Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(34) >>

だから私は死刑に反対する

 ( 議論掲示板 )
- アクセス(132) - いいね!(5)

ふんにゃ @sorairono ★HEPy1c8DtF_BXv

凶悪事件のニュースは表面しか伝えないけど、
「この人、なんでこんなことしちゃったんだろ」

と、思う時がある。
私は、犯罪者を理解したい、と思うことがあるらしい。

犯罪者を理解する必要はない、という人もいるだろう。
凶悪犯なら、さっさと死刑にしてしまえばよい。
そうね。犯罪者を理解する必要がないなら、簡単に死刑を支持できるかも。

だけれども、

人間は、環境を選んで生まれるわけじゃない。
育つ環境が違えば、今の私の人格・考え方、も違ってたはずだ。
私が犯罪者の環境に育ったとして、そこで犯罪を犯すか否か、と「今の違った人格の私」が考えてもしゃーないことだ。

世の中にはいろんな人間がいる。男もいれば女もいる。
容姿端麗な奴、ブサイクな奴。価値観・考え方の違う奴。

国民の圧倒的多数の支持のもと、大通りを堂々と歩く死刑存置派もいれば、
少数派であるがゆえに、路地裏で石をぶつけられながら、惨めに座り込む廃止派もいる(ノ_・。)

そして、犯罪者になる奴もいれば、ならない奴もいる。

いろいろな人間を知ることは、人間を知ることだ。
犯罪者を理解するということは、人間を理解することでもある。
少しでも理解すれば、簡単に、死刑になれ、とは言えなくなる気がする。
そういう人は死刑廃止派になるかもね。


それから、


景気が悪くなると犯罪が多くなる。

もちろん、犯罪者が責任を逃れることはできないのだが、
犯罪の背景に社会的側面があることを無視することもできない。
犯罪を知ることは社会を知ることでもあるのだ。


犯罪者を理解する必要がないのなら、凶悪犯は簡単に死刑にできる。
反社会的凶悪犯だから抹殺しました。あとは、忘れてしまいましょ。
そうして、死刑に賛成するのだろうな。

でも、それって「臭いものに蓋」ってやつなんじゃないのか?

犯罪者を知ることは人間を知ることである。
犯罪を知ることは社会を知ることでもある。
人間を知り、社会を知れば、我々が為さねばならぬことも見えてくるだろう。

犯罪者を死刑にして「はいおしまい」では、
我々が本当に考えなければならないことを考えない「思考停止」にも見えるのだ。

(と、路地裏の廃止派として考えたのだった)


・・・なんてな(*/∇\*) キャ

5日前 No.0
ページ: 1

 
 

エスターク ★P9ZCy80bEx_Ew9

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

4日前 No.1

ふんにゃ @sorairono ★HEPy1c8DtF_BXv

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

3日前 No.2

ふんにゃ @sorairono ★HEPy1c8DtF_BXv

>死刑反対の弁護士が、被害者家族になって死刑賛成に変わったらしいのですが、この事例が全てを物語ってるような気がします。

岡村勲弁護士のことだと思う。細君を殺されたのだったね。
それで岡村氏は死刑賛成派になった。
犯人は死刑にならなかったけど。

しかし、一例をもって一般化することはできない。

磯部常治弁護士を知ってるかい。

死刑廃止論者で帝銀事件で平沢貞通を弁護して有名だった。
そして、昭和31年1月、妻と娘が殺された。(銀座弁護士妻子殺害事件)

その4か月後、磯部弁護士は参議院法務委員会公聴会に公述人として意見を述べる。
(第024回国会 法務委員会公聴会 第2号)
・・・、エラーになった、そうか外部URLは書けないのね)


抜粋してみよう。

>私はやはり死刑廃止に賛成なんであります。廃止論者なのであります。

>これは、先ほど委員長のおっしゃった一月の妻子の、私の被害者の立場、現実に被害者の立場になった、その身になっても、なお私は死刑は廃止すべきだという論なんであります。

 (中略)

>実は事私の事件について私は研究し、考えたのでありますが、もとより犯人別府は悪い、悪いがあの行為をなさなければ生きていかれないというあの犯人を作り上げたのは一体どうしてであろうかと考えた場合に、十年前、十七、八ころに日本が戦争をして、彼に殺すことを一生懸命教育し、ほんとうの生きる道を教育しなかったところに誤まりがあると思うのであります。

>同時に一体あの両親はほんとうの親としての愛を彼に注いだかどうかということを私は疑うものであります。

>社会はもとより彼が就職して金をもうけて生きていきたいと思っても、いわゆる就職させてくれなかった、前科者であるがゆえに。

>こういうところに多く原因があり、いわばあらゆる生きんとする愛に捨てられたということが彼があの犯行をなした原因であると私は何度考えても思うのであります。

>こんなような意味から、殺されてしまった今日においてこれを論じますと、私は、生きていきたいという犯人は、これは法律の力といえども、国家の権力といえども、その命を断ってはいかぬ。反射作用が起るからということが私の死刑廃止の理由なんであります。

(中略)

>たとえば私のところに殺人犯人、彼は、これを生かして考えますと、銀座、日本の青年はあの二十七、八ころの青年の思想の代表だということも考えられるのであります。

>こういう青年はどうして育ったということをあの事件が教えてるんであります。


ーーーーーーーーーーーーーーー
なんか、言い回しが昭和31年だねえ。・・・、それはともかく、

磯部氏は死刑廃止論者だった。そして、被害者遺族になった。
そのときの怒りや憎しみがどれほどのものであったか、想像することもできない。

それでも磯部氏は犯人を理解しようとした。
犯罪を通して社会を理解しようとした。
その結果、犯人の死刑に反対し、死刑廃止論者であり続けた。

事件前の磯部氏に、
「ご自身が被害者家族になっても死刑反対を唱え続けますか?」
と質問したらどうなるかしらね。
案外、「そんなのわからん」って言ったかもよ。

妻と娘を殺した犯人は、磯部氏の反対にもかかわらず、死刑になった。

3日前 No.3

エスターク ★1g1tbGtsqP_Ew9

ふんにゃさんは「被害者家族は磯部弁護士を見習って死刑に反対すべきだ」とおっしゃりたいのだと思いますが、それを被害者家族に直接言えますか?
言えるのだとするなら、そういう活動を通して被害者家族と共に死刑反対運動を盛り上げていけばいいのではないでしょうか。
そういう立場からの死刑反対運動なら説得力があるように思います。

この問題で一番重要なのは、被害者の無念さと被害者家族の感情だと思います。
そこを考慮せずに死刑反対を主張するのは無思慮な行為だと思います。

3日前 No.4

ふんにゃ @sorairono ★HEPy1c8DtF_BXv

死刑廃止派にとって被害者遺族の問題は一番悩ましい。
だけれども、・・・

>ふんにゃさんは「被害者家族は磯部弁護士を見習って死刑に反対すべきだ」とおっしゃりたいのだと思いますが、

うんにゃ、違いますな。あなたが、

>死刑反対の弁護士が、被害者家族になって死刑賛成に変わったらしいのですが、この事例が全てを物語ってるような気がします。

と、「全てを物語っている」というので、その一例だけでは一般化できない、
という意味で磯部弁護士の話をしただけのこと。


>それを被害者家族に直接言えますか?

言えません。だから?
身内を殺した犯人を憎み、死刑になってほしい、というのは自然な感情だし、
傷ついてる遺族に赤の他人の私が上から目線で話すことなぞできるわけがない。
だけれども、
赤の他人が「被害者のために死刑にすべきだ」というのも、なんだか違う、と思うけどね。


>言えるのだとするなら、そういう活動を通して被害者家族と共に死刑反対運動を盛り上げていけばいいのではないでしょうか。
>そういう立場からの死刑反対運動なら説得力があるように思います。

私は私のできることをするだけサ。
今はネットで死刑廃止を主張するだけにせよ。


>この問題で一番重要なのは、被害者の無念さと被害者家族の感情だと思います。
>そこを考慮せずに死刑反対を主張するのは無思慮な行為だと思います。

それでは、死刑は復讐のためにある、というのだろうか。
磯部氏への犯人はどうして死刑になったのか。


よろしい、「死刑は被害者遺族のためにある」としてみよう。
一方で「死刑には冤罪リスクがある」の客観的事実は否定できない。

ということは、

被害者遺族のために死刑制度はある。
死刑制度には冤罪死刑リスクがある。
すなわち、
被害者遺族のために冤罪死刑リスクはある。

ということになる。
単純な三段論法だよ、ワトソンくん。

つまり、

無実の人間は被害者遺族のために死刑になってしまう、わけだ。

3日前 No.5

エスターク ★axbvWfwXxS_Ew9

私が転向弁護士の例を挙げたのは死刑反対論者は想像力が欠けている事をあらわす一つの例を示したかったからです。
「全てを物語っている」というのは死刑反対論者は想像力が欠けているから死刑に反対しているということで、もっと想像力を働かせれば死刑反対論者も転向するはずだというのが私の主張です。

たいしてふんにゃさんが出した磯部弁護士の例は何を主張したかったのでしょうか?
死刑反対論者であるふんにゃさんが出した例ですので、この例示でもって死刑反対論者を増やそうという意図ですよね。
犯罪被害者の家族にたいしても同様の主張をなさるのですから「被害者家族は磯部弁護士を見習って死刑に反対すべきだ」との主張になります。

それとも犯罪被害者の家族は脇に置いて死刑制度の問題を議論したいのでしょうか?
もしそうなら上にも書いたように「この問題で一番重要なのは、被害者の無念さと被害者家族の感情だと思います。そこを考慮せずに死刑反対を主張するのは無思慮な行為だと思います。」

ふんにゃさんもご自身が犯罪被害者の家族になれば死刑に賛成する可能性が高いと思っているのですよね?
じゃあ犯罪被害者の家族でないふんにゃさんが死刑反対を訴えるのは不相応だと思いませんか?
磯部弁護士のように犯罪被害者の立場から死刑反対を主張するなら説得力はありますし、犯罪被害者のほとんどが同様の主張をするのなら、私を含めた世論も死刑廃止に賛同するんじゃないでしょうか。
でも犯罪被害者でもないふんにゃさんが死刑反対を主張しても説得力が無いのにいったい何がしたいのだろうと疑問に思います。

現在の日本の制度においては冤罪リスクの低減が可能な限り図られています。
犯人が明らかな凶悪犯罪でも冤罪リスクがゼロではないから死刑には反対だというふんにゃさんの主張を私は支持しません。

3日前 No.6

ザビビのふくろう ★Android=cdZmIVbAmb

>スレ主さん


私はこの問題についてあまり知識がないのですが、一応死刑存置派ということで意見を述べます。

スレ主さんの書かれたものでは、死刑賛成派は、死刑にしたらおしまいと考えているかのようですが、そんなこんなことはないと思います。
犯罪者を知ることは、死刑があっても可能ですし、死刑をなくしたところで知れるわけでもないでしょう。
極端に言えば、死刑にして、脳を詳しく解剖したら、より詳しく犯罪者について知ることができるかもしれませんしね。
そうしろと言ってるわけではありませんよ(笑)

冤罪リスクは最大の問題かもしれませんが、現行犯など冤罪の可能性が0の場合も多くありますので、そういう場合に限ればどうでしょうか?
まあ、「疑わしきは死刑にせず」の徹底というかね。

3日前 No.7

ふんにゃ @sorairono ★HEPy1c8DtF_BXv

>>6  エスタークさん

あなたが転向弁護士の例をあげて「それがすべてだ」と主張するから、私が転向しない弁護士の例をあげたに過ぎない。
それによって、磯部弁護士を見習え、と主張するつもりもないんだな。

死刑廃止派の弁護士が被害者遺族になったとき、転向するときも転向しないこともある、を示しただけ。
あえていうなら、それで死刑制度について考えましょうよ、ということ。


存置派には想像力があって、廃止派は想像力に欠けているなど、どうして言えるのかしらね。

現行の死刑制度に、あえて反対の立場をとるのだから、
少なくとも、「廃止派は死刑制度について考えている」と言える。
たとえ国民世論の1割だとしても。

被害者遺族のことを考えても、それでもやはり死刑に反対なのだ、と考えているはずなのよ。
それは被害者遺族を無視してることではない。

それでは、9割と言われる死刑存置派はどうなのか。
大半の国民は、死刑制度について深く考えたりしない。
凶悪事件が起これば「こんな犯人は死刑だ」と単純に考えるだけなんだと思う。

「死刑制度について深く知れば知るほど廃止派が多くなる」という研究もあるらしい。
大切なのは、死刑制度について知ることであり、議論することなのだと思う。


>ふんにゃさんもご自身が犯罪被害者の家族になれば死刑に賛成する可能性が高いと思っているのですよね?

言ってないよ。とゆーか、どう答えればいいのかな。
たぶん、それでも私は死刑廃止派だと思う。でも、それは証明しようがないよね。

「被害者遺族になっても廃止派なのか」の問は、答えようがない、だから、ナンセンスな質問と言える。

2日前 No.8

ふんにゃ @sorairono ★HEPy1c8DtF_BXv

>>6  エスタークさん

>現在の日本の制度においては冤罪リスクの低減が可能な限り図られています。
>犯人が明らかな凶悪犯罪でも冤罪リスクがゼロではないから死刑には反対だというふんにゃさんの主張を私は支持しません。

普通、存置派も刑罰に冤罪がある、ことを認めるし、激しく非難するものだ。
それが、こと死刑に限っては冤罪はないと、司法を深く信頼してるのも、不思議だね。

たしかに、冤罪死刑はめったに起こることではないと思う。
死刑が冤罪である可能性は1%以下なのかもしれない。

だけれども、

その当人になってしまった彼にとっては、100%の冤罪、だ。
冤罪を根拠とする死刑廃止派は、そんな冤罪死刑囚の立場に立つ。

それさえ、死刑存置派には理解できないことなんだろうか。

2日前 No.9

ふんにゃ @sorairono ★HEPy1c8DtF_BXv

>>7  ザビビのふくろうさん

>私はこの問題についてあまり知識がないのですが、一応死刑存置派ということで意見を述べます。

>スレ主さんの書かれたものでは、死刑賛成派は、死刑にしたらおしまいと考えているかのようですが、そんなこんなことはないと思います。
犯罪者を知ることは、死刑があっても可能ですし、死刑をなくしたところで知れるわけでもないでしょう。

そうかもしれないね。でも、現状はそうだとは言えない。
刑務所の接見にも様々な制限がある。
もっとオープンにしてもいいのじゃないかな。

たとえば、

社会学や心理学・犯罪学などの専門家が自由に接見できるようにする。

犯罪の社会的背景を研究し、
犯罪者の心理を研究し、
犯罪学では犯罪抑止を研究する。

いや、もっとオープンにしようか。

小学生や中学の社会見学で刑務所に行くのはどうだろう。
殺人犯を囲んで話し合う。
「おじさんはどうして人を殺したのですか」
小学生は質問するかもね。
殺人犯はどう答えるだろう。

それらのことは、犯罪者自身にとっても、何かを考えるきっかけ、になるかもしれない。

まあ、社会見学は妄想だとしても、現行の刑務所・拘置所は閉鎖的過ぎる。
それが、犯罪者を知る機会を阻害してる、とも言える。

あるいは、死刑囚への接見の制限は、意図的なものかもしれない。
当局は、死刑囚についてあまり知らせたくない。
「俺は冤罪だ」と叫ぶ死刑囚も少なくないらしい。
そんな声は、一般にはあまり知られたくないだろう。

だとすると、我々は犯罪者について知ることは、ますます、難しくなるわけだ。

そして情報が少なければ、我々は正しい判断をすることができない。

2日前 No.10

ふんにゃ @sorairono ★HEPy1c8DtF_BXv

>>7  ザビビのふくろうさん

>冤罪リスクは最大の問題かもしれませんが、現行犯など冤罪の可能性が0の場合も多くありますので、そういう場合に限ればどうでしょうか?

単純に、現行犯なら死刑の犯罪も、物的証拠だけなら無期懲役・終身刑の刑罰を科す、としてみよう。

つまり、

白昼堂々、3人を殺せば死刑。
闇夜に紛れて、20人殺せば無期懲役・終身刑。

そういうことになるね。

そんな刑事司法を誰が支持するのだろう。
それ以上に、根本的な問題がある。

同じような犯罪でも、現行犯なら死刑、物的証拠なら死刑じゃない、とする点だ。
つまり、証拠の質によって量刑が変わる、ということ。

刑事司法の基本は、

証拠によって判断されるのは、「有罪」か「無罪」。
そして、有罪と判断されたとき、罪状によって「量刑」が決まる。

つまり、

現行犯なら死刑で、そうじゃないなら死刑でない、という考え方は、
刑事司法を根本的に否定することになる。

・・・、でしょ?

2日前 No.11

ザビビのふくろう ★ZRGZRP6lC7_keJ

>>10,11  ふんにゃさん
レスをありがとうございます。

>>10 に関してですが、あなたの見解を伺った後でも、私には、やはり死刑廃止の必要性は感じられませんね。
犯罪者、あるいは死刑囚について知ることと、死刑廃止云々とは、基本的には独立の問題のように思います。
現在の死刑囚に関する扱いが、あなたのおっしゃるように彼らを研究するなどの上で問題があるとしても、それはそれで解決していけばよいんじゃないでしょうか。

養老猛がどこかで書いていたと記憶しているのですが、犯罪者の脳の研究は研究費がおりない、ということだったらしいです(記憶違いならすみません)。
養老によると、犯罪者の脳に何か問題があるだろうというのはきわめてありうることで、調べようとしても、いわば先天的に犯罪者であるような人間が存在するというような、非人道的な結果を恐れてか、研究させてもらえない、というようなことだったと思います。
こういう圧力はよくないと私も思いますね。
そういう研究が進めば、仮の話ですが、例えば連続殺人犯の脳に修復不可能な機能障害があって、道徳心を持たない人間であると判断できるようになれば、反省も、社会復帰も不可能なことが客観的に判断できるようになりますので、「即刻死刑」、ということが決定できるようになるかもしれませんしね。
ですから、あなたはオープンにすべき、みたいに考えておられるようですが、それには私も賛成できます。

>>11
こちらに対しては、すみません、私がミスリーディングな表現だったようですね。
私の意図は、べつに死刑を現行犯だけに限る、ということではありません。
物的証拠によるものでもいいですが、要するに、確実に殺人犯人であると言えるようなケースは、それが死刑に該当すると判断されるものなら死刑でいいんじゃないかと思うわけです。
私も殺人事件のえん罪だけは避けるべきであると、やはり思うんですよ。
ただ、実際の殺人事件、裁判にかかり、有罪判決がおりている殺人事件のいったいどれくらいが、そういう有罪間違いなし、えん罪の可能性なし、というケースなのか、全く知らないものですから気が引けるのですが、要は、そういったケースだけでもそれなりにあるんじゃないかという推測に基づいて述べている意見です。

2日前 No.12

エラシコ @erasiko ★FKC5GnmBuD_Ew9

ふんにゃさんへ

死刑制度の話は深刻な問題だと思うんだけど、ふんにゃさんはやけに軽妙に話すのね
ふんにゃさんの文章を読んだら被害者は不快に思うんじゃないかしら?
このような深刻な問題については、いたずらに当事者の感情を逆撫でする言動は慎むべきだわ
この問題について議論するなら言葉遣いに気をつけるべきだと思うわね
深刻な問題についての軽薄さがMobiusそっくりで少し気になりました

http://mb2.jp/_grn/2147.html-568,571,584,591

2日前 No.13

ザビビのふくろう ★ZRGZRP6lC7_keJ

>>12  補足訂正

>私も殺人事件のえん罪だけは避けるべきであると、やはり思うんですよ。


どうもちゃんと書けていないので訂正します。
言いたいのは、要するに、無実の人を死刑にしてしまうというような事態は、絶対に避けなければならないと思う、ということです。

それと、 >>10 に関する前半部分ですが、犯罪者についての研究が進まないのは、むしろ死刑反対派の人権思想が邪魔をしているからじゃないだろうか、という疑いを持ってるんですよ。養老の例を出したのも、そういう意図がありました。
間違っていたらすみません。

それと私個人の意見ですが、有罪100%を増やすために、町中に防犯カメラですかね、あれを設置したらいいと思うんですよ。誘拐など不可能なくらいにね。プライバシーの侵害がどうたら、人権がどうたらと言ってるのがダメなんじゃないかと。痛まし過ぎる事件をなくすには、それぐらいのリスクは負うべきではないかと思うんです。
そうすれば犯人特定が容易にできて逮捕つながり、誘拐殺人などの多くが避けられたりもするのではないかと思います。

死刑適用の必要条件として、冤罪率0%、有罪確実の場合に限る。
それを現実的に有効にするための対策をとる。

無理ですかね?

1日前 No.14

shinwood @shinwood ★mjl0ItnnrE_08J

>>14   ザビビのふくろうさん

ふんにゃさんは死刑問題のいわゆるプロだから、あなたや私たちが立ち向かえる相手ではありませんよ。恥をかく前に早々に立ち去った方がよろしいかと思います。



私からひとつふんにゃさんに質問があります(ありふれた質問ですけど)あなたは死刑制度は無実の人が死刑になるリスクがあるから死刑に反対なのですよね。何の罪もない人が殺されるのは理不尽であると。そうであれば自動車による死亡事故も何の罪もない人たちが理不尽に殺されています。なぜあなたは車社会に対して反対しないのでしょうか?何の罪もない人達が殺されるというのは同じではありませんか。

1日前 No.15

ザビビのふくろう ★Android=cdZmIVbAmb

>>15  shinwood さん

>ふんにゃさんは死刑問題のいわゆるプロだから


えっ、そうなの?
だったら、なおのこといいじゃないですか。

議論ていうのはね、ただ勝ち負けのためにするものじゃないんですよ、shinwood さん。
わかってないなあ(笑)

1日前 No.16

テネマニ☆jRR7r/tEX2lV ★EhLMIShhbX_8gk

ちょっと不謹慎な言い方かもしれませんが面白そうな議論を見つけたのでゴニョゴニョ言わせて下さい
私自身は両方の言い分もわかるつもりですし、死刑に賛成や反対したくなる場面等をあまり経験したことがないので賛成でも反対でもないですが


まず、死刑賛成の方々についてです。
死刑を賛成する方々はよく「遺族たちのことも考えて…」や「仮に自分の親族がコロされたら…」等のことを言っているのをよく見ますし、そういうのを自身で思ったこともあるのですが
反対に、自身の親しい、恋しい人がなんらかの問題が起きて死刑になってしまったとき、あなた方はそれでも死刑にすべきだという主張をするのでしょうか、大変気になります。
被害者達(親しい人がコロした人)が、酷く理不尽な要求をしたからやってしまったのかもしれない。実際はどうかはわからないけれど、事実として親しい人は重罪人となって、死刑になった。それでも死刑には賛成ですか?

それと、 >>15   shinwoodさん
あなたの言い方だと、ふんにゃさんはまるで死刑廃止派の頂点に立つ人で、ザビビのふくろうさんは死刑存置派の底辺の人、そして自分はそんなふんにゃさんに意見が言える偉い人、のように感じられます。
ここはインターネットで、みんながみんな平等な世界です。別に誰が誰に何を言っても当の本人達以外には関係のないことでは?

1日前 No.17

ザビビのふくろう ★UeJTXbNcLw_keJ

>>17  テネマニさん

>反対に、自身の親しい、恋しい人がなんらかの問題が起きて死刑になってしまったとき、あなた方はそれでも死刑にすべきだという主張をするのでしょうか、大変気になります。

被害者達(親しい人がコロした人)が、酷く理不尽な要求をしたからやってしまったのかもしれない。実際はどうかはわからないけれど、事実として親しい人は重罪人となって、死刑になった。それでも死刑には賛成ですか?

こういうのを読むと、やはりなかなかこういう問題で自分の考えを正確に言い表すのは難しいと感じますね。
私の場合、前提として、こういう場合は死刑判決が出ないと勝手に想定していました(笑)
私が想定している死刑になるべき人間というのは、罪なき者の命を奪った、誰が見ても一方的にその殺人の罪を負うべき人間です。快楽殺人犯とかシリアルキラーとか。幼児誘拐殺人の犯人とかですね。
正直言うと、アメリカの犯罪ドラマの影響大なんですよね、すみません。
ただね、すでにこの日本でも、幼児、子供、老人等の罪なき弱者が、身勝手な理由にならない理由で、あまりに無残に命を奪われすぎではないか、と思うんですよ。
この悲劇をなんとか食い止めないといけないのではないか、そういう殺人者に対しては厳罰をもって対処すべきではないかと考えざるをえないのです。
ですから、もし、自分の親しい人間であっても、そういう殺人犯なのであれば、死刑やむなしと考えます。
現在でも、こういった一方的に罪を負うべき殺人犯でなかったら、死刑判決はおりないんじゃないでしょうか?
冤罪事件の場合でも、その人が犯人としたら、こういう情状酌量の余地のない極悪人に該当するがゆえに死刑判決が下ったんではないですか?
私は知識不足は否めないので、もし事実認識の不足であれば、どなたでも教えていただければありがたいです。

ところでテネマニさん、
shinwoodさんのことですけどね、
私のことを気遣って言ってくださったと思います、ありがとうございます。
マナー違反でしょうし、よくないことにかわりはないのですが、
実はshinwoodさんと私は、別のスレで軽口を叩き合う間柄になってしまっていて、
彼も本気で言ってるわけじゃないと思いますし、私もまったく気にならないので、
どうか許してあげてください、よろしくお願いします。

1日前 No.18

ふんにゃ @sorairono ★HEPy1c8DtF_BXv

私は死刑問題のプロなんかじゃないよ。
ただ、ちょっとネット上の議論を多くしてるだけシロート。

いつもやってたじゃなくて、「もう死刑問題疲れちゃったよ」で、半年一年静かにしたりなんかを繰り返してきた。
それでも。この問題は10年以上やってるから、まあ、それなりには?

はじめの頃は存置派の批判・非難にコテンパンにやられてたw
少しずつ、存置派の批判に反論できるようになっていく。
その蓄積で、存置派の「よくある批判」ならそれなりに反論ストックがあるかな。

そんなわけで、私の死刑廃止の主張は、もっぱらネット上の議論で構築されたことになる。
ネットの死刑存置派が私の主張を育ててくれたんだね。

だから、

誰が私に意見し批判してもいい。
これまで死刑についてあまり考えてこなかった人たちも大いに発言してほしい。
死刑制度について知り、議論することが必要なことだと思うから。

そして、それに答えることによって、私の死刑廃止主張は、より深まっていく。

1日前 No.19

ふんにゃ @sorairono ★HEPy1c8DtF_BXv

>>13  エラシコさん

>深刻な問題についての軽薄さがMobiusそっくりで少し気になりました

(゚△゚;)え?わたしMobiusさんだったの?(ってゆーか誰?)
そうなのか、私はMobiusさんだったのね。知らなかった。
知らなかったけど、そうなのね、分かった。

と思ってたら、私の立てた別トピにMobius氏が返信してるじゃないか。

(゚△゚;)え?私はいつの間に自分で自分にレスしてしまったんだろ。
わけがわからん。記憶がないというのは問題なのじゃなかろか。
混乱してきたぞ、発狂してるのかもしれん。

「タスケテククダサイo(≧◇≦)oイヤァァ!!」って世界の中心で愛を叫んでどうする(って古いぞ)。世界の中心で愛を叫ぶといえば長澤まさみだけど、最近また活躍してる。脚がきれいだよな、って、なんでそんなイメージ持ってるのか。世界の中心でといえば山田孝之もいるが、あれ?ドラマと映画をごっちゃにしてるか?山田孝之と言えばヨシヒコだが最近のCMも愉快だよな。世界の中心でというか今テレビを見てたら、この世界の片隅に、のドラマが始まるんだって?アニメを劇場見に行ったが感動したもんな。ドラマはどうなるかしらね。よし見ることにしよう。って、何の話をしてるんだっけ・・・

バカだねえ。どーしよーもないねえ。だいたい、ふんにゃってなんだよふんにゃって、ふざけるのいいかげんにしろよ。でも、ふんにゃらへったんぶーにしなかっただけでもマシだったかな。
って、ひらがなばっかだ≧(´▽`)≦アハハハハハ

って、わたし、あたま、ダイジョーブ?

とゆーやつなので、

>ふんにゃさんの文章を読んだら被害者は不快に思うんじゃないかしら?

というよりも、バカだなあと呆れるだけなんじゃないかな。

うん、問題なしw

1日前 No.20

ふんにゃ @sorairono ★HEPy1c8DtF_BXv

>>12  ザビビさん

>そういう研究が進めば、仮の話ですが、例えば連続殺人犯の脳に修復不可能な機能障害があって、道徳心を持たない人間であると判断できるようになれば、反省も、社会復帰も不可能なことが客観的に判断できるようになりますので、「即刻死刑」、ということが決定できるようになるかもしれませんしね。


残念ながら、その認識は間違ってる、と言わざるを得ない。
なぜなら、責任能力のない者を刑罰に科すことができないのが、刑法の基本のひとつだから。

凶悪犯の脳に機能的障害があって、それが犯罪を引き起こした、となれば、その犯人を処罰することはできない。

身体的欠陥を持って生まれことは、当人の責任ではない。
脳に機能的欠陥があることも、当人の責任ではない。
だから、その脳の欠陥によって犯罪が引き起こされたのなら、それも当人の責任ではない。
だから、その当人には犯行についての責任能力がない、ということになる。

だから、

>養老猛がどこかで書いていたと記憶しているのですが、犯罪者の脳の研究は研究費がおりない、ということだったらしいです

それも当然だと思うな。
もしも囚人を研究して、脳の欠陥を発見してしまったら。
その欠陥によって、犯行が引き起こされたのだど明らかになってしまったのなら。
その囚人の有罪は撤回されなければならない。

そんなの、国も司法も困るのよ。
だから、犯罪者の脳の研究には研究費がおりない。

そうなのだと思うな。たぶん、この推測は当たってる。

逆に言えば、そのような国や司法の体質が、冤罪を生み出す要因になる、とも言える。
(この場合は冤罪というよりも誤判だが・・・)

刑罰は正しく判断されるべきだ。正しい情報を無視してはならない。
研究者が囚人の脳を調べたい、というのなら歓迎すべき。
そして、囚人に責任能力がない、と判明したならば、無罪としなければならない。
精神疾患で危険人物であるというのなら、それなりの施設に収容すべし。

だけど、国や司法はそうしようとしない。
犯罪者の脳を調べさせようとしないことからも、それは明らかだ。

そんな国や司法の体質が全面的に刷新されなければ、
冤罪のない刑罰制度など、まったく期待できませぬな。

だから、

>犯罪者についての研究が進まないのは、むしろ死刑反対派の人権思想が邪魔をしているからじゃないだろうか、という疑いを持ってるんですよ。養老の例を出したのも、そういう意図がありました。

これについては、真逆の見解を私は持つ、ことになる。

・・・、おもしろいね。

私はこんな形で国や司法を批判したことがなかった。
存置派のザビビさんが、私の死刑廃止の主張をまた深めてしまった、わけだw

養老さんの本、私も読んでみようかな。署名覚えてたら教えて。

1日前 No.21

ふんにゃ @sorairono ★HEPy1c8DtF_BXv

>>14 ザビビさん

>死刑適用の必要条件として、冤罪率0%、有罪確実の場合に限る。
>それを現実的に有効にするための対策をとる。

>無理ですかね?

冤罪率0%。うん、遥か未来のSF的世界なら可能かもしれない。
でも、
いくら科学捜査が進歩しようが、囚人の脳を調べることさえ嫌がるような国や司法の体質がある現状では、無理なんじゃないかな。

1日前 No.22

ふんにゃ @sorairono ★HEPy1c8DtF_BXv

>>15  shinwoodさん

「冤罪死刑を根拠に死刑廃止せよと言うことは、死亡事故を根拠に自動車を廃止せよと言うのと同様、ナンセンスな主張である」
そんな存置派の主張も時々聞く。
これについては反論ストックがあるw

私が考えたのはこれ。

刑罰制度には冤罪リスクがある。
自動車には事故リスクがある。

よく似てる。さらに考えれば、

冤罪リスクには、冤罪罰金刑・冤罪自由刑・冤罪死刑、がある。
事故リスクには、物損事故・傷害事故・死亡事故、がある。
(ここでは人身事故を傷害と死亡に分類する)

たしかに、

自動車に死亡事故リスクがあることは否定しようがない。
死亡事故リスクを否定すれば、自動車の存在自体を否定しなければならない。

しかし、

刑罰制度には冤罪死刑リスクがある、とは必ずしも言えない。
廃止諸国の刑罰制度には、当然、冤罪死刑リスクはない。

死刑がなくても刑罰制度は成立する。

死亡事故リスクを否定すれば自動車は否定しなければならないが、
冤罪死刑リスクを否定しても刑罰制度を否定することにはならない。

だから、

「冤罪死刑を根拠に死刑制度を廃止せよと言うことは、死亡事故を根拠に自動車を廃止せよと言うのと同様、ナンセンスな主張である」

の主張は的外れ。
ここでは、自動車を死刑制度に対応しているが、死刑制度ではなく刑罰制度に対応させるのが適切。

そうなると、

廃止派の自動車を例とした主張は、そのまま、冤罪根拠の死刑廃止を擁護する主張となる。

1日前 No.23

血吸鬼□( □ω□ )□ ★0iMQpxTtSS_08J

ぶっちゃけ
死刑制度を今から撤廃するとなると
刑事罰やらなんやらを一から立て直さなあかん。

今の財政じゃとてもじゃないが実現できゃせんよ(´・ω・`)

23時間前 No.24

素人の意見 ★YqxeS1nJn5_BXv

私は寧ろ一人ひとり生まれた境遇も環境も異なり、能力も容姿も(生まれ持った)資産も異なるからこそ、重大な犯罪は厳罰化すべきという考えです。言い換えれば個人的、社会的事情問わず生まれ持った環境などにより殺人などを犯してしまう人間が確実に存在するのであれば尚抑止力が必要ではないでしょうか?
加害者とて人間です。その人への理解も勿論大事だと思います。一方で被害者も勿論人間です。どちらも片手落ちであってはなりません。
しかしその前に、加害者と被害者が生まれないよう抑止力を持たせる。が最優先だと考えます。
また、加害者の心理分析や背景を研究したところで私個人の考えとしては行きつくところは「多種多様すぎて結局はその行為自体を厳罰化することで抑止することが最も効果的ではないか」となるのかなと思います。

最後に、死刑と無期懲役がどちらが過酷かというと少なからず意見が分かれる気がします。
死刑の廃止については必ずしも反対ではありません。ただしそれに相応する罪人は「無期懲役」とするべきかなと思います。それであれば貴方の望まれる通り、その人が生きている限り私たちは犯罪者を知ることができますしね。

23時間前 No.25

素人の意見 ★YqxeS1nJn5_BXv

埼玉で起きた3歳女児放置死事件をご存知でしょうか?私はこの事件を知ったとき加害者である両親の量刑の軽重といったところでなく、ただただ心の底からこのような事件自体が起きてほしくありませんでした。両親がどのような罪となろうがあの正座して俯いたわずか3歳の女児はもうこの世には戻ってきません。
>>25 で申し上げた厳罰化は極々表面的な犯罪抑止の一手段にすぎないものかもしれません。ですがそれにより1パーセントでも良いのでこの世から悲惨な事件が減ってほしいと心より願います。

23時間前 No.26

エスターク ★Kd1wYD1C53_Ew9

ふんにゃさん

ふんにゃさんは「身内を殺した犯人を憎み、死刑になってほしい、というのは自然な感情だし」とおっしゃっていましたので、
私は「被害者家族になれば死刑に賛成する可能性が高いと思っているのですよね?」と聞いたのですが、
それにたいしてふんにゃさんは「被害者家族になっても死刑廃止派だと思う」とお答えになりました。
ふんにゃさんご自身が自然な感情を持たないと思う理由は何ですか?
証明する必要はありませんが、上の言動と下の言動が繋がらないように思うので、なぜ死刑廃止派であり続けると思うのかをお聞かせください。

「被害者遺族になっても廃止派なのか」の問いはナンセンスだとは思いません。
この問題を考えるにあたって被害者の感情を抜きに考えることは出来ないからです。
賛成派の人は想像力に欠けている人が多いので自分が被害者家族になった場合を想像することは必要だと思います。
再度書きますが、転向弁護士の例を出したのは賛成派の人が想像力に欠けているという例を示したかったからで、賛成派が全員転向するなどという主張を私はしていません。6をよく読み返してください。

「死刑にかぎって冤罪はない」という主張を私はしていません。
ふんにゃさんは読み間違いが多いようなので気をつけて欲しいです。

ふんにゃさんは冤罪死刑は1%以下なのかもしれないという認識のようですが、そのいるかいないかわからない人と、数百人の犯罪被害者とその数倍の被害者家族を天秤にかけて、いるかいないかわからない人の立場で物事を考える理由がよくわかりません。
ふんにゃさんはなぜいるかいないかの人を優先して物事を考えるのですか?



ふんにゃさんは被害者で無い立場から死刑廃止を訴えています。
当たり前ですが被害者は被害者の立場から死刑存続を訴えています。
ふんにゃさんにとって死刑廃止論はたんに一つの思想にすぎず、かかっているのはたかだか自分の思想信条です。
でも被害者にとって犯人への処罰感情は自分の人生そのものです。
自分がこれほど苦しんでいるのに犯人がのうのうと生きていることが許せない。
両者の訴えを聞いたなら被害者の主張に賛同するのは当然で、死刑廃止論が盛り上がらないのも理解できます。
廃止派は頭ごなしに理屈を述べるイメージですが、被害者の訴えはストレートに心に響きます。
廃止派の主張は軽い。

どなたかが指摘していましたが、ふんにゃさんのおちゃらけた文章は人生がかかっている被害者には書けないと思います。
死刑廃止論者が真剣に死刑廃止を望むなら、まずは被害者と対話して一緒になって死刑廃止を訴えないと絶対に無理です。
今の日本においては被害者を置き去りにした社会変革は難しいと思います。

17時間前 No.27

エスターク ★Kd1wYD1C53_Ew9

テマニエさん

身内であっても死刑相当の罪を犯したなら私は死刑に反対しません。命で償って欲しいと思います。

身内が死刑囚になるというのを想像すると、死刑囚になる前の時点で自分とその身内との関係はすでに壊滅的に破綻してるんじゃないでしょうか?
凶悪事件を起こす犯人は突然凶行に及ぶのではなく犯行に及ぶ前の時点で多くの問題行動を起こしている事が多いように思います。
家族関係も家庭内暴力や刃傷沙汰などで壊滅的に破綻している可能性が高いんじゃないでしょうか?
凶悪事件の報道を見る限りそのように思います。
幸せな家庭があるにも関わらず凶悪事件を起こすというのは考えにくいように思います。

17時間前 No.28

魔人ムシン ★Android=zZdgF3cyKK

何故、人を殺したくなるのだろうね。

私と彼等で【何が違うのだろうね】


もし【人を殺したくて仕方がない、止めてくれ!】

って言う人が居たら、止める手立てが必要だね。

私は、死刑廃止か否かは【死刑の質】によるよ。

あまりに残虐な死刑のやり方は、あまり【好きではない】からね。

17時間前 No.29

shinwood @shinwood ★mjl0ItnnrE_08J

テネマニさん

>実はshinwoodさんと私は、別のスレで軽口を叩き合う間柄になってしまっていて、彼も本気で言ってるわけじゃないと思いますし、私もまったく気にならないので、どうか許してあげてください、よろしくお願いします。<


彼もこういって謝っていることですし、許してやってくださいw 誤解するような表現してごめんね。



ふくろうさんへ

>>23 のふんにゃさんの私への回答にはなんかいまいち腑に落とすことができないのですが、ふくろうさんは >>23 についてどう考えますか?何か違和感があるのです。



>>26     素人の意見さん

>厳罰化は極々表面的な犯罪抑止の一手段にすぎないものかもしれません。ですがそれにより1パーセントでも良いのでこの世から悲惨な事件が減ってほしいと心より願います。<

これこそが死刑問題の本質でしょう。家族を殺された被害者たちにとっての願いは、犯人が死刑になることではなく「1パーセントでも良いのでこの世から悲惨な事件が減ってほしい」ということでしょう。

正しいとは物事のあるべき姿があり、それに合致しているさまを言います。ここであるべき姿とは「1パーセントでも良いのでこの世から悲惨な事件が減ってほしい」ということです。それに合致するのはどうすればいいのかとみんなで考えることが正しいやり方なのです。このように考えれば自ずから正しい答えに辿り着くでしょう。


>>28    エスタークさん

あなたは死刑賛成の立場のようですが、何故死刑が正しいと考えるのですか?自分が正しいと思う根拠は何ですか。自分が考えたことが正しいというならあなたは神ですか?そうではないですよね?あなたが正しいと考えた根拠を教えてください。

12時間前 No.30

エスターク ★RSjmaeggRc_Ew9

死刑が正しいかどうかはわかりませんが、たしかに私は現行制度を支持しています。
そもそも正しさに絶対的基準はなく相対的にしかはかれないものだと思いますが。

12時間前 No.31

shinwood @shinwood ★mjl0ItnnrE_08J

>>31   エスタークさん

私が聞いているのはどうして正しいと考えたのか、その根拠を聞いているのです。ただ何となくですか、そうじゃないでしょう。何か論理的なものがあるのでしょう?それを教えてくださいと言っているのです。

12時間前 No.32

エスターク ★RSjmaeggRc_Ew9

正しくないことでも支持することがありますよ。
人間ですから。
たばこも吸いますしね。

死刑が正しいかどうかはわかりませんが、私は現行制度を支持しています。
これ以上何が聞きたいのか具体的におっしゃってください。
ここのテーマに関係ありそうなら答えます。

12時間前 No.33

エラシコ @erasiko ★dLJQf7McSx_Ew9

>>20
ふんにゃさん
どこをどう読んだらそんな解釈になるのよ?
あんたとMobiusが同一人物だなんて言ってないでしょ
被害者があんたのふざけた文章読んだら気分を害するんじゃないのって言ってるの
あんたは面白いと思ってふざけた文章書いてるんだろうけど、まったく笑えないわよ
ふざけて良い場所と駄目な場所の区別ぐらいつかないの?
理不尽な犯罪に苦しんでいる被害者が今もたくさんいて、ここを見るかもしれないでしょ
場所をわきまえなさい

11時間前 No.34
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる