Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>
ページ: 1

 
 

みたのしきま ★q3tWng5BEh_NtU

*!簡単に言いますねw

その企業創ったの誰?



経営と所有の分離とは、コーポレート・ガバナンスの観点から、企業の所有(株主)と経営を分離する仕組み、考え方。

特別議決権などを持つ株主が経営をすると、経営の客観的な評価ができず、経営者の独断、独走を許す危険性がある。

これを防ぐため、所有(株主)と経営(経営陣)を分離し、株主は経営を客観的に評価する立場で、経営の健全性を構造的に保とうということである。

経営と所有を分離することで、広範な資金調達が可能となり、人材も幅広く登用できる。

その結果、多様な事業展開を効率的に進めるなどのメリットがある。具体的な方法には、株式公開などによる創業者一族の株式の割譲がある。

2019/08/11 13:12 No.15

ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる