Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>
ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21

 
 
女性専用車等公共の場での差別34No.1963 だけを表示しています。

みたのしきま ★q3tWng5BEh_Onj

00100さん

*所有者が自由に決められる事ですから。


いいえ、

民法上、一方で、健康な男性の乗客乗車を制約して、同時に健康な男性乗客の乗車を拒まないという自由はありません。

その根拠は禁反言の原則『民法第1条』



弁護士ドットコム引用

禁反言の法理とは、自己の言動により、ある事実の存在を相手方に信じさせた者は、相手方がその信頼した事実に基づいて法律関係を変更した場合、その者に対して当該事実の不存在を主張する等の自己矛盾行為をすることは許されないとする原則を意味する。英米法においては、エストッペル(estoppel)と呼ばれる。

禁反言の法理は、自己の言動を信頼した相手方を保護するためのものであり、信義誠実の原則から導かれる(民法1条2項、民事訴訟法2条)。自己矛盾行為が信義誠実の原則に反すると評価されるか否かは、先行行為である自己の言動の内容、主観的態様、矛盾行為により不利益を被る者の先行行為に対する信頼などの事情を総合的に考慮した上で判断される

引用終了

2018/09/25 14:39 No.1963

女性専用車等公共の場での差別34No.1963 だけを表示しています。
ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21

 
 
レスが2000件を超えました。
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>