Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>
ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17

 
 
不思議な能力学園 パート7No.1529 だけを表示しています。

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_La8


>>会長

廬「ああ、疾風が言ってましたね。遺骨は海の底に投げ捨てたって。
  それを拾ってくださったんでしたっけ?あんな海流の処で。
  疾風も疾風ですけど、流石に酷いなとは思いましたよ。海で死ぬのが本望とは言いましたけど遺骨くらい普通にお墓に入れろって。」

そういって苦笑いする。
疾風が生き返らせてくれなければ、今の自分はいない。
疾風が死ねば、悠斗も廬も翔汰まで死ぬ。
疾風から生気を取って生きてる廬と翔汰は、知らずのうちに疾風から生気を奪い続けているのだ。
悠斗姉は、それを何とかしようとしてたけど、それは無理。
三人を最低限生かす生気は疾風から出される。
疾風の寿命を若干食いながら、生気は作られる。
そんな運命だ。


廬「骨折れたんでしたっけ?後で知りましたけど」


_______________________________

>>眠太

悠斗「あら。じゃあ今度”ゲーム”でもしましょうか」

悠斗の言うゲームは戦いの事。
戦闘脳は怖い

2017/08/23 19:38 No.1529

不思議な能力学園 パート7No.1529 だけを表示しています。
ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる