Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(1264) >>

宗教について

 ( 議論掲示板 )
- アクセス(3822) - いいね!(4)

ゆみ @yumicoco ★rdsPzrQVhs_qTF

私は宗教を否定しています。なぜなら、人から教えを乞うこと・教えという名の規律やルールに沿った生き方をしなければならないことが嫌いだからです。それだけでなく、毎年神社で「金持ちにしてください」と祈っても神様はその願いを聞き入れてくれていません。冗談はさておき、宗教とは、何を軸にして生きていったらいいのかという、自分のものさしがない、またはわからない人が信仰しているようにしか思えません。それが悪いことだとは思いませんが、そもそも自分のものさしなんて足りなくても生きていけると思っています。太古の昔だったら科学もまだ発達していないので、洪水や気象現象に怯え、これは神が怒ったからだと思う気持ちもわからなくないですが、現代人でそんな風に思う人はいないでしょう。つまりこの世に宗教など不要だと思います。

メモ2018/02/26 00:43 : ゆみ @yumicoco★M2tM0jQDcH_0Fn

一つ大事なことを言い忘れていました。


宗教を肯定される方に安心して意見を書き込んでいただくために一つルールを設けます。


なぜ宗教を肯定するのか、は、その人にとってかけがえのない大事な感性であったりしますよね。


なので、その大事な感性をぶち壊しにしないように反論をしていくつもりです。


あくまで論理的に話したいと思っています。


論理的追求を受けること自体がいやだと思われる方は、書き込まなくていいです。


ほかの参加者の皆さんも、「相手の感性を壊すような言い回しはしない」ということを


注意して書き込んでくださるようお願いします。


また、宗教に関することならなんでも話し合いましょう!どしどし書き込んでください!

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14

 
 
↑前のページ (1214件) | 最新ページ

★eEPVbcUhXl_Vzx

これはどう考えても正しい、絶対に正しいとしか思考できなくなったとき、その集団内で人は洗脳状態になるのでしょうか。

こうなれば、事の善悪はその世界の中にしか存在しなくなり、暴力も躾だ悪魔祓いだと称し、殺 人をも人々の救済という解釈に変え、独善の世界を生きるようになるのでしょう。

過去のカルト集団の広報だったでしょうか?〜と言えばじょうゆうという表現を思い出します。

自らにとっての都合のよい解釈を創り出してしまう前に、もしかすると間違っているのかも知れないという思考が少しでも残っている間に、、とは思うものの、集団内での心理がそれを許さないのかもしれません。

2日前 No.1215

神を信じる人 @kamishin ★iPhone=glOTqK0Arr

>危害を加えるかどうかの差
危険があるかどうかの差
危険だと呼びかける事が警告
危害を加えると言ってしまうと脅しに成り果てる

それでは、もう少し厳密な例えを考察してみましょう。

殺人を犯すなら、処刑される

この様な取り決めは脅しでしょうか、警告でしょうか?

>もう一度聞くが、神が直接、魔法的な力で手を下し消滅させるんだよね?もしくは部下の天使あたりが消滅させる設定だよね?

語弊を恐れずに分かりやすく例えるならば、神は最終的な最高司法機関です。よって、誰かが最後の決着を付けなければいけないなら、それは神です。それとも決着は「最後の最後でさえも」必要無いとお考えですか?

神は「魔法」を忌み嫌います。これは只の用語の話であり、仰ることは分かります。聖書を見ると、神は天災を用いたり、天使を通して打たれたり、敵同士が同士討ちをされる様に仕向けたりします。

>「神ご自身は既に完全」・・・これはあくまで設定、設定として、完全無欠と言い張っているに過ぎない
神自身は、「欠陥神」だよ。何処の宗教の神話にもありがちな欠陥性を多大に備えている

聖書を深く研究・考察した結果、私自身、神は完全と感じています。聖書に「神は完全」と書かれている文面だけで信じているのではありません。

>正しい意図はそうではなく
「最後の審判が実行された場合、人類の平和を最も乱しているのは神自身ということになる。これまでにない虐殺の規模ともなるだろうし」という意味

味方の問題でしょう。私は、「ようやく人類の最初からの過ち、その過ちによる不条理や悲劇が正される、やっと本当の秩序や平和がもたらされる」と見ています。

>自由意志を誤用するように、神に仕組まれたんじゃないの?
自由意志を誤用するように、人類の知的能力・善悪判断能力に限界を設けたのは誰か?もう少し高性能な自由意志を与えるべきだったな。人間の脆弱なる自由意思は、しょせん、決定論の域を出ない
アダムとエバを完全に作ったならば、自由意志も完全に作るべきだった
明らかに神に仕組まれている。原罪の果実をかじった時と同じような仕組み方、配置法だ

豊富にあるどの木から食べても良い、しかし只一本の木だけは駄目だ、という、これ以上に無い程、簡単な命令です。分かり易く、難易度も低いです。これを守ることで、神に忠節であることを示す「機会」が与えられました。愛や信仰、忠節を示すチャンスが与えられました。

因みに厳密に指摘すると、善悪判断能力は与えられていませんでした。

>なぜ、生命の樹のようにケルピムに原罪の果実の成る木を守らせず、手の届くところにおいたのか?
原罪の果実を食べさせるためのサタンの誘惑を放置したのはなぜか?
全てを見通す目があるのに。このように神の予測能力には限界があるとしか思えず、即ち、欠陥神である。ラプラスにも劣る
原罪の果実は神によって、食べさせられたんだよ
別神話だがパンドラの箱と同じように。
そんな大事なものが成る木なら、その木をしっかり護衛させるべきだった

自由意志とは何でしょうか。自由です。それが手の届かない所、或いは外的制約を受けているならば、本当の自由ではない。神は人間を尊重し、信頼しています。完全な自由意志を許しています。

神がサタンを配置したのでもありません。サタンにも自由意志を許しているのです。サタンは自分の意志で、エバを誘惑したのです。

神は全てを見通す能力がありますが、その能力を選択的に行使されます。神はアダムの失敗を予め予測しようとはされませんでした。予め運命が決まっているならば、人間の努力は無価値ですよね。また運命論は聖書の記述と反します。

>その集団の中にも、励ますフリをして、罪の道に誘惑する者がいるかもしれない、こういうのはサタンが得意とする手法の一つである
味方のふりをしているが、実は仲間こそが最大の敵だったという現実にも物語にもよくある展開

否定しません。内部から背教が生まれることは、聖書にも予告されています。

しかし聖書を知っているなら、何が正しいのかを見極めることが出来ます。

2日前 No.1216

神を信じる人 @kamishin ★iPhone=glOTqK0Arr

誤字がありました。

味方→見方

2日前 No.1217

神を信じる人 @kamishin ★iPhone=glOTqK0Arr

>貴方は自分たち「エホバの証人」を「真のキリスト教徒」だと思い込んでおられるのでしょうが、周囲の人々の大半は「偽のキリスト教徒」だと考えているから迷惑なのです。

馬場さんご自身はどうなのでしょうか。只、多くの人がそう言うので、そう思われているのですか。何が「真のキリスト教徒」と定義されますか?その根拠は如何ですか?

>多くの人々が迷惑だと考えている行為は、やらない方が良いのではないでしょうか? ここでも貴方たちは、「エホバの証人を受け入れない人々は、原罪のためにエホバの証人の価値を理解できないのだ」「我々が上、非信者が下」と勝手に決め付けているから、困った存在なのです。「間違っているのは、我々「エホバの証人」の方ではないのか?」と疑うべきであり、それができなくなったら、地下鉄サリン事件を起こした某宗教団体と同じになってしまいそうです。

キリストは伝道を命令されています。馬場さんが反対されているのは、エホバの証人でなく、キリストの教え、聖書の教え、そのものではないでしょうか。

利他的、平和、政治的中立を固く信じており、地下鉄サリン事件の様なことは無いでしょう。

>なのに貴方は、「イエスが救世主である」を盲信してしまい、

盲信と確信の違いは何でしょうか。

あなたはご自身も確信をお持ちなのに、私の確信を否定しているのではないでしょうか。

2日前 No.1218

神を信じる人 @kamishin ★iPhone=glOTqK0Arr

>どうしてこんな簡単な事ができないのですか?

私はキリスト教を強制していませんし、本来、信仰は強制出来る性質のものでもありません。他の宗教を武力制圧しているわけでもありません。只、自分の確信に基づいて論じているのみです。それはおかしいことでしょうか。当然、何を信じるかは個人の自由です。全て自由意志です。

これでは駄目でしょうか。

馬場さんもご自身の神学を正しい確信して、この掲示板で論じておられ、本も出されている。

本質的に私達の何かが異なるのでしょうか。

例えば「他の宗教は許さない。攻撃する。」と私が言うのであれば、馬場さんのご意見はごもっともですが、私はそんなことを言っていないし、していません。選択の自由、を尊重しながら、確信に基づいて、平和的に議論をしています。

2日前 No.1219

神を信じる人 @kamishin ★iPhone=glOTqK0Arr

論理魔さん、金銭欲についての聖書の記述です。何かのご参考になれば幸いです。

テモテ第一6:7-12
わたしたちは世に何かを携えて来たわけではなく,また何かを運び出すこともできないからです。ですから,命を支える物と身を覆う物とがあれば,わたしたちはそれで満足するのです。しかし,富もうと思い定めている人たちは,誘惑とわな,また多くの無分別で害になる欲望に陥り,それは人を滅びと破滅に投げ込みます。金銭に対する愛はあらゆる有害な事柄の根であるからです。ある人たちはこの愛を追い求めて信仰から迷い出,多くの苦痛で自分の全身を刺したのです。しかし,神の人よ,あなたはこうした事から逃げ去りなさい。そして,義,敬虔な専心,信仰,愛,忍耐,温和な気質を追い求めなさい。信仰の戦いをりっぱに戦い,永遠の命をしっかりとらえなさい。あなたはそのために召され,多くの証人たちの前でりっぱに公の宣言をしたのです。

2日前 No.1220

厨二病 @kxc ★n1iSzXUWLB_o1k

エホバの証人の輸血拒否事件は怖いなと思います。

自分の子供が死にそうなのに、輸血を拒否してその子は死亡。

しかも、その子は生きたいと言ったのに、それでも輸血を拒否。

怖いなと思います。

2日前 No.1221

神を信じる人 @kamishin ★iPhone=glOTqK0Arr

>エホバの証人の輸血拒否事件は怖いなと思います。

輸血は頻繁に問題になる争点ですね。

世間から大ひんしゅくを受けてまで、何故、エホバの証人は敢えて輸血を拒否するのか分かりますか。何が動機か、お考えになったことはありますか。

2日前 No.1222

神を信じる人 @kamishin ★iPhone=glOTqK0Arr

>これはどう考えても正しい、絶対に正しいとしか思考できなくなったとき、その集団内で人は洗脳状態になるのでしょうか。

洗脳と確信の違いは何だと思いますか。また洗脳と信仰の違いは如何ですか。

>こうなれば、事の善悪はその世界の中にしか存在しなくなり、暴力も躾だ悪魔祓いだと称し、殺 人をも人々の救済という解釈に変え、独善の世界を生きるようになるのでしょう。

その集団が、戦争や暴力に反対し、平和や利他的な愛を固く信じるならば、それでも問題が発生しますか。

>自らにとっての都合のよい解釈を創り出してしまう前に、もしかすると間違っているのかも知れないという思考が少しでも残っている間に、、とは思うものの、集団内での心理がそれを許さないのかもしれません。

エホバの証人の解釈は本当に「自らにとって都合が良い」のでしょうか。むしろ逆でしょう。三位一体を否定して大多数のキリスト教世界から異端視され、進化論を否定して嘲られ、喫煙を否定して多くの信者を失い、輸血を拒否して世間から叩かれ、兵役を拒否して投獄されています。自身の都合よりも、聖書に徹底的に忠実であることを重んじていると言えます。

聖書は全ての人間が不完全であることを教えています。エホバの証人という組織も同様です。そして、その聖書解釈に誤りを見つけた場合、それを正し、絶え間無く解釈を改善してきた歴史があります。不完全さは常に残るでしょう。これからも解釈は改善されるでしょう。只、確信を持っているのは聖書が神の言葉であることです。後は如何に正しい解釈を得るかの真剣で誠実な努力です。

2日前 No.1223

★m92RC87Oj4_Vzx

このスレッドは「宗教について」であり「エホバの証人」専用ではありませんので、何でもかんででも神を信じる者さんへのレスだと思われない方がよいですよ。

> エホバの証人の解釈は本当に「自らにとって都合が良い」のでしょうか。


知りません。

まぁ、聖書の原語からの原文理解があり、正確な日本語訳ができるのであれば、それに越したことはないですね。

ただ、神を信じる者さんが信仰されているエホバの証人という宗教?を否定はしませんが、現在の私は、それほどエホバの証人に魅力を感じませんので、自ら進んで学ぼうとは思っていません。

ネット検索をかけると、輸血拒否で裁判沙汰、体罰推奨等々多くの事が問題とされているようです。しかし、それも私には本当かどうか分かりませんものね。

信仰は自由です。信じた道で頑張ってください。

2日前 No.1224

★m92RC87Oj4_Vzx

失礼しました。HMの間違いです。

神を信じる者さんではなくて、神を信じる人さんですね。

大変失礼しました。

2日前 No.1225

神を信じる人 @kamishin ★iPhone=glOTqK0Arr

>このスレッドは「宗教について」であり「エホバの証人」専用ではありませんので、何でもかんででも神を信じる者さんへのレスだと思われない方がよいですよ。

時さん、こちらこそ勇み足で失礼致しました。

1日前 No.1226

SumioBaba ★A5wHmsjWwP_yoD

>>神を信じる人さんへ


 あくまで私見であり、断定はしませんが、個人的には95%以上正しいのではないかと考えていることを書きます。

 まず、真の神(全知全能の神)は、「オレ様を崇拝しろ。オレ様を崇拝しない人間は滅ぼすぞ。」などと言うはずが有りません。そんな事を言うのはサターンです。さらに真の神は人間に対し、「神に頼らず自分の頭で考えてごらん」とは言うかもしれませんが、「人間の分際でオレ様を理解できる訳がないのだから、オレ様のすることにつべこべ文句を言うな」とも(つまり、『ヨブ記』に書いてあるようなことも)言わないでしょう。にも拘わらず、貴方の神は、そんな酷い事を言うらしいですね。ということは、結論は95%以上の確率でこうなります。→神を信じる人さんの信じておられる神こそが、サターンです。

 以下は推測です。
    《推測》
 サターンは自分が神であるかのように装い、貴方にこう命令しているはずです。「オレ様が神だ。オレ様を崇拝しろ。崇拝すれば天国に入れてやるが、崇拝しないのならオマエを滅ぼす。さらに、これを人々に言い広め、オレ様の信者を増やして来い。その場合にも、オレ様を信じない人間は滅ぼすぞ、と脅せ。」。
 貴方は「思考停止」しているため、それが神なのかサターンなのかも見分けられなくなっています。そして、まんまとサターンに騙され、サターンを神だと思い込み、サターンに忠誠を誓ってしまいました。「解りました。貴方の命令に忠実に従います。貴方の命令がどんなに理不尽であっても、「なぜ?」などとは一切問いません。自分の頭で考えることは完全放棄し、「思考停止」した上で、ただただ貴方の命令にそのまま従います。」
 貴方のような人間は、サターンにとって一番扱い易い奴隷なのかもしれませんよ。//

 SumioBabaは、トートロジーのように論理的必然性で真だと言える命題、および、科学的にはっきり真だと証明された命題だけを真だと判断し、それ以外は真偽の判断を保留します。だから、貴方の信じておられる神が本当はサターンだということも、断定はしません。しかし、95%以上確かだと感じています。やはり「思考停止」せず、自分の頭で考えることをお勧めします。

1日前 No.1227

神を信じる人 @kamishin ★iPhone=glOTqK0Arr

>まず、真の神(全知全能の神)は、「オレ様を崇拝しろ。オレ様を崇拝しない人間は滅ぼすぞ。」などと言うはずが有りません。そんな事を言うのはサターンです。

これは主権の話ですから、王に例えます。

王の命令に背き、王国の秩序を乱す者は、諭され、戒められる。それでも背き続けるならば、隔離され、或いは処刑される。

至極、当然であり、必要であり、普通なことではありませんか?

>さらに真の神は人間に対し、「神に頼らず自分の頭で考えてごらん」とは言うかもしれませんが、「人間の分際でオレ様を理解できる訳がないのだから、オレ様のすることにつべこべ文句を言うな」とも(つまり、『ヨブ記』に書いてあるようなことも)言わないでしょう。にも拘わらず、貴方の神は、そんな酷い事を言うらしいですね。ということは、結論は95%以上の確率でこうなります。→神を信じる人さんの信じておられる神こそが、サターンです。

能力の話ですから、親と幼稚園の子に例えます。
(実際は全能神と人間の能力の差は更に大きいと思いますが、取り敢えず)

親は子が自分で考えることを勧めます。しかし、場合によっては、どうしても幼児が分からないことがあります。極論的なレベルでは、その様な時は、つべこべ言わないでそうしなさい、となります。

至極、当然であり、必要であり、普通なことではありませんか?

何故、この様な王、この様な親が、サターンなのでしょうか?

以上が私の考察です。私は何か「盲信して、思考停止」しているでしょうか?

1日前 No.1228

みたのしきま ★q3tWng5BEh_Vzx

神を信じる人 さん

*私は何か「盲信して、思考停止」しているでしょうか?

思考は停止していないと思います。

しかし、王様、も親も、共に不完全な人間です。

所詮、不完全な人間でしかない王様、および不完全な親が、あたかも全能であることを暗黙の前提にした考察です。

1日前 No.1229

神を信じる人 @kamishin ★iPhone=glOTqK0Arr

>所詮、不完全な人間でしかない王様、および不完全な親が、あたかも全能であることを暗黙の前提にした考察です。

絶対的主権者として王、大きな能力の隔たりとして親と幼児、この例えを用いましたが、そこに全能の要素が入ると論点がどの様に変わるのか、ご説明頂けますか。
(私は変わらない、と考えているので、お互い議論出来ればと思います。)

1日前 No.1230

ゆみ @yumicoco ★M2tM0jQDcH_5qC

神を信じる人さんへ

そもそも人間は神が全能であるという設定を数千年前から現代にいたるまで、変更しなかったんですよね。

それはなぜなのか。

自分の期待にこたえてもらうためにも、神は全能でなければならない訳です。

現代人の多くは「豊かな人生を送りたい」とか「幸せに生きたい」とかそういう理由で
宗教に入りますよね。目の前にある不幸をなんとかしたい、でもいいです。

とにかく今より良くなっていたい。

これが願いですよね。

そして、この願いは、心の問題ですよね。

心の問題を”命令しかしない王”や”子を躾ける親”に求めても解決しません。

なので、例え自体が不適切だと思いました。

みたのしきまさんは「王様も親も不完全な人間」と言ってましたが、
言い換えれば「心の問題を王様や親に求めるのはお門違いだ」と
おっしゃりたかったんじゃないでしょうか。

1日前 No.1231

論理魔 ★ZqhMrKyKKa_o1k

>殺人を犯すなら、処刑される。この様な取り決めは脅しでしょうか、警告でしょうか?

脅しだな。

だが、まあ要するにやむを得ない脅しや、殺 しもあると言いたいんだよね?

しかし殺人をしたら消滅させる

と対比して

いい子にならないなら消滅させる
キリスト教徒以外は、消滅させる

これは罪の重さが全く違うぞ?
この程度の罪で消滅させるとか・・・


まあ俺は殺人こそが人が冒せる最大の罪とまでは思っていないから、アレだけど
この程度で消滅させちゃイカンだろう?

エホバのココは危険思想になりやすい考え方で、なお且つ、選民思想がゆんゆんのところだね
キリスト教の親でもあるユダヤ教もそういう性質で有名だ

親の悪い部分を是正して出来た宗教だというのに


>愚直に利他的になり、平和を求めるのは問題がありますか?愚直が悪いのではなく、何に愚直になるかは大切ではないでしょうか。私は徹底的に聖書を精査し、これは良いと見極めた上で、愚直に信じています。考えるプロセスを重視しています。以下の通り、これは聖書的にも正しいことです。

そのとおり、愚直って漢字は、この掲示板で使用可能だったか

愚直に正しいことに従うのは悪くないし、悪い結果も生み出さない

ちょうど高度成長期のあたりまでは 日本人の奴 隷気質や上に文句を言えない性分は役に立った
あの時代は方向性が間違えていないがゆえに、それでよかった

しかし、そうではないなら?大日本帝国時代は?悪い方向に進んでいる時代は、愚直に信じる人間だけでいいのだろうか?

愚直な人間では方向性が間違っている時代においては何も正せなく成る。むしろ間違ったことにひたすら付き従う
良心的兵役拒否も出来なくなる

間違った部分がある場合も同様だ。間違っている部分を愚直に上に従うだけの人間では是正できない

という意味で、聖書のおかしな部分にまで従う&信じる必要はない

おかしいと思えないなら、それはそれでしょうがないが

1日前 No.1232

流れるオヤジ ★qE5hAnr1f9_mgE

そうですね
勝手に信じればいいと思います

1日前 No.1233

論理魔 ★ZqhMrKyKKa_o1k

>神は「魔法」を忌み嫌います。これは只の用語の話であり、仰ることは分かります。聖書を見ると、神は天災を用いたり、天使を通して打たれたり、敵同士が同士討ちをされる様に仕向けたりします。

そうだったねwキリスト教徒が作った国でもあるスゥエーデンだと、魔術禁止の法律があるw魔術を使ったら懲役食らうんだとさ。スゥエーデンの手品師は大変だな。魔術ではないと種明かししないと監獄行きだ。まあジョークで作った法律だと思うからそんな事をしていないと思うけどwでも神自身は魔法が使えるだろう。大洪水を起こしたり。つか魔法じゃないのかあれは。まあ魔法的な不思議な力のことだね

あと同士討ちの誘導はサタンのやり方


>語弊を恐れずに分かりやすく例えるならば、神は最終的な最高司法機関です。よって、誰かが最後の決着を付けなければいけないなら、それは神です。それとも決着は「最後の最後でさえも」必要無いとお考えですか?

そこは神のよくないところだよ、神や法のな

法は基本事後法だ、自由権を侵害しまくらないと、事後法以外は作れない。その為やむを得ないのだが
しかし、事後法では人は助けられないんだ。犯罪が起きたあと、犯人を逮捕するだけでしかない。まあ助けられるケースもなきにしもあらずだが、基本助けられない

人を助けられないくせに、人を裁く。嫌な目にあってる時には助けてくれないくせに悪いことをした時だけ罰を与える

これは神や国家の典型的性質だ

神は人を救おうとしない、試練と称して、人の苦しみに関与しない。苦しみも嘆きも放置する。

その、苦しみから人がおかしくなったり凶暴化したら、罪を責める、裁く、罰を与える。消滅させる

これが神のやり方だ

たまにヨブ記みたいな場合のみ、試練に耐えたご褒美をあげるのみで、基本、試練に耐えてもご褒美などない
アメとムチを使わないドSはドMから嫌われる

神に人を責める資格は道義上ないんだよ

人が苦しむさまを見て、神は今でも笑っている・・・

元気玉のように、この世界の苦しみを集めて、神に背負わせるべきだ

みたいな事を闇金ウシジマくんのチンピラが言っていたw
ほんと罪が大好きだよな・・神は。救済については何も考えていない。ただ消滅させる、ただ試練を与える。あいつにとっては人の世界はゲーム盤に過ぎない。それを眺めて遊んでいるだけ

1日前 No.1234

神を信じる人 @kamishin ★iPhone=glOTqK0Arr

>そもそも人間は神が全能であるという設定を数千年前から現代にいたるまで、変更しなかったんですよね。
それはなぜなのか。
自分の期待にこたえてもらうためにも、神は全能でなければならない訳です。

ゆみさん、神が人間の発明品である、という前提で話されていますよね。私の前提と異なるので、その後の話も当然噛み合わなくなります。

1日前 No.1235

ゆみ @yumicoco ★M2tM0jQDcH_5qC

神を信じる人さんへ

神が目の前に現れていない以上、想像上の産物として扱うのが正しいと思います。

1日前 No.1236

Mobius @mobius☆iuWFdm42ChI ★iPad=XaDQxMu5Oy

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1日前 No.1237

神を信じる人 @kamishin ★iPhone=glOTqK0Arr

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1日前 No.1238

神を信じる人 @kamishin ★iPhone=glOTqK0Arr

>事後法では人は助けられないんだ。犯罪が起きたあと、犯人を逮捕するだけでしかない。

その点、道徳こそ、事前の予防ではありませんか。聖書の利己的な愛は、道徳の根源ではないでしょうか。

>人を助けられないくせに、人を裁く。嫌な目にあってる時には助けてくれないくせに悪いことをした時だけ罰を与える

私は多いに神に助けられていますよ。慰められ、励まされ、支えられています。自分の独り子イエスの迫害や処刑を耐えてまで、ご自身に反逆した人類に救いの道を備えました。神は本当に人間を助けています。

ヨハネ第一4:9-10
わたしたちの場合,これによって神の愛が明らかにされました。すなわち,神はご自分の独り子を世に遣わし,彼によってわたしたちが命を得られるようにしてくださったからです。愛はこの点,わたしたちが神を愛してきたというよりは,神がわたしたちを愛し,ご自分のみ子をわたしたちの罪のためのなだめの犠牲として遣わしてくださった,ということです。

懲らしめがあるのは愛ゆえです。望みをかけられているから、諦められず、懲らしめられます。

ヘブライ12:6-7
エホバは自分の愛する者を懲らしめられるからである。事実,自分が子として迎える者をすべてむち打たれるのである」。あなた方が忍耐しているのは鍛練のためです。神は子に対するようにしてあなた方を扱っておられるのです。父親が懲らしめを与えない子はいったいどんな子でしょうか。

>人の苦しみに関与しない。苦しみも嘆きも放置する。

私は以下の聖句を実感して生きています。

詩篇147:3
神は心の打ち砕かれた者をいやし,その痛む所を包んでくださる。

1日前 No.1239

神を信じる人 @kamishin ★iPhone=glOTqK0Arr

>神が目の前に現れていない以上、想像上の産物として扱うのが正しいと思います。

無から命が生まれるのを見ていない、猿が人間に変化する過程も、その途上の半猿半人も見ていないのに、多くの人が進化論を信じています。歴史の偉人に会ったことが無いのに、それらの人々が実在したと多くの人は信じています。

何故か?それらの記録があり、状況証拠があるからです。

神はモーセの前に現れたと聖書は記録しています。記録があります。

私自身は花や虫を見るだけで、神を感じます。立派な証拠だからです。世界は神の証拠で満ち満ち溢れています。飛行機を見て設計者がいると信じるならば、飛行機より精巧な鳥を見て設計者がいると信じるのは更に理に適ったことです。状況証拠があります。

1日前 No.1240

神を信じる人 @kamishin ★iPhone=glOTqK0Arr

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1日前 No.1241

神を信じる人 @kamishin ★iPhone=glOTqK0Arr

大いなる誤字です。。。

その点、道徳こそ、事前の予防ではありませんか。聖書の利己的な愛は、道徳の根源ではないでしょうか。

その点、道徳こそ、事前の予防ではありませんか。聖書の*利他的*な愛は、道徳の根源ではないでしょうか。

1日前 No.1242

Mobius @mobius☆iuWFdm42ChI ★iPad=XaDQxMu5Oy

>>1241 神を信じる人さん、

>しかし中には信じてくれる人がいるかもしれません。一人でもいれば、私の努力は多いに報われます。


「議論」ではなくて「布教活動」なら良いと思うのです。相手が異教徒でも感化されて改宗することもあるかもしれませんので。


>また議論のプロセスによって、参加する全員が益を得られらばと思います。私自身、議論することで、信仰が深められています。教えることは最良の勉強方法です。


「教える」というのは「議論」ではないと思います。
例えば、無神教徒の人が「あなたを怪しげな信仰宗教から救いたい」とお節介気を出して、あなたに「神など存在しません。あなたは騙されているのです」などと言って説教を始めたら迷惑でしょう。


>真摯な議論を交わすなら、このスレッドから各々色々な価値を見出せる筈です。


あなたが異教徒との対話を通じて学ぶことがあるなら、止めません。
余計なお節介、失礼致しました。

1日前 No.1243

神を信じる人 @kamishin ★iPhone=glOTqK0Arr

Mobiusさん、

少し語弊がありましたね。

教える、というよりも、自分の信仰を擁護・説明する事で、色々と考えさせられ、理解に於いて進歩出来ます。

自分自身で聖書を徹底的に粗探ししましたが、粗は出ませんでした。或る意味、今、他の方々に更なる粗探しを手伝って頂いている様な働きもあるかもしれません。それでも私としては粗が見出せないので、より一層、聖書真理、また現行の解釈への信念が強まります。

上記は利己的な見方をすればの話です。勿論、この議論で他の方々も益を得られることを多いに願っています。

1日前 No.1244

神を信じる人 @kamishin ★iPhone=glOTqK0Arr

>ほんと罪が大好きだよな・・神は。救済については何も考えていない。ただ消滅させる、ただ試練を与える。あいつにとっては人の世界はゲーム盤に過ぎない。それを眺めて遊んでいるだけ

論理魔さん、あなたはなかなか聖書に詳しいと思っていますが、以下の聖句の後半をどう解釈されますか?

創世記3:14-15
それからエホバ神は蛇に言われた,「この事を行なったゆえに,お前はすべての家畜のうち,また野のすべての野獣のうちののろわれたものである。お前は腹ばいになって進み,命の日のかぎり塵がお前の食らうところとなろう。そしてわたしは,お前と女との間,またお前の胤と女の胤との間に敵意を置く。彼はお前の頭を砕き,お前は彼のかかとを砕くであろう」。

私はこう解釈しています。後の世代でイエスとサタンが対決する。サタンはイエスを確かに傷付けるが、それは致命傷とはならず、イエスはサタンを倒すであろう。

つまりイエスが贖いで地上に遣わされ、処刑され、復活し、最終的にはサタンを滅ぼす、という後の聖書に書かれたことが、既に創世記の時点で、原罪の直後に直ぐに計画された、と解釈しています。

ご自身の独り子を犠牲にして、人間の救済のことを直ぐに考え、計画された神です。救済について、本当に考えている、と言えると思いますが、如何ですか。

23時間前 No.1245

論理魔 ★ZqhMrKyKKa_o1k

>>1239

>その点、道徳こそ、事前の予防ではありませんか。聖書の利己的な愛は、道徳の根源ではないでしょうか。

キリスト教哲学がかつて流行していた外国ではチャリティの精神が流行している。特に人を助ける力が強い権力側への流行が見られ、好影響をもたらせている事実がある

神が人を助けない代わりに、キリスト教哲学がもたらす道徳は人を助けている

21世紀の今においてはキリスト教哲学を有効利用している点のほうが大きい

しかし「最後の審判において神が不義なるものを消滅させる」というのは悪にも使用される道徳律だ。
こういうのは解釈次第で戦争を引き起こす解釈足り得る

特に権力側がキリスト教の邪教敵部分に染まると大変なことになる

かつてキリスト教徒の国々が戦争しまくる事ができたのは、聖書に混入されている邪教的な部分に由来する事は認めなければならない。認めた上で部分的否定を行うべし

預言者や聖なる人間の名で悪への誘導が行われている、預言者や聖なる人間の名を使い、サタンの言葉が書かれている部分だ


>私は多いに神に助けられていますよ。慰められ、励まされ、支えられています。自分の独り子イエスの迫害や処刑を耐えてまで、ご自身に反逆した人類に救いの道を備えました。神は本当に人間を助けています。

それはよかった。そうあるべきだね
精神の浄化という意味では、助けになるだろうし、一定の人間にとっては救いの言葉になることも多いだろう

先進国と言えば大半がキリスト教の国だが、今はもう科学という邪教に押され、今ではキリスト教哲学は、形骸化しているところがある。キリスト教から開放されて自由になった。まあ形骸化しているとは言え、キリスト教の善き考え方はまだまだ道徳の根本として強く残る

しかし形骸化してない国もある。先進国の中で最も犯罪が多いのはアメリカだが、今でもキリスト教が根強く、地域によっては進化論を否定し、チャリティの精神が流行し、戦争しないと死んじゃう病にかかっていて、アーミッシュみたいなのまでいるアメリカだ。

先進国の中では、最も苦しむ人間が多く、戦争犯罪はトップで、最も人の欲望が強く、聖書程度では救いにならない状況に陥っている人間が多く、刑務所は常にパンク状態。1年以上の軽犯罪で終身刑を喰らう国で、許しも何もあった国ではない

キリスト教の悪い部分まで、参照、参考にすると、このような現象が起こる事もある。アメリカという国はキリスト教原理主義国に指定される事もある、まあブッシュ時代の事だが・・

原理主義の悪は滅せよ、悪は懲らしめよう、邪教徒は殲滅せよ、浄化せよ、という解釈ができるキリスト教の邪教的な部分は戦争を引き起こしてくれてる

簡単に言えば、道徳の中には、活用次第で悪なる現象が起こる道徳というのがキリスト教に限らず、存在している
愛ゆえに虐待する
愛ゆえに苦しまね略(サウザー

よって、原理主義的解釈はすべきではないよ

22時間前 No.1246

論理魔 ★ZqhMrKyKKa_o1k

>>1245

道徳というのは暴力誘導装置でも有り、暴力の肯定要素を強く持つ道徳がある事からも要注意だ。戦争が起こるたびに正義論は更新される
道徳については議論の余地がまだ有り、聖書が善や正義の完成形ではない
道徳的背景があると、罪なる行為を罪だと感じなくなり、罪なる行為に歯止めが効かなくなる。人を裁く快楽が得られる

正義の使徒になる快楽はとても清々しい。俺も何度も正義の使者になっている。
宗教道徳の裏付けがあると戦争において、殺人という禍々しい行為を清々しい気持ちで行えるようにもなる。
宗教道徳によって、原爆すら投下出来てしまう。相手を邪教徒と位置づければ何でも出来る。まあ確かに当時の日本は邪教色に染まっていたことは事実だが、それでもイカンだろう。まあいいけど

宗教道徳を含む道徳というのは、扱いが難しく、時には兵器にもなり得る

かのキリスト教徒でもあるナポレオンも征服戦争の際、傭兵だけじゃ兵器が足りないって事で「愛国心は最高の道徳である!」とか言って最高の道徳を普及させて道徳の兵器化を行った事がある

正義の使者になって悪をなぎ倒したいものだな

>論理魔さん、あなたはなかなか聖書に詳しいと思っていますが、以下の聖句の後半をどう解釈されますか?

救済について書いていないと断定的なモノ言いで書いたけど、断定は言いすぎだったね。間接的に書いてある部分もあるのだろう

あと、元エホバ。エホバを含む、日曜礼拝に行ってた女とか、キリスト教学校出身の女とか、キリスト教徒系の女と何人か付き合って快楽の罪への誘導を1万回ほどやった事があるだけで、その過程で何度かキリスト教の事を聞かされただけで。あともみの木の塔で覚えてしまっている語感的に

あと罪悪感が大きいほど、快楽の味と蜜に幅が出る事を知った。罪への誘導の過程で、罪悪感とは神から人へのプレゼントだという結論に至った。道徳を退廃させずに、罪と戦い罪を否定すべきである。そのほうが絶対気持ちいいって。でも俺自信には罪悪感はあまりない

人はつまんない地上という質素な場所に出産という過程を経て無理やり使わされる。しかし罪悪感があるとこの地上は輝いて見えるようになる
イエスが言いたい事ってそういうことなのかな?と思うことがある

あと牧師の息子とか友達にいたが、おかげで牧師と神父の区別が付くようになった
そのうち聖書全文を読んでみようと思っているが、俺自身はあまり詳しくないよ
ただ神の考察を行った事が何度かある。キリスト教は面白い宗教だとは思っている


>つまりイエスが贖いで地上に遣わされ、処刑され、復活し、最終的にはサタンを滅ぼす、という後の聖書に書かれたことが、既に創世記の時点で、原罪の直後に直ぐに計画された、と解釈しています。

イエスはまた復活するの?まあそう言われてるだろうけど、サタンの打倒、サタンの克服って無理じゃないかな。どういう理由で無理かと言うと、根源的に不可能であるのは当然として
悪があるからイエスが光り輝く、悪があるから宗教道徳も輝く。サタンがいるから神やイエスが輝く
悪の滅亡、サタンの死とは宗教的神の死、宗教道徳が人類史から消える日を意味する。仮に復活したイエスにサタンを倒す力が備わっていて、倒す事が可能だとしても、キリスト教の需要がなくなるから、倒したら、キリスト教が価値を失うから、お優しいイエスには自身を崇拝する信者への同情心も強いだろうからサタンを倒してくれないと思う。という意味で無理だよ。キリスト教では自 殺は禁じられているし

イエスが復活したら全力で説得に向かうよ、信者を裏切る気か?と
それよりもイエスとサタンは手を組み、キリスト教を普及させるべきだよ。サタンや絶対悪がいないと宗教道徳は始まらん。対と成る存在や概念がないと・・・
中庸とはかくあるべし

21時間前 No.1247

SumioBaba ★A5wHmsjWwP_yoD

>>神を信じる人さんへ


 SumioBabaは、命題の真偽を判断するとき、3つの領域に分類します。[1]論理的必然性で真偽が確定できるもの、[2]経験科学的証明で真偽が確定できるもの、[3]真偽が確定できないもの、の3つです。

    [1]論理的必然性で真偽が確定できるもの
 【同一律】「A→A」(AならばA)、【無矛盾律】「¬(A∧¬A)」(Aかつ¬A、ということは有り得ない)、【排中律】「A∨¬A」(Aまたは¬Aのどちらかである)などのように、命題Aの内容に関わらず、こういう形をしているだけで、これらは論理的必然性により「恒真」だと断言できる命題です。逆に、これらを否定したものは論理的必然性で「恒偽」です。
 「SB量子神学」(正)は[3]に属し、「SB量子神学」(合)がこの[1]に属します。だから、「SB量子神学」(正)を「絶対的真理だ」と言ってはなりませんが、「SB量子神学」(合)の方は論理的必然性により堂々と「絶対的真理だ」と言える訳です。ただし「無矛盾な世界において」という条件付きです。//

    [2]経験科学的証明で真偽が確定できるもの
 これは、論理的必然性では真とも偽とも判断できないけれども、我々の世界の中ではなぜか経験的に真らしい、と判断できる命題です。いろいろな物理法則だとか、それに基づく化学や生物学などで明らかになっている法則がそれです。さらに、我々の住む世界の地理や歴史や現状について、確かにそうなっている(いた)らしいと証明されている命題もそうです。
 科学の正しさは100%とは言えないので、いくらか間違っている可能性も残ります。しかし、十分正しさが証明されていれば、その正しさは極めて100%に近くなります。どうしても必要な場合は、「間違っている確率(危険率)は0.000…001%であり、99.999…999%の確率でこれは正しい」というように危険率まで計算できるのが科学です。//

    [3]真偽が確定できないもの
 [1]でも[2]でもないものすべてです。聖書に書いてあることをどう解釈するか、といった問題の殆どすべてがこの領域です。Q=「イエスは救世主である」もこの[3]であり、真偽は実証も反証もできません。実際、キリスト教徒はQを信じますが、ユダヤ教徒やイスラム教徒はQを信じません。
 どちらが正しいと証明できないのですから、「意見はいろいろ分かれるけれど、どれが正しいかは判断できない」「自分だけが正しい、などと傲慢な主張をしてはならない」「自分の好みの解釈を選ぶのは自由だが、どれが正しいかについては1/3ずつで皆平等と見なす」…と考えるべきです。そうすれば、争いは生じません。真偽が片方に確定しないので、「Qが正しい確率」と「Qが間違っている確率」とが、必ずどちらも0でない値として存在するはずです。//

 キリスト教の一番困った点は、Q=「イエスは救世主である」は[3]の領域であるから実証も反証もできないのに、まるで[1]か[2]の領域の真理であることが確定したかのように、信者たちが思い込んでいる点です。しかも、自分で思うだけなら自由ですが、「「イエスは救世主である」を信じた人は神が天国に入れてくれるが、信じない人は神が滅ぼしてしまう」という差別思想に染まり、非信者を侮辱した上、脅しによってキリスト教を押し売りしています。他宗教の信者にとっては不愉快極まることであり、これが宗教戦争の原因になっています。

 貴方は、自分が信じているキリスト教、そしてエホバの証人が、「もしかしたら間違っているかもしれない」と反省してみる謙虚さを持っておられますか?
    【質問】
 「イエスが救世主である」という命題が、正しい確率は何%、間違っている危険率は何%くらいだと判断されますか? (ちなみにSumioBabaの答は、「正しい」が20%、「間違い」が80%)。
 「エホバの証人」の考え方が、正しい確率は何%、間違っている危険率は何%くらいだと判断されますか? (ちなみにSumioBabaの答は、「正しい」が1%、「間違い」が99%)。

19時間前 No.1248

神を信じる人 @kamishin ★iPhone=glOTqK0Arr

>かつてキリスト教徒の国々が戦争しまくる事ができたのは、聖書に混入されている邪教的な部分に由来する事は認めなければならない。認めた上で部分的否定を行うべし

キリスト教を知らない昔の国々も、戦争がありました。日本でも中国でもメキシコでも、何処でもそうです。権力欲など、要は人間の罪深い性質が戦争をするのであって、また戦争の様な不道徳なことするには大義名分が至極有効であって、中世ヨーロッパに於いてキリスト教は利用されたのです。その当時、権威ある宗教が別の宗教であれば、その宗教の名において、同じ様な戦争がされたことでしょう。悪いのはキリスト教でなく、人の罪深い性質です。

>しかし形骸化してない国もある。先進国の中で最も犯罪が多いのはアメリカだが、今でもキリスト教が根強く、地域によっては進化論を否定し、チャリティの精神が流行し、戦争しないと死んじゃう病にかかっていて、アーミッシュみたいなのまでいるアメリカだ。

偽のキリスト教徒と真のキリスト教徒を一緒に考えてはいけません。聖書の教えに従っているかどうか、業が伴っているのか、或いは名ばかりか、見極めなければなりません。

>原理主義の悪は滅せよ、悪は懲らしめよう、邪教徒は殲滅せよ、浄化せよ、という解釈ができるキリスト教の邪教的な部分は戦争を引き起こしてくれてる

聖書を悪用したり、誤解しているだけです。聖書真理自体は、とても良いものだと思います。

17時間前 No.1249

論理魔 ★ZqhMrKyKKa_o1k

発明品ではない方の神は

完全不干渉主義だろう

この宇宙にあるすべての物に性質を加えたり、力の特性を与えたり、モノでも何でもない部分に、秩序や法則性を発生させるだけの存在でしかない

まあ文学性に富む科学者ならもっと上手な言い回しは出来るだろうが・・

これらは神が干渉してそうなっているのではなく、神が宇宙を作った時にそのように決められただけ。最初の最初のみ干渉した

意思が存在しないはずの物質の自由意志に該当する部分というところか


宇宙の外の空間、エデンのような場所から、モノを宇宙内部にぶん投げて、モノを自由に遊ばせているだけの存在
人間もこのモノの集合体だな


まあ、そんな事が出来るだけでも、ものすごい事だが・・


意思無き、巨大な怪物。目に見えないが、変な領域に確かに存在する怪物、それが神であろう
何の条件もない場合、1+1が2になる事について、完璧な説明が出来る学者はいない。ある部分を必ず飛躍させた説明しか出来ない、言語の限界ともされるが

その説明できない領域内に住んでいるやつが神


仮に、この神の創造という御業を「愛」と呼ぶなら、別に崇拝には値しない

ここは「宇宙や宇宙の物質を誕生させてくれた恩」をどう見るか?だね
宇宙には悲劇のほうが多いからね

とは言え、「神は人が発明した」とか身も蓋もない事を言い出すと、話しがつまんなくなるから、エホバの設定を使ってもいいと思う

ただキリスト教徒だけが神の愛を理解している、神を理解する、神の正体を知る、神の心を知る
みたいな設定は選民思想だと指摘されたり、傲慢と感じるモノもいるだろうから、そこはあまり使うべきではないね

17時間前 No.1250

論理魔 ★ZqhMrKyKKa_o1k

>権威ある宗教が別の宗教であれば、その宗教の名において、同じ様な戦争がされたことでしょう。悪いのはキリスト教でなく、人の罪深い性質です。

ここは再三同意している。しかしそうではなくてね。

聖書に邪教的な部分が一切ないなら、宗教の権威では戦争は出来ないと言いたいんだよね
平和と愛の宗教であるキリスト教が聖書を利用して戦争できた理由についてだね
つまり逆に言えば、聖書の戦争に利用できそうな部分を潰していけば、好意的解釈を行っていけば聖書の完成度はより高まる

ちなみにイスラム教も、正しい理解で望めば世界一平和な宗教という設定になるらしい
ジハードの本来の意味は侵略者との戦いや邪教徒との戦いではなく「自分との戦い」らしいしな
「自分との戦い」ってのは自己の醜さ・弱さ・欲望との戦いを意味し、全ての宗教で推奨されている精神活動だろう


>偽のキリスト教徒と真のキリスト教徒を一緒に考えてはいけません。聖書の教えに従っているかどうか、業が伴っているのか、或いは名ばかりか、見極めなければなりません。

一緒にしたくないし、一緒にしていない。キリスト教徒はかなり好意的に見ている。信じる人のこともかなり好意的に見ている

ただ、聖書の誤った部分が「その偽」を作っているとは思わんの?サタンが利用しやすい部分がいくつかあるんだよね


>聖書を悪用したり、誤解しているだけです。聖書真理自体は、とても良いものだと思います。

俺もそう思うよ。
では悪用出来ないようにしよう。聖書の悪用できそうな部分を極力、なくしていこうよ

まあそうやってまた変なキリスト教由来の変な新興宗教が出てくるんだけどねw
宗教的洗脳にかかっていたり、教祖になろうとするやつはキリスト教をこじらせている為、悪用できそうな部分の見分け方なんて出来ないだろうから・・

17時間前 No.1251

神を信じる人 @kamishin ★iPhone=glOTqK0Arr

>Q=「イエスは救世主である」もこの[3]であり、真偽は実証も反証もできません。

実証は十分可能です。旧約聖書に記された無数のメシア(救世主)預言が、ことごとくイエスに成就しているからです。それはイエスや仲間達が影響を及ぼせないことも多く含まれており、イエスの反対者によって成就されたさえも多く含まれており、自作自演ではありません。

>貴方は、自分が信じているキリスト教、そしてエホバの証人が、「もしかしたら間違っているかもしれない」と反省してみる謙虚さを持っておられますか?

はい。聖書を積極的に批判していた昔も、聖書を信じている今も、聖書の粗探しを続けています。しかしエホバの証人の持っている深い研究に基づく聖書解釈をする時、どうしても粗は出てきません。結果、むしろ信仰が強められます。

> 「イエスが救世主である」という命題が、正しい確率は何%、間違っている危険率は何%くらいだと判断されますか? (ちなみにSumioBabaの答は、「正しい」が20%、「間違い」が80%)。

先の多くのメシア預言の僅か数個だけを使用するだけでも、掛け算で、それこそ天文学的確率に至るでしょう。天文学的に限りなく100%に近い確率で、イエスが、旧約聖書で登場が預言され、期待されたキリスト(救世主)であると言えます。

>「エホバの証人」の考え方が、正しい確率は何%、間違っている危険率は何%くらいだと判断されますか? (ちなみにSumioBabaの答は、「正しい」が1%、「間違い」が99%)。

聖書預言の成就、歴史的記述の正確性、その形而上学的思想体系のレベルの高さ、拡散力の強さ、書かれた当時に知られていなかった科学的記述の正確さ、道徳体系の質の高さ、66書の地理的時間的条件的に制約を超えた奇跡的な一貫性、普遍性、そういったものを考慮する時、聖書が真理、神の言葉である確率は、私は100%と確信しています。

人間は誰しも不完全ですが、それでも、その真理である聖書の熱心且つ誠実な研究レベル、それを生き方に当てはめる忠節さと徹底さ、信者の平均的な質の高さに於いて、エホバの証人の右に出る組織を私は知りません。
(逆に、ご存知なら、是非教えて欲しいです。)

これが私の根拠です。

16時間前 No.1252

論理魔 ★ZqhMrKyKKa_o1k

>>1216

あと金銭欲についての節、ありがとうね。

>見方の問題でしょう。私は、「ようやく人類の最初からの過ち、その過ちによる不条理や悲劇が正される、やっと本当の秩序や平和がもたらされる」と見ています。

これは古来から、人間がよくやってる事だよ。敵を討つ事で、世界を平和にするという手法。すなわち、戦争。刑法
平和のための戦争。平和のための殺 し

最後の審判の日とは、それの究極だ

まあどこかで、サルだった時代から連鎖しているであろう、不条理や悲劇の連鎖は止めなければならない事は事実ではあるね


>豊富にあるどの木から食べても良い、しかし只一本の木だけは駄目だ、という、これ以上に無い程、簡単な命令です。分かり易く、難易度も低いです。これを守ることで、神に忠節であることを示す「機会」が与えられました。愛や信仰、忠節を示すチャンスが与えられました。因みに厳密に指摘すると、善悪判断能力は与えられていませんでした。自由意志とは何でしょうか。自由です。それが手の届かない所、或いは外的制約を受けているならば、本当の自由ではない。神は人間を尊重し、信頼しています。完全な自由意志を許しています。神がサタンを配置したのでもありません。サタンにも自由意志を許しているのです。サタンは自分の意志で、エバを誘惑したのです。神は全てを見通す能力がありますが、その能力を選択的に行使されます。神はアダムの失敗を予め予測しようとはされませんでした。予め運命が決まっているならば、人間の努力は無価値ですよね。また運命論は聖書の記述と反します。

エホバは決定論を否定する立場に立っている派閥なんだね

宗教的運命論は「全ては神の計画」という発想に基づいている。環境要因説も決定論的意味があり、環境要因説は進化論とも関連する
進化論のように肉体に変化を及ぼさないが、スラム街で育つか、紛争地帯で育つか、平和な国で育つかで変化が出る

しかし環境要因説だけでは決定論とはならない

自由意志の下地に設計図がある。神にあたえられし人の個別具体的な生まれながらの性質だ、科学分野では遺伝子の事だが

理性・知的能力・欲望の強さ・性格的特性・環境要因・善悪判断能力・奴 隷的性質・・
科学的な設計図として数々の性格遺伝子因子が次々と発見されている。人類はまだこれらを計算できる段階に到達していないが
仮の話として
とある欲望を増加させる性格遺伝子所持者に、とある環境刺激を与えると、1%の確率で負の選択をする
とある欲望を増加させる性格遺伝子と、とある善悪判断能力を持つ複合型所持者に、とある環境刺激を与えると、相乗効果となって10%の確率で、負の選択をする
とある欲望を増加させる性格遺伝子と、とある善悪判断能力を持つ遺伝子の複合型所持者に、負の選択を取りやすくなるとある環境刺激を2つ与えると、相乗効果で20%の確率で、負の選択をする

こんな感じで、環境刺激と設計図の数を増やしていき、計算領域を増やし、分析機や、計算機にかけて行くと環境と遺伝子の組み合わせや、相性などもあって、人の選択は最終的には確率が増加し、決定論的になっていく。99.99あたりで頭打ちになって、100%にはならないだろうけど。つまり決定論「的」

これは別角度で見たラプラス的理論だよな。素粒子ではなく、人間を相手にしたラプラスだな。まあ人間も素粒子の集まりだが
もしくは遺伝子コードを組み入れたゲーム理論ってところか

また我々の選択には過去の環境で手に入れた知識や身体を含む経験則に縛られる。Aという選択を取る事は、過去に手に入れた知識に縛られる。何かに縛られた選択を自由意志とは呼ばない。まあ自由意志については言語化不可能説・定義不適切説などがあるし、否定するにしろ、肯定するにしろ、言語による説明は困難を極める為、このへんでやめておくけどwコペンハーゲン解釈だの何だのにまで言及しなければならなくなるし面倒だしなw

ただ、仮に、この世界が決定論的な世界だったとしても
努力が無駄になる環境・状況・能力・努力の性質や質量や方向性や努力の種類や失敗から学ぶ糧となる努力
努力が無駄にならない環境・状況・能力・努力の性質や質量や方向性や努力の種類や失敗から学ぶ糧となる努力
などが存在しているため、努力が無駄になるやつと、ならないやつ
無駄になる努力と、無駄にならない努力として、表面化していくだけだろう。


>否定しません。内部から背教が生まれることは、聖書にも予告されています。しかし聖書を知っているなら、何が正しいのかを見極めることが出来ます。

見極められたら、偽のキリスト教徒など出現せず、キリスト教徒は戦争を起こしたりしないよ。聖書には何が正しいかを見極める内容は聖書には書かれていないと見るべきであろう。社会心理学系を学んだほうがわかるんじゃないかな?
社会心理学と、聖書を組み合わせたら、最強かもしれないねwまあまだ社会心理学も完成には至っていないが・・・

16時間前 No.1253

神を信じる人 @kamishin ★iPhone=glOTqK0Arr

>道徳というのは暴力誘導装置でも有り、暴力の肯定要素を強く持つ道徳がある事からも要注意だ。戦争が起こるたびに正義論は更新される

聖書は書かれた記録であるので、更新は出来ません。解釈の更新余地、誤訳や改ざんの可能性はあり得ます。

>しかし罪悪感があるとこの地上は輝いて見えるようになる
イエスが言いたい事ってそういうことなのかな?と思うことがある

不正確、不完全な知識と自己希望の融合であり、大きな誤解です。

>どういう理由で無理かと言うと、根源的に不可能であるのは当然として
悪があるからイエスが光り輝く、悪があるから宗教道徳も輝く。サタンがいるから神やイエスが輝く
悪の滅亡、サタンの死とは宗教的神の死、宗教道徳が人類史から消える日を意味する。仮に復活したイエスにサタンを倒す力が備わっていて、倒す事が可能だとしても、キリスト教の需要がなくなるから、倒したら、キリスト教が価値を失うから、お優しいイエスには自身を崇拝する信者への同情心も強いだろうからサタンを倒してくれないと思う。という意味で無理だよ。

サタンが倒された後、善と悪という概念は風化するかもしれませんね。それはそれで問題ありません。むしろ良いことかもしれません。元々、人間が善悪の知識の木の実を食べたことから罪が始まりましたから。神への愛と忠節が残れば十分です。

>イエスが復活したら全力で説得に向かうよ

サタンは凄まじい切れ者ですが、それでもイエスの説得に失敗した記録が聖書に残されています。説得は失敗するでしょう。

16時間前 No.1254

神を信じる人 @kamishin ★iPhone=glOTqK0Arr

>発明品ではない方の神は
完全不干渉主義だろう

エホバ(ヤハウェ)神が干渉される神でもあることは、あなたもご存知でしょう。今の時代は、全てが既に伝えられ、行われ、実例は残され、聖書に記録として残され、聖書は世界的に拡散されたので、人類の教育観点から干渉する必要は大きく減りましたが、かつてはとても干渉されていましたね。

>仮に、この神の創造という御業を「愛」と呼ぶなら、別に崇拝には値しない

この世界を精巧に作り、太陽を照らし、水を循環させ、私達を養っておられます。感謝と讃美、崇拝に値します。

詩篇145:16
あなたはみ手を開いて,すべての生きているものの願いを満たしておられます。

詩篇8:3-4
わたしがあなたの指の業であるあなたの天を,あなたの定められた月や星を見るとき死すべき人間が何者なのであなたはこれを思いに留められるのですか。地の人の子が何者なのでこれを顧みられるのですか。

>ただキリスト教徒だけが神の愛を理解している、神を理解する、神の正体を知る、神の心を知るみたいな設定は選民思想だと指摘されたり、傲慢と感じるモノもいるだろうから、そこはあまり使うべきではないね

神を知らなくても、その特質を理解し、実践していれば大丈夫です。聖書にはこう書かれています。

ローマ2:10-15
しかし,栄光と誉れと平和が,良い事柄を行なうすべての人に,ユダヤ人を初めとしてギリシャ人にもあるのです。神に不公平はないからです。例えば,律法なしに罪をおかした者は皆,やはり律法なしに滅びます。しかし,律法のもとにあって罪をおかした者はみな律法によって裁かれます。律法を聞く者が神のみ前で義なる者なのではなく,律法を行なう者が義なる者と宣せられるからです。律法を持たない諸国民の者たちが生まれながらに律法にある事柄を行なう場合,その人たちは律法を持ってはいなくても,自分自身が律法なのです。彼らこそ,律法の内容がその心に書かれていることを証明する者であり,その良心が彼らと共に証しをし,自らの考えの間で,あるいはとがめられ,あるいは釈明されさえしているのです。

16時間前 No.1255

論理魔 ★ZqhMrKyKKa_o1k

>>1254

>不正確、不完全な知識と自己希望の融合であり、大きな誤解です。

そのとおり、おっしゃるとおりだ。
ただ、イエスにも興味がある。しかし神話に紛れてしまってよくわからない人になってしまっているね
わかっているのは、救済行為や、自己犠牲で陶酔し快楽を発生させるタイプのメンタルを持っている男だったということだな。善人ではあるのだろう
しかしイスカリオテのユダの放った試練は乗り越えられず、しかしそれがかえって伝説となった


>サタンが倒された後、善と悪という概念は風化するかもしれませんね。それはそれで問題ありません。むしろ良いことかもしれません。元々、人間が善悪の知識の木の実を食べたことから罪が始まりましたから。神への愛と忠節が残れば十分です。

善悪がなくなったら、混沌・無秩序状態に陥らないかな?善と悪の戦いは永遠のテーマにして、放置しておいたほうがいいんじゃないの?

人間が神の奴 隷にされちゃうじゃん。神の奴 隷にされてハッピーエンドなんだ?
創世記や、エデンについては決定論的立場に立つんだね

信じる人は、人間と神、味方するとしたらどっちに付くの?やっぱり神様側なの?
聖書や宗教哲学・宗教道徳についてはいいけど、せめて神だけでも嫌いにならない?神が出てくるとろくなことにならない


>サタンは凄まじい切れ者ですが、それでもイエスの説得に失敗した記録が聖書に残されています。説得は失敗するでしょう。

失敗しそうだけど頑張る
神や、サタンを超えるために産まれたのが人間だからだ。サタンが説得を試みた時代には、宗教的洗脳の解除法などまだなかった
宗教的洗脳の解除法を学んでからイエスの説得に挑んでみようと思う

人類から悪を奪うのはやめてあげて。とな。人間の楽しみが減ってしまう。悪がいなくなった世界は灰色の世界と化すだろう。悪を叩くのは人間の数少ない娯楽なんだ

弥勒菩薩みたいに遠い未来に降臨するならいいけど

AIを作って、AIによる完璧な精神外科手術、第二のロボトミー
もしくは、遺伝子操作で、サタンや人間に内在する悪に誘導する遺伝子因子を排除して倒す
みたいな、器械的なハッピーエンドだったら嫌だね

15時間前 No.1256

Mobius @mobius☆iuWFdm42ChI ★iPad=XaDQxMu5Oy

神を「人類の発明品」と考えるのも一種の信仰だと思うので、やはり「容易に超えられない壁」だね。

15時間前 No.1257

神を信じる人 @kamishin ★iPhone=glOTqK0Arr

>聖書に邪教的な部分が一切ないなら、宗教の権威では戦争は出来ないと言いたいんだよね
平和と愛の宗教であるキリスト教が聖書を利用して戦争できた理由についてだね
つまり逆に言えば、聖書の戦争に利用できそうな部分を潰していけば、好意的解釈を行っていけば聖書の完成度はより高まる

>ただ、聖書の誤った部分が「その偽」を作っているとは思わんの?サタンが利用しやすい部分がいくつかあるんだよね

確かに真剣に研究しないと、読み誤る可能性はありますね。仰る通りです。

ここからは思い切った私見ですが、自由意志や公正さと関係があると思います。何故、サタンを即座に滅ぼさなかったのか、も全く同じ性質の議論でしょう。神は善と悪両方を各自が選べる様にされた。強制ではなく、自身で考えて、自発的に善を選ぶチャンスを与えられた。自発的でないなら、愛も信仰も無価値ですよね。

置かれたのは二つです。
申命記11:26-28
見なさい,わたしは今日,あなた方の前に祝福と呪いを置く。わたしが今日命じるあなた方の神エホバのおきてに従うのであれば,祝福を。また,あなた方の神エホバのおきてに従わず,わたしが今日命じる道からそれてあなた方の知らなかった神々に付いて行くのであれば,呪いを。

強いられてではなく、自発的に、真剣に。
ペテロ第一5:2
あなた方にゆだねられた神の羊の群れを牧しなさい。強いられてではなく,自ら進んで行ない,不正な利得を愛する気持ちからではなく,真剣な態度で牧しなさい。

コリント第二9:7
各自いやいやながらでも,強いられてでもなく,ただその心に決めたとおりに行ないなさい。神は快く与える人を愛されるのです。

正しい知識と識別力に基づいた愛。
フィリピ1:9
そして,わたしはこう祈り続けています。あなた方の愛が,正確な知識と十分な識別力に伴っていよいよ満ちあふれるようにと。

申命記13:3
あなた方の神エホバは,心をつくし魂をつくしてあなた方の神エホバを愛しているかどうかを知るために,あなた方を試みておられるのである。

15時間前 No.1258

神を信じる人 @kamishin ★iPhone=glOTqK0Arr

>見極められたら、偽のキリスト教徒など出現せず、キリスト教徒は戦争を起こしたりしないよ。聖書には何が正しいかを見極める内容は聖書には書かれていないと見るべきであろう。

キリストを信じると言うのではなく、キリストの教えや行動に倣う者が、真のキリスト教徒です。

マタイ7:15-23
「羊の覆いを付けてあなた方のもとに来る偽預言者たちに警戒していなさい。内側では,彼らはむさぼり食うおおかみです。あなた方は,その実によって彼らを見分けるでしょう。いばらからぶどうを,あざみからいちじくを集めることなどないではありませんか。同じように,良い木はみなりっぱな実を生み出し,腐った木はみな無価値な実を生み出すのです。良い木は無価値な実を結ぶことができず,腐った木がりっぱな実を生み出すこともできません。りっぱな実を生み出していない木はみな切り倒されて火の中に投げ込まれます。それでほんとうに,あなた方はその実によってそれらの人々を見分けるのです。「わたしに向かって,『主よ,主よ』と言う者がみな天の王国に入るのではなく,天におられるわたしの父のご意志を行なう者が入るのです。その日には,多くの者がわたしに向かって,『主よ,主よ,わたしたちはあなたの名において預言し,あなたの名において悪霊たちを追い出し,あなたの名において強力な業を数多く成し遂げなかったでしょうか』と言うでしょう。しかしその時,わたしは彼らにはっきり言います。わたしは決してあなた方を知らない,不法を働く者たちよ,わたしから離れ去れ,と。

その行動が、聖書に則しているかどうかで、見極められます。

ヨハネ第一4:1
愛する者たちよ,霊感の表現すべてを信じてはなりません。むしろ,その霊感の表現を試して,それが神から出ているかどうかを見きわめなさい。多くの偽預言者が世に出たからです。

偽のキリスト教徒のせいで、真のキリスト教徒もあしざまに言われる、という預言も成就しています。

ペテロ第二2:1-2
しかしながら,民の間には偽預言者も現われました。あなた方の間に偽教師が現われるのもそれと同じです。実にこれらの人々は,破壊的な分派をひそかに持ち込み,自分たちを買い取ってくださった所有者のことをさえ否認し,自らに速やかな滅びをもたらすのです。さらに,多くの者が彼らのみだらな行ないに従い,そうした者たちのために真理の道があしざまに言われるでしょう。

以上、取り急ぎ。他の箇所は、後で返信しますね。

15時間前 No.1259

論理魔 ★ZqhMrKyKKa_o1k

>>1255

発明品ではない方の神は
完全不干渉主義だろう

という文字から始まるレスは、キリスト教とは無関係の神だよ。キリスト教とはあんまり関係ない話であるため、聖書の話しの引用は不適切だと思う

まあいいけどね


>この世界を精巧に作り、太陽を照らし、水を循環させ、私達を養っておられます。感謝と讃美、崇拝に値します。

これは俺も思う事もある。同意したいところだが・・・地球の奇跡の循環システムあっての人間だ。それへの感謝は否定できない。俺はこの程度では感謝しないけど・・w

しかしキリスト教、ユダヤ教以前の狩猟採取時代の人間の平均寿命は、地域によっては10代、そうじゃなくても平均寿命は20代でしかなく
平均寿命20代は他生物と比べると長いほうだが、生物・生命を活かす恵みの力より、死をもたらす力のほうが蔓延している

今でも世界最低の平均寿命の国は34−38歳だな・・

しかし地球はまだマシなほうで、奇跡的な循環を行い、奇跡の惑星と言われてるレベル

しかし、太陽系惑星、月火水木金土日は、恵みの力などほとんどなく、生物を死に至らしめる力だけが蔓延する。もしくは死すら存在しない地獄のような世界

ドラゴンボールでは「地球の神」という変な概念が出てくるが、唯一神と言えば、通常は宇宙の神を言う。もしくは宇宙の外、内部も支配する神を言う
宇宙規模で見た場合、宇宙は死せる力のほうが蔓延している
地球だけが神に愛されているならば、それは「差別愛」だ

>ローマ2:10-15

良心的な人間は、どんな宗教、どんな人間でも認める、愛するという善き宗教だというのはわかった
しかし最後の審判の日に限って言えば、キリスト教徒以外の、良心的な人間も消滅させちゃうの?親筋に当たるユダヤ教だと消滅させるようだが、キリスト教はどうなの?正確に言えば原理主義の理解だとどうなの?やっぱいい人も消滅?

15時間前 No.1260

神を信じる人 @kamishin ★iPhone=glOTqK0Arr

>エホバは決定論を否定する立場に立っている派閥なんだね

聖書によると、運命は予め決まっていません。人間に与えられた自由意志が好例でしょう。

しかし、神は全能である為、未来を知ることも決めることも出来る。預言が分かりやすい例でしょう。

何を予め見通すか、何を予め決めるか、どの程度厳密に決めるか、神は選択的に能力を用いられます。例えば世界が全体として今後どうなるか既に決めていらっしゃる。しかし各個人がその中でどう生きるかは各個人に委ねている。

完璧な例えではないけれど、それでも選択的全知能力を例えてみる。私はネット検索で、或る国の首都の名前、その風景を知ることが出来る。しかし、そうするまではそれを知らないし、検索しようと思うかどうかも私が決める。知ろうとすれば知る能力がある。しかし必ずしも知ろうと思わないかもしれない。理由は色々考えられる。興味が無いからかもしれないし、或いは旅行の楽しみや感動を予め削ぎたくないからかもしれない。

別の例えは小説家と執筆中の本です。粗筋は決めてある。しかし登場人物の細かなことは決めていない、或いはそこまで書くつもりはない。しかし、その内容に関して、如何様にも決める力がある。その小説に関して、筆者は全能です。

この「選択的全知能力」を正しく理解することは極めて重要です。多くの人が「全知全能」というキーワードに表面的に踊らされ、神が全てを決めたから当然不幸も神が生んだのだ、とか、運命が決まっているから努力は無意味だ、と誤解しているからです。

全能とは何か。知識の領域に於いては、知ることが出来るが、知らない様にすることも出来る。決めることが出来るが、決めるかどうかも選ぶ能力がある、ということです。

形而上学的にも、聖書は本当に良く出来ている。

1時間前 No.1261

神を信じる人 @kamishin ★iPhone=glOTqK0Arr

>自己犠牲で陶酔し快楽を発生させるタイプのメンタルを持っている男だったということだな。

処刑前夜のイエスの様子です。神から託された贖いの役割を果たしたい思い、そして人間としての恐怖との葛藤があります。自己陶酔はありません。

ルカ22:42-44
こう言われた。「父よ,もしあなたの望まれることでしたら,この杯をわたしから取り除いてください。しかしやはり,わたしの意志ではなく,あなたのご意志がなされますように」。その時,ひとりのみ使いが天から現われて彼を強めた。しかし彼はもだえはじめ,いよいよ切に祈られた。そして,汗が血の滴りのようになって地面に落ちた。

>しかしイスカリオテのユダの放った試練は乗り越えられず、しかしそれがかえって伝説となった

全て想定内と言うか、予め決められた通りでした。預言が成就され、贖いが果たされる為、イエスは裏切られることが予め定められており、イエスもご存知でした。

旧約聖書でこう預言されていました。

詩篇41:9
また,わたしと平和な関係にあり,わたしが信頼した人,わたしのパンを食べていたその人が,わたしに向かってそのかかとを大きくしました。
(※「かかとを大きくする」という言い回しは、敬わない、という意味だったと記憶しています。机に足を載せる様なイメージか。)

そして所謂、最後の晩餐での出来事がこれです。

ヨハネ13:21-30
「きわめて真実にあなた方に言いますが,あなた方のうちの一人がわたしを裏切るでしょう」。 弟子たちは,だれについてそう言っておられるのかと戸惑いながら互いを見まわした。イエスの懐の前に弟子の一人が横になっており,イエスはこれを愛しておられた。それゆえ,シモン・ペテロはこの者にうなずいて合図をしながら言った,「だれのことを言っておられるのか話しなさい」。それで,その者はイエスの胸もとにそり返って言った,「主よ,それはだれですか」。それゆえイエスは答えられた,「わたしが一口の食物を浸して与えるのがその人です」。そうして彼は,一口の食物を浸してから,それを取ってシモン・イスカリオテの子ユダに与えた。すると,その一口の食物を受けたあとすぐ,サタンがその者に入った。そこで,イエスは彼に言われた,「あなたのしている事をもっと早く済ませなさい」。しかしながら,食卓について横になっていた者のだれも,何のために彼にこう言われたのか分からなかった。事実,ある者たちは,ユダが金箱を保管していたので,イエスが彼に,「祭りのためにわたしたちが必要とするものを買いなさい」とか,貧しい人たちに何か与えるようにと命じておられるものと思っていた。そこで,その一口の食物を受けたあと,彼はすぐに出て行った。それは夜であった。

>人間が神の奴隷にされちゃうじゃん。神の奴 隷にされてハッピーエンドなんだ?

その通りです。

ペテロ第一2:16
自由の民らしくありなさい。ですが,あなた方の自由を,悪の覆いとしてではなく,神の奴隷として保ちなさい。

神の奴隷となることで、罪からの自由があります。人は誰も罪か神かどちらかの奴隷だからです。

その人が何(富、出世欲、快楽など)に従うにしろ、その従うものは何であれ、その人の主人となります、

ローマ6:16-23
あなた方は,自分を奴隷としてだれかに差し出してそれに従ってゆくなら,その者に従うがゆえにその奴隷となり,死の見込みを伴う罪の奴隷とも,あるいは義の見込みを伴う従順の奴隷ともなることを知らないのですか。 しかし,神に感謝すべきことに,あなた方は罪の奴隷であったのに,その導き渡された教えの様式に心から従順になりました。そうです,あなた方は罪から自由にされ,そのゆえに義に対する奴隷となったのです。わたしは,あなた方の肉の弱さのために人間的な言い方をします。あなた方は,かつて自分の肢体を,不法の見込みを伴う不法と汚れに対する奴隷として差し出したように,今は自分の肢体を,神聖さの見込みを伴う義に対する奴隷として差し出しなさい。罪の奴隷であった時,あなた方は義については自由であったのです。では,あなた方がその当時得ていたのはどんな実でしたか。それは,あなた方が今では恥じているものです。その終わりは死であるからです。しかし,今あなた方は罪から自由にされて神に対する奴隷となったので,神聖さの面で自分の実を得ており,その終わりは永遠の命です。罪の報いは死ですが,神の賜物は,わたしたちの主キリスト・イエスによる永遠の命だからです。

1時間前 No.1262

神を信じる人 @kamishin ★iPhone=glOTqK0Arr

>しかしキリスト教、ユダヤ教以前の狩猟採取時代の人間の平均寿命は、地域によっては10代、そうじゃなくても平均寿命は20代でしかなく
平均寿命20代は他生物と比べると長いほうだが、生物・生命を活かす恵みの力より、死をもたらす力のほうが蔓延している

聖書の教えでは、アダムが最初の人間です。当時の人間は今の人間より未だ完全に近かったこと、また当時の地球環境(大洪水前は、水が空を覆っており、有害な光線等が弱められていた)の理由より長生きであったと記録されています。例えば一部を引用すると、

創世記5:3-11
そしてアダムは百三十年のあいだ生き,そののち自分に似た,自分の像どおりの子の父となり,その名をセツと呼んだ。そして,セツの父となった後のアダムの日数は八百年になった。その間に彼は息子や娘たちの父となった。それで,アダムの生きた日数は全部で九百三十年となり,こうして彼は死んだ。そしてセツは百五年のあいだ生き,そののちエノシュの父となった。そして,エノシュの父となった後セツは八百七年生きつづけ,その間に息子や娘たちの父となった。それで,セツの日数は全部で九百十二年となり,こうして彼は死んだ。そしてエノシュは九十年のあいだ生き,そののちケナンの父となった。そして,ケナンの父となった後エノシュは八百十五年生きつづけ,その間に息子や娘たちの父となった。それで,エノシュの日数は全部で九百五年となり,こうして彼は死んだ。

ユダヤ人は暗記に長け、記録魔でした。そして系図を詳細に記録しました。作り話にしては、あまりにぶっ飛んでいますし、妙に具体的だと感じています。

>しかし最後の審判の日に限って言えば、キリスト教徒以外の、良心的な人間も消滅させちゃうの?親筋に当たるユダヤ教だと消滅させるようだが、キリスト教はどうなの?正確に言えば原理主義の理解だとどうなの?やっぱいい人も消滅?

私の勉強不足で、今は正確に語れませんが、私の記憶では、神の教えを知っていて意図的に反逆した人は死んで終わりですが、神の教えを知らなかった人は復活に含まれます。そしてサタンが封じられた状態で完璧な再教育が施され、その後、サタンが解き放たれ、試みられます。そこで命か滅びかが決まります。

1時間前 No.1263

神を信じる人 @kamishin ★iPhone=glOTqK0Arr

創世記35:11
そして神はさらにこう言われた。「わたしは全能の神である。

テトス1:2
その敬虔な専心は永遠の命の希望に基づいています。その希望は,偽ることのできない神が,久しく続いた時代の前に約束されたものです

全能だが、偽ることが出来ない、と書かれています。どういうことか?

偽るのは簡単です。人間でさえ出来るし、サタンでも出来る。神も当然偽る能力はあるでしょう。つまり能力があるが、そうしない、と理解出来ます。

先程の選択的全知と同じです。神は選択的に能力を用います。全能者として当然選択する能力があり、最高主権者として選択する権利があり、また神も当然自由意志をお持ちです。

42分前 No.1264
ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる