Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(74) >>

聖狂夜神海純禁道学園 【訳あり】

 ( 学園ごっこ )
- アクセス(151) - いいね!(0)

ゼロ @0917yu ★3DS=wElgy0qrEE

チリンチリンと鈴の音。
そこには黒猫の様な男の子?が門の前に居た。
ニタァと笑いながらアナタに話しかける。
?「初めまして。君はいろんな学園に受け入れてくれなかったんだ…。
あれ?知らないんですかー?
ココは、大変な問題を持っている生徒が入学するところなんですよー?
つまり、入学先がない様な生徒をここに入学させる。
君はそうなんですよねー?
僕も問題抱えているしね。
まぁ、まずは、これ出してくださいねー?」
【入学届】
名前
読み(漢、英だけ。)
性格
容姿
服装(私服OK)
理由(何故他の学園で入学出来ないのか)
備考

?「僕のはコレねー。」
【入学届】
名前 ゼロ
読み
性格 猫かぶり、表はほんわか、裏は腹黒
容姿 黒髪、黒眼鏡、黒目のつり目
服装 黒の制服、リング、チョーカー
理由 殺人鬼
備考 殺すときはナイフか、日本刀。奇術師、詐欺師。猫っぽい。
   名前忘れた。ゼロは好きな数字の0だから。

ゼロ「にゃははっ、楽しんでねー。
これから増えていくよー。」
黒笑いをしながら、学園に戻っていく。
「あ、そうそう!ルール教えなきゃ駄目じゃん。
紙見たら分かるよー。」
ピラッ。
〜ルール〜守らないとお仕置き(牢獄入りかもねー)
1 恋愛禁止
2 死ぬこと禁止、殺し合い禁止
3 ココのルールを守る、メビもー
4 勝手に居なくなんなよー
〜ルール〜必ず守ること
ゼロ「早く入学してねー。待ってるよー。」
バイバイーと手を振り消えていった。

7年前 No.0
ページ: 1 2

 
 
↑前のページ (24件) | 最新ページ

アルジェルド ★PSP=FP53J44p8g

ゼロ>>
【すいません寮は薔薇寮】

7年前 No.25

ゼロ @0917kuro ★IC9QWdSbre_KMC

アルジェルドさん
「え、だって普通の人間として重大な方なんじゃ?
偉い人しか覚えていないって、
他の方はどーでもよかったんですか?」


「え…作れるんですか?
てか、なんでそんな怖い顔して言うんですかー?」
「美味しいかは人間それぞれ違いますよー。
まずいの飲んだらとにかくヤバいです。」
ニヤニヤして言う。

7年前 No.26

季利 怜人 ★n11J3QG74v_KMC

「あはは、頭おかしいから使えている能力なんですけどね。人生なんて簡単に狂うし」
可笑しそうに笑いながら
ゼロ≫

「二回目だよ」
笑いながら言う
「面白いですね〜」
敬語だったりタメだったり、意味が分からない
葵≫

7年前 No.27

Q8755 ★4u76YT4CPt_R5O

ゼロさん〉〉

【8才なんて設定いいですか?w】

「ち・・超能力だ・・だなんて そ・・・そんな」
モジモジしている 恥ずかしんだろう

「よ・・・よら よろ・・シク おね・・・お願いし・・します」
顔を赤らめてやっとの事口からでた

「うあぁぁぁぁ」
しゃべれた自分と知らない人だらけの環境に驚いたのか近くの木陰に逃げてしまった

【こんな奴だけど皆さんよろしくお願いします】

7年前 No.28

@musiclike☆TuN2YhF6Lerh ★3DS=6GJKgsOUqJ

ゼロ>>>
「頑張れば作れるんじゃないですか?」
首をかしげる。
「ええっ!!私、怖い顔してましたか?」
怖い顔をしたという自覚がないようだ。

怜人>>>
「2回目ですか?
私、おもしろくないですよ?」
少し驚きながら言う。

7年前 No.29

クルン ★JmMAwOsBq1_nXr


ゼロさん>>
「スイマセンせんねぇー」
怒ったような口調だか顔は無表情

葵さん>>
「葵って、もしかして・・・」

7年前 No.30

アルジェルド ★PSP=FP53J44p8g

ゼロ>>
「・・・そうかも知れないね・・・
確かに重要な存在だろうね。でもね
別に他の人はどうでもよかったとは思っていなかった。けど
殺人者である私にはどうにもできないからね。
多分、私が逝かせた偉い人の町や都市は無くなっているかもね」

7年前 No.31

@musiclike☆TuN2YhF6Lerh ★3DS=6GJKgsOUqJ

クルン>>>
「あなたの考え、多分あってますよ。」
笑顔でそういう。
「一応聞きますけど、あなた、未留来でしょう?」
首をかしげる。

7年前 No.32

クルン ★JmMAwOsBq1_nXr


葵>>
「私の考え…?(自分の考えが何かをわかっていないwww)が、あってる…?」

「そうだよ。未留来だよ。よくわかったね。履歴とか見たらわかるものか…」
「クルンって名前のセンス、無いだろ?」

「理由もそうゆう設定にしてあるだけで本当は…それに、名前も…」

7年前 No.33

秋桜麗愛 ★GCKVZZbaOc_nXr

ゼロさん
「こちらこそ、宜しく…」
無表情で

7年前 No.34

クルン ★JmMAwOsBq1_nXr

秋桜麗愛さん>>
「初めまして。よろしく………」
「仲良くしていただけると、嬉しいです…」

葵>>
「私も一応聞いておくが、姉と妹どっちだ…?」
「薄々としか見分け?がつかん。」

7年前 No.35

ゼロ @0917kuro ★IC9QWdSbre_KMC

怜人さん
「可笑しい?本当に可笑しいのは頭が腐った、憎たらしい奴なんじゃ…。
怜人さんは可笑しくない方ですよー。
そうですねー、簡単に全てが狂ってしまう。」
ニコッと笑う。

Q8755さん
「そんな恥ずかしがらずに…。
もっと近くに来て話さないー?」
ニコニコして少し近づく。
【分かりました。呼びタメで良いですよー。】


「素質がないから無理ー。
ちょっと怖かったかなー?」
ニコニコする。

クルンさん
「怒りましたか…?
ごめんなさい。バカで。」
【呼びタメ良いですよー。】

麗愛さん
「よろしくお願いしますー。麗愛さんって何歳ですかー?」
【呼びタメ良いですよー。】

7年前 No.36

秋桜麗愛 ★GCKVZZbaOc_nXr

ゼロ
「16歳です…」
無表情で

クルンさん
「こちらこそ、宜しく…」
無表情で

7年前 No.37

☆TuN2YhF6Lerh ★3DS=6GJKgsOUqJ

クルン>>>
「いや、わかってないならいいです。クルン、可愛いと思いますよ?」
なぜセンスがないと言うのだろう?と不思議に思いながら聞く。
「・・・?名前がどうしたのですか?」
首をかしげて聞く。
「私は姉です。ここでは僕をやめて私にしてみたんです。」

【ゴメンね?勝手に履歴見て。】

ゼロ>>>
「素質・・・ですかぁ〜。なんか難しいですね。
怖かったですか・・・。以後気を付けます。」

7年前 No.38

クルン ★JmMAwOsBq1_nXr

ゼロ>>
「ちょっとだけ・・・」
「呼びタメでいいぞ。(なぜか上から目線)」
「タメは気が向いたら使う…てか使ってる…」

秋桜麗愛さん>>
「はい・・・(♪)」
顔は無表情 心の中はちょっとうれしいと思っている
「16歳…いいな・・・」
羨ましそうな感じ

7年前 No.39

クルン ★JmMAwOsBq1_nXr

葵>>
「かわいいか?よかった・・・」
「ちなみに‘狂う”からとった」

「いや、何もない…」

「やっぱりお姉ちゃんだったか…」

「僕やめたん?…私は時々、俺を使う…」

【履歴は見ても、別にいい。私こそ、ゴメン。葵の履歴見た…】

7年前 No.40

葵&輝☆TuN2YhF6Lerh ★3DS=6GJKgsOUqJ

クルン>>>
「かわいいです。狂うからとったんですか。
そうですか?
はい、姉です。僕は使いますよ。でも、いまのキャラに僕は合わなかったので。
俺ですか。カッコいいですね。」

【別にいいよ。僕の履歴見て、驚かなかった?】

7年前 No.41

クルン ★JmMAwOsBq1_nXr


葵>>
「うん。」

「うん、何もない。」

「僕使うんだ。良かった…」

「俺って変だと思わないの?」

【全然驚かへんかった。てか名前別んとこのやつになっとる…】

7年前 No.42

☆TuN2YhF6Lerh ★3DS=6GJKgsOUqJ

クルン>>>
「僕使いますよ。なんでよかったんですか?
変とは思いませんでした。私も家では俺とか使います。」

【本当?よかった。】

7年前 No.43

クルン ★JmMAwOsBq1_nXr


葵>>
「なんとなく。いっつも僕使っとったから」
「よかった・・・俺は普通に友達とか先生とか家族には言わない。」

7年前 No.44

葵&輝☆TuN2YhF6Lerh ★3DS=6GJKgsOUqJ

クルン>>>
「なるほどです!!
そうなんですか?私は家族の前だけで、たまに言います。」

【落ちます!!】

7年前 No.45

季利 怜人 ★n11J3QG74v_KMC

「面白いじゃないですか。」
くすくすと笑いながら
「前までの僕の周りよりは・・」
葵≫

「いえ、・・・もう、狂っている、のかも、ね・・・僕、は」
途中からしゃがみ込んで、苦しそうに息をし始めた
「・・ちょ・・・。・・・体力、あんま・・・持たない、んで・・・」
ゼロ≫

7年前 No.46

ゼロ @0917kuro ★IC9QWdSbre_KMC

麗愛さん
「え…年上?
お姉さん大人っぽいねー。」


「あー別に気にしてませんし。大丈夫ですよー。」
ニコニコした顔。

クルン
「では、遠慮なく。
そういえば気になっていることがあるんですがー。
年なんさいですかー?」

玲人さん
「大丈夫ですかー?
あんまり無理しないで?
酸欠かな?ちょっと休みますー?」
慌ててない様子。しゃがんでニコニコして言う。

7年前 No.47

葵&輝☆TuN2YhF6Lerh ★3DS=6GJKgsOUqJ

怜人>>>
「おもしろくないですって。
もう、なんで笑うんですか?」
なんで笑っているのかが分からないらしい。

前までの周り・・・。」
誰にも聞こえないぐらいの声で呟く。

ゼロ>>>
「そうですか。でも、してたときは教えてくださいね?」
笑顔で言う。(笑顔は全て作り物。)

7年前 No.48

ゼロ @0917kuro ★IC9QWdSbre_KMC

皆さん
「皆さん寮を決めてくださいー。
でないと勝手に決めますよー?
蜘蛛寮と、薔薇寮と、聖珀寮ですー。
夏休みのイベントに関係があるんで早めに決めて言ってくださーい。」


「はいはーい。
そういえば、葵ってどこに住んでいたのー?
なんにも知らないからさーいろいろ知りたいー。」
ニコニコしながら、話す。

7年前 No.49

季利 怜人 ★n11J3QG74v_KMC

「いえ・・・大丈夫、です・・・」
しばらくして顔をあげると、何事もなかったかのように微笑む
「ね?」

「明るい感じの名前が好きなんで、聖珀寮?」
適当だなぁおい
ゼロ≫

「い、いえ、ごめんなさい。」
苦笑して、笑うのを止める
「・・・どうかしましたか?」
異常聴覚という超能力は、通常自動機能します
葵≫

7年前 No.50

憶夜 翔妬 ★4u76YT4CPt_R5O

ゼロ〉〉

「うぅ」
近づいてくるゼロに困惑の表情

「うあぁ」
すぐ木陰に隠れてしまった

「ご ごめんなさい!」
木陰から何故か謝る声が聞こえた

【じゃあお言葉に甘えてw】

7年前 No.51

Q8755 【58】 ★4u76YT4CPt_R5O

↑【名前間違えましたすみません】

7年前 No.52

☆TuN2YhF6Lerh ★3DS=6GJKgsOUqJ

ゼロ>>>
「よろしくお願いします。」
僅かに微笑む。(作り笑顔)
「わ、私ですか?」
すんでいた場所を聞かれて少し驚く。
「・・・ごめんなさい、過去の記憶はないんです。
どんなに悲しいことがあったとしても、自分の記憶だから思い出せたらいいなとおもっています。」
どこか悲しそうに目を伏せて言う。

怜人>>>
「別に気にしてないですから。」
無表情で言う。
「え、あぁ私、過去の記憶がないので・・・。」
そこで声が途切れる。
そしてそのまま、頭を手で被いその場にしゃがみこむ。

7年前 No.53

季利 怜人 ★n11J3QG74v_KMC

「・・・・?・・大丈夫、ですか・・・?」
心配そうに聞く
「・・。・・?」
葵≫

7年前 No.54

☆TuN2YhF6Lerh ★3DS=6GJKgsOUqJ

怜人>>>
「だ、大丈・・・夫です。」
ヨロヨロと立ち上がる。
「少し頭痛がするぐらいですから。」
痛さに顔を歪める。

7年前 No.55

季利 怜人 ★n11J3QG74v_KMC

「頭痛?」
と、葵の額に手を当てる
「ちょっと、熱いかもだけど、我慢してて」
と言うと、手が在り得ない程熱くなる
葵≫

7年前 No.56

葵&輝☆TuN2YhF6Lerh ★3DS=6GJKgsOUqJ

怜人>>>
「・・・!!は、はい。」
額に手があたっていることに驚く。

7年前 No.57

クルン ★JmMAwOsBq1_nXr


ゼロ>>
「12歳…」
「寮?絶対に入らなければいけないのか?ならば、勝手に決めてくれ…寮なんて…どうで、も・・・」
無表情
「お前は何もかも棒読みだな」
呆れたような声

あおい>>
(葵…も…?いや…ちょっと違うか…)心の声
「葵…大丈夫?熱…?」

季利怜人さん>>
「初めまして。よろしく・・・」
(気安く葵に…怒)
【タメ呼びでいい…】

これから男子には「お前」    (男子には異様にムカt(殴   特に…)
女子には名前で呼びます…

7年前 No.58

季利 怜人 ★n11J3QG74v_KMC

「・・・。・・・あ、危ない危ない・・」
手を当てたまま呟く
「記憶消すとこだった・・・」
いやお前何してんだ
葵≫

「うん、ごめん、手伝ってくれたら嬉しいんだけど」
クルンを見て言う
「熱かなぁ・・・?・・だったら効果あるはずだけど・・」
クルン≫

7年前 No.59

☆TuN2YhF6Lerh ★3DS=6GJKgsOUqJ

怜人>>>
「記憶・・・ですか?」
なぜか疑問系。
「別に消えてもよかったのに。」
誰も聞き取れないような声で呟く。

7年前 No.60

季利 怜人 ★n11J3QG74v_KMC

「え、そんなの、僕が困るよ・・・。」
苦笑する
「原因、特定できるかな?」
葵≫

7年前 No.61

☆TuN2YhF6Lerh ★3DS=6GJKgsOUqJ

怜人>>>
「そうですね。ごめんなさい。」
ニコッと笑う。(偽物)
「えっ、何の原因ですか?」
本当にわかっていない。

7年前 No.62

季利 怜人 ★n11J3QG74v_KMC

「・・消してほしいなら、消すけど」
と葵に聞こえるくらいに呟く
「うん、頭痛の原因。今、もう大丈夫?」
葵≫

7年前 No.63

☆TuN2YhF6Lerh ★3DS=6GJKgsOUqJ

怜人>>>
「えっ!?だって私、過去の記憶ないんですから消しても変わりませんよ?(嘘。本当は過去の記憶はちゃんとある。でも、とても悲しい過去だから、他人には教えない。しかし、彼女の過去をしっている人物が一人だけいる。)」
怜人に聞こえるか聞こえないかの声で呟く。
「頭痛の原因ですか。はい、今はもう大丈夫です。」

7年前 No.64

クルン ★JmMAwOsBq1_nXr


葵>>
「あ、よくなった?良かった…」

季利怜人>>
「葵の頭痛、よくなった…」
「手伝う必要、無くなった…」
「ごめん。季利、葵…」
なぜか葵にも謝る。

7年前 No.65

ゼロ @0917kuro ★IC9QWdSbre_KMC

怜人さん
「ホントだー。キツイときは言ってくださいねー?」
首をかしげ、ニコニコする。

Q8755さん
「え…謝らないでよー。話そー?」
ニコニコしている。


「ま、人間いろんな過去があるからねー。
思い出したら言ってよー?」

クルン
「え、ホント?僕も12歳ー。
同じ年だー。嬉しー。」
1人で盛り上がる。

7年前 No.66

彩乃 ★jLZxD7julq_XaU

【入学届】
名前小熊 あやの
読みおぐま あやの
性格つめたい
容姿銀色の髪 金色の瞳
服装はーとのマークが入った半袖Tシャツ ズボン 素足
理由暴力的 不良すぎる
備考いろんな傷害事件をおこしたから

7年前 No.67

ゼロ @0917yu ★3DS=wElgy0qrEE

彩乃さん
「不良ですかー。
良いですよー。入学おめでとうございまーす。
あ、寮決めてねー。
蜘蛛寮、薔薇寮、聖珀寮の3つでーす。」

7年前 No.68

★3DS=6GJKgsOUqJ

クルン>>>
「はい、もう大丈夫です。」

7年前 No.69

クルン ★JmMAwOsBq1_nXr


ゼロ>>
「同い年かよ…(ch(殴 )別にええけど・・・」

彩乃さん>>
「初めまして。よろしく。タメ呼びでいい。」

葵>>
「ホントよかった…」


ちなみにキレたらやばいんで★
そこらへんよろしく・・・

7年前 No.70

★3DS=6GJKgsOUqJ

ゼロ>>>
「わかりました。」
無表情。

クルン>>>
「ご心配おかけしました。」
礼をする。

7年前 No.71

クルン ★JmMAwOsBq1_nXr

葵>>
「いやいや」


「誰か…いるか…?いたら…」


ゼロ>>
【この学校って夏休みないのか?】

7年前 No.72

ゼロ ★AU=NrScArrzGG

クルン
「えー…嫌?同じ年ってなかなか居ないよねー。」
【あるよー。今夏休み。9月2日まで。】

「うんー。なんで笑わないのー?」

皆さんへー
【しばらく来れなくなりましたー。
なのでかわりにしてもらいたいと思います。
僕のかわり、まぁ、いろいろイベントなんかをしてもらおうと思います。
皆さんで決めてくださーい。】

7年前 No.73

クルン ★JmMAwOsBq1_Tdi

ゼロ>>
「別に嫌ではない…」
【うん。ありがとう。】

【はい、行ってら】

7年前 No.74
ページ: 1 2

 
 
この記事は学園ごっこ過去ログです
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>