Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(1271) >>

不思議な能力学園 パート6

 ( 学園ごっこ )
- アクセス(732) - いいね!(4)

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke

ピカーッ
ゴロゴロ

吹き荒れる嵐
目の前にそびえたつ大きな、不気味な学園

「こんにちわ」

学園に見とれていると目の前にオレンジの髪の女の子がいた

「・・・やはりね」

女の子は目を細めると呟いた

「あなたはこの学園に呼ばれたの
さ、入学手続きよ」


名前
読み
性別
学年
クラス
性格
役割
容姿
能力
その他


「学年は中等部〜年
高等部〜年
言うまでのなく1〜3年
クラスはA〜D
能力は弱点を書いてね
未記入は認めないわ
私のよ」


名前 闇之 豹那
読み ヤミノ ヒョウナ
性別 女
学年 高等部3年
クラス D組
性格 クーデレ、毒舌家、ドS、腹黒、優しい、ツッコミ
役割 生徒会長
容姿 オレンジの髪に銀メッシュ、全体が肩甲骨、中心が腰下まで
   右眼に包帯撒いた紫のツリ目(目つき悪すぎる)
   綺麗でスタイルよし(兄妹曰く、胸の発達がおかしい)
破壊獣に変化した時
黒い毛並みでかなり大きな狼、学園より大きい。
目の下に赤い線が入っている。
能力 衝撃波(どこでもできるが出したい場所の風景をちゃんと思い浮かべなくては出来ない)
   驚異的な身体能力(ただし、人間なので疲れもある)
   死んだものを生き返らせる(自分の寿命が縮まる)
破壊獣への変化(制御はできるようになったが理性が飛ぶと世界を滅ぼそうと暴れる)
その他 普段はドSじゃない、女としての自覚がない


「さ、楽しい学園ライフの始まりよ
おいでーーーーーー」

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14

 
 
↑前のページ (1221件) | 最新ページ

豹羅 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke

奏葉》
豹羅「そこが、また妙なんだ」

黒い角眼鏡をかけて、図鑑を見ながら言う。

豹羅「どのくらい食ったか知らないが、もう体の不調を訴えたんだろ?
いつからか知らないが豹那は何年もあれを食ってたんだぞ。
発症もしなくて...今、突然...あ!」

突然席を立ち上がる。
ひとつの毒物が記されていた。

豹羅「これだ...!

個体は弱い毒、少量の物なら少しの不調が出るだけでそこまで害はない。
だが、種が溜まり続け、とあるきっかけで爆発し凄まじいおう吐、体の痛みに痙攣、あと...。
深刻な中毒症状を起こす!!!

豹那はずっと林檎食ってたから、毒は体のなかに蓄積され続けた。

原因は..烏丸との、キス...。

中毒はずっと続くから、毒を接種しなければいけない。
爆発して体にも溶け込んでいる...。
っくそ...!
まずは...吐かせるもん大量に吐かせた方がいいな!!」

妹のおう吐なら、嫌悪はない。
愛する、"愛する妹"だから。




零》
狼華「でも...!」

虎幸「...居たよ。
同じく、僕らを蹂躙し続けた。
狼華の腰の辺りの火傷は、母...如月に付けられたものだ。

蒼羽君を操って一度豹那を殺したこともある。
まぁ、それはいいね。

如月は、豹羅が殺した」

1日前 No.1222

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ


>>豹羅

奏葉「手術か、大量嘔吐になってしまうんだ。
   時の一族は、毒には弱いんだ。すぐ疾風は気づいてくれたが。」

奏葉「手伝う。」

そういってゴム手袋をはめた

1日前 No.1223

@ganma24 ★Android=RWkc7cAWza

「狼華を……複雑な気分だな。君には悪いが、俺が始末したかった。」
 握る強さが強くなり肉を抉った、痛そうな顔をするがそれを耐え、普通の顔に正した。
「そうか、そのカレンの能力は解析と弱点付加なんだろ。解析に至っては俺と同等か俺の方が勝るだろう。弱点の方も付けられても、特に害はない。」
 彼は鋭い目をして虎幸を見つめた。
「カエンの場所を知っているなら教えてくれ、目の前でそいつを見てみたい。」>零

「無茶をする癖ってある?僕は無自覚だった……」
 彼は心が落ち着いたのか穏やかな顔をしていた。
「うん、もう、急には消えない。消える時は真っ先に疾風に相談する。」
 彼は、彼女が言う本筋を掴めていなかった。>疾風

1日前 No.1224

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ



>>闇

疾風「本当に…バカ。心配しかしてなかった。」

そういって眉根を寄せて

疾風「全部の言葉の意味を分かってくれなくてもいいけど…お願いだから消える前に一言ください」
そういって失笑して

疾風「鈍いのはいつも通りだね。」

そういって笑って

1日前 No.1225

豹羅 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


奏葉》
豹羅「バカ、聞いてなかったか?
摘出は無理だ。
せめて吐かせることでちょっとでも新しい毒を出させる。
めっちゃおう吐させるんだぞ。
いいのか?」



零》
狼華「もうダメ!」

零の大きな体に抱きつく。

狼華「その気持ちだけで、いいから...」

虎幸「はぁ...カエンだよ。
深いことはわからない。
他にも能力を隠している可能性もある。
それに、弱点をつくってことは、君が身体能力は高くないのもばれるんだよ。
豹那の戦いは見たことあるんだよね?
あの戦闘力のさらに上を行くんだ。
居場所もわからない」

1日前 No.1226

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ



>>豹羅


奏葉「脳みそぐちゃぐちゃの時期よりもいいじゃん」

そういって施設を空間に作って。最悪。そこで溶かしてしまえばいいからと言って

1日前 No.1227

豹羅 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


奏葉》
豹羅「へりくつ言うな。
豹那、起きてるな。
腹のなかのもん全部出せ。
出せるもん全部だ」

豹那「ッグ...グハッ!!」

四つん這いでおう吐する豹那と、支える豹羅。
反動でか、黒い尾がぴょこっと出てくる。

1日前 No.1228

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ



>>豹羅


廬「少しにおいの成分消しますね…」
そういって薬をしゅっと吹きかけて

奏葉「僕たちは嘔吐なんて見慣れてるから安心して」

そういってっ笑って

1日前 No.1229

@ganma24 ★Android=RWkc7cAWza

「いや、戦闘はしない。端から勝ち目のないことはしない主義だからな、俺がするのは交渉だ。カナンも訳もなく人を殺しにくる戦闘狂ではないだろう。」
 抱きついてきた狼華に零は少し驚きの表情を浮かべながらも、血が出てない方の手で後頭部に撫でる。
「ありがとう、狼華。
……次、疾風が凸する時に俺もついていくことにしよう。だから、大丈夫だ狼華」
 僅かに折れた。>狼華、虎幸

「鈍い?」
 首を傾げた。理解出来なかったのだろう、しばらく考えていたが答えを導けない、だから彼はそれをやめた。
「うん、絶対に一言いう。一言いって何処かに行く。絶対に約束する。だから、約束」
 小指だけを立て疾風の方に向けた。>疾風

23時間前 No.1230

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ



>>闇

疾風「理解できてない」

そういいながら小指立てて。

疾風「うん。俺と約束」

そういって指を結んだ

疾風「もう…いなくならないでね」

そういって顔を隠すように抱き着いて

23時間前 No.1231

豹羅 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


疾風》
豹羅「...お前らがそういうやつらで良かったよ」

豹那「っ、ゴボッ!!
ゴホゴホッ!!」

豹羅「っ、出るもんはでなくて最後は吐血か...。
吐いた血は鮮紅色、重症だ。
もう吐くな、豹那」

豹那「っづ、ッグ...!!」

豹羅「吐いた後はベッドの上でもがいてる。
激しい喘鳴と、痙攣。
あの毒物を求めているような行動。
瞳孔も開きぎみ...」



零》
虎幸「...カエンだ、カナンじゃ違うアニメの主人公だろう。
取りあえず、狼華を泣かせてくれるなよ」

狼華「良かった...」

22時間前 No.1232

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ



>>豹羅

廬「取りあえずこの薬さしますね…。苦しいと思いますけど。耐えてください」

ぶすっと腕に刺す

廬「老廃物を促す作用を促進させる効果と毒の中和を果たしてくれる奏葉特製の薬です」

奏葉「僕、薬剤師みたいなことしかできないからね〜」
なんてのんきに笑って

22時間前 No.1233

豹羅 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


奏葉》
豹羅「痛みはないだろうな...。
ただ、異様な苦しみ様。
中和っつってもたかが知れてる。
烏丸は生かしとくべきだったか...?」

22時間前 No.1234

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ


>>豹羅

廬「疾風がとどめの頭に刀ぶっさしたんですから…」

やれやれと言いたそうに

奏葉「生かしといても意味は無かったと思う。摘発対象だった。だから疾風お姉ちゃんは殺した。
   それでいいと思います。」

奏葉「薬は無増減に作れます。なので、苦しんでる間は鎮静剤で抑えましょう」

22時間前 No.1235

豹羅 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


疾風》
豹羅「嗚呼...。
それができて、飲ませりゃ...幾分はましになって
いつかは、元通りになるのかもな...」

やっと眠って大人しくなった豹那。
暴れたせいで白いからだは擦り傷だらけだ。

豹羅「豹那...」

22時間前 No.1236

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ



>>豹羅


廬「会長さん、多分一週間は毒が抜けません。ドク抜きの薬にはあんまり僕たちは適して無いんです。」

悲しそうに言って

奏葉「あなた。双子さんなんだっけ? だったら血清が作れるかもしれない」

血清が必要だ、しかし親族且つ一等親以内でなければならない

22時間前 No.1237

豹羅 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


疾風》
豹羅「...んな顔すんな。
豹那なら耐えられるぜ。
ずっとこんなとこに一人でいたんだからな」

豹那「...っ」

するっと、豹那の尾が豹羅の腕に緩く巻き付いた。
それを悲しそうに眺めて、頭を撫でた。

豹羅「ん、あぁ、二卵性双生児だが...出来るのか?」

21時間前 No.1238

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ


>>豹羅

廬「もっと強いものを作るには…悪魔の血が必要なんです。対価交換って奴で…。」
そういって解説して

奏葉「兄弟なら出来るよ! 一等親いないだからね」
そういって鎌を構える。血をもらうために

21時間前 No.1239

豹羅 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


廬》
豹羅「...きっと、こいつなら大丈夫だ」

いったん豹那の尾を離して、奏葉を止める。

豹羅「血なら自分で流す。
どんくらいいる?
このコップ半分くらいか?」

21時間前 No.1240

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★Android=fURKbLlI8m


→豹羅

廬「大丈夫…ですかね?」


奏葉「コップ三分の1で足りるよ」

21時間前 No.1241

豹羅 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


廬》
豹羅「任せろよ。
俺たちの妹だぜ」

っくく、と笑って真っ赤で歪な舌をべっと出す。
豹那の腰元から抜き取ったナイフで、舌を傷つけ血を流す。

普通は痛くて悶えるはずだが、豹羅は何でもないように血を流す。

豹羅「...ん、これで良いか?
ちょっと唾液はいったけど」

21時間前 No.1242

@tubasa921 ★PSVita=tOSXVPQZ86

>>豹那、豹羅、疾風


「大丈夫です…
 私は傍にいます。」

 真っ赤な視界、痛み。
 それでも豹那さんを見ていたかった。
 鳫さんに使おうと思ってたけど…仕方ないよね。

「…私の血を使いますか?
 弱くても悪魔の血が混ざっています。」

16時間前 No.1243

豹羅 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


翼》
豹那「ッガァ...ア...」

豹羅「翼...。
今の豹那は、お前の知る強い豹那じゃねぇのに...」

自分も、頑張ろう。
"妹"の、ために。

12時間前 No.1244

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ



>>豹羅


奏葉「まあいっか。除去は出来るから」

そういって血清を作りに薬品室へと向かっていく

廬「時の一族は万全ですが1ではありません。何処かに必ず不備があります。
  それを無くしたいのですけどね…。」

そううつむいて



>>翼ちゃん

廬「疾風は居ないので代弁を。
  純粋な悪魔の血じゃないと駄目なんです。血清よりも強い速攻剤を作るためには悪魔狩りが必要ですし。
  何よりこっちは武力が足りていません…。」

そういって否定を促して

10時間前 No.1245

@ganma24 ★Android=RWkc7cAWza

「あぁ、コナン……カキン……カエン。
 覚えた、カエンだな。」
 ふざけ半分で名前を弄っていた彼だったが、そろそろキレられると思いカエンで定着させた。
「豹那の元に行かなくてもいいのか?行かない方がいいのか……」
 静かに瞬きし四次元的な地図を作り出すと、豹那の情報を提示させた。その姿はあまりにも衝撃的で、狼華には見せたいものではないと思った。
 裏社会に精通している零でもエグいと感じるその姿、家族である狼華がみたら……考えるだけで残酷で。彼は歯がゆい気分に襲われる。>狼華、虎幸

 疾風に抱きつかれて、闇はわなわなしていたが、ゆっくりと疾風の体を腕で抱擁し。強く抱き寄せた。
「うん、居なくならないよ」
 頭を撫でる。頬が紅潮してしまい、それに対しても何故か恥ずかしくて、疾風の顔を直視すると顔が熱くなってしまう。だから、少し上を向いた。>疾風

8時間前 No.1246

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ



>>闇


強く疾風は抱きしめれて、幸せを感じる。
頭を撫でられる。暖かかくって。うっかり笑みが出てきてしまいそうになる

疾風「闇だって、顔赤いじゃんっ」

そういって頭を撫でて

7時間前 No.1247

@tubasa921 ★PSVita=tOSXVPQZ86

>>豹那、豹羅、疾風


「そうですか…
 お役に立てなくて残念です。」

 唇を噛んで俯いた。

「悪魔の血…」

 黒羽に行ってみる価値はある。
 …行ってみようか。

5時間前 No.1248

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ



>>翼ちゃん

廬「狩りに行くには能力者いっぱいいないといけないんです。
  奴ら、等価交換しかしないですから」

そういって止めて

廬「僕たちの能力者+して後三人くらい武闘派の人がいないと。倒せないんです。」

そういって悲しそうに笑って

5時間前 No.1249

@tubasa921 ★PSVita=tOSXVPQZ86

>>疾風


「狩る、とは言ってないでしょう?」

 微笑み、翼を現す。
 片方の翼が黒い翼に変わっていた。
 ちゃくちゃくと悪魔に体がなっているのを実感させられた。

「少し出掛けてきます。」

 そう言うと、飛んでいった。

5時間前 No.1250

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ



>>翼ちゃん



廬「薬の効果あとちょっとしか無いんですよ!?」

そういってワープして

廬「真面目にだめです!」

そういって

5時間前 No.1251

豹那 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

4時間前 No.1252

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ


>>豹羅


廬「僕たちとあった二人たちにはチートだ言われますけど。
  僕たちは実験体動物でしたから。チートも当たり前なんです」

そういって


廬「まだ、血清を作ってるみたいなので、少し御話でもしましょうか」

そういって笑って

3時間前 No.1253

豹羅 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


廬》
豹羅「そうか、ならもっと話さねぇとな」

豹那がすやすや眠っているのに安堵し
ベッドから離れてカーテンを締める。

豹羅「ほれ、珈琲。
思えばお前と話したことそんななかったか?」

3時間前 No.1254

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ



>>豹羅


廬「コーヒありがとうございます」
そういっておいしそうにブラックで飲んで

廬「僕と話す人、そんなにいないですからね…どうしても」

自分の戦闘の時の乱雑さを思い出して

3時間前 No.1255

豹羅 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


廬》
豹羅「そうなのか?
豹那は案外認めてるぞ、お前を」

珈琲を流し込んで廬を見やる。

豹羅「お前、確か蒼羽の...なんだ...?」

3時間前 No.1256

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ



>>豹羅

廬「会長は認めてくれてるのかもですね…」

廬「僕たちには、人間の過去があります。その時の、恋人です。」
そういって淡々といって

廬「僕の姿はあんまり見かけない人も多いですけどね…」
そういって苦笑して

3時間前 No.1257

豹羅 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


廬》
豹羅「そうか、前世...とも、また違った頃の恋人か。
良いねぇ、恋人になれるってのは」

豹那と同じ種類の煙草を取り出そうとするが
今いるのが保健室であるのを思いだししまう。

豹羅「人間の姿見したやつは山ほどいる。
その中から、好きで結ばれるって素晴らしくね?」

3時間前 No.1258

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ



>>豹羅

廬「恋人だっただけです…」

そういって

廬「それ、僕、一回死んでますから。」

そういって笑って

2時間前 No.1259

豹羅 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


廬》
豹羅「それもそうか、ックク」

くつくつ笑い、唇をなめる。

豹羅「...唾液入れちまって悪かったとは思ってるよ、さっき。
舌しか思い付かなかったんだよ」

2時間前 No.1260

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ



>>豹羅


廬「ちょっと苦労してるみたいですけど時期に出来ますよ。」
そういって苦笑して

廬「腕切るとかでよかったんですけどね」

そういって

2時間前 No.1261

豹羅 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


廬》
豹羅「悪いとは思ってる。
それに腕じゃいてぇだろ?」

2時間前 No.1262

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ



>>豹羅

廬「いたかったら疾風が治してくれますのに」

そういって

廬「舌の方が痛いと思うんですけど…」

2時間前 No.1263

豹羅 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


廬》
豹羅「平気だよ。
...俺な、あの親どもが大嫌いでよ...。
豹那が傷つけられてるのとか見てて、心が病んでいたんだ。
ある日さ、親が剃刀しまい忘れていたんだよ。
だからそれとって...表面、削いで、神経抜いたんだよ。
その痛みに比べれば、今みたいなのどうでもないんだ。
舌だけ、痛みないから」

2時間前 No.1264

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ



>>豹羅

廬「…大変だったんですね」

そういって珈琲飲んで

廬「僕たちも、モルモットですから…。あんまりいいことではないですけど
  奏葉が壊してくれたので、この学園に来ることが出来ました。」

そういって笑って

2時間前 No.1265

豹羅 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


廬》
豹羅「どうせやったのは俺自身だ。
それに、今此処に居れるなら十分じゃねぇか。
今が..」



豹那「ッグ...ア...!!」

2時間前 No.1266

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ



>>豹羅

奏葉「いいな話のとこ失礼だよ! 薬出来た!」

ぴょんと飛んできて

廬「だそうです。ちょうどタイミングもいいですし、打ち込んでみますか…?」

1時間前 No.1267

@ganma24 ★Android=RWkc7cAWza

「よし、虎ちゃん、狼華、豹那の元に行こう。」
 豹那の体調も良くなってきている。先程より健全な姿だろう。彼は立ち上がり、服のホコリを払うと部室の扉を開けた。>狼華、虎幸

 顔の赤さを指摘され、闇の少し赤い顔は茹で上がったタコのような赤さになった。咄嗟に影を集め、黒いヘルメットを頭のあたりに作った。
 息を大きく吸い、強く吐いた。
「よし、心が落ち着いた。」
 静かに自分に言い聞かせるように呟いた。
「疾風、今からどうしよっか」
 連日仕事続きだった彼に、暇はとても苦痛であったりする。休暇を与えられても、する事がなく、筋トレに一日費やしたりしていた。
 そして、恥ずかしさを軽減させる為でもあった、その発言は。>疾風

1時間前 No.1268

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ



>>闇

疾風「あ、また赤くなった」

そういって笑って

疾風「うーん。普通に生活するだけでもいいとは思うんだけど…。
   少しでも憂さ晴らししたいならトレーニングでもする?」

そういって首をかしげて

1時間前 No.1269

豹羅 @hyouna ★Tablet=Olm8dn84ke


奏葉》
豹羅「奏葉!
良いタイミングだぜ、頼む!
...豹那、ごめんな」

豹那「ギャアアア...!!!」

牙をむき出しにして暴れる豹那を、豹羅が羽交い締めにする。

豹羅「奏葉!!」




零》
虎幸「虎ちゃん...」

狼華「虎兄早く!
豹姉、苦しんでるよ!
私には視えるもん!」

虎幸「僕だって聴こえてるよ!
ってか乱用するんじゃない!」

18分前 No.1270

疾風 @yuika10☆/I6eiMaHxFai ★bGyEkAoikT_scQ



>>豹羅、会長

奏葉「はい」

そういって腕にぶっさす。

廬「会長! すぐ楽になりますからね…」

そういって顔を見つめる

9分前 No.1271
ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる