Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(20) >>

アルコールは規制するべきではないか?

 ( 議論掲示板 )
- アクセス(324) - いいね!(1)

リキ ★Android=yqifC69GXd

麻薬は人体や周囲への影響を踏まえれば規制されるのは当然のような気もする。
タバコも二次被害を考えれば、値上がりや喫煙可能な場所が限られるのも理解できる。

しかし、もっとも身近なアルコールへの規制が緩いのは疑問が残る。

医学的見地から見ても、タバコ以上に害があると個人的には思っているのだが、社会的な問題にはならない。

皆さんはアルコールの弊害や危険性、またメリットについてどうお考えでしょうか?

ページ: 1

 
 

love_beer1998 @lovebeer ★V9Gixfb6ZF_yoD

 酒は旨い。
 旨いモンに罪は無ェ。

3ヶ月前 No.1

とある素人 ★Tablet=Wf8YBRntch

初めまして。

反論というほど強い意味ではありませんが、
麻薬及びタバコの規制根拠の1つとして挙げられている、
「周囲への悪影響」は、酒の場合さほど無いのではないでしょうか?

麻薬の場合、人格崩壊により他人に対する暴力性が増したり、
それを使用することが反社会勢力を直接的に支援することになります。
タバコの場合、受動喫煙のように常に害を及ぼすことになります。
酒の場合、飲むだけで害を及ぼすということはありません。酒を飲み他人に暴力をふるうような者は、酒の有無が原因ではなく、本来の人格に問題があるのです。

また、健康被害という点から規制をするというのはあまりよろしくない発想だと思います。そんなもの言い出したらキリがありませんからね。ファストフードなんぞ毒の塊ですが、私はマ○ドナ○ドが大好きです。

あまりまとまりの無い駄文ですが、
つまりまとめると、

酒の他者への実害は深刻なものではないと思う。
健康被害という点から規制をするのはナンセンスだと思う。

以上です。いかがでしょうか?

3ヶ月前 No.2

リキ ★WiiU=qTIrdHd32N

とある素人さん、ご意見ありがとうございます。

アルコールに限らずですが、実害や弊害は付き物です。
タバコが原因の殺害事件は聞き覚えがないですが、アルコールが原因の殺人事件はよくありますよね?

二次的な他者への健康被害は煙草より少ないと思いますが、飲酒事故や、アルコール依存による失業などは煙草より大きいはずです。

また酒を飲んで他人への危害を及ぼすのが、本人の資質のせいだと断言されるのであれば、
薬物も同様です。覚醒剤欲しさに犯罪を犯すモノも、錯乱して事故を犯すのも本人の資質によるでしょう。

私にはアルコールが他者への実害が少ないとは到底思えません。

結局はアルコールに課税、規制しないのは利権と税収だと思っています。

3ヶ月前 No.3

とある素人 ★Tablet=pJ9kHMw2Rl

確かに飲酒運転による事故は看過できませんよね。
ただそれだけでは規制するにたる理由にはならないと思います。

健康被害云々という点から規制を訴えるのはナンセンスだと思います。

>アルコール依存による失業などは煙草より大きいはずです。


アルコール依存による失業が原因の経済的損失はさほど大きなものではありません。一応、日本の社会の話ってことで進めますね。日本の社会におけるアルコール依存症の疾患者の多くは低所得層だったと思いますから、さほど問題ないのではないでしょうか?また、酒類はかなり経済を回しますよ。酒を規制するほうが経済的損失は遥かに大きいと思います。

>また酒を飲んで他人への危害を及ぼすのが、本人の資質のせいだと断言されるのであれば、薬物も同様です。覚醒剤欲しさに犯罪を犯すモノも、錯乱して事故を犯すのも本人の資質によるでしょう。


いいえ同様では無いと思います。
覚せい剤は脳細胞を著しく萎縮させ、精神を安定させるはたらきや、判断力思考力を奪います。本人の資質をも破壊してしまうのですから、その点で酒とは大きく異なると思います。

>結局はアルコールに課税、規制しないのは利権と税収だと思っています。


税収が安定して得られる課税率を保つのは当然のことだと思います。あと、読解力が無くて申し訳ありませんが、「利権」とは誰の「利権」を指しているのでしょうか?

3ヶ月前 No.4

みたのしきま ★q3tWng5BEh_Vzx

リキ さん

*規制されるのは当然

そうですか?

お酒、たばこ、は嗜好品として承認されていたはずですね。

麻薬は、中枢神経を麻痺させ鎮痛作用があります。覚せい剤は反対に脳神経系に作用して心身の働きを一時的に活性化させる(ドーパミン作動性に作用する)。

国家は憲法第13条によると、すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

個人の尊重、幸福追求に関する国民の権利については最大限の尊重。

故に、迷惑をかけた行為だけを罰すれば足りる、とどうして考えないのでしょうか?

過度なパターなリズムは国民をダメにします。


一昔前では、覚せい剤は工場労働者の眠気防止薬。戦闘機搭乗員の眠気防止薬として70年前は市販されていたこともありました。

麻薬は、中枢神経に働き、社会的活動を抑制するだけで、社会には害悪はないとも言えます。

お酒は、百薬の長?なんていう言葉もあります.ほっておけばいいのではないですか?

税率をもう少し挙げて、搾り取る手段にすれば国家財政再建に資しますね。

3ヶ月前 No.5

みたのしきま ★q3tWng5BEh_Vzx

パターナリズム

国家がいわば「親」として「子」である国民を保護する、という国家観にもパターナリスティックな干渉を正当化する傾向がみられる[注釈 3]。

実際に施行されている事例としては、賭博禁止(刑法186条)などが挙げられる[注釈 4]。

こうした立法措置以外にも、官公庁による行政指導や、市町村における窓口業務などにも同様の傾向がみられる[注釈 5]

3ヶ月前 No.6

リキ ★iPad=3IUGG2Rn9Z

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

3ヶ月前 No.7

love_beer1998 @lovebeer ★V9Gixfb6ZF_yoD

 旨いモノを嗜む愉悦。

 これ無くして何の人生哉。


 >社会的な問題にはならない


 そう思えるなら、世の中まだ捨てたモンじゃないと云うこと。

 悪い部分しか見えない心の視野狭窄なんて止めたら、人生少しは明るくなるかもよ。

3ヶ月前 No.8

論理魔 ★wmjIxmtBGc_o1k

WHO評価ではかなり上位の毒性のある化学物質が酒だ

酒が新しく登場した化学物質なら、必ず禁止されると言われているほど毒性がある。という評価
人類が文字を獲得するより早く登場しているのが酒だから、歴史的文化的利権的背景があるから、禁止されない
あと自由権がゆえにか

酒ってのは化学物質の事であって、遺伝子の影響をモロに受ける
化学物質関連の遺伝子は、環境にあまり影響を受けない遺伝子

解毒する臓器の働きに関連する遺伝子、下戸遺伝子
日本人は下戸遺伝子が多いとされるね。

だから下戸遺伝子が少ない白人の疫学的統計がそのまま使えないという弱点がある
フランスではワイン三杯までは、飲酒運転・酒気帯びとは、見なされないが、日本人だと、この論理は当てはまらない

ただ、酒はとある素人の言うように金を回すと見なして間違いない。

あと「酒」と一言に言っても、種類と、度数がある。ソフト・ハード。中間がある。細かく分けるともっとだな

更にこれは・・・ここで書くとフィルタかかるはずだから
「とある、ソフトなドラ ッグ」と書くが

とある、ソフトなドラ ッグが引き起こす精神疾患がある
最近、とある、ソフトなドラ ッグが引き起こす精神疾患に関連する遺伝子因子が特定されたようだ

この遺伝子因子を持っている人間が、この「とある、ソフトなドラ ッグ」を常習的にやった場合、もはや「とある、ソフトなドラ ッグ」は、ソフトと呼べる領域のドラ ッグではなくなる、ハードに分類していい毒性のあるものとなる

逆に言えば、その遺伝子因子を持っていないなら、ソフトなドラッグは何処まで行ってもソフトな代物でしかない
平和な気持ちになる!と言っているやつ多数。ただし酒と同様、悪酔い、ハイテンションでハメを外し、犯罪しちまう事もあるだろう

しかし自分がどんな遺伝子を持っているかわからない為、油断は禁物

また、アル ツハイ マー病に効果があり、適量なら、頭をすっきりさせ、知能や記憶力を高めるとも。アル ツハイ マー病以外での医療でも使用されている

アメリカでは、試験勉強や、試験の際の、ドーピング薬としても活用されている実態がある


この遺伝子の酒バージョンは聞いたことないが、酒も同じく、酒を超有害物質に変化させる遺伝子因子がある事は間違いない。俺が聞いたことないだけですでに特定されているかも

二種ありそうだ。酒で凶暴化する遺伝子、下戸なのに酒がうまく感じる遺伝子。ア ル中を引き起こしやすい状態が構築される

酒の遺伝子検査のみ出来れば楽だが・・・仮に出来たとしても、自分の遺伝子情報が、どっかの機関に保存されかねないし、気軽に出来るものではないね

ニコチンもそうだが、害の影響を受けない遺伝子を持っていれば、全く無害。喫煙者なのに長生きしてるやつはいっぱいいる
酒もおくすりも同じ事が言える

あと、売買はとにかく、ばい しゅん、おくすりの所持・使用に関しては、被害者なき犯罪に属し、あまり否定要素がない
強いて言えば被害者は、違法行為者本人
こういうタイプの犯罪は禁止にする理由が少ないため、禁止にする理論構築が難しい、構築出来ても矛盾に塗れたものとなる
まあ、酒に酔った父親に意味もなく殴られたなんて話しはよくある、被害者を被害者本人以外にも産み出している事は事実

しかし大半の人間は酔っ払って凶暴化しない。というところも見なければならない。まあそれが遺伝子の話しなのだがね

3ヶ月前 No.9

とある素人 ★Tablet=pJ9kHMw2Rl

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

3ヶ月前 No.10

みたのしきま ★q3tWng5BEh_Vzx

一連の報道によれば、吉澤容疑者は18年9月6日朝7時頃、乗用車で東京・中野区の交差点に赤信号で侵入し、自転車で横断していた女性をはねてそのまま逃げた疑いがある。

女性は軽傷を負った。

この日朝9時から出演予定のイベントがあり、自宅からその会場に向かう途中だった。

事故後に現場にもどった吉澤容疑者からは、基準値の約4倍の量にあたる0.58ミリグラム(呼気1リットルあたり)のアルコールが検出されたという。

なお、「トヨタ 交通安全センター モビリタ」公式サイトでは、アルコールの呼気濃度0.5〜1ミリグラムは「酩酊」の状態だと説明。

「感情や運動をつかさどる脳の機能が低下するため、感情の起伏が激しくなったり、千鳥足になったりします」としていた。



アルコールの規制の問題ではないこと明白ですね。

むしろ、

酩酊状態で2000キログラムものワンボックスカーで運転することの危険性は、未必の故意による殺人行為とも言えますね。

どうして、ノンベーにこうも寛大なのか?  理解に苦しみます。

3ヶ月前 No.11

love_beer1998 @lovebeer ★zJtTpzEu3D_yoD

 >どうして、ノンベーにこうも寛大なのか?  理解に苦しみます。

 呑兵衛に寛大か如何かはさて置き…。
 こう云う手合いや事故はね、徹底的に厳罰に処したら善いさね…。
 如何しようも無い事故と、判っててやる事故を同じ基準で裁いたらイカンでしょ…。

 まぁ、それはソレ。
 アルコ〜ル規制とは別問題ですし…。

3ヶ月前 No.12

みたのしきま ★q3tWng5BEh_Vzx

love_beer1998  さん

*如何しようも無い事故と、判っててやる事故を同じ基準で裁いたらイカンでしょ…。

現行法では、自動車運転過失罪のほかに道路交通法違反(飲酒)を、併合罪又は2罪として処罰しますから同じ基準ではありません。

更に、危険運転致傷、致死は故意犯としての犯罪類型です。



*まぁ、それはソレ。
 アルコ〜ル規制とは別問題ですし…。

国民は、自己を規律できる理性的な存在であるということを歴史的に前提とします。

理性的な国民を一方的に”飲んベー”として処遇することは出来かねます。

国民を自ら辞退したいという人の基準では規制はできません。

3ヶ月前 No.13

★VrFMRg4Hnj_sxd

>アルコールは規制するべきではないか?
そんなもんよりジャンクフード規制してみ?

日本人の死亡率がアホみたいにがると思うよ。

次郎ラーメンで不随になった人もいるらしいし。

かくいう俺も脳梗塞で左手が動かなくなったよw

そんなに言うほど喰ってないのになあジャンクフード(´・ω・`)

2ヶ月前 No.14

みたのしきま ★q3tWng5BEh_Onj

>ジャンクフード規制してみ?

それは無理というものです。

国家が法律で規制する場合、必要最小限度の規制しかできません。

即ち、ジャンクフード自体の有害性を証明できなければ規制は過剰規制になります。

ジャンクフードを適量食する限り安価でかつ有益な食糧です。

食いすぎれば、ジャンクフードでなくても同じことですね。

2ヶ月前 No.15

★VrFMRg4Hnj_sxd

>>15
それはお酒も同じこと

2ヶ月前 No.16

★VrFMRg4Hnj_sxd

こんなところで話し合って
アルコールが規制出来たらジャンクフードもまた同じつーことよ。

おわかり?

2ヶ月前 No.17

すずめ ★iPhone=bLA4gfZHeZ

お酒は缶チューハイとかビールにしても
もっと高くしていいと思う。タバコには
厳しいのにね。飲酒運転で圧倒的に
迷惑かけてるのに。

2ヶ月前 No.18

みたのしきま ★q3tWng5BEh_Onj

>アルコールが規制出来たら

禁酒法 (消費のためのアルコールの製造、販売、輸送が全面的に禁止された法律である。「高貴な実験(The Noble Experiment)」(13年10ヶ月19日7時間32分30秒間)[1]とも揶揄された。)

が結局、無意味であることは歴史が証明しています。

いっそのこと、自ら、イスラム教に改宗なされたらいかがですか?

2ヶ月前 No.19

(´*ω*`)□ ★VrFMRg4Hnj_sxd

健康増進法がエスカレートしてくれればマックもケンタもつぶれるんだ
やったねにっぽん□( 'ω' )□

1ヶ月前 No.20
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる