Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(3) >>

反出生主義への反論

 ( 議論掲示板 )
- アクセス(102) - いいね!(0)

ttt ★nBd65TRlMY_sxd

生まれてくること、生まれることによって生じる苦痛に同意が得られていないため
人が子を産むことは非道徳的である、とする考え方があります。
これに対する反論を試みます。
なお、念のため、個人が反出生主義を選択することが誤っている、といことを述べたいわけではありません。
構築された理論に対する反論を試みます。


まず、前提として同意を得る対象は生まれる前の子供でなくとも
我々がもつ道徳観に照らし合わせ、同意を得るべきだが得ていないことが問題、とする考え方はありだとします。
また、ここでいう「同意」とは何かを考え
生まれることによって死ぬことなど確実に苦痛が生じることに対する同意である、としました。


ここから反論。

「道徳的観点から、同意を得るべきだ、という命題は、実は同意が得られない構造である」

同意とは、意見・求めなどに対して賛成・承諾すること。とあります。
道徳観に照らし合わせ同意を得ていないことが問題とすることをありだとしましたが、仮想的にも相手が必要になります。
この相手に「生まれたことによって死ぬけどいいよね?」と聞いたとします。
デメリットが強調されているため、否と答える可能性が高いでしょう。
「死ぬ前に絶頂の幸福があるけどね」と述べたら迷うかもしれません。
つまり、すべてのできごとをしっかりと説明しなければ、正確な判断ができない事柄です。
神ではない人にすべてのできごとを説明できるわけではないので、出来る限りの説明として
「社会的な競争があること」、「老いること」、「死ぬこと」など確実にあることは説明できますが
そこで果たした道徳的な責任は、誰に対するものなのか。
説明を行った相手には十分な情報がないため、責任を果たしたとはいえません。
果たしたのは自分にできることはやった、ということだけです。
道徳的観点から、同意を得るべきだ、という命題は、実は同意が得られない構造です。


「そうだよ!だから責任をとれないことはやるべきではないのだ! → 道徳っぽくみえるけどそうじゃない」

責任をとれないことはやるべきではない、ということに一定の論理性がありますが
上述の通り、ここでいう責任とは自らが自らに課した一方的な責任で
道徳が本来持つような社会性がみあたりません。
実際に相対する人との間で、責任をとれないことをやるべきではない、ということは社会性がありますが
生まれていない子供に対しては想像でしかなく、上述のように正確な判断を下せる状態ではないのに
「やるべきではない」という判断をもって、道徳的であるというのは欺瞞です。

以上、拙いながら反論を試みてみました。
なお、念押しですが、個人が反出生主義を選択することが誤っている、といことを述べたいわけではありません。
だって、生むことが道徳的だってことを証明できているわけじゃないからね!

ページ: 1


 
 

冬の忘れ物 @yosiki10☆zrSSnJOvQXA ★BIgbpnRbtZ_2Js

この辺は難しい話ですよね。

14日前 No.1

みたのしきま ★q3tWng5BEh_Onj

同意とは、権利義務の主体が結果について受け入れることを内容とする意思表示です。

胎児は、権利義務の主体ではありません。


引用

権利の主体となることのできる法律上の資格をいい,法的人格,法人格ともいう。

権利能力を有する者としては,人 (自然人 ) と法人とがある。人にはかつては奴隷のように権利能力のない者があったが,近代法ではすべての人間に出生とともにこれを認める (民法1条ノ3) 。

権利能力の終期は死亡である。また,法人は,社団または財団 (一定の目的のために捧げられた財産) に対して権利能力を付与されたものである (43条)

引用終了

従って、自然人の場合には、人間の出生、前に権利主体にはなれなく、法律行為としての同意は論理的に存在しない。

14日前 No.2

ttt ★nBd65TRlMY_sxd

>>1
ありがとうございます。
ロジックをもった反論というだけならば、私の頭が足りないだけで
難しいということはないのかなと思っています。

>>2
ありがとうございます。
法としてまとめられたものは、道徳を含んでいる、と考えることもできると思いました。
つまり法律行為としての同意は論理的に存在しない、ということも反論となりえますね。

14日前 No.3
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる