Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(42) >>

靖國神社の英霊

 ( 議論掲示板 )
- アクセス(419) - いいね!(0)

dummy @oscar ★iPhone=Ni153b2Efq

靖國神社に合祀されている戦死者の霊は、靖國神社の論理では「英霊」になるらしい。

人が神となり英霊になるのは、例えば菅原道真や平将門のようにこの世に恨みを残して死んだ霊に対して神として奉ることでこの世に災いを残さぬようにという念を込めたものです。

戦争で無念にも亡くなった霊に対しては、今後日本は再び過ちを犯さず戦争を放棄して平和な世の中を作りますので、どうぞ安らかに眠ってくださいと誓わなければ、この世に未練を残して死亡する者を増やしては英霊も安らかではいられません。

かつて稲田朋美が防衛大臣であった頃、「靖国神社というのは不戦の誓いをするところではなくて、『祖国に何かあれば後に続きます』と誓うところでないといけないんです」などと発言しましたが、これでは魂を浄化して神となるどころか、世の中に恨みを残して怨霊となり世の中に禍をもたらす霊を増やすということになります。

しかし残念なことにネトウヨと呼ばれる者たちは、日本の歴史や文化などには何の知識もないし知ろうという気持ちもないまま、ただ「愛国心」などというよく理解もしていないであろう言葉を振りかざして、国を守るために国民は血を流すのが当然という主張に賛同します。

靖國神社と稲田朋美の論理は本当に愛国心を育み日本のためになるのでしょうか。

皆さんはどう思いますか?

ページ: 1


 
 

招魂 ★AHGabU7G9D_f1k

靖国は英霊をお祀りする場所だ。
安らかに眠る英霊を政治利用するな。
追悼する気の無い者は去れ。

3ヶ月前 No.1

みたのしきま ★q3tWng5BEh_NtU

*安らかに眠る英霊

どうして、安らかに眠れるのですか?

軍隊で、人生を台無しにされたと考える方が適当かと思います。

『祖国に何かあれば?

所詮、国家は法的統治団体ですから、作り直すのは簡単ですよ。

『祖国』=祖国は、あるエスニックな集団がそこに長い歴史的なかかわりと深い文化的関連性を持っている文化的、地理的な地域についていうものである。「父祖の国」ともいう。また、英語ではファーザーランド、フランス語ではパトリと呼ばれる。 国民的なアイデンティティと結びついた土地といってもいい。 ウィキペディア引用

3ヶ月前 No.2

みたのしきま ★q3tWng5BEh_NtU

*追悼する気の無い者は去れ。

そうでしょうね?



東京新聞引用

靖国神社が昨秋、当時の天皇陛下(現上皇さま)に二〇一九年の神社創立百五十年に合わせた参拝を求める極めて異例の「行幸(ぎょうこう)請願」を宮内庁に行い、

断られていたことが十三日、靖国神社や宮内庁への取材で分かった。

靖国側は再要請しない方針で、天皇が参拝した創立五十年、百年に続く節目での参拝は行われず、不参拝がさらに続く見通しだ。

引用終了。

3ヶ月前 No.3

みたのしきま ★q3tWng5BEh_NtU

東京新聞社説
靖国神社が昨秋、当時の天皇陛下(現上皇さま)に「行幸(ぎょうこう)請願」をしたが断られていた。一九七八年のA級戦犯合祀(ごうし)が天皇の不参拝の契機だとされる。その姿勢はもはや明白で決定的ともいえる。

 天皇と靖国神社とは歴史的に深く結び付いている。戊辰戦争の官軍側戦死者らを弔うために、明治天皇の意向で創建されたからだ。創立五十年の一九年に大正天皇が、創立百年の六九年に昭和天皇が参拝した。今回は創立百五十年の参拝についてだ。

 請願自体が異例だが、それを宮内庁側から断った事実は重い。節目であっても天皇は「不参拝」であり、その姿勢は明確でもある。

 天皇参拝は七五年から途絶えている。背景にA級戦犯の合祀があるとの説が有力だ。七八年に宮司の故松平永芳(まつだいらながよし)氏が主導し、実現した。父は初代宮内府長官の慶民(よしたみ)氏だ。故富田朝彦(とみたともひこ)元宮内庁長官が記したメモが二〇〇六年に公になり、その因果関係が浮き上がった。

 昭和天皇が合祀に触れ「松平は平和に強い考(え)があったと思うのに、親の心子知らずと思っている」と漏らし「あれ以来参拝していない。それが私の心だ」と不快感を示したのだ。

 松平氏の前任者である故筑波藤麿(つくばふじまろ)氏はA級戦犯合祀に慎重姿勢であり、このメモの正確性が裏付けられる。昭和天皇が「筑波は慎重に対処してくれたと聞いた」と話したとの記載があった。異論は存在するが、これほど天皇不参拝を説明できる史料はなかろう。

 平成は天皇参拝のない初の時代となった。戦死者を国家が英霊と祀(まつ)り、国民を総動員して戦争遂行した歴史を踏まえれば、当然の帰結であろう。靖国神社が、天皇や国家のための死を至上の徳と教え込んだ国家神道の中核施設であった点からも、それは言える。

 憲法は政教分離や信教の自由などを定める。その厳格な保障のため、国家は特定の宗教と絶対的に結び付いてはいけない。天皇と国家神道との関係を再現するかのような目論見(もくろみ)は、いわば究極の時代錯誤でもある。

 戦没者の追悼の在り方は政治問題化している。仮に天皇参拝があれば政治的にも国際的にも多くの反響を呼ぶであろう。政治に関する権能を有しない天皇を政治問題に巻き込むべきでもない。

 戦没者の慰霊には、現行の追悼式など無宗教の形式がふさわしい。令和の時代も、その意は継がれよう。引用終了



「□千鳥ケ淵戦没者墓苑」が近くにありますね?

3ヶ月前 No.4

みたのしきま ★q3tWng5BEh_NtU

でも、千鳥ヶ淵戦没者墓苑は、アメリカのアーリントン墓地とは異なり納骨堂ですネ。

アーリントン墓地では、認識番号を検索すると個別の墓標が表示されると聞いていますが、

千鳥ヶ淵戦没者墓苑では、認識番号を検索しても個人は特定できません。

靖国神社でも個人は全て神様で柱と呼ぶらしいですネ。

3ヶ月前 No.5

dummy @oscar ★iPhone=Ni153b2Efq

神様って人間が「慰霊」とか「追悼」とかするものなのですか?

私の知る神様とはまったく違う神様ですね。

3ヶ月前 No.6

みたのしきま ★q3tWng5BEh_NtU

*神様って人間が「慰霊」とか「追悼」とかするものなのですか?

靖国神社という、東京都が認可した神道系の宗教団体の宗旨らしいですよ。

同じ神社と称しても神社本庁系の神社でなく、宮司以下の神職は神社本庁の神職の資格を持った人物である必要はない。

1946年(昭和21年)に、日本国政府の管理を離れて東京都知事の認証により、宗教法人法の単立宗教法人。

3ヶ月前 No.7

dummy @oscar ★iPhone=Ni153b2Efq

形式的には新興宗教と変わりありませんからね。

3ヶ月前 No.8

みたのしきま ★q3tWng5BEh_NtU

*形式的には新興宗教と変わりありませんからね。

実質的にも、単なる新興宗教でしょう。

靖国神社は戦死した将兵らが集い、故郷へ戻るための目印であるなんて絵空事を本気で語り、

天皇のためにといっても、もはや天皇は参拝さえしないのですからネ。

3ヶ月前 No.9

dummy @oscar ★iPhone=Ni153b2Efq

狂信的な信者も増えてきたし、国のために死ぬなんて言うのが出てきたらそれこそカルトに近付いている気がします。

3ヶ月前 No.10

shinwood @shinwood ★mjl0ItnnrE_Bka

あのね、靖国神社に参拝するのは英霊に感謝し、顕彰することも大事だがもっと大事なことは稲田議員が言ったように「ことあらば我々も英霊のように命を懸けてこの国を守りますと誓う施設である。
ゆえに天皇陛下よりも議員や総理が参るべきものである。

いい大人がこの程度も分からずに君たちはほんと哀れだね。

3ヶ月前 No.11

みたのしきま ★q3tWng5BEh_NtU

*ことあらば我々も英霊のように命を懸けてこの国を守ります?

命を懸けても、大日本帝国を守れなかったのではないですか?

既存の国家を守るのではなく、

個人の基本的人権を尊重するような国家を作ることに各国民が着目すれば、命を懸ける必要はありません。

協定という「条約では、個人の権利の消滅を一律には決められない」ぐらいの基礎知識のない外務大臣ではネ。

3ヶ月前 No.12

みたのしきま ★q3tWng5BEh_NtU

*陛下よりも議員や総理が参るべきものである。

総理は参拝しませんね。

議員も、参拝の時間があるならば、自分のお仕事に精を出すべきでしょう。

参拝という名前の事前運動をしては公選法違反ですよ。

3ヶ月前 No.13

shinwood @shinwood ★mjl0ItnnrE_Bka

はいはい、好きなように考えてください。反論するのにも憚られるような内容だ。

この知的レベルの高さはどうだろう。驚愕に値する。恐れおののいて退散するしかないだろう。

3ヶ月前 No.14

dummy @oscar ★iPhone=Ni153b2Efq

遁辞を残して尻尾を巻いて退散するのが賢明です。

負ける戦いをしないことが「絶対善」不敗神話の唯一の方法ですから。

3ヶ月前 No.15

みたのしきま ★q3tWng5BEh_NtU

シベリア抑留(シベリアよくりゅう)は、第二次世界大戦の終戦後、武装解除され投降した日本軍捕虜らが、

ソビエト連邦(ソ連)によって主にシベリアなどへ労働力として移送隔離され、

長期にわたる抑留生活と奴隷的強制労働により多数の人的被害を生じたことに対する、日本側の呼称である。

ソ連によって戦後に抑留された日本人は約57万5千人に上る。厳寒環境下で満足な食事や休養も与えられず、苛烈な労働を強要させられたことにより、約5万5千人が死亡した[1]。

Wiki引用


シベリアでの約5万5千人は武装解除後ですから、戦死ではないですネ。

ということは、靖国神社では、合祀していないのかな?

なお、シベリア抑留者の遺骨収集は、あの戦争で筆舌に尽くしがたい苦労をした先人の霊に報いるための重要な事業だ。

にもかかわらず、厚生労働省の派遣団が平成26年に持ち帰った16人分の遺骨について、日本人のものでない可能性が高いことが明らかになった。

厚労省はこの事実を去年把握したにもかかわらず、公表していなかったことが7月29日に露見した。

無責任国家のために、誰が?後に続きますかね??

3ヶ月前 No.16

ゆみ ★LOZXJIYpXA_khR

戦争で亡くなった方たち、特に兵として戦う目的で戦争に行って亡くなられた方は、国のためと思って戦いに行った訳ですから、

その《気概》に対して、周囲の人間が敬いの気持ちを持つことは、尊いことなのではないでしょうか。

これをそのまま、「戦争を肯定している」とかいう理屈が私には理解できません。

同じく「国のために戦ったから、立派だ」という理屈も理解できません。

私は、「自己の保身を考えずに行動した」「自己犠牲の精神」を立派だなと思います。

戦争に向かわなくてはならないとか、戦争に参加することもやむを得ない状況を作ったその経緯そのものに対して私は否定しますが、

兵として行った人のことを誰が責められるでしょうか。

3ヶ月前 No.17

ゆみ ★LOZXJIYpXA_khR

日本語、難しい。。。

3ヶ月前 No.18

みたのしきま ★q3tWng5BEh_732

*国のためと思って戦いに行った訳

国のためと思って戦いに行った訳でも、結果が伴わないのはダメでしょう。

従順すぎる無責任さは、逆に迷惑でしょう。

3ヶ月前 No.19

dummy @oscar ★iPhone=Ni153b2Efq

>>16

>シベリアでの約5万5千人は武装解除後ですから、戦死ではないですネ。

>ということは、靖国神社では、合祀していないのかな?


靖國に合祀されているのは直接の戦闘行為による戦死者だけではありませんから、シベリア抑留中に死亡した軍人や軍属なども合祀されていますよ。

3ヶ月前 No.20

終末 ★fDRK1HYmt2_keJ

戦争責任を認めるとはどういうことか―その「未来志向」的な在り方

と言う記事を検索するとすぐに出てくる記事があります
靖国の問題も含め、今の韓国と違った対応をするなら、私たちは「解釈」に責任を負い、
決断を下して、意思を示す必要があります
その際にどこに中心的な価値を置いて対応するか?と言う事もまた、「意思」を示す事になります
やり過ぎれば「貴方に従属します」と言う意思表示となります
まぁ、その様な意思表示が最も良い結果を生む場合や相手もありますが、
韓国や中国がその様な相手と言う信頼は残念ながら私は持てないと思います
「名より実である」と言う判断もありますが、これも行き過ぎれば「信」と言う実を国際的に失うでしょう

現実問題としては、靖国は原理主義的に扱うべき物ではなく、
諸外国との関係を見るなら、韓国だけでなく、その他の国々の同意を得られるかも重要だろう
恐らくだが東以外のアジアの方が同情的で、欧州などはむしろ厳しい目を向ける気がしないではない
同情的であると言うのは単に仕方ない奴ら、と言う事ではない
要するに「信を置ける国」とか「義を持つ国」とみられるかと言う事である
目の前の「利」だけを追えば「その様な国」と判断される事になる
故に目の前の「利」からは離れ、諸外国の意見も聞きながら、我々としての立場をはっきり決める方が重要だと思う
私としては、戦犯についてはどこかで静かに眠って頂く方が良いと考えている
これは解釈としては恐らく「欧州・アジア・東アジア」それぞれに理解は得られやすいと思われる

逆に戦争に向かった人々に対し追悼しないのはむしろ、東以外のアジア諸国としては「冷酷な国」と評されると思われる
逆に「信用」を失う事になると考えられる
所詮弱小国家しかないと扱うならそれはそれだが、将来的な手の平返しには困難が伴うだろう事は覚悟してその道を歩むべきと考える

3ヶ月前 No.21

みたのしきま ★q3tWng5BEh_732

生存者なのに靖国神社に合祀されている!

原告 キム・チゴン(金智坤)さん

 私は1936年7月1日平壌陸軍航空支庁に軍属として配置されました。その後、38年8月10日にハンフン陸軍航空分庁、40年8月15日に満州駐屯野戦航空補給廠、44年8月5日にフィリピン派遣第4航空司令部に移り、フィリピン作戦に参加しました。45年1月1日、米軍上陸で、抵抗不能になり数十回の死線を越えて山岳地帯に後退し、草の根、木の皮を食べながらやっと命をつなぎとめました。45年9月15日、米軍冠禮捕虜収容所に収容されました。45年12月1日、日本に送還され、帰国しました。年金、その他の貯金ならびに諸手当金の支払いを求めます。

●その後の調査で、本人は生存しているのに靖国に合祀されていることが判明。「軍国主義の象徴の靖国に祀られるなんて迷惑この上ない」と語る。

3ヶ月前 No.22

終末 ★fDRK1HYmt2_keJ

ああ、こちらの中身を読み直して思いましたが、
まぁ、日本の国教は元々神道ですが(そもそも天皇自体が神道に由来であり祭司)
靖国は神道に似せているが神道ではない、と言う事が問題な訳ですね?
あくまで軍教である、と

3ヶ月前 No.23

終末 ★fDRK1HYmt2_keJ

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

3ヶ月前 No.24

終末 ★fDRK1HYmt2_keJ

みたのしきまさんは他人のスレッドに書くよりも自分の理想世界を表明するスレッドを立てた方が良い気がするなぁ…
なんか思想が見えてこな過ぎる(または表層的にしかでなさすぎる)
総じて見てると今の所、基本的に新自由主義志向が強いのかな?って思うけど

2ヶ月前 No.25

みたのしきま ★q3tWng5BEh_732

*自分の理想世界を表明するスレッドを立てた方が良い気がするなぁ…

無宗教で、政府をあまり信用していない自由主義ですからネ。

2ヶ月前 No.26

終末 ★fDRK1HYmt2_keJ

政府を信用してないのに政府が作った所有と貨幣は信じるって言うのが、
新自由主義系の思想やその周辺の批判や分派を見た私から言わせると謎ですね
寧ろ貨幣発行権の自由化や帰結としての所有制度・原理的な抵抗権などを唱えてる人の方が、その辺は誠実だと感じますね

2ヶ月前 No.27

みたのしきま ★q3tWng5BEh_732

*政府を信用してないのに政府が作った所有と貨幣は信じるって言うのが、

政府が作った所有権?ではありません。

むしろ、

憲法第29条第1項で、財産権は政府が侵害してはならないと規定があるぐらいですからネ。。





貨幣は補助貨幣としては信用しますが、今では政府発行の貨幣は信用されません。

wiki引用

政府紙幣導入の論議
近年、一部の経済学者ないし政治家が、ケインズ主義の立場などから、政府紙幣を発行すべきと主張している。政府紙幣は国債とは違い償還不要で金利が付かず債務にならない利点があるからである。また通貨供給量を増大させる手段でもある[11]。裏づけのない政府紙幣を無制限に発行すれば猛烈なインフレーションを発生させる危険性がある。なお日本では硬貨は政府発行であるが、これは国庫の預金を引き当てた上(裏づけとして)で発行している。

引用終了。


ちなみに、現在流通しているのは日本銀行券ですネ。

これならだれでも受け取りますので、流通しますね。

2ヶ月前 No.28

終末 ★fDRK1HYmt2_keJ

>>28
ああ、現行の財産権は「正しい財産権である」と言うだけですね
財産権の多様性や変遷を見えてる上で言っているか見えてない上で言ってるかはありますけど…
国庫制度については軽く調べましたが、やはり特殊な企業的な扱いなんですね

そうなると、日本の税制を無謬として扱うのは「個人が主体として契約している為に泥棒ではない」と言う理解になるのかな?
税制の瑕疵を認めるとその理屈だと訴えたら金を返さなならん、ってなるんですよね?ならないのかな?
でもそうなると「財産権」的にどうなの?って話にはなりますけど…

あくまで個人の権利の中心が「財産権」と言う形の理解になるから「自身の肉体と精神は自身の財産ではない」から死刑反対と言う形ですかね?
(新自由主義における奴隷契約の見解が近い?)
「取引の可否」及び「請求賠償による強制力の行使」辺りも関わってきますけど、
基本的に警察の強制力は「所有権の移動」に限るのでしょうか?それとも強制労働までは可能?

2ヶ月前 No.29

終末 ★fDRK1HYmt2_keJ

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

2ヶ月前 No.30

終末 ★fDRK1HYmt2_keJ

夜警国家主義と無政府資本主義だとどっちが近いのかは気になりますね
私の場合は無政府主義って感じですけど
財産権が前提にあろうがなかろうが上記の税制の瑕疵と不合理(非効率)を感じる人間なので、
政府の提供するサービスに対して実質選択権がないのは公正さで言っても効率性で言っても駄目だろう、って言う感じですね
(そう言う意味で原理的に政府が信用に値するかで言えば非なのは同意だけど、前提が違うのでそこの一致にはあまり意味がないですね)

2ヶ月前 No.31

嫌われ霊夢と嫌われ魔理沙 ★fofH1MgenE_keJ

結論

靖国神社で問題なのは『政教分離』である

それ以外には何ら問題はない

2ヶ月前 No.32

地下水 ★KATHFaYqOw_khR

軍人なんて所詮殺人者。これを有難がる神経が倒錯しているのである。人の命を亡き者にできるからと言って有難がってはいけない。
今は亡き近所のたこ焼き屋のおばちゃんを思う心が尊いのである。
今は亡き駄菓子屋のおばちゃんを思う風情が尊いのである。
今は亡きコロッケやのおばちゃんに命を生かされていた事が尊いのである。
殺す人などこの世界には要らない。
活け魚を殺してさばく寿司屋の大将が尊いのである。
国連憲章では加盟国間の戦争を禁止している。そしてほとんどすべての国が加盟している。法ができたのだ。今こそ倒錯した神経をひっくり返そう。

2ヶ月前 No.33

終末 ★fDRK1HYmt2_keJ

別に人間なんか食い物与えなきゃ死ぬし、働く事を延々と強要しても死ぬし、殺す奴を放って置いても死ぬ
働くか餓死かの二択に追い込めば高確率の支配も出来るし、支配出来なくても殺せる
「殺しは良くない」と言う念仏はそう言った多面性の放棄としかならない場合は少なくない

殺しに至った背景や制度・関係性を含めて深く知った上で、意思として「解釈」を決め自分の立ち位置を「決定」する事があくまで重要
最後は上記の経緯を辿った「信仰」の問題に帰結する
「殺してくる相手が居ても殺さない」などと言うのは分かり易くその様な「信仰」である為に心を打つ訳ですね
自分が殺している物やその構造の維持から目を背けるのは「信仰」ではなく「怠惰」です

貴方の「殺しは良くない」はどちらですか?
「戦争」だけが「殺し」ではないのです

2ヶ月前 No.34

終末 ★fDRK1HYmt2_keJ

当然、武力暴力だけを「殺し」とすると言う「信仰」もありえますね
その場合は警察や司法などの強制性の許される範囲と適用条件と各法律や強制執行の正当性の根拠なども絡んできますね

2ヶ月前 No.35

終末 ★fDRK1HYmt2_keJ

例えば武力・暴力だけを「殺し」やそれに類する悪としてした場合、
「脅迫」と言うのは最低でも武力・暴力による脅迫でなければありとあらゆる方法が肯定される、
少なくとも法的責任は負わないはずですね

そうするとセクハラやパワハラなども結構微妙な問題になりますね
直接的に契約などはしていないが、取引ではありますからね

他にも取引の制限やルール化による罰則もどこまでが許容されるか?と言う問題も出てきますね
例えば結婚と不倫とかもそうですし、独占禁止法や業界毎の法律などもそうですね

2ヶ月前 No.36

地下水 ★KATHFaYqOw_khR

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

2ヶ月前 No.37

地下水 ★KATHFaYqOw_khR

>>36 大体世界三大宗教などで共通の六戒は、コロすな盗むなオカすな嘘つくな欲ばるな親をうやまえ、である。その成立の由来の一つは、エジプト捕囚の時にドレイだったユダヤ人がされて困った事を、建国の時に互いにはするまいと律法に定めたのである。
 コロすな、という戒律が、国連憲章によって法となり、グローバルになっている新世紀なのである。コロす人に権威を与えてきた、倒錯した歴史を転覆し様ではないか。社会の一隅で、養い恵みを与える人々をこそ尊ぼうではないか。

2ヶ月前 No.38

終末 ★fDRK1HYmt2_keJ

イスラム以外の3大宗教は基本的に世俗宗教ではなく哲学です
戒律の裏の意味は理解して言って居られますか?
あれは言ってしまえば「入門・初心者向け」であって、基礎・基盤かと言うとそうではないのですが…

ユダヤ教は世俗宗教なので「そう言う戒律を作り、しかし外敵は別と分ける」と扱うのはさもありなんという話ですね
イスラム教もその辺は同様ですね

2ヶ月前 No.39

終末 ★fDRK1HYmt2_keJ

哲学と言うより、思想とか信仰かな?
まぁ、宗教はその辺色々ごっちゃに混ざり易いですけどね
ユダヤ教なんかも民族的な選民思想宗教の部分と哲学や処世術的な部分ごっちゃですしね

2ヶ月前 No.40

地下水 ★KATHFaYqOw_khR

>>39 それは昔の話である。今は国連憲章がグローバルな法となっている。北朝鮮を含むほとんどすべての国が加盟しており、加盟国間の戦争行為を禁止している。法を破れば、安全保障会議が開かれ、国連軍が抑えに行くと言う、実力部隊も出動する。これが現代に発展したコロすなという法なのである。

2ヶ月前 No.41

終末 ★iPhone=3rGxs8NoT8

勝てば良いのか、何のために勝つのかがあって勝ち方が大事なのか…
と言う段階から問いがあるのですが…

それを踏まえれば、グローバルな法となっていると言う反論形態がどう言う意味か分かると思います
分かった上でそれを原理として使っているなら、そう言う主義と言う事ですね

そう言う主義ならもう「現行の社会情勢で貴方と」話す意味と価値はないので、打ち切りますね

2ヶ月前 No.42
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる