Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>

不思議な能力学園 パート6

 ( 学園ごっこ )
- アクセス(1428) - いいね!(5)

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke

ピカーッ
ゴロゴロ

吹き荒れる嵐
目の前にそびえたつ大きな、不気味な学園

「こんにちわ」

学園に見とれていると目の前にオレンジの髪の女の子がいた

「・・・やはりね」

女の子は目を細めると呟いた

「あなたはこの学園に呼ばれたの
さ、入学手続きよ」


名前
読み
性別
学年
クラス
性格
役割
容姿
能力
その他


「学年は中等部〜年
高等部〜年
言うまでのなく1〜3年
クラスはA〜D
能力は弱点を書いてね
未記入は認めないわ
私のよ」


名前 闇之 豹那
読み ヤミノ ヒョウナ
性別 女
学年 高等部3年
クラス D組
性格 クーデレ、毒舌家、ドS、腹黒、優しい、ツッコミ
役割 生徒会長
容姿 オレンジの髪に銀メッシュ、全体が肩甲骨、中心が腰下まで
   右眼に包帯撒いた紫のツリ目(目つき悪すぎる)
   綺麗でスタイルよし(兄妹曰く、胸の発達がおかしい)
破壊獣に変化した時
黒い毛並みでかなり大きな狼、学園より大きい。
目の下に赤い線が入っている。
能力 衝撃波(どこでもできるが出したい場所の風景をちゃんと思い浮かべなくては出来ない)
   驚異的な身体能力(ただし、人間なので疲れもある)
   死んだものを生き返らせる(自分の寿命が縮まる)
破壊獣への変化(制御はできるようになったが理性が飛ぶと世界を滅ぼそうと暴れる)
その他 普段はドSじゃない、女としての自覚がない


「さ、楽しい学園ライフの始まりよ
おいでーーーーーー」

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21

 
 

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ


>>会長

廬「血清が効くまではだめです!」

そういって押し止めて

廬「無茶しすぎると、血清もう一回打たなきゃなんです!」

っていいながら

8ヶ月前 No.1301

@tubasa921 ★PSVita=tOSXVPQZ86

>>廬


「!?
 廬さん!?」

 びっくりして大きな声が出た。

>>豹那


蘭「目は自分から開けたんですけどね…」

 気まずそうに言って

蘭「翔兄…!」

8ヶ月前 No.1302

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ


>>翼ちゃん

廬「本当は、あんまり甘やかすなって疾風に怒られたんだけど、顔見せてあげたいもんね…」

そういいながら手をひいて

廬「さっきのよりも性能のいいの打ちました。さっきのは、痛みを伴ってたみたいなので、改良してみました」

そういって

8ヶ月前 No.1303

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


廬》
豹那「どけよ...!」

前髪で表情を隠しながら廬の肩をつかむ。

豹那「血清ならいくらでも打て...!
苦しむだけならどうでもない!
だが、私のせいで蒼羽は痛い思いをしたんだよ...!
この程度で、寝てられるか!」

包帯が緩み、腐敗した部分が見えても
気に止める余裕もなさそうにいう。




蒼羽》
豹那「っ、蒼羽...!
返事しろよ水掛け野郎!!」

蒼羽の傍らにかけより、肩をつかむ。
同時に包帯が緩んで、端が蒼羽の頬に触れた。

8ヶ月前 No.1304

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ


>>会長

廬「会長のせいじゃないです! 僕のせいで…!」

そういって流石に差し止めて

廬「少し腐敗しちゃってますけど…血清、効果反応してますね。良かったです…。」
そういって

8ヶ月前 No.1305

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


廬》
豹那「...廬、この目は元からだ。
お前達は私をここまでしてくれた。
頑張ったんだ...」

包帯に気づき、廬の肩を離して巻き直す。

豹羅「廬、俺が見守るから大丈夫だ。
この猛獣は、全身骨折していようが立とうとするんだぜ?
このくらいじゃ死なねぇよ。

本人も、お前と蒼羽にゃ深い責任感じてんだ。
行かせてやってくれ」

8ヶ月前 No.1306

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ



>>会長


廬「ぼ、僕も行きますからね!」

そういって
彼に会いたいのは僕もなのに


廬「カエンについて…はなしを聞きたいんです。
  マークも外されちゃって…。どうしたらいいのか分からないんです。」

そういって


廬「何か知ってること、無いですか?」

そう淡々と聞いて

8ヶ月前 No.1307

高木亜生 @master12 ★Android=NM4bCi3d9h

入学します。

名前…高木亜生

読み…たかぎあき

性別…女

学年…高等部1年

クラス…1年A組

性格…優しい、気遣い上手、可愛いものが好き。

役割…図書委員

容姿…腰まである長い黒髪に三つ編みのカチューシャをつけている、肌は青白く不健康そうに見える。
前髪は長く目が隠れる長さ。読書する時だけ青のメガネをかける。

能力…精神攻撃
相手の精神の内部に入り、じわじわ苦しめる。
攻撃する度に精神を病み、ネガティブ思考に陥る。

その他…怖い話が大好き。霊感が強く、よくぼーっと何かを見つめている。
24時を過ぎると「おはよるほー」と呟く(起きていた場合)

呼びタメOKです。呼びタメOKですか?

8ヶ月前 No.1308

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


廬》
豹那「あぁ、行こう。
幾らでも話してやるよ...」

豹羅に支えられながらあるく。





高木》
豹羅「うーっし、受理したぜ。
俺は会長の双子の兄の闇之 豹羅、風紀委員だ。
会長はちょーっと今保健室でな。
会いたいならあとで案内するぜ。
ま、よろしく」


【宜しくお願い致します。
どうぞご自由にお呼びください】

8ヶ月前 No.1309

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ



>>亜生

疾風「新入りちゃん? 可愛いじゃない」

そういって顔をわざとらしく見上げる眼帯を付けた膝裏まである長い髪をストンとおろした少女が声を掛ける

廬「新入りさんですね」

アッシュグレーのマッシュボブで、前髪ぱっつん。耳に大きな弾のタトゥーが入っている。
細く、華奢な手足と大きなパーカーを羽織っているせいでより華奢に見える。少女だが、一見すると少年にも見える

入矢「新入りさんですね…」
   アッシュグレーのアシンメトリーで、片目を隠している。耳に大きな弾のタトゥーが入っている。
   185cmの大柄な体に似合うようにかわからないがピアスを開けている青年。

奏葉「はいはーい。よろしくね?」
   白銀の髪を少年らしい長さに揃えて切りそろえている。瞳は碧眼
   左手は獣のような手になっている。色は白い。耳が生えている。この子は少年だ


疾風「時の一族っていう仲間なんだ。よろしくな?」

そういって手を伸ばして

8ヶ月前 No.1310

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ



>>会長


廬「疾風と闇くんが知りたがってましたから…」

そういって歩いて行って

8ヶ月前 No.1311

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


廬》
豹那「そうか...」

豹羅「おい、お前らあんまり新入りいびるなよ?」

豹那「テメェが言うな」

8ヶ月前 No.1312

高木亜生 @master12 ★Android=NM4bCi3d9h

>>豹那さん


「はい、ありがとうございます。会長さんは体調でも思わしくないのですか?」

>>時の一族さん達


「はい、これからここでお世話になる高木亜生と申します。」

手を伸ばし握手をする。

8ヶ月前 No.1313

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


高木》
豹羅「ま、そんなとこだ。
前回の戦闘で著しく負傷したんだ。
まぁ、全身骨折していようが立とうとする女だ。
あの程度じゃ折れねぇ。

逢いてぇのか?」

8ヶ月前 No.1314

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ



>>会長、豹羅


疾風「あ?」

廬「はあ?」

入矢「あ?」

奏葉「はあ?」

そういって首をかしげて


>>亜生

疾風「よろしくね」

廬「あ、入矢兄さんと奏葉は消えてっちゃいましたけど…。」

そういってきょろきょろとして

8ヶ月前 No.1315

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


疾風たち》
豹那「クセ強いなアホ一族!!」

豹羅「確かに、初見はビビるな...」

8ヶ月前 No.1316

高木亜生 @master12 ★Android=NM4bCi3d9h

>>豹羅さん


「そうですか、戦闘で負傷してしまったのですね。逢いたいと思っていますが、また生徒会長さんが元気になって時間に余裕ができた時逢いたいと思います。治療が優先だとおもうので…。」

では、寝ますね。

おやすみなさい。

8ヶ月前 No.1317

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke

高木》
豹羅「気遣い上手だな。
ま、報告はしとく。
いつでも待ってるだろうよ」

【お疲れ様でした、おやすみなさい】

8ヶ月前 No.1318

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ



>>会長、豹羅


疾風「流石に言われたら毒を吐きますよ」

廬「へえ?」

入矢・奏葉「…」


【寝落ちしますおやすみなさい!】

8ヶ月前 No.1319

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


疾風たち》
豹那「現実クセ強いだろお前ら」

豹羅「クセっつーか根本だろ」

虎幸「確かにね」

竜也「気も強ぇし」

狼華「...多分だけど、私らクセの強さは人の事言えない...」


【お疲れ様でした、おやすみなさい】

8ヶ月前 No.1320

@tubasa921 ★PSVita=tOSXVPQZ86

>>豹那


翔沱「ひ、かり…」

蘭「魘されてるみたい。
 魔されてるのかも。」

 翔沱の目から流れた青い涙。

>>廬


「ありがとうございます。」

 お礼を言うと走り出す。
 真っ赤な景色が嬉しく思えた。

>>高木


「白羽翼といいます。
 目と耳が使えないので、会話は手でお願いします。」

 ペコリと頭を下げる。
 高木の顔さえ見れない、声も聞こえない。

8ヶ月前 No.1321

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


蒼羽》
豹那「こ、んの...!」

蒼羽の胸ぐらを掴み、無理矢理抱き起こす。

そのまま、頭突きを食らわせた。

豹那「蒼羽ァ!!」

8ヶ月前 No.1322

@tubasa921 ★PSVita=tOSXVPQZ86

>>豹那


蘭「ちょ、豹那さん!」

 ガラガラ
 ドアが開いて、現れたのは翼。

翼「大丈夫ですか!?
 今、治癒しますね!」

8ヶ月前 No.1323

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


翼》
豹那「返事しろよ...頼むから...!!」

包帯が床に落ちた。

豹羅「...限界、ってとこだな。
いつ発作が起こるとも知れない。
豹那、もう帰るぞ」

豹那「ぎゃっ!?」

俵担ぎされる豹那。
包帯を残したまま、退室していった。

8ヶ月前 No.1324

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ



>>会長たち

疾風「うん。会長たちのが癖強くない?」

廬「性格の悪さは認めますけど…」



>>翼ちゃん


廬「走って行かなきゃ!」

そういって手を持ったまま歩き出した

8ヶ月前 No.1325

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


疾風たち》
狼華「まぁ、こっちも控えめにいってごろつき...」

豹那「狼華目玉えぐるぞ」

狼華「ごめんなさい!!」

8ヶ月前 No.1326

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ



>>会長たち


疾風「会長怖い怖い」

廬「僕たちと戦って死なないだけでもずいぶんと化物((」

疾風「それ以上は言ってはいけない」

8ヶ月前 No.1327

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


疾風たち》
豹羅「ほんと、それ以上言ってはいけねぇ」

豹那「ここの会長やり続けてる、とだけいっとく」

8ヶ月前 No.1328

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ



>>会長たち


疾風「俺らだって散々チートだのなんだの言われてただろ(作者が面倒で弱点書いて無いだけです)」

廬「まあ、いいじゃないですか。」

そういって

8ヶ月前 No.1329

@tubasa921 ★PSVita=tOSXVPQZ86

>>豹那、廬


「使えるか分からないけど…」

 手を重ねて目を閉じる。
 ふわり、と白い翼が現れた。

「翔兄…目を覚まして。」

 翼で包み込むと、眩い光に包まれた。

翔沱「っ…」

 開かれた青い瞳。

8ヶ月前 No.1330

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ



>>翼ちゃん、翔佗

廬「…起きましたか…?」

そういって不思議そうに微笑む

廬「起きてください…」

そういって

8ヶ月前 No.1331

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke

疾風たち》
豹那「はぁ...」

豹羅「豹那もうモノホンの化け物だろ」

豹那「そんな化け物丸出しの目してる兄さんに言われたくないわね。
兄さん歯抜くわよ」

豹羅「この病人こえぇ!」

狼華「久々のドS豹姉!!」




翼》
豹那「...!
翼の気!!」

豹羅「戻るぞ!」


ガラッ


豹那「蒼羽!!」

8ヶ月前 No.1332

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ



>>会長


疾風「会長怒ってるこわーい」
そういいながら浮上してって

廬「ぼ、僕は何も言ってないですからね…?」

8ヶ月前 No.1333

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


疾風たち》
豹那「疾風テメェ..おぼえとけよ...」

豹羅「廬、お前は悪くない」

8ヶ月前 No.1334

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ



>>会長

疾風「まあ、本気でやりやしませんて」

そういいながら眼帯を外すちょっと前の動きをして

廬「ぼ、僕物凄く逃げたいんですが…?」

8ヶ月前 No.1335

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


疾風たち》
豹那「そりゃ、死人でてたまるかよ」

豹羅「うん諦めろ」

8ヶ月前 No.1336

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ



>>会長たち

疾風「一応、まだ病人なんだから寝ときなって」

廬「逃げれないならワープすればいいんですかね?」

そういいながら空間を作って

8ヶ月前 No.1337

@tubasa921 ★PSVita=tOSXVPQZ86

>>廬


翔沱「…頭、痛い。」

 小さな声で声を掛けて、辺り見渡す。

「翔兄、大丈夫?」

 頷いた翔沱に安堵する。

>>豹那


「豹那さん、翔兄目覚めました。」

 柔らかく微笑んで、椅子に座った。

8ヶ月前 No.1338

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ



>>翼ちゃん、翔佗

廬「生きてる…?」

そういって見上げて

廬「秘術、成功したんだね…。良かった。他の子達もきっと喜んでくれるよ…」

そういって笑って

8ヶ月前 No.1339

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


疾風たち》
豹那「...蒼羽が、起きたらな」

豹羅「オイオイ...」




翼》
豹那「...!」

口許を手で覆った。
そこでやっと、包帯を忘れてきたのに気付いた。

豹那「...しょうがねぇからなー。
包帯を取りに行くついでに、ついでに!
蒼羽見に行くか」

豹羅『...豹那、いくってよ』

8ヶ月前 No.1340

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ



>>会長

疾風「起きたみたい…ですよ?」

そういって頭の中を巡らすように会話しているようにも見える

廬「行きましょう!」

そういって走って行った

8ヶ月前 No.1341

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


疾風たち》
豹那「包帯忘れてきたからな!
ついでだついで!
包帯の、ついでに!蒼羽見に行くか!」

8ヶ月前 No.1342

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ



>>会長

疾風「素直じゃない奴…」

とか言いながら走って長い髪を靡かせる

廬「行きますよ!?」

とかいいながらもたもたとしながらも走る廬

8ヶ月前 No.1343

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


疾風たち》
豹那「うっせ!」

豹羅「豹那!!」

8ヶ月前 No.1344

翔沱 @tubasa921 ★PSVita=tOSXVPQZ86

>>廬


翔沱「俺ら、生き返れたんだな。」

 廬の心臓に手を当てて、実感する。

翔沱「…もう一度、やり直さないか?」

>>豹那


翔沱「会長、包帯。」

 包帯を渡す。
 眼鏡をかけると、伸びをした。

翔沱「俺が居ない間に変わったことは?」

8ヶ月前 No.1345

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


蒼羽》
豹那「おっせぇんだよこのアホんだらァァアア!!!」

相手が病人であろうと構わずラリアットをいれる。
包帯は豹羅が受け取った。

豹羅「ックク...。
変わったことか...。
翼が...目と耳、使えなくなったんだ...。
あと、豹那が...毒のせいでちょーっとな」

豹那「濁すひつよ...っぐっ...!!」

8ヶ月前 No.1346

翔沱 @tubasa921 ★PSVita=tOSXVPQZ86

>>豹那、豹羅


「いてぇんだよ、ふざけんなぁぁぁ!」

 水をぶっかけ、ベッドから立ち上がる。

「翼が…翼の秘密分かったんだ。
 会長が毒って大丈…って会長!?」

 瞬時的に豹那の体を支える。

「な、何?
 まさか、これが言ってた毒?」

8ヶ月前 No.1347

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


蒼羽》
豹羅「今は話はあとだ!」

豹那「っ...!
い、い...気にせず...つづけ、てろ...!」

部屋着の胸元を掴み、荒い息のまま扉に向かう。

豹那「み、ずかけ...や、ろうが...生き返ったのが確認できた....。
それで、い.....」

それ以上は言わず、退室して部屋に向かい壁伝いに歩く。

豹那「雪兎に...みせ、られない...」

8ヶ月前 No.1348

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ



>>会長


疾風「やれやれ」

廬「目を、覚ましたみたいです…」



>>翔佗

廬「…やり直そう? 出来るかな? 僕たち。一回間違えて死んじゃってるんだよ…?」

8ヶ月前 No.1349

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


疾風たち》
豹羅「何だかんだ嬉しくてはしゃいだんだよ。
しかし点滴してなくて良かった...引き抜くぞあいつ」

8ヶ月前 No.1350

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ



>>会長

疾風「はしゃぎすぎも良くないけどな」

廬「引き抜かせないようにちゃんと押さえつけますけどね」
そういって笑って

8ヶ月前 No.1351

翔沱 @tubasa921 ★PSVita=tOSXVPQZ86

>>豹那


「おい、会長!?
 そんな体のままで出たら、お前…」

 止めたところで、素直に止まる奴じゃない。
 諦めて、白衣を纏った。

「俺が追い掛けに行く、二人で話がしたい。
 着いてくるんじゃねぇぞ、シスコン。」

 豹羅に釘を刺しておく。

>>廬


「全部片付いたら、きっと。
 約束する。」

 物語を最初から紡ぎ始めよう?

8ヶ月前 No.1352

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


廬》
豹那「恐ろしいこと言うなー!」




蒼羽》
豹羅「ちょ、オイ!」

何故病み上がりの連中は動き回るんだ?

豹羅「...妹、か.....」

8ヶ月前 No.1353

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ



>>翔佗

廬「…それは信じていいのかな? 僕、人間の時と同じ思いをしていいのかな…?」

物語を最初から、初めから。やり直せたなら。いいのにな。
僕の罪が消えるわけでは無いけれど



>>会長

廬「え。だって、危ないじゃないですか…?」

8ヶ月前 No.1354

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


廬》
豹那「お前...。
お前のやろうとしてることのが危ない気がするぞ...」

8ヶ月前 No.1355

翔沱 @tubasa921 ★PSVita=tOSXVPQZ86

>>豹那


「会長!
 お前、麻薬にでも手を伸ばしたのか。」

 いつか、聞いたことがある。
 能力者を狂わせる特殊な麻薬があって、それを摂取した能力者は突然発作を起こすって。

「…会長、ふざけんなよ。」

>>廬


「過去は変えられない。
 全部水に流して、新しい未来を紡ぐんだ。」

 似合わない台詞を言った。
 恥ずかしい。

8ヶ月前 No.1356

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ



>>翔佗

廬「僕たちは、過去にもとどまっていられるんだよだって…」

廬「それでも、君の隣にいていいのかい…?」



疾風「ちなみにお前会長がいつも食ってたリンゴ知ってるだろ?
   あれに微量の魔力と毒が入ってたんだよ。」


そういって釈明して

8ヶ月前 No.1357

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


蒼羽》
豹那「あ、蒼羽!?
な、んでくるんだ...!
戻れ病人!!」

苦しいのをこらえ、いつものバカにした笑みを浮かべてやる。

豹那「不可抗力だ...よ...。
まさに灯台もと暗し...いや.....。
...そうだ、私は、麻薬に手をのばした...ストレス発散でな」

こう言えば...こいつは私を軽蔑し近寄らないよな。
人の事ばっか気にしてんじゃねぇよ...。

豹那「林檎に...毒の種が仕込まれていたのをしって...。
いつか爆発するように、食い続けてやったんだよ...。
だから、これは...望んだ結果だ...」

8ヶ月前 No.1358

翔沱 @tubasa921 ★PSVita=tOSXVPQZ86

>>廬


「嗚呼、勿論。
 玲於奈はお前を歓迎するぜ?」

 眼鏡を外す、その瞬間ナイフのように鋭利だった瞳が柔らかくなった。
 光を見つめている。

「…光。」

>>豹那


「嘘つくんじゃねぇよ、単細胞。」

 吐き捨てるように毒付く。

「お前が、生徒を想っていたなら、それは裏切りだ。
 本当の事を話せ、言わないなら此方にも考えがある。」

8ヶ月前 No.1359

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ


>>翔佗


廬「昔の名前はあんまり出さないで。もう僕は…時の一族になってるんだから。」

廬「廬ってつけてくれた疾風に申し訳ないから。」

そういって失笑して

8ヶ月前 No.1360

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


蒼羽》
豹那「たんっ...!?」

カチンッ

豹那「っ...今のが全部...真実だ...。
あばよ...」

早く、部屋に。
一人になりたい。

8ヶ月前 No.1361

翔沱 @tubasa921 ★PSVita=tOSXVPQZ86

>>廬


「時の一族か…」

 素敵な名前があって羨ましい。

「俺はさ…
 玲於奈は母親がつけて、翔沱は朱雀。」

>>豹那


「そうか、じゃあ要らないな。
 生徒の気持ちを考えない生徒会長なんて、お飾りだ。
 必要ない、代わりは沢山いる。」

 刺すような視線で豹那を見ながら、冷たく言い放った。

「そうだろう、”前”生徒会長?」

8ヶ月前 No.1362

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


蒼羽》
豹那「残念だが...世代交代はまだまだだ...」

それ以上言うことはない、と歩みを進める。
蒼羽の視線が背中に突き刺さる。

著しく痩せたせいで、右の薬指につけていた指輪が抜けて地面に落ちた。
だが、それにも気付かず歩く。
指環はころころ転がり、蒼羽の足元で止まった。


キィッ

やっとの思いで部屋にたどり着いた。
部屋に鍵をかけて、扉に背中を預けながら座り込んだ。
同時に痛み、吐き気。

豹那「せ、めん...!」

8ヶ月前 No.1363

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ



>>翔佗


廬「ぼ、僕たちは仲間じゃないですから…」

たじたじになりながらそういって

廬「光って名前はお母さんが付けてくれたものだけど。廬って名前は疾風作。」

8ヶ月前 No.1364

翔沱 @tubasa921 ★PSVita=tOSXVPQZ86

>>豹那


「見損なった。」

 指輪を拾い上げると、溜め息を付いた。
 そして、白衣のポケットに押し込む。

「リングか…」

 また大きな溜め息を付いた。

>>廬


「そうか…」

 何とも言えない気分だった。
 名前か…

8ヶ月前 No.1365

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


蒼羽》
豹那「っが...!ゴホゴホッ!!!」

その場にうずくまり、激しい咳と嘔吐感を我慢する。
這いつくばりながら洗面台にたどり着いて、顔を埋める。
体の中を這いまわるような、突き刺すような激しい痛みと、嘔吐。
いったいどのくらい体重が減ったのだろうか?

豹那「ッハハ...ダイエット、せぇーこぉー...」

鮮紅色の血を吐きながら呟く。

忌み嫌われ、疎まれ、それでいい。
深く関わりすぎただけ。

豹那「...ゆきとぉ...」

8ヶ月前 No.1366

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ



>>翔佗


廬「名前とかからに関しては僕は何も言えません…」

しょぼんとした顔で言って

廬「やり直せても。何度時間を戻せても。疾風の秘術でまた生き返れたとしても。
  僕たちは。やりなおせるのかな?」

そういってウィンチェスターを構えて

廬「もう一度、死に直そう?」

そういってそのウィンチェスターを自分の心臓にあてて

8ヶ月前 No.1367

翔沱 @tubasa921 ★PSVita=tOSXVPQZ86

>>豹那


 コンコンッ

翼「豹那さん?お邪魔します。」

 部屋に入った時の異臭。

翼「っ…豹那さん?」

 状況が分からないのが怖すぎる。
 血の匂い、それに…
 鼻がもげそうな刺激臭。

翼「だ、大丈夫ですか?」

>>廬


翔沱「死んでもいいよ、別に。」

 死の恐怖なんてない。
 だって、何回も死んでるんだから。

8ヶ月前 No.1368

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


翼》
豹那「ガアアアア....!!!」

翼が入ってきたのにも気付かず
頭を抱えてもがく。
突然激痛が走り、自分のものではない記憶が流れ込んできた。
炎と、血と、暴力と、異臭。
それだけが記憶をしめている。

豹那「ッグ...!!
お、ねぇ...ちゃん...!!」

8ヶ月前 No.1369

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ



>>翔佗


廬「あなたは…私と死んだはずなのに」

そういって涙を流しながら

廬「僕は生き返っちゃいけないんだった。」

廬「歴史を変えちゃいけなかった」

そういいながら

廬「翔佗は生きて。疾風の秘術が嘘見たくなっちゃうから」

そういって引き金を引こうとリロードをする

8ヶ月前 No.1370

翔沱 @tubasa921 ★PSVita=tOSXVPQZ86

>>廬


「一人で逝くなッ!!」

 珍しく体が感情で動いた。

「置いてくな、俺を。
 一緒に居ようって言ったのは廬じゃないか…。」

 無理矢理、ウィンチェスターを奪い取った。

>>豹那


 タタタタッ

翼「ここですか!?豹那さん!!
 ここにいるんですか!?」

 血の匂いが翼の中の悪魔の血を騒がせた。

翼「…」

8ヶ月前 No.1371

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ



>>翔佗


廬「一緒に居たくても私は…!」

そういいながらリロードをもう一回する。

廬「返して…!」

そういいながらウィンチェスターの顕現をこっちに戻そうとして

8ヶ月前 No.1372

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


翼》
豹那「...!
翼...!」

やっとその存在を認識した。
立ち上がるのも億劫なまま、這いつくばって翼の手をとる。

豹那「か、え...れ...」

翼の手のひらに文字をかいた。

8ヶ月前 No.1373

翔沱 @tubasa921 ★PSVita=tOSXVPQZ86

>>廬


「やだ、廬と一緒がいい。」

 彼には珍しく我儘を言う。
 ウィンチェスターを上に持っていて、長身のせいで廬は取れない。

「生き返って、折角一緒になれたんだから。」

>>豹那


翼「帰りませんッ!」

 そのまま豹那に抱き付く。
 柔らかく微笑みながら。

8ヶ月前 No.1374

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


翼》
豹那「...!」

翼の温もりに、目を見開く。
だが、同時に謎の記憶が暴れて
破壊獣の赤黒いオーラが溢れ出す。

豹那「ッグ...!!
だめだ...!は、なれろ...!」

いつもの非ではない、弱い力で翼の胸を押す。

8ヶ月前 No.1375

@tubasa921 ★PSVita=tOSXVPQZ86

>>豹那


「嫌です…もう失いたくないんです。」

 豹那の弱々しい力に驚愕した。
 私が犠牲になっても助けなくちゃッ…

「動かないでください。」

 背中に柔らかい翼が現れた。
 その翼で豹那を包み込む。

「豹那さん、どうですか?」

8ヶ月前 No.1376

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ



>>翔佗

廬「浮遊能力くらいあるもん」
そういいながらジャンプしても届かない分を浮遊して
しかし、力の関係でうまく取れない

廬「一緒になれても、疾風の事が好きなんじゃなかったの!?」
そういいながら取ろうと手を伸ばして

8ヶ月前 No.1377

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


翼》
豹那「!?」

翼に、包まれる。
だが、赤黒いオーラは止まらず
豹那に憎悪を刻み付ける。

豹那「だ、め...!」

爪がのびはじめた震える手で翼の手を掴み
自分の口許に当てて言葉を読み取らせる。

豹那「だ、ぃじょー...ぶ...。
蒼羽に、怒られるから...戻れ...大丈夫だから...!」

最後は懇願するようにいって、尾で翼を押し出して鍵とチェーンをかけた。

8ヶ月前 No.1378

@tubasa921 ★PSVita=tOSXVPQZ86

>>廬


翔沱「説明不足だな。
 ごめん、ごめん。」

 苦笑しながら、頭を下げて

翔沱「疾風にはバッサリフラれたし、玲於奈は廬が大好きなんだ。
 俺の中での玲於奈の意志が強まっているしな。」

>>豹那


翼「なんで…なんで、頼りにしてくれないんですか…!
 わたしが…!わたしが役たたずだから!」

 役たたずじゃ…
 でも、じゃあなんで豹那さんは私に頼ってくれないの。

翼「ヤクタタズ ナンカ ジャナイ!」

 黒い”翼”、黒い白眼に赤い瞳孔。
 黒いワンピース。

8ヶ月前 No.1379

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


翼》
豹那「違う!!」

もしかしたら、翼には声が聞こえていないかもしれない。
なら、と、尾を鍵の隙間からのばし翼を包み込む。

豹那「今...じゃ...!
おまえを...傷付けちゃうんだ...!
暴れてんだよ...すべてが...!
もう...自分以外の血は流したくないんだ...!!」

包帯がほどけて、真っ赤な涙を流しながら
吐き捨てるように、言い聞かせるように
自分に刻むように言う。

8ヶ月前 No.1380

@tubasa921 ★PSVita=tOSXVPQZ86

>>豹那


「触らないで!」

 彼女の指が尾に触れると、尾に熱が走る。
 自分の意志とは違う行動に苦しむしかない。

「嫌、嫌、嫌…」

 血の涙を流す。
 赤い視界の中、一人な気がした。

8ヶ月前 No.1381

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


翼》

嗚呼、私のせいだ。
また私のせいでこの子は苦しんでいる。

痛いよね、翼。
苦しいよね、翼。
辛いよね。

豹那「っ...」

もう、私では...。

豹那「...は...!」

私を憎んでいい。
翼のために...!

豹那「蒼羽ぁあああ!!!!」

8ヶ月前 No.1382

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ



>>翔佗


廬「だって闇君いるじゃん…疾風には。
  ラブラブだからね…。」

そういって先ほどの情事をチラ見してたかのように行って

廬「僕の事好きでいていいの?」

そう聞いてる最中だった。最悪の事態が起きたのは

廬「悪魔!? 翔佗! 御免討伐しに行かなきゃ…」

そういって


>>翼ちゃん


疾風「本当に、この時が来るとは思ってなかったよ…」

入矢「執行対象として認識します。」

奏葉「んとね、じゃあ。お姉ちゃんじゃくって悪魔。殺す。」

そういって廬と同じウィンチェスターライフルを持って

8ヶ月前 No.1383

@tubasa921 ★PSVita=tOSXVPQZ86

>>廬、豹那


翔沱「悪魔!?」

 廬の後を駆けていく。
 翼が悪魔になったって、守り切れなかった。

翔沱「疾風、少し待って!」

 瑠璃色に輝くナイフ。
 翼の黒い”翼”にナイフを入れた。

 翼の体から黒い”翼”が舞い落ちて、翼の姿は元に戻った。

翔沱「俺の母親と朱雀の母親、翼の父親は兄弟なんだ。
 三人共悪魔で、俺達子供に対処法を教えてる。」

 眠っている翼を抱き上げて

翔沱「視覚と聴覚を前回払ってるから、多分今回は記憶ってとこ。」

8ヶ月前 No.1384

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


翼》
今の私は、尾で翼を押さえるのが精一杯だ。
少しでも気が抜けば、記憶が暴れ変化してしまう。

暴れるのは真っ平だ。

豹那「おねえちゃん...たすけて...!!」

8ヶ月前 No.1385

翔沱 @tubasa921 ★PSVita=tOSXVPQZ86

>>豹那


「会長。」

 翼を抱きかかえた翔沱が、ドアを蹴破って入ってきた。
 目に冷たい炎を宿して。

「…しばらく、学園を離れたほうがいい。
 静かなのどかな田舎で、療養した方が学園の為だ。」

 先程の荒ぶった様子はなく、落ち着いたいつもの翔沱だった。

8ヶ月前 No.1386

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ



>>翔佗、会長

廬「あ…気配が消えた…?」


疾風「ちっ…悪魔の血があれば会長を治すの出来るからチート使ってでも勝とうと思ってたのに…」


疾風「会長。お願いだから休んでくれ。俺が代理の会長をやる。」

そういって目をつむって
廬の力でワープをさせてもらった。

8ヶ月前 No.1387

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


蒼羽、疾風》
豹那「っな...!」

蒼羽の目は、口にこそしないが言っていた。

学園から出ていけ、これ以上翼に迷惑をかけるな、と。

そうだ。
私はずっと迷惑しかかけていない。
それでも、悲しい。

出ていけ、か。

豹那「...いいさ、出ていってやるよ。
お前らの顔見ない方が私も早く療養できる。」


コンコンッ

豹那「...ん?
鳩...?」

ふと、窓を叩く鳩に目をやった。
足に何かくくりつけている。
伝書鳩か。

豹那「ほら...もういいよ、おかえり」

鳩から文をとって、その子は返した。
今は読む必要もないな。

豹那「...疾風たち、指定する場所に飛ばしてくれ。
代わりは兄さんにやらせるから。
兄弟たちには、起きたときいって」

8ヶ月前 No.1388

翔沱 @tubasa921 ★PSVita=tOSXVPQZ86

>>豹那、疾風


「エスミレンタという遠国にレイ・セナウィスという知り合いがいる。
 …会長も勿論知っているだろう?
 彼が会長の療養の手助けをしてもいいと。」

 レイなら、きっと大丈夫。
 会長を助けてくれる。

「疾風、翼を養護室に運んでくれる?
 多分、記憶が失われてるから上手く…頼む。」

 翼抱き渡して言った。

8ヶ月前 No.1389

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


蒼羽》
豹那「!!!嫌だ!!!
あの人のとこには行かない!!
師匠のとこでいい!!」

激しい抵抗と、鋭い視線で蒼羽を射ぬく。

豹那「師匠の...兄さん達のもとでいい...!!」

8ヶ月前 No.1390

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ



>>会長、翔佗


疾風「飛ばすのは構わないが俺の系列の病院にしようと思ってたが…?」

廬「兄弟さんたちにはそう伝えときます…。」

疾風「翼ちゃんを部屋に運んでおいて、寝かせとくよ。」

そういって一瞬でワープして翼ちゃん寝かせて戻ってきて

8ヶ月前 No.1391

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


疾風たち》
豹那「いい...。
師匠のとこでいい。
病院なんざもう真っ平だ」

準備も終わり、疾風の前にたつ。

豹那「...実ヶ崎谷の先の草原にたってる家の前だ」

8ヶ月前 No.1392

翔沱 @tubasa921 ★PSVita=tOSXVPQZ86

>>豹那


「…そうか。」

 流石に堪えるだろうか。
 俺もあんまり良い考えだとは思わないが。

「そこの城にいるエスレィティナっていうお嬢が!
 お前に会いたいんだって!」

>>疾風


「起こして来てくれる?
 診断もしてくれると助かる。」

 廬に向き直って言う。

8ヶ月前 No.1393

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ


>>会長


疾風「今回の事で反省してなかったのか? また騙されたら困るって言ってるんだ。」

そう真面目な顔でいって

疾風「少しは後先を考えろ」



≫>翔佗、翼ちゃん

疾風「了解だ。」

疾風はそういうとワープしていった

廬「ぼ、僕に何か用?」

びくつきながら言って

8ヶ月前 No.1394

翔沱 @tubasa921 ★PSVita=tOSXVPQZ86

>>疾風


翼「ぁ…頭いた、い…
 ここど、こ…?」

 わかんない、頭が真っ白。
 何も真っ暗だし、音一つ聞こえない。
 何も覚えてない。

翼「ひ、とり?」

8ヶ月前 No.1395

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ



>>翼ちゃん

疾風「こんにちわって言っても聞こえないし分からないか。」

手のひらを取って文字を書く

疾風『ここはお前の私室だ。俺の名前は疾風という。』

8ヶ月前 No.1396

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


蒼羽》
豹那「!!
...私にあう資格はない」

例え望んでいようと....。





疾風》
豹那「疾風...病院が安全と思うなよ。
師匠のとこの方が安全だ。
誓ってやる」

8ヶ月前 No.1397

@tubasa921 ★PSVita=tOSXVPQZ86

>>疾風


「はやて?」

 聞き慣れない名前に小首を傾げる。
 ただ、クエスチョンマークが浮かぶだけ。

>>豹那


翔沱「逃げてほしくなかった。
 会長…彼女に向き合って上げないと可哀想だよ。」

 会長だって、弱い部分もある。
 でも…!!

8ヶ月前 No.1398

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


蒼羽》
豹那「お前に何がわかる?」

自分でも驚くほど低い声が出た。
ぎょろっと蒼羽を見つめながら呟いて、はっと気がつき慌てて訂正した。

豹那「違う...。
今のは私じゃなくて...いや私だが....。
兎に角、そこまで言うならそうする....。

ダメ会長からの願いだ。
翼を頼んだ」

って、私にこういう資格はないか。
こうなったのはすべて、私のせい。

8ヶ月前 No.1399

翔沱 @tubasa921 ★PSVita=tOSXVPQZ86

>>豹那


 少しずつ信頼していたものが崩れている気がした。
 あの頃に戻れない気がした。
 もっと、活気があって幸せが満ちていた頃には。

「…翼は、疾風に任してる。
 だから、きっと大丈夫。早く療養して、抱き締めてやれよ。」

 気が利いたことは言えないが…
 俺なりの励ましだ。

8ヶ月前 No.1400


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21

 
 
レスが2000件を超えました。
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>