Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(59) >>

続き、だから私は死刑に反対する

 ( 議論掲示板 )
- アクセス(265) - いいね!(0)

嫌われ霊夢と嫌われ魔理沙 ★fofH1MgenE_keJ

続・だから私は死刑に反対する  ( 議論掲示板 ) - アクセス(4588) - -
ふんにゃ @sorairono ★HEPy1c8DtF_gaI
凶悪事件のニュースは表面しか伝えないけど、
「この人、なんでこんなことしちゃったんだろ」

と、思う時がある。
私は、犯罪者を理解したい、と思うことがあるらしい。

犯罪者を理解する必要はない、という人もいるだろう。
凶悪犯なら、さっさと死刑にしてしまえばよい。
そうね。犯罪者を理解する必要がないなら、簡単に死刑を支持できるかも。

だけれども、

人間は、環境を選んで生まれるわけじゃない。
育つ環境が違えば、今の私の人格・考え方、も違ってたはずだ。
私が犯罪者の環境に育ったとして、そこで犯罪を犯すか否か、と「今の違った人格の私」が考えてもしゃーないことだ。

世の中にはいろんな人間がいる。男もいれば女もいる。
容姿端麗な奴、ブサイクな奴。価値観・考え方の違う奴。

国民の圧倒的多数の支持のもと、大通りを堂々と歩く死刑存置派もいれば、
少数派であるがゆえに、路地裏で石をぶつけられながら、惨めに座り込む廃止派もいる(ノ_・。)

そして、犯罪者になる奴もいれば、ならない奴もいる。

いろいろな人間を知ることは、人間を知ることだ。
犯罪者を理解するということは、人間を理解することでもある。
少しでも理解すれば、簡単に、死刑になれ、とは言えなくなる気がする。
そういう人は死刑廃止派になるかもね。


それから、


景気が悪くなると犯罪が多くなる。

もちろん、犯罪者が責任を逃れることはできないのだが、
犯罪の背景に社会的側面があることを無視することもできない。
犯罪を知ることは社会を知ることでもあるのだ。


犯罪者を理解する必要がないのなら、凶悪犯は簡単に死刑にできる。
反社会的凶悪犯だから抹殺しました。あとは、忘れてしまいましょ。
そうして、死刑に賛成するのだろうな。

でも、それって「臭いものに蓋」ってやつなんじゃないのか?

犯罪者を知ることは人間を知ることである。
犯罪を知ることは社会を知ることでもある。
人間を知り、社会を知れば、我々が為さねばならぬことも見えてくるだろう。

犯罪者を死刑にして「はいおしまい」では、
我々が本当に考えなければならないことを考えない「思考停止」にも見えるのだ。

(と、路地裏の廃止派として考えたのだった)


・・・なんてな(*/∇\*) キャ

ページ: 1 2

 
 
↑前のページ (9件) | 最新ページ

観察者 ★P35wAQq3h6_f1k

>>6  甚六さん

意見がまとめてある場所は無いと思います。
おおざっぱにまとめると話は単純で、死刑廃止派の人たちの主張には説得力がなく、そして自滅したということです。

参加者は「死刑廃止派」と「その他」に分けられます。
「死刑廃止派の人たち」はたぶんこの場所以外でも死刑廃止を訴えてるような年季の入った人たちで、死刑議論についての知識は非常に豊富でした。
それにたいして「その他の人たち」は、「死刑制度は存続すべきだ」というようなしっかりした考えがあるわけではなく、「死刑存続に問題があるとは思わない」というほどの消極的なスタンスだったと思います。
アンケートで死刑制度存続に賛成している日本人のほとんどが「その他の人たち」と同じようになんとなく存続と考えてる人が多いのではないでしょうか。
ですから私はここでの議論を「死刑廃止を訴える人たちがいかに普通の日本人を説得できるか」という構図でとらえていました。

廃止派の人たちは死刑の問題点をあげ死刑制度廃止を訴える。
その訴えにたいしてその他の人たちはいろいろな疑問をぶつける。
この疑問にたいして死刑廃止派の人たちは説得力のある主張を展開できなかったのです。
この時点で撤退すればよかったんですが、廃止派の人たちはその後も意地になって口撃を止めませんでした。
すでに荒れてたスレがますます荒れてまともな議論はほとんどなくなりました。
こういうことが続いた結果、その他の人たちと死刑廃止派の人たちとは決定的な断絶にいたります。

死刑廃止を目指すなら「死刑存続に問題があるとは思わない人たち」を説得して死刑廃止の世論を形成しなければなりません。
死刑廃止派の人たちは仮想日本人である「その他の人たち」をどう説得するかに注力すべきだったのですが、かれらは説得どころか断絶を選んでしまった。
融和を捨て去って知識を誇示するだけの人が支持されるわけはありません。
ここでの議論を見て死刑廃止に転向した人は皆無だったでしょうし、そればかりか廃止派の思惑とは逆の方向に傾いた人たちも多かったと思います。

死刑廃止派の人たちにとってここでの議論は完全に失敗だったのです。

9日前 No.10

カブレライト @sasa432i ★Android=jrJIyQf7mo

失敗だったって負けたみたいな言い方してるね

9日前 No.11

dummy @oscar ★iPhone=Ni153b2Efq

>>6

>重労働=拷問=死刑>無期懲役>有期懲役 ではなく

>重労働=拷問>死刑>無期懲役>有期懲役 ですね。


最初にもっとはっきり書いておいた方が良かったのかもしれませが、「重労働」とは何を意味しているのでしょうか?

言葉そのままな意味なら、ここでこの言葉が出てくる意味が分かりません。

重労働自体は何ら人権を侵害するものではないし、ここでは関係ないともいます。

>書きたかったのは、それぞれの刑が内包する侵害度合いではないです。

>現在の法律が定めるところでは、死刑よりも拷問や重労働をほうが人権を侵害していると考える、ってことですよね?


拷問は人権を侵害しているので禁止されていますが、死刑が人権を侵害していないと考えられているわけではありません。

それではなぜ拷問は禁止されて死刑は禁止されないかというと、それに代わる刑罰がないからという理由が一番大きいのではないでしょうか。

死刑は人権を侵害するけれど他の刑罰で代用できません。

例えば死刑以外の刑罰がなければ、死刑より軽い犯罪は拷問(刑罰に拷問というのもおかしな話ですが)で罰するしかないかもしれません。

現実には懲役や禁錮という刑罰があるので拷問(?)がそれに取って代わる余地はありません。

因みに、拷問というのは身体刑(手や足を切り取るとか、百叩きの刑とか)のことを言いたいのではありませんか?

9日前 No.12

カブレライト @sasa432i ★Android=jrJIyQf7mo

死刑を廃止するべきかは個人的な解釈の差が必ず生まれるからそもそもふさわしくないね
どっかのオレンジみたく中学生相手に本気になるような頭の固さを持つ人とかいるし発展は厳しそう

9日前 No.13

dummy @oscar ★iPhone=Ni153b2Efq

>>8

>個人的には死刑を廃止して、代わりに重労働や治験への協力を罰にしたら良いんじゃないかと思ってます。

>ただ重労働はダメだと思いますが。


重労働が「良い」とか「ダメだ」とかどっちなの?

よく考えて書きなさい。

9日前 No.14

甚六 @migime☆N.KB19nHQU5L ★iNJBiOPyDg_n3h

>>10
なるほど。ありがとうございます。
自分は強硬な死刑廃止派ではないのですが、冤罪による死刑の可能性はあまりにも悲劇が過ぎると感じたので
死刑の存在意義を知りたいなぁと思ったのが切っ掛けでした。
なので、個人的には「その他」の人たちを説得できるかどうかは、今のところ興味が無いです。
「死刑廃止派」は結論ありきで話を進めちゃったんですねー(笑

>>12
たしかに、言葉が曖昧でした。
重労働=危険を伴なう作業(放射物質の除染とか?)、拷問=苦痛を目的としない身体刑(臨床試験とか?治験とか?)をイメージしてました。
(重労働の問題点は強制労働にあたる点ですかね?拷問は言葉のチョイスが合ってないですね・・・)

>それに代わる刑罰がないからという理由が一番大きいのではないでしょうか。
これは納得しづらいですね。
代替手段が無い場合は人権を侵害しても良いという論理は危険性が高くありませんか?
代替手段が無いなら極刑は無期懲役だと思います。
今の法律だと十人殺しても千人殺しても死刑だろうけど、やろうと思えば千人殺したら八つ裂きの上に死刑っていう方法もありますよね。
それをしないのは、八つ裂きは人権を侵害しているからなんじゃないですか?
代替手段が無い場合は人権侵害しても良いなら、残虐な殺人に対しては八つ裂き刑もありってことですよね。

9日前 No.15

カブレライト @sasa432i ★Android=jrJIyQf7mo

苦しみを与える手段として拷問は一瞬だし死ねば苦しみをそれ以上与えられないので労働が良いんじゃないなって思うんですよ

死刑執行の日がいつくるか分からない看守が廊下を歩く足音が死刑囚にとって恐怖らしいです 時間的な意味では被害者以上の恐怖ですね

9日前 No.16

きよ @kohan629 ★ptWwT1S4zQ_KQl

突然すみません
私は死刑に反対です。
京アニのとき犯人は33人もの命を奪いました。
もちろん社会復帰は確実というほどできません。
 そのため、犯人には、「生きる」と言う罪を持たなければならないと思います

9日前 No.17

志野 @sinomon10 ★xBlvIaCUeH_yoD

>カブレライトさん

懲役では労働義務があるのですが、それとは別の労働が必要だと思いますか?


>きよさん

死刑反対もいいと思いますよ。
きよさんは生きて償うではなく、「生きる」こと自体を罪と考えるのですね?

9日前 No.18

カブレライト @sasa432i ★Android=jrJIyQf7mo

死刑はその「待ち時間」が苦痛と言われます
それに死刑囚は確か働かなくても良くて自由時間が増えると聞きました

そんな一人のために税金をかけすぎる制度より格段に恐怖を与える存在の罰があると良いですね だって死ねばそれで終わりですし

問題は被害者遺族がどう納得するか、世論がどう転ぶかです

9日前 No.19

志野 @sinomon10 ★xBlvIaCUeH_yoD

>カブレライトさん

なるほど。その自由時間を労働に当てるというわけですかね。
まあ、労働をさせることに関しては問題ないでしょう。
また、労働内容が監獄部屋のような人を人として扱わないような場所でなければ問題にはならない気がします。

問題はどちらかというと、被害者遺族が納得するかの方が重点が大きい気がしますね。

8日前 No.20

dummy @oscar ★iPhone=Ni153b2Efq

>>15

>重労働=危険を伴なう作業(放射物質の除染とか?)、拷問=苦痛を目的としない身体刑(臨床試験とか?治験とか?)をイメージしてました。


重労働と懲役を並列していたことがどういう意味があるのか分からなかったのですが、「重労働=危険を伴う作業」という説明でもまだ分かりません。

刑罰としての重労働であれば懲役と重複しているので重労働を削除すればいいのですが、「重労働=危険を伴う作業」という意味で使ったことで、刑罰としての重労働でも一般的に使われる重労働でもない別の意味を持たせていたというわけですよね。

「放射(放射性?)物質の除染」と懲役では重複もしなくなります。

日本の刑罰の枠外の新たな刑罰を考えたということでしょうか?

それから「拷問=苦痛を目的としない身体刑(臨床試験とか?治験とか?)」というのも一般的に使われる日本語の拷問という言葉とは異なる意味で使っているということですよね?

拷問とは読んで字の如く、拷(叩いたり打ったり)によって問うことであって、苦痛を伴うし刑罰でもありません。

「苦痛を目的としない身体刑」とはまったく異なる概念です。

こういうなぜここにそんな言葉が使われるのか分からないものは、どういう意味で使っているのか最初に説明した方がいいと思います。

>(重労働の問題点は強制労働にあたる点ですかね?拷問は言葉のチョイスが合ってないですね・・・)


重労働は強制労働という意味を含みませんが、ここでは強制労働という意味も含ませているのでしょうか?

>代替手段が無い場合は人権を侵害しても良いという論理は危険性が高くありませんか?


???
人権を侵害しているから死刑は廃止すべきという論に対して、「人権を侵害しても良いという論理」の是非を問われてもどういう答えを期待されているのかちょっと分かりかねます。

むしろその言葉は死刑に賛成する人にぶつかるべきではありませんか?

>代替手段が無いなら極刑は無期懲役だと思います。


死刑がない場合の極刑は繰り上がって無期懲役になりますが、「代替え手段が無いなら極刑は無期懲役だと思います」という意見もどう解釈すべきか迷います。

死刑を廃止したら極刑は繰り上がって無期懲役になりますから、死刑がある時に死刑に相当する犯罪行為を行った人は死刑の代わりに無期懲役になるべきです。

「代替え手段がない」のに死刑を廃止したら、死刑相当の犯罪を犯した人に与える刑罰がなくなることになります。

代替え手段が無期懲役なら死刑だった人は無期懲役になるだけですが、代替え手段がないとなると死刑だった人は有罪でも刑罰がないことになってしまいます。

それは不合理です。

>今の法律だと十人殺しても千人殺しても死刑だろうけど、やろうと思えば千人殺したら八つ裂きの上に死刑っていう方法もありますよね。

>それをしないのは、八つ裂きは人権を侵害しているからなんじゃないですか?


残虐な刑罰だからです。

>代替手段が無い場合は人権侵害しても良いなら、残虐な殺人に対しては八つ裂き刑もありってことですよね。


人権侵害しても良いのではなく、人権侵害しているから駄目だと言っているんです。

また八つ裂きは人権侵害だけでなく、残虐であること、刑の執行は公開されるべきでないことなどに反しますから、ここで八つ裂きの刑を例に持ってくると別の問題も発生してしまいます。

8日前 No.21

甚六 @migime☆N.KB19nHQU5L ★iNJBiOPyDg_n3h

重労働と拷問については、申し訳ないです。死刑の代替手段を考えた時になんとなくのイメージで言葉付けしたので、適切な単語が見つかりませんでした。
既存の単語だと混乱しそうなので一旦、刑罰A=放射性物質の除染など、刑罰B=臨床試験、治験など、としましょう。

「人権を侵害しても良いという論理」は >>12 の以下の回答を参考にしています。
>拷問は人権を侵害しているので禁止されていますが、死刑が人権を侵害していないと考えられているわけではありません。
>それではなぜ拷問は禁止されて死刑は禁止されないかというと、それに代わる刑罰がないからという理由が一番大きいのではないでしょうか。
>死刑は人権を侵害するけれど他の刑罰で代用できません。

死刑は人権を侵害している。しかし死刑は禁止しない。なぜならそれ(死刑)に代わる刑罰がないから。=代わりの刑罰が無いので人権侵害をしてても死刑は実施する
という解釈なのですが、捉え方が間違っていましたか?


>代替手段が無い場合は人権を侵害しても良いという論理は危険性が高くありませんか?
>代替手段が無いなら極刑は無期懲役だと思います。
>>死刑がない場合の極刑は繰り上がって無期懲役になりますが、「代替え手段が無いなら極刑は無期懲役だと思います」という意見もどう解釈すべきか迷います。
>>死刑を廃止したら極刑は繰り上がって無期懲役になりますから、死刑がある時に死刑に相当する犯罪行為を行った人は死刑の代わりに無期懲役になるべきです。
こちらは私の文章の拙さで伝わらなかったっぽいです。
言いたかったのは、代替手段が無いから人権侵害しても良いという考えは危険なので、人権侵害していない無期懲役が極刑であるべき、という旨です。


>>代替手段が無い場合は人権侵害しても良いなら、残虐な殺人に対しては八つ裂き刑もありってことですよね。
>人権侵害しても良いのではなく、人権侵害しているから駄目だと言っているんです。
残虐な刑罰の禁止は人権の中に内包されたものと思っていましたが、違いましたっけ?
一般人レベルの知識しかないので、違うのであれば違うと教えて頂きたいです。

7日前 No.22

甚六 @migime☆N.KB19nHQU5L ★iNJBiOPyDg_n3h

すみません、最後の引用元間違えました。

(誤)
>>代替手段が無い場合は人権侵害しても良いなら、残虐な殺人に対しては八つ裂き刑もありってことですよね。
>人権侵害しても良いのではなく、人権侵害しているから駄目だと言っているんです。
残虐な刑罰の禁止は人権の中に内包されたものと思っていましたが、違いましたっけ?
一般人レベルの知識しかないので、違うのであれば違うと教えて頂きたいです。

(正)
>>今の法律だと十人殺しても千人殺しても死刑だろうけど、やろうと思えば千人殺したら八つ裂きの上に死刑っていう方法もありますよね。
>>それをしないのは、八つ裂きは人権を侵害しているからなんじゃないですか?
>残虐な刑罰だからです。
残虐な刑罰の禁止は人権の中に内包されたものと思っていましたが、違いましたっけ?
一般人レベルの知識しかないので、違うのであれば違うと教えて頂きたいです。

7日前 No.23

マジカルモンキー ★P3D5Dv0xlZ_NtU

死刑賛成派である。

>0は屁理屈である。
屁理屈は理論ではない。

犯罪者を理解する必要はない。

なぜなら、犯罪者は理解してほしいなんて思ってもいないからだ(笑)

7日前 No.24

マジカルモンキー ★P3D5Dv0xlZ_NtU

私は独学で犯罪者の心を研究してきたが、このテーマのの結論をいうとなると、

賛成だろうが、反対だろうが、それは善なる一般市民の自己満足なんだよ。

善なる一般市民が、凶悪犯の心の奥底など理解できるわけない。

じゃ、マジモンが凶悪犯の心を理解できる理由はなぜ?と問われると

これはマジモンの精神世界で善と悪が戦って、善が勝った経験があるわけだ。

ニーチェ曰く、

『 怪物と戦う者は、みずからも怪物とならぬように心せよ。
  汝が久しく深淵を見入るとき、深淵もまた汝を見入るのである 』

これはマジだ。

この怪物はどこにいるのか?というと、

@ 森の中のモンストゥルム
A 隙間に潜む影

Aに該当する。
その怪物は隙間にいるんだ。1o以下の隙間にいて、肉眼では理解できないのだ。たとえ顕微鏡で1o以下の隙間をみても、それは肉体をもっておらず、単なる『影』なのである。

7日前 No.25

マジカルモンキー ★P3D5Dv0xlZ_NtU





ここにまる″がある。

善はまる″に見える中身の部分を指す。見出す。
ここに死刑賛成派、死刑反対派がいるわけだ。ここが善なのだ。


悪はどこに住み着くかというと、このまる″の【輪郭の線の部分】に住み着くのだ。細い、細い、線の部分にいるのだ。

なので、犯罪者は、善人が賛成だろうが、反対だろうが、傍から見ているだけなのだ。

7日前 No.26

Mobius @mobius☆iuWFdm42ChI ★iPad=XaDQxMu5Oy

自由を奪う刑は、人権侵害ではないのだろうか?
財産を奪う刑は、人権侵害ではないのだろうか?
強制的に働かせる刑は、人権侵害なのだろうか?
肉体的に苦痛を与える刑は、人権侵害なのだろうか?
命を奪う刑は、人権侵害なのだろうか?
刑とは、いくばくかの人権制限を伴うものなのではないのだろうか?

7日前 No.27

マジカルモンキー ★P3D5Dv0xlZ_NtU

>>27

私は善行いうものを素直に行動している人間なので、

毎回、人間社会は善で成り立っていると、言葉で表現するが

進化論的な証拠もあり、人間社会は善で成り立っていると言える。

しかし、確率論的な意味で、この世の万人が、

例外なく、1人1人、親兄弟の差もなく、個別個別で争う生命体ならば、

それを束ねる強烈なモンスターが必要になる。

これをどうやら哲学ではリヴァイアサンというらしいが

1000人のうち、999人が手を取り合って生きているのにも関わらず、

この残り1人が好き勝手に人殺しをするのなら、この1人をどうやって抑えるのか?

リヴァイアサンという名の国家レベルのモンスターを解き放ち、

この殺人鬼を殺すしかないだろう。

7日前 No.28

志野 @sinomon10 ★xBlvIaCUeH_yoD

>Mobiusさん

最後だけ制限と書いてありますが、侵害のところは全て制限なのでは?
もしそうであれば制限でその通りだと思いますよ。

7日前 No.29

dummy @oscar ★iPhone=Ni153b2Efq

>>22

>既存の単語だと混乱しそうなので一旦、刑罰A=放射性物質の除染など、刑罰B=臨床試験、治験など、としましょう。


重労働は懲役と重複しているし、拷問は身体刑のことを意味しているのではないかと書きましたが、それでもなお刑罰A,Bという他の表現を使用して懲役や身体刑と区別しようとしているところを見ると、まったく別の意味で使っているんですね?

なぜそういう使い分けをしているのか、そしてそれぞれ何を意味したいのか、理解できないのは刑罰に対する考え方が根本的に違うからかもしれませんね。




>「人権を侵害しても良いという論理」は >>12 の以下の回答を参考にしています。


その回答は何に対する回答か読み返してみてください。

それが答えです。

7日前 No.30

Mobius @mobius☆iuWFdm42ChI ★iPad=XaDQxMu5Oy

>>29 志野さん、

「死刑、身体刑、懲役刑は人権侵害だからNG」、「自由刑、財産刑は人権侵害でないのでOK」というような意見があったかと思います。なので、「侵害」と「制限」の線引きは何なのかな〜 という疑問があります。

7日前 No.31

カブレライト @sasa432i ★Android=jrJIyQf7mo

死刑囚に対して人権の個人的な解釈の議論なんか必要ないだろwwwww

7日前 No.32

志野 @sinomon10 ★xBlvIaCUeH_yoD

>Mobiusさん

まず最初に、懲役刑は自由刑です。故に人権侵害でないとなりますね。
一言で書くと、侵害というのは、人を人として扱わない、人の尊厳を奪っているということですか。
身体刑は拷問のようなものですから、まあ、ここで詳細は書けませんが、明らかに侵害でしょう。
死刑廃止論の立場に立てば、死刑も侵害ということになるのでしょうね。命を奪うから。

制限とは人を人として扱った上で、「これはあなたはできません」ということです。
例えば未成年は「選挙権がない」、「酒を飲んではいけない」ということが言われますが、だからといって人として扱っていないわけではなく、参政権や自由権の一部を制限しているわけです。
それと同じような感覚だと思いますよ。

7日前 No.33

Mobius @mobius☆iuWFdm42ChI ★iPad=XaDQxMu5Oy

>>33 志野さん、

>>2 に、

>無期懲役にしろ有期懲役にしろ、懲役という苦役は人権侵害に当たりますから死刑と同様に問題にされているんです。

>問題にされていないと思っている人がメビウスには圧倒的に多いですね。


と書かれていたので、単なる自由刑(禁錮刑)とは違うのかと思いました。

7日前 No.34

志野 @sinomon10 ★xBlvIaCUeH_yoD

>Mobiusさん

私個人としてはそのようなことはないと思います。
刑法では確かに懲役は自由刑としていますし、憲法18条でも犯罪による処罰のための苦役に関しては、禁止から除外しているので問題にならないはずです。
ただし、奴隷的拘束は禁止ですが、意に反する労働は禁止ではないはずですよ。

7日前 No.35

みたのしきま ★q3tWng5BEh_NtU

第18条【奴隷的拘束及び苦役からの自由】
何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。

第31条【法定の手続の保障】
何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。

上の2つの憲法規定は、「人身の自由」の総論的規定と言われています。
18条の方は意味合いもわかりやすいと思いますが、
31条の方は刑法の基本銀理である「罪刑法定主義」の根拠条文と言われています。

つまり、憲法自体が在監者の存在とその自律性を認めている
といえるでしょう。

「存在」と「自律性」については、公務員の人権制約の根拠についてお話した際と同様と思って頂いて結構です。そこに「在監目的」という言葉に置き換えて頂ければよろしいと思います。

そして、公務員の場合と同様、その人権制約は必要最小限でなければなりません。

7日前 No.36

甚六 @migime☆N.KB19nHQU5L ★iNJBiOPyDg_Bka

>>30
刑罰A、刑罰Bにしたのは一緒に扱うべきか否か、議論していないからです。
かくかくしかじかの観点から刑罰AとBは同じ刑罰だ!という話が出れば一緒に扱うで良いと思っています。

結論として、除染作業と臨床試験は現在制定されている懲役刑と同一ということなのでしょうか?
それとも除染作業と臨床試験は同一ということでしょうか?


>その回答は何に対する回答か読み返してみてください。

読み返す範囲って↓で合ってますか?
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

>書きたかったのは、それぞれの刑が内包する侵害度合いではないです。

>現在の法律が定めるところでは、死刑よりも拷問や重労働をほうが人権を侵害していると考える、ってことですよね?


拷問は人権を侵害しているので禁止されていますが、死刑が人権を侵害していないと考えられているわけではありません。
それではなぜ拷問は禁止されて死刑は禁止されないかというと、それに代わる刑罰がないからという理由が一番大きいのではないでしょうか。
死刑は人権を侵害するけれど他の刑罰で代用できません。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

6日前 No.37

みたのしきま ★q3tWng5BEh_NtU

第31条【法定の手続の保障】
何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。

死刑も、法律の定める手続きによるかぎり、合憲性が付与されます。

死刑は、監獄内で行われます。(刑法第11条)

絞首の方法は絞罪器械図式(こうざいきかいずしき、明治6年太政官布告第65号)

交罪器械図式とは、日本における死刑執行の際に使用される、絞首器の図式その他の死刑執行の方法を定めた太政官布告である。

日本国憲法下では法律と同一の効力を有する。


それ以外の生命剥奪方法は、憲法上禁止される拷問です。

6日前 No.38

嫌われ霊夢と嫌われ魔理沙 ★fofH1MgenE_keJ

> >>37


拷問は人権を侵害しているので禁止されていますが、死刑が人権を侵害していないと考えられているわけではありません。
それではなぜ拷問は禁止されて死刑は禁止されないかというと、それに代わる刑罰がないからという理由が一番大きいのではないでしょうか。
死刑は人権を侵害するけれど他の刑罰で代用できません。


アメリカのように懲役150年とか『終身刑』(仮釈放なし)とか代替手段はたくさんあります


被害者の問題はあまり関係ありません

1人を殺した場合、無期懲役ですが(たいてい)殺された遺族が大規模デモで一人殺しても死刑にしろという事態は起こっていません。


もともとの甚六さんの考えでいいと思いますよ

ただし、重労働や治験は憲法が禁ずる『苦役』になりだめですが

ほかの受刑者同様、単純作業の労働をさせればいいだけです。

6日前 No.39

dummy @oscar ★iPhone=Ni153b2Efq

>>37

>刑罰A、刑罰Bにしたのは一緒に扱うべきか否か、議論していないからです。

>かくかくしかじかの観点から刑罰AとBは同じ刑罰だ!という話が出れば一緒に扱うで良いと思っています。


ここでいう区別とは、既存の刑罰があるのに刑罰A,Bというものを設定していることで、それを区別してまで設定する意味とその刑罰の役割が分からないんです。

そもそもそれが刑罰とすること自体、現代の刑罰では問題外ですから、何か理由があるのであればそれを書かないとその意味が分かりません。

>結論として、除染作業と臨床試験は現在制定されている懲役刑と同一ということなのでしょうか?

>それとも除染作業と臨床試験は同一ということでしょうか?


それは刑罰というより犯罪行為です。

>.読み返す範囲って↓で合ってますか?


そこに書いてある通りです。

書いてあることが分からなければ、おそらく刑法が何のためにあってなぜ刑罰を与える必要があり、その刑罰にはどのような意味と役割があるのかが分かっていないのではないかと思います。

国家はなぜ刑法を定めて犯罪行為を規制すると思いますか?

5日前 No.40

甚六 @migime☆N.KB19nHQU5L ★iNJBiOPyDg_Bka

>ここでいう区別とは、既存の刑罰があるのに刑罰A,Bというものを設定していることで、それを区別してまで設定する意味とその刑罰の役割が分からないんです。
>そもそもそれが刑罰とすること自体、現代の刑罰では問題外ですから、何か理由があるのであればそれを書かないとその意味が分かりません。

死刑を廃止して除染作業(刑罰A)や臨床試験(刑罰B)を刑罰にしたら良いんじゃないかな、という私の主張(思いつき)が発端です。
つまり、死刑後に冤罪が判明した時に賠償ができない、という死刑の問題点に対して、新たに刑罰Aや刑罰Bを定めることで解消できないかな、という話を今まで議論してきたつもりです。
既存の刑罰と刑罰A・Bを区別した理由はこれです。死刑に代わり今までに無い刑罰を作るのですから、既存の刑罰と区別すべきと思っていましたが、実はそうではないということでしょうか?



>書いてあることが分からなければ、おそらく刑法が何のためにあってなぜ刑罰を与える必要があり、その刑罰にはどのような意味と役割があるのかが分かっていないのではないかと思います。
>国家はなぜ刑法を定めて犯罪行為を規制すると思いますか?

それは「続・だから私は死刑に反対する」の >>1993 で私が教えて欲しいこととして質問した内容と同じように思えます。自分は分かってないと思ったのでそのような質問をした次第です。
これは質問を質問で返されたと受け取れば良いですか?

端的に言えば、社会秩序の維持や犯罪抑止のために刑罰が存在し、刑罰を公正に執行するために刑法が作られたと、今のところ認識しています。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

>書きたかったのは、それぞれの刑が内包する侵害度合いではないです。

>現在の法律が定めるところでは、死刑よりも拷問や重労働をほうが人権を侵害していると考える、ってことですよね?


拷問は人権を侵害しているので禁止されていますが、死刑が人権を侵害していないと考えられているわけではありません。
それではなぜ拷問は禁止されて死刑は禁止されないかというと、それに代わる刑罰がないからという理由が一番大きいのではないでしょうか。
死刑は人権を侵害するけれど他の刑罰で代用できません。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
これを要約すると以下で合っていますか?
Q.現行法では、死刑よりも拷問のほうが人権を侵害していると考えている、で合っているか?
A.拷問は人権を侵害しているため禁止している。
  死刑も人権を侵害している。しかし、死刑に代わる刑罰が無いため、人権侵害を容認し死刑を採用している。

現行法は人権の侵害度を拷問>死刑としていますか?という質問があると、なぜアンサーの意味が変わるのか、ちょっと理解が追い付かないです。
・・・要約の仕方が間違ってるのかな。
結局、死刑も拷問も人権侵害しているけど、死刑に代わる刑罰が無いから死刑は採用してる。という話の趣旨は変わらない気がするのですが・・・。

4日前 No.41

ゆみ ★LOZXJIYpXA_Bka

日本が世界の場で発した死刑についての迷言、ご存知ですか?

「死刑は日本の文化である」というものです。文化だから仕方なく廃止はできない、と、

ヨーロッパ諸国に訴えかけたのですが、どの国からも理解は得られませんでした。

2002年5月、「欧州評議会オブザーバー国における司法と人権」という国際会合の中で、

当時の森山眞弓法務大臣はそうスピーチしました。また、こうも言っています。

「死んでお詫びをする」という慣用句には我が国独特の、罪悪に対する感覚が現れているのではないかと思います。

と。

日本が死刑を存置しているのは、罪悪をめぐる文化的な背景があるからである、と主張したかったようです。

ちなみに、OECD(経済協力開発機構)加盟国34か国の中で死刑を存置しているのはアメリカと日本と韓国だけ。

こうしてみると、「死刑は人権侵害である」とする国の方が多いってことがわかりますね。

日本では今や、死刑制度そのものを利用して自分の人生を終わらせるために小学生を次々に刺し殺したりするケースもあるようですし。
(言わずもがなですが、池田小学校の宅間です)

・死ぬことがお詫びになるの?生きて償え
・命を奪ったのだから命を絶って欲しい
・死刑は人権侵害だ

など、様々な意見があると思いますが、
日本が死刑を存置するかしないかは、国際政治的な意味合いで決まるかもしれませんね。。。
特にアメリカが死刑をやめたら、日本もやめそう、って思います。

※警告に同意して書きこまれました (個人情報)
4日前 No.42

\\\\□( &☆smPEvi6zpKc ★rVXtjuFeKp_Bka

んんwwww死刑が今すぐに廃止されたらどうなるか考えてみましょうぞwww
@犯罪者は何やっても殺されなくなる。
A囚人は何やっても殺されなくなる。
B千人殺そうが万人殺そうが殺されなくなる。

こうなった場合刑務所がまともに機能すると思いますかな?www
我なら刑務所乗っ取って、悠々自適なマイライフ送りますぞ?www
取ろうが奪おうが何したって殺されませんからなwww

3日前 No.43

dummy @oscar ★iPhone=Ni153b2Efq

>>41

>ここでいう区別とは、既存の刑罰があるのに刑罰A,Bというものを設定していることで、それを区別してまで設定する意味とその刑罰の役割が分からないんです。
>そもそもそれが刑罰とすること自体、現代の刑罰では問題外ですから、何か理由があるのであればそれを書かないとその意味が分かりません。

>死刑を廃止して除染作業(刑罰A)や臨床試験(刑罰B)を刑罰にしたら良いんじゃないかな、という私の主張(思いつき)が発端です。


話がまったく進んでいないようです。

なぜ死刑廃止と除染作業や臨床試験を刑罰にすることがリンクするのか分かりません。

それは刑罰の意味が分かっていないのではないか、だとすればそもそも刑罰とは何なのかから説かなければならないのではないか、というところまでが前回の指摘です。

>つまり、死刑後に冤罪が判明した時に賠償ができない、という死刑の問題点に対して、新たに刑罰Aや刑罰Bを定めることで解消できないかな、という話を今まで議論してきたつもりです。


これも同様ですが、冤罪が判明した時に賠償ができないというのであれば死刑を廃止すれば良いだけだと思いますが、なぜ除染作業や臨床試験をしなければならないのでしょうか。

>既存の刑罰と刑罰A・Bを区別した理由はこれです。死刑に代わり今までに無い刑罰を作るのですから、既存の刑罰と区別すべきと思っていましたが、実はそうではないということでしょうか?


現行法の刑罰で対応できないと考えているからだと思いますが、なぜそう考えるのか、そして除染作業や臨床試験でなぜ目的が達成できると思うのか謎が増えるばかりです。

>書いてあることが分からなければ、おそらく刑法が何のためにあってなぜ刑罰を与える必要があり、その刑罰にはどのような意味と役割があるのかが分かっていないのではないかと思います。
>国家はなぜ刑法を定めて犯罪行為を規制すると思いますか?

>それは「続・だから私は死刑に反対する」の >>1993 で私が教えて欲しいこととして質問した内容と同じように思えます。自分は分かってないと思ったのでそのような質問をした次第です。

>これは質問を質問で返されたと受け取れば良いですか?


「分かっていないのではないかと思います。」までが質問に対する回答で、その後の質問は質問に対する回答ではありません。

新たな刑罰を自分で考えるならまずはそもそも刑罰とは何なのか、それは何のためにあるのか、というそもそもの話からしなければならないと思い尋ねたんです。

>端的に言えば、社会秩序の維持や犯罪抑止のために刑罰が存在し、刑罰を公正に執行するために刑法が作られたと、今のところ認識しています。


では、「社会秩序の維持や犯罪防止」のためにどのような刑罰が考えられるでしょう。

昔であれば死刑や追放によってそれは達成されたでしょうが、国家という枠組みができた現在は、それだけでは対応できません。

国家の形が変わることによって刑罰のあり方も変わり、死刑や追放刑に身体刑が加わったり財産刑が加わり、更には自由刑というものができます。

そして人権という概念が生まれて、身体刑は廃止されていきます。

こういう流れは知っていますか?

>現行法は人権の侵害度を拷問>死刑としていますか?という質問があると、なぜアンサーの意味が変わるのか、ちょっと理解が追い付かないです。


刑罰の意味が分かっているかいないかが変わるので答えも当然変わります。

>・・・要約の仕方が間違ってるのかな。

結局、死刑も拷問も人権侵害しているけど、死刑に代わる刑罰が無いから死刑は採用してる。という話の趣旨は変わらない気がするのですが・・・。

要約の仕方というより理解の仕方が違うのだと思います。

その違いが生まれるのは刑罰とは何かの違いに起因しているのではないでしょうか。

3日前 No.44

ふんにゃ @sorairono ★bXqlVCKD2A_Bka

「だから私は死刑に反対する」も「3」になったか。
これからは私もスレ主じゃなくなったので、義務から解放されて自由に発言できるかな。
(勝手に義務感を感じていただけだけど)
まあ、暇とモチベーション次第だけど。

今回、発言する気になったのは、 >>3>>10 の、観察者さん、の意見が面白いと思ったから。
「死刑廃止論において廃止派はいかに主張すべきか」が語られている。
死刑廃止論のメタ議論だな〜〜


>観察者 ★CQwlKTJE6Z_f1k
>ここでの死刑存廃議論は死刑廃止派の圧倒的な敗北で終わったと記憶しています。
>新しい論点が無いのならさらなる議論は必要ないと思いますよ。
>ゾンビが出るだけです。
>>6  甚六さん
>意見がまとめてある場所は無いと思います。
>おおざっぱにまとめると話は単純で、死刑廃止派の人たちの主張には説得力がなく、そして自滅したということです。

これは前スレ「だから私は死刑に反対する1、2」の議論に対する観察者さんの評価である。
以下、その評価の根拠が語られるのだが・・・


>参加者は「死刑廃止派」と「その他」に分けられます。

「死刑存置派」ではなく「その他」と呼ぶのがおもしろい。その理由も以下に語られる。


>「死刑廃止派の人たち」はたぶんこの場所以外でも死刑廃止を訴えてるような年季の入った人たちで、死刑議論についての知識は非常に豊富でした。
>それにたいして「その他の人たち」は、「死刑制度は存続すべきだ」というようなしっかりした考えがあるわけではなく、「死刑存続に問題があるとは思わない」というほどの消極的なスタンスだったと思います。
>アンケートで死刑制度存続に賛成している日本人のほとんどが「その他の人たち」と同じようになんとなく存続と考えてる人が多いのではないでしょうか。

まあ、そうなのだろうね。
大半の日本人は死刑について深く考えたりしない。
凶悪事件が起こると「こんな酷い奴は死刑だ」なんて単純に考えるのが普通なんだろう。
死刑制度にはどのような問題があるのか、などと考えたり、普通、しない。

つまり、世論調査で8割.9割が死刑に賛成だというのは、大半は死刑についてよく知らない結果なんだ。
そういうこと。

一方、少数派と言われるけれども、死刑制度があるという現状に反対する以上、廃止派は死刑について何かしら考えていると思われる。


>ですから私はここでの議論を「死刑廃止を訴える人たちがいかに普通の日本人を説得できるか」という構図でとらえていました。

実は、・・・、私がスレッドを立てた目的がそれだった。
ホントに、実は・・・、なんだけど。


>廃止派の人たちは死刑の問題点をあげ死刑制度廃止を訴える。
>その訴えにたいしてその他の人たちはいろいろな疑問をぶつける。

そして、私はできるだけそれに回答してきた、・・・、つもり。


>この疑問にたいして死刑廃止派の人たちは説得力のある主張を展開できなかったのです。

私に関してなら、努力はしたつもりなんだけどねえ、その評価に反論はできませぬな。


>この時点で撤退すればよかったんですが、廃止派の人たちはその後も意地になって口撃を止めませんでした。
>すでに荒れてたスレがますます荒れてまともな議論はほとんどなくなりました。
>こういうことが続いた結果、その他の人たちと死刑廃止派の人たちとは決定的な断絶にいたります。

そうかもしれないねえ。


>死刑廃止を目指すなら「死刑存続に問題があるとは思わない人たち」を説得して死刑廃止の世論を形成しなければなりません。

まったくその通りだと思う。それがスレッドを立てた私の目的なのだから。


>死刑廃止派の人たちは仮想日本人である「その他の人たち」をどう説得するかに注力すべきだったのですが、かれらは説得どころか断絶を選んでしまった。
>融和を捨て去って知識を誇示するだけの人が支持されるわけはありません。

うろ覚えだけど「法学を知らない人間に死刑を語ることはできない」みたいな意見もあったな。
一般の日本人を説得するという態度とは、真逆、な主張だった。
そりゃ、荒れるよな。


>ここでの議論を見て死刑廃止に転向した人は皆無だったでしょうし、そればかりか廃止派の思惑とは逆の方向に傾いた人たちも多かったと思います。
>死刑廃止派の人たちにとってここでの議論は完全に失敗だったのです。

このスレに参加する死刑廃止派の方々には、観察者さんの >>3 >>10 を読むことをお勧めする。

1日前 No.45

カブレライト @sasa432i ★Android=jrJIyQf7mo

家族を殺人犯に殺された人とかここにいないならどんなに話したって憶測の域をでませーーーーん

無意味ですね笑

1日前 No.46

dummy @oscar ★iPhone=Ni153b2Efq

>>46

ここにいる全員の個人情報を抜いたの!?

1日前 No.47

カブレライト @sasa432i ★Android=jrJIyQf7mo

秘密の方法で抜きました。

なので無意味です

1日前 No.48

dummy @oscar ★iPhone=Ni153b2Efq

家族を殺人犯に殺された人がいないとなぜ無意味なの?

1日前 No.49

カブレライト @sasa432i ★Android=jrJIyQf7mo

例えばいじめられたことのない人がいじめについて語ったり
それこそ経験が全く無い人同士が議論しても意味無くない?気づくの遅くないか?

1日前 No.50

論者 @ronjya ★rVXtjuFeKp_Bka

>>50
んんwww稀に見る屁理屈ですなwww

1日前 No.51

ふんにゃ @sorairono ★bXqlVCKD2A_Bka

つまり、
人を殺したことのない人が殺人について語ることは無意味であり、
戦争を経験したことのない人が戦争を語ることは無意味である、
ということか、・・・、なるほどねえ。

まっ、およそ大抵の議論は無意味である、ということになるねえ・・・

1日前 No.52

論者 @ronjya ★rVXtjuFeKp_Bka

んんwww初の試みを計画する議論なのに誰も経験が無いから議論にならないとはまた珍妙ですなwww
>>50 は採掘に戻られた方がよいではないですかな?www

1日前 No.53

dummy @oscar ★iPhone=Ni153b2Efq

ん???

なんか質問とズレた話が進行してるけど、質問は「家族を殺人犯に殺された人がいないとなぜ無意味なの?」です。

「家族を殺された人がいないと無意味である。」なら言いたいことは分かります。

「家族を殺人犯に殺された人がいないと無意味である。」はなぜ殺人犯限定なのか、その理由が分からないから聞いているんです。

殺人犯に殺されようが、放火犯に殺されようが、強盗に殺されようが、普通の人に殺されようが、同じじゃないかと思いますけど何が違うんでしょうか?

1日前 No.54

カブレライト @sasa432i ★Android=jrJIyQf7mo

煽りにユーモアあってすこ

14時間前 No.55

カブレライト @sasa432i ★Android=jrJIyQf7mo

ここの住人に身内の死の原因が人と関わったがいないから話しても意味無いんじゃないかって言ってるだけで戦争と同格にするなんてユーモアのある思想をお持ちですね!そういう考え方羨ましいです笑

11時間前 No.56

甚六 @migime☆N.KB19nHQU5L ★iNJBiOPyDg_Bka

>>56
個人的には、刑法は、被害者や被害者家族のために作られた仕組みだとは思っていないので、
「家族を殺人犯に殺された人とかここにいないならどんなに話したって憶測の域をでませーーーーん」は論外ですね。

>>44
>なぜ死刑廃止と除染作業や臨床試験を刑罰にすることがリンクするのか分かりません。

たしかに言われてみるとそうですね。
何かを廃止するためには、代わりに何かを設置しなければならないような錯覚に陥ってました。
たぶん、無条件に死刑廃止するのは厳しいだろうな、という意識が原因ですね。
死刑執行後の問題点だけを考えるなら代わりの刑は不要です。


>その違いが生まれるのは刑罰とは何かの違いに起因しているのではないでしょうか。

結局、この答えはあるのでしょうか?
一応、私としては「分からないので教えて下さい。私としては今のところ、こう考えています。」という話までしたのですが・・・
いいから自分でもう一回考えろ!ってことでしょうか?

8時間前 No.57

カブレライト @sasa432i ★Android=jrJIyQf7mo

死刑は遺族を最低限納得させるための意味もあるでしょ

僕が〜と言ったは論外ですねって否定する理由がたった一つとはずいぶん希薄な考えですなwwww

7時間前 No.58

甚六 @migime☆N.KB19nHQU5L ★iNJBiOPyDg_Bka

自分で証明してくれたみたいですね。
「死刑は遺族を最低限納得させるための意味"も"あるでしょ」
そのとおりです。死刑には遺族を納得させること以外にも目的があります。
なので、その目的について議論する場合は、被害者家族である必要はありませんね。

16分前 No.59
ページ: 1 2

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる