Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(5) >>

移民問題について

 ( 議論掲示板 )
- アクセス(207) - いいね!(0)

キーン ★Android=bvCWcyZD0z

昨今、世界各地で移民問題が焦点に当てられています。
イスラム国から逃れた難民や、経済の豊かさを求める不法移民。
数世代を経ても同化できないなんてこともあり、近年の不安定な国際情勢により、
それらの問題が顕著になっております。

一つの国に、異なる容貌、文化、言語を持つ集団が侵入する以上は混乱は避けられないことは確かです。

しかし移民問題は、移民を敵視し排除すれば解決する問題でもないと私は考えます。

貧富の差や劣悪な治安などの移民が発生する根本的な原因や、
難民を無視できない先進国の掲げる人道主義、
国民と移民の衝突など
移民問題は非常に複雑です。

日本にとってもけして無関係ではないこの難題に、どのような答えを出すべきか。
議論しましょう。

2年前 No.0
ページ: 1


 
 

みたのしきま ★XfOYhelInB_DpT

キーンさん

賛成です。

日本国憲法第13条は、個人の尊重原理を謳っています。

個人というのは国籍による差別をしないことが前提です。

来る人は拒まず、去る人もとどめず。至極簡単でしょう。

移民は危険という先入観を植え付けられ、移民排斥の政策をとりつづけています。

しかし、危険な人は日本国民にもたくさんいます。

故に、危険性を根拠に移民政策批判は的を得ていません。

経済的理由を根拠に移民政策批判も的を得ていません。

なぜなら、移民が納税しないわけではないからです。

2年前 No.1

金糸雀 ★Z4EEvr9uch_mgE

とりあえず言っとくが
移民と難民はまったくの別物だゾ

2年前 No.2

みたのしきま ★RYyk04O0cM_344

「移民」の定義は

世界各国で採用されている訳ではなく、例えば欧州連合(EU)では「EU加盟国以外の国の国籍を持ち、EU諸国内に3か月以上滞在する外国人のこと」と、滞在期間が3か月とずっと短く設定されています。
また日本の国内法には「移民」の定義はありませんが、入管法上の「中長期在留者」と「特別永住者」が「移民」に該当すると、国際機関では解釈しています。
これによると、2015年末の時点で既に223万人の「移民」が日本に居住していることになります。世界全体の移民数は、上で書いた通り各国政府が採用している定義がバラバラなので正確な把握は難しいですが、2015年末時点でおおよそ2億4400万人くらいとされています。

「難民」の定義

次に「難民」の定義ですが、こちらは国際法において明確かつ厳格に決まっています。1951年に締結された「難民の地位に関する条約」の第一条にその定義があって、分かりやすく言うと以下の条件全てを満たす人だけのことを指します。

(1) 自国において「迫害をうけるおそれ」がある
(2) 「迫害のおそれ」が、人種、宗教、国籍、特定の社会的集団の構成員であること、または政治的意見に基づく
(3) 既に自国外に逃れている
(4) 自国政府の保護を受けることができない(あるいは迫害のおそれがあるから保護を望まない)

2年前 No.3

みたのしきま ★pfPdLMfsl5_344

平たく言えば、「難民は、強制送還禁止移民」

「窮鳥懐に入れば猟師も殺さず」の国際版

2年前 No.4

みたのしきま ★nCppNadh2P_qxX

2016・12・17

スペインでは移民のおかげで、人口減少国家から脱出し、人口増加国家になりました。

人口減少対策として、結婚した後の対策として保育所や託児所のことを重点に対策

根本的には、以下の婚姻できる状況を作るのか?

より根本的には移民の積極利用。


自民党は、国家主義それも、2000年来の伝統を持つ大和民族国家以外は国家ではないような雰囲気があり、時代遅れ。

もっと柔軟に考えないと年金も介護も崩壊し、時すでに遅しなんてこのにもなりかねませんね?

2年前 No.5
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる