Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>

不思議な能力学園 パート6

 ( 学園ごっこ )
- アクセス(1354) - いいね!(5)

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke

ピカーッ
ゴロゴロ

吹き荒れる嵐
目の前にそびえたつ大きな、不気味な学園

「こんにちわ」

学園に見とれていると目の前にオレンジの髪の女の子がいた

「・・・やはりね」

女の子は目を細めると呟いた

「あなたはこの学園に呼ばれたの
さ、入学手続きよ」


名前
読み
性別
学年
クラス
性格
役割
容姿
能力
その他


「学年は中等部〜年
高等部〜年
言うまでのなく1〜3年
クラスはA〜D
能力は弱点を書いてね
未記入は認めないわ
私のよ」


名前 闇之 豹那
読み ヤミノ ヒョウナ
性別 女
学年 高等部3年
クラス D組
性格 クーデレ、毒舌家、ドS、腹黒、優しい、ツッコミ
役割 生徒会長
容姿 オレンジの髪に銀メッシュ、全体が肩甲骨、中心が腰下まで
   右眼に包帯撒いた紫のツリ目(目つき悪すぎる)
   綺麗でスタイルよし(兄妹曰く、胸の発達がおかしい)
破壊獣に変化した時
黒い毛並みでかなり大きな狼、学園より大きい。
目の下に赤い線が入っている。
能力 衝撃波(どこでもできるが出したい場所の風景をちゃんと思い浮かべなくては出来ない)
   驚異的な身体能力(ただし、人間なので疲れもある)
   死んだものを生き返らせる(自分の寿命が縮まる)
破壊獣への変化(制御はできるようになったが理性が飛ぶと世界を滅ぼそうと暴れる)
その他 普段はドSじゃない、女としての自覚がない


「さ、楽しい学園ライフの始まりよ
おいでーーーーーー」

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21

 
 

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

6ヶ月前 No.1

@tubasa921 ★PSVita=UOUWZodmh9

名前  白羽 翼
読み  シラハ ツバサ
性別  女
学年  高等部2年
クラス A組
性格  ポワポワしていて、ド天然。
    人見知りなところもあるが、なついた人にはなつく。
    優しくて常にニコニコしている。
    自分より人を大切にしている。
    そのため、よく天使と言われる。
役割  手芸部
    炊事係
容姿  天然パーマの白髪は最近、のびてきたので桃色のリボンで二つに結っている。
    美人とうよりは可愛いという顔。
    白い肌にやや垂れ目な優しげな桃色の瞳。
    小柄で華奢。
    制服である黒セーラーが壊滅的に似合わないため、白のカーディガンで誤魔化している。
能力  人の心が読める、脳に直接話し掛けられる(読みたくないことも分かる。
    従兄弟とのテレパシー(従兄弟のみ
    白く柔らかな"翼"を持っていて、はためかせることで治癒の力が手にはいる
弱点  攻撃が出来ない
その他 一人称「私」二人称「○○さん」
    誰にでも敬語。
    甘いものが大の苦手。
    風紀委員長と恋愛関係を築いている。

6ヶ月前 No.2

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_81E


「ここでもよろしっくな」

名前 工藤 疾風
読み クドウ ハヤテ
性別 女
学年 高等部一年
クラス A組
性格 ただだただ面倒くさがりで、面白がり。自己中心的に動くため、基礎的な良心等は皆無。ちなみに男勝りで基本的に言葉遣いが男。
役割 観察者(ただただ世界を見続けるというだけのもの。国はすべてつながっているという点。自分は結末をしっているというデメリットもある。)
容姿 漆黒の髪に血のようなくすんだ赤のメッシュを入れてる。髪の長さは膝の辺りまで伸びた。
   釣り目の丸目で、瞳の色は片方は漆黒、片方は黄金色で光り輝いている。(高校になってから治らなくなったので常に眼帯を着用)
   身長が160.服はだぼっとしたシャツにこれまただぼっとした大きなパーカー。制服のスカートは短く折っている。
   因みに男子用のネクタイを無断着用している。女子のリボンは息苦しいからしない。
能力 雷を操る。
  (基本的に電子を操るのでイオン効果を用いて浮上や迎撃なども可能。ただし。フルパワーは眼帯を外さなければならない上、体には傷が増えるので好まない。)
   治癒能力(自分の電子を用いた応用術。これを使うのには眼帯を取る必要性はないが、体に疲れは残る。)
   刀使い・銃使い・武術(これはただたんなる使い物。なので能力でもなんでもない。使用制限なども想定の範囲内である。)
その他 チュッパチャプス・ゲーム愛好家。普段はだるがらみしていることも多い。


「ふふ、僕からの自己紹介です。受け取ってくださいっ」

名前廬
読み いおり
性別 女
学年 三年
クラス C組
性格 阿呆なくらいのド天然で、少しばかり毒舌が入っている。少し、男嫌いの気があり、目つきが怖い人が苦手
   ただし、多重人格で、執行者としての役割を果たすときは口調が「私」に代わり、
   容赦なくその手に現れたウィンチェスターライフルM1895を消す能力と合わせるようにしてぶっぱなつ危険人物
   疾風よりも裏表が激しく、過去に愛した少年のことが今でも忘れられない。
   だから、少年のことを聞いたりするといらいらとする。
役割 観察処分執行者(疾風は観察者なので基本的に何も出来ないが、執行者なので、いつでもそいつを処分できる)
容姿 アッシュグレーのマッシュボブで、前髪ぱっつん。
   耳に大きな弾のタトゥーが入っている。細く、華奢な手足と大きなパーカーを羽織っているせいで
   より小柄に見える。左手の薬指には銀の指輪がされている。(婚約者がいたらしい)
能力 時を駆け抜ける(これは無制限にできる)、
   チートだが、時を乱すものが表れたら(破壊するものが表れたら)容赦なしにそいつの存在を無かったことにできる能力
   (これは使うことがほぼできない。)
   新たな時空間を作る(喧嘩向きではない)
   空気を作る。(空気を使った攻撃ができる、もちろん浮遊もできる)
その他 普段は小型のバレッタナイフを愛用。酒に弱い。酔拳の使いて。
    ただし、戦うときは私に一人称が変わるガンモーガー。普段酒を飲まずに戦うときは不思議な柔術を使う
    タバコ愛用。基本的にセブンスターを疾風同じく愛用

「阿呆な廬を放置できずうずうず……。すみません。貴方のことも執行対象者として扱わさせていただきます。」

名前 入矢
読み イリヤ
性別 男
学年 3年
クラス A組
性格 良くも悪くも温厚。但し。仕事には忠実で自分の中の正義は確実に貫き通す。
   人間に限りなく近い存在になっている。が、実はかなりのナルシスト()
役割 観察処分執行者上官
容姿 アッシュグレーのアシンメトリーで、片目を隠している。
   耳に大きな弾のタトゥーが入っている。
   185cmの大柄な体に似合うようにかわからないがピアスを開けている
   服装は基本的にラフなものが多い
能力 時を駆け抜ける(これは無制限にできる)
   チートだが、時を乱すものが表れたら(破壊するものが表れたら)容赦なしにそいつの存在を無かったことにできる能力
   (これは使うことがほぼできない。)
   新たな時空間を作る(喧嘩向きではない)
   炎を扱うことが出来る(基本的にこっちを優先で使っている)
その他 口は悪くならない。大の甘党


(人を一人増やしました。廬のお兄ちゃん設定です)

6ヶ月前 No.3

@tubasa921 ★PSVita=UOUWZodmh9

名前  彗翔 蘭
読み  スイショウ ラン
性別  男
学年  高等部2年
クラス A組
性格  かわいい系男子。
    少しかまちょなところがある。
    男らしさに憧れている。
    理科学系の勉強に励んでいる。
    ブラック蘭が発動すると収拾が付かない。
役割  科学部
容姿  草原のような深緑色の髪に深緑色の大きな瞳。
    女の子顔負けの可愛い顔をしていて、口角をく、と上げて笑うことが多い。
    制服は萌え袖になっている。
    細身、華奢。
    元の姿は緑の獣。
    破壊獣になりかけた。
能力  変幻。
弱点  攻撃できる能力がない。
その他 一人称「僕」二人称「○○さん、ちゃん、君」
   コンタクトレンズ愛用家。

6ヶ月前 No.4

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


ALL》
豹那「一括受け付け完了!
よろしく」

6ヶ月前 No.5

@tubasa921 ★PSVita=UOUWZodmh9

名前  蒼羽 翔汰
読み  アオハ ショウタ
性別  男
学年  高等部3年
クラス A組
性格  家庭環境や婚約者、記憶喪失など不運が度重なった結果の性格の悪さ。
    ドドドS。Sの豹那に水をぶっかけるぐらい。
    基本的に暇を持て余している理科学系天才。
    記憶を喪失する前の人格との入れ替わりの機能は眼鏡が果たしている。
    根は優しい。
役割  科学部部長
容姿  特徴的な青い髪に深海にように深い色の瞳。
    青のノンフレーム眼鏡が知的な雰囲気を作り出している。
    眼鏡イケメン。
    制服の上に白衣を着ている。
    細身、高身長。
能力  水に化学変化を起こしたり、操ることができる。
    翼とテレパシーができる。
    カエンに植え付けられた青薔薇の扱いが分かってきた。
弱点  日によって能力の強さが変わる。
その他 一人称「俺」二人称「呼び捨て」
    記憶喪失前の名前は玲於奈。

6ヶ月前 No.6

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


蒼羽》
豹那「よぅ、待ってたぞ」

6ヶ月前 No.7

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_81E


>>all


疾風「皆さん、若干遅れたけどメリクリ〜」

廬「僕からもメリクリですー。」

入矢「俺だけ何故か新入りです。すみません。派遣されまして…。」
と困った顔の入矢

6ヶ月前 No.8

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


疾風たち》
豹那「昨日だけどな!
ガキ二人はしゃぐな他人を困らせるな!!」

6ヶ月前 No.9

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_81E


 >>豹那


疾風「本体の方が昨日納期が多かったから言いに来れなかっただけですー」

廬「はしゃいでませんよー?」

入矢「ま、まあ。二人ともまだ可愛いものですよ。」
と苦笑して

6ヶ月前 No.10

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


疾風たち》
豹那「ったく...全部終わったら、パーティーするか」

6ヶ月前 No.11

@tubasa921 ★PSVita=UOUWZodmh9

>>疾風、廬、入矢


「だんだん、役職が高い奴が増えてるな…」

 入矢を一瞥し、肩を竦める。

「クリスマスに浮かれてんだ、意外。」

6ヶ月前 No.12

涙愛、 @agh ★tshduT8UJ8_yFt


 --

  〒  にゅうがくとどけ、

 名前 : 日向 涙愛
 よみ : ひなた るあ
 性別 : 女の仔
 学年 : 高等部1年
 クラス : A組
 性格 : 独占欲強め 嫉妬深い 一途
 役割 : ---
 容姿 : 制服きちんと着用 スカート丈膝上10a 胸は大きめ
      胸下まである綺麗な黒髪 黒く綺麗な瞳 顔立ちが良い 身長153a
 能力 : 魔法が使用できる ( 強い魔法程沢山自分の寿命が縮まる )
      運動神経がとても良い ( 普通に疲れる )
 備考 : 一人称 るう 二人称 くん.ちゃん.先輩 左目に眼帯
      ですます口調 成績優秀 運動神経抜群 関西弁を話す

 ◇◆

6ヶ月前 No.13

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_81E


 >>豹那


疾風「やったー! 新年会になっちゃうとは思うけどやりたいねー」

廬「お仕事終わったし、年末休みだ」

入矢「まあ、俺も入りますけどね……。」
そういってパソコン取り出す奴



 >>翔佗

疾風「たまには子供っぽいのもいいよねー」

廬「まあ、僕は毎年してるんですけどね……。」

入矢「(失笑)」

6ヶ月前 No.14

涙愛、 @agh ★tshduT8UJ8_yFt

 --

  〒  にゅうがくとどけ、

 名前 : 日向 雪兎
 よみ : ひなた ゆきと
 性別 : 男の仔
 学年 : 高等部3年
 クラス : B組
 性格 : 独占欲強め 嫉妬深い 一途
 役割 : ---
 容姿 : 制服着崩し 無造作な黒髪 黒く綺麗な瞳
       顔立ちが良い 178a
 能力 : 人間離れした運動神経 ( 普通に疲れる )
 備考 : 一人称 おれ 二人称 なまえ 左目に眼帯
      成績優秀 運動神経抜群

 ◇◆

6ヶ月前 No.15

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


疾風たち》
豹那「そのために全部終わらせないとな」



涙愛、雪兎》
豹那「待ってたわよ、よく来てくれたわね」

6ヶ月前 No.16

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_81E


>>豹那


疾風「だねー。」

廬「よかったら。僕の力も有効活用しましょうね。笑」

入矢「ああ。そのことで俺は来たんです。一応、廬の直属の上司ですし…。時空が荒らされてたので。見に来たんです。何があったんですか?」


>>涙愛、雪兎

疾風「お初さんだよねえ? 」

って言って長い黒髪を靡かせて

廬「ですね。僕も初めまして。かな?」

入矢「どうも。お目にかかります……。」

6ヶ月前 No.17

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


疾風たち》
豹那「...色々さ、何処から手をつければいいのか分からないほどに、色々」

6ヶ月前 No.18

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_81E


>>豹那


入矢「全て、闇に屠っちゃえばいい気もしますけどね。後は俺のほうで適当に処理しますし」

疾風「年始くらいは浮かれてパーティーでもしてればいいと思うよー。流石に疲れちゃった」

廬「僕も能力使いすぎてしばらくは疲れちゃいましたし……。」

6ヶ月前 No.19

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


疾風たち》
豹那「だめだこいつら...」

6ヶ月前 No.20

ラインハイム @samious ★Android=wSNRnMvrKa

名前:ラインハイム
性別:男
学年:??
クラス:??
性格:冷徹、傲慢、叫び魔
役割:??
容姿:金髪に西洋の軍服。軍帽はいつでも欠かさない。いつもは冷静に状況を分析するが興奮しやすく、すぐに絶叫混じりに話し出す。
能力:あらゆる行動を行う為の体の部位が機械で出来ており、常に並外れた行動ができる。
Ex/握力、視力、脚力など。


「何やら騒がしいが...祭りなら私は関係ない...な」

『私も、ちゃんといますからね?ククク...』

6ヶ月前 No.21

ラインハイム【中身】 @samious ★Android=wSNRnMvrKa

入学届けの写しを探しに行ってたら、ハイム宛の疾風・廬ちゃん達のアプローチがあったのを完全に見落としてました...申し訳ないです...m(_ _)m

6ヶ月前 No.22

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_81E


 >>会長


疾風「パリピってもたまにはよくない!?」

廬「まあ、たまには息抜きでもしましょうよ」

入矢「疾風の意見に同意で笑」


 >>本体様

【おけです。】

6ヶ月前 No.23

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


ラインハイム》
豹那「よぉ教官様。
何度言われても認めることはない...ぞっと!」

ラインハイムの反応に興味でも示したのか、彼の背後に回ってけつをけりあげる。

豹那「パンドラの箱、ってやつだ」



疾風たち》
豹那「ったくもぉ...」

6ヶ月前 No.24

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_81E



→会長

疾風「予算はしばらく学校の予算動かして無いんだから大丈夫でしょ。」

廬「ふふ。会長、困ってますね」

入矢「パーティーなんて……コスプレでもしなきゃですかね?笑」

6ヶ月前 No.25

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


疾風たち》
豹那「予算の問題か!
ん?まてよ、コスプレありなら翼や涙愛達を着飾れる...やるか!」





ALL》

【本体です。
以下より、入学届けを除いてパート5の続きからでお願いします。
会話に入る際も、パート5の続きからでお願いします】

6ヶ月前 No.26

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_81E



>>本体様


【了解です】



>>会長


疾風「……。」

黙って台風並みの圧力を持った物体を投げつける。会長の周りには。同じタイミングで治癒の弾を投げつけて

入矢「……上空より、失礼します。異端児っていうのは。どなたでしょうか?
   俺、下調べあんまりしてないんで。政治家さんってことしか知らないので。」

そういって入矢が合流

廬「上官!? 何故ここに!?」

6ヶ月前 No.27

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


疾風》
豹那「ぁ...」

ドカッ

前と同じ、豹那を蹴り飛ばして転がし避けさせるカエン。

カエン「無駄さ、そもそも怪我ではないからね。
そんなもの使っても意味はない」

6ヶ月前 No.28

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_81E



>>カエン


疾風「死なない程度の圧にはしたけど。重傷を負う計算にはしたのに……。なぜ生きてるの?」

一応。そういう計算にしたのに

廬「兄さん! 今は急場だからあいつ燃やして!」

入矢「わ。わかった。」
取りあえず重症のやけどを負わせるくらいの炎を投げて

6ヶ月前 No.29

カエン @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


疾風》
カエン「君たちのこの攻撃を...豹那は、いつでもかわせていただろう?」

飛び退きながら、呟いた。

カエン「娘ができることをこの僕ができないとでも?
僕は豹那達の父だよ?」

ニヤッと笑い、その場で一回転した。

カエン「まぁ、しゃらくさいし言うか。
豹那のあの身のこなしはすべて僕のを盗んだものだ。
つまり身体能力や回避術は豹那のさらに上を行く。

何より僕の能力。

過去を引きずり出し無理矢理見せることができる。
あと、能力者の能力及び弱点の感知。
まぁ、どっちもやり過ぎると疲れるのが本音だがね。

君達の攻撃は当たらないよ」

6ヶ月前 No.30

@tubasa921 ★PSVita=UOUWZodmh9

>>豹羅、竜也、虎幸


「豹羅君は何を頑張ってるのかな…」

 蓮は指をバキッと鳴らし、笑った。

「親の暴力の怖じ気付いて、妹が苦しんでいるのに助けなかった君が闇に墜ちないとでも?
 そんな意思の弱い奴は直ぐに堕ちてしまえばいい。」

side:蘭

「助けなきゃ…」

 足がガクガクしている。
 助けたいけど、足が動かない。

>>本体様

[今回で蓮を最期にしたいので、蘭以外の方は堕ちてくれるといいのですが…]

6ヶ月前 No.31

涙愛、 @agh ★tshduT8UJ8_yFt


  --


  〒_ 豹那 () 雪兎 涙愛

  待っててくれたん ? ( 微笑み
  ありがとう ( 耳元でこそりと言い

  涙愛も豹那先輩ともっとお話がしたくて … ( えへへと笑い

  〒_ 疾風 () 雪兎 涙愛

   疾風 ( 確認がてら声に出し
   仲好うしてや ? ( 無邪気な笑み浮かべ

   疾風 … さん ?( 確認がてらぼそっと声に出し
   日向涙愛って言います ( ふわりと笑み浮かべ
   同じクラスやし仲好うしてください ( 軽く会釈し

  〒_ 廬 () 雪兎 涙愛

   廬 ( 確認がてら声に出し
   同じ学年やし仲好うしてや ? ( 無邪気な笑み浮かべ

   廬先輩 ( ゆっくりと言い
   日向涙愛って云います ( ふわりと笑み浮かべ
   仲好うしてください ( 軽く会釈し

  〒_ 入矢 () 雪兎 涙愛

   入矢 ( 確認がてら声に出し
   同じ学年やし仲好うしてや ? ( 無邪気な笑み浮かべ

   入矢先輩 ( ゆっくりと言い
   日向涙愛って云います ( ふわりと笑み浮かべ
   仲好うしてください ( 軽く会釈し

  ◇◆

6ヶ月前 No.32

ラインハイム @samious ★Android=wSNRnMvrKa

>>豹那


「何をするのだッ!こういう時は面白そうな顔をしおって!!」

だいたい、今の私をよろめかせる程の威力の蹴りが放てるのだ。

「貴様、見た目は可憐だがどうも侮れん!一体どこにそんな力が眠っておるのだ!物を見ていないから断定はできんが、それも破壊獣とやらの影響ではなかろうな!?」

6ヶ月前 No.33

翔汰 @tubasa921 ★PSVita=UOUWZodmh9

>>ラインハイム


「面白い…」

 水の蒸発した掌を眺め、面白そうに呟く。

「しばらく、退屈しなくて済みそうだ。」

 珍しく本気のようで、眼鏡のアーチを中指で上げる。
 白衣を翻すと、水から獣を作り出す。

6ヶ月前 No.34

ラインハイム @samious ★Android=bEw2yYA1tF

>>翔沱


「ふん、所詮は水であろうッ!!」

襲いかかる水の獣にそのまま飲まれる。

「防水性もあれば、耐火性もあるのだァアッ!!」

水の中なのに響く声。彼ももはや一種のバケモノである。
水の獣は一瞬のうちに蒸発し、そこには全身真っ赤に熱化したラインハイムのみが残った。

6ヶ月前 No.35

翔汰 @tubasa921 ★PSVita=UOUWZodmh9

>>ラインハイム


 こうもチートだと、翔汰の攻撃は効かない。

「はぁ、つまんないね…」

 掌で小さな水の一角獣を作って、離してみる。

「…面白味がない。チートかい。」

6ヶ月前 No.36

カエン @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


蓮》
豹羅「うるさい...うるさい...!!」


《おにいちゃ...だいじ、ぉうぶ...》

《ごめん...!》

《これが...さだめ...》


カエン「...運命か...」

豹羅「ギャアアアアアア!!!!(ドサッ」

虎幸「...!(カクッ」

竜也「はぁ...はぁ...!」



蘭》
狼華「っ...ここにいて!
先に私がいきます!
零さんとか、竜兄と、豹姉の背中に隠れるのはもうおしまい!
私、目がいいから!
だから...最後までまって」


【了解です】



ラインハイム》
豹那「現実楽しいからな。
あと、バカ力はガキの頃からよ。
一応?ただの女子高生ですから。
破壊獣の云々なんて関係ない。
...勝手なことをすれば飛んでいくわ。
私の兄弟の網は掻い潜れない」

視覚の狼華。
聴覚の虎幸。
嗅覚の豹羅。
俊敏な竜也。

豹那「どれをとっても、常軌を逸したものであるのを忘れないでね、教官サマ」

6ヶ月前 No.37

ラインハイム @samious ★Android=bEw2yYA1tF

>>翔沱


「言ったはずだ、君達を抑えるための用意があるとな。」

冷めて元の色に戻ったラインハイムは、服装と軍服を正すと続ける。

「大人しくしていてくれたまえ。私とて手荒な真似はしたくはない。君達のような若い命を無闇に摘んでしまっては、これからの行く末に影を落とすだけだからな。」

>>豹那


「気に入らぬのなら監視しておけばよかろう。重要な事だからもう1度言っておくが、あくまで私の目的は調査だ。危害は加えない。」

6ヶ月前 No.38

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_81E



>>カエン

(傍からチート使ってる俺ですが流石にチート過ぎじゃ……?)

疾風「じゃあさあ。俺の能力の一番弱いのってなんだか知ってる?」
拳銃取り出して

疾風「俺もだてに時の人間やってるんじゃないんで。」
(そういって一発放つ。

廬「ムカつくなー。私よりもチートじゃん。私の能力は基本的に時を直すことだけど……。」

入矢「そこまで時に違反してるわけでも無いんですよねえ。必殺技が打てないんですよ」




>>雪兎 涙愛


疾風「ふーん。二人とも中々のべっぴんさんじゃんか。」
  「あ。勿論仲良くするよ?」
  「でも、驚いたな、会長の番と同じ名前だなんて。」
とかるく笑いながら会釈して


廬「あら、そうなんですか?
  僕、廬っていいます。仲良くしてください笑」

入矢「執行官上官の入矢と申します。一応、廬の兄貴です。
   仲良くしてください。俺も、頑張りますので」
そういって苦笑して

(本体です! 昔、ペアスレか何かやられてませんでしたか……?
 書き方に見覚えがある気がして。俺も元ペアスレ民だったので。)

6ヶ月前 No.39

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


ラインハイム》
豹那「あら、気付いてないのか?
すでに妹はあんたに照準をあわせて見張ってるさ。
それに、アンタが危害をくわえなくても私はアンタの邪魔してやらぁ。
アンタ蹴るの面白いし」

6ヶ月前 No.40

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


疾風たち》

カエン「っくく...!」

掌を付きだし、不適に笑った。
過去を引きずり出すつもりだ


【まぁ、どうせここで終わりの存在ですし(汗】

6ヶ月前 No.41

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_81E



>>カエン


疾風「御免ね。俺らには過去も未来も無い。すべてが今なの。」

廬「人間だった時代も今。」

入矢「あ。違反ですね。過去の事を今に持ち込むことは時の流れに反することなので。死んでください。」
そういって大きな辞書みたいなものを顕現させ。そこに何かを記載しているようだ。

「犯罪者。カエン。以下のものを殺害し、闇に屠ります。。。。」

入矢「それじゃあ。しんでください」

そういって本に力を結束させていく

6ヶ月前 No.42

カエン @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


疾風たち、蓮》

カエン「ッチ...」

珍しく顔を歪め、飛び退いた。

カエン「蓮サン、あいつらはそう簡単には行かないね...。
どうする...」

6ヶ月前 No.43

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_81E



>>カエン


入矢「時の流れには逆らえない。逆らうことが出来るのは。この役職の者たちだけです。
   貴方達は時を乱した。それに際して、反省も何もない。ならば。死ぬしかない。」
そういって本が綺麗にきらめく。
入矢「死ぬがいい。この、裁きの光に。」
そういって本を頭上へ放り投げる。
その光が満ちるように。キラキラと収束していく。


廬「兄貴? 私の仕事を取らないで!?」

そういって廬もウィンチェスターライフルに「死」の記載を施して。
銃口を向ける。黒い光。その光は白と黒とで交わっていく。


疾風「パワーあげるね」
そういって特大級の雷を光の中に落とし。自身も刀を抜く

6ヶ月前 No.44

カエン @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


疾風たち》
カエン「くそ...まだ、一人残っているというのに...!」

きゅっと拳を握りしめたときだった。

狼華「駄目ぇぇええええ!!!」

能力ではやした二本の大木で、攻撃を阻止しカエンに背を向けて両手を広げる。

狼華「待ってください、先輩方!!
まだ早合点です!
まずは蓮を倒さないと...」

グィッ ガシッ

狼華「っぐ...!?」

カエン「ックク...いいこだ狼華。
如月に良く似ている君ならば来ると思ったよ」

小柄な狼華の頭を掴み、中に浮かせる。
痛みの記憶と、過去の傷を探っている。

狼華「やめて...!
やめて...!」

カエン「...堕ちろ」

6ヶ月前 No.45

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_81E


>>all


入矢「邪魔臭いですね。貴方。貴方も裁きを受けたいのですか?」
光で一瞬で大木を「この世から無かったことにしてしまう」
一層強い光を落っこちてきた光に込めて

廬「嫌なんだよ。あんたみたいに過去に溺れてる人間は。
  過去に縋り付いていつまでも生きている気か?
  私は冗談じゃないね。あんたみたいな弱虫天邪鬼。
  痛みが何? 今が大切じゃ無いんだったら。過去が大切なんだったら。
  過去を抱えて。そのまま死んでしまったほうが楽だよ。」

そういって黒い光を二丁のウィンチェスターライフルにまた籠め初めて

疾風「狼華さん。だっけ。堕ちればいいよ。暗闇に。
   それで一生起き上がってくるな。
   生きる意志の無い能力者も……処分対象だ。
   過去の傷に溺れて。痛みに支配されて……苦しくないのなら。俺が、屠ってあげるね。
   貴方の存在も。貴方がいた。この世界の鱗片も。すべて。消し去ってあげる。」

そういって入矢の光の恩恵を受けた剣をカエンたちに向けて

6ヶ月前 No.46

カエン @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


疾風たち》
シュタッ

カエン「やれやれ、容赦ってのがありゃしない」

狼華「そんな...そんな...!!」

カエンの指の隙間から見えた景色は、狼華には残酷だった。
誰も助けてはくれない。
否定されて、棄てられる。

やっと目覚めることのできた狼華にとって
能力と過去が全ての筈だった。

玲奈と姉が揺すり起こしてくれた命と開花した能力が、一瞬にして玉砕された。

イ ラ ナ イ

狼華「イヤァァアアアアアアア!!!!!」

虚ろになった黒真珠を固く閉ざし
耳を両手でふさいで踞る。

パキパキッ...

カエンの手を離れた狼華の体を、再びはやされた木々が包み込んだ。
そこだけ丸く、守るように生い茂る木々の中で狼華は堕ちた。

カエン「おやおや、君らのせいで末妹の自然姫は閉じ籠ってしまったね。
まぁ、好都合ではあるけれど」


竜也「ろぅ...か...」

6ヶ月前 No.47

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_81E


>>all


疾風「俺らは時の一族だ。工藤と、廬の一家は。過去も未来も無い。戸籍ももちろんないし、生きているというのはこの感覚でしかない。
   救える救えないは興味がない。同情なんてしてやるすべもない。
   可哀そう? なら身内で慰めてあげたら? 俺は興味が無いけど。」

廬「『自分』が無いだけだろ? その子。
  自分がある子なら、その程度で落ちたりはしない。
  自覚しなよ。その暗闇で。そして舞いなよ。」

入矢「疾風も廬も言い方は酷いですけどね。事実です。
   過去の痛みに縋り付いて。生きてきたんでしょう? その子。
   痛みが存在理由だなんて。おかしな御話ですね。」

廬「しかも割り込んで来て絶望だあ? 調子がいいことこの上ないね。
  腹立たしいことこの上ない。自己中心的もいいとこだよ。
  もう一人のほうも。後で消してあげるから。そしたら適当にそこにいる奴を「解凍」してやればいい。
  どうする? この子事。皆「無かったこと」にしても。構わないんだよ? 」

入矢「そうだね。廬。全てなかったことにするのが一番手っ取り早いね。
   でも、登場人物が一人いないみたいだね。誰か。呼んできてくれないかな?
   ここで今。俺がいることで”法廷”をすることもできる。」

疾風「はーあ。この狼華って子。相当面倒臭いなあ。
   この程度で籠っちゃうんだ? 俺、会長とか見てきたけど。こんなに弱い子見たことないよ。
   本当に能力者なの? 」

廬「記述だとそうなっている。木が自動で生やされているのも彼女の能力だろうし。
  カエンって奴の能力に私たちの言葉で絶望でもしたんじゃない?」

疾風「なるほどねえ。じゃ。早速一人屠っちゃおうか。」

そういって先ほどのエネルギーを倍増するように剣を振って

6ヶ月前 No.48

カエン @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


疾風たち》
カエン「狼華、竜也、虎幸は僕と如月に閉じ込められたせいで脆いところがあるみたいだね。
豹那がそれだけ破格って言う意味もあるんだろうが...」

ザッと剣が肩をかする。

カエン「おやおや...。
痛いね...」


狼華「(ごめん...蘭さん...ごめん...)」

6ヶ月前 No.49

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_81E


>>カエン


疾風「ご丁寧な説明どうも。
   脆いんだ。男のくせに脆いやつとかただのゴミでしかないと思ってるけど。
   もう、優しかったあのころには戻らないよ。」

廬「世界の記録を塗り替えるとき。この人物を屠り。すべての理を直そうか。」

入矢「じゃあね。そこの偉そうにしてる人。」

そういって、限界までエネルギーを圧縮した「時」の攻撃を廬と入矢が浴びせる。

6ヶ月前 No.50

カエン @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


疾風たち》
カエン「許してやりゃいいのにさ...僕らとは違うタイプの鬼畜よ」

攻撃を全身で浴びて、カエンの姿は消えた。

カエン「あの頃が、彼らの残る全て...それを否定された気持ちを、少し考えると良い」

最後に疾風を殴り付け、気配を消した。

6ヶ月前 No.51

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_81E



>>カエン


疾風「痛ってえな!? 俺が治癒の能力持ってなかったら腫れあがってるだろこれ!?」

廬「そのトラウマを作ったのがお前だったってことに気が付かない当たり、阿呆だなあ。
  私たちは鬼畜。そりゃあ。ね。
  生まれた記憶も両親の記憶もないし。」

入矢「まあ、いいじゃないですか。終わったことですし。
   この木の塊、邪魔ですし、燃やしますか。」

と言って中まで火が通らない程度にこんがり周りの木を焼くような形にして。


入矢「いい加減。目覚めてくださいよ。自己中姫。
   その嫌な記憶に。すべてを投げるんですね。汚っい。そんなどぶに。」


疾風「もういいだろ。入矢。普通に引きずり出してあげようよ……。」

そういって燃えた火を電気分解で生まれる僅かな水で消し去って
焼けた鱗片を剥く作業をして

6ヶ月前 No.52

狼華 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


疾風たち》
狼華「うるさい...うるさい!!!!」

別の木で疾風たちを凪ぎ払う。
三人の足元に蔦を生やして、絡めとった。
木はいくらでも生えかわる。

狼華「貴方たちにはわからない!
両親の歪んだ愛の痛みも!
あの暗い牢獄にいた時のことも!
真隣に兄はいるのに、目前に姉がいるのに歩み寄れなかったもどかしさも!
視力を失って暗闇の中独りでいる気持ちも!!

わがままでもなんでもいい、豹姉たちがいないなら私も閉じ籠る..!!」

6ヶ月前 No.53

@tubasa921 ★PSVita=UOUWZodmh9

>>周辺all


「…面白味がない。」

 蓮はダルそうに言った。

「正義感振りかざして、人の人生汚すとはねぇ…」

 過去がない訳がない。
 その証拠のように玲於奈君の首に掛けられていた指輪が廬の物と一致している。

[少し堕として貰ってもいいでしょうか?疾風本体>>]

side:蘭

「狼華ちゃん…」

>>ラインハイム


「殺したければ殺せばいいさ。
 お前、煩いんだよ。」

6ヶ月前 No.54

狼華 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


蘭》
狼華「ご、めんなさい...」




蓮》
狼華「もういやだ...ずっと、いたい...」



カエン「ったく、困ったものだったね...(ボロボロ」

6ヶ月前 No.55

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_81E



>>狼華


疾風「これ、邪魔。あと、てめえの世界なんか知るか。」

そういって剣で薙ぎ払って。木を巻き付けられても面倒なため、空中に三人を持ち上げて

廬「他人の過去を覗き見るなんて。簡単なことだけどな。私からしたら。
  視力が無い世界? 汚い世界を見なくって。しかも他人から同情されて。いい気分なもんじゃないか?
  私にはそう見えるけど。それで甘やかされて育てられてきたんだねえ。
  歪んだっていうか。この世界の「記憶」にはそいつはもう存在しない。生憎、記憶を消すような薬は持ってきてないが。」


入矢「どこまで自己中を重ねるんですか……。
   俺たちにしたら、永遠を生きるよりかは、楽に見えますが?」


疾風「そんなの、あんたが今まで甘えてきたつけのようなもんだろう。
   全部、お兄ちゃんお姉ちゃん任せにして、自分で乗り越えようって発想すらなかった。
   あんたの落ち度だろう。」

不思議そうな顔の三人。普段は一人ずつ単体で。任務を淡々とこなす。
一人の寂しさなんて、仕事でただ事務的に人を殺し続けるよりかは楽なものだろう。


廬「私にも。大切な人がいた。まだ。人間で会った頃の唯一の記憶。
  でもね。その人とは会えた。でも、彼は彼じゃなかった。
  私の理想は居ない。あんたはまだ姉と兄っていう理想がいるだけましじゃないか?」

入矢「最終勧告です。強制的に治癒の弾でその心を普段通りに戻させるか。
   貴方がこの苦難を乗り越えようと思うか。どっちがいいですか?」

6ヶ月前 No.56

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_81E


>>蓮


廬「過去も全部私たちにとっては”今”だ。
  正義感じゃない。任務だ。
  私の気持ちなどを。介入してはいけない。
  時の一族として。役目を果たさなければならない。」
その言葉には。過去を捨てて。今を生きるしかない「時」に一番抗えない。
その一族の末裔の存在があった。

入矢「あ。この人ですねえ。めっさつしちゃいます? ます?」
自分が倒すことだけに優越感を感じる男(ナルシスト)


疾風「入矢は自分の利益が一番だからな。俺もそうだけど。
   時の一族にとって、永久ともいえる時間を。
   汚したのはお前と、カエンだ。俺は。そうじゃなければどうでもよかった。」


(本体です。どうやっておとしましょうか……。)

6ヶ月前 No.57

狼華 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


疾風たち》

狼華「...!」

頼りっぱなし...だったから...?

木々の隙間から、三人を見る。

狼華「わ、たし...」

少しずつ、思考を変えようとしたとき。
ピキッと枝が狼華の足を絡めとり取り込む。

狼華「ぁ...!」

出なくて良い。
閉じ籠ってしまえば良い。

狼華「っ...!」

そう、寝てしまえば苦しみなんてない。
兄弟とずっと一緒だ。

一緒で、いいのか?

狼華「(この世界に、零さんはいない...?)」

狼華の黒真珠に、光が灯り始める。
そうすればするほど、木々が阻む。

狼華「やめて...はなし...!!」

6ヶ月前 No.58

@tubasa921 ★PSVita=UOUWZodmh9

>>疾風達


「怖いね…僕が何か起こしたかな…」

 く、と口角を上げて笑う。
 どこか面白そうだ。

[廬ちゃんは玲於奈君関係で堕とします。残り二人が…]

>>狼華


「何を頑張ってる。堕ちろ。」

 蓮は狼華のなかの時を戻し、あの時を思い出させる。

6ヶ月前 No.59

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_81E



>>狼華


疾風「自分の弱さを、自分で克服しろ。
   過去に負けて。自分を隠せば。それはたいそう楽なことだろう。」


廬「せがめ。自分の口から”助けって”って!
  それは逃げじゃない! 自分が変わりたいなら。それが変化なんだよ!」

入矢「俺の通告……(´;ω;`)
   まあ、いっか。」



>>蓮

入矢「連絡が入ってるもので。
一応、時の人間なもので。」


廬「どうやっていたぶろうかな?」


疾風「どうしよっかなー。」

楽しそうな三人

【廬は多分それで責めても最早開き直ってる節はあるのであんまりきかないかも……です。
 うーん。新キャラに関してはヒントを。時の一族は、もう、残り廬と、入矢と、疾風しか生き残っていません。
 それは、入矢が起こした。犯罪によるものです。とだけ。
 疾風に関しましては。うーん。これも開き直ってますが。闇っていう恋人が一応彼女にいるので。どうだろうかなあ。って感じです】

6ヶ月前 No.60

@tubasa921 ★PSVita=UOUWZodmh9

>>疾風達


「いつどこで何をした?」

 楽しそうに笑みを浮かべながら言う。

[廬ちゃんはそれしか思い付かないのでお願いします…
 疾風、闇。入矢、犯罪ですかぁ…
 まず、なんとなくまとまっている廬ちゃんからでいいでしょうか?
 玲於奈君ぐらいしか自由に使えない(笑)]

6ヶ月前 No.61

狼華 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


蓮》
繰り返される記憶と、包み込む木々に押し負けた。

狼華「あ、はは...」




疾風たち》
狼華「う、るさい...ハハ...」

6ヶ月前 No.62

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_81E


>>蓮


廬「気味が悪い。……僕。帰っていいかな?」

入矢「え。廬。倒さなくていいのかい?

廬「入矢兄、お願い。」

疾風「俺も、帰って寝たい気分が満載なんだけど……。」
何故か話題ガン無視


【了解です。
闇っていう。今は来てない恋人さんです笑】

6ヶ月前 No.63

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_81E



>>狼華


疾風「あ。負けた」

廬「放置して、帰ろ。疲れた。」

入矢「そうですね。時間軸にも今回の問題は触れてないみたいですし。帰りますか。」

面倒になったらしい三人は帰ろうとしている。

6ヶ月前 No.64

@tubasa921 ★PSVita=UOUWZodmh9

>>狼華


「堕ちたかな…ククッ
 次は君だよ、竜也君。」

side:蘭

「狼華ちゃん…
 僕があの時もし止めていればっ…」

6ヶ月前 No.65

@tubasa921 ★PSVita=UOUWZodmh9

>>廬


[了解です。それっぽく降るのでそれっぽく返してください(笑)]

「廬ちゃん、これを知っているかな。」

 翔汰の首から乱暴に奪い取った、チェーンの付いた銀色に輝くリング。

「ククッ…」

 廬の頭にズキンッと鈍い痛みが走ったのはそのすぐ後だった。

6ヶ月前 No.66

竜也 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


蓮》
竜也「狼華も、虎兄ちゃんも、豹兄ちゃんもおとされた。
俺が...!」




蘭》
キィーンッ

豹羅のシンクロで蘭と脳内をリンクする。

豹羅『こいつをたすけろ...ぼっちゃん...』

プツッ



疾風たち》
狼華「...」

6ヶ月前 No.67

@tubasa921 ★PSVita=UOUWZodmh9

>>竜也


「カエン、君の出番だよ。」

 不敵な笑みを浮かべ、竜也を眺める。

side:蘭
>>豹羅


「助けなきゃ…
 助けたい…でも。」

 凛と…凛と…

「怖、い…」

6ヶ月前 No.68

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_81E



>>蓮


廬「や。やだ」

疾風「い、廬? どうしたの? 」

入矢「その指輪……。まだ捨ててなかったのか!?」

廬「うあああああああああ!!!!」

異空間に逃げる。思い出したのは。あの時が壊れる瞬間
痛い。痛い。


入矢「廬! 今すぐ戻りなさい!? 」
入矢が珍しく焦って廬と同じ空間に入る。疾風も、転送されていく



>>狼華


疾風「だって。立ち向かう勇気もない。抗えない。
   そんな能力者は要らない。」

廬「届ごと、抹消しとこうか。学校生活無理そうだし。」

入矢「おれはどっちでもいいですよー」
ほんわかな入矢

6ヶ月前 No.69

竜也 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


蓮》
カエン「僕、一瞬死にかけたんだけどね...(クィッ」

竜也「人の頭の中かき回すな...!」

カエン「...君は、僕がつけた傷は消えたかい?
如月が狼華に付けた傷は消えたかい?」

竜也「っ!!」


『君も、豹羅も僕そっくりだ。
所詮同じさ』

『狼華?悪い子ね。
大好きなお姉ちゃんを見て見ぬふり?』


竜也「ァアア...!!!(ガクッ」



蘭》
キーンッ

豹那「逃げるな...坊や...。
助けておくれ...お前は強い...」

6ヶ月前 No.70

@tubasa921 ★PSVita=UOUWZodmh9

>>疾風達


「こんなにも簡単に動揺するとは意外だよ。」

 逃がさない、絶対に。
 異空間をねじ曲げ、無理に学園に戻す。
 廬をめちゃめちゃにするまでは。

「壊す…絶対に。」

6ヶ月前 No.71

狼華 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


疾風たち》
狼華「...た、ちされ...」

6ヶ月前 No.72

@tubasa921 ★PSVita=UOUWZodmh9

side:蘭

>>豹羅


「倒したい…
 倒したい、けどっ。」

 蘭の足はそこに生えてしまったかのように動かない。
 頑張っているけど、心の奥底で恐怖がつきまとっている。

6ヶ月前 No.73

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_81E



>>蓮


廬「痛い。お前か。お前が原因なのか……!」
涙を流しながらそいつを睨んで

廬「消してやる。消してやる。私はあいつじゃない……!」
そういってウィンチェスターを顕現させ。弾を装填し早々と撃つ


疾風「そうか。廬を苦しませたのはお前か。なら死ね」
そういって空間を捻じ曲げた歪みから雷を掃射して


入矢「い、廬……。」(おどおど


>>狼華


疾風「帰れ。だって。」

廬「面倒だから、この木。焼いちゃって」

入矢「はいはい」

そういって木を火で燃やす。

6ヶ月前 No.74

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


蘭》
豹那『坊や、お前が来なければ、一生そこで一人だ。
ただ、親父から逃げていてはいけない。
坊や、戦え。
お前なら勝てる。
そのあとは、私がけりをつける。
お前は、一人じゃない。

それでも不安なら、生徒会室の会長の机、右側三段目に入ってるのをもっておいで。

一人じゃない』

6ヶ月前 No.75

狼華 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


疾風たち》
火はすぐに燃え広がったが、木はいくらでも生える。
新たな木々が、狼華を包み込む。

6ヶ月前 No.76

@tubasa921 ★PSVita=UOUWZodmh9

>>疾風達


「感情に左右された攻撃なんて当たるはずがない。」

 更にも廬を壊そうと廬の中の時を戻し、止める。

{廬…
 これからもずっと、俺の側に居てください。}

{廬ッ!!危ないッ!!}

{あ、と…少しで…結婚…だっ、たのに…な
 い、おり…愛し…てる}

6ヶ月前 No.77

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_81E



>>狼華


入矢「火力あげましょうねー♪」
そういって燃やすのに安定した青い炎を生み出してさらに燃やし続ける。

疾風「あ。廬。バイオ燃料ってなかったっけ?」

廬「取ってくるー」

疾風「いってらー」
燃料を取りに行ってるらしい。

6ヶ月前 No.78

@tubasa921 ★PSVita=UOUWZodmh9

>>豹那


side:蘭

「分、かった…
 タイミングを見計ってみる…」

 声が震えて涙が溢れるけど。
 僕は…僕は…大切な人を戻さなきゃならない。

 翼、豹那さん、翔兄。竜也君、狼華ちゃん。
 虎幸さん、豹羅さん。

6ヶ月前 No.79

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_81E



>>蓮


廬「う……おえ…っ」

頭の中に広がる痛み。それは。彼女の中にある。唯一の後悔

廬「残念だったなあ……。私、その時廬、って名前じゃないから……っ!」

入矢「時の能力……!? 俺たち以外に使いて何ていないはずだろ!?」

疾風「……そうなはず。なぜその能力を。」

6ヶ月前 No.80

狼華 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


疾風たち》

狼華「さっさと消えてよ!!」

叫ぶと同時に三人に蔦を絡め突き飛ばす。
唯一できることだ。

三人を、せめて逃がすしか。




蘭》
豹那『大丈夫よ、坊や。
さぁ、一歩を踏み出しなさい』


豹羅と折り重なるように倒れている豹那から
赤い涙が流れた。

豹那「ぼう...や...」

6ヶ月前 No.81

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_81E



>>狼華


入矢「いったいなあ。」

そういって火力をあげて

疾風「これじゃーま」
そういってそれを一瞬で切り裂いて

廬「燃料持ってきたから。もやそーかー」
そういって燃料缶のふたを開けて入矢の隣あたりに投げる

6ヶ月前 No.82

@tubasa921 ★PSVita=UOUWZodmh9

>>廬達


[名前、わかりません…(苦笑)]

「時の能力の持ち主が自分達だけだと信じていたとは…
 愚かだ。」

{っ…
 死に、たくない…
 婚約、者…残して…死に、たく…ない
 愛し、た人を…残して…}

 玲於奈の涙が溢れる映像とともに廬の瞳が虚ろになっていく

6ヶ月前 No.83

狼華 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


疾風たち》
狼華「いたいいたいいたいいたいいたい!!!!!!」

6ヶ月前 No.84

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_81E



>>蓮

疾風「いや。能力者は結構限られてるから俺たちの血筋系統の奴じゃないと開花しないんだけど……。」


廬「死んだと思ってた。私は。死ねない者だから。でも、それを後悔していない。
  私が生きていなかったら意味がないから。」


>>狼華


入矢「よーし。疾風ー。」

疾風「よいしょっと!」
電子エネルギーを分解して作り続けてた水をぶっかけて

6ヶ月前 No.85

狼華 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


疾風たち》

狼華「もう...いじめないで...寝かせて!」

6ヶ月前 No.86

@tubasa921 ★PSVita=UOUWZodmh9

>>廬


[もう攻め方が分かんなくなってきたので、とりあえず堕ちてください(笑)]

{やっ、ぱり…
 愛し、て…る(カクッ}

 玲於奈の目が閉じられる映像とともに廬の目から光が消え、膝から崩れ落ちる。

6ヶ月前 No.87

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_81E



>>狼華


入矢「俺の顔に泥塗ったから、許しません☆」

疾風「取りあえず。この焼けちゃった灰をどかしてっと」

マイペースな人々


>>蓮


廬「いやああああああ」
そういって疾風の元へと抱き着く

疾風「廬!?」


入矢「と、取りあえず。臨界に! 別の世界へ行こう!?」
そういって臨界への扉を開け三人を引きずり込む。

6ヶ月前 No.88

狼華 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


疾風たち》
狼華「っ......!!!!!!」

6ヶ月前 No.89

@tubasa921 ★PSVita=UOUWZodmh9

>>疾風達など周辺all


「ちっ…逃げやがった。」

 さぞ面白くなさそうな顔をして、呟く。

「カエン、その煩い植物を姉の元へ連れてってやれ。」

6ヶ月前 No.90

カエン @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


蓮》
カエン「無理だよ、動かせない。
此処で良いじゃないか。
それより、君の息子さんは?
さっきから豹那が泣いていて不吉な予感がするが」

6ヶ月前 No.91

ラインハイム @samious ★Android=bEw2yYA1tF

>>


「先程から通信設備とのリンクにノイズが走ると思えば...こんなところでこんなドンパチ騒ぎがあったとはな」

尋常じゃない空気。異質な気配が辺りを覆い尽くしている。

「やはりくたばってはいなかったな。カエンと言ったか。貴様が直接破壊獣に一枚噛んでいるとは、予想外だったぞ。」

6ヶ月前 No.92

カエン @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


ラインハイム》
カエン「嗚呼、少佐じゃないですか...。
うちの娘の蹴りはききましたか?
酷いですよね、僕だって軍の人間なのに」

6ヶ月前 No.93

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_81E



>>狼華


入矢「俺ね。俺が世界で一番好きなんだ。だからね。
   俺の措置を受け流したの。怒ってるんだよね」
と不服そう


>>周辺all


廬「ようやっと落ち着けた……。」

疾風「臨界に精神異常の薬あってよかった…(汗」

廬「殺してやる。処刑されたいのはどこのどいつだあ?」

入矢「廬怖い」

6ヶ月前 No.94

@tubasa921 ★PSVita=UOUWZodmh9

>>カエン


「嗚呼、蘭か。
 あいつには大した能力もないし、問題ない。」

side:蘭

{あいつには大した能力もないし、問題ない。}

 …僕なら殺せる。
 あいつは”俺”なんか眼中にも入れてない。

6ヶ月前 No.95

カエン @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


蓮》
カエン「そう?
能ある鷹はなんとかって言うよ?
まぁ、問題がないなら良いか」





蘭》
豹那「ぼ...や...」

カエン「...」

6ヶ月前 No.96

@tubasa921 ★PSVita=UOUWZodmh9

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

6ヶ月前 No.97

カエン @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


蓮》
カエン「ほぉ...」

興味深そうに呟き、木に背を預けながら様子を見守った。

豹那「ぼう...や...」

カエン「...どうやら闇之兄弟がなけなしの力で呼んだようだね」

6ヶ月前 No.98

@tubasa921 ★PSVita=UOUWZodmh9

>>カエン


 恐ろしい眼光で二人を睨み付け、距離を縮めていく。

蓮「素晴らしい。」

 蓮は楽しそうに身震いをした。

蓮「更に奮起を上げてやろう。
  闇に堕ちた奴を一人選べ。私に掠りでもすれば、そいつを離してやる。
  その代わり、私がお前に傷を負わせたら誰かの記憶を抹消し、人間から獣にかえてやろう。」

 ゲームだ、と言い、自分は金に黒メッシュの狼に姿を変える。

6ヶ月前 No.99

カエン @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


蓮》
カエン「血を分けた破壊獣同士の争い...面白そうだ...!」

豹那「ぼうや...(持って...きたのか...?私の小刀は...)」

6ヶ月前 No.100


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21

 
 
レスが2000件を超えました。
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>