います。
ゴンさんがそんな気がないのなら、要らぬ
心配であり、失礼でこちらこそすみません;
アニモの設定が作りこまれているので、物語の
厚みはいつも通りゴンさんの強みだと思います。
設定を重視していない作品に興ざめする読者が多い
と同時に、設定を並べる小説を書棚に戻す方もいるかと。

あとは、アニモの能力が強すぎるので、虫が敵になり
得るのかが心配なのと、らくだが役に立てている
かが、心配です。



らくだより

1ヶ月前 No.102

ゴン @gorurugonn ★ANOBAXQECN_c1Z

設定に関しては物語の中で出す出さないは別として、設定として作っているので、別にこれをこのまま書くわけではないので大丈夫です。
実際物語に反映できるものはかなり少なくなるでしょうし。
ただ、それはそれとして設定があるのとないのとでは書き方も違ってくるので、一応このキャラクターとか世界観はこういうことなんだ、ということで、ニュアンスを抜き出す感じで把握していてもらえればオッケーです。

あと、今は私が作った前提の部分をらくだ様にお伝えしている段階になりますので、まだちょっと聞いててくださいねの段階になります(だったらちゃっちゃと終わらせろよって感じなんですけど、すみません師走で大掃除に何やらかんやらであわただしくて遅れています)。
それにらくだ様の最大の強みは物語本番に入ったときに確実かつ早く執筆をこなしてくれるところで大いにあてにしていますので、もうしばらくお待ちください。
あと、結局のところできているのはアニモ十四人と大罪者の長七人程度ですから、これに実際に物語を動かしていくとなると、街の人とか下っ端の大罪者とか、より大きな部分が必要になってくるので、そこでお力添えをお願いします。

前世のこととか割と触れられるかどうかっていう部分なので、一番大切なところとしてはキャラクターの性格に関することを押さえておいていただくと話もスムーズかと思います。

とりあえずお茶濁しの時間稼ぎのコメントなんですけれどもども、そんな感じで物語としてはそこからが重要ってところでらくだ様のお力が必要になってくるので満を持しての登場という感じでもう少しお待ちください。

1ヶ月前 No.103

ゴン @gorurugonn ★ANOBAXQECN_xmq

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1ヶ月前 No.104

ゴン @gorurugonn ★ANOBAXQECN_xmq

メリークリスマスです。
そろそろ並行して街の背景に関して一緒に考えていただければいいなと思っているんですが、
今のところ、ズーロジークの街のつくりとして、世界の中心に世界樹があり、その周囲に砂漠が広がっていて、そのさらに外側をドーナツ状に広がりながらさらに外側の海と接している、環状の街がズーロジークの形なんですが、それぞれの職場がどこに何があるかとか決めていきたいなと思います。

現状では、
・ユーシの勤める消防団(支部はいくつもあるとして本部)(暫定西区)
・ホトリの勤める仕立て屋(東区)
・ケースケの勤める工務店(東区)
・ソラの勤める学校(これはもう東区で固定なんですが)
・コーキの勤めるパン屋(ピーター・パンの店)(東区)
・サイゾーとの勤める象列車の車両基地
・ハネルの勤める診療所(南区)
が今のところ決まっていて、一応全部ズーロジークに住む獣人が親方というか一番偉い人で、一人か二人くらいは因果をもっている人間(老若男女様々)がいる感じで、獣人との生活やアニモ達の導きによって人間が因果を果たしていくわけなんですが、そのあたりの人たちを決めたいなと思ったり。
後は街全体のデザインというか雰囲気みたいのを決めたいです。割と因果関係で重い話は盛り込む展開があるんですが、街の雰囲気自体はファンタジーでポップな感じで、お店の形とかも動物の意匠を凝らしたみたいなのがいいんですけど、その辺でらくだ様のお知恵を拝借したいです。
とりあえずまずは出てくる回数が多そうなコーキのパン屋
ピーター・パンの店から決めたいと思うんですが、
イメージとしてコーキの頭の上がらない獣人の女将さんが経営するパン屋みたいなイメージがあるんですが、何の獣人か、他の従業員は、お店のイメージは、コーキの担当の人間の従業員は、みたいなことが漠然としているので、こういうのはどう、みたいのがありましたらお願いします。
何か質問等ありましたらお気軽にどうぞ。
来年もよろしくお願いいたします。


http://enkikaferoid.blog137.fc2.com/blog-entry-486.html

レザニモ・シス――カンガルー(les animaux six-Kangourous)

名前:ハネル(跳瑠)
命名:士織
真名:刎(はねる:文字通り首を刎ねられたものの意)

見た目の年齢:20代前半
アニモ歴:12年
性別:女
外見:
・茶色い髪をポニーテールにして耳にはピアスをしている。
・目の色はオレンジ色がかった茶色。目鼻立ちがはっきりしていて整っている美人。
・胸もそこそこの大きさでしなやかな筋肉のスラリとしたシルエットの持ち主。
・大抵は黒いタートルネックに白衣を羽織っており、下は粗い布のホットパンツでガーターベルトで膝までのストッキングを吊り下げている。
・黒いブーツを着用していて、それに掛かる丈のズボンは履かない。
・白衣のポケットにいつも手を突っ込んでいて、中には飴をはじめ、患者や子供やこれから会いにいく人へのサプライズの贈り物などが入っている。
・戦闘時も手を抜かないのは本気になってない印。

獣形:黒いカンガルー。尾が長く敏捷に動く。
道具:無音の靴
能力:反跳
・靴に触れたものを完全に弾く能力。
・一定の方向と速度を持って靴にぶつかる物体が跳ね返る方向と速度を自在に操れる。
・普段から歩く衝撃を靴に蓄えており、いざという時にはこれを開放してものすごい衝撃で飛び上がったり相手を蹴ったりできる。
・また、能力の成長として、ハネルに向かってくる攻撃体をほぼ自動的に、反射的に足で受け止めることができ、ソラの車輪さえ全て足で受けきるほどの足さばきの技術がある。
・この反射神経と動体視力を使って逆に相手の攻撃を足場にして急速接近して敵を蹴り上げる戦法が得意。

前世の因果:
・乱世の時代に人質として領主に差し出されていた名家の娘。
・父親に謀反の嫌疑がかかり、父親が嫌疑を晴らすための代償として、ハネルの首を差し出すことを決め、親に裏切られて首を切られた。
・信じていたものに裏切られ信頼も跳ね返される因果を背負っている。

性格:
・かなりテンションが高く、いつでも人を笑わせるようなおもしろおかしい話をしたり、いきなり踊りだしたり、サプライズを仕掛けたり、とにかく人が笑っているのが大好きで、ものすごく明るい。
・実際には落ち込みやすく傷つきやすい面があって、ひと騒ぎしたあと一人でどうしてあんなことしたんだろうと憂鬱になっていることも多々ある(それでも人前では道化じみて明るくしている)。
・ふざけておちゃらけている反面、考えるべきところはしっかり考えており、真面目な時は真面目。
・モットーは至って楽観的に。世の中はそれでも悲観的なのだから。
・実際にはユーシ、コーキとともに世界樹の倒壊を望むアニモ側の裏切り者の一人で、自分たちの先生だったシオリを殺さなければならなくなったときにアニモの立場に疑問を覚え、以後ユーシたちと共謀している。
・内心でユーシのことを思っており、どちらかと言えばユーシの理想が世界樹の打倒なので、従っている部分が大きい。

職業:医者
・薬と治療セットを持ってズーロジークの街を駆け巡る巡回医。
・南区の街の傍らに診療所も開いているが、回診の時間が長く基本的にいない方が多い(決まった時間にはちゃんといるようにしている)。
・暗くなりがちな病人やけが人、およびそれを支える人たちを励ますためにも毎回違うネタの面白いことを秘密のネタ帳にためていて、最期の時まで笑顔で寄り添うことを心に誓っている。

好き:サプライズ。面白い話。美味しい食事。人の笑顔。動きやすい服装。明るくよく笑う人。
嫌い:いつもどおり、型通りの仕事。ルーティーンワーク。じっとしていること。小言。何をしても驚かない人、笑わない人。泣いている人。怒っている人。

26日前 No.105

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

ゴンさんへ

メリークリスマス!!


・政治
・漁業
・林業
・農業

も、つくれたなと思います。
あとは診療所ですが、隔離病棟とかは
因果を持つ人々として、一定数必要かと。


アニモ同士で喧嘩とかは、あり得ますか?


見当はずれな事を言っていたら、すみません。



らくだより

25日前 No.106

ゴン @gorurugonn ★Android=EmZJHkjm27

アニモ同士の喧嘩はめちゃくちゃありますね。
特に鶏の姉弟のケースケとホトリはお互いに仲悪い上に両方とも短気な性格なのでかなりドタバタ普段から喧嘩してる感じですね。
でもその割には実際の戦闘や訓練なんかでは恐ろしく息の合った連携を見せるみたいな。
あとは順番に出してるのでまだ主人公であるアニモが出てなかったりするんですがその1人のネロ(ロバのアニモ)は鈍臭い所でケースケと喧嘩になったり、ケースケは割と荒っぽい性格なのでそういうの多いですね。
大人組は弁えてるので目立った衝突はないですけど、一番トップの化石のアニモの石瑕のやり方について不信や不満があったりして、仲間思いのアニモから反発があったりします(そもそもユーシ、コーキ、ハネルが裏切りを決意する経緯にもそのアニモの仲間を平気で見捨てるセッカのやり方に対する不満があるみたいな)。
アニモだから特別仲がいいとかってことはないです。

仕事については一応これからのメンバーにいるのが郵便配達と特別な三つの館(水族館、植物園、博物館)の主と、あと娼婦兼踊り子がいて、新生児のピアニストは今のところ職業未定なんですけど、何故か漁師がいいな、とか思っています。
内気でインドア気質なんですけど逆にみたいな。
のちのちプロフィールを書いて、ということになりますが。
ただ行政に関しては基本的にズーロジークの街は獣人の街なのでトップは獣人がいいと思っています。
アニモはなんとなればフルール・ド・リスと戦うことが使命で、それが原因で死ぬこともあるので、政治的な役割のために尊重され得る役職にはつけない方がいいかなというのがあったり。
あとは人間も基本的には政治局面にガッツリ参画するというのはない感じです(そもそもがこの世界は共同体側面が強くて高度な政治的判断を必要とするような複雑な政治を行ってないというのもあるんですが)。

隔離病棟とは違うんですけど禁域に封じられてるアニモがいて(14番目の白鳥なんですけど)その人割りと拘束されてる囚人みたいなイメージだったんですけどらくだ様の案から大罪者にはならないけど因果も果たせない、あるいは自分の運命に絶望して生きる気力のない人間をそばにおいて、その能力で苦しませずに死を与える、唯一人殺しの許可が与えられているアニモとかいいなと思いました。
隔離病棟をそんな感じのイメージにして白鳥にも役割を与えておくと話にも使えるかなと思ったり。

23日前 No.107

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

ゴンさんへ

明日でお正月ですね^^
良い年をお迎え下さい。


獣人が市役所に勤めるというのは、
どうでしょうか?
戸籍もあったほうがいいのかな、
と思ったりして。

あとは美術館・映画館・音楽堂・
個人営の(画)塾もあったら
面白いかもと。

思いついたのはこれくらいです。
また、宿題を下さい。



らくだより

19日前 No.108

ゴン @gorurugonn ★ANOBAXQECN_ly4

http://enkikaferoid.blog137.fc2.com/blog-entry-414.html

レザニモ・セット――水族館(les animaux sept‐Aquarium)

名前:海神(ミカミ)
命名:数世代前のアニモ(すでに死亡)
真名:御神

見た目の年齢:60代
アニモ歴:50年
性別:女
外見:
・白髪まじりの茶色く波打つ肩くらいまでのセミロング。
・目の色は神秘的な色をたたえた緑色。
・笑ったことなど一度もないというような鉄面皮で、ハネルの冗談にも眉一つ動かさない。
・いつも眉間にシワを寄せており、小言や叱りつけるようなことを言う。
・生まれつき目の見えないアニモで、目には黒く丸いサングラスをつけている。
・ガヴァネスのドレスをきつく来ていて、少しも緩んだところのない規律の鬼みたいな女性。

獣形:
・群体形態という特殊な獣形をもつ(もう一人この形式を持つアニモとして鳥籠の籠鳥がいる)。
・獣形になると無数の黒い様々な種類の魚に変身し、そのうちの一匹でも生き残っていれば海神として元に戻ることができる。
道具:
めだかの学校‐白杖と水たまり。普段から移動のために持ち歩いている白杖で水面をつくと、そこに様々な光景が写し取れ、水面を介して会話もできる。

能力:千里眼
・現在のありとあらゆる場所、過去、未来、他人の思念などを見通し、水面に映し出す能力。
・水面を介して通信もでき、ミカミから他者へも、他者から他者への通信も可能。
・それを利用して、ズーロジークの街のすべての家や建物に通信を送ることができ、フルール・ド・リスが現れた際の緊急速報や、専任の獣人や人間が開設するラジオ番組の放送局の局長も務めている。
・また、図や俯瞰図、地図、グラフなどを表示することもでき、アニモ達の作戦会議などで重宝される。
・海神自身は生まれつき目が見えないが、この力のために映像それ自体は認識することができる。

職業:水族館館長
・ズーロジークの街南区の大きな川から海辺にかけて、海中に作られた魚が鑑賞できる施設だが、本来はズーロジークにいる人間やアニモの前世が見える場所。
・因果を果たした人間は、ここで改めて自らの因果を知り、その因果が刻まれた名から、街で受けた祝福の名に、名前の字が置き換わり、樹への登坂が許される。
・海神はありとあらゆる因果をあらかじめ知っているが、それを他人に漏らすことは厳格に禁じられている。

ズーロジーク放送局局長
・ミカミのめだかの学校を通して行われるラジオ局。受信機は水を張ったたらい、および水面であればどこでもよく、象列車の駅前にある噴水の水面からも基本的に流れており、ズーロジークに住む人の家には必ず受信用の水が張れるものが置いてある。
・緊急警報等はミカミが流すが、それ以外の番組は獣人や人間が内容を会議で話し合って決める。
・ズーロジークの店の宣伝や催し物の案内、音楽など、コンテンツは結構豊富にある。

前世の因果:
・荒ぶる海の神を鎮めるために海にささげられた女性。
・しかし、その儀式の最中に高波に会い、自分だけ生き残り、他の住人が全滅する災害に見舞われ、その際に視力を失った。
・以後放浪の旅に出かけ、神にすがって生きたが報われることもなく、旅の途中に体を病んで死んだ。

性格:
・今の子供たち世代が生まれる数世代前に、子ども組の世話する教師役のアニモを務めていたが、大罪者の襲撃によりその子供たちが自分の指揮の下で全滅し、自分ひとりだけ生き残ったという経験以後、それが自らの優しさと緩みによるものだときつく自分を戒め、以後厳しく、努めて厳粛な性格であるように自らに課している。
・本来は優しく、慈愛に満ちた女性だったが、それゆえに子供たちに厳しくできず、それが結果として子供たちの戦闘能力を低下させ、大罪者に抗する力を失わせた要因だと思っており、それを気に教師の役を他者に任せ、自らは派遣教師として、月に一度のスパルタを施す役として、普段は水族館の館長を勤め、そこで様々な因果を見渡している。
・ハネルの冗談にも極力笑わないようにしているが、たまにツボに入ると笑いをこらえるために大きくため息をつく(ハネルは長年の経験でそれがミカミがツボに入ったサインだと知っている)。
・子供たちには鬼婆として知られているが、大人組からはその経緯を知られているし、そうすることがアニモ全体にとって利益でもあるとわかっているため、理解され受け入れられている。

好き:落語(博物館経由で現世のカセットテープがズーロジークの街に流れ着いており、よく聞いている)、音楽、コメディ、にぎやかなお祭り。
嫌い:しゃべらない人、大しけ、高波、嵐の夜。

明けましておめでとうございます。
ようやく海神ができました。
市役所いいですね、この世界だと戸籍の管理とともに住宅の管理とかも市役所の管轄で、空き家とか空いてる部屋の紹介とかも市役所でやってくれて、アニモが独り立ちしたときの住む場所の手配とか、人間が流れ着いたときもまず、市役所(イメージ的には役場という単語の方がいいかなと思ったり)に行って相談するみたいな。
後ラジオ局を作ってみました。基本的に番組内容は未定なので、名パーソナリティとかキャラクター案がありましたら募集中です。
後引き続きコーキのパン屋の従業員も募集中です( >>105 参照)。

7日前 No.109

らくだ @authcgi755 ★YR2cLCsfma_M0e

ゴンさんへ

ラジオ、面白そうですね^^

ズーロジークの住人たちにとって、死後は
(因果を果たす)興味の強いところだと思うので、
「怪談」のコーナーとかどうでしょう?
すみません。
これまでの合作にタイムラグあるので、記憶が
不確かで自信がなく、話がずれていないか心配です;

パン屋の方は、つまみ食いがぱっと浮かびました。
後は、(設定上、アリなら)孤児や貧しい子に
仕事とパンを与えるとか。


今年もよろしく、お願い致します。



らくだより

4日前 No.110
ページ: 1 2

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる