Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(29) >>

【相棒学園】

 ( 学園ごっこ )
- アクセス(300) - いいね!(3)

S(*W∀・´)SORA=雀 @miximixyuu☆1CoDCXnyzEYy ★BVl4kfEdbD_vvH

【戦闘可/オリ】
相棒学園(あいぼうがくえん)
その学園の生徒は、相棒と言う物が居る。
―――バディ....
相棒と言う言葉は忘れていけない。
いや寧ろ、忘れるな......
生徒が思う相棒とは......

†校則†    >>1
†寮・係†   >>2
†服装†    >>3
†部活†    >>4
†自己紹介†  >>5

この様になっています。
No,5が書き終わるまでレス禁止。

†真・校則†
http://aurasoul.mb2.jp/wiki/guid/
(メビウスリング総合ガイドライン)
†お初さんも歓迎です。†

メモ2019/12/14 16:17 : S(*W∀・´)SORA=雀☆8u29v.KhVm7r @miximixyuu★BVl4kfEdbD_vvH

†自己紹介†はココで!

http://sns.mb2.jp/miximixyuu/d-61

(【相棒学園】†自己紹介†について )

この日記でオリキャラの†自己紹介†をすればキャラ登録します。

†相棒学園の生徒†

一年A組

一年B組 (教師:内田)乙斗、牛道タク、蒼井 咲

一年C組 朱魔、しばづき

一年D組 (教師:グレイ)

二年A組 美空 姫多

二年B組

二年C組 宴 香ル、ラウ・フラン、陸

二年D組

三年A組 ラティ

三年B組

三年C組

三年D組

関連リンク: 言葉しりとり 
ページ: 1


 
 

S(*W∀・´)SORA=雀 @miximixyuu☆1CoDCXnyzEYy ★BVl4kfEdbD_vvH

†校則†
・†真・校則†は守る。
・学校には決まった服装で登校。( >>3 )
・暴力、虐め、悪口はNG。
・恋愛は可能ですが行き過ぎないように。
・年齢(設定)は12歳以上なら入学可能。
・部活が無くても可能。
・戦闘可能。但し死亡ネタ、暴力、グロは禁止。
・無視は禁止。
・行き過ぎた最強設定と美化設定はNG。
・部活の後輩に悪意が有る行為は禁止。

5ヶ月前 No.1

S(*W∀・´)SORA=雀 @miximixyuu☆1CoDCXnyzEYy ★BVl4kfEdbD_vvH

†寮・係†
【寮について】
寮というかクラスです。
一年A組、一年B組、一年C組、一年D組
二年A組、二年B組、二年C組、二年D組
三年A組、三年B組、三年C組、三年D組
それぞれ30名ずつ入る事が出来ます。

【係について】
基本、係は皆で決めます。
決まっている係は下記の通りです。
・代表係/三名(その内計画係を一名決める)
・ヘルプマン/五名
・体育係/五名(その内団長を二名決める)
・情報係(授業)/五名(数学、科学、美術、音楽、保険)
・保険係/一名
・配り物係/六名
・その他/五名
以上。
皆で決める物はクラスがもっと便利になったり楽しくなったりする係を決めて下さい。

5ヶ月前 No.2

S(*W∀・´)SORA=雀 @miximixyuu☆1CoDCXnyzEYy ★BVl4kfEdbD_vvH

†服装†
†シャツ†
ホワイト、グレー、スカイブルー
†クールセーター†
やや薄めの赤、ホワイト、ブラウン、ペール、ピンク、ブラック(特別にな(ニコ)
†ブレザー†
ブラウン、グレー、ペール
†ジャージ等†
ホワイト、ブルー、ブラック、ピンク、ペール
†ズボン†
ブラック、紺、ブラウン
†スカート†
ブラック、紺
†ネクタイ†
ホワイト、レッド、グレー、紺
†リボン†
レッド、ホワイト
†制服†
ブラック、紺
†靴下†
ブラック、ホワイト、紺、グレー、ブラウン、ペール

靴はハイヒール以外なら可能。
派手になり過ぎないように
服装に飾り物は可能。

5ヶ月前 No.3

S(*W∀・´)SORA=雀 @miximixyuu☆1CoDCXnyzEYy ★BVl4kfEdbD_vvH

†部活†
【体育】
・サッカー部
・バスケ部
・野球部
・陸上部(マラソン、短距離)
・柔道部
・剣道部
・バレーボール部
・卓球部
・帰宅部
・ソフトテニス部
・ラグビー部
・ハンドボール部
・ゴルフ部
・アメリカンフットボール部
・フットサル部
・空手部
・弓道部
・体操部
・バレエ部
・ダンス部
・バトン部
・ボクシング部
・バドミントン部
・チアダンス部
・応援団部
【文化】
・吹奏楽部
・調理部
・美術部
・演劇部
・合唱部
・軽音楽部□
・コンピューター部
・茶道部
・将棋部
・書道部
・マネージャー部

5ヶ月前 No.4

S(*W∀・´)SORA=雀 @miximixyuu☆1CoDCXnyzEYy ★BVl4kfEdbD_vvH

†自己紹介†
・名前
・名前の読み
・性別(不明はOK)
・年齢
・なんねんなんくみ???(クラス)
・容姿
・性格
・係
・得意な教科
・苦手な教科
・部活
・備考(出来れば!)
・好きな人(出来れば!)
ではレス解禁です!プロフィール提出お願いします!

5ヶ月前 No.5

S(*W∀・´)SORA=雀 @miximixyuu☆1CoDCXnyzEYy ★BVl4kfEdbD_vvH

†うp主のオリキャプロフィール†
名前 宴 香ル
読み うたげ かおる
性別 男
年齢 17歳(誕生日 9月6日)
なんねんなんくみ??? 二年C組
容姿 白いジャージ(長袖半ズボン)てズボンの横に「STORAIKSROD」の字が有る。靴はロングブーツバリエーション(紐のやつで、)首と右足の太股には朱色と薄茶が入った二重ベルトX。ジャージの上に薄朱と赤の入ったセーター。これもまた朱魔に似てる件。体育はジャージのみ!(長袖長ズボン)長袖の肩の部分や長ズボンの太股の横の部分に肌がみえるようになっている。長ズボンの右足の方は太股の真ん中まで捲り二重ベルトXで留めてる。靴は通常と同じバリエーション。あらゆる美男子。

性格 細かい事を気にする優等生。
塩フォローする事はあるがそこまで厳しい方ではない。気紛れに行動したりする事も有り、動き回るとしても何かをする訳ではなくただ見てるだけ。本人も暇だとは思っている。
やや非情だがやりすぎるとどうしても表情が変わるタイプ。
自らの弟存在である「朱魔」の視線を気にしている。
(朱魔はどのクラスでもアイドルと見なされている。朱魔は優しい生徒、特に優等生にはきゅんとなってしまう。優等生である宴はどうしても朱魔の視線が気になってしまう。)
同じクラスであるラウ・フランとはトラブルメーカー同士ではあるが直ぐ仲直りする仲良し同士でもある。また、陸とラウ・フラン、乙斗とは朱魔ヲタ同士であり思い込みが激しいとされる陸とラウ・フランには罰ゲーム?のような物を仕掛ける。
(罰ゲームの内容 ラウと陸は朱魔の姿を見た瞬間思わずきゅんとなり(可愛すぎという理由)赤面となる姿とあまり心が動揺し過ぎると気絶するというタイプを知っていた宴が「朱魔&ラウ・フラン、陸はI.LOVE.YOU」とするような罰ゲームであるが一体何をやらかしたのかは不明)

係 代表係、計画係
得意な教科 美術や体育が特に得意。国語、数学、科学、書道、英語、家庭科
苦手な教科 (無し)
部活 美術部、時々陸上部
好きな人 朱魔
(設定)風邪気味で高校の二時間目までは病院。

5ヶ月前 No.6

S(*W∀・´)SORA=雀 @miximixyuu☆1CoDCXnyzEYy ★BVl4kfEdbD_vvH

>>6 に付け足し
容姿 髪型は朱魔(左近)とかなり似ている。
通常も白いジャージ(長袖半ズボン)にしました。

†うp主のオリキャプロフィール2†
名前 柴月(柴田勝家)
名前の読み しばづき(しばた かついえ)
性別 男
年齢 16歳
なんねんなんくみ??? 一年C組
容姿 学園BASARAの勝家と同じ。
性格 細かい事を気にする優等生。
超能力者どて厳しく、非情であり特に大きな表情は見せない。塩フォローする事があったり、気紛れに動き回ったりする。動き回るとしても何かをする訳ではなくただ見てるだけである。本人も暇だとは思、宴に似ている。
初めは朱魔の隣の席だったが、数学教えた結果とんでもないことが起きる事もある。
(だからあ、朱魔は優しい生徒、特に優等生にはきゅんとなってしまうって。優等生であるしばづきも朱魔の視線を気にしている。)
朱魔の視線を気にして影で朱魔の行為を見ている。しばづきも陸のように朱魔の姿を見た瞬間思わずきゅんとなり(可愛すぎという理由)赤面となる姿もある(!?)
その為、数学は出来ればやりたくない。
「朱魔」、その単語だけで動揺(はっとする)する事がよくある。
朱魔ヲタである乙斗にはシャイ(!?)
その理由は本人は負けず嫌いな訳では無いが「自分より強い人は必ず居る(力を認めた人にはそう思わない。)」と思い込んでいるから、またはそれで当然と思っているから。それでつい黙ってしまうのである。
特定の人以外にはあまり興味が湧いてこない、というタイプでもある。

係 代表係、計画係
得意な教科 美術、書道以外すべて
苦手な教科 美術、書道
部活 将棋部、たまにコンピューター部
好きな人 朱魔?
(設定)朱魔と隣の席に居る。「あっち向いて一本勝負」は最強.....じゃなく朱魔以外なら勝てる......

5ヶ月前 No.7

S(*W∀・´)SORA=雀 @miximixyuu☆1CoDCXnyzEYy ★BVl4kfEdbD_vvH

【二年C組】

『ドッ!ゴゴゴッッ....』

教室のドアを開ける時とてつもない音が鳴り響いた。
宴と二年C組の生徒らはあまりの音が突然鳴り響いた事でかなり驚いた。教室のドアを開けたのはラウだった。
それは予定通りに登校する時間に間に合わかった為、慌てて宴の前で土下座を繰り返した。

「ごめんなさいッ!俺又遅れちまったよー.....」

こう言い聞かせたラウ。
宴は「又か...」と思い、ラウの高さに揃える様にしてラウの顔をじっと見た。

「ま......またか......いつも遅れてばっかじゃん....」

呆れた様な声を出した。
ラウは次の展開を予想する。と、どんどん怖さが発ってきた。次いでに怖さで宴の顔を見ることすら出来ない。
宴はラウの表情を確認した後、ビンタをぶつけ、こう怒り叫ぶ。

「もう遅れないでよ!!遅れたから今日はあの子(朱魔)と張り合わせるよ!!!」

「!?、止めて!えっと止めて下さい宴サマァァァァア!!!」

ラウは一瞬、赤面になった。
実は今日の給食は新学期である一年と食べる日であった。
二年C組は一年C組と食べる事になったがその一年C組には「朱魔」という生徒がおり、ラウはその人のヲタクであった。
朱魔は一年C組.....いや、朱魔は相棒学園のアイドル、天使存在であった。
ラウは心が動揺し過ぎて気絶する恐怖を持っていた為、朱魔とは出来るだけ触れ合いたくは無かった。
宴は立ち上がると一年C組へ行った。
ラウはとても赤面し、溜め息をついた。

「はぁ.....宴に朱魔と張り合わせろって....どうなるんだろ........俺..........」

そう言うラウ。
隣に座っていた陸も共感した。
陸もラウと同じく朱魔ヲタであり、思い込みが激しい方だった。
陸も一年C組と給食を食べるとなると赤面になり、顔に手を当てた。
手を当てると陸はラウの方を向いた。

「あ....いや.....別におたくの事は解らなく無いけどって、超解るけどさ.....あ.....朱魔くん.....どの席選ぶかがちょっと.....あ、解らないんだけど俺の隣じゃない席選んだら宴なら優しいから....許して貰えると思うぜ.....」

その言葉でラウの気持ちが少しずつ晴れてきた。
そうするとラウは陸の机に肘を置き、仲間のように話し始める。

「やっぱ陸は解って貰えるじゃん!友達だな!」

陸は頷いた。

5ヶ月前 No.8

S.I @soracar ★ZdX4a2Ji5C_OSy

どうも。
新入りです!
---プロフ---
NAME:牛道タク
読み:うしみちたく
gender:Man
age:16歳
class:1-B
appearance:やせ気味のメガネ
      グレーのシャツにブラウンのブレザー、
      ズボンはブラックで、ネクタイは紺色
      靴下も紺、靴は某スポーツブランド
Personality:慎重派の優等生
Person in charge:配りもの係
得意な教科:地理
苦手な教科:体育
Club activities:コンピューター部
Remarks:勉強はできるが運動音痴。

5ヶ月前 No.9

S(*W∀・´)SORA=雀 @miximixyuu☆1CoDCXnyzEYy ★BVl4kfEdbD_vvH

【一年C組】
一年C組の教室は賑やかだがしばづきはそれを嫌っていた。
――五月蝿い.......
しばづきは少し耳を塞いだ。
少し時間が立つと教室のドアが開く音がした。生徒は直ぐドアの方を見ると....そこには生徒とは思えぬ美男子が居た。
その美男子の正体は朱魔だった。

「うわぁ.....あれ....天使かな.....」

生徒は惚れ惚れした顔で朱魔の姿を見ていた。
朱魔は自分の席に座るとバックから小説を取り出し、読み始めた。
――あれは徒者じゃない.....
しばづきは朱魔を見てそう思った。
その時一人の生徒が朱魔の背後まで来て首にあるベルトにのびている白帯を触った。朱魔は少し照れた。

「おいやめ......そんなんマジやめろ...迷惑だからやめろぅおッ.....」

生徒は赤面になりながら言った。
朱魔の背後にいた生徒はすぐさま止め、しばづきの方まで行き、こう言い放った。

「しばづき!この優等生!なんで朱魔の隣の席なのさ!!ズルいぞー席交換しろよ.....」

しばづきは動揺した。
それは自分が朱魔に何かをされるときゅんとなるからだ。(えぇ)
小説を読んでいた朱魔はドキドキし過ぎて赤面になり、息を飲んだ。
朱魔の息を飲む音を聞いた生徒は叫び感嘆し、鼻血で大量に出血し、数十人が倒れた。
しばづきは赤面を隠せなかった。

再び教室のドアが開く音がした。宴だった。
宴は生徒が鼻血を大量にばらまいている所を見ると、一目散に逃げた。
二年C組の廊下の窓を開き、叫び始める。

「一年C組に伝えようと思ったのに怖くて伝えられなかったじゃん!!!!!」

叫ぶと息を荒くし、二年C組の教室に入った。

5ヶ月前 No.10

S(フW∀・´)フ!前田雀次! @mametubu ★BVl4kfEdbD_vvH

いつとさん使います。よろしくお願いします。
【一年B組】

「一年C組に伝えようと思ったのに怖くて伝えられなかったじゃん!!!!!」

廊下で叫ぶ宴。
乙斗は一年C組に何事があったのか、それを解く為に一年C組の教室を覗くと、血が吹き出て所々に血跡があった。

「げっ...........」

思わぬ状態に驚いた。
驚いたと言うよりも少しぐろい、そう思ったのであった。と、宴が二年C組に向かうが宴の表情は少し青ざめていた。
宴に今の一年C組について伺うと恐らく血は鼻血だと言っていた。
――朱魔........
乙斗は朱魔の事を思い始める。

5ヶ月前 No.11

S.I @soracar ★ZdX4a2Ji5C_OSy

【1-B】
今日もいつも通り登校したが...
1-Bがある教室付近に行くと、
なぜだか1-Cが騒がしい。
何事かと思ったら、血が
散乱していた。
先生を呼ぼうと僕は思い、
職員室に行った。
先生を呼ぶと、
ちゃんと対応してくれてよかった。
同じクラスの乙斗から
聞いた話によると
どうやら誰かの鼻血らしい。
なぜ鼻栓をしなかったのだろう?

5ヶ月前 No.12

S(*W∀・´)SORA=雀 @miximixyuu☆1CoDCXnyzEYy ★BVl4kfEdbD_vvH

【二年C組→一年B組/一時間目の始め】
――..........。
同じクラスである牛道タクが先生を呼び、一年C組の状態は少しずつ回復していった。
しかし、乙斗は黙っている。
それは一年C組も、自分もどうなってしまうかが解らないからだ。

「そーいえば......宴が言っていた通り、一年C組の奴らと飯食うんだよなー....あの子と一緒なら...w」

一人の生徒が言うと、陸とラウは「どうしよう....」と言うような表情になった。宴はその二人の顔を見てこっそり笑った。

「やっちゃうからねー.....」

そう囁く声がした。
――自分がこのクラスだったら絶対朱魔と張り合う!!
二年C組が狡いと思った。
給食で一年C組と食べるという少ない時間だが、それでも乙斗はその時間が欲しいと思っていた。
乙斗は宴に挨拶をすると一年B組へ帰って一時間目の授業の用意をした。

「一時間目は.....自己紹介と......」

一時間目の授業は自己紹介だった。
あまり勇気が出ない、いや、それも当然だが自己紹介で言う言葉を考えた。

†時間割(今日)†
1、自己紹介、部活決め等
2、数学
3、美術
4、途中まで美術、残りは色々
5、国語
6、部活
†      †

――今日はそんな忙しい方では無いね......
時間割を見ながらそう思った。

>>乙斗さん使いますぅ。S.Iさん、ここでもヨロシクぅ!!

5ヶ月前 No.13

S.I @soracar ★ZdX4a2Ji5C_OSy

【一年B組】
先生が何とか片づけてくれ、血はどんどんきれいになっていき、
鼻血を流した子は保健室に念のため連れていかれた。

今日は自己紹介。
僕は人前に出るのが少し苦手だから心配だ。
今日の時間割はかなりいい方だと思う。
やる部活や自己紹介の文面を考えながら
チャイムと一緒に席に着いた。

5ヶ月前 No.14

S(*W∀・´)SORA=雀 @miximixyuu☆1CoDCXnyzEYy ★BVl4kfEdbD_vvH

【一年B組】
『キーンコーンカーンコーン』
チャイムの音が鳴り響いた。
――一時間目だ.........。
乙斗は姿勢を正し、先生が来た。

「起立。」

日直は一時間目の挨拶をし、自己紹介を始めた。
でも乙斗はそわそわした気持ちだ、それは自己紹介が無事終わるかだった。
でも自分と同じ思いをしている生徒は他にもいるだろうと思った。

乙斗の出番は最初だった。(”いつと”なので。)

自己紹介で乙斗が前に出ると緊張し、表情は照れ顔で紹介をした。
――で.....でも緊張するぐらい当然だし.....
勇気を振り絞って自己紹介は無事終わった。
乙斗は小さく溜め息を付き、他の生徒の自己紹介を聞いていた。

生徒もかなり緊張している。声だけで解る。
緊張し過ぎて話が止まる生徒もいれば自己紹介がオカシ過ぎて笑う事もあった。
ある程度自己紹介が進むと、また一年C組で変な事が起きた。
先生、生徒らも驚き一年C組を覗くと朱魔が自己紹介をする所だった。
一年C組の生徒はまた鼻血を出したが酷い量ではない。

「あーあ、もう疲れたよ〜」

生徒と先生が疲れ果てたように言った。
C組の生徒は自らで血を拭いた為、一件落着した。
そして自己紹介の続きが始まった。

5ヶ月前 No.15

S.I @soracar ★ZdX4a2Ji5C_OSy

【1-B】
『キーンコーンカーンコーン』
チャイムの音が鳴り響いた。
――一時間目だ。
とても緊張している。
担任は内田先生。
どうやら厳しいらしく、心配だ…

「起立。」

日直は一時間目の挨拶をし、自己紹介が始まった。
僕が話す番になると、とてもしどろもどろになってしまった。

僕が話し終わってしばらくすると、また1-Cが騒がしい。
なんだろうとみてみると、また生徒が鼻血を出していた。
もう慣れているらしく、鼻栓をして、生徒たちは血を拭いていた。
その後、また自己紹介が始まった...。

5ヶ月前 No.16

S(*W∀・´)SORA=雀 @miximixyuu☆8u29v.KhVm7r ★BVl4kfEdbD_vvH

【一年B組】
自己紹介が終わった。
次は部活決め、生徒も楽しみにしているかの様な表情だ。
――将棋部.....いや陸上もいいな....
沢山の部活の数に迷った。
結局将棋部とバスケ部(時々)に決めた。
――6時間目に部活か......
少しずつ待ち遠しさが立ってきた。

その時、終わりのチャイムが鳴り響いた。
終わりの挨拶をすると、「よっしゃああああああああ」と嬉しがる生徒がいた。
――ここも、騒がしいけど明るくて良いな....
乙斗は思った。そして次の時間の美術の準備をした。

5ヶ月前 No.17

S.I @soracar ★ZdX4a2Ji5C_OSy

【1-B】
自己紹介が終わり、部活決めをした。
隣の席の乙斗は部活でかなり悩んでるらしい。
僕はもうすでに決めてある。
コンピューター部だ。
前からパソコンが好きだったからだ。
そして今日の6時間目には初日早々部活がある。
とても大変だ。
終わりのチャイムが鳴り響き、終わりの挨拶をすると、
「よっしゃああああああああ」と嬉しがる生徒がいた。
子供っぽいなと僕は苦笑した。

5ヶ月前 No.18

S(*W∀・´)SORA=雀 @miximixyuu☆8u29v.KhVm7r ★BVl4kfEdbD_vvH

【二年C組】
自己紹介が終わり、休み時間になった。
生徒は今日の給食の事を話しているが、陸とラウはやや赤面になって宴の方をちらちら見ていた。
宴はラウ達の視線に気付いた。

「なぁに?朱魔くんに構って欲しいの?」

こっそり笑いながら聞いた。
陸とラウどんどん赤面になった。

「んなワケねぇよ!!俺そんなヤツじゃねぇし!!」

「そんなのジョークでしょ.....」

ラウがマジの事を言ってるに関わらず宴は余裕そうに嘘だと言った。ラウは思わず宴の机に叩いて「ウソじゃねぇし!!」と何度も怒鳴った。
宴は挑発的に余裕そうな表情でラウの腕を退かそうとした。

「さ....流石トラブルメーカー同士.....」

陸は戸惑う様に言った。
ラウは怒鳴る一方、宴は挑発的な行為.....それはトラブルメーカー同士らしいが陸は宴が怒る姿は一度も見た事がなかった。
――あ、いや待てよ.....あ....宴は優しいから、あ、怒る訳無いか.......
陸はそう思うがやっぱり朱魔の事が気になる......。
トラブルが続くとラウの怒りが最高潮の近くまで来ると、脚で床を叩きつけた。

「下の学年が可哀想だよ....」

宴は言った。
ラウは朱魔の事を思い出すと「あ....」て言う様な表情になった。
――やっぱ宴は優等生だからセンス良いなああ....
陸もセンスは良いが些細な所であんな事を言う人はなかなか居ないと思った。

「そう言えば.....次美術だよね...?朱魔くん書くの?」

「え?.......あ、え????」

陸はまた赤面になった。
――やべー、ヲタク仲間増えたじゃーん....
ヲタク仲間が居たとなると、宴がどんな思い込みをしてくるかが怖くなった。

「そういや今日の給食だって........」

陸は独り言を言った。
いや独り言じゃなく.....宴は陸の台詞に反応した。
宴はまたこっそり笑いながら言った。

「じゃあ、朱魔くんと近くに行って食べたら?」

「い、いや!!!!!!!」

陸はさらに赤面になった。
そして強く断った。それは朱魔の隣になると自分はどうなってしまうのか、と言う恐怖ときゅんきゅんし過ぎて気絶してしまうと言う恐怖があった。

5ヶ月前 No.19

S(*W∀・´)SORA=雀 @miximixyuu☆8u29v.KhVm7r ★BVl4kfEdbD_vvH

>>17 間違いでつ「乙斗は思った。そして次の時間の美術の準備をした。」美術ではなく数学でした。

5ヶ月前 No.20

★WiiU=dULf3DUecZ

†自己紹介†
・蒼井 咲
・アオイサク
・女
・16
・一年B組
・黒髪ロングに黄色の目をしている。垢抜けている
・明るくて優しい。だが子供らしい所も多い。
・配りもの係
・国語
・数学
・卓球
・理系が苦手。ゲームなどが好きで大食い

宜しくお願いします〜

5ヶ月前 No.21

★WiiU=dULf3DUecZ

[一年B組]
自己紹介何言おう…
ぼーっと呟くとすぐ自分の番が来てしまった。
「え、えと 蒼井咲です。好きなものはゲームですっ十六歳ですっっ」

要らない情報まで言い恥ずかしくて顔を手でおおい席に戻った

部活……卓球にしようかな

ふと考えたときチャイムがなった。
「よっしゃああああああああ」
何処からか声が聞こえて微笑ましくなった。


誰かに話かけてみようかな

とりあえず後ろに向いて
「よろしくね」 とタクや乙斗に話しかけた

5ヶ月前 No.22

S.I @soracar ★ZdX4a2Ji5C_OSy

【1-B】
1時間目の後の休み時間。
前の席の咲が
「よろしくね」と
話しかけてきた。
礼儀正しい子だと思った。
僕はこういった。
「こちらこそ!」
その後僕は数学の準備をした。
僕は高校になると、
数学の勉強が難しくなると
知っているのでとても心配だ。

5ヶ月前 No.23

S(*W∀・´)SORA=雀 @miximixyuu☆8u29v.KhVm7r ★BVl4kfEdbD_vvH

【一年B組】
一時間目が終わり、休み時間になる。
乙斗は次の時間の数学の準備をすると、咲が後ろを向いて「よろしくね」と挨拶をしてくれた。
乙斗は少し赤面になった。

「うん...宜しくね...」

咲はゲームが好きな生徒だった。
――この生徒も明るくて良いな.....
自分は確か....自己紹介はあまり得意な方ではない。
でも数学は大丈夫、(乙斗の苦手な教科は有りません)
どんな問題が出るかは解らないが取り合えず配られた数学の教科書のページをパラパラめくった。
――難しそう......
数学の教科書はページ一杯に文が書かれていた。
二時間目はあと数十秒で始まる....。
乙斗は数学の教科書を閉じると静かに待っていた

5ヶ月前 No.24

S(*W∀・´)SORA=雀 @miximixyuu☆8u29v.KhVm7r ★BVl4kfEdbD_vvH

【一年C組】
自己紹介が終わり、次の時間は数学だった。
――数学......嫌だよ.....
朱魔は数学が苦手だった、その為やや暗い表情を浮かべ机の上で手を握る。
数学の教科書は見たくなかった。
チャイムが鳴り響き二時間目が始まった。
早速数学の教科書が配られると一斉に生徒は教科書を開いた。

「うっわ............ムズカシそぉー......」

弱々しい生徒の声が聞こえた。
しかし隣の席のしばづきは余裕そうに数学の教科書をパラパラめくった。
朱魔はその行為が目に入った。
――格好いい.......
朱魔はしばづきの方を見ていた。でも朱魔は数学が怖く、教科書すら見る事も出来なかった。
生徒が数学の教科書を閉じると、ノートを開き問題を書いている所だった。
生徒が問題に混乱するもしばづきは余裕な表情を浮かべ、問題を解こうとしていた。
朱魔は何一つ解らなかった。
――この問題.....嫌いだよ............
朱魔が涙目で問題と真剣に向き合っている姿に気付いたしばづきは朱魔に問題の解き方を教えようとした。

「もう.....終わったの.....?」

朱魔はしばづきに問い掛けるとしばづきは頷いた。
そしてしばづきが丁寧に教えると朱魔も段々解ってきた。
――やっぱり格好いい.....
朱魔は一瞬にしてしばづきに憧れた。
朱魔が完全にこの問題について解るようになるときゅんとなった。
――大好き.........だよ?
朱魔がそう思うとやや赤面になりながらしばづきの手をぎゅっと握った。しばづきは握られると赤面になった。
(それが数学の時間、解らなくなり隣の席のしばづきに教われた結果、
しばづきの手をそっと握るなどの事件(?)が起きた、と言う事です)

「〜〜......!!」

しばづきが余りの事態と可愛さに唸るような声を上げ、このまま授業を続けていた。
――何故私は今にしてこの事態に合わなければ為らないのか.....
しばづきはそう思った。
まず握られる所は誰にもバレていない、そこらは運が良かった。
しかししばづきは朱魔に握られるだけで動揺した。本当に彼に好かれてしまったと思う。(苦笑)
――私がこのまま貴方(朱魔)に教えたりとでもしたら......
しばづきが朱魔を見て思うと此からの事が怖くなった。(

5ヶ月前 No.25

S(*W∀・´)SORA=雀 @miximixyuu☆8u29v.KhVm7r ★BVl4kfEdbD_vvH

【二年C組】
二年C組の二時間目は美術だった。
その美術は「好きな人(此処ではランダム)を絵に描く事で学ぶ”デッサン能力”を極める」問題だった。
そこで宴は画用紙?にラウを描く事にした。

「僕がラウ描いてやるから朱魔と張り合ってよ.....」

宴がそう言うとラウは戸惑った。
宴に描かれたい気持ちは有るがまず真っ先に朱魔と張り合うのは勘弁して欲しいと思った。
ラウが何度も断ろうとすると宴は陸に問い掛ける。

「あ、嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌!!!!!」

陸も強く断わった。
――そ、そんな可愛過ぎる子と張り合ったら俺死にますって!
陸は赤面になり、断る様に両手を振った。
宴は詰まらなそうな表情を浮かべると絵を描き始めた。
――何となくだが......良かったぁー....
陸とラウはそう思い、溜め息を付いた。
そして絵を描く事に集中力を集め、再び描き始めた。

――――――数分後...........

「うわ〜〜上手ぇぇぇぇ〜〜」

宴の絵に、生徒は言った。
ラウは宴の絵を見ると描かれていたのは陸だった。
――やべぇぇぇぇ......陸....バチアタリじゃねぇの.....
ラウは大事な物が終わった様に思った。
そうするとラウは陸に宴が陸を描いたと言うと陸は思い込みで一回気絶しそうになった。

「あ〜.....俺ェ.......終わった.........」

陸は赤面になりながら手で顔を隠す様な行為をした。
――俺......あ、俺.....給食の時一体どうなっちまうの...?
背中から恐怖が沸いてき、頭から離れなくなる様な頭痛が少ししてきた。

5ヶ月前 No.26

S(*W∀・´)SORA=雀 @miximixyuu☆8u29v.KhVm7r ★BVl4kfEdbD_vvH

【一年B組】

「キーンコーンカーンコーン」

チャイムが鳴り響き、数学(二時間目)の授業が始まる。
そして挨拶をするとノートを開き早速問題を書き始める........問題を書き終わると乙斗の心が踊り始めた。
――この問題は難しそうだけどやり応えが有りそう...
難しくてもやり応えの有る問題にはかなり興味が有り、
何度も難しい問題に挑戦していた。
心が踊り始めると頭も活発化する。
やはりまだ自分には「騎士」の勇心が残っていたと思う。

思ったよりこの問題は簡単だったかも知れない.....。

――.........この問題が解らない人居るよね.....
簡単だったかも知れないと言えるのは自分だけかも知れないが他の人はそうとは言えない。
乙斗は心配そうにタクと咲の姿を見ていた。

5ヶ月前 No.27

S.I @soracar ★ZdX4a2Ji5C_OSy

【1-B】
「キーンコーンカーンコーン」

チャイムが鳴り響き、数学の授業が始まる。
予想通り、数学は難しい...
だが、まだわかる範囲内だ。
隣の席の乙斗は楽勝そうに解いている!
なんて奴だ!でも、ときどき僕の方を
振り向き、心配?してくれている。
一応気遣いはできる子なんだな。

5ヶ月前 No.28

S(*W∀・´)SORA=雀 @miximixyuu☆8u29v.KhVm7r ★BVl4kfEdbD_vvH

【一年B組】
タクがよく考え、問題と対面している。
そんなタクに心から応援する乙斗。そうしながら問題の解き方をもう一度考えてみた。
数学と言えば算数がレベルアップした物でありしかも中学の時よりも問題は難しくなっている。
それにも困らないよう早く正確に答えを見つけるようにしたかったのであった。

乙斗、自分は苦手な教科は無いが、優等生ではない。
正直かなりの優等生である宴やしばづきには憧れている、自分も何時か優等生になって最推しである朱魔に教えてあげたいも思った事がある。
朱魔は特に数学が苦手である為、数学の成績がオールAに成れる様努力する乙斗であった。
しかし良く考えると、怪しい気配が浮かび、肌に何かが張り付く様な気持ち悪さがしてきた。
――しばづきか.......う〜ん.....
一年C組が気になる.......
一年C組には数学が苦手である朱魔の隣にしばづきと言う優等生が居るらしい。
まさかそいつが朱魔に教えたりどでもしたら....と気になって仕方が無かった。
しかし今は授業中だ、一年C組を覗く暇なんて有る筈が無い。
乙斗は気持ちを落ち着かせると無意識にタクにこの問題について教える時だった。

5ヶ月前 No.29
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる