Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(58) >>

戦争=悪という等式は成り立つか否か。

 ( 議論掲示板 )
- アクセス(636) - いいね!(0)

Λ @lambda ★Smart=tZTdlHI3yE

議題はタイトル通りです。


小学校・中学校で洗脳と言っていいほどの反戦平和教育を施され、最近になってようやく疑問を持ちました。
「日本」という国の存立が脅かされても、そんなことが言えるのか、と。

4年前 No.0
ページ: 1 2

 
 
↑前のページ (8件) | 最新ページ

一般人! ★Android=0mFW2Z9Evm

>>8
戦争はイスラム教の倫理に反しない場合も存在する
イスラム教の教えでは、神のために戦い、死ぬのなら地獄へは落ちない という解釈も出来る


っていうのもある

4年前 No.9

hayasi ★2tcdu1BpnS_1rF

カトリックでは教会に金さえ払えばとりあえずお咎め無しになる(うろ覚えで、すみません)

4年前 No.10

青カビ @20ipads ★gdkwaEPlLr_1pK

戦争とは隷属させるか、克服するのではなく解放し啓蒙するものといった戦争論がある
wikiで戦争論を調べると分かるでしょう

4年前 No.11

手痛い停滞 @stasis ★Smart=5Bd249lpWN

>>9
イスラム原理主義では、
殉教者は天国に行って、72人の神女に囲まれた官能的な生活が約束されている
……らしい

4年前 No.12

青カビ ★bHVR00sB4O_fzZ

市民の自由を得るため戦っている場合悪だとは思わない。

4年前 No.13

ねずみ ★Iv6gkdXrmu_EP8

我の生存を脅かす者には対抗すべきだが、他人の生存を危うくして平気でいられる気が知れん。
つまり、戦争とはどちらか。正当防衛もありうる。

4年前 No.14

hayasi ★2tcdu1BpnS_1rF

まず無謀な戦いには絶対挑むなという話

4年前 No.15

taro ★0qgGsS0aDO_bD6

侵略戦争は悪だけど、自衛戦争は悪ではないと思う。善とは言い切れないにしても

4年前 No.16

@kyoko0528 ★Android=sQTR9ZyzZD

戦争って、そんな悪とか善とかで決まっているわけではないんですよ??
人権、文化、それぞれ違うからと言って、差別からくる戦争も数多くありますが、第二次世界対戦。これは、そういう問題で戦争したわけじゃないんです。
小学校・中学校で習ったように、日本は食料等をほとんど海外からの輸入で頼っていますよね?それは、言い換えると、もしも海外からの輸出がとだえてしまえば、日本の食料はほとんどないに過ぎないということなのです。第二次世界対戦は、まさにそれでした。日本にあたえる輸入をアメリカにストップされてしまったのです。本当は日本は戦争したくはありません。しかし、食料がなければ戦争をして勝つしかない、と追い詰められてしまったのです。だから、今でも各国で、例えばスコットランド等で紛争がおきているんです。四面楚歌ですよ。だから、戦争=悪は成り立ちません。

4年前 No.17

凡人 ★otwJiebMLz_fzZ

>「日本」という国の存立が脅かされても、そんなことが言えるのか、と。

http://mb2.jp/_tetsugaku/794.html-1366,1368,1369についてはいかがでしょうか?

4年前 No.18

@kyoko0528 ★Android=sQTR9ZyzZD

戦争は、お互いに戦って殺しあってるんですから、悪とかの型にははまらないでしょう?
善とはいいませんが、悪とか善とかの問題ではないんです。戦争によっての価値観も、それに至った経緯だって違います。だから、世界で戦争は無くなることはないでしょう。
だから、ひとまとめに戦争、と、まとめてしまって、戦争=悪なんていう無理矢理な式をたてるのは良くありません。
だから、成り立たないんです。

4年前 No.19

凡人 ★otwJiebMLz_fzZ

http://mb2.jp/_tetsugaku/794.html-1366,1368,1369でまとめて人類を滅ぼしたら、善悪を評価できる主体が存在しなくなるでしょうね。
因みに↑は個人対その個人以外の戦争であるといえましょう・・・

4年前 No.20

かず ★iPad=H9CbzcgyLf

まず、何を善とし、悪とするのか、それぞれの国で違う、古代ベドウィン等は略奪出来る時に略奪、殺人をしないのは恥だと考えてる、日本人とは善悪の基準が逆の民族もいる事を忘れずに、日本人の価値観、道徳、考え方、常識を持っている俺は、戦争は必要悪だと思う、戦争が無ければいいけど、日本以外の国では色んな理由で戦争が起きる、単に食料が無いから、生き残る為に隣国を攻撃する国もある、日本は何千年も異民族と暮らさなかったし、食料も水も豊富で、しかも海と言う余りにも強力な自然の城壁があるから、平和を簡単に口に出来る。

4年前 No.21

かず ★iPad=H9CbzcgyLf

俺は戦争は必要悪だと言った、それは戦争は人を殺めるから悪だと言う道徳を持った国に育ったから、殺す事をいい事だと考える民族もいる、俺は日本人だから、人を殺めるのは良くないと思う、だけど、軍隊は必要だと思う、軍隊は戦争する為の物じゃなく、戦争を抑止する為の物か、保険である、日本以外の国は戦争が日常茶飯事並みに起きたから、まず、生命確保する為に、軍事、安全保障を第一に考える、死んでは、何も意味が無いから。

4年前 No.22

かず ★iPad=H9CbzcgyLf

死んでしまっては、金も、物も、何もかも無意味だから。

4年前 No.23

ああああ ★AU=Uzkk55gh5r

殺し合いが悪で対話での解決が善だろうがやらなきゃならないならやる。ある条件で正当化されるだけで基本悪じゃないの。

4年前 No.24

凡人 ★otwJiebMLz_fzZ

>まず、生命確保する為に、軍事、安全保障を第一に考える、死んでは、何も意味が無いから。

>>20 についてはいかがですか?

4年前 No.25

3マイル @sissel ★iPad=TebpKsp87F

戦争=過ち、だとしても。戦争=悪、じゃない気はするんだよな。

4年前 No.26

ふぁー ★MhxqacLyNL_9PM

例えば、フランス革命は、戦争とも呼べるかもしれないし、人殺しとも呼べるかもしれない。
自分たちが国王に虐げられていた現実に嫌気が差して、国王を処刑(殺す)ことは、当時はほぼ誰も反対しなかったはずだ。
しかし、現代の日本で社会によって虐げられている人は限りなく少ないけどいる。そういう人が社会に復讐をしようとすると、それは単なる犯罪と断罪されるだろうし、甘えと罵られるだろう。

4年前 No.27

早稲田田んぼ ★iOmtFsKNJB_mgE

左翼ってさ、比叡山焼き討ちに関してはだんまりだよな?
あとチベットとかさ。

4年前 No.28

もうすぐ一年生 @doji62 ★SJ56hFBqxt_mgE

>戦争=悪という等式は成り立つか否か。


戦争=悪という等式は成り立つか否か、とても証明のむつかしい問題ですが、
戦争=いやだ、という等式は民族や年齢性別の壁を越えて成り立つのではないでしょうか。

4年前 No.29

和風電話 @wafter ★iPhone=eV9Ac2E9yf

@等式であるから戦争=悪ならば悪=戦争が成り立たなくてはならない。勿論成り立たない。
A戦争はもっと国を大きくしたいとか、もっと豊かになりたいとか、取られた土地を取り返したいとかそんな理由で行われてきた所謂経済活動の一環である。ついでに科学も発展する。
Bそれ以外に信条や宗教が理由の場合もあるが、それは自らの信条や宗教の正当性を証明するための行為でありそれは悪とは捉えない(俗に言う聖戦とか)

4年前 No.30

jewel ★DqmJqiTvFq_z6c

戦争=悪は成り立つか。

そもそも私たちは善悪の判断をどうやってつけているのでしょうか。とある出来事をあらゆる角度から見て、そして全体を眺めその上で判断をくだす・・・などという人はまれではないでしょうか。そういう事ができるのは、神に近いような存在の人だと思います。では、多くの場合はどう判断しているかというと、「ある事象をとある角度から見て、その中の一部分のみを切り取って判断している」のだと思います。

「多くの犠牲者をはらむ戦争は悪だ」という切り取り方をして悪なのだと結論づけることもできるし、またその逆も言えると思います。「この世の悪と戦う戦争は正義だ、」と。

戦争を悪とするのか、悪と戦う戦争を善しとするのか、私自身がどちらのスタンスに立つかは書きませんが、人間が思考する上で、「ある部分を切り取って結論付ける」という思考方法をしている以上、戦争=悪は成り立つ(成り立つ人たちがいる)ということです。

そして、余談ですが、戦争はこの世に「肯定」という概念と「否定」という概念。二つの対立概念が存在する限りなくならないのではないかと考えます。

この二つの概念が真になくなり、統一された新しい概念ができあがった時にそれを「平和」と呼ぶのではないでしょうか。

3年前 No.31

Channel KUNIYOSHI ★kknUXuwge8_M0e

戦争は究極の人権侵害です。(憲法学)

3年前 No.32

だーかーら ★Android=4AnYojEVGI

もう答えは出ています。

戦争=悪 ならば 戦争⊂悪 かつ 悪⊂戦争 である。

実際には 悪⊂戦争 ではないので、戦争=悪 は成り立たないと言える。

2年前 No.33

しょぼぬる @solomaxx☆Ucq/l7irLEPm ★iGeBzkJCRW_m9i

そもそも戦争は両者正しいと思い込んで戦ってるだけ。
悪もへったくれもあったもんじゃないだろうが?
ふざけんなしw

2年前 No.34

あはは @death40 ★e2NdnqYNoi_yoD

テロリストが何で活動してるのか考えろ。

2年前 No.35

みたのしきま ★dolLCU0Fmu_1zu

多分、戦争はなくならないでしょうね。

利害が対立することは避けられませんから。

但し問題は戦争はその利害の当事者が直接争うのではなく、

その当事者の下で動く弱者が間接的に争い被害を受けることを銘記すべきですね。

従って、戦争の危険は平等ではない。

故に、戦闘に参加する弱者には危険は多く、戦闘に参加させる階級にいる限りさほど危険でも悪でもない。

2年前 No.36

ノロちゃん @noronoro09 ★DZ7ma4B5Eq_1zu

>「日本」という国の存立が脅かされて

と言っていますがこれが他国による日本の侵略をさすのであれば国民にとってそれは命を脅かす「悪」みたいなものですし、徴兵されて兵士として駆り出されたらこれもまた憲法で定められた生存権に逆行する「悪」みたいなものではないかと。
というかは戦争と「正義、悪」の関係自体が意味不明です。特に「正義」のほう。

2年前 No.37

ああ ★rLGfyWaLoS_ej6

そりゃ社会にはルールがある。
そのルールは強者や多数派にとって都合の良いように作られているのだから、反発するものが出てくるのは当然
それを俗に犯罪者と言うのだが、犯罪者が悪いと断じることは多いけれども、なぜ犯罪者は悪いのだろう?
犯罪者も自らの都合の良いルール(犯罪を犯しても良いという)を押し付けているに過ぎない。
社会のルールを作って強要する側が正しくて、それに反発する側が間違いとは何故か?
といったようなことがもっと大きな規模を行われるのが戦争でしょうね。

2年前 No.38

天邪鬼 ★d4Rrunfs9q_Qi5

>>0
小学校・中学校で洗脳と言っていいほどの反戦平和教育を施され、最近になってようやく疑問を持ちました。
「日本」という国の存立が脅かされても、そんなことが言えるのか、と。

文部省の洗脳ですかね。

あたらしい憲法のはなし [ふりがな付き]
[ 1947年(昭和22年) 文部省 中学1年生用教科書 ]
(抜粋)
「 戦争 せんそう の 放棄 ほうき 」の 項 こう では、「いまやっと 戦争 せんそう はおわりました。 二度 にど とこんなおそろしい、かなしい 思 おも いをしたくないと 思 おも いませんか。こんな 戦争 せんそう をして、 日本 にほん の 国 くに はどんな 利益 りえき があったでしょうか。 何 なに もありません。ただ、おそろしい、かなしいことが、たくさんおこっただけではありませんか。 戦争 せんそう は 人間 にんげん をほろぼすことです。 世 よ の 中 なか のよいものをこわすことです」とし、「そこでこんどの 憲法 けんぽう では、 日本 にほん の 国 くに が、けっして 二度 にど と 戦争 せんそう をしないように、 二 ふた つのことをきめました。その 一 ひと つは、 兵隊 へいたい も 軍艦 ぐんかん も 飛行機 ひこうき も、およそ 戦争 せんそう をするためのものは、いっさいもたないということです。これからさき 日本 にほん には、 陸軍 りくぐん も 海軍 かいぐん も 空軍 くうぐん もないのです。これを 戦力 せんりょく の 放棄 ほうき といいます。「 放棄 ほうき 」とは「すててしまう」ということです。しかしみなさんは、けっして 心 こころ ぼそく 思 おも うことはありません。 日本 にほん は 正 ただ しいことを、ほかの 国 くに よりさきに 行 おこな ったのです。 世 よ の 中 なか に、 正 ただ しいことぐらい 強 つよ いものはありません。もう 一 ひと つは、よその 国 くに と 争 あらそ いごとがおこったとき、けっして 戦争 せんそう によって、 相手 あいて をまかして、じぶんのいいぶんをとおそうとしないということをきめたのです」としています。


>戦争=悪という等式は成り立つか否か。

憲法9条の有権解釈で、自衛権も否定しているのです。

詰まり、
憲法9条上で否定をしているのですから、政府側から言わせれば、法律違反=悪。

安倍首相は憲法学者がと、自衛隊が否定されていると言い訳をしていますが、憲法学者は政府の解釈の下で判断をしているのです。
憲法学者の意見を否定すると云う事は、自らも自衛隊(権)を否定しなければならない。

じゃ〜
日本国憲法9条にて、自衛権が無いと思いでしょうが、実は有るんですよ、自衛権も自衛隊も合憲って事ですね。

政府の憲法解釈が間違えているとの、私の持論でも有ります。

改憲ありきの安倍首相には、日本国を任しておけない。

8日前 No.39

三名 ★QC0hCyXPiy_iwv

>>39
それは可笑しいのでは?
憲法学者は政府見解とは別に解釈を示すのは問題の無い話です。
しかし憲法では違憲審査に関しても規定がありますね?
違憲審査を行う機関は裁判所と第81条で明記されています。
貴方の持論は違憲審査は学者が行う者だと言うことになってしまうのでは?
それが憲法を蔑ろにする「悪い行為」に他なりませんよね?

8日前 No.40

天邪鬼 ★d4Rrunfs9q_DRC

>>40
それは可笑しいのでは?
憲法学者は政府見解とは別に解釈を示すのは問題の無い話です。
しかし憲法では違憲審査に関しても規定がありますね?
違憲審査を行う機関は裁判所と第81条で明記されています。
貴方の持論は違憲審査は学者が行う者だと言うことになってしまうのでは?
それが憲法を蔑ろにする「悪い行為」に他なりませんよね?

安倍首相は、憲法学者を持ち出して、改憲をしようとしています、可笑しい話ですね、政府の解釈通りに憲法学者は言っているのですから。
アナタの、違憲審査の話自体が出て来るのも可笑しな話ですね、憲法学者が政府に同意をしているのですから。

私が出した「あたらしい憲法のはなし」文部省、即ち日本政府の解釈なのですよ。
多数の憲法学者も同意していますね。

そして、
憲法学者の解釈は、当然ながら有権解釈でないのは明らかですので、憲法学者自身が違憲審査をする事は、無いですし、原告として、相当な理由なくして違憲審査請求も出来なせん。
基本中の基本のお話ですね。

そして、
私の持論(自衛権も自衛隊も合憲)の根拠もを述べていませんが。

8日前 No.41

三名 ★QC0hCyXPiy_iwv

>私が出した「あたらしい憲法のはなし」文部省、即ち日本政府の解釈なのですよ。

日本政府の解釈ではすでに非武装前提論は変更されています。
即ち解釈改憲が行われている訳です。
故に過去の歴史的解釈を持ち出しても意味がありません。

>憲法学者の解釈は、当然ながら有権解釈でないのは明らか

つまり違憲審査権により意見が認定された事実はなく、「違憲状態が認定された事実はない」訳ですね?
単に「違憲状態を主張している」に過ぎません。
認定された事実がないにもかかわらず「違憲状態」を事実として主張するのは筋が通りません。
合憲性について争いすら存在しない訳ですから。
合憲性に疑いなしとなりますね

8日前 No.42

天邪鬼 ★d4Rrunfs9q_DRC

>日本政府の解釈ではすでに非武装前提論は変更されています。
即ち解釈改憲が行われている訳です。
故に過去の歴史的解釈を持ち出しても意味がありません。

いいえ
憲法9条の解釈変更は有りません、だから、自衛隊の文字を憲法に書き入れようとしているんですね。

>つまり違憲審査権により意見が認定された事実はなく、「違憲状態が認定された事実はない」訳ですね?
単に「違憲状態を主張している」に過ぎません。
認定された事実がないにもかかわらず「違憲状態」を事実として主張するのは筋が通りません。
合憲性について争いすら存在しない訳ですから。
合憲性に疑いなしとなりますね

上記で伝えた様に9条での(非武装前提論)解釈変更は有りませんので、政府の主張と憲法学者の意見は一致しています。

もう一度、伝えます、憲法9条の解釈変更は有りません、だから、自衛隊の文字を憲法に書き入れようとしているんですね。

解釈変更をしているのならば、9条に自衛隊と明記する必要性はないですね。

7日前 No.43

三名 ★QC0hCyXPiy_iwv

>憲法9条の解釈変更は有りません、だから、自衛隊の文字を憲法に書き入れようとしているんですね。

解釈変更はない?
これは奇妙な主張です。


衆議院議員稲葉誠一君提出「憲法、国際法と集団的自衛権」に関する質問に対する答弁書(昭和56年5月29日提出)−抜粋−

 集団的自衛権と憲法第九条、国際法との関係については必ずしも明瞭でないので、これを明らかにすることがこの際必要と考えるので、ここに質問主意書を提出する。
 集団的自衛権について次のとおり質問する。
一 内閣としての統一した定義
二 独立主権国家たる日本は当然自衛権を持ち、その中に集団的自衛権も含まれるのか。
三 集団的自衛権は憲法上「禁止」されているのか。とすれば憲法何条のどこにどのように規定されているのか。
四 「禁止」されていず政策上の問題として「やらない」としているのか。
五 集団的自衛権が「ない」ということで我が国の防衛上、実質的に不利を蒙むることはあるか。

一から五までについて
 国際法上、国家は、集団的自衛権、すなわち、自国と密接な関係にある外国に対する武力攻撃を、自国が直接攻撃されていないにもかかわらず、実力をもつて阻止する権利を有しているものとされている。
 我が国が、国際法上、このような集団的自衛権を有していることは、主権国家である以上、当然であるが、憲法第九条の下において許容されている自衛権の行使は、我が国を防衛するため必要最小限度の範囲にとどまるべきものであると解しており、集団的自衛権を行使することは、その範囲を超えるものであつて、憲法上許されないと考えている。
 なお、我が国は、自衛権の行使に当たつては我が国を防衛するため必要最小限度の実力を行使することを旨としているのであるから、集団的自衛権の行使が憲法上許されないことによつて不利益が生じるというようなものではない。

国会に置いて政府解釈が示されております通りですから、天邪鬼さんの主張は事実ではありません。
政府の解釈において説明があります通り、自衛権を認めておりますから、これを否定するには昭和56年以降の政府答弁を用いる必要があるでしょう。
では、昭和56年以降の政府答弁で、非武装を前提としている事実を示す内容を示して頂けますか?

7日前 No.44

みたのしきま ★q3tWng5BEh_uLX

*独立主権国家たる日本は当然自衛権を持ち

仮に国家が自衛するとして、その極限状態では、国民は丸腰ですネ。

1945年9月以降、国民はどうなりましたか?

学校では教科書に墨を塗ったり、誰か自衛してくれましたか?

7日前 No.45

天邪鬼 ★d4Rrunfs9q_DRC

>44
解釈変更はない?
これは奇妙な主張です。
衆議院議員稲葉誠一君提出「憲法、国際法と集団的自衛権」に関する質問に対する答弁書(昭和56年5月29日提出)−抜粋−
内閣総理大臣 鈴木善幸・・・ 別紙答弁書

9条の解釈変更ではないです。
答弁書には、9条の記述が有りません。

史実は、
警察予備隊は保安隊を経て、これ等の隊が、法的根拠としての憲法上の変更は成されないまま、自衛隊と成ってしまいました。

詰まり
自衛隊と警察は同じ法的根拠で成立した訳で、其処に9条が入る隙間は無いんですね。
警察予備隊の存立根拠は、憲法前文・13条・65条から成り立っています、其れを受け継がれたのが自衛隊なのです。

9条の禁止規定と「自衛隊という制限された実力」の議論が何時の間にか、9条と自衛隊が一体と成ってしまったのが真相で、解釈変更と云った物でもないですね。

警察予備隊と言うか・・・ 自衛隊の存立根拠が憲法前文・13条・65条の条文変更すら無いのですから、解釈変更と9条を持ち出す事すら出来ませんよ。
9条の禁止規定と自衛隊の存立根拠は、別物ですよね。

>国会に置いて政府解釈が示されております通りですから、天邪鬼さんの主張は事実ではありません。
政府の解釈において説明があります通り、自衛権を認めておりますから、これを否定するには昭和56年以降の政府答弁を用いる必要があるでしょう。
では、昭和56年以降の政府答弁で、非武装を前提としている事実を示す内容を示して頂けますか?

総理が勝手に言うのは自由ですが、法制史の専門家でも有りませんね。

アナタの主張では、政府が9条に自衛隊を明記する意味すら無いんじゃないと思うんですが。
アナタの意見を訊きたいですね。

7日前 No.46

天邪鬼 ★d4Rrunfs9q_DRC

>>45
仮に国家が自衛するとして、その極限状態では、国民は丸腰ですネ。
1945年9月以降、国民はどうなりましたか?
学校では教科書に墨を塗ったり、誰か自衛してくれましたか?


ポツダム宣言を受託した事をお忘れですか?
国際的に、日本の主権が認められたのは、日本国との平和条約(昭和27年条約第5号)からですよ、其れでも自衛権は持っていても、ハード面では時間を要したんじゃないのかと思いますね。

或る人から、アナタの噂は聞いていますよ、物知りだと。
絡んでくれて、嬉しいです。

7日前 No.47

三名 ★QC0hCyXPiy_iwv

>答弁書には、9条の記述が有りません。

自衛権を否定していると主張されておりますがその根拠は9条としていますね?
本当弁が9条と別の解釈であるとするならば政府は別の論拠をもってこれを合憲であると答弁していることになります。

>総理が勝手に言うのは自由ですが、法制史の専門家でも有りませんね。

政府解釈が問題なのですから、内閣の答弁が問題になるのは当然でしょう?
法制史の専門家に政府解釈を定める権限がある訳ではないのですから
それとも内閣法制局の見解を求めているのですか?

でしたら

平成十五年七月八日提出 質問第一一九号

「内閣法制局の権限と自衛権についての解釈に関する質問主意書」に対し

憲法第九条第一項は、「国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。」と規定し、さらに、同条第二項は、「前項の目的を達成するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。」と規定している。
 しかしながら、憲法前文で確認している日本国民の平和的生存権や憲法第十三条が生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利を国政上尊重すべきこととしている趣旨を踏まえて考えると、憲法第九条は、外国からの武力攻撃によって国民の生命や身体が危険にさらされるような場合にこれを排除するために必要最小限度の範囲で実力を行使することまでは禁じていないと解され、そのための必要最小限度の実力を保持することも禁じてはいないと解される。
 我が国がこのような自衛のために行う実力の行使及び保持は、前記のように、一見すると実力の行使及び保持の一切を禁じているようにも見える憲法第九条の文言の下において例外的に認められるものである以上、当該急迫不正の事態を排除するために必要であるのみならず、そのための最小限度でもなければならないものであると考える。

と答弁しており、9条1項に対する解釈を明らかにしていますね?

7日前 No.48

天邪鬼 ★d4Rrunfs9q_DRC

>自衛権を否定していると主張されておりますがその根拠は9条としていますね?
本当弁が9条と別の解釈であるとするならば政府は別の論拠をもってこれを合憲であると答弁していることになります。

ええ、そうですよ。
前に述べでいますね。
政府の云う、自衛隊の法的根拠は9条では有りません。
アナタは私の問いにも返答しないで、、如何言う事でしょうか?
今の政府が憲法9条に自衛隊を明記しようとしていますが、意味が有りませんね。
既に、他の法的根拠で自衛隊は存在しているのですから。

>政府解釈が問題なのですから、内閣の答弁が問題になるのは当然でしょう?
法制史の専門家に政府解釈を定める権限がある訳ではないのですから
それとも内閣法制局の見解を求めているのですか?

歴史は、新事実が追加されるまでは史実なんですよ。

>でしたら
平成十五年七月八日提出 質問第一一九号
「内閣法制局の権限と自衛権についての解釈に関する質問主意書」に対し

 「憲法第九条は、外国からの武力攻撃によって国民の生命や身体が危険にさらされるような場合にこれを排除するために必要最小限度の範囲で実力を行使することまでは禁じていないと解され、そのための必要最小限度の実力を保持することも禁じてはいないと解される。」

既に主張したように、9条以外の法的根拠で自衛隊は存続しています。
9条に自衛隊を明記する事は、政府自ら9条での自衛隊は認めていない事を意味しています。

ので
9条に自衛隊を明記したいんですよ。
9条で自衛隊が合憲であると政府が認めているのならば、自衛隊の明記は必要ないでしょう。
「屋上屋を架す」との諺が有ります、無駄と言う意味ですね。

7日前 No.49

三名 ★QC0hCyXPiy_iwv

>9条に自衛隊を明記する事は、政府自ら9条での自衛隊は認めていない事を意味しています。

それは天邪鬼さんの主張ではありますが、現実問題として内閣法制局は先に示した通り、憲法9条の下自衛隊を合憲としています。
ですから

>既に主張したように、9条以外の法的根拠で自衛隊は存続しています

という主張は何ら裏付けを有さず、天邪鬼さんの独自見解に過ぎない訳です。
内閣法制局の見解を否定し自衛隊を違憲だと主張する内容が平成十五年七月八日以後示されているのならばそれを示してください。
事実関係が争点である訳ですから、天邪鬼さんの独自の見解、ではなく政府の見解による物を示さなければ意味がありませんよ?

7日前 No.50

天邪鬼 ★ZtN71OyapF_DRC

>それは天邪鬼さんの主張ではありますが、現実問題として内閣法制局は先に示した通り、憲法9条の下自衛隊を合憲としています。
ですから

面白いですね。
アナタは、何を思って出したのか知りませんが、81条を出していますね。
そして、
9条に自衛隊を明記すると云う事は。
例えば、
交差点に交通標識の一時停止が在り、同じポールにもう1枚の一時停止を付けている様な物ですね。
意味がないです。
9条に自衛隊明記する意味さえないです。
法文に説明が在っても、重複は愚の骨頂ですね。

>という主張は何ら裏付けを有さず、天邪鬼さんの独自見解に過ぎない訳です。
内閣法制局の見解を否定し自衛隊を違憲だと主張する内容が平成十五年七月八日以後示されているのならばそれを示してください。
事実関係が争点である訳ですから、天邪鬼さんの独自の見解、ではなく政府の見解による物を示さなければ意味がありませんよ?

アナタ自身で出していますが。
面白いですね、理解しないまま出したのでしょうか。
ご自分のレスを見直した方が良いです。

そして
私の再三再四要求している質問に答えずに、アナタが質問をするって誠意が有りませんね。
臭い物に蓋でしょうか。

6日前 No.51

三名 ★QC0hCyXPiy_iwv

>アナタ自身で出していますが


私が何時、その様な行為に至りましたか?
私は内閣法制局の答弁を引用しそれを支持する立場です。

>法文に説明が在っても、重複は愚の骨頂ですね


それは天邪鬼さんの個人的な主張であって、政府解釈ではない訳です。
天邪鬼さんの主張するそれが政府見解と反しますのは、内閣法制局の答弁からして明らかな訳です。
そうなってしまうと、天邪鬼さんが主張した、「今尚、政府は9条を非武装と前提とした解釈をしている」は成立し難くなりますね?
政府見解とは異なる天邪鬼さんの個人的見解があるのは解りますが、政府見解と偽るのは問題では?

5日前 No.52

別角度から @jibutarou ★iPhone=MjF7tXcEQL

法的解釈が議論になってますが別角度から。
戦争=悪の等式は成り立つ場合と成り立たない場合があると思います。
善悪の基準はそれ自体が何者かの創作物だと考えています。過去には戦争=善だったこともあります。

加えて、国が脅かされる場合に関してもこれは個人によります。愛国心が強い方にとっては戦争は善、そうではない方は悪とみなすでしょう。例えば日本が消えて無くなって欲しい人にとっては日本の敗戦が決まった戦争は最善と言えるかもしれません。

5日前 No.53

別角度から2 @jibutarou ★iPhone=MjF7tXcEQL

私見ですが戦争は概ね善です。
理由は、戦争は人を人たらしめる本能(ここでは我欲と呼ばせていただきます)が呼び起こした事象だからです。
我欲は人の最も高貴な持ち物と考えています。人が人であり続けるための健康的な精神だと考えています。

善悪という基準も人が我欲の達成のために作り上げた概念と考えています。人はそれを利用し我欲を満たしてきたのです。
そのため、戦争を善悪と結びつける場合にはこの我欲の存在と結びつけて考えるのが妥当です。

善悪の創作は我欲のため=我欲を満たすための戦争は善
という等式です。

また、ここで言う我欲には生存欲求は含まれません。

5日前 No.54

地下水 ★KATHFaYqOw_Tbw

 戦争は悪い事に決まってるじゃないですか。日本にとってはかつての原爆投下です。東京大空襲などの絨毯爆撃です。インフラを失うばかりか生存環境まで破壊されます。そして現代では更に酷い兵器が開発されています。例えば水爆は原爆の百倍以上の威力があります。化学兵器も生物兵器もあります。これらは禁止されていましたが、汚い爆弾という核廃棄物でできた爆弾が実際にばらまかれました。枯れ葉剤がばらまかれた事もあります。

 目下地球は1.4個必要になっており、生存環境が減少を続けています。7人もの平均出産をしている国もあり、細菌では0年で13億人も地球の人口が爆発的に増えています。
 二百年後には南極の氷が全て融けて陸地が二割も海に沈み、殆ど全ての大都市と平野の農耕地が海に沈み、インフラや生存環境が激減します。
 戦争などの浪費をして生存環境を破壊して減らしている場合ではないのです。危機感が足りないのです。戦争が許されると考える様な人は危機感が足りない御花畑なのです。

5日前 No.55

地下水 ★KATHFaYqOw_Tbw

>>55  訂正。0年→10年。

5日前 No.56

早計 @jibutarou ★iPhone=MjF7tXcEQL

戦争が悪いことに決まっていると考えるのは早計かと。

確かに、善く生きていきたいと考える人にとっては死をもたらす戦争は悪いことかもしれません。
ただ、世の中には死にたい人もいますし(これは人と言っていいかは分からないが)、命を賭してでも目的を達成したい人がいます。その人にとっては戦争は善いことなのでは?

なにも考えず「人がいっぱい死ぬ=悪」「地球が危ない=悪」と考えるのはそれこそ頭の中お花畑ですよ。
ただ「生きたい」としか思わない人を生かす世の中の方が悪と考える考え方もあるのです。地球が危なかろうと地球を発展させる戦争が善いと考える考え方もあるのです。
そしてそれはまた、どの立場どの主体から善悪を判断するかによるのです。

5日前 No.57

補足と結論 @jibutarou ★iPhone=MjF7tXcEQL

*前提□=善悪の基準は誰かが作り出したもの
*前提の補足...「誰か」とは1人のカリスマ的人物であり多くの人でありそのケースは様々。しかし人が作ったという点は共通。

*前提□=善悪の創作は我欲によるもの。
*前提□の補足...「我欲」とは人が何かをしたいという意志。目的を持った考えのこと。

*理論の流れ...
戦争を目的あるものと仮定→戦争は何者かの我欲の発露→その基準に立てば目的を達成させる戦争はその者にとって善
*理論の補足...
善は目的達成のために作られた→目的達成できるものを善とみなす→戦争は目的を達成するためのものであるから善

*「我欲」について
生存欲求は我欲に含まれない。
T.生存欲求は人も人以外の生物も持つ本能であり、人を人たらしめるものではない。人古来のものではない。
U.善悪の基準は人以外持たないものである(人の創作物のため)。さらに善悪の基準は我欲を満たすためのものとして作られた前提がある。
T・Uより、生存欲求をここで言う我欲に含むには要件不足。

5日前 No.58
ページ: 1 2

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる