Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(1378) >>

続・だから私は死刑に反対する

 ( 議論掲示板 )
- アクセス(1919) - いいね!(1)

ふんにゃ @sorairono ★HEPy1c8DtF_gaI

凶悪事件のニュースは表面しか伝えないけど、
「この人、なんでこんなことしちゃったんだろ」

と、思う時がある。
私は、犯罪者を理解したい、と思うことがあるらしい。

犯罪者を理解する必要はない、という人もいるだろう。
凶悪犯なら、さっさと死刑にしてしまえばよい。
そうね。犯罪者を理解する必要がないなら、簡単に死刑を支持できるかも。

だけれども、

人間は、環境を選んで生まれるわけじゃない。
育つ環境が違えば、今の私の人格・考え方、も違ってたはずだ。
私が犯罪者の環境に育ったとして、そこで犯罪を犯すか否か、と「今の違った人格の私」が考えてもしゃーないことだ。

世の中にはいろんな人間がいる。男もいれば女もいる。
容姿端麗な奴、ブサイクな奴。価値観・考え方の違う奴。

国民の圧倒的多数の支持のもと、大通りを堂々と歩く死刑存置派もいれば、
少数派であるがゆえに、路地裏で石をぶつけられながら、惨めに座り込む廃止派もいる(ノ_・。)

そして、犯罪者になる奴もいれば、ならない奴もいる。

いろいろな人間を知ることは、人間を知ることだ。
犯罪者を理解するということは、人間を理解することでもある。
少しでも理解すれば、簡単に、死刑になれ、とは言えなくなる気がする。
そういう人は死刑廃止派になるかもね。


それから、


景気が悪くなると犯罪が多くなる。

もちろん、犯罪者が責任を逃れることはできないのだが、
犯罪の背景に社会的側面があることを無視することもできない。
犯罪を知ることは社会を知ることでもあるのだ。


犯罪者を理解する必要がないのなら、凶悪犯は簡単に死刑にできる。
反社会的凶悪犯だから抹殺しました。あとは、忘れてしまいましょ。
そうして、死刑に賛成するのだろうな。

でも、それって「臭いものに蓋」ってやつなんじゃないのか?

犯罪者を知ることは人間を知ることである。
犯罪を知ることは社会を知ることでもある。
人間を知り、社会を知れば、我々が為さねばならぬことも見えてくるだろう。

犯罪者を死刑にして「はいおしまい」では、
我々が本当に考えなければならないことを考えない「思考停止」にも見えるのだ。

(と、路地裏の廃止派として考えたのだった)


・・・なんてな(*/∇\*) キャ

メモ2018/09/09 11:41 : Mobius☆iuWFdm42ChI @mobius★iPad-XaDQxMu5Oy

【前スレ】

だから私は死刑に反対する

http://mb2.jp/_grn/2220.html

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

 
 
↑前のページ (1328件) | 最新ページ

志野 ★oxNziOTMi3_yoD

>macoさん

>>1311

一応鵜呑みにはしていませんけれどね。
個人的に他の2、3のデータに当たって、推移を確認した上で、おおよその一致がありそうだという上で議論をしようと判断しました。
もしより正確?であるというデータがあれば教えていただけると、そちらで議論できるのでありがたいですね。

3日前 No.1329

志野 ★oxNziOTMi3_yoD

>法に詳しい人さん

>>1280

まあ、アメリカでは死刑廃止した州とそうでない州がありますからね。
しかも、いくつかの統計的な研究によっても結果はバラバラだそうですからね。
だからそれに関しては抑止力があるとは言えないよぐらいの気分で書いたつもりです。

3日前 No.1330

となりのととろ ★fofH1MgenE_keJ

なお…罪と罰を読むとき、岩波文庫はダメです。
あれは完訳版です。読もうとすればすぐに飽きます

おすすめは『岩波少年文庫』です。これは小学校高学年対象ですから

3日前 No.1331

00100 @00100 ★iPhone=NxaBU8I489

>>1322
http://mb2.jp/_grn/2245.html-226#RESなんか正にそうですね。

3日前 No.1332

となりのととろ ★fofH1MgenE_keJ

>>1332

犯罪者の深層心理を知る方法として『認知行動療法』があります。
これによって、人の中核信念や媒介信念がわかります・・・・


あなたはこういう議論についてこれるのですか?

3日前 No.1333

00100 @00100 ★iPhone=NxaBU8I489

>>1333
認知行動療法は分かりますが、それと http://mb2.jp/_grn/2238.html#cとの関連性が分かりません。
ただ単なるスレクラッシャーにしか見えません。あれじゃ削除されても致し方無いでしょう。

3日前 No.1334

00100 @00100 ★iPhone=NxaBU8I489

>>1334 のリンク貼り間違い
正しくはこちらです。
http://mb2.jp/_grn/2245.html-226#RES

3日前 No.1335

ラララライ ★F7m2wJ6AdU_Ew9

>>1324
ほんとあなたは自分を省みないんだね。心理学が得意とか言ってるけど、少しでもそういう知識があるならまず自分を分析してみればいいのに。まあこのような傾向は生まれつきらしいから私が指摘しても無意味なんだろうけど...。

人の行動にはその行動を誘発する動機がある。ここで死刑廃止を訴えるのにも何らかの動機がある。それは何か。
動機というのは生理的なものだから論理などとは無縁なものだ。その論理的でないもの、つまり「死刑廃止を訴える動機」を論理的なものだと信じているのはなぜか。
私はさんざんあなた達が死刑廃止を論じる不穏な動機を指摘してきたが、それを受け入れないのはなぜか。つまり、あなたが私の論理的な指摘を「心の底から受け入れたくない」のはなぜなのか。
あなたの考えが本当に論理的であれば論理的な指摘を受け入れる余地があるはずだがあなたは決してそれを受け入れない。それはなぜか。
なぜなぜなぜなぜ...

このように自分の内面を考察することを内省と言います。上に示したような内省が出来るのであれば、社会にうまく適合する人格形成が可能なのだが、客観的に自分を内省する事が不得手な人種がいる。
なぜ自分を客観視できないかというと、その人の中にある主客概念における客観というものが一般の人よりも希薄だからである。ちなみにジコチュウと呼ばれる人達もここに含まれる。
このような人たちに共通して見られる傾向として反社会性があげられる。社会の根本理解には客観概念が不可欠なのだから、客観概念の希薄な人種に反社会的傾向が見られるのは当然であろう。

詳細に書くのははばかれるので思考の筋道だけを示そうと思う。
被害者と加害者がいたとして加害者により共感を覚えるのはいったいどういうわけか?
被害者により共感する人達と加害者により共感する人達との対話に意味はあるのか?

「凶悪犯の心理を理解する」という発想は根本的にずれている。見ている景色が違うのだから理解できるわけがない。もし理解できるというのなら、それは同じ景色が見えているということだ。

3日前 No.1336

maco @maco7 ★s3dqmEvCVz_sxd

>>1329 志野さん

>個人的に他の2、3のデータに当たって、推移を確認した上で、おおよその一致がありそうだという上で議論をしようと判断しました。

私は、志野さんがあのサイトを鵜呑みにしたかどうかについては判断していませんが、志野さんならあのサイトの情報を目にしても「問題あり」「議論にテーブルに乗せていい筋の情報ではない」と判断なさるだろうと思っていたんです。

ですので、議論しようと思うに至ったという「他の2,3のデータ」の存在が非常に気になるのですが、教えていただいてよろしいでしょうか。

また、fakerさんと私が問題視して指摘していたのは殺人発生率の数値の細かな一致不一致(カナダ政府が公表しているものとの数値差そのもの)やその間違いの多寡ではなくて、「個人サイトの情報は正しいとは限らないから、一次資料で確認すべきであること」(これはこのスレであのサイトが紹介される以前からその間違いを知っていたからこそ指摘したものです)、「比較すれば実際に間違っていることがわかること」、「何年に何が起きたかが個人サイトには正確に記載されていないこと」、「その誤情報を根拠にして議論のテーブルに乗せることの無意味さ」です。

志野さんがおっしゃる「より正確なデータ」が何を指してのものかはわかりませんが、政府から公表されているデータと死刑廃止が経年でどのように進んだかについては、


●Statistics Canada
 Homicide in Canada, 2016

●Victims of police-reported violent crime in Canada: National, provincial and territorial fact sheets, 2016

●Correctional Service Canada
 Abolition of the Death Penalty 1976

●Table 1b
 Rate of homicides, by province or territory, 1986 to 2016

●Uneasy Abolitionists: Canada, the Death Penalty, and the Importance of International Norms, 1962□2005


このあたりを確認いただければ個人サイトとの違いがわかると思います。


このスレで、あの個人サイトの誤情報を根拠に死刑廃止の結果殺人発生率が上がったと結論づけている人たちは、「たかだか1年の違い」と軽く見て言い訳をしていますが、正しくは1年の違いではなく10年の違いですし、仮に1年の違いであったとしても、死刑廃止した年から上昇したのか、その前年から上昇しているのか、廃止した翌年から上昇したのかではまったく意味が違ってきますし、何年に何が起きたのかは「因果関係」を考えるなら1年の違いは大きな問題であるはずで、統計を根拠にして議論するなら、間違っても「たかだか1年違い」とか「大差無い」なんて言えないと思うんですけどね。

3日前 No.1337

となりのととろ ★fofH1MgenE_keJ

>>1336

あなたの言うことも理解できません

例えば「動機の解明は不可能」というのが社会心理学では常識ですよ。

あなたのような人の考えを社会心理学では『素人理論』というそうです。


出典『社会心理学』放送大学教育振興会

3日前 No.1338

となりのととろ ★fofH1MgenE_keJ

>>1336

『この人は知識があると思って知っていると考えているようだが・・・・・
私はこの人と違って知らないということを知っている・・・
そのちょっとしたことで私はこの人より優れているのかもしれない』

『ソクラテスの弁明』

3日前 No.1339

となりのととろ ★fofH1MgenE_keJ

>>1336
憲法の現象学的考察とかができるんだったら他人を批判する資格もあるでしょう。
でもないんだったら黙っててくれません

『素人理論』は不愉快ですから

3日前 No.1340

となりのととろ ★fofH1MgenE_keJ

出典
『憲法学の基本問題』小林直樹、参照

3日前 No.1341

maco @maco7 ★s3dqmEvCVz_sxd

あなたのその議論とは無関係な根拠なき人格批判や分析にはもうウンザリしてるよ。

>被害者と加害者がいたとして加害者により共感を覚えるのはいったいどういうわけか?

獄中の宅間守に「私も一歩間違えればあなたのように・・・」という手紙を送った人が批判の手紙8に対して2はあったというんだから、その人達に聞いてみたらいいんじゃないの?

ちなみに私は「加害者により共感を覚える」人ではないので、聞かれてもわかんないわ。

>私はさんざんあなた達が死刑廃止を論じる不穏な動機を指摘してきたが、それを受け入れないのはなぜか。つまり、あなたが私の論理的な指摘を「心の底から受け入れたくない」のはなぜなのか。

不穏な動機って!?

私がいつ動機を語った?
勝手に憶測で決めつけられるのは迷惑なんですけど。

受け入れないのは当たり前でしょ。
あまりにも的外れだからだよ。

あなたはちっとも論理的ではない。
だから誰にも相手にされない。

その自覚が無いのがかわいそう。

3日前 No.1342

となりのととろ ★fofH1MgenE_keJ

>>1336

そうだ・・動機って言いうんなら

@前頭葉の活動の低下がまず重要になるね
A最近は神経伝達物質セロトニンなどと海馬の関係とか
B神経栄養因子とかがさいきんyつうもくされているけど

君はどう思うの?
これぐらいこたえられるでしょ

君、えらいんだから。


C遺伝も重要かな、ただ責任遺伝子が発見されていないんだよね

2日前 No.1343

となりのととろ ★fofH1MgenE_keJ

>>1336

内省か・・・う〜ん

まず「シナプスの受容体の異常なども考える必要もあるね』

後、セロトニンの調節機能なんかも

外せないのは平野龍一の『やわらかな決定論』なども外せないかな

当然刑法の議論もしないといけないし

2日前 No.1344

となりのととろ ★fofH1MgenE_keJ

>>1336

犯罪者の考えを知る研究としては最近は精神医学も外せないな

例えば少年の凶悪犯罪がうつ病の逸脱行動だということもわかっているし

性犯罪などは精神医学では病気ととらえられるしね

小児性愛なんかも


凶悪犯罪者の脳の内部構造がどうなっているのか?
そうなると、神経細胞や神経伝達物質も考えないといけないし

君はどう思うの?
偉いんでしょ


意見が聞きたいんだけど

2日前 No.1345

Mobius @mobius☆iuWFdm42ChI ★iPad=XaDQxMu5Oy

>>1337

>「たかだか1年の違い」と軽く見て言い訳をしていますが、正しくは1年の違いではなく10年の違いですし


(macoさんの表現方法をまねるならば、)
そんな嘘デタラメを書いてはいけません。

例のブログが何を以て「事実上の死刑廃止」としているかは文脈を見れば明らかで、1967年からその後の10年間で殺人件数が2倍以上になったのも事実です。

以上

2日前 No.1346

となりのととろ ★fofH1MgenE_keJ

あああああ7

2日前 No.1347

mina-asobo @mina21 ★dWIa1WvV0K_M0e

00100さん
>>1302

>ここにたまに来る、オヤジさんに教わりました。

>大阪では良く使うそうですよ。方言なのかな?


>へー。私の関西圏の知人に聞く限りでは2府4県でそういう言葉を使う人はいません。ネットで調べても出てきません。そのオヤジさんが貴方とどういうご関係か知りませんが、騙されたのでは?


そうか、騙されたのか。

オヤジさんの説明では、「ポットの中の人」と「湯ばっか」「言うばっか」「言うだけの人」という意味らしいですよ。

関係などありません、何やらここでたまに現れる人です。

しかも4重人格なのか、発言、言葉つかい、記憶がバラバラなのが特徴です。

多分、昔は名前を変えていた人だと思います。

6年前の私の発言をたまに引用するので。。。。。

2日前 No.1348

00100 @00100 ★iPhone=NxaBU8I489

>>1348

>関係などありません、何やらここでたまに現れる人です。


このスレで「オヤジ」で検索しましたが、「流れるオヤジ」はありましたが、「オヤジ」というHNの人は居ませんでしたが。
人違いでは?

2日前 No.1349

mina-asobo @mina21 ★dWIa1WvV0K_M0e

略しているだけですよ。

2日前 No.1350

00100 @00100 ★iPhone=NxaBU8I489

>>1350
勝手に略すから人と話が通じないのでは?略すなら略すと宣言しないと。

2日前 No.1351

00100 @00100 ★iPhone=NxaBU8I489

>>1346 はその通りなのですが、それに加え >>1337 でもそうですが、個人のブログの記事はその真偽を確認しろという割に、カナダ政府の文章はそのまま鵜呑みにしている点、そしてそれを公の文章だから挙証責任は無いのだと断言する点も問題です。
カナダ政府の文章と違うから嘘だと言うのであれば、カナダ政府の文章が本当に正しいのかを追求する必要がありますが、そんな事をmacoさんはしていません。もちろんそんな事は誰にもできない事ではあるのですが。
結局は自分の都合の良い文章を「これこそが真実だ!」と言っているに過ぎないのです。

同じ文章をまた書くのも面倒なので、こちらをご参照下さい。
http://mb2.jp/_grn/2241.html-139#RES

2日前 No.1352

maco @maco7 ★s3dqmEvCVz_sxd

>>1346

>(macoさんの表現方法をまねるならば、)
>そんな嘘デタラメを書いてはいけません。

何が嘘デタラメなのでしょう?
あなたがいくらそう言っても事実が覆るわけではありません。
その事実は皆さんにも確認していただけるものなのだから、根拠なく相手を貶めて自分を上げようとしてもムダですよ。


こちらはあの個人サイトの誤情報を問題にしているわけです。
そのサイト主が勝手に死刑廃止年を1966年と解釈していようが、それが故意だろうが過失だろうが、それをあなたがそのまま信じようが、カナダ政府が公表している事実(1976年)とは違うのだからそれを根拠に論じる意味がありません。

また、「停止試行期間の開始年(1967年)」を勝手に「事実上の廃止年」などという言葉に置き換えて誤魔化してもだめです。

間違いがあることは、カナダ政府や関係機関が公表しているの英文を正しく理解できる人ならすぐにわかることです。Google翻訳して間違って理解する人もいるみたいですけど。
根拠はすでに示した通り。

あなたは自分が「使える」と思って引用したサイトの情報の瑕疵を見抜けず、間違いを指摘されても認めたくなくて誤魔化すための詭弁を重ねているだけにしか見えません。

2日前 No.1353

maco @maco7 ★s3dqmEvCVz_sxd

>>1352

人のことをとやかく言うより、あなたは >>1305 に書いた嘘を訂正しなさい。

>厳密には違いますが、残念ながらそのまさかです。例のブログには1965年と書かれていて、カナダ政府の文章には1966年と書かれてあると。だからそのブログは嘘が書いてあり、1年違うから殺人と死刑停止には関連性が無いのだというのがfakerさんの主張でした。


これは事実ではないでしょ?
短期記憶障害かなんかですか?

忘れていて勘違いしているなら、遡って確認なさい。

>例のブログには1965年と書かれていて、

書いてません。

>カナダ政府の文章には1966年と書かれてあると。

そんなこと、誰が言ったんですか?



だからデタラメだと言ったんですよ。
学習しない子だな。

2日前 No.1354

ちょっとね ★zkRJpKz2Kv_yoD

件のサイトについていえば、ざっくりいって、概ね妥当な内容だということだね。1966年と1967年の違いがどうして生じたがよく分からないが、基本的には、アムネスティが1976年を死刑廃止の起点にしているところに疑問をなげかけてるんだね。1976年の死刑廃止(刑務官や警察官の殺害に対する死刑も廃止された)の10年程も前に、一般の殺害に対する死刑廃止(廃止がダメなら停止でもいいや)がなされており、その辺りから殺人率が増大しているということを無視してよいのかという問いかけであり、書いてる内容もマットウだよ。多少の誤差はあるかも知れないが、殺人率の数値もおおむね合ってるし、グラフの作り方に特別の意図的作為も認められない。例えば、原点を0でなく、1.2とかに底上げしてるなら、特別増えている状況を印象操作しているともいえるが、そんなこともないしね。それを、「匿名個人サイトのあのグラフは、かなり恣意的に作られている」とか「グラフの作り方で急に上がっているように見える」とか「デマ」とか「正しくは1年の違いではなく10年の違いですし」とか書いちゃうと当然信用を失うわけだ。「正しくは1年の違いではなく10年の違いですし」の方がよっぽどデマだよ。普通に読みゃ分るよ。制度上の死刑「廃止」年は1976年であることは例のサイトに明確に書いてるしね。

このような議論をするのは、正直、あまり面白くないことだ。単にゴネてるだけとしか思えない。俺としては「どうして死刑は廃止されなくてはならないのか」の方がよっぽど興味がある。死刑を廃止することによって、存置した場合と比較して、多くの無垢人々が、生命の危険に晒されるかも知れないのに、「死刑に犯罪抑止力がない」ことを証明しないまま、どうして、そこまで死刑廃止を主張するのか。少なくとも、過去の議論では、民主主義や人権尊重に基づいても、残念ながら、その結論を導くことには成功していないようである。俺的には、そっちの方向の議論の方が、このような場では似つかわしいと思うがいかが?ま、期待はしてないけど。

2日前 No.1355

maco @maco7 ★s3dqmEvCVz_sxd

>>1352

>カナダ政府の文章と違うから嘘だと言うのであれば、カナダ政府の文章が本当に正しいのかを追求する必要がありますが、そんな事をmacoさんはしていません。

当たり前でしょ(笑)
誰かがテキトーに書いた文章じゃなく史実なんだから、文章の信憑性云々の問題ではありません。

もちろん、公共機関の資料がすべて正しいということを言っているわけでもありません。
政府が出してくる統計なんかも胡散臭いものは沢山ありますからね。

だから私は

>あなたの解釈でいくと、歴史の史実の原典にあたろうと思ったらタイムマシンが必要になりますね。

と、あなたが史実と資料をごちゃまぜに考えている事を皮肉ったんです。
一体どうやって確認するつもりなのでしょうか。

あなたが、できることとできないことを混同して同列で語っていることからも、ちゃんと理解できていないことがわかります。

こちらは、あのサイトが自ら参照したと書いていたカナダ政府が公表しているものとの齟齬を具体的に示しました。
しかし、あなたがたはあの個人サイトの情報が真実であることの根拠は示せていません。

どちらの言うことがまともだと思いますか?
それすら判断できないから、ああでもないこうでもないとゴネてるんでしょうけど。

そんなに疑うなら、カナダ政府に問い合わせるなりなんなりして、「政府が公表している史実は本当に正しいのか?」と、カナダ政府を追求してみればいいんじゃないですか?

2日前 No.1356

00100 @00100 ★iPhone=NxaBU8I489

>>1356

>どちらの言うことがまともだと思いますか?


私でも貴方でもなく >>1355 です。

2日前 No.1357

Mobius @mobius☆iuWFdm42ChI ★iPad=XaDQxMu5Oy

>>1357 私もそう思います。

2日前 No.1358

00100 @00100 ★iPhone=NxaBU8I489

>>1356

>誰かがテキトーに書いた文章じゃなく史実なんだから、文章の信憑性云々の問題ではありません。


何故ですか?公共機関の資料がすべて正しいということを言っているわけでもないのに。

>と、あなたが史実と資料をごちゃまぜに考えている事を皮肉ったんです。

>一体どうやって確認するつもりなのでしょうか。


そういう皮肉や疑問は公的機関の資料が事実であり史実であると断言する貴方に向けられるべきですね。

>こちらは、あのサイトが自ら参照したと書いていたカナダ政府が公表しているものとの齟齬を具体的に示しました。


そしてそのセンテンスは未だ存在が確認されていません。

>そんなに疑うなら、カナダ政府に問い合わせるなりなんなりして、「政府が公表している史実は本当に正しいのか?」と、カナダ政府を追求してみればいいんじゃないですか?


それはカナダ政府の文章と異なるから間違いなんだと断言する人がすべき事です。己の主張には責任を持ちましょう。

>>1354
>人のことをとやかく言うより、あなたは >>1305 に書いた嘘を訂正しなさい。


間違いが確認されていない文章の訂正はできません。

>>1351
>その事実は皆さんにも確認していただけるものなのだから


そして未だ誰1人その確認ができていません。貴方に至っては自分でカナダ政府の文章だから史実で事実だと主張しておいて、そんな確認はできないとも言いました。確認できないものを確認して頂けるものだとはこれいかに?

>間違いがあることは、カナダ政府や関係機関が公表しているの英文を正しく理解できる人ならすぐにわかることです。


未だ1967年に停止試行期間の開始があった事は確認できていますが、それが嘘で死刑に関する出来事は実は何も無かった事は誰1人確認できていません。

2日前 No.1359

maco @maco7 ★s3dqmEvCVz_sxd

>>1355

停止と廃止では意味が大きく違うから問題視してるんですよ。

停止ってわかります?「とりあえず5年は一時的に死刑を先送りしよ」って言ってるだけ。
この時決まったのも時限立法です。

その時点では死刑はなくなっておらず、復活可能性が残ってるってことです。

で、実際に廃止されてみて初めて後から「あの時以来、死刑は行われていなかった」と言えるだけのこと。

つまり死刑廃止は停止時点では未確定の未来でしかなく、犯行時、将来的に死刑を免れることが保証されていたわけでもない。
それでなぜ殺人発生率に影響があるんですか?何年か先に捕まったり裁判にかけられたり死刑になるかならないかわからないけど、期間限定で一か八か殺してみるか? とかなるんですか?意味がわかりません。

だから、そういう意味でも「心理学」を学ぶことは必要なんですよ。
そういう行動心理が読めないと、あり得ない想像(自説に都合のいい想像)をしてしまうからです。

別に、心理学を学んだイコール加害者に共感するとか肩を持つとか加担するとかじゃないですよ。
勝手にそう思ってる人もいるみたいですけど。
「知って防げることがある」「人間心理から行動を読める」から大切だと言っている。

人は不合理にできてます。
いつも論理的に自由に考えられると思ったら大間違いで、思考も行動も外部から見せられるものに影響を受けて、間違った不合理な選択をしてしまうような生き物なんです。

それを悪用したのが詐欺です。

何か勘違いされている人が多いようですが、こちらは「数値の変化には死刑廃止以外の影響力を排除できない」(死刑だけを因果関係に結びつけることに無理がある)ということ、「一国のデータだけで抑止力があるとは言えない」(よって、抑止力を理由として存置の根拠には成りえない)ということと、「あると仮定しても、抑止力が死刑でなければならない理由がない」(死刑が抑止力になるなら、死刑以外の重罰でも抑止力にできる)ということを言っているに過ぎません。


>その辺りから殺人率が増大しているということを無視してよいのかという問いかけであり、

因果関係が「ある」とする仮説を立てるなら、「その辺りから」なんて曖昧ではダメで、明確に「死刑廃止された翌年から急増」というような傾向がみられないとおかしいわけでしょ?

それを1年違いは大したことないみたいに言うのは、統計を正しく読む気がない人の言うことです。

仮に、1967年を廃止とみた場合でも、それなら翌年の1968年から急激に上昇していないとおかしいでしょ?

でもあのグラフで最初に急激な上昇がみられるのは1966年から1967年にかけてです。
おかしいですよね。廃止前ですよ?

だとしたら、他の急激な上昇に見える部分についても歴史上で何があったのか考察すべきじゃないんですか?
なぜ死刑制度に関することだけを関連づけたがるのかさっぱりわかりません。

>グラフの作り方に特別の意図的作為も認められない。

あのグラフの縦軸と横軸のとり方に注目すれば、「急激な上昇があるように見える」ように作られてるのは明らかです。
同じデータを使っても、私が恣意的にグラフを作ろうと思えば「急激な上昇があるようには見えないグラフ」を作れます。

また、グラフの中に、何年に何が起きたと書かれており、さも因果関係があるかのように錯覚してしまう作り。

もし、あのグラフに死刑の存廃に関わる年代が入っておらずカナダの歴史など他の文字情報やその他のデータを重ね合わせたものだったとしたら、「これが上昇に関わっているに違いない」と思う人が出てくるのと同じことです。

資料も統計も、本当は見た「まんま」を信じるのではなく、「そこに表れているもの以外のものへの考察(見えないものまで見ようとすること)」が大切なんですよ。

また、「正しくは1年の違いではなく10年の違いですし」と書いたのは、あのサイトのことではなくて00100さんやあなたやMobiusさんが「たかだか1年違い」と、まるで廃止年の誤記が1年の違いだったかのように書いているから、「1年ではなく10年」と書いたわけです。

それをデマと言われるのは心外ですね。

>このような議論をするのは、正直、あまり面白くないことだ。

それは私も同じであると、 >>1319 に書いた通りです。
なぜここから進まないかというと、カナダ政府が公表している事実とは違う(史実と違うこと)が確認できるのに、誤情報を根拠に抑止力があると断定した人がいて、今もそれを訂正しようとしないからです。

これがもし、「死刑廃止をした各国の廃止前後の統計を比較してみたけど、同じように上昇傾向があるとは言えず、上がっているものもあれば下がっているものもある。よって抑止力の有無の根拠にはできない」という主張ならわかりますよ?

でも、Mobiusさんは誤情報を根拠にして(しかもカナダしか出してない)

>>132

>信じない人もいるが、カナダやフランスの統計によると死刑廃止後の10年間で殺人件数は明らかに増加している。
>つまり、死刑を廃止したら被害者が増える(人権を奪われる人が増える) ということだ。
>従って、今の日本で「死刑廃止を訴える」ということは、「国民の人権を軽視している」ということになる。
>彼らは国民の人権を軽視し、凶悪犯罪者の人権を擁護する立場である ということだ。
>「死刑廃止を訴える人」は、「凶悪犯罪者の味方」で「国民の敵」である。

こんな断定をしました。
しかも、都合の悪くなったフランスはあとで引っ込めてね。

これって、ちょっとねさんの感覚でも「その通りだ」と思うんですか?
こんな論理飛躍を「当然」と考えるのであれば、以降の議論もムダだと判断します。

死刑存廃の議論はここ以外でもしてきましたし、カナダの件もあのサイトも昔から知ってるんです。
けれど、賛成派の人でもこんな暴論を平気でする人を見るのは初めてです。

こんな状態で、ちょっとねさんが望むような人権や民主主義の話がまともにできるとも思えません。


確証バイアスやフレーミング効果で語る人とは議論にならないからです。

2日前 No.1360

maco @maco7 ★s3dqmEvCVz_sxd

>>1359

史実と資料の区別もつかない、日本語の読解と表現に難ありの人と議論する気はありません。
批判と指摘はしますけど。

>そういう皮肉や疑問は公的機関の資料が事実であり史実であると断言する貴方に向けられるべきですね。

また話を混同する・・・。

・公的機関の資料が常に正しいとは限らない。
・私が示したのは、個人サイトが参照したカナダ政府(一次資料)との記載の齟齬。
(せっかく教えても、あなたが正しく理解できないのは残念です)

・その一次資料に書かれていることは史実であり、政府の資料の信憑性云々の問題ではなく疑いの余地がない。
・よって確認するまでもない。

私が仮に「1945年8月6日に、広島に原爆が落とされたと書かれている政府の情報の正しさは確認できていない」
とか書いたり、「広島に原爆が落とされたと政府が書いていることが事実なら、その正しさを証明しろ」とか言ったら「この人頭大丈夫?」と思うでしょ?

あまりおかしなことは言わないほうがいいですよ。

>そしてそのセンテンスは未だ存在が確認されていません。

何言ってるんですか?自分が読めなかった文章を「存在しないこと」にしてはいけません。

>それはカナダ政府の文章と異なるから間違いなんだと断言する人がすべき事です。己の主張には責任を持ちましょう。

カナダ政府が間違っていてあのサイトが正しいと思うなら、それを証明してみてください。
あなたはアレを主張の根拠にしているのだから当然ですよ。

>間違いが確認されていない文章の訂正はできません。

確認されないのではなく「確認したくない」「確認できると認めたくない」だけでしょ。
往生際が悪い。

>そして未だ誰1人その確認ができていません。貴方に至っては自分でカナダ政府の文章だから史実で事実だと主張しておいて、そんな確認はできないとも言いました。確認できないものを確認して頂けるものだとはこれいかに?

確認できる→カナダ政府や関係機関が公表している一次資料(データ及び史実を解説したもの)

確認するまでもない→カナダ政府が公表している資料にかかれている史実の正しさ

確認するまでもないことをあなたは「確認しろ」と他人に言うのだから、自分はできるのでしょう。
頑張ってください。


>それが嘘で死刑に関する出来事は実は何も無かった事は誰1人確認できていません。

「れが嘘で死刑に関する出来事は実は何も無かった」って、一体誰が言ってるんですか?

2日前 No.1361

00100 @00100 ★iPhone=NxaBU8I489

>>1360

>停止ってわかります?「とりあえず5年は一時的に死刑を先送りしよ」って言ってるだけ。


停止って事は死刑をしないという事だと思っていたのですが、違ったのですか?今まで通り死刑を施行するという意味でしたら私が間違っていましたので、貴方には是非死刑停止が死刑を施行するという意味である事を証明して頂きたいものです。

>それでなぜ殺人発生率に影響があるんですか?


今死刑が施行されないからです。

>だから、そういう意味でも「心理学」を学ぶことは必要なんですよ。

>そういう行動心理が読めないと、あり得ない想像(自説に都合のいい想像)をしてしまうからです。


という貴方のレスを見ると、知識に溺れてしまう事はとても残念な事だと思います。

>人は不合理にできてます。


じゃあ「心理学」を学ぶとそんな非論理的で不合理な行動心理が論理的に合理的に読めるという事ですか?

>何か勘違いされている人が多いようですが、こちらは「数値の変化には死刑廃止以外の影響力を排除できない」(死刑だけを因果関係に結びつけることに無理がある)ということ、「一国のデータだけで抑止力があるとは言えない」(よって、抑止力を理由として存置の根拠には成りえない)ということと、「あると仮定しても、抑止力が死刑でなければならない理由がない」(死刑が抑止力になるなら、死刑以外の重罰でも抑止力にできる)ということを言っているに過ぎません。


そして貴方の言う様な事は誰も言っていないという事です。貴方は心理学の前に国語を学んだら如何ですか?

>因果関係が「ある」とする仮説を立てるなら、「その辺りから」なんて曖昧ではダメで、明確に「死刑廃止された翌年から急増」というような傾向がみられないとおかしいわけでしょ?


いや、その辺りで十分ですよ。人は非合理的て不合理なものなのですから。
まあ、死刑停止があったという事は、その前にはそういう世論があったのでしょうし、死刑が廃止されたから、じゃあ殺人でもするか!と殺人をするわけでもありません。単純に殺人に対するハードルが下がるだけの話ですから。

>だとしたら、他の急激な上昇に見える部分についても歴史上で何があったのか考察すべきじゃないんですか?


アプローチが違うのですよ。あくまでブラックボックステストです。数値が変化した辺りに何があったのかを見ているに過ぎません。だから死刑停止が直接的な原因だなんて誰もが言っていないのですよ。ただ大きな数値の変化の辺りにそれがあったという事は、どういうプロセスなのかは横に置いて、直接的なのか間接的なのかはさて置き影響があったのではないか?という話です。

>あのグラフの縦軸と横軸のとり方に注目すれば、「急激な上昇があるように見える」ように作られてるのは明らかです。


年と人数のグラフでそんな細工は数値を大きく捏造しない限り無理です。まさかY軸の上限値が小さいとでも言いたいわけではないでしょうし。

>同じデータを使っても、私が恣意的にグラフを作ろうと思えば「急激な上昇があるようには見えないグラフ」を作れます。


是非見てみたいものです。

>もし、あのグラフに死刑の存廃に関わる年代が入っておらずカナダの歴史など他の文字情報やその他のデータを重ね合わせたものだったとしたら、「これが上昇に関わっているに違いない」と思う人が出てくるのと同じことです。


はい。ですから他の要素をあのグラフに貴方が重ね合わせれば良いのですよ。

>資料も統計も、本当は見た「まんま」を信じるのではなく、「そこに表れているもの以外のものへの考察(見えないものまで見ようとすること)」が大切なんですよ。


いや、ブラックボックステストはどのインプットを変化させたら、どんなアウトプットが得られるかだけに注視するテストです。

>また、「正しくは1年の違いではなく10年の違いですし」と書いたのは、あのサイトのことではなくて00100さんやあなたやMobiusさんが「たかだか1年違い」と、まるで廃止年の誤記が1年の違いだったかのように書いているから、「1年ではなく10年」と書いたわけです。


その事については例のブログでもMobiusさんのレスでも触れられています。

>それをデマと言われるのは心外ですね。


正しいという証拠が無いので仕方がありません。

>なぜここから進まないかというと、カナダ政府が公表している事実とは違う(史実と違うこと)が確認できるのに、誤情報を根拠に抑止力があると断定した人がいて、今もそれを訂正しようとしないからです。


貴方がカナダ政府の文章が史実と合致している事を証明しないからですよ。

>これがもし、「死刑廃止をした各国の廃止前後の統計を比較してみたけど、同じように上昇傾向があるとは言えず、上がっているものもあれば下がっているものもある。よって抑止力の有無の根拠にはできない」という主張ならわかりますよ?


差し当たりカナダに限定した話をしている中で、他国の話をするのは話のテーマに合いませんからね。

>カナダの件もあのサイトも昔から知ってるんです。


存在だけ知っていても中身を知らなければ知らないのと同じです。

>確証バイアスやフレーミング効果で語る人とは議論にならないからです。


だからそんなのでモノを語る貴方とは議論にならないのですね。

2日前 No.1362

00100 @00100 ★iPhone=NxaBU8I489

>>1360

>史実と資料の区別もつかない、


是非貴方の説明を伺いたいですね。史実と資料の違いは何ですか?また史実と事実の違いは何ですか?

>・その一次資料に書かれていることは史実であり、政府の資料の信憑性云々の問題ではなく疑いの余地がない。


ですからそれを証明してくれと言っているのですよ。その一次資料に書かれた事は歴史上の事実なのですか?

>私が仮に「1945年8月6日に、広島に原爆が落とされたと書かれている政府の情報の正しさは確認できていない」とか書いたり、「広島に原爆が落とされたと政府が書いていることが事実なら、その正しさを証明しろ」とか言ったら「この人頭大丈夫?」と思うでしょ?


どう思おうが、貴方のやるべき事はそれです。公的機関の資料が常に正しいとは限らないのですから。それとも公的機関の資料は史実に関しては絶対的に正しいのだと言うのですか?
韓国の社会科の教科書に書かれた日本に対する記述に疑問を持つと「あたま大丈夫か?」なのですか?そうであれば日本中の多くの人は頭大丈夫ではない事になりますね。

>カナダ政府が間違っていてあのサイトが正しいと思うなら、それを証明してみてください。


そういう話をしているのはfakerさんと貴方だけですから、貴方が証明して下さい。

>確認するまでもない→カナダ政府が公表している資料にかかれている史実の正しさ


ですからこれを証明して下さいと言っているのです。私が言っているのはそんな事は誰にもできないという事です。そんなできない事を貴方は断言したのですから、その挙証責任は貴方にあります。

>「れが嘘で死刑に関する出来事は実は何も無かった」って、一体誰が言ってるんですか?


貴方とfakerさんです。1967年に死刑廃止や死刑停止は無かったのですよね。例のブログでその年に死刑廃止があったとした理由は例のブログ内でも書かれています。それを貴方は否定しているのですから、その年に死刑廃止はもちろん死刑停止すらあっては貴方の論は崩れます。
そしてカナダ政府の文章は絶対に正しい史実だと貴方は言っているのですから、カナダ政府の文章に書かれた史実を否定せずにカナダ政府の文章に書かれた史実を否定して下さい。

2日前 No.1363

maco @maco7 ★s3dqmEvCVz_sxd

>>1362,1363

自分が過去にどんな投稿をしたのか覚えてないなら確認すればいいし他の人にも読めるのに、よくそんな詭弁、矛盾、デタラメ、嘘八百がつらつらと出てくるなぁ。

厚顔無恥というやつかな。
それとも虚言癖かな。

いずれにせよ、事実を歪曲する人とは議論はできない。
でも間違いは指摘させてもらうけど。

>貴方とfakerさんです。1967年に死刑廃止や死刑停止は無かったのですよね。

またテキトーなことを・・・。

1967年には死刑廃止はなかった。
1967年にあったのは死刑制度の一次停止(5年間)が時限立法で成立したこと。

その事もちゃんと説明したのに読んでないのか、なかったことにしたいのかしらないけど、勝手に作り話をされるのは迷惑極まりない。

2日前 No.1364

00100 @00100 ★iPhone=NxaBU8I489

>>1360

>因果関係が「ある」とする仮説を立てるなら、「その辺りから」なんて曖昧ではダメで、明確に「死刑廃止された翌年から急増」というような傾向がみられないとおかしいわけでしょ?


こういう例え話で理解できますか?
タンカーって舵を右に切ったから直ぐに船体が右に曲がるわけじゃないんですよ。必ずタイムラグが生じます。
舵を切らなくても潮の流れで勝手に船体が曲がる時もあります。そんな時は舵を切って真っ直ぐ進むんです。
何かの施策をやったらその直後に数字に極端な変化が現れるとは限らないのです。その前後だったり他の要素との関連性も考えなければなりません。

ただそんな事は一朝一夕には分からない。分からない事を分かるために、先ずはブラックボックステストで傾向を掴むのです。
宜しいでしょうか?

2日前 No.1365

00100 @00100 ★iPhone=NxaBU8I489

>>1364

>自分が過去にどんな投稿をしたのか覚えてないなら確認すればいいし他の人にも読めるのに、よくそんな詭弁、矛盾、デタラメ、嘘八百がつらつらと出てくるなぁ。


それは私を含め複数の人が貴方に対して思っている事ですね。

>1967年には死刑廃止はなかった。

1967年にあったのは死刑制度の一次停止(5年間)が時限立法で成立したこと。

そして後者を死刑廃止という表現をした事、またその理由が例のブログに書かれています。

>その事もちゃんと説明したのに読んでないのか、


単純にカナダ政府の文章と違う(=だから史実と違う)とか、後者は死刑廃止ではないという非常に的を外した説明でしたね。

2日前 No.1366

志野 ★oxNziOTMi3_yoD

>macoさん、00100さん

macoさんのデータ見させてもらいました。
私が参照したのはknoemaとどこかだった気がします。一応世界的な企業らしいので大丈夫かと思ったのですが。
ただ、政府関係のデータをmacoさんが提示してくださったので、そちらを参照したいと思います。

とは言え、政府のデータ…多分Tableはそうだと思うのですが、推移に関しては00100さんのサイトとほぼ違いはなかったと感じています。
故に、私としては考えないといけないのが、1967年以降の殺人率の増加ですかね。割と「何があったんだ?」的な増え方です。
死刑の全面廃止は間違いなく1976年辺りでしょう。00100さんの紹介してくださったサイトでもそう述べられています。
ただ、死刑というのも一律廃止ではなく、ある場面における場合の廃止ということも国によってあります。
殺人に対する死刑廃止を行い、反逆罪や殺人を含む海賊行為に関しては残したイギリスのように。
そして00100さんの例のサイトでは、それを言及しているわけです。
さて、殺人による死刑廃止が1967年に本当にあったのかということが焦点になるのではなるということでしょうね。
多分皆さんはそう仰いたかったのだろうとようやく分かりました。
もっとも、状況証拠ではあったというと辻褄は合うわけです。でも、確かにあったことが見つかれば、確定するのかそれとも他の要因だったとなるのか。
もし何かいいデータがあったら持ち寄ってみてはいかがでしょうか。
私も探りを入れてみますけれど。

2日前 No.1367

ゆみ @yumicoco ★M2tM0jQDcH_aLu

ところで、気になるのは犯罪者を認知心理学的に見るとどうなるのですか。

2日前 No.1368

ちょっとね ★zkRJpKz2Kv_yoD

>>1360

>停止と廃止では意味が大きく違うから問題視してるんですよ。停止ってわかります?「とりあえず5年は一時的に死刑を先送りしよ」って言ってるだけ。この時決まったのも時限立法〜だから、そういう意味でも「心理学」を学ぶことは必要なんですよ。


正直、本当に死刑廃止がカナダの殺人率の増大に有意な影響を与えているかどうかについては、俺には確証がない。要因分析をしていないからね。だけど、それは「死刑廃止が重篤な犯罪率の抑止がない」という立場から見ても同じことだ。少なくとも、他の殺人率増大に対する要因を分析し、相関関係を明確にしない以上(もちろん、それだけでは不十分だが、必要最小限としてね)、死刑廃止と殺人率とは関係ないとはいえないわけである。心理的な話をすれば、カナダ自由党が政権をとった1963年に「実質的に」死刑は<停止>されている。なかなかの荒業だが、政府のポリシーに基づき、死刑は減刑され、停止状態になったのだ。ところが、殺人率はさして増大していない。こんな言い方もできる。「おかしいじゃないか。1963年に実質死刑は停止されているのに、どうして、そこから、殺人率が増大していないのか?」これに対してはマコちゃんが答えを既に与えている。「つまり死刑廃止は停止時点では未確定の未来でしかなく、犯行時、将来的に死刑を免れることが保証されていたわけでもない。それでなぜ殺人発生率に影響があるんですか?」ってわけなのさ。ところが、1966年法制化の議論が始まると「いよいよだぞ」ということになる。そして、モラトリアム期間が設けられているとはいえ、法制化されると、境界的な人々の心理に影響を与えるというわけなんだね。そういう意味では、カナダの死刑廃止の時間的流れと殺人率の増大の関係は、行動心理から見ると極めて妥当な関係を示しているように素人目にも思える。そして、5年、10年と立てばもう実質上、なくなったも同然だ。(5年って結構長いよ)そして、1976年に警察官、刑務官への殺害も含め死刑廃止が決まるころには、実質、その影響は出切っているというわけさ。


>人は不合理にできてます。いつも論理的に自由に考えられると思ったら大間違いで、思考も行動も外部から見せられるものに影響を受けて、間違った不合理な選択をしてしまうような生き物なんです。


その通り。人は不合理なんだ。自分に都合よく世の中の変化を解釈してしまう。特に境界近くの人間はその傾向が強いだろう。だから、「今はモラトリアム期間だから、将来死刑復活のない保障はない。だから、抑制しよう」なんて論理的に判断することを期待する方がどうかしてるよ。


>こちらは「数値の変化には死刑廃止以外の影響力を排除できない」(死刑だけを因果関係に結びつけることに無理がある)ということ、「一国のデータだけで抑止力があるとは言えない」(よって、抑止力を理由として存置の根拠には成りえない)ということと、「あると仮定しても、抑止力が死刑でなければならない理由がない」ということを言っているに過ぎません。


別に異論はないよ。なら、ストレートにそういえばよい。それを「デマ」だの「正しくは1年の違いではなく10年の違いですし」なんて書いちゃうから信用なくしちゃうんだよ。分かんないかな?


>因果関係が「ある」とする仮説を立てるなら、「その辺りから」なんて曖昧ではダメで、明確に「死刑廃止された翌年から急増」というような傾向がみられないとおかしいわけでしょ?それを1年違いは大したことないみたいに言うのは、統計を正しく読む気がない人の言うことです。


制度が変わったからって、世の中そんな一気に変わんないでしょ。心理的な影響が国全体に広がるには数年単位がかかるもんだよ。だから、ある程度の時間間隔(社会状況が大きく変わらない範囲でね)で統計的に解釈する必要があり、そのように大きくとらえれば、1年違いは統計的判断結果に大きな影響は与えない。それはカナダのグラフを見ても直観的に明瞭だし、統計的検定を行ってもその結果は支持される。(俺が前にWilcoxon検定やったのを覚えていると思う。あれは1967年で前後に分けてやったんだよ。)

>「正しくは1年の違いではなく10年の違いですし」と書いたのは、あのサイトのことではなくて00100さんやあなたやMobiusさんが「たかだか1年違い」と、まるで廃止年の誤記が1年の違いだったかのように書いているから、「1年ではなく10年」と書いたわけです。それをデマと言われるのは心外ですね。


いやいや、おかしいでしょ。例のサイトにはカナダの死刑廃止年が1976年とちゃんと書いてあるよ。問題はそれに至る経緯で、1963年に実質的に死刑は停止され、1967年から一般の殺人罪では法制上もモラトリアム付とはいえ廃止されたわけだよね。例のサイトの意図は、その意味での廃止として書かれているのは明白だ。(廃止がやなら停止でもいいけど)それを10年違うと書かれちゃうと「そりゃデマでしょ」って話になるわけだよ。


>でも、Mobiusさんは誤情報を根拠にして(しかもカナダしか出してない)


少なくともこのサイトでStatics Canadaの資料に最初に言及したのは彼だよ。(俺の認識する限り)俺はそれを見て、そこからカナダの殺人率のデータを引っ張ってきたんだから。それと比較すると例のサイトは「誤情報」とまでいうほど間違ってはいない。正確性に欠けるという表現の方が妥当だろう。


>しかも、都合の悪くなったフランスはあとで引っ込めてね。


実はフランスの事例でも検定やってみたんだよ。データの大元確認できないから、どうだろうってとこはあるけどね。まあ、真っ当そうなサイトの情報だから、そう間違ってはないだろう。面白いことに有意に死刑廃止後の殺人率が上がっているという検定結果となった。


>これって、ちょっとねさんの感覚でも「その通りだ」と思うんですか?


前提を認めれば、表現は違えどそういう結論になるだろう。俺の場合はもっと厳しいよ。なんどいっても「死刑廃止が重篤な犯罪率に影響を与えないことが証明されない」限り合意しないと書いてるからね。


>死刑存廃の議論はここ以外でもしてきましたし、カナダの件もあのサイトも昔から知ってるんです。けれど、賛成派の人でもこんな暴論を平気でする人を見るのは初めてです。こんな状態で、ちょっとねさんが望むような人権や民主主義の話がまともにできるとも思えません。


俺は別の理由でまともにできないと思っている。あえて書かないけどね。だから、「ま、期待はしてないけど」って書いたのさ。人権から死刑廃止を導く話はある意味破綻してしまった。原因は、死刑廃止を主張する方々にあると思っているよ。少なくとも、この板においてはね。残念なことだが、ま、しかたがない。

2日前 No.1369

00100 @00100 ★iPhone=NxaBU8I489

>>1367

>さて、殺人による死刑廃止が1967年に本当にあったのかということが焦点になるのではなるということでしょうね。

>多分皆さんはそう仰いたかったのだろうとようやく分かりました。


いや、死刑に殺人抑制効果が無かったという結論が先にあって、だから1967年に死刑廃止なり死刑停止があると論が崩れるから困ると。だからひたすら見猿聞か猿に徹しているmacoさんと、あの急激な数字の変化には何かあって然るべきと睨んだ時、そこに死刑停止という丁度良いものがあったとする私やMobiusさんとがいると。
因みに、死刑に殺人抑制効果があるという結論が先にあって、あの急激な数字の変化と死刑廃止を後付けで結び付けている人はいません。

>もっとも、状況証拠ではあったというと辻褄は合うわけです。でも、確かにあったことが見つかれば、確定するのかそれとも他の要因だったとなるのか。

>もし何かいいデータがあったら持ち寄ってみてはいかがでしょうか。


先述の通り、死刑停止のあった1967年頃に殺人発生率は急増しましたが、死刑廃止のあった1975年頃に今度は殺人発生率は低下しています。よって死刑をやめれば殺人は増えるという事が直結しない事がここから分かります。
ただ1967年に急増した事は事実ですので死刑が全く無関係だという結論にはなり得ません。
そうすると死刑と殺人は間接的に影響したのではないかという推測が成り立ち、じゃあ他に何があったのかと見ると移民政策があったと。
そこから貧困に繋がる話は過去レスをご参照下さい。

2日前 No.1370

Mobius @mobius☆iuWFdm42ChI ★iPad=XaDQxMu5Oy

根拠はないけど、私が思っていることを書きます。

一般論的に「死刑を廃止すると殺人件数が増える」というのを立証することは困難だと思います。

しかし、過去の「少年による凶悪犯罪」を見るにつけ、「自分は死刑にならない」という甘い考えがあるようにも思えます。(もちろん、全ての少年凶悪犯罪者がそうであるというつもりはありません。)

だとすると、「死刑」が凶悪犯罪の抑止力になっているということになります。

18歳以上であっても、そういう風に考える人(「自分は死刑にならない」という甘い考えに基づいて凶悪犯罪を犯す人)がいるかもしれません。
だとすると、「死刑は凶悪犯罪の抑止力になりうる」ということになると思います。

以上です。

1日前 No.1371

みな ★iPhone=RgTJ9wWxSL

私も勝手に色々といわれてますが。。。
そんな事は察すれば問題ありません。
または、面白いので放置します。

1日前 No.1372

志野 ★oxNziOTMi3_yoD

>00100さん

>>1370

すいません、前半で仰いたいことをもう少し砕いて教えていただけますか?


>死刑停止のあった1967年頃に殺人発生率は急増しましたが、死刑廃止のあった1975年頃に今度は殺人発生率は低下しています。
>よって死刑をやめれば殺人は増えるという事が直結しない事がここから分かります。

直結しないと結論づけて、本当に大丈夫でしょうか?
個人的に、1967年の(もしmacoさんや私が誤りを見つければ変わってきますが)死刑停止?(あのブログでは一般殺人において死刑廃止と書いてありますよ?)では一般の殺人による死刑なのでそれは影響が大きかったと考えるべきでは?
それに加えて、1976年は警察官刑務官関係なので、特殊の事例。すなわちそれほど影響はなかったという考えもできます。
そう考えると、直結しないと結論づけるのは早すぎではないですか?
そうなると、移民に関することももう少し検討した後に回した方が得策と言うべきなのではないでしょうか。

3時間前 No.1373

志野 ★oxNziOTMi3_yoD

>Mobiusさん

>18歳以上であっても、そういう風に考える人(「自分は死刑にならない」という甘い考えに基づいて凶悪犯罪を犯す人)がいるかもしれません。

それはどういう考え方なのでしょうかね。
というのも、

>過去の「少年による凶悪犯罪」を見るにつけ、「自分は死刑にならない」という甘い考え

これは国際規約の影響ですよね?
そして18歳以上になるとその対象外となります。
果たして、その18歳以上でも「未成年の時はそうだったから」という考えなのか、「日本の警報システムはそうそう死刑は出さないから」と考えるのでは、死刑の抑止力にも差が出てくる気がするのですね。

2時間前 No.1374

00100 @00100 ★iPhone=NxaBU8I489

>>1373

>すいません、前半で仰いたいことをもう少し砕いて教えていただけますか?


殺人による死刑廃止が1967年に本当にあったのかという事を焦点としているのではなく、自分の望む結論に合致する情報を紡ぎ合わせている人と、純粋にブラックボックステストをしている人との、歯車の合わない言い合いだという事です。

>直結しないと結論づけて、本当に大丈夫でしょうか?


分かりませんが、多分大丈夫でしょう。同等のインプットに対して違うアウトプットが得られたのですから。

>あのブログでは一般殺人において死刑廃止と書いてありますよ?


死刑停止の事をあのブログではそう表現しているという事です。macoさん等の言う死刑停止の中身は刑法の殺人罪の法定刑から死刑が排除され、警察官刑務官殺害罪と国防妨害罪についてのみ死刑が存置された事で、要は言葉の表現の違いです。

>そうなると、移民に関することももう少し検討した後に回した方が得策と言うべきなのではないでしょうか。


死刑をやめれば殺人は増えるという事が直結しないと結論づけるのは早すぎではないかという疑念があるなら貴方の言う通りですね。

2時間前 No.1375

Mobius @mobius☆iuWFdm42ChI ★iPad=XaDQxMu5Oy

>>1374 志野さん、

>>1371 に書いた「18歳以上であっても、そういう風に考える人(「自分は死刑にならない」という甘い考えに基づいて凶悪犯罪を犯す人)がいるかもしれない」というのは、「もし 死刑を廃止した場合」の話です。

1時間前 No.1376

となりのととろ ★fofH1MgenE_keJ

大学の場合、様々な学説があります。
死刑廃止についても同様です。
A説
B説
C説
D説
など。
そしてその学説はすべて正しいのです。
その正しい学説の中で、『どの学説が最も妥当か』
を選ぶのが大学以上です。

あなた方のように、『間違い探し』のようなことは大学では致しません。

59分前 No.1377

00100 @00100 ★iPhone=NxaBU8I489

>>1377
いや、大学の期末試験ではそういう問題は出ますけど。
カルノーサイクルの熱効率として正しいのは以下のどれか?とか。

11分前 No.1378
ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる