Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>

戦国武将の名言

 ( 議論掲示板 )
- アクセス(116) - いいね!(0)

よろぴく ★iPhone=BUShpo53P8

(A)

□ 絶対に絶対はない
□ 理想を持ち、信念に生きよ。
□ 必死に生きてこそその生涯は光を放つ
□ 臆病者の目には敵は常に大軍に見える
□ 攻撃を一点に集中せよ、無駄な事はするな

(B)

□ 戦わずして勝ちを得るのは、良将の成すところである
□ 負けると思えば負ける、勝つと思えば勝つ。逆になろうと、人には勝つと言い聞かす。
□ いつも前に出ることがよい。そして戦のときでも先駆けるのだ。
□ やるべき事が明確であるからこそ、日夜、寝食忘れて没頭できる。
□ 障子を開けてみよ。外は広いぞ。

(C)
□ 人の一生は、重荷を負うて遠き道をゆくがごとし
□ 急ぐべからず。勝つことばかり知りて、負くること知らざれば、害その身に至る。
□ 堪忍は無事長久の基、怒りは敵と思え。
□ 戦いでは強い者が勝つ。辛抱の強い者が。
□ 多勢は勢ひをたのみ、少数は一つの心に働く。

(D)
□ 一芸もいらず、能もいらず、遊もいらず、履歴もいらない。ただ日夜ともに武略、調略の工夫をすることこそ肝要である
□ すべてについて、いい加減のことをしてはならぬ。
□ すべて主人が家内の者を失うことは、その主人が無器用だからである。器用ならば、そのようなことはないはずである。その家の主人が器用であったならば、人を失わないで、よく治めて行けるわけである。
□ 一年の計は春にあり、一月の計は朔にあり、一日の計は鶏鳴にあり(1年、1月、1日には何をすべきか具体的な計画を立てる事)
□ 百万一心(持続力は力なり)

(E)
□ 独り言であっても、卑怯な言葉を使ってはならぬ、人の耳は壁についているものである。
□ 隠し立てしなければ恥ずかしいようなことは、してはならぬ。人の目は天にかかっているものである。
□ 良いことの五つは真似しやすく、悪いことの一つはなかなかやめられない。
□人が罵言雑言したとて、これをそのまま受け取って、咎め立てをしてはならぬ。
□ 家を治めるほどの者は、また、国を治めることもできる。民を憐む者を、君の器と見なす。

(F)
□ 武将が陥りやすい三大失観。分別あるものを悪人と見ること、遠慮あるものを臆病と見ること、軽躁なるものを勇剛と見ること
□ 負けまじき軍に負け、亡ぶまじき家の亡ぶるを、人みな天命と言う。それがしに於いては天命とは思はず、みな仕様の悪しきが故と思うなり。
□ 渋柿は渋柿として使え。継木をして甘くすることなど小細工である。
□ 信頼してこそ人は尽くしてくれるものだ。
□ 人間にとって学問は、木の枝に繁る葉と同じだ。

(G)
□ 我が命のある間、国家を裏切る者を平らげ、諸国を一つに帰して、貧困に陥った人々を安住ならしめる他に希望はない。もしGの運が弱く、この志が空しいものならば、速やかに病死を賜るべし。
□ 生を必するものは死し、死を必するものは生く。
□ 武士は馬を我が足と思い、弓鎗を左右の手と定め、敵を撃つ刃は己の心と考え、常に武道をたしなむ事が、本意の核心である。
□ 大事なのは義理の二字である。死ぬべきに当たってその死をかえりみず、生きる道においてその命を全うし、主人に先立つ、これこそ武士の本意である。
□ 昔時の名将は、暑日に扇をとらず、寒日に衣をかさねず、雨の日に笠を用いずして、士卒への礼とす。

誰が一番かっこいい格言を言ったかを決める対決です、有名武将7人の名言をあげていますが、名前がない方が客観的に見れると思い伏せました。

ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる