Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(364) >>

第二次世界大戦の反省

 ( 議論掲示板 )
- アクセス(2046) - いいね!(0)

魔術師 @newmemphis ★TpnhtWkLhb_voV

第二次世界大戦に敗れた責任は、日本社会の中の「戦争を避けようとする傾向」にあったのではないか。諸民族の性質や諸国家の基本的な利害を早くから確認し、もっと早く、もっと積極的に、もっと徹底的に戦争をするべきだったのではないか。軍国主義がどうのと後から言っているが、戦争をしなければならない当時は、国を挙げての戦争遂行に邪魔な要素は弾圧せざるをえなかった。

日本軍がベトナムに進駐する前の昭和16年7月に、ルーズベルトは「日本爆撃計画」に許可の署名をしていた。アメリカは初めから、日本と戦争をすることを決めていた。アメリカとしては、日本がまだ弱くて小さい段階で攻め滅ぼして占領し保護領化することは、正しい国家戦略である。日本が満州に進出し、そこに東南アジアの資源が流れていくことをアメリカが看過していたら、すぐにでも日本は超大国化したことだろう。そうなれば、日本に勝つ見込みはなくなる。

日本と戦争になれば、その同盟国であるドイツと戦争になる。アメリカはイギリスを見殺しにするわけにもいかなかったし、ナチスを放置するわけにもいかなかった。それは、アメリカにとっても、危険なことだった。つまりアメリカは、ドイツと戦争するためにも日本と戦争したかったのである。


日本だって負けると分かっている戦争などしたかったはずもなく、日本政府はアメリカとの戦争を回避する努力をしていた。しかし1941年12月にもなると、石油の対日禁輸のために、戦争を開始するためには限界の石油備蓄状況になっていた。あの時点で開戦に踏み切らなければ、まともな戦争もできなかった。

21世紀のアフガン戦争やイラク戦争のように、アメリカによる自国本土への攻撃開始を待って入れば、開戦ラインがマリアナ諸島・日本本土となる。強引に戦争を仕掛けた側のアメリカは、当時の戦争の常識である首都陥落まで行かなければ、国家としての威信にかかわる。

戦争がそんな始まりかたをすれば、日本の政府も国民も降伏しにくい。そもそも、戦争は相手があることだから、アメリカが終わらせる意思がなければ終わりはしない。日本列島が悲惨な戦場となり、しかも日本側は飛行機・戦車等の近代兵器を動かす燃料さえないのである。

侵略者に対して、当時の日本国民は一丸となって立ち向かったであろうから、戦いの内容は、アメリカ軍による一方的な民間人虐殺となったことだろう。1945年時点で、アメリカは本土決戦のために大量の毒ガスを日本近くまで運び込んでいた。オリンピック作戦(九州制圧作戦)以降は使用されることになっていたようだ。

アメリカは、ソ連や中国まで、本土決戦に引き込んだかもしれない。そうなれば、戦後日本は分割され、朝鮮戦争のような東西対決が日本列島で行われたことだろう。また本土決戦においては、通州やサイパンでの出来事から分かるように、中国人やアメリカ人による日本人への拷問・虐殺の内容は凄まじいものとなったろう。


しかし、現実には、日本からの先制攻撃でハワイの米艦隊を撃破してアメリカを押さえ、その間に東南アジアへの侵攻を行って油田地帯を占領した。(さほど石油は運べなかったようだが。)その後、空母艦隊どうしの激戦を行い、太平洋の島々で徹底抗戦を繰返した。硫黄島戦と沖縄戦は、アメリカに本土決戦の難しさを確認させた。

結局アメリカは本土決戦を避け、日本政府と天皇を残す形で戦争を終わらせた。日本国民を悪い政府の犠牲者として規定し、占領はアメリカ一国で行われた。また、アジア・太平洋の各地域で欧米諸国は日本軍に敗れ、シンガポールが陥落しインドまで攻撃されたために、植民地時代、有色人種が奴隷である時代は終わってしまった。こう考えると、我々は戦争を先制攻撃で開始し、懸命に戦い抜いた旧日本軍と大日本帝国に感謝するべきなのである。まさに、戦争こそが現代日本の平和と豊かさの源なのである。


それではどうすればより良かったのかと言えば、私は以下のように考える。ノモンハンで始まったソ連との戦争を継続し、帝国陸軍と関東軍をシベリアに侵攻させて、ドイツも引き込んでソ連を挟撃すべきだった。また、マリアナ諸島より遠くに出て行かないでサイパン島を要塞化し、インド洋・インド北部での戦いを充実させて、さらには連合国のソ連への支援ルートを遮断する。

ユダヤ人の取り扱いについては、ソ連を早期に壊滅させた段階で、日本からドイツに対して弾圧の緩和を要請すれば、かなり聞き入れられたことだろう。ソ連打倒後は、アメリカの反撃が本格化する前に急いでイギリス本土上陸作戦をドイツと連合艦隊の共同で行う。そして、アメリカのマリアナ攻略を全力で防ぐ。

ソ連・共産主義が危険な存在であり、仲間にできないことを早く見抜き、何としても早めに倒しておくことが必要だった。もっと真剣にドイツと連絡を取り、せっかくのノモンハン事件を拡大しなかったのは失敗である。「先を見抜いて、戦うべき時は戦う。」これを怠ったことが失敗だったのではないか。

2年前 No.0
ページ: 1 2 3 4 5

 
 
↑前のページ (314件) | 最新ページ

ガダルカナル ★w71GsOkauY_UHY

大艦巨砲主義というのは、明治時代の遺物であって、それを現代や1940年ころに結びつけたのが

そもそもの誤りでありました。ね

4ヶ月前 No.315

みたの人民首領 ★0c8QGO9BwQ_yoD

米国が航空主兵に完全に切り替えたのは1940年以降!
大艦巨砲主義の限界を示したとされるユトランド沖海戦は1916年に発生。
そして明治の終了は1912年。
ネズミ君は歴史に疎いようだね

4ヶ月前 No.316

ガダルカナル ★w71GsOkauY_UHY

ミッドウェーとフィリピン諸島なんかでは食料不足だったのだし、大艦巨砲

を作るよりも、兵隊の食料をつくるべきだったのです。

4ヶ月前 No.317

みたの人民首領 ★0c8QGO9BwQ_yoD

>ミッドウェーとフィリピン諸島なんかでは食料不足だったのだし

ミッドウェー島に上陸した事実がありませんね!
ミッドウェー海戦で日本海軍は空母4隻を失いミッドウェー海戦島の攻略を断念した。
こんなのは世界常識!

4ヶ月前 No.318

みたの人民首領 ★0c8QGO9BwQ_yoD

おっとミスタイプだ。

「ミッドウェー島の攻略を断念」ですね。

4ヶ月前 No.319

ガダルカナル ★w71GsOkauY_UHY

戦艦大和以下、数十隻の戦艦軍は一発もその巨砲を撃つことなく、わずかに数分で海の藻屑となり

乗組員とともに海底に向かった。魚雷が一発で終わりだし、ちいさな爆撃機がわずかに活躍した。

4ヶ月前 No.320

みたの人民首領 ★0c8QGO9BwQ_yoD

>戦艦大和以下、数十隻の戦艦軍は一発もその巨砲を撃つことなく、わずかに数分で海の藻屑となり

また嘘つきですか?
レイテ沖海戦で主砲による対艦戦を経験している上に坊ノ岬沖海戦でも対空戦で主砲を用いていますね!
また時間に関しても坊ノ浦海戦における空襲第一波が飛来が12:32。
沈没が14:23であることを見れば数分と言う嘘はすぐばれる訳です。
魚雷一発云々は >>302 で嘘と明らかですね!

4ヶ月前 No.321

ガダルカナル ★w71GsOkauY_UHY

第二次大戦というよりも太平洋戦争の反省といった方が適切ですが、何故あのような結果になり

あのような戦争を始めたのか? それは、日露海戦にあると思います。ホームとアウェーの海戦で

勝利した日本はその勝利に酔ってしまったのでしょうね。地球の裏側から何ヶ月かけてやってきた

ロシア海軍に勝利したのだから・・・・。

4ヶ月前 No.322

マングル @sable ★iPhone=H9eWP44uuy

おっ待てい、太平洋戦争に踏み切ったのはアメリカの経済制裁喰らったからだゾ。

ただでさえ満州国関連で他所から白い目で見られてたのに、ドイツと手を組んだりなんかしたらどうなるかわかるよなぁ?ドイツとイギリスは対立中、イギリスとアメリカは組んでいる…あっ(察し)

自業自得と言えばその通りだけど、石油や鉄くずが入らなくなった上に、今まで広げた領土を全部リセットしろ(ハルノート)なんて言われたら、戦争するしかないよなぁ…

4ヶ月前 No.323

ガダルカナル ★w71GsOkauY_UHY

>323さん   確かにそれは言えてると思うが、大艦巨砲主義が太平洋戦争の敗因であることは


間違いがないですよね? その結果、数百万の命が失われて、焼野原になったわけだから。

わずかに2発ぐらいの魚雷で何十兆円が消えた(ゼロ)になったわけだし・・・・そんなお金があったら

国民や兵士の食料に回せばよかったと反省すべきです。

4ヶ月前 No.324

マングル @sable ★KMxItQnK9M_yFt

確かに大鑑巨砲への執着が敗因の一つなのは事実ゾ。真っ当にやったところで勝てる戦争じゃないと思うけど。

魚雷2発で戦艦が沈没っていうのは語弊があるんだけど…前のレスでも触れられてるからここではスルー。一応フォローしておくと、日本の鉄は輸入したくず鉄から作られてるのがほとんどで、不純物が多く混じっていたゾ。それが強度や耐久性の低下を意味してるのは言うまでもなく…(大和や武蔵の運命)悲しいなぁ。

源田実は「大和を作る鉄で航空機1000機が作れる」といって物議をかもしたらしいけど、まあ時代が時代だし正論だよなあ。でもその金や資材を別の所に回したからと言って、太平洋戦争に勝利できるなんて夢にも思わないンゴねぇ。

4ヶ月前 No.325

みたの人民首領 ★0c8QGO9BwQ_yoD

>日露海戦にあると思います

戦争という外交政策の決定にたかが1回の海戦が影響してると思ってるんだね!
こりゃどこの世界常識だ。
そもそも戦争とは政策目標の達成為の手段に過ぎない。
相手の軍事力を殲滅するのではなく相手に政治的行為を強いるのが目的となる。
戦争の原因が日本海海戦だと妄信するならそりゃネズミ君の中でしか通用しない理屈だなぁ…

4ヶ月前 No.326

ガダルカナル ★w71GsOkauY_UHY

大きく分けて日本人では2分されると思う。つまり、かの太平洋戦争というものを肯定するか否定するかである。

人命を軽視しておろかな大戦に突入していった行為は決して仕方がなかったではすまされない。国民に対して

死亡者への損害賠償も払わずまるで正しかったかのように主張する人々がある。これはもはやコメント不能という

べきものだと思いますが。反省がまったくない。

4ヶ月前 No.327

みたの人民首領 ★0c8QGO9BwQ_yoD

>死亡者への損害賠償も

法的根拠なく賠償責任主張する行為に反発するのはむしろ先の戦争への反省の結果だねぇ。
幣原外交で中国側の横暴に寛大に処理し国民にそれを伝えず結果として後にそれを知った世論は軍部の強硬路線支持に傾いた。
相手の法外な主張には拒絶を示し応じない、これこそが先の戦争の遠因を回避する最良の教訓と言える。

4ヶ月前 No.328

マングル @sable ★iPhone=H9eWP44uuy

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

4ヶ月前 No.329

ガダルカナル ★w71GsOkauY_UHY

日本海海戦に勝ったからと言って、次もかならず勝つとは言えない。まあ、神風が吹いたのだろうが、

次も神風が吹くとは限らない。根性と精神力と空だ無だと叫びながら、真珠湾へ行ったのだろうが、それも

人の寝込みを狙ったものだし。いずれトンデモナイことになるだろう、  やっぱりか。と

4ヶ月前 No.330

みたの人民首領 ★0c8QGO9BwQ_yoD

>日本海海戦に勝ったからと言って

戦術的な勝利云々で戦略目標の達成は左右されないでしょ!
日本海海戦を掲げた所で戦争と言う政策そのものを左右することにはならない。
こんなもんクラウゼヴィッツが19世紀に理論化してる訳でそんなことも知らないのは世界の非常識だわな。

4ヶ月前 No.331

マングル @sable ★iPhone=H9eWP44uuy

日本海海戦の勝利を神風扱いするのはどうなんですかね…?そもそも議論の場に神風なんて単語持ち込むのはどうなんだ。
ちなみに装甲巡洋艦の性能で圧倒していたり、長旅でロシア艦隊が疲弊していたりと、勝因はちゃんとあるんだゾ。

ていうかガダルカナル君は「日本海海戦に勝ったから太平洋戦争にも踏み切った」っていう随分短絡的な思考でいるようだけど、その根拠はいずこに?

真珠湾攻撃だってまだ全員の気が引き締まっていた初期の頃だし、「ここで大打撃を与えて太平洋艦隊を行動不能にし、一気に講和に持ち込む」っていう悲壮な決意の元に行われたことなんだゾ。まあ寝首を掻く行為に変わりはないし、鈴木貫太郎は「これで勝っても負けても日本は四等国だ」って嘆いてるけど。

4ヶ月前 No.332

みたの人民首領 ★0c8QGO9BwQ_yoD

>平洋艦隊を行動不能にし、一気に講和に持ち込む

厳密にはそれは違います。
確かに連合艦隊司令部、厳密には山本五十六司令長官の構想ではそれで間違いありません。
しかし日本の戦争指導部の描く青写真としては

第一段作戦で米太平洋艦隊を行動不能にし南方の資源地帯を抑えることで恒久的な持久体制を作る

第二段作戦でオーストラリアからハワイを制圧し太平洋全体の制海権を得る

となっており、戦争計画そのものとしては長期戦を見据えた内容となっています。
日本において奇妙なのは戦争計画が軍部内でも共有されていない点と言えます
短期決戦からの講話なのかそれとも長期持久戦なのか意思統一が為されていないのは奇妙奇天烈と言えるでしょう。

4ヶ月前 No.333

マングル @sable ★iPhone=H9eWP44uuy

南方の石油やゴムを押さえて長期不敗の態勢を築いたつもりでいたけど、占領や労働への駆り出しに反発する住民の反抗も受けたんだっけ。

そして後半は伸びきった補給線をケアすることが出来ずに崩れていったと。仮にミッドウェイやハワイを墜とせたとして、そんな場所へ補給し続けるのは可能だったんですかね…

確かにそう言われてみると意思統一がされていない点が見受けられますね。

4ヶ月前 No.334

みたの人民首領 ★0c8QGO9BwQ_yoD

>そんな場所へ補給し続けるのは可能だったんですかね…

そもそも戦争前の見積もり段階で問題があったのですよ。
対米開戦以前に総力戦研究所で日本の敗戦の見積もりが出ていたというのは近年よく話題に出る話。
ただこれとは別に「対米英蘭蒋戦争終末促進に関する腹案」なるものが存在します。
これは昭和16年11月15日に大本営政府連絡会議で決定されたもので戦争の見通しを示す「戦争の青写真」と言える存在です。
この腹案ではドイツが対ソ戦を勝利し早期に勝利し英豪の切り崩しが図られる等のドイツ任せの前提で話が進められています。
つまりドイツが敗れることを想定に入れていなかった訳です。
前提の段階で誤りがある以上、戦争計画は修正の利かないレベルで破綻してしまうのは当然でしょう。

4ヶ月前 No.335

ガダルカナル ★Tablet=cT88eYp8V3

第二次大戦もよかったが、せめて日本の戦死者数は130人以下くらいじゃないとねえ?

ヒトラー帝国と兄弟のように、、、、、? ヒトラー? 日本がヒトラーと関係があるのですか?

4ヶ月前 No.336

みたの人民首領 ★0c8QGO9BwQ_yoD

ネズミ君!
世界常識云々抜かしてたならもう少しまともな文章書かないと誰にも通じないよ?

4ヶ月前 No.337

ガダルカナル ★Tablet=cT88eYp8V3

太平洋戦争における日本軍の死因の98%以上が餓死と病気であったと、、、、、。

こんな事実はコメント不能だし、笑ったら不謹慎だし、かわいそうで、、、、あきれはてる。

でも右翼という人々は、、、、どう思うのだろうねえ? ヒトラーの友好国日本を。

4ヶ月前 No.338

みたの人民首領 ★0c8QGO9BwQ_yoD

>太平洋戦争における日本軍の死因の98%以上が餓死と病気であったと

これも世界常識考えるとネズミ君を笑っちゃうよ。
そもそも餓死の大半はフィリピンとニューギニアで生じた数字であり中国で生じた死因を度外視している。
ではフィリピンとニューギニアで何故餓死が生じたかと言えば連合国の通商破壊が有効に機能したからであり連合国の攻撃に起因する。
洋上で輸送船が撃沈されれば離島や僻地には食料・弾薬は行き届かない。
その結果餓死が生じるというのはクリミア戦争で英軍が経験しているしナポレオン戦争でフランスも経験している。
中国戦線では食料の補給が容易で餓死率が低いのはその為だ。
ネズミ君が「コメント不能」と述べるのはネズミ君が詳細に対して無知なことを証左しているんだよ。

4ヶ月前 No.339

ガダルカナル ★Tablet=cT88eYp8V3

しかしまあ、何だねえ日本人には竹槍突撃そう玉砕がよく似合うねえ?気の毒ですが。

太平洋戦争の反省点ってなんだろうか? 戦艦大和かなあ原子○○だろうか?ああ、あったあった

やけ野原だねえ、こんな愚行が反省点ってあるのだろうか?

4ヶ月前 No.340

みたの人民首領 ★0c8QGO9BwQ_yoD

>やけ野原だねえ、こんな愚行が反省点ってあるのだろうか?

確かにネズミ君の様に独自の世界基準で考えるとそうなんだろうね!
尤も反省すべき点は情報を精査することなく思い込みでアレコレ断定し深く考えることのないネズミ君みたいな考え方で戦争指導した点だと思うよ。

4ヶ月前 No.341

インパール戦 ★w71GsOkauY_UHY

大鑑巨砲主義と過去の誤った歴史認識と夢と神風が、第二次より太平洋戦争の反省点だろね。

戦闘による日本軍の死者数はごくごくわずかであったが、大半は餓死と病気であった。一粒のコメもない!

4ヶ月前 No.342

みたの人民首領 ★0c8QGO9BwQ_yoD

ネズミ君、IDとHN変えて何がしたいのかな

そして「戦闘による死傷者がわずか」ってのは >>339 で否定されてるよねw

4ヶ月前 No.343

弁護士唐澤貴洋弁護士 @sable☆cdcxvVme0iEl ★KMxItQnK9M_yFt

ガンガン船沈んでバコバコ基地爆撃されてボロボロ戦線崩壊して戦死者僅かとか言わせねーよ

4ヶ月前 No.344

imfree ★GObjJ6EpYW_Noa

>第二次世界大戦に敗れた責任は、日本社会の中の「戦争を避けようとする傾向」にあったのではないか


そもそも、宣戦布告したのは日本の方だから


アメリカじゃない。


その辺を大きく勘違いしている。



いかにも日本は平和主義ですって顔をするようになったのは、

原爆を落とされて敗戦したからであって、戦前はまさしく戦争する気満々だったし、

そのために国連を自ら脱退した。


愚かにも国民の方も精神論で勝利すると信じてる奴が大勢いた。

そのため、やばいよ、戦争なんてしたらきっと負けるよ、なんて言おうものなら、

それこそ、集団でリンチして女子供も含めて殺したり、傷つけたりした。

だから、誰もが怖がって口をつぐむようになった。


特高に連れてかれて拷問されたくなかったからだ。

それに、反対意見など言おうものなら、それだけで非国民扱いだ。

まともな議論など出来たためしはない。

いずれにしろ、戦争そのものを起こそうと考え、自ら喧嘩を売り、

相手にそれを買われて、結局、負けた。


反省すべきはその傲慢さと身の程知らずな愚かさだ。

3ヶ月前 No.345

みたのしきま ★f8JsT9CeKl_Vx8

明治維新後,天皇統治体制のもとに,国家によって形成され,振興された国民宗教。伊勢神宮を本宗として,その下に全国の神社を階層的に組織編成し,宮中祭祀を基準にして祭祀を行うものであった。

政府は国家神道を宗教としての神道諸教派,仏教,キリスト教を超越する非宗教として位置づけ,信教の自由も国家神道と抵触しない限度内で認めた。

国家神道では政治的元首である天皇が最高祭祀者として祖神を祀るので,天皇と祖神の崇拝,国家主義思想がその重要な思想となるが,

1889年に制定された「大日本帝国憲法」は天皇の神聖不可侵の地位を明文化し,翌年渙発された「教育勅語」は忠孝を強調し,国家神道をよりどころとする国民道徳は学校で盛んに教えられた。

満州事変から第2次世界大戦にかけて国家神道は強化され,超国家主義思想と聖戦思想の根拠とされた。大戦終了後,占領政策の一つとして政教分離が行われ,国家神道は解体した。





その結果戦死者の遺体は日本に返還せずに、護国神社や靖国神社に合祀でおしまい。

ベトナム戦争で、米軍の戦死者は寝袋状の死体運送袋で横田基地に運送を待っていたそうです。

母国に位置を運ぶ運送手段が整っているのですね。当然といえば当然のことですが。

自衛隊がイラン派遣時には遺体搬送袋を準備してたそうです。ようやく日本も米軍並みになったということですか?

3ヶ月前 No.346

みたのしきま ★f8JsT9CeKl_Vx8

戦没者は、天皇のために忠死したという唯一点で、国によって神として祀られ、現人神天皇の礼拝を受けるという、無上の「栄誉」を与えられた。

軍歌「貴様と俺」の第五番詩、「貴様と俺とは 同期の桜 離れ離れに 散ろうとも 花の都の 靖国神社 春の梢に 咲いて会おう」は、この思想を象徴的に表現している。

しかし、

象徴天皇も、いつしか目が覚めて、靖国神社へは参拝しなくないりました。

3ヶ月前 No.347

みたのしきま ★f8JsT9CeKl_Vx8

靖国神社の前身である東京招魂社は、大村益次郎の発案のもと明治天皇の命により、戊辰戦争の戦死者を祀るために1869年(明治2年)に創建された。

後に、1853年(嘉永6年)のアメリカ東インド艦隊の司令官ペリー来航以降の、国内の戦乱に殉じた人達を合わせ祀るようになる。

つまり、

まとめて、祀ることで、墓地の省略、個人の歴史の省略、簡素化。

国会議員も連名で、「みんなで、靖国神社に参拝する議員連盟」省力化簡素化

議員本人が参拝できない場合は秘書が代理として参拝している???




ちなみに、代理というのは、私的自治の拡大及び,補完を目的とする法律行為に関して行われるもので、宗教行事に代理はないでしょう!!!

3ヶ月前 No.348

インパール ★w71GsOkauY_UHY

日本軍の反省点など何もない!  大日本帝国海軍はすばらしい活躍を太平洋で行った!

日露の日本海大海戦のごとく、あのフィリピン沖海戦はすばらしかった。太平洋戦争は正しかった!!!

3ヶ月前 No.349

ペガサス @y19670503☆6yU9B.BkmyUy ★irWfAAwagt_J3L

英霊を祀るのに、分祀論じゃダメですか?

3ヶ月前 No.350

みたのしきま ★f8JsT9CeKl_Vx8

国家のために尊い命を捧げられた人々の御霊を慰め、その事績を永く後世に伝えることを目的に創建された神社です。
「靖国」という社号も明治天皇の命名によるもので、「祖国を平安にする」「平和な国家を建設する」という願いが込められています。
靖国神社には現在、幕末の嘉永6年(1853)以降、明治維新、戊辰の役(戦争)、西南の役(戦争)、日清戦争、日露戦争、満洲事変、支那事変、大東亜戦争などの国難に際して、
ひたすら「国安かれ」の一念のもと、国を守るために尊い生命を捧げられた246万6千余柱の方々の神霊が、身分や勲功、男女の別なく、
すべて祖国に殉じられた尊い神霊(靖国の大神)として斉しくお祀りされています。

靖国神社ホームページ引用


大元帥は、どうして祀られていないのですか?

現在の天皇は、参拝さえしません。

3ヶ月前 No.351

ペガサス @y19670503☆6yU9B.BkmyUy ★irWfAAwagt_J3L

有難うございます。

遺族の意思を尊重し、合祀は合祀でそう思う人は、合祀。そう思わない人は分祀ではダメなのでしょうか。

たしか、廣田弘毅元総理の遺族は分祀論のはずでしたが。

3ヶ月前 No.352

みたの人民首領 ★0c8QGO9BwQ_yoD

>大元帥は、どうして祀られていないのですか?


大元帥が何時戦死したんだw

>まとめて、祀ることで、墓地の省略、個人の歴史の省略、簡素化。


そもそも個人の墓と靖国神社は別物
墓地の省略なんぞ恣意的な暴論に過ぎんわな



やっぱみたナントカクンは無知だわw

3ヶ月前 No.353

みたのしきま ★f8JsT9CeKl_Vx8

*ひたすら「国安かれ」の一念のもと、国を守るために尊い生命を捧げられた

別に敵に鉄砲玉に当たって死亡した人だけを祀るわけではないでしょう。

戦って、のちに死亡すれば合祀対象になるでしょう。

現に、絞首刑になった人でも、合祀されているではないですか?

3ヶ月前 No.354

みたの人民首領 ★0c8QGO9BwQ_yoD

>現に、絞首刑になった人でも、合祀されているではないですか?

A級戦犯が合祀をされた理由として掲げられてるものを調べよう!
みたナントカクンw

3ヶ月前 No.355

みたのしきま ★f8JsT9CeKl_Vx8

極東国際軍事裁判所条例〔抄〕

  公布一九四六年一月一九日
  改正一九四六年四月二六日

 第一章 裁判所の構成

第一条(裁判所の設置) 極東に於ける重大戦争犯罪人の公正且迅速なる審理及び処罰の為め、茲に極東国際軍事裁判所を設置す。裁判所の常設地は東京とす。

に基づき、死刑を宣告され、

刑法第11条及び太政官布告(明治六年太政官布告第六十五号)に基づき巣鴨刑務所で執行。サンフランシスコ条約第11条

3ヶ月前 No.356

ペガサス @y19670503☆6yU9B.BkmyUy ★irWfAAwagt_J3L

廣田弘毅元総理の奥方は国民にこれ以上、被害が及ばないようにと自害なされていたか、と。

3ヶ月前 No.357

みたのしきま ★SwulOJHjnf_Vx8

A級戦犯という名前から、推測して、極東軍事裁判所が日本の裁判所ではないとの先入観があったようですね。

実は、これは日本の裁判所で、市谷の法廷は日本の予算で建設されたものです。

いわば、主権者天皇の予算で建設された裁判所です。


「法務死」とか、なんとか屁理屈をつけて、銃弾や爆弾に倒れた将兵と同じだと納得させたのでしょうね。

3ヶ月前 No.358

インパール ★HJ6YNK7WFD_UHY

従軍慰安婦問題は大変だねえ!? 個人の問題・個人感情の問題・国家・集団の問題・・・いろいろですね
個人・感情の問題は国家は介入できない。我々は、国民(国家)に属するが、同時に人類・人間にも属する。

民主主義の対象は国家だろうか?個人だろうか?人類だろうか?        80%は餓死であった。

2ヶ月前 No.359

インパール大作戦 ★Tablet=cT88eYp8V3

民主主義というのは個人を対象にすべきか、国家を対象とすべきか?

従軍慰安婦問題は日本人に 耳が痛い問題ではある。太平洋戦争の反省すべき点であります。

80%の死因は餓死であった。

2ヶ月前 No.360

みたのしきま ★UjTCFV3RbO_Y9V

従軍慰安婦問題は、天皇の軍隊にとり耳が痛いのです。

戦後の日本国民にとり恥じ入ることはありません。

日本国民には、責任はありません。故に日本国憲法の総理大臣が国民を代表して金を支払う必要は全くないのです。

安倍首相は、岸信介元首相たちが大日本帝国憲法下でしでかしたことについて、

心情的に後ろめたく思い、批判されやむなく支払っているだけです。

戦後の国民は、本来、大日本帝国のしりぬぐいをするいわれはないのです。

むしろ、餓死した召集された兵隊に対してこそ賠償をすべきでしょう。

2ヶ月前 No.361

指紋 ★dmDWEPC10I_Y9V

従軍慰安婦問題で80%が餓死って虚偽では?

2ヶ月前 No.362

インパール大作戦 ★HJ6YNK7WFD_UHY

第二次大戦の反省ってですか?  大日本人は過去において何をしたか?何を行ったか? ではないのです。

何を「やらかしたか?」なのです。同じ行為でも「やらかす」と「行う」「する」は別なのです。

「やらかす」の該当者は7歳とか9歳であって最高齢でも13歳くらいのいたずらを「やらかす」という。

日本人が行った行為は、や・ら・か・し・た・ 超愚行なのです。  つまり餓死戦争だったのですね。

18日前 No.363

みたのしきま ★QccWsdRlFd_zRM

ドイツ人は成熟した人種でした。

もし、アングロサクソンが人間の年齢で、科学や芸術や宗教や文化の面で見て、まぁ45歳とすれば、ドイツ人も同じぐらい成熟していました。

しかし日本人は、時間的には古くからいる人々なのですが、指導を受けるべき立場にありました。

近代文明の尺度で測れば、我々が45歳という成熟した年齢であるのに比べると、日本人は言ってみれば12歳の少年

15日前 No.364
ページ: 1 2 3 4 5

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる