Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(487) >>

給食を残す

 ( 議論掲示板 )
- アクセス(2719) - いいね!(1)

ハニー ★nzUaiJEbXLA

給食を残す人を見てどう思いますか?

私は、よくないと思います。

あんな安い値段であれだけ栄養がとれたものを食べれるのはスゴいことです。
しかもおいしい。
私立の中学校とかには無いっぽいですし...

でも今平気で残す人が大勢います。
「マズイから」「ダイエットのため」

給食についての問題がテレビでやっていました。

給食を残すというのは、良くないと思いますが、みなさんは給食を残すことに対して賛成ですか?反対ですか?

2006/11/28 21:09 No.0
ページ: 1 2 3 4 5 6


 
 
↑前のページ (437件) | 最新ページ

@private11 ★iPhone=THOXsQciHT

「病む」っていっても、なにをもって「病んでいる」とするのかの話になるけど、それはとりあえずは措いとく。

2年前 No.438

ttt @bossbitter ★Tablet=1TRFHBAzy8

食生活の乱れによって、正しい食生活で回避できるはずの
生活習慣病やその他の病気が蔓延する

医療費が増大する

国民の払う税金が増大する


国だって国民だって負担が増えるのは嫌ですよね。
そうならないようにするのが食育です。


なお、本題である給食を残すことに関しては、それ自体は特に問題と思いません。
色んなケースがあるでしょうしね。
自分が何を食べられて、何を食べられないのか
どんなふうにすれば食べられるのか
そういった様々な経験も含めて食育だと思います。

2年前 No.439

@private11 ★iPhone=THOXsQciHT

「勉強とかは」と言ってるけど、それについては、食だけが「原因」とは言えないけれど、つぎのようには言えるよ。
たとえば、筋肉の増強には、筋肉をトレーニングや運動で傷めつけて、休息と栄養により、超回復を起こすっていうのがあるんだけど、トレーニングばかりして飯を食わなけりゃ、筋肉は傷んだ状態からろくに回復できず、トレーニング前より筋肉が衰えたりするわけだ。骨の発育にも似たところがある。
それなのに、「勉強とかは」と言って、食事を重大ではないとするのはおかしい。女の子の場合なら、生理不順とか、生理不順の軽重とか、下手すりゃ閉経ってことにもなる。

そりゃあ「ただ生きのびる」ことだけで言えば、ホームレスが残飯を漁っていくだけでも「生きてはいける」けど、上述のように、食事ってのは大事なもんなわけよ。栄養という面だけではなく。

あなたの「食育」に対する忌避感は、坊主憎けりゃ袈裟まで憎いってのと同じ。そうじゃなく、「食事に対するあの教師の考えが間違っている」とならないのはなぜ?

2年前 No.440

@private11 ★iPhone=THOXsQciHT

国がどうとか「国民」がどうとか関係ない。自分が接する誰か、生徒である◯◯さんとか息子である□□とか、そうした者たちに対する態度こそ根本的なところ。

2年前 No.441

ttt @bossbitter ★Tablet=1TRFHBAzy8

>>441
俺達には関係ないことだぜ!やりたいやつらだけ勝手にやってりゃいいんだよ的な方々には
巡り巡って、自分の財布が軽くなるイメージは有効かと。

2年前 No.442

人それぞれ @yoshihiroh ★DOCOMO=W3XyIZt3gD

あぁ…んと、例えば野菜。その野菜が全てが嫌いじゃなく、人参が無理とか胡瓜がダメとか、一部のモノでも食べろと、先生が睨みを効かす。
「あからさま」は、例えば、胡瓜が嫌いな人は、サラダにスライスが入っているだけで、そのサラダ全てが食べられなく為ります。口に近付けるだけで嘔吐します。食べ物って、嘔吐してまで食べなきゃダメなのでしょうか?私は、それこそ体に悪いと思いますが?
私は、野菜・肉・魚の内の何れかしか食べない人の方が、体に悪いと思いますが?
肉でも、鶏肉以外は食べられるとか、魚は鯖以外は食べられるとか
それでも、無理矢理食べさせなければいけないのでしょうか?

2年前 No.443

@private11 ★iPhone=THOXsQciHT

「俺達には関係ないことだぜ!やりたいやつらだけ勝手にやってりゃいいんだよ的な方々には
巡り巡って、自分の財布が軽くなるイメージは有効かと」
レトリックにすぎない。
また、弁当にすりゃ「国民」の負担は減るって話だろうけど、紹介した記事のように授業や給食への取り組みを工夫してくれるんなら、全学校校を弁当にするより「負担の重い」給食制度をそりゃあ支持するわ。

2年前 No.444

ttt @bossbitter ★47SDTnafHr_pDw

>>443
誰も無理やり食べることが食育だと発言していないなかで
あなたが挙げた問題は、食育の問題、教育現場の問題どちらだと思いますか?

2年前 No.445

ttt @bossbitter ★47SDTnafHr_pDw

>>444

>全学校校を弁当にするより「負担の重い」給食制度をそりゃあ支持するわ。


仰るとおりですね。
負担とは金額的な部分のみに因りません。
弁当を作ることもまた相当な手間なので。しかも食育を意識するとなるとね。

2年前 No.446

@private11 ★iPhone=THOXsQciHT


「その野菜が全てが嫌いじゃなく、人参が無理とか胡瓜がダメとか、一部のモノでも食べろと、先生が睨みを効かす」
嫌い程度なら、一口でも食べろとかちゃんと言ってくれるのはいいことだよ。

「口に近付けるだけで嘔吐します」
それはそれですでに「異常」だなぁ笑
で、これ、譬え話じゃないんだよね? 私はあなたやあなたの友達がどうだったのかを訊いたんだから。
譬え話じゃないんだね? あなたの友達やあなたの話なんだね?
で、卵アレルギーに言及しながらすでに言ってあることだけど、こんなんだったら食わせるほうが悪いよ。それは教師自身にとっても、だ。

「嘔吐してまで食べなきゃダメなのでしょうか?私は、それこそ体に悪いと思いますが?」
あなたの「食育」に対する態度は坊主憎けりゃ袈裟まで憎いと変わりゃしない、ってのに、あなたはなにも答えていない。

2年前 No.447

@private11 ★iPhone=THOXsQciHT

「仰るとおりですね。負担とは金額的な部分のみに因りません。弁当を作ることもまた相当な手間なので。しかも食育を意識するとなるとね」
その「負担」は親が負うべきもの。晩飯や朝飯や休日の部活や自宅での昼食などからして、不可避の「負担」。
もっとも、焼肉を食いまくったりとかも「悪く」はない。健康マニアってのはともすればすでに病的だし、食事を「栄養摂取」と勘違いしてるから。
たとえば、「脳トレゲーム」とかを老人ホームで使ったら老人たちによい影響が出た、みたいな話には、そのゲームをみんなでやるというレクリエーションにおいて、賑やかに楽しんだりするということの影響が度外視されていた、って話があるように。

2年前 No.448

人それぞれ @yoshihiroh ★DOCOMO=W3XyIZt3gD

嘔吐してしまう=嫌い。嫌い程度と言われ続けられて、無理矢理食べさせ様とする=病んでしまう。

分からない様に工夫するとか、味を分からない様に工夫するとか、匂いを分からない様に工夫するとかしないまま食べろと言われても、無理なモノは無理なのです。我が儘なのは分かっています。でも、苦しい思いをしてまで、無理に食べたいとは思いません。それでも食べろと言うのは、食べられない人からすれば、拷問以外のナニモノでないです。(なった人しか分からないと思います。私は親に、そんなに食べさせたいなら、工夫して欲しいと懇願しました。それで、克服出来た物も有りますが、それでも、駄目なものは駄目なのです。)

2年前 No.449

ttt @bossbitter ★Tablet=1TRFHBAzy8

>>449

>それでも食べろと言うのは


誰が述べたのですか?

2年前 No.450

弾丸論破 @feegkamura ★fuc1uWf4yl_m9i

>>432

>食育なんてナンセンス。何でも食べなきゃ生きていけない訳じゃ無し。

生きていけないわ。
貴殿の人生から大好物取っ払ったらどうすんよ?www

2年前 No.451

★iPhone=IBJytsV8Nj

「嘔吐してしまう=嫌い。嫌い程度と言われ続けられて、無理矢理食べさせ様とする=病んでしまう。
分からない様に工夫するとか、味を分からない様に工夫するとか、匂いを分からない様に工夫するとかしないまま食べろと言われても、無理なモノは無理なのです。我が儘なのは分かっています。でも、苦しい思いをしてまで、無理に食べたいとは思いません。それでも食べろと言うのは、食べられない人からすれば、拷問以外のナニモノでないです。(なった人しか分からないと思います。私は親に、そんなに食べさせたいなら、工夫して欲しいと懇願しました。それで、克服出来た物も有りますが、それでも、駄目なものは駄目なのです。)」

誰と話してんの?
「嫌い程度と言いつづけられて」とか言ってるが、まず、野菜がダメとかの話に対して「(それが)嫌い程度なら」と言ってる。
で、嘔吐がどうこう言ってることに対して、「アレルギーに言及しながらすでに言ってあることだけど、こんなんだったら食わせるほうが悪いよ。それは教師自身にとっても、だ」と言ってる。
少なくとも私は、あなたの譬え話に関して「嫌い程度」とかの話はしてない。

本当に口に近づけただけで嘔吐したり、嘔吐してるのにまだ食わせようとしているなら、その教師はヤバいし、懲戒免職もんだ。いくらかの生徒が病院に行ったってのが遠回りの仕返しでないなら尚更だ。
これはもう済んだ話。「吐いても食わせようとしたならその教師ひどいね! よく頑張ったね!」ってことで。
しかしこのことから、「食育」をあなたみたいに非難するのは間違ってると言っている。「でもそっから「食育」がダメってのは違うよね! 本当に吐いちゃうぐらいのものを食べさせるのが「食育」じゃないよね!」と。
その教師が間違っていることから、「食育」が間違っていることにはならない。

自分の言っていることに対して「賛成する人」が自分の言っていることに対して「〈理解〉してる人」である、なんてことはない。
私があなたの言っていることに「その教師サイヤクー!」とかを言わないから、「賛成してくれて」ないと思ってるから、あなたからすれば「理解していない」と思ってるから、「なった人しかわからない」とか言っちゃうんだよ。

繰り返しになるが、それでも、嘔吐しているのにまだ食わせようとしているならその教師は間違ってると、再三にわたり言ってるけどね。

2年前 No.452

★iPhone=IBJytsV8Nj

「>食育なんてナンセンス。何でも食べなきゃ生きていけない訳じゃ無し」
「貴殿の人生から大好物取っ払ったらどうすんよ?www」
ズレてる。人それぞれさんの話は、あなたの言い方を借りれば、「大好物だけ食べてたって生きていけないわけじゃない」って話。なのに「大好物を取っ払ったら」とか。




11分前 >>451 ▼返信

2年前 No.453

★iPhone=IBJytsV8Nj

食育を「栄養摂取」と捉えるなら、結局は、チューブから口や血管に「栄養」を流しこまれて生命活動を維持するのも「食事」になるわけだが、こんなフザけた話はない。
お好み焼きと白米を食うことを「炭水化物で炭水化物を食うとかw」なんて言ってる奴は、「食育」の犠牲者。

2年前 No.454

ttt @bossbitter ★Tablet=1TRFHBAzy8

>>454

>栄養」を流しこまれて生命活動を維持するのも「食事」になる

それはちょっと違うのでは?
極論を持ち出しているのだと思いますが、生命活動の維持イコール自立自由活動ではありません。

また、極めて高レベルの安全性、効率が求められる宇宙食ですら
SFであるようなジェルや錠剤タイプの栄養食ではないし
一般のビタミン剤も体内への吸収率なんて知れている。
栄養を強制的に流し込むにしても、顎を動かさないことによる各種弊害は明らかです。
だから病院食も回復につれて一般食に戻る。

食育から文化継承、家族形成といった栄養摂取以外の部分を省いてなお
食事イコール栄養摂取のみ、では済まされないんですよ。

2年前 No.455

弾丸論破 @feegkamura ★fuc1uWf4yl_m9i

>>453

>ズレてる。人それぞれさんの話は、あなたの言い方を借りれば、「大好物だけ食べてたって生きていけないわけじゃない」って話。なのに「大好物を取っ払ったら」とか。

(゚Д゚)ポカン?
>「>食育なんてナンセンス。何でも食べなきゃ生きていけない訳じゃ無し」

じゃああれか?
大嫌いなものしか食べられない人生であんたは
生きていけますか?
(□□□ ω □□□)

2年前 No.456

@private11 ★iPhone=IBJytsV8Nj

>>455
「こんなふざけた話はない」って書いてるじゃん。

>>456
「(゚Д゚)ポカン?」
言うたら、「嫌いなものなんか食べなくていいでしょ。だって生きてはいけるんだから」って人それぞれさんは言ってるわけ。

「大嫌いなものしか食べられない人生であんたは生きていけますか?(□□□ ω □□□)」
その「大嫌いなもの」が複数あり、ビタミン各種、脂質、たんぱく質、糖分、ミネラルなど諸々の栄養が摂れるなら「生きてはいける」でしょ。そこまでちゃんと摂れなくても、現にそれらをちゃんと摂ってはいない人らが「生きてはいる」ことからして、やっぱり「生きてはいける」。アレルゲンは好き嫌いの範疇を越えてるから省く。
で、そんなタラレバをもちだすまでもなく、「食育なんてナンセンス。大好物だけ食べてたって生きていけないわけじゃない(嫌いなものや好きしゃないものを食べなくたっていいじゃん」ってのは、「食育」を捉えそこなってる。また、あなたの話は、人それぞれさんと同様、「生きてはいける」程度の話にとどまっている。

人それぞれさんの話は栄養どうこうの話ではなく、味わうことや団欒の話でもなく、「教師が上から目線で自分にあれこれ言ってくるのが気に食わない」って話。
もちろん、或る食べ物を本当に吐くぐらい受け付けないのなら、吐いてるのにまだ食わせようとするなら、そこまでして食わせようとするのは微妙なところ。人それぞれさんが言うような「身体に悪いから」どうこうではなく、そこまで嫌いなもんでも食べられたというのを教えることにはなるから。そんなに嫌いなのに食ってみせたなら褒めざるをえない。
そこを踏まえたうえで、そこまで無理に食わせるのが「食育」だってわけじゃないんだから、人それぞれさんの「食育」への態度は、坊主憎けりゃ袈裟まで憎いってのと変わりないし、誤り。
言うたら、物事の「評価」の軸を現在の自分の「好き嫌い(選好)」に置いてることが間違い。好き嫌いは評価ではないが。

2年前 No.457

弾丸論破 @feegkamura ★fuc1uWf4yl_m9i

>「教師が上から目線で自分にあれこれ言ってくるのが気に食わない」って話。

そんなもんここではただの愚痴でしかないわな(□□□ ω □□□)
嫌なら学校行くなとしか言いようがない。

2年前 No.458

軍鶏 @syamo795 ★iPad=Tkh6A9hr4N

>「教師が上から目線で自分にあれこれ言ってくるのが気に食わない」って話。

頑張って模範生にでもなれば少しは良くなると思いますけどね。
社会に出るとあれこれ言われるのは当たり前になるから我慢するしかないですよ。

2年前 No.459

ttt @bossbitter ★Tablet=1TRFHBAzy8

>>457
例え、食事イコール栄養摂取と捉えたとしても、論理的に成り立っていない。
栄養を強制投入しても生きてはいけないのだから
あなたの例え話が誤りであるという指摘ですよ。

>>459
こういった我慢は不要という反論がよくありますが
必要なのは我慢が必要かもしれない場面を経験し、その対処方法を学ぶことなんですよね。
何でもかんでも御膳たてをすると臨機応変対応ができない人間が量産される気がします

2年前 No.460

@private11 ★iPhone=IBJytsV8Nj

「そんなもんここではただの愚痴でしかないわな(□□□ ω □□□)嫌なら学校行くなとしか言いようがない」
んなわけないでしょ。
あなたみたいな人の言うことは決まってる。「嫌なら行くな→行かなかったことで苦労した→自業自得」ってなもん。とても閉鎖的だし、判断基準を「現在の好き嫌い」に委ねている。
つまり、あなたは、ろくな「自己」のない子どもに「自己責任」とかいうのを背負わせる無茶を言っている。
その根底には「自由には責任が伴う」とかいう手垢にまみれた言説だろう。この「自由」を、「自分がしたいことを自分が選んでする」という「近代的な自由」として捉えるなら、生きるってのは無責任であってよいこと。或る時代の或る国の或る家庭に、性別や持病やなんやを考慮して「選んだ」わけじゃないんだから。「産まれたwas born」のであって、自分が自分を「産んだ」わけじゃないんだから。
そして、子どもの「個性」や「自己」なんてのは、家庭を反映したものにすぎない。「個性を尊重する教育」なんてのは、その「個性」というものをその幼児に「あらかじめ備わっていたもの」とするわけだが、そんなわけがない。
つまり、「個性を尊重する教育」ってのは児童の家庭への迎合にすぎない。
このあたりは刈谷剛彦らによる調査における「インセンティブディバイド(意欲格差)」が示しているとおり、「意欲」の在り様は家庭(とくに富裕)」にかなりの程度で規定されている、ということだ。
そうなりゃ、「蛙の子は蛙」とか「武士の子は武士」というように、「生まれ」が決定的だった近代以前に逆戻り。
ここに学校という公的教育機関の意義がある。それは子どもの「家柄」がどんなものであるかに関わらず、子どもの選り好みに関わらず、算数や国語や理科などなどを教える。そういう地盤があるから、「農家の子が美容師に」とか「役人の子が役者に」という、「生まれ」を相対化した在り方ができるわけだ。「家庭・家柄」を軽視するという「上から目線」があるからこそ、そうした可能性を単に「想像可能」というだけの可能性ではなく、実現可能なものとしての可能性として、存在させることができる。
人殺しが「1+1=2だ」と言おうが、地域の名家のお嬢様が「1+1=2だ」と言おうが、それらは等しく「正しい」。
「生まれ」による決定性は「近代以前」と言ったけど、こういうのは、たとえば自衛隊に入りたい子の家族や親戚に政治活動家がいたりしたらマイナス評価を受けたり落とされたりするように、いまなお現在的でもある。そして「個性の尊重」とか「人間性評価」という見目麗しい旗のもと、同様の事態が現代版として再来してる。

「嫌だから〜しない」というのは、嫌悪感や忌避感という「体感的なもの」に、「近いもの」に制限された在り方であり、「嫌なら〜するな」というのは、そうした在り方に人を囲い込むものである。たとえ「嫌なら〜しなくていいんだよ」と耳触り良く言われたとしてもだ。
公的教育の「最後」としての受験や模試における全国偏差値というのは、たとえ自分に「近い」者から「努力」やなんやを褒められても、自分と同じ志望校を目指す人らには劣っていたりするということをまざまざと見せつける。
つまり、「遠い」ものを意識する素地を作り上げるものだ。他人から貶されたということだけで落ち込まない、他人から褒められたということだけで浮つかない、そうした素地を。
虫歯になった幼児というのは、歯医者に行くのが怖いという「現在の」事象に固着するものであり、放っといたらもっと痛くなると言われても歯医者に行きたがらない。「放っといたらもっと痛くなる」とか言われても、それは「まだない」ものだから。
しかし、「嫌なら行くな」なんて話で済むわけがない。無理矢理に抱き上げてでも連れていくべき。子どもってのは、「先」から「今」を見れない者だ。
そういう意味でも、学校というのは、まさしく教育機関だ。受験やテストについて述べたように。つまり、「勉強ができる」というのは、そこらのヒューマニストが言うのとは違って、それ自体で「優れた人間性」の指標なわけだ。
受験や模試やテストという、或る種の急き立ての仕組みは、やっぱり有効。勉強って「嫌な」もんだから。子どもってのは先に言ったように、すでに在るものや、いま在るものに固着している。しかしテストや受験というものがあることによって、長い時間をかけないと得られないものを、「変化」が激しい現代でもなかなか擦り減りはしないものを、それとは知らずに嫌々ながらも得ようとする、そうした「意欲」を実現しうる。
好きなことだけするって、そんな「意欲」なら、猿と変わらない。

「学校に行く」ということ、小学生一年生から六年生までのあいだで「長い時間」をかけて、積み重ね的に、勉強をするということ。こうした勉強は「大人」になってからはできやしない。そしてこうした勉強は、「既知のものに未知を見出す」ということを可能にする。つまり、習慣的になった仕事や、「作業」に堕した仕事に、「なお工夫の余地があるのではないか」というように態度を変え、工夫を試みるという在り方をだ。
たとえばコンビニのレジ。或る客が腕に大きな紙袋を掛けていたんだけど、或る店員はそれを見てか、あの青いお金入れを、財布をまさぐっている客の右手側にスッと移動させた。これは、「痛いニュース」で紹介されている変な警備員の動きや、「コンビニ店員 加藤さん」で出てくるような動きとは違う。
奇特なことをすりゃいいってもんじゃない。ああいう店員の動きはたしかに「新奇」に見えるが、すぐ飽きられる。一発屋と変わりない。むしろ、出勤時のサラリーマンや、疲れているドライバーたちからすれば煩わしいものでしかない。
お金入れを客がお金を出そうとしている手の方へスッと動かす。誰でもできる、言われてみればなかなかいい動き。そこに工夫の余地はないと思われていた、いや、「工夫の余地はない」と明確に意識することのなかったところに、(接客という)目的に適合した工夫を為すことができる。
これが〈仕事ができる〉ということ。

以上により、「嫌なら学校に行くな」なんていいかげんなこと、私は言わない。

もちろん、学校ってのはヒドいイジメがあったりするし、そんなイジメを受けているなら、なにがなんでも学校に行けってのは少し躊躇われる。私なら、できることなら、「転校する準備や余裕は整えておくから、一発でも何発でも、イジメてくる奴を殴ったり噛み付いたりしてこい。授業中にだってかまわない。やらかしてこい」ぐらいのことは言いたくなる。
しかし、「嫌なら学校に行くな」なんてテキトーなことは、断じて言わない。

とくに、弾丸論破さんの話からは、行かなくて苦労したら「自己責任乙」ぐらいのこれまた「自己」とか「責任」とか難しい言葉を軽率に使うことになるのが明らかだから。

2年前 No.461

@private11 ★iPhone=IBJytsV8Nj

「食事イコール栄養摂取と捉えたとしても、論理的に成り立っていない。栄養を強制投入しても生きてはいけないのだから」
「論理的」どうこうについては措いとく笑
顎がどうたら? 「生きてはいける」じゃん。なにが「ですら」なんかわからんけど、宇宙飛行士の場合は負荷が少ないところで長期間滞在することによる筋力低下、からの、地球に帰還した後の生活にそれが与える「悪影響」、ってのがまず挙げられる。「安全性」「効率」とか言ってるけど、あなたは飛行士が地球に帰った後を〈見て〉いないから、そんな話になる。
さらに、宇宙飛行という特殊な環境下においては、食事というのは重要なレクリエーション。味わう、ということが重視される。食卓を囲む、ということも。

で、繰り返しになるけど、顎に障害が起きたらなに? 死ぬの? そっから「生きていけない」に繋がるのかサッパリ。顎に機能障害が起きるとかの話は、顎を動かすとか、咀嚼するとか、嚥下するとかの話でしょ。嚥下する筋力が非常に弱ったら、唾を飲み込むのも危険になりうるってんならわかるけど、それでも「生きてはいけない」わけじゃないし、むしろその話は、結局、「食事を栄養摂取としてのみ捉えた立場」からのものではなく、運動の一つとして捉えた立場からのもの。

たしか5歳から20代まで「脳死状態」のまま身体が成長した例もあるし、20歳ぐらいから23年のあいだ脳死状態だった人もいるように、「生きてはいける」じゃん。
で、問題は、「生きてはいける」ってのは大した話じゃなく、「生きている」とはどういうことかとか、そうした話だ。脳死ってのは「生」を誰の目にも明らかに二重化しているわけだから。

2年前 No.462

ttt @bossbitter ★47SDTnafHr_pDw

>>462
だたの論点ずらしですね。残念です。

2年前 No.463

弾丸論破 @feegkamura ★fuc1uWf4yl_m9i

>つまり、あなたは、ろくな「自己」のない子どもに「自己責任」とかいうのを背負わせる無茶を言っている。

そのための学校給食法なんだけどなぁ( ^ω^)・・・

2年前 No.464

@private11 ★iPhone=IBJytsV8Nj

「たたの論点ずらしですね。残念です」

なに言ってんの。
あなた、帰謬法に即してたつもりなんでしょ。「食事を栄養摂取としてのみ見なす前提から、誤った結論を導き出すことにより、この前提が誤りであることを示す」ってね。
しかし顎の障害がどうたらなんて、咀嚼や嚥下というキーネーシスの話。食事を運動の一つとして捉えている、あるいは、食事の運動的な側面に焦点を当てている。
だから、帰謬法になってない。まずこの意味であなたが書いたことをあなたが「論理的に正しい」というのは、「論理的に誤り」。

つぎね。宇宙飛行士がどうたらってやつ。
「効率や安全性からすれば、ウィダーインゼリーとか点滴のようなものがいいはずだ」
「しかし効率や安全性を重視するはずの宇宙飛行において宇宙飛行士はそうしたものを取っていない」
「これは、生きていくためにはそうしたものが適さないからに違いない」
「だから、生きていくには点滴とかサプリメントとかじゃあダメなんだ」
これ、演繹じゃあない。強いて言えばアブダクションだけど、このアブダクションは私が書いた内容によって弱体化されてる。食事を楽しむということを重視するのは、宇宙飛行という特殊な条件下を鑑みればこれまた尤もなこと。
長期間の低重力下での滞在による筋力低下と、それがもたらす、地球帰還後の生活の不便を考慮すれば、これまた咀嚼の必要のある固形物が重視されるのは尤もなこと。

これによって、あなたの非演繹的な「論理」も正しくはないというのが明らか。アブダクションと言い難いのは、あなた、結論ありきだからね。

で、なにが「論理的」なの? 帰謬法は失敗してたね。アブダクションもどきも相対化されたね。
なにが「論理的」なの?

「勝利宣言」を撤回しろ、なんて言わないけど、私はいつ論点を逸らしたかなぁ?

2年前 No.465

ttt @bossbitter ★47SDTnafHr_pDw

さて、、、
「栄養補給は、給食以外の食事を自由に取得する事、例えばビタミン剤などを接種することでも成り立つはずである。」という意見はありがちですが
これは成り立たちません。ビタミン剤は栄養「補助」食品であり、栄養を自在に身体に取り込めるものではありません。
完全栄養食の研究はありますが、日常生活で手に入るものではありません。
また、血管に栄養を流し込んだりする医療行為に依存することも非現実的です。
従って、給食などの料理以外、ビタミン剤接種などによる栄養補給は食事であるとはいえません。


「別に給食なんて食べなくてもいい、好きな物を食べていればいいんだ」という背景には
ビタミン剤などによる栄養補給をすればいいという安易な考えがあると想像していますが
食事を楽しむなどといった精神論を除いても、それは間違っている、ということです。

2年前 No.466

@private11 ★iPhone=IBJytsV8Nj

「つまり、あなたは、ろくな「自己」のない子どもに「自己責任」とかいうのを背負わせる無茶を言っている。」
「そのための学校給食法なんだけどなぁ( ^ω^)・・・」

「嫌なら行くなとしか言えない」、なんて、デタラメだって話をしてるんだよ。
んで、給食法どうこうにかぎらず、或る一人の児童が、吐いてしまうぐらいの食べ物を食べろと言われたとき、さらに、このことから「教師による食育(教育)」一般に否定的な態度をとっているとき、「法律」をもちだしたところでどうにもならないよ。
さらに、「食育」というのは、家庭での話にも関わるんだから、「学校給食法」なんて二次的三次的な話。

加えて、「学校給食法に従っている」と言えるような複数の学校の献立があるとして、そのメニューをどうするか、といった話は手つかずのまま。

法律ってのはたくさんの人が「支持する」ぐらいには重い既在のものだから、法律頼みになるのはわからんでもないけど。それは一つの処世術ではあるから。

2年前 No.467

@private11 ★iPhone=IBJytsV8Nj

「食事を楽しむなどといった精神論を除いても、それは間違っている、ということです」
どこが「精神論」なんだか。
「魂の重さ」を測るとかいう実験あったでしょ。まず、あれは室温による水分の蒸発やなんやということへの指摘から否定できる。
で、あなたによれば、「脳トレを用いた実験では被験者らがゲームがうまくいったら喜んだり(たとえば「今の上手かったなー」とか)するということが見落とされていた」って指摘も、「精神論」なわけでしょ。
だったら、「脳トレゲームを肴にお喋りすることで交感神経が活発になり〜」とか書く? これ、「精神論」?

だいたいね。宇宙食が本当に「ストレス」軽減とかと関係ないと思ってるの? 自分の不利になりそうなことは調べないってんなら、私が検索して引用してくるよ。どうせどっかに書いてあるから。
ってのはなんか嫌らしいから検索してみた。
「宇宙食開発は機能性からおいしさへ」で検索すりゃ農林水産省のページが出てきて、開発担当者の話がチラっと読める。やっぱりストレスの話が出てるし、ラーメンやお好み焼きなんてのもある。
あれだ、『攻殻機動隊 2nd GIG』の『飽食の僕』を思い出すわ。

で、「栄養補助食品」どうこうだけど、栄養を「自在に」摂取できないのはどんな食べ物でも一緒。調理の仕方にも関わる話。
で、「ウコンの力」は効くように、「調理」されていない食品から栄養を「まったく」摂取できないなんてわけじゃあない。粉ミルクという「人工的なもの」でも栄養はとれるんだから。
で、弾丸論破さんには同種の話をすでにしてあるけど、「好きな食べ物」にフルーツや野菜などがあるなら、「栄養補助食品」とやらで不足分はまかなえる。
さらに、「栄養補助食品をとる」とかなら、そういう好きでも嫌いでもないものをとるって前提がありなら、好きでも嫌いでもない食べ物ーーたとえばレタスとかにしようーーをとりゃ、なおのこと「生きてはいける」じゃん。「好きなものだけ」については上述のとおり。タコとキュウリの酢の物大好き、お好み焼き(キャベツや豚肉や鰹節もとれる)大好き、ショートケーキやフルーツタルト(果物や卵白や糖分もとれる)、などなど、「好きなもの」を具体的に意識すればけっこういろいろ食べてたりする。
さらには、そうやって「好きなもの」ばかり食べていて成長したら、いつのまにか納豆が食えたりピーマンが食えてたりする。この苦味がいいんだよ〜とか、こんな甘いピーマンがあるのかとか言って。
だから子どもが好きなものばかり食べたがってもそれに親は唯々諾々と従ってればよい、って話じゃないよ。人それぞれさんが言うような教師への否定として、そんなムキになって食わせようとするなってだけで。食べなさい、と言うことや、食べないことを叱るとか、食べたら褒めるとか、それを否定はしていないということ。「餓えた子どもたちが〜」なんてのは「で?」って感じだが。

「(好きなものばかり食べてても)生きてはいける」程度の話ならね、そりゃ「生きてはいける」に決まってんじゃん。少なくともそうそう致命的な栄養の偏りは起きないよ。
「好きなもの」ばかり食べててもそれなりに色んな栄養がとれるんだから。「それなりに色んな栄養がとれる」ということを好むか好まないかに関わらずね。
そして「脳死者」と違って、好き嫌いする子どもは怪我したり病気したり走ったりなんなりするように、免疫が活発化する機会は多いんだから、「生きてはいける」の話なら「栄養」だけの話ではない。

2年前 No.468

ttt @bossbitter ★47SDTnafHr_pDw

>「(好きなものばかり食べてても)生きてはいける」程度の話ならね、そりゃ「生きてはいける」に決まってんじゃん。少なくともそうそう致命的な栄養の偏りは起きないよ。


少なくとも私は、そのような話はしていません。
給食の対象となる、通常生活を送る児童に対してはさほど意味の無い条件だと考えるからです。

2年前 No.469

弾丸論破 @feegkamura ★fuc1uWf4yl_m9i

>>「(好きなものばかり食べてても)生きてはいける」程度の話ならね、そりゃ「生きてはいける」に決まってんじゃん。

3歳〜17歳までチキンナゲットだけを食べ続けて重症になった女性がいる
コーラばっかり飲んで死亡した中年男性もいる

2年前 No.470


@private11 ★iPhone=IBJytsV8Nj

「3歳〜17歳までチキンナゲットだけを食べ続けて重症になった女性がいる」
すごいなこの人笑
さておき、まずこれ、「依存症」じゃん。「好き嫌い」の度を越してるよ。でも、たしかフランスの料理人で菓子しか食べられなくなったみたいな人もいたけど、その人と同じく「生きてはいけてる」。
でも「依存症」については、それでもたしかにこの人はチキンナゲットが好きらしいから、あんま重要じゃあないな。

しかしやはり、この人も17歳まで「生きてはいけてた」わけで、治療をはじめなくてもあと何年か数ヶ月かぐらいは「生きてはいけた」。
もうすでに何回か言ってるけど、「生きていく」ってなに、どゆこと、って話。

あと私はちゃんと、「少なくとも〜そうそうない」というように留保してる。あなたがなぜか引用しなかった箇所で。
そしてあなたの事例主義、マスコミ程度のそれは、「好きなものばかり食べてても、その好きなものが野菜や穀物やたんぱく質やなんやを含んでいるならなんら問題ない」という当たり前の指摘を無視してる。あなた宛にも書いた指摘だよ。
ちなみにこれは、その好きなものの内容いかんでは問題ありと言っているに等しい。だから「少なくとも〜そうそうない」と留保してるわけ。
んで、そうした無視をあなたはしてるのに、「コーラだけ」を飲んだり「チキンナゲット(やポテチチップス)だけ」を食べたりしているというところから、「好きなものだけ」を食べることは死を「招く」とは言えない。せいぜい、「病気を招くことがある」ぐらいでしょ。「好きなもの」の内容、種類によるんだから。

2年前 No.472

@private11 ★iPhone=IBJytsV8Nj

ついでに言えば、「少なくとも「そうそう」致命的な栄養の偏りは起きない」というのは、「致命的な偏りが起きることはある」と言ってるわけだから、それを否定していないんだから、弾丸論破さんは私のこの意見を補強してくれている。

しかも、チキンナゲットとかいうドギツイものだけを食べてても17歳まで寝たきりにもならずあんな体型で「生きてはいけてる」んだから、本当すごい。栄養素ってのは食事からしか得られないってわけじゃないにしても。
ありうべき反論の一つには、「野菜や果物をもっとたくさん食べてたらもっとベッピンになったかもしれないじゃないか」とか、そんな感じの反論。
つまり、いわゆるQOLの話をもちだすこと。
人それぞれさんは食育に関してら「好きなものだけを食べていても生きてはいける」ってことを述べていた。質を問題視してはいなかったわけだ。
ちなみに私は「生命の質」ってのに諸手を挙げて賛成するわけじゃないし、「生きていることはそれ自体で素晴らしい」みたいなことも言わない。

2年前 No.473

弾丸論破 @feegkamura ★fuc1uWf4yl_m9i

>>472

>さておき、まずこれ、「依存症」じゃん。「好き嫌い」の度を越してるよ。

依存症じゃなくて、ただの偏食だよ(´*ω*`)
好き嫌いが多いと食が偏って偏食になる。

日本人が胴長で短足、アメリカ人が足が長いのも偏食が原因なんだわ。

2年前 No.474

@private11 ★iPhone=IBJytsV8Nj

「依存症じゃなくて、ただの偏食だよ(´*ω*`)
好き嫌いが多いと食が偏って偏食になる」
だから「」に入れてるんだし、またあなた引用してないから書くけど、「依存症かどうかは重要じゃあないなぁ」ってすでに言ってんじゃん、私。

なんぼでも繰り返すよ。「好きなもの」ばかり食べてても、「好きなもの」が野菜や穀物や肉類やなんや多種多様なものなら、「死を招く」なんてことないじゃん。「好きなもの」だけ食べるのがすなわち「偏食」じゃないよ。「「好きなものだけ食べる、かつ、栄養が「偏って」いない」って論理的に可能な事態だし、現実的にも可能な事態じゃん。
んで、また繰り返すけど(繰り返したってまたあなたまた見ないふりするのかもだけど)、私はあらかじめ「栄養の偏りが決定的になることはある」と書いてる。「それはそうそうない」ってのは、「それがある場合はある」ってこと。

はいつぎ。

2年前 No.475

@private11 ★iPhone=IBJytsV8Nj

そんな「ニュース」もちださなくても脚気とかあるわけで。だから「好きなものだけを食べる」というときの「好きなもの」の内容を重視してるんだよ。あなたは私が知っていることと同種の「経験」をもちだしてるにすぎない。

2年前 No.476

地下水 ★31LOBCpqPM_iYt

>>0 自分の好き嫌いを、もっと信用すべきですね。野生の勘で、その時自分に必要な栄養素や不要な栄養素は解るものですよ。食べたくないなら、食べなくて良いです。病的な偏食なら、医者に指導を受ければ良いです。案外アレルギーが見つかって、本来食べられなかったものだと判明するかもしれませんよ。近年肥満が多いので、脂身とか無理に食べられない人は残しても良いです。脂質代謝の悪い体質かもしれませんからね。
 大人になって好き嫌いが変化する場合もあります。菊菜とかきつい香りのものを子供の時嫌っていても、大人になると菊菜のおひたしが好きになる事があります。抗酸化食品の必要な年齢に変化したからかもしれませんね。

 嫌いな給食なんかは、とっとと残して、皆と運動場で遊ぶ有意義な時間を増やして、運動する習慣を子供の頃に付けておいた方が良いです。大人になって運動不足になって不健康になる人もよくいますからね。

2年前 No.477

ジャンヌ @lobster ★iPhone=npIeh5ugFg

昔薬飲んでて副作用?で食べられないのに
食べなければ遊んじゃダメとか返さないとか言われた
当時つらかったけどあれでどんなまずくてもたべれるようになった笑
おとしたものも洗って食べるようになった
まあ太りすぎの人じゃなきゃいいんじゃないん??

2年前 No.478

弾丸論破 @feegkamura ★fuc1uWf4yl_m9i

>>478

>まあ太りすぎの人じゃなきゃいいんじゃないん??

何がいいんだ?

2年前 No.479

ttt @bossbitter ★Tablet=1TRFHBAzy8

>>478
そういう経験って大事ですよね。
結果的によかったのかどうなのかは人によりけりでしょうけど
「経験」があるかないかという部分では大きな差が出てくると思います

2年前 No.480

@private11 ★iPhone=IBJytsV8Nj

「昔薬飲んでて副作用?で食べられないのに
食べなければ遊んじゃダメとか返さないとか言われた
当時つらかったけどあれでどんなまずくてもたべれるようになった笑
おとしたものも洗って食べるようになった」
たしか乙武洋匡も熱いなか車椅子を使わずに登校させられた(今では感謝してる)みたいなこと書いていた(たしか『五体不満足』)けど、私が言っているのはこういうこと。乙武洋匡は好きじゃあないが。
落したものでも食べる、食べることができる、それを無条件に良しとするわけじゃあない。
サッカー部の少年が好んで利き足ではないほうの足で長い時間をかけて練習はしないように、だから監督らが指導するように、子どもらは自律的な判断をなかなかできない。
そして、落したものを食べることができるということの良し悪しはさておき、親たちがそうやって口を酸っぱくしてずっと言ってくれていたこと事態の意味が、よくわかるようになる。
漫画の『範馬刃牙』で刃牙が親父と飯を食いたいとか言うが、栄養も大事だが、栄養どうこうより、ああやって卓を囲み、食べるものに対する礼や食べることに関して親父から教育を受けることのほうが、子どもにとっては重い。

そしてこうしたことを「経験」と呼べるのかは疑わしい。思慮なしには得られないから。

2年前 No.481

高橋みょうじ ★Android=a29qQzlegR

子供の頃は給食が食べきれなかったよ。

私は食が細く、それなのに毎日山のように食事が出てくる…


昼休み、残って給食たべてる子もいたと思うが、それが私だよ!


とくにパンがいやだった。
家計がくるしく、朝は毎朝ヤマザキパン、お腹をすかせていて給食がまたパンだったりすると、げんなりした。


パン食ばかりでは学力が向上しないときく。だから私はこんななのか!

2年前 No.482

ふぁー @263823 ★N4iGlE2WIr_HFO

仮にお腹一杯が理由で残して、それがもったいない、よくないというならば、全員が一口ずつよそって食べるようにすれば、面倒くさいけど、解決できるけどね。
そんなことはみんな面倒でやらないだろうけど、そうなると満腹になるまでの適切な量が分からず、食べ残しもやむを得ないとなるが。
結局、残すことの問題よりも面倒なことを避けたい気持ちが上回るならば、食べ残しがよくないという人の気持ちもそんなものだろうということかな?
実際、すでに満腹だが、残っているのがもったいないから無理に食べる人もいるだろうけど、それって別にもったいない状態が解消されているわけではない。
もはや食べ物を必要としていない人が、食べ物を食べている時点で、もったいない状態は食べ残しと変わらないと思う。
そして、嫌いが理由で残すならば、そもそも食べたくないものを無理矢理食べさせるのがおかしいだろう。

2年前 No.483

あはは @death40 ★9qE7j1XAN4_yoD

最近だと米粒一粒残らず食べると意地汚いとか言われるようになってきたな(´・ω・`)

1年前 No.484

裕高 ★Android=qzmfaXzLLa

そうなのか。昔から米を作るのには八十八の苦労があるから残してはならないと言われたが…


そういう時代なのか。

1年前 No.485

あはは @death40 ★fNkjNntOAl_yoD

減量中の人が見たら卒倒するなこれ

1年前 No.486

チューバーメッサツ ★kZTQ9MNXT1_xmq

【どう考えても食べられないであろう量の食事を意図的に客に提供するクズ飯屋】
【どう考えても人間が、たべれるりょうじゃない量をあたかも食べているように見せかけるカスども】

日本の汚点

6ヶ月前 No.487
ページ: 1 2 3 4 5 6

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる