Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(28) >>

覚醒剤を違法にする必要性は本当にある?

 ( 議論掲示板 )
- アクセス(476) - いいね!(0)

まるお ★dx0Zz0UN3F_0Ml

清原和博氏の逮捕を受けて、ホリエモンがコメントしていたのだが、覚醒剤を違法にするから暴力団の資金源になる、そして禁断症状が出る人はほぼいないと言っています。また、覚醒剤使用者に接見した弁護士も同様に、禁断症状が出る人、暴れる人はほとんどいないと言っているのです。むしろ酒の方が暴れるイメージありますね。実際、覚醒剤を使用したら、それが欲しいがために盗みを働いたりする人間が出てくるという指摘もありますが、実際そういう例は聞いたことがない。というか、広くお金欲しさに盗みを働く人は大勢いるのだから、覚醒剤だけを特別視する意味も分からない。有名人の中にも覚せい剤使用で逮捕された人は過去に何人もいますが、彼らの中にそういった行為をした人は皆無でしょう。社会的な悪影響が大きいとはあまり思えない。覚醒剤などの麻薬よりもお酒やタバコの方が中毒性が高い場合もあり、こちらの方が利用している人口が間違いなく多いので、それへの社会的影響は大きく、特に酒による社会への迷惑度合いは、やはり人口分を考慮しても覚醒剤よりも大きい。覚醒剤を禁止するなら、酒やタバコを禁止しないとおかしい。酒やタバコが合法ならば覚醒剤も合法にすべきだと主張しているノーベル経済学賞を受賞したアメリカの教授もいるほどです。

3年前 No.0
ページ: 1

 
 

天ちゃん @renkyun10 ★3DS=ZwATVxsGT7

覚醒剤は酒やタバコと違い人体に強い影響を及ぼします。タバコやお酒も多少及ぼしますが、細胞事態が崩れる、内部が焼けるような副作用は認められていません。
そもそも覚醒剤で暴力を振るう人はあまりいない!というのは、酒が強いから大丈夫!と同じ根拠構成となっていませんかねぇ…?
もういちど正しい主張が必要だと思います。

3年前 No.1

みたのしきま ★LcifFAs1LJ_0em

ヒロポン (Philopon) とは、大日本住友製薬(旧:大日本製薬)によるメタンフェタミンの商品名であり、同社の登録商標(第364236号の1)である。成分名は塩酸メタンフェタミン。剤型はアンプルおよび錠剤である。ヒロポンの名は、「疲労をポンと取る」にも掛けているが、英文綴りに見られるように、ギリシア語のΦιλ□πονο□(ピロポノス/労働を愛する)を由来としている。
日本では、大東亜戦争以前より製造されており、「除倦覺醒劑」として販売されていた。その名の通り、疲労倦怠感を除き眠気を飛ばすという目的で、軍・民で使用されていた。2014年現在でこそ、覚醒剤の代名詞であるヒロポンだが、当時はメタンフェタミンの副作用について、まだ知られていなかったため、規制が必要であるという発想自体がなく、一種の強壮剤として利用されていた。当時の適応症は、「過度の肉体および精神活動時」「夜間作業その他睡気除去を必要とする時」「疲労二日酔乗り物酔い」「各種憂鬱症」であった。大日本帝国軍では、長距離飛行を行う航空兵などに支給されている。ヒロポンの注射薬は「暗視ホルモン」と呼ばれ、B-29の迎撃にあたる夜間戦闘機隊員に投与された。中には、一晩で5機のB29を撃墜した例もあった(黒鳥四朗を参照)。ヒロポンは「本土決戦兵器」の一つとして量産され、終戦時に大量に備蓄されていた。
日本の敗戦により、大日本帝国軍の備蓄品が一気に市場へ流出すると、酒やタバコといった嗜好品の欠乏も相まって、人々が精神を昂揚させる手軽な薬品として蔓延した。その薬物依存症者即ち「ポン中」が大量発生し、中毒患者が50万人を超えるなど社会問題となった。加えて、中毒者が行う不潔な注射器の使い回しは、肝炎ウィルスの伝染機会を増加させ、輸血後肝炎が感染拡大する遠因となった。この時期芸能界にも蔓延し、多くの芸能人が常用していたことが、のちに明らかになっている。当時芸能界で活動したコロムビア・トップが、参議院議員に転身後国会において、ヒロポンが蔓延した当時の芸能界を証言したことがある[3]。
1949年(昭和24年)、日本国政府はヒロポンを劇薬に指定、製造業者に対し、覚醒剤としての製造を禁止するよう勧告し、1951年(昭和26年)に覚せい剤取締法を施行したことに伴い、日本国内では、「限定的な医療・研究用途での使用」を除き、覚醒剤の使用・所持がすべて禁止されている[4]。



昭和26年までは合法で薬局で疲労回復倦怠除去という薬効で販売されていました。

合法化されたら、戦前のように薬局が儲かるだけ。

合法にしても違法にしてもやるやつはやるだけです。

合法化すれば、たばこのように自動販売機で廉価で、中学生でも買えますという具合になるでしょう。

教室の後ろで注射とか?

3年前 No.2

みたのしきま ★LcifFAs1LJ_0em

黒鳥への覚醒剤投与による異常感覚の発現は、戦後すぐの1946年(昭和21年)初夏から始まり、異常感覚がほぼ消失するには昭和60年ごろと非常な長期間を要した。

具体的には尖ったものや手や鼻が自分の目に飛びこむ感覚、微熱と目眩、食欲の減退である。
参考文献[編集]Wiki


数回の服用による、副作用消失に40年もかかるようでは、人生の大部分は終わりますね

3年前 No.3

フーバー @diablo822 ★iPhone=TKSmq2TnKr

アメリカだかでそんな州がありましたね。その州では以外と薬物中毒の人は少ないそうです。
それにマフィア達の資金源にもならないのでいいそうですよ。

3年前 No.4

天ちゃん @renkyun10 ★3DS=erNMEvwDzL

少なくともそんなことをオリンピック前、若しくは後ににしたら永遠に誘致はできないでしょうね。

3年前 No.5

みたのしきま ★LcifFAs1LJ_0em

覚醒剤と、大麻とを混同しているようですね。









 オレゴン州、アラスカ州、ワシントン州、コロラド州とコロンビア特別区にて、一定の条件下での大麻使用&所持が合法化されているアメリカ。このたび、同国で大麻合法化について調査を行った結果、約6割が「合法化賛成」と判明した。これを受け、日本からは“日本での合法化”についての賛否両論が上がっている。

 アメリカでは、医療用として23州と首都ワシントンD.C.で合法化となっている大麻。医療用としての効果は鎮痛、沈静、催眠、食欲増進、抗癌などの作用があると言われており、また日本を含むアジアでも古くから使用されていた。しかし、イメージの悪さもあってか、アメリカの大麻使用者は、2,000万人超と人口の僅か6%程度に留まっている。

 今月21日に調査会社の大手ギャラップが公表した結果(対象者・成人1,015人)によると、回答者の58%が大麻合法化に賛成。中でも若年層や民主党支持層、無党派層からの支持を集めたという。また、賛成が過半数を占めるのは3年連続で、世の中の流れが合法化に進んでいるようにも思われる。なお、世代別に見ると反対しているのは65歳以上のみだとか。

 この結果に、日本からは賛否の声が上がっている。反対派は「銃社会といい、どんどん病んでいきそう」「若年層にタバコ嫌われてきてるのに、大麻OKはありえない。捏造やろ」「こうやって米国の力が衰えていくのか。日本は追いかけないでね」などの声。「クラクションは減るが、事故は増える」「大麻やったことある人が、『あんなもの解禁したら誰も働かなくなるから禁止すべき』と言っていた」「大麻が問題なんじゃなくて、大麻が覚せい剤の入り口になるからヤバい」といった、経験を踏まえた上での指摘の声が見られる。

3年前 No.6

采配 ★Tablet=sSkpss8bLJ

薬物というのはそもそも取り扱いを間違えれば人体に危険を及ぼす類いのものであって、酒やタバコは古くから日本人に嗜まれてきたものであるから特例的に認められているにすぎない。
ただそのために、酒やタバコは日本でも生産されているために国益に繋がった背景もある。
ここで大麻や覚醒剤を合法化したとして、日本になにかメリットがあるのだろうか。
ただ単に薬物が認められるようになってみんなが大手を振って使えるようになる以上のメリットがない。
薬物依存による金銭の浪費、毒性による人体への影響、外国企業による利益の搾取と、デメリットが多すぎる。
違法にする必要性があるというよりも、合法化する必要性がないといったほうが正しいのではないか。

3年前 No.7

りえちゃん ★Android=Nx9SjkN4CN

本当に□□調べてほしい

1年前 No.8

\\\\□( &☆smPEvi6zpKc ★0iMQpxTtSS_a2e

覚醒剤を合法なんぞにしたらマフィア大国になるのが分からないようだな(´・ω・`)
下手すりゃ戦争引き起こすでな覚醒剤はw

1年前 No.9

すずめ ★iPhone=bLA4gfZHeZ

自然界で存在してる大麻とかアヘンとかは
薬になるけど、覚醒剤は人工的に作り出された科学物質になるので、自然由来の物と異なり
治療で使用するのは危険となる。あとは
覚醒剤のリハビリ施設でリハビリしてる人を
見てみると、とてもじゃないけど合法化するのは危険過ぎると思う。

10ヶ月前 No.10

あらいさん ★N9qrXKKvXg_Hja

>>7
メリットがなければいけないってなると、障碍者を大量に殺したあの人と発想が似通ってますな。
日本にとって、障碍者を生かすメリットとは何でしょう?

8ヶ月前 No.11

みたのしきま ★q3tWng5BEh_gSB

*日本にとって、障碍者を生かすメリットとは何でしょう?

太古の歴史から考えると、肉体的に強固な動物が共食いで歴史から退く一方で、

肉体的には弱小な人間が、互譲の精神で共同社会を作ることで、歴史を生き延びた事実を直視すべきでしょう。

障碍者を生かすメリットという発想は、自分は強者で生き残れるとの自負でしかありません。

その様な発想は、老人になれば抹殺される爺捨て思想ですね?

8ヶ月前 No.12

リーンエラー ★Android=mxwKqUpkW5

 シャブが簡単に手に入り、かつ、警官がとりしまるのなら、あって欲しい。
タイマーの馬鹿と比べて全然、だけどヤクザの話聞いてからでしょ。人タヒしみたいな話を聞いたよ?縛ってシャブ打って皆で、と。
もちろん法廷に立っていない。
しかもタイマーで誤魔化して、、ヤクザどうなのかね。俺でも小指くらい切れるけど、地元あったら。恥ずかしくないのかね、責任感て勉強か?子供も良く学校通えるなぁと思う。

8ヶ月前 No.13

リーンエラー ★Android=mxwKqUpkW5

ところで、なぜ女性に対してそういうことをしたのですかね?
自分の小指と思いますが、、
シャブあったら良いですねー(^_^)タイマー粉シート×

8ヶ月前 No.14

リーンエラー ★Android=mxwKqUpkW5

 自分だけシャブでも刑期
女を絡ませても刑期
 司法が、法律が昭和
これじゃあ外国人を簡単に認めてしまう。
これが恐い。
外国はNBAバスケットボール見ても理解出来る透、音楽が尾張、旅、メイクラブに変化した。
変化している、ではない、外国人だから、それは、変化している。

8ヶ月前 No.15

みたのしきま ★q3tWng5BEh_uLX

大麻取締法

日本の法律ではマリファナの所持・販売が厳格に違法とされています。

また、1991年の大麻取締法改正により国外犯処罰規定が定められ、「日本国外にて大麻をみだりに輸出入・栽培・譲渡し・譲受け・所持等の行為を行った者についても、日本の法律による処罰対象」となりました。

大麻の所持・譲渡・譲受



あれれ、「吸引」行為は禁止ではない・?

所持せずに吸引というのは、難しいですネ。

第三者に吸引させてもらうしか方法はないようですネ

8ヶ月前 No.16

みたのしきま ★q3tWng5BEh_uLX

*下手すりゃ戦争引き起こすでな覚醒剤はw

歴史的には、戦争で覚せい剤が使用された。

戦争が先!

8ヶ月前 No.17

リーンエラー ★Android=mxwKqUpkW5

 覚醒剤よろか、気軽なタイマーが格上ですです。常習人生やし、生活に密着する依存。
自分は鼻が効くので、、そこら歩き回ってますが?して、タイマーに合わせた方が社会に無害とされますが、いつのまにか。彼女も出来るし、結婚も出来るし、友達は必ずギクシャクするけどね。タイマーはチャンピオンですです。捕まれ!!

8ヶ月前 No.18

リーンエラー ★Android=mxwKqUpkW5

 覚醒剤での戦争は国家の会話力がタイマーによって低下してあることが問題では?
覚醒剤は集まればヤバいことしますが、タイマーは経験した瞬間から精神病ですからね。

8ヶ月前 No.19

リーンアコースティック ★Android=mxwKqUpkW5

 戦争?きさん、黒人とゴールドガールが歩いているのを見たことないのか?
都会じゃデフォやぞ!

8ヶ月前 No.20

リーンアコースティック ★Android=mxwKqUpkW5

こんな話も聞いたことがある「ギチギチwww」
許されん。(^_^)
それが旅行ブームの土産話なんでしょ?
 嫌だ。外国語大学もう平成や、止めとけってったって天狗のジャラ銭。
ゴールドガールが許したのだから仕様がない。
だから沖縄助けろって言ったある(T_T)オレハーカンコクモー

8ヶ月前 No.21

リーンアコースティック ★Android=mxwKqUpkW5

 韓国さんみたいですねー北朝鮮さんの
と、ここまでですね。いくらネットでも。

8ヶ月前 No.22

おずんずん ★1spUrqdq2m_Tbw

覚醒剤を違法にする必要性

単純に考えりゃ
覚醒剤を合法化するとそればっかり作る業社しか存在しなくなる。

社会貢献がすべて覚醒剤産業になった場合
日本はどこから物品を購入するんだろう?

金が日本で回らなくなって世界市場のみになるから

違法にされてるんです。

8ヶ月前 No.23

みたのしきま ★q3tWng5BEh_uLX

*そればっかり作る業社しか存在しなくなる。

業者の過当競争により、薬価の低下。

収益悪化により、原材料の調達困難化

業者数の適正化の落ち着く

ちなみに、

業者は社会貢献をするために存在するのではない!

8ヶ月前 No.24

おずんずん ★1spUrqdq2m_Tbw

社会貢献=消費者のニーズに応える企業
非社会貢献=消費者の妨害しかしない企業



覚醒剤製薬会社が消費者のニーズに応えだした場合の事を言っておるのだ。

理解できぬ奴はスルーする

7ヶ月前 No.25

みたのしきま ★q3tWng5BEh_uLX

ニューヨーク発

2019年01月07日

米国の今後5年間(2019〜2023年度)の農業政策などを定めた2018年度改正農業法案外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますが2018年12月20日、トランプ大統領の署名を経て成立した。

上院で12月11日に賛成87反対13で可決され、翌12日には下院で賛成369反対47で可決されていた。

法案には産業用大麻(ヘンプ、注)の大規模栽培を認める条項が含まれている。ヘンプが規制対象物質から外れ、連邦法において違法薬物でなくなることを意味する。

ヘンプが農作物保険の対象になるほか、研究開発でも連邦政府の助成金の申請が可能となる。

法案を後押ししてきたミッチ・マコーネル上院多数派院内総務(共和党、ケンタッキー州)は「農業所得が減少し、生産者が苦境にある中、

産業用ヘンプは農家の未来にとって明るい材料だ」と述べた。

米国でのヘンプ栽培合法化の動きとしては、オバマ氏が大統領在任中の2014年2月、研究目的でのヘンプ栽培を合法化する2014年農業法に署名していた。

(注)本法案における、「ヘンプ」という用語は、「大麻(学名Cannabis sativa L.)」の植物およびその植物のいずれかの部位(種子と全ての派生物、抽出物、カンナビノイド、異性体、酸、塩、異性体の塩を含む)であり、成長しているか否かにかかわらず、デルタ−9−テトラヒドロカンナビノール(delta−9 tetrahydrocannabinol)の濃度が乾燥重量ベースで0.3%以下であるもの」とされている。



日本は、□???産業用大麻(ヘンプ、注)時代の乗り遅れ?

7ヶ月前 No.26

地下水 ★KATHFaYqOw_Tbw

>>26  日本では更に丁寧である。若年性痴ほう症の原因であるカンナビノイドの無い、安全な大麻が関東のある町で特産物として大量生産されている。この安全な大麻は成長も速く、資材としても栄養のある実としても、価値ある物を効率的に生産する。

7ヶ月前 No.27

みたのしきま ★q3tWng5BEh_uLX

地下水  さん

*安全な大麻が関東のある町で特産物として大量生産されている。

第二条 この法律で「大麻取扱者」とは、大麻栽培者及び大麻研究者をいう。
2 この法律で「大麻栽培者」とは、都道府県知事の免許を受けて、繊維若しくは種子を採取する目的で、大麻草を栽培する者をいう。
3 この法律で「大麻研究者」とは、都道府県知事の免許を受けて、大麻を研究する目的で大麻草を栽培し、又は大麻を使用する者をいう。
第三条 大麻取扱者でなければ大麻を所持し、栽培し、譲り受け、譲り渡し、又は研究のため使用してはならない。
2 この法律の規定により大麻を所持することができる者は、大麻をその所持する目的以外の目的に使用してはならない。


日本では,未だに免許が必要なのですよ。

アメリカでは、ヘンプが規制対象物質から外れ、2018年12月20日から、連邦法において違法薬物でなくなることを意味する。

7ヶ月前 No.28
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる