Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>
ページ: 1 2 3

 
 
しったら恐ろしいグリム童話No.156 だけを表示しています。

dummy @oscar ★iPhone=Ni153b2Efq

>>155

>白雪姫が死亡した日を基準として、王子がやって来て白雪姫を見つけるまでにどれくらいの時間が経っているのか
 ⇒白雪姫が死亡してから12時間後
>王子が白雪姫を見つけた時、他に誰かいたのか
 ⇒7人の小人と村の医師
>王子はグリム童話のように白雪姫の遺体を小人たちから貰い受けたのか
 ⇒そのようなやりとりは無い
>王子が白雪姫にキスをしたのはいつか
 ⇒死亡してから12時間30分後
>王子がキスをしたことと白雪姫が生き返ったことの間に因果関係はあるのか
 ⇒因果関係は無い

では、白雪姫は7人の小人たちと一緒に森の中に住んでいたのではなく村に住んでいたんですね?

白雪姫の死亡後12時間ということなので、墓地埋葬法には違反していません。

グリム童話のように王子は白雪姫の遺体をもらい受けていないので刑法第190条の遺体領得罪にも該当しません。

>>0 や例にあったように強制わいせつ罪ならば、王子がキスをする前に白雪姫が気付いて、王子のキスを拒否し必死に抵抗をしたにも関わらず王子は白雪姫の意思を無視して強引にキスをしたような状況が考えられますが、そうではないし、白雪姫は死亡していたので準強制わいせつ罪にも該当しません。

何かの罪に問いたいのであれば、同居していた小人たちの制止するのを無視して王子がキスをしたのであればできるかもしれませんが、王子がキスをする時に小人たちは止めなかったんですか?

>それが戸籍法に書かれているのであれば、戸籍法の話をしたいです。

>どこに何が書かれているか分からない素人だから質問をしたので、戸籍法の話をしたいのですか?と言われても戸籍法って何ですか?ってなっちゃいます・・・。


死後12時間であれば戸籍法は関係ありません。

>厳密なストーリーがなくても、法律の解釈のさわりは教えて頂けると思っていました。

>なので、おっしゃるとおり、想定される全てのケースに対して結論を下さい、という質問ではないです。


ある事実に対してこの法律の条文が対応するという風には法律は作られていません。

事実関係に基づいてどの法律のどの条文を適用すればいいのかを考えるのは告訴する方ですから、どのような事実について違法性があるかないかを教えてもらわなければさわりを教えるとしてもどこから手をつければいいのか分からない状態です。

ある条文を指定してそれについての説明をしたり、逆にある事実関係について指定された条文を適用できるかどうかなら書けますが、ある行動についてその背後関係が分からないままというのでは考えられる可能性が沢山ありすぎてさわりまで辿り着けません。

登場人物の誰でもいいから違法性があるかどうかを尋ねたいのであれば、ストーリーが分からなければその存在に違法性があるかどうかを尋ねたいように思えます。

違法性があるのは人の存在ではなくあくまでも人の行為です。

その人がどのような行為をしたのか、それが分かる詳しいストーリーがなければ違法性の有無は判断できません。

>ジャンケンの例えについては、失敗したのかもしれませんね。

>白雪姫の話自体をジャンケンに例えたわけではありません。

>「白雪姫の話」に対して「法律」を適用する試みを、「ジャンケンの手(=白雪姫の話)」と「ジャンケンのルール(法律)」に紐づけて例えたつもりでした。


そういう例えであれば、何度も書いているように、なぜジャンケンしなければならないのかが分かりませんから答えようがないんです。

いきなりジャンケンをしたらどうなりますか?と聞かれてもグーを出そうがパーを出そうがチョキを出そうが、「ジャンケンで負けた人がコンビニで飲み物を買ってくる」といった設定無しではどうなるかは分かりません。

勝つか負けるかさえ、相手がグーで自分がパーを出したから勝ちとは限りません。

この相手がグーで自分がパーを出した場合に「勝つ」と自信を持って答えられるのは「普通のジャンケン」を「2人で」した場合に限ります。

誰もが知っているグリム童話やディズニーの「普通の白雪姫」ではなく物語に何人の登場人物が出てくるかも分からない話ならジャンケン同様に応えることはできないんです。

>dummyさんは「設定」=登場人物とその登場人物の相互の関係として表したかったみたいですが、私の主観では設定とストーリーで区別がありませんでした。


登場人物とその関係やその物語がいつ、どこの話であるかが物語の設定で、その登場人物が何をするかがストーリーですから、それを区別して両方が分からないと何も分かりません。

>これも興味本位なのですが、テストが100点だった時に事故か過失か殺人かの判断が分かれるケースを1つで良いので、教えて頂けないでしょうか?

>私の法律知識の無さで、例えが適切じゃなかったようなので知っておきたいです。


同級生への聞き込みで被害者Aは冗談めかして「次のテストで100点取ったら殺されるーw」と言っていたことが分かり、その後の調査でAと成績のことで揉めていた同級生Bがいることが分かった。

その同級生Bの父親は躾に対して厳格で体罰もよく行っていたことや、Bは次のテストで成績がトップを取るように父親から厳命されていたが、仲のいい友人には次のテストは自信がないとこぼしていた。

Bのパソコンを調べるとSNSにAに事情を話して相談したらAからは「お前が頭悪いのを俺に相談されてもなー」とからかわれて殺意を抱いたことが綴られていた。

そんな状況で、100点を取ったことがAの死亡に関係ないと決めつけてBについて何も調べないんですか?

2019/08/25 21:54 No.156

しったら恐ろしいグリム童話No.156 だけを表示しています。
ページ: 1 2 3

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる