Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(80) >>

会話が未来を創る

 ( エッセイ投稿城 )
- アクセス(358) - ●メイン記事(80) / サブ記事 (1) - いいね!(1)

マー坊 ★18NbNZF3b4_Twa

今までいろんな人と会話をしてきました。

もちろん「お金のない社会」です。(笑)

これから先も同じような会話があるかもしれません。



どのような会話があるのか?

どんな疑問があるのか?

疑問を解決するにはどうすればいいのか?

そういう視点で会話を進めてみようと思います。

切替: メイン記事(80) サブ記事 (1) ページ: 1 2

 
 
↑前のページ (30件) | 最新ページ

マー坊 ★18NbNZF3b4_Twa

      「分水嶺」


「分水嶺」という言葉を知っていますか?

今は亡き船井幸雄さんの出版物で始めて目にしました。


・ぶんすいれい【分水嶺】(デジタル大辞泉の解説.)
1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。
2 雨水が異なる水系に分かれる場所であることから、
 物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。



「昔から節目節目で使ってきた言葉なんでしょうね」

「今までは人間社会での節目で使ってきた言葉だけどね
これからは地球規模で起きるような気がするよ」

「自然淘汰って言葉があるじゃない?
地球規模で言うなら自然界に迷惑をかける生き物ってこと?」

「よく人間のガン細胞に例えることがあるよね」



「ガン細胞を考えると居て欲しい存在、居ては困る存在
そのように考えてしまうよ」

「ノア 約束の舟の映画を見たらそんな気がするよね(笑)」

「これから先同じようなことが起きるかもしれないけど
『どちらを選択しますか?』って問われる時期が起きそうよね」




「どちらを選択するかって?」

「今のままで良いのか? 今を変えるのか? ってね」

「今を変えるならどう変える?」

「それは地球さんに聞いてみなくちゃ(笑)」



「地球さんってレベルアップするんじゃないの?」

「人間も地球さんに合わせる努力が必要ね」

「自然に合わせないといけないよね」

「自然に合わせるって?」



「自然界に迷惑をかけないことが必要だよね」

「自然界にないお金を使って経済活動も迷惑になるってこと?」

「地球さんの気持ちになって考えないといけないと思うよ」

「命を大切にしない人類って動物以下かもしれないわね」


地球の変化は人間の都合なんて関係ないよね。

3ヶ月前 No.31

マー坊 ★18NbNZF3b4_Twa

ここから
いろんな人たちと未来を語り合いました。



     「未来を語り合う(1)」


どんな未来を想像しますか?

未来を悲観視する人もいれば
未来を楽観視する人もいるよね。

未来は人の心で決まり
人の行動で決まるって言うじゃない?

未来を悲観的に見る人の心はどうなんだろう?
プラス思考よりマイナス思考が強いのかな?

ところで
この会話は「」が付いていないよね。

「」は面倒だから付けないんだって。(笑)


そうなの?
シンプルでいいかも。(笑)

いろんな意見があっても良いよね。

プラス思考が良いと言われても
プラス思考になれる根拠みたいなものが要るよ。

たしかに
不安を解消するための根拠があれば
プラス思考になることも簡単だと思うよ。

ところで
不安材料って何でしょう?

他の人の意見も聞きたいね。

この話題はしばらく続けてみようか。

あなたも参加してみませんか?


3ヶ月前 No.32

マー坊 ★18NbNZF3b4_Twa

     「未来を語り合う(2)」


未来を悲観視する人も楽観視する人も
共通点はあるよね。

「いつまでも同じ状態は続かない」ってこと?

諸行無常ね。

・しょぎょうむじょう【諸行無常】
仏教の根本主張である三法印の一。
世の中の一切のものは常に変化し生滅して、
永久不変なものはないということ。
(ヤフー辞書より)

富を持つものは
いつまでもこの富はあるとは限らない。
今まで積み上げてきた努力家は
過去の実績がパーになってしまうのではないか?
とかね。

仕事も結婚も子育ても健康も
今の社会環境から見ると不安材料にはなるよね。

だから
アベノミクスを頼って景気回復を望むんだよね。

これだけ人間が進化しているのに
景気が人間の生活を左右するなんておかしいよ。

だから
景気に左右されない生き方をする人も増えてるよ。

自給自足をする人ね。

自給自足をしても
お金を持っていないと生活は出来やしないよ。

結局、お金がないと何も出来ないじゃないか。

だから
お金のない社会にしなければいけないんだよ。

お金の要る社会でも不安だし
お金のない社会でも不安だし
どちらの社会が良いんだろう?

お金の要る社会の利点はあるけどね
お金のない社会の利点のほうが多いんだよ。

働くことも結婚も子育ても健康維持も
ずいぶん変わるんだろうね。

個人的にも地域的にも国家的にも世界的にも
地球的にも良いことがわかるよ。

なんだかワクワクする話になりそうね。♪

3ヶ月前 No.33

マー坊 ★18NbNZF3b4_Twa

      「未来を語り合う(3)」


富のある人や地位や名誉のある人は
未来に不安はあると思うよ。

なぜ、そう思うの?

一生懸命働いて
将来のためにお金を貯めている人や
せっかく築いた
地位や名誉が無くなるのが怖いんじゃない?

地位や名誉は他人からの評価だよね。
生き方や考え方さえ間違わなければ
どんな未来でも評価は変わらないと思うよ。

地位や名誉に執着さえなければ
他人の評価は変わらないってことね。

問題は富だ。(笑)
富はなぜ必要だと思うんだろう?

富の目的は?

衣食住が満たされて肉体的、精神的に安定させることかな?

それが幸せでいられる基準でもあるんだろうね。

じゃあ
衣食住が満たされていれば
富に執着することも無くなるってこと?
欲望が満たされれば執着は取れるの?

そう言えば
マズローの欲望の五段階ってあったよね。

「生理的欲求」
「安全への欲求」
「所属と愛の欲求」
「承認欲求」
「自己実現」
「自己超越」

衣食住が満たされたら富は必要ないよ。
次なる欲望は
自分の生き方次第で満たされるものだからね。

富も地位や名誉にこだわらなくても
安心して暮らせるのなら一先ず安心ね。(笑)

お金が無いと生きていけない社会は
お金を求めることに意識が集中するからね。
欲望を満たすためにお金を求める。
お金がないと幸せになれないという洗脳だね。

お金の要る社会が続く限り無くならないね。(笑)

だから
お金のない社会へすることが大切なんだ。

生きることに不安のない生活が
すべてのスタートになると思うよ。

欲望も進化するってことかな?


3ヶ月前 No.34

マー坊 ★18NbNZF3b4_Twa

      「未来を語り合う(4)」


必要な物が得られなくなる恐れもあるけど
今持っている物が失ってしまう恐れもあるよ。

肉体を失ってしまうという
死を免れることは誰にもできないけどね。(笑)

自分が所有するいろんな物や財産が気になるよ。

物や財産はなぜ必要だと思うの?

そりゃあ・・・・?
楽しい人生にするためじゃないの?

じゃあ人生が終わる時は必要ないわけね。

・・・そうね。?
自分にとって必要でも他人は必要ないか。(笑)

そうよ。
だからね
所有権なんて必要ないのよ。

所有権がないと誰かに奪われるかも?

所有権が無くても使用権があれば良いんじゃない?

使用権って?

その人が使っている間はその人のものってこと。
その人が死んだり「要らない」って言うまでは
誰もその人の使用権を侵害してはならない。

それなら安心して使い続けることが出来るよね。

その代わり
管理義務があるのよ。

管理義務って?

家も土地も車も舟も家具も・・・
使っている人が管理しなければならないの。

管理できなかったら?

そうなると没収ね。
他に必要とする人が使用権を得ることになる。

今のお金の要る社会では所有権があるよね。
その所有権のお陰で耕作放棄地が増えたり
ゴミ屋敷が増えたり、放置自転車が増えたりね。

物も土地も自分の体と同じように考えないとね。
生きている間は使っている人が管理する。
それも大切にってことよね。

人生を楽しく健康的に暮らしていければ
お金も所有権も必要ないってことだね。

どんな物もすべて自然からの資源で作った物。
未来の人たちのためにもすべて無駄にできないね。

今さえ良ければいい
自分さえ良ければいい
もうそれは許されないことなの。

未来のためにも今を大切にしなさいってことね。

今までのやり方で今という結果になったんだね。
今が良くないから今を変えるってことなんだ。

そうね。


この会話に女性が入ってきたの?

いろんな人が交じり合っているからね。(笑)


3ヶ月前 No.35

マー坊 ★18NbNZF3b4_Twa

      「未来を語り合う(5)」


失って困ると言えば「仕事」もあるよ。
いつまでも今の仕事があるわけじゃないしね。

失業者も多いし、契約社員やアルバイトが多いし。
仕事を探してもなかなか無いってね。

仕事が無いという不安はなぜでしょう?

仕事が無いから困るんじゃないと思うよ。
収入が無いから困るんだと思う。

そうよね〜。
お金持ちは仕事が無くても豪邸に住んでるわけだし。

景気が良くなっても失業者が無くなる訳じゃないよ。

明るい未来は景気に関係ない社会が必要ね。

ところで
仕事って何だろう?

・しごと【仕事】大辞林 第三版の解説.
〔動詞「する」の連用形「し」に「こと(事)」の付いた語。
「仕」は当て字〕
1 するべきこと。しなければならないこと。
2 生計を立てるために従事する勤め。職業

働くと言うのは仕事をするってこと?

そうね。
同じことじゃない?

仕事をするのはお金を稼ぐって感じじゃない?
働くのは周りの人の役に立つとか。
傍(はた)の人が楽になることをするって言うから。

なんだかね〜(笑)
今の社会って
お金を稼がなきゃ働いたことにならないよ。

だから
仕事が無いことが困ることなんだよね。

本当に仕事は無いの?

お金の要る社会とお金のない社会では
仕事の種類が違っているんだと思うよ。

お金の要る社会では
お金が儲かりさえすれば仕事と言えるしね。
お金のない社会では
人や社会のためになることはすべて仕事と言えるよ。

じゃあ、ボランティアはすべて仕事と言えるんだね。

ボランティアは素晴らしい行為だと言われたけど
お金のない社会はみんな素晴らしい行為をするんだ。

病気や怪我で働けない人はどうなんだろう?
お金さえあればサービスも受けられるけど。
お金を払うことで罪悪感もないしね。

お金のない社会では社会のための行為が働くこと。
子育ても病気や怪我の治療も社会のためだと思うよ。

じゃあ一人住まいのお婆ちゃんの話し相手になるのも
社会のためになるんだ。♪

お金のない社会ってお金を稼がなくてもいいから
一人一人の個人を活かす生き方ができるって感じね。


3ヶ月前 No.36

マー坊 ★18NbNZF3b4_ouC

      「未来を語り合う(6)」


仕事の話が出たついでに聞きたいけど
働く時間とか転職とか失業とかあるの?

お金の要る社会から見ると
お金のない未来はすごくシンプルだよ。

無くなる仕事は増えるんでしょうね。
金融業とか。(笑)

銀行、保険会社、証券会社、信託会社、
クレジット会社、消費者金融会社などなど
そこで働く人も建物も要らなくなるわよね。

働くところが少なくなって
働く人たちが増えてくるとどうなるの?

簡単なことよ。
一人当たりの労働時間が少なくなるってことね。

生活に必要なものを作ることが出来さえすれば
医療や教育、介護が充実するってこと?

働く時間が少なくなって
医療や介護が充実すれば健康で長生きできる。
良いじゃないですか。

あとは娯楽ね。

で?
働く時間は少なくなるってどのくらい?

一日あたり4時間もあれば充分じゃない?

そうよね。
勤務時間帯も自由に選べるし
通勤ラッシュも無くなるし
単身赴任も無くなるし
転職も自由だし。

お金のない社会ってすごいじゃないですか。

働くことが楽しい社会が理想社会よね。
頑張ることが楽しくなりそうね。


3ヶ月前 No.37

マー坊 ★18NbNZF3b4_ouC

      「未来を語り合う(7)」


個人的な問題は無いことはわかったけど
生産や物流は安心できるのかしら?

安定した生活を維持するためには必要ね。
いくらお金を持っていても生産となるとね。

お金の要る経済では生産の矛盾を知ってる?

大量生産・大量消費・大量廃棄でしょ?

それだけじゃないでしょう?
必要の無いものまで作るんじゃないの?
それに
コストを下げるために不良品を作ったり
農薬だらけの野菜を作ったりね。

必要なものを必要な量だけ作るとか
環境に良いもの健康に良いものだけを作る
そういうことが出来ないのが欠点ね。

未来はそういう問題は解決するの?

そうだよ
必要なものを必要な量だけ作る
環境や健康に良いものしか作らない
そして
すべての生産物を循環させることが出来るよ。

循環って?

車や家具や食料品などすべての生産物が
今までゴミとして処分していたものが
すべて回収されて再利用されるんだよ。

今でもそれは出来ているんじゃないの?

今のお金の要る社会では
コストがかかるからという理由でね
大半はゴミとして処分しているんだよ。

資源がもったいないよね
それに
ゴミを増やすと環境が汚染されるしね。

お金の要る社会では
利益を上げないと成り立たないんだよ。
お金を循環させるためにね。

お金のない社会なら
お金を循環させる必要が無いから
すべての資源を循環させることが出来るんだね。

必要なものが生産されて
必要とする人たちに分配されて
すべての生産物が資源として循環していく。
これなら
地球と人間が共存できる生き方が出来るよ。


3ヶ月前 No.38

マー坊 ★18NbNZF3b4_ouC

      「未来を語り合う(8)」


生産と物流の話はなんとなくわかったけど
お金のない未来って不思議に思ったことあるよ。

何が不思議なの?

文明が発達したからお金が出来たんでしょ?

そうね。

お金のない社会って
原始的な社会のような気がするんだけど。(笑)
しかも
物々交換をしなければ何も手に入らない。(笑)
物を持っていない人は
物々交換が出来ないからどうなるんだろうって。

そこが誤解されることよね。
お金はね
物々交換を便利にするために作られたのよ。

え?

お金の要る社会は物々交換の社会なの。
物々交換を便利にするために作られたんだから。
だから
お金は単なる道具なのよ。

お金のない社会は交換する物は要らないの?

まったく要らないのよ。
だって
必要なものが必要な量だけ生産されていれば
お金なんか必要ないでしょ?

物々交換の社会って見返りを求める社会なの。
だから
少ない努力で多くを得るために知恵を使うのよ。

お金のない社会はすべてが無料だから
見返りを求めなくても気持ちよく仕事が出来る。
だから貢献社会って言うんだね。

・こうけん【貢献】(大辞林 第三版の解説)
1、物事や社会に力を尽くして,
 よい結果をもたらすこと。寄与。
2、貢ぎ物を奉ること。また,その貢ぎ物。

貢献ってなんだか難しいけど
子どもの心と同じよね。

なぜそう思うの?

子どもって親のお手伝いをしたがるでしょ?
それに
親が喜んでくれると嬉しいじゃない。
「自分は親の役に立っている」
「ありがとうって言われると頑張りたくなる」
とかね。

人間は他の人間の役に立つことが良いんだね。

できれば
地球の役に立つとか、宇宙の役に立つとか?(笑)

細胞が体のために存在するのと同じね。

その例えはわかりやすいよ。(笑)


3ヶ月前 No.39

マー坊 ★18NbNZF3b4_ouC

      「未来を語り合う(9)」


未来は戦争も飢餓も貧困も無くなるって?
なぜ無くなるんだろう?

それは
お金のない世界になることがきっかけだよ。

お金のない世界って奪い合いの世界になりそう。
でも
なぜ戦争や飢餓が無くなるの?

お金のない世界は助け合いの世界になるんだよ。
物が不足する地域は物が余る所から流れ
技術が無い所は技術がある所から流れて行く。

資源も同じことが言えるの?

そうだよ。
領土問題の大きな原因は
資源の奪い合いだと言えるんだよ。

奪い合いをするから戦争が起きるんだね?

飢餓も貧困も無くなったら紛争さえ無くなるよ。

お金のない世界になれば実現できるってことよね。

本当はお金の要る世界でも実現できるんだよ。

だって現に実現できていないじゃないか。

軍隊にお金をかけるくらいなら
国民レベルの交流や
相手国の問題解決にお金を使えば良いんだよ。

自国のためにお金を使うのではなく
他国のためにお金を使うことが良いってことね。

それは
個人でも同じことが言えるんじゃない?
周りの人を大切にすると
周りの人は自分を大切にするってね。

戦争も争いも無くす方法なんだ。

そんな簡単なことが出来ないのは何故?

自分を大切にする方法が間違っているってこと。

お金の存在が個を分けてしまっているって感じね。


3ヶ月前 No.40

マー坊 ★18NbNZF3b4_ouC

      「未来を語り合う(10)」


いろいろ語り合ったけど
一つの結論として
世界を一つの家族として考えるべきよね。

家族はお金のやり取りなんかしないもんね。

「地球は生命体だ」と言われるように
地球が生きているお陰で人間も生きていけるんだよ。

人間の経済活動が
地球中心より人間中心の生き方を優先させているんだね。

未来はやっぱりお金が無くしたほうが良いの?

「お金はあっても良いじゃないか」

「お金はないほうが良い」
と両方の意見はあるけどね。

「お金はあっても無くても人間の生き方次第だ」
との意見は多いから
「生き方次第ならお金は無いほうが良い」
と結論は出てくるんだと思うよ。

「時代は徐々に変わるほうが良い」
という意見も多いけど
「システムを変えれば時代は早急に変わる」
という意見もあるよ。

早急に変えたほうが良いのかしら?

それは急を要すると思うよ。

なぜそう思うの?

それはね
これ以上犠牲者を増やしてはいけないからだよ。

犠牲者って?

戦争や内紛、貧困や飢餓による死者や障害者。
これから先起こるであろう
大震災や大津波、台風や大洪水などの被害。

お金がないと生きていけない社会だから
お金がないと何も出来ない社会だから
いろんな対策が自由に出来ないからなんだね。

自然に合わせた生き方をするのが一番なんだね。

自然はお金を必要としないし
自然からお金を求められることもないってことね。

人類みんなが生きていけるための資源が
今の地球にはそろっているんだよ。

各地で生産し
各地で消費し
各地で循環する

それを世界中の人たちが
知恵を出し合い
助け合うってことなんだね。

未来の生き方って、こんな簡単なことなのにね。

何度も言うけど
未来は今より文明が発達するからね。

原始的な生活に戻るんじゃないんだよね。

原始的な生き方も
今より便利な生き方も同時に出来るんだよ。

それをイメージして
みんなが意見交換したら未来は楽しくなるよ。


3ヶ月前 No.41

マー坊 ★18NbNZF3b4_ouC

ここからは
青年たちの声に耳を傾けていきます。


      青年の声「政治」


子供はいずれ青年になり
老人は青年だった時期があります。


青年の頃どんな夢を持つのでしょう?
子供の頃の夢とは違うことが多いです。
現実の厳しさが少しずつわかってくるから。


18歳から選挙権があるからといって
自分の夢が叶う可能性が増えたわけじゃない。


若者たちは何を考え何を夢見ているんだろう?


「君は投票に行ったの?」
「僕は行かなかったよ」
「どうして行かなかったの?」
「だって、誰に投票していいのか・・」


「僕は行ったよ」
「投票用紙になんて書いたの?」
「僕の未来を良くしてくれそうな人(笑)」
「未来を良くしてくれる人?」


「そうだよ、政見放送を聞いてね」
「政見放送を聞いて選んだの? ふ〜ん」
「親に聞くより自分で判断したんだよ」
「選んだ人が当選して未来が良くなるの?」


「政治は政治家に任せるしかないじゃないか」
「今の政治家も過去の政治家も立候補する時
 政見放送でなんと言っていたんだろう?」
「それは、未来を良くしますと言うだろう」
「過去から見れば今は未来だよ」


「未来である今が良くなっていないのなら
 過去の政見放送はうそを言ってたこと?」
「うそじゃないと思うよ」
「だって今の大人たちは生活に苦しんでるよ」
「徐々に良くなるんじゃないの?」


「すぐに良くなることは出来ないのかな?」
「種をまいてもすぐに花が咲かないのと同じ
 そう思えば納得するかもよ(笑)」
「そんな〜♪ 決断して行動するだけだよ」
「自然現象と人間の行動は違うよね(笑)」


「人間の行動にはお金は必要だからね」
「お金がないと何も出来ないのがつらいね」
「だから財源を得るために税金が要るんだよ」
「財源を増やすために増税が・・・・」
「そうだね、税金を払うために国民が苦しむ」


「国民のために財源が必要で
 財源が多いほど国民が喜ぶけど
 財源を増やすために税金を増やしていく
 税金が増えるほど国民が苦しむ
 なんてばかげた政治なんだろう?」


「誰に投票しても変わらないはずだよ」


3ヶ月前 No.42

マー坊 ★18NbNZF3b4_ouC

      青年の声「就職」


若者は夏になれば就活に意識が向きます。
進学組みは次の入試の準備がありますが
就職組みは自分が望む会社探しです。


会社を選ぶ基準って何でしょう?
正社員、給料の金額、就業時間、休みの日数、
通勤時間、寮がある?どんな手当てがある?


「君は内定は決まったの?」
「三つ受けたけど一つだけ決まったよ」
「正社員なの」
「そうだよ、第一希望の会社じゃないけどね」


「やってみたい仕事なの?」
「正社員なら何でもいいかな〜って(苦笑)」
「そんなの僕ならイヤだな〜」
「正社員なら収入が安定するだろ?」


「安定収入を優先するわけね(笑)
 僕ならやりたい仕事を優先したいよ」
「それでどこか受けたの?」
「それがね、ハローワークで探してもらったら
 パートやアルバイトならあるんだって」


「多くの会社は利益を上げるために経費を
 抑えたいからアルバイト歓迎みたいだよ」
「僕の先輩はアルバイトから正社員に変わった
 と言っていたよ」
「やりたい仕事ならストレスが少ないしね
 頑張ることも苦にならないから楽しいよ」


「正社員になってもストレスになっちゃあね」
「とにかくお金を稼がなきゃいけないし
 お金を稼ぐために働くのはつらいよね」
「君はボランティアをやっていたんだろ?」


「ボランティアをやっていた頃はストレスは
 感じなかったんだけどね
 いくら社会のために働いてもお金が貰えない
 と続けることが出来ないんだよ」
「お金を稼ぐためにやりたい仕事をやめて
 やりたくない仕事をやらなきゃいけない
 働くことの意味がわからなくなるよ(笑)」


「ボランティアで生活が出来る社会が良いね
 いろんな仕事を経験してみたいもんだよ♪」



3ヶ月前 No.43

マー坊 ★18NbNZF3b4_ouC

      青年の声「結婚」


少子化対策で国がいろんな対策を講じています。
シングルマザーやシングルファーザーも増えてる。
共稼ぎをしないと子供を育てることが出来ない。
いろんなしがらみの中で青年は何を考えるんだろう?


「僕は結婚なんてまったく考えていないよ」
「私は若いうちに子育てした方がいいと思うよ」
「男性と女性では考えることも違うんじゃないの?」


「人口を増やすために結婚するのも変よね」
「結婚しなくても子供は産めるよ」
「子育てにはお金が要るからね」
「働くことと子育てすることは一人じゃ無理よ」


「若いころは遊ぶことに時間とお金を使いたいね」
「人生を楽しむ方法は人それぞれだからね」
「結婚は自分の時間が束縛されるのがつらいよね」
「結婚はしたくなったらすれば良いんじゃないの?」


「それにしても出会いってないよね〜♪」
「うかつに出会いサイトに参加したくないし」
「行政で合コンを無料開催すればいいのに(笑)」
「それ、良いんじゃない♪」


「結婚するしないは会ってから決めれば良いんだし
 人間関係が広がることも人生に役立つわよ」
「結婚までたどり着くかどうかわからないけど
 経済的にやっていけるかどうかの判断が難しいね」


「お金のない社会だったら結婚も変わるだろうね」
「結婚も離婚も増えると思うよ」
「どうして?」
「だって、お金がなくても安心して生活できるんだから
 相手の人間性だけで判断すれば良いじゃないの」


「こんなはずじゃなかったと思うこともあるからね♪」
「子供が出来たら離婚をあきらめる人は多いわよ」
「お金のない社会ならホント、自由で良いわよね」

3ヶ月前 No.44

マー坊 ★18NbNZF3b4_ouC

自分の中の心と会話してみました。


      心と対話(1)


この世に生まれて多くの矛盾に気が付いた。
「言ってることとやっていることが違う」
とか
「夢を持ちなさいと言っておきながらムリだと言う」
「政府の批判ばかり言って改善しようとしない」


「意識改革の必要性ってわかるか?」
「何となくわかるけど・・・」
「この人間社会は今の人間の意識で成り立っている」
「そりゃあ人間社会だからね」


「社会の矛盾を無くすには意識を変える必要があるんだよ」
「でも、意識って簡単に変わることは出来ないと思うよ」
「人間の意識は変わるきっかけが必要なんだよね」
「明治維新とか世界大戦とか?」


「人間の意識が変わらないと世界は変わらないと言うけど
世界が変われば人間の意識も変わるんだよ」
「社会はこうあるべきだと言う意識が変わるのは難しいよ」
「人間の欲望が社会の矛盾を引き起こしているんだよ」
「人間の欲望は無くすことは出来ないし無いと困るよ」
「無欲になることが大切じゃないんだよ」
「よく我欲を捨てなさいとか言われるじゃないか」


「欲望の種類を変えなきゃいけないんだよ」
「小欲より大欲が大事だって言われたことはあるけどね」
「それも大事だけどね、得を得ることより徳を得ること」
「あの尊徳感情っていうやつね(笑)」

「お前なんか見返りがないと何もしないじゃないか」
「そりゃあお金という報酬がないと困るからだよ」
「問題はそこだね」
「報酬を得ることが問題?」
「報酬を得ることが問題ではなくその仕組みなんだよ」
「報酬を得られないと何もしないというシステムだから?」
「それもあるけどね、お金が無いと機能しないシステムだから」
「お金は人間が考えた最高のアイテムだと聞いたことがあるよ」


「お金が無いと生きていくことすら出来ないじゃないか」
「たしかにそうだけど」
「そして、もう一つ大きな問題が所有権なんだよ」
「人間の所有欲が社会発展の原動力になっていると思うよ」
「それを正しいことだと思うことが今の世界を壊しているんだ」


3ヶ月前 No.45

マー坊 ★18NbNZF3b4_ouC

      心と対話(2)


「本当に正しいことを実践していれば苦しまないのに」
「自分は正しいと思ってても人によって正しくないよね」
「ところで所有権の存在に疑問を感じたことはないのか?」
「所有の喜びと言うものは無いよりあったほうがいいと思う」

「では聞くけど、
頑張って手に入れたものをいつまでも大切に使っているか?」
「そう言われると・・・そうでもないかも?」
「何でもそうだけど、
手に入れるまでは頑張るけど手に入れたあとはどんな気持ちだ?
苦労して家を買って、壊れてもお金がかかるからって修理もしない。
庭の草なんか面倒臭いからといって伸び放題。
挙句の果てにはゴミ屋敷で近所迷惑も居るし・・・」
「それは一部の人でしょう?」

「一事が万事なんだよ。小さいことを言えばきりがないけどね。
『自分の物だから自分の都合のいいように使ってもいいじゃないか』
と思っている人が多いんだよ、それに利用できる人が偏ってしまう」
「それは公平性を保つには良いことじゃないか」
「それが本当の公平性だと思うか?」
「頑張った人は頑張っていない人より多く所有できるんだよ」

「本当の公平性は、すべての人が自由に使えることなんだよ。
どうしても数に限りがある場合は抽選でいいんだ」
「所有権がなかったらいつ誰かに奪われるかわからないよ」
「所有権の代わりに使用権があればいい。使用者が使っている
あいだは誰にも侵害されないことを保証すれば良い。
そして使用者が使わなくなった時、公のものに戻るんだよ」
「それでどんなメリットがあるの?」

「お前は借家に住んでいるんだろ?」
「うん」
「借家の場合、修理は自分でしなくてもいいけど、
大切に使わなければいけないという義務があるんだよ」
「なるほど。借りたものは大切に使わなければいけないんだ」
「そうなんだよ。自分の体も借りたものだと思えば大切に使い
病気や怪我にならないように健康管理にも気を使うんだよ」
「そっか〜。医療問題も環境問題も解決できるんだ」
「そして完全循環型社会を作れば益々良くなるんだね」

「ところが、すべてにお金が必要な社会だから不可能なんだよ」
「何で?」
「完全循環型社会では企業は儲からないんだよ」
「何で?」
「コストがかかるし、資本主義社会にふさわしくないんだよ」
「何で?」
「大量生産大量消費で売り上げを上げることをしないから(笑)」
「どうすればいいんだろう?」

「一番の難関は『所有権を放棄すること』だね」
「どうすればみんなが放棄できると思う?
それに、頑張ることが無くなって無気力になるんじゃないの?」
「それはね・・・・


3ヶ月前 No.46

マー坊 ★18NbNZF3b4_ouC

      心と対話(3)


「今の日本経済の現状を見ればわかるだろ?」
「国の借金が多過ぎて破綻しそうだってこと?」
「破綻しそうだと言ってるけど破綻してるよ(笑)」
「破綻したらどうなるの?」
「国に貸したお金が返ってこないってことだね」
「そりゃあ国民が困るでしょ」

「だからね、破綻して返らなくなるお金なんだから
お金を放棄すればいいんだよ。
その代わり
『国内での支払いはすべて無料にしてくれ』って言えばいい」
「じゃあお金の無い社会が出来るって言うこと?」
「そう言うこと」

「お金が無くてもすべてが無料だったら働かなくても・・」
「それはダメだよ。働かざる者食うべからずだよ」
「どんな仕事をすればいいの?働けない人はどうなるの?」

「本当に必要な仕事は何なのかをみんなで考えることだね。
病気や怪我で働けない人は治療することが働くことになるよ。
子育ても働くことだし親の介護も働くことなんだよ」
「それじゃあ生産する人は少なくなるんじゃないの?」
「お金の無い社会では金融業が要らないんだよ(笑)
農業も林業も機械化が進んで生産効率が上がり少人数でいい
それに労働者が余るから一人当たりの労働時間は半分以下だね」
「そりゃあいいね〜♪」

「お金を放棄してお金の無い社会になれば所有権も要らないよ」
「欲しいものが自由に手に入るからね。
でもお金が無くなって、気力も失せてしまうんじゃないか?」
「物欲が満たされたらどうなる?」
「頑張ることをしなくなるんじゃないの?」
「いいや。頑張る種類が変わるんだよ」
「どのように?」

「頑張って大金持ちになった人を見たことあるか?」
「ニュースやテレビ番組なんかで見たことあるよ」
「そういう人たちを成功者だという人も多いけど・・
そういう人たちが社会貢献するのを知ってるか?」
「すべてじゃないと思うけどけっこう多いと思うよ」

「欲しいものがすべて手に入ったら何をする?」
「社会貢献して良い人に思われたいという欲望かな?」
「人間って誰かに褒めてもらえると頑張れるんだよ」
「そう言うことなのか〜」
「もっとでっかく言うと『神様に褒めてもらいたい』と願う」
「形のあるものを求めないで形のないものを求めるって感じね」

「お金や物を手に入れるために頑張ってきた時代は終了なんだ。
これからは
『自分が誰かの役に立てるために頑張る』時代なんだよ」


3ヶ月前 No.47

マー坊 ★18NbNZF3b4_ouC

      心と対話(4)


「意識改革を進めるにはどうすればいいの?」
「今が良くないのなら今を否定することなんだよ」
「今が良くないのはわかるけど今の何が?」
「原因は何なのかを知ることだね」

「原因って?」
「すべての現象は原因があるはずなんだよ」
「若いお父さんが赤ちゃんを殺した話があったね。
それは経済的に困ってイライラしてと言ってたよ」
「ほとんどの問題は突き詰めていくとお金なんだよ」

「じゃあ具体的にどうすればいいの?」
「テレビのニュースを見たとき、こう考えてみてごらん
『お金の無い社会だったら?』って」
「お金の無い社会だったらこんな犯罪も起きないってこと?」
「そうだ」
「それならイメージしやすいかもしれないね」

「そして、学校教育にも変革は要るよ」
「どうすればいいの?」
「知識を蓄える教育を減らして知恵を出し合う教育を取り入れる」
「例えば?」
「簡単に答えの出ない問題や宿題を出すんだよ」
「例えば?」
「『学校が楽しくなるにはどうすればいいか?』とか
『勉強を遊びながらするにはどうすればいいか?』とか
『人から感謝してもらえることは何だろう?』とかね」
「な〜るほど」

「知識は限界があるが知恵は限界がない
しかし、知識がなければ知恵は湧かない。
だから知識のための勉強と知恵のための教育は必要なんだよ」
「知識も知恵も必要なんだね〜」

「それはそうと、お金の無い社会にこだわっているけど
お金に対してどう思ってるの?」
「拝金主義者は『お金は神様からの贈り物』と言い
 廃金主義者は『お金は悪魔からの贈り物』と言う」
「ハハハハ・・・廃金主義者ね」
「笑うな!
大いなる存在から見ればお金は子供に与えたおもちゃと同じだよ」


3ヶ月前 No.48

マー坊 ★18NbNZF3b4_ouC

「お金のない社会になったら?」
という設定で会話をしてみました。


    「お金のない社会が軌道に乗ったら?」


「軌道に乗るって?」
「試練を乗り越えて何事も順調に上手く行くってことよ」

「学校の教育方針も結婚制度も変わるんだろうね」
「会社の社長っていなくなるんだろうか?」
「みんなが労働者となるんだろうね」
「労働者ってなんとなくイメージが良くない(笑)」
「働く人たちって言えば?」
「同じような気がする(笑)」

「働く時間は少なくなるよね」
「生産や物流など滞らないようにすればいいよ」
「自分に合う仕事が見つかるまで転職してもいいしね」
「多くの仕事を経験したかったら転職も楽しくなるよ」
「天職が見つかるまで転職だ(笑)」

「旅行なんか楽しいと思うよ」
「運賃はタダだし外食もタダだし宿泊もタダだし(笑)」
「可愛い子供には旅をさせろって言うから
子供が望めば一人旅も良いんじゃないかな〜?」
「ナビ付きの携帯を持っておけば親も安心よね」

「子供が一人で旅をしていると・・・
『坊やどこまで行くんだい?』『行けるとこまで』ってね」
「楽しい経験になると思うな〜♪」

お金を稼ぐ必要のない社会はどんな社会?
みんなが人生を楽しめる社会だと思いますよ。

「もっと楽しいイメージをしてみましょうか」


3ヶ月前 No.49

マー坊 ★18NbNZF3b4_ouC

     「お金のない社会の生き方は」


「すべてが無料なら働かなくてもいいの?」
「そうじゃないよ」
「だってお金を稼ぐ必要がないんでしょ?」


「得るために働くのがお金の要る社会
与えるために働くのがお金のない社会なんだよ」


「与えるだけじゃ得ることができないじゃないか」
「みんながボランティアで働くとどうなる?」
「・・・・?」
「必要なものを必要な量だけ作るんだよ」
「みんなが必要とするもの?」
「そうだよ」


「誰もお金を要求しないんだったらタダだよね?」
「そうなんだよ」
「お金を得るために働くんじゃないんだね」
「だから、生き方が変わるんだよ」


「恋愛事情も変わるんだろうね?」
「高収入、高学歴はまったくなくなるよ(笑)」
「どんな人を選ぶんだろう?」
「人間性を重視するよ」
「見た目もでしょう(笑)」
「好みと言うのがあるからね」

「自分の理想の相手を見つけるにはどうすれば?」
「自分が理想の人になることがいいかもしれないね」
「人の成長の仕方が変わってくるんだね」

「人と比較して成長するんじゃないんだよ」
「競争は成長のために良いって聞いたよ」
「自分と競争することが良いよ」
「どういうこと?」
「昨日までの自分との競争だよ」
「なるほど、昨日の自分よりもっと良くなるってことね」


「人と比較するのではなく自分と比較するの」
「これなら誰にも迷惑はかからない(笑)」
「すべては自分自身なんだよ」


「自分が成長すれば社会が成長する」
「良いこと言うね〜♪」


3ヶ月前 No.50

マー坊 ★18NbNZF3b4_ouC

     「お金のない社会の考え方は」


「お金のない社会の生き方はわかったけど考え方は違うの?」
「考え方で生き方の行動が決まるんだよ」

「で、どんな考え方が良いと思うの?」
「細胞と体の関係は覚えてるだろ?」
「一人の体は60兆個の細胞で出来ているってこと?」
「そうね」
「個は全体のために存在するってこと?」
「そうだよ」

「それで?」
「自分さえ良ければいいって思ったことある?」
「そんなこと思ったことないよ」
「思っていなくても、そうしていることはないの?」

「どんなことだろう?」
「買溜めとか預貯金とか蓄えることだよ」
「それは・・・・常識でしょう?」
「当然だと思うことが罪悪感をなくしているんだよ」
「そんなこと言ったって・・・・」

「飢餓や貧困で苦しんでいる人たちを知ってる?」
「世界的に見ればいっぱいいるよ」
「経済大国のアメリカや日本でもいるのは知ってる?」
「・・・・・」
「飢餓で苦しんでいる人の前で大食い大会ができる?」
「・・・・・」
「体で言えばすべての細胞が健康じゃないと困るんだよ」
「世界中の人が健康なら地球も健康でいられるんだね」

「周りの人を幸せにすれば幸せの中で生きていける」
「そんな話も聞いたね♪」
「人に迷惑をかけないことは大切だけど
まず、人が喜ぶことをしようという考え方がいいよ」
「まず、自分が幸せになることばかり考えていたよ(笑)」
「同時進行が大切だと思うよ」

「別々のことは同時にできないよ」
「常に同じ価値観で考えることが大切なんだよ」
「体と一つの細胞との関係という考え方だったね」
「お金のない社会は考え方がシンプルなんだね」


3ヶ月前 No.51

マー坊 ★18NbNZF3b4_ouC

    「お金のない社会の楽しみ方」


「生き方考え方はなんとなくわかったけど
それで本当に楽しい人生になるの?」
「楽しいという基準は人によって違うだろうよ
でもね、個人の自由さは多くなるんだよ」

「お金を稼ぐ必要はないからね♪」
「お金の要る社会ではお金は自由を得るために
必要だと言う経済学者もいたくらいだからね」

「生活に必要なものを手に入れることができれば
自分らしく生きていけることに焦点がいくよ」
「自分がやりたいことが出来るってことよね?」
「そうだよ、何にでもチャレンジ出来るんだよ」

「やるべきことさえしっかりやっておけば
やりたいことが自由に出来る」
「やりたいことがやるべきことでも楽しいよね」

「やるべきことって働くことでしょ?」
「そうだよ、どんな社会でも働くことは生きること
お金を稼ぐことではなく生きるために働くんだよ」

「趣味がそうなるといいな〜♪」
「趣味が義務になると辛いけどね(笑)」
「それでも楽しいと思うよ」
「転職は自由に出来るんだからね」

「それに働く時間も少なくなるんでしょ?」
「そうだよ、勤務時間も自由に変えられるしね」
「ラッシュアワーってなくなるんだろうね」
「そうだよ、行楽地も混雑することもないしね」

「働く時間は少なくて、自由な時間が多くなる
自分の人生をどのように活かすか?楽しみだね」
「お金を稼ぐ必要がないって素晴らしいことなんだ」

「自分の人生のシナリオを自由に描くのは楽しいね」
「ワクワクすることはまだまだいっぱいあるよ」

3ヶ月前 No.52

マー坊 ★18NbNZF3b4_ouC

     「お金のない社会の作る楽しみ」


「お金の要る社会では売れない物は作れない」
「そうだよね、売るために作っている(笑)」
「資本主義社会は消費社会と言われるくらいだから」

「お金のない社会では作る楽しみってあるの?」
「作るって生産のことだよね」

・せいさん【生産】(ヤフー辞書より)
1 生活に必要な物資などをつくりだすこと。
 「米を―する」「大量―」
2 人間が自然に働きかけ、財・サービスを
 つくりだし、または採取・育成する活動。
3 出産。しょうさん。

「出産はさておき物作りを考えてみようか(笑)」
「自分が出来ることで社会貢献することが必要
って言っていたよね?」
「お金のない社会での必要条件だね」
「自分が作ってみたい物は自由に作れるの?」
「そうだよ」

「社会の役に立つものじゃないと意味ないよね」
「そりゃあそうでしょ、自分専用だったら趣味だよ」
「お金のない社会だったら頑張らなくなるって
いろんな人が言っていたよ」
「お金が儲かるから頑張れる人はそうだろうね(笑)」

「お金のない社会の頑張るきっかけはお金ではなく
自分が認められたいって欲望だと思うよ」
「世の中の人たちをビックリさせるような発明とかね」

「食べれば食べるほど健康になれる野菜作りとかね♪」
「魚なんか養殖場がいっぱい出来て、魚釣りの好きな
子どもや家族連れで収穫をするとかね(笑)」
「これが趣味と実益を兼ねるって言うやつね(笑)」

「人手が多いから山林も整備されて木を使った
家造りや薪ストーブなんかが流行るだろうね」
「電気なんか無公害の自家発電が当たり前になるから
エアコンも気兼ねなく使えるよね」
「電気製品も機種は減るだろうね」
「本当に良いものしか作らなくなるからね」

「資源の無駄がなくなるってことだよね」
「そう言えば大規模リサイクルセンターはすごいよ」
「すべての生産物が回収されて再利用されるんだよね」
「完全循環型社会の実現だからね」

「作る楽しみはもっともっとあるよ」


3ヶ月前 No.53

マー坊 ★18NbNZF3b4_ouC

     「お金のない社会の災害避難」


「近ごろ天災が多くなってきたけど・・
お金のない社会の災害対策はどうなるの?」
「天災を無くすことは出来ないけど
天災から被害を抑えることは出来るよ」

「大震災や大津波が予測されているよね
大災害は防ぎようがないんじゃないの?」
「お金の要る社会では移動が困難なんだよ
お金のない社会では移動が簡単に出来るからね」

「移動が簡単って?」
「お金のない社会では所有権と言うのがないの
だから必要な集団移転はすぐにでも出来るんだよ」
「予測される大震災が起きる場所と時期がわかれば
希望者を安全地域へ自由に移住してもらうんだよ」

「大都会の人口密度が減るだけで危険度は減るね」
「完全に無人地帯には出来ないだろうけどね」

「避難と言えば酷暑日なんか必要だと思うよ」
「集中豪雨なんかと同じに考えたほうがいいね」
「集会所や体育館って不便じゃないの?」
「お金のない社会ではもっと楽しいよ」

「避難場所が楽しい場所なの?」
「そうなんだよ」
「何々?」
「お金のない社会では娯楽設備が増えるんだよ」
「仕事量が減るから?(笑)」
「それもあるけどね」
「避難場所として作るんだよ」

「どういうこと?」
「映画館、ゲームセンター、演芸場や保養所など
多くの人が集まって楽しめる所が避難場所なんだよ」
「これなら避難したくなるよね(笑)」

「施設を頑丈に作って震災でも壊れないように
みんなが集まれば安心できるし退屈しない」
「いいですね〜♪」
「これってお金の要る社会でも出来るんじゃ?」
「ムリムリ、お金のかかることはやらないよ(笑)」


3ヶ月前 No.54

マー坊 ★18NbNZF3b4_ouC

     「お金のない社会のエンタメ」


「エンタメって何?」
「エンターテイメントの略だよ」

・エンターテインメント(ヤフー辞書より)
1 娯楽。気晴らし。また、そのための催し。
2 演芸。余興。

「お金のない社会での映画や音楽はどうなるの?」
「プロとアマの垣根がなくなるよ
今の映画会社や音楽制作所は継続するだろうけど
本格的なアマが多くなって楽しみが増えると思うよ」

「ユーチューブのような利用者が活躍するの?」
「そうだよ、人気のアーチストは音楽製作所が
取り上げてくれてテレビにも出演したりしてね(笑)」
「すべてが無料の社会だからいくら聞いてもタダ(笑)」

「音楽に限らず絵画やお笑いや映画作りも
専門家が評価してくれれば第一線で働けるよね」
「そのためには専門学校が出来るといいね」

「職業訓練所のような専門学校はいっぱい出来るよ」
「エンタメ専用の学校ね」
「それもだけどね、仕事に合わせた専門学校だよ」

「日本の伝統芸や伝統文化の保存のための学校?」
「そうだよ、素晴らしい技術は存続させなきゃね」
「お金のない社会って本当に必要なものは
いつまでも存続するために頑張ることが出来るんだね」

「存続で思い出したけど地方の祭りも盛んになるね」
「街でも田舎でも楽しいことはいっぱいある(笑)」

「見ることも楽しいけど、参加することが楽しいよ」
「子どもたちの夢も大きく膨らむんだろうね♪」
「可能性が高くなると大人たちも応援したくなるよ」
「子どもも大人もワクワクする社会は明るいね(笑)」


3ヶ月前 No.55

マー坊 ★18NbNZF3b4_ouC

     「お金のない社会の物流・循環」


「お金のない社会の物の流れはどうなるの?」
「地産地消が基本だよ」
「そうすれば輸送のムダが省けるよね」
「農作物は出来るだけ多くを生産したほうがいいね」

「作りすぎたらムダじゃないの?」
「そうじゃないよ、農作物が作れない所もあるでしょ?
異常気象や大雨で生産できない所にも流用出来るしね」
「自国の自給率を100%にする必用はあるよね」

「それでも余る程出来たらどうするの?」
「余った生産物は外国へ上げればいいんだよ」
「おすそ分けって感じね♪」

「あらゆる生産物も地産地消が良いんじゃないの?」
「そうだね、電気製品も車なども今まで通りに作るけど
大規模リサイクルセンターが各地にあると便利になるよ」

「どのようになるの?」
「大規模リサイクルセンターはすべての製品を回収する
そして再利用できるものはすべてそこから物が流れる」

「中古品も新品同様のレベルだったら問題ないよね」
「資源を無駄にしないことも大切なんだけどね
人の意識を変えることにも役に立っているんだよ」

「新品同様と人の意識改革のつながりは?」
「物も人も早いうちにメンテナンスをやるとね
故障も病気もない健康な状態でいられるんだよ」
「壊れるまで使うんじゃないってことね?」
「壊れないように大切にするってことだよ」

「こまめなメンテナンスはお金がかかるからね」
「だから、お金のない社会では・・・・ね(笑)」
「うん、わかるよ(笑)」


3ヶ月前 No.56

マー坊 ★18NbNZF3b4_ouC

     「お金のない社会は夢の世界じゃない」


「お金のない社会は素晴らしいと思うけど
なぜ、みんなはお金を大切にするんだろうね?」
「お金があるから秩序が保たれていると信じてる
そう思っている人は多いよ」

「お金は便利な道具だと思っている人も多いよね」
「便利だから大切だとは限らないよ(笑)」
「お金がなくなることの不安って何だろう?」
「お金の要る社会からお金のない社会へ移行する
そうすると誰も働かなくなると思っているかもね」

「現実がそうだから?(笑)」
「現実ではお金が貰えないと何もしないよね」
「お金のない社会だったら関係ないのにね」
「理解してもらうにはどうすればいいの?」

「江戸時代の人に飛行機や携帯電話の話をして
理解してもらうこととどちらが難しい?(笑)」
「どちらも難しいね〜(笑)」

「お金のお陰で文明は発達したと言う人もいたよ」
「そっか〜♪お金がね〜♪
すべては人間のお陰なんだけどね(笑)」
「お金は何も作ってはくれないんだよね(笑)」

「お金がないと何も出来ないシステムだからね」
「お金がなくても人は何でも出来るのにね」
「バカなシステムを変えようと思わないんだろうね」
「人間って本当に困らないと変えようとしないんだよ」

「本当に困ったらって?」
「危険が自分のこととして考える危機感かな?」
「大震災や大津波の被害を思い出したよ」
「経済活動でも人の命はいっぱい失われたからね」
「経済戦争と言われるくらいだから」

「経済大国のアメリカでさえ借金大国で破綻しそう」
「お金の流通はもうダメだね」
「お金の流通より心の流通が大切なんだね」
「助け合いにお金はないほうがいいんだよ」
「助け愛と言うくらいだからね」

「人と人とがもっと交流することが必要だね」
「そのためにはお金はなくしたほうがいい」
「たったそれだけのことなのに」
「人間も自然と同じようにシンプルがいいね」
「お金のない社会は夢の世界じゃないよね」


3ヶ月前 No.57

マー坊 ★18NbNZF3b4_ouC

     「お金のない社会は世界のお手本」


「お金のない社会は世界が同時じゃなきゃ
実現しないって誰かが言っていたよ」
「日本だけお金を廃止することは出来ないと思うよ
世界から軍隊を無くすことに似ているからね」

「一斉に廃止できないのならどうすればいいの?」
「まず日本がお手本になることだと思うよ」
「お手本って?」
「日本が軍備を無くすより簡単なことだけどね
地域通貨って知っているだろ?」

「地域だけにしか通用しないお金のことでしょ?」
「そうだよ、
日本国内だけしか通用しない通貨を作るんだよ」
「新しく通貨を作るってもったいないよ」
「通貨といっても電子マネーだよ、ポイントだよ」
「形のない単なる数字だね(笑)」

「貢献ポイントという電子マネーを使うの」
「お金のない社会と違うんじゃないの?
お金が貢献ポイントに変化しただけじゃないか?」

「お金の要る社会からお金のない社会へは
順番に通過しなければならない過程が要るんだよ」
「通貨と通過ってダジャレ?(笑)」
「だね(笑)」

「日本国内ではポイントがお金の代わりになるけど
ポイントは資産運用や財テクに使えないんだよ」
「単なる支払いのみってことね?」
「そしてベーシック・インカムを導入するんだよ」
「ベーシック・インカムって?」

・ベーシック‐インカム(ヤフー辞書より)
所得補償制度の一。
すべての国民に、政府が生活に足る一定額を
無条件で支給するもの。

「すべての国民にポイントを支給するんだよ」
「そうすれば誰もお金で困る人はいないんだね?」
「そうだよ、すべての国民が健康で生活出来るよ」

「それで日本が世界のお手本になれるの?」
「外国との取引にはお金は使うけどね
日本は一つの家族という考え方を知ってもらうんだよ」
「家族はお金のやり取りはしないもんね」

「そして次のステップがあるんだよ」
「次のステップって?」

・・・次のステップは想像できますか?・・・


3ヶ月前 No.58

マー坊 ★18NbNZF3b4_ouC

     「お金のない社会は世界平和の始まり」


「日本がお手本になって、次のステップは?」
「世界中が注目することは想像できるよね?」
「過去になかったシステムだから注目するでしょ」
「同じことが出来ないかの問い合わせが多くなるよ」

「日本と同じことが出来るんだろうか?」
「それはね次のステップを提案すると実現できるよ」
「どんな提案するの?」
「それは世界が一つの家族になるんだよ」

「言葉も文化も風習も生き方も違うのに?」
「そんなこと関係ないんだよ」
「宗教戦争だって起きてるじゃないか」
「そのために日本がお手本になる必要があったんだよ」

「宗教戦争と日本のお手本と関係あるの?」
「日本はいろんな宗教が存在するのに平和に生活してる
互いを認め合い互いを尊重するお手本なんだ」
「日本人の助け合いの精神に沿った生き方なんだろうね」

「どこの国でも物が満たされるわけじゃないよ」
「たしかに何かを輸入しなきゃ国が成り立たないと思う」
「そこで次の提案するんだよ」
「何を?」

「日本の最新技術をすべての国に提供すること」
「どんな技術?」
「砂漠の緑化、海水の淡水化、最新医療、林業や農業
車や電気製品などの生産、循環型社会システムなど」

「日本と同じような国にすることなの?」
「そうだよ」
「世界中が日本のようになったら汚染は問題ないの?」
「中国のような国が世界中に広がると困るけどね(笑)」

「だから日本がお手本にならなきゃいけなんだね?」
「よくわかったね(笑)」

「それでも国によって得て不得手があるんじゃないの?」
「そこから本当の助け合いが始まるんだよ」
「物余りの国から物不足の国へ物流が起きるんだね?」
「そうだよ」

「できるだけ自国ですべての自給自足の努力するけど
不足する物は余る所から補ってもらうんだよ」
「だから、お金の要る社会では実現出来ないんだね?」
「そうなんだよ、お金のない社会はすべての者と物が
自由に移動できるからなんだよ」

「それに必要なものを必要な量だけ作れば良いしね」
「お金の流通から心の流通の意味がわかったよ(笑)」

「世界が一つになったら国境はどうなるの?」
「国境はあってもなくても関係ないよ」
「何で?」
「自由に出入りできるんだから(笑)」
「文化も風習も尊重すれば誰も嫌がる人はいないよ」

「そうなると戦争も紛争も飢餓も貧困もなくなるね」
「助け合いってそう言うもんだよ」
「簡単なことが出来なかったことが不思議なんだね」


3ヶ月前 No.59

マー坊 ★18NbNZF3b4_ouC

     「お金のない社会は心の引越し」


「お金のない社会の生き方や考え方はわかったけど
お金の要る社会の中ではどうすればいいの?」
「お金の要る社会はお金を稼がなきゃいけないけど
お金のない社会の生き方考え方はとっても役に立つよ」

「どんなふうに役に立つの?」
「周りの人を幸せにするとか、役に立つことをするとか
自分が必要とされる人になりなさいとか言ったでしょ?」
「うん、聞いたよ。
でもね、それだけじゃいけないような気がする」

「お金の要る社会では損得勘定が大切なんだけど
損得勘定より尊徳感情を重視することが必要なんだよ」
「損得勘定と尊徳感情の違いは?」
「頭で考えるのが損得勘定、心で考えるのが尊徳感情」

「頭で考えるか心で考えるかの違い?」
「そうだよ。本当は魂の想いが良いんだけどね」
「思考より感情が優先するってことなの?」
「そうだよ。心が喜べが罪悪感がなくなるんだよ」

「喜べば笑顔になれるよね?」
「笑顔は多くの人を喜ばせてくれるんだよ
多くの人が喜ぶことで収入が増えていく。
だから『お金は後からついてくる』って言うだろ?」

「損得勘定より尊徳感情のほうが大切だと言ったのが
今になってようやくわかったよ(笑)」
「お金の要る社会でもお金のない社会でも
尊徳感情は基本的な生き方なんだよ」
「お金を求めるから尊徳感情が蔑ろにされたんだね?」

「お金のない社会では尊徳感情は当たり前だよ。
だからね
心がいつでも引越しできるようにしておくことよ」
「思考は置いておいたほうがいいの?(笑)」

「思考は置いておくことは出来ないよ(笑)
思考はね、心に相談するクセをつけておくといいよ」
「思考より心優先ってことね?」
「そうだよ、よくわかったね♪」


一つ紹介したい映画があります。
「美しき緑の星」
http://www.youtube.com/watch?v=RslSNu9exEY#t=82

未来の原始的生活という感じです。
本当の自然との共生を教えてくれています。
これが理想郷と言えるかもしれませんよ。


3ヶ月前 No.60

マー坊 ★18NbNZF3b4_ouC

前回紹介した「美しき緑の星」の映画は変わっていましたね。
https://www.youtube.com/watch?v=RBLfpTE6WsA



     「お金のない社会は自己啓発」


「美しき緑の星の映画を見た?」
「うん、見たよ」
「あの中で静寂の集会ってあったでしょ?」
「大勢の人が野原の上で思い思いに座ってる
みんな黙っているけど時折みんなが大笑いする」

「何してるんだろう?」
「自己啓発をしたり、脳を使っていろんな
情報をもらっているんだよ
情報は波長を合わせれば情報が同じってことよ」

・じこけいはつ【自己啓発】(ヤフー辞書より)
本人の意思で、自分自身の能力向上や精神的な
成長を目指すこと。また、そのための訓練。

「脳が情報をもらう?」
「そうだよ、脳は発信も受信もできるんだよ」
「脳が無線機みたいなことができるの?」
「そうだよ♪」
「テレビやラジオみたいなもんだね(笑)
直感とかひらめきもその一種なの?」
「そうだよ」

「そういうことが自然とできるの?」
「お金の要る社会では損得勘定で生きるでしょ?
損得勘定のために使っているからできなかったの」
「損得勘定がなくなるとできるようになるの?」

「損得勘定で考えている時って雑音が多い状態ね
例えば大勢の雑談の中から一人の声を聞くようなもの」
「雑談の人数が少ないほど声が聞こえやすいんだね」

「瞑想もその一つだけど本当の自分とつながるとか
宇宙とつながって一体感になるとかいろいろあるよ」
「瞑想って難しいの?」
「普通の生活をしながらでもできるよ」
「静かな状態はなかなかできないよ」
「周りの状況に惑わされないように心を静寂にすればいいよ」

「頭の中で『あ〜だこ〜だ』って考えるからダメなんだ(笑)」
「考えることは止められないけどね、
考えることをシンプルにすればいいんだよ」
「シンプルに考えるって?」

「だから損得勘定で考えないことって言ったじゃないか(笑)」
「そうだね(笑)」
「プラス思考はとっても役に立つんだよ」
「マイナス思考はあ〜だこ〜だって考えるからね(笑)」
「誰もがすぐにできることはないけど脳次第だね」

「コツがわかれば簡単な気がする」
「脳が持っている能力がすべて引き出されればいいね」
「お金の要る社会は考えることが多いからね〜(笑)」
「それはそれで成長のために必要だけどね」

「次のレベルの成長が必要なんだね」

3ヶ月前 No.61

マー坊 ★18NbNZF3b4_ouC

     「お金のない社会は体験で学ぶ」


「お金のない社会なら勉強の内容も変わるよね?」
「経済の仕組みを学ぶことはないよね(笑)」
「理科も算数も国語も社会ももっと簡単がいいな」
「教室の中だけではなく体験学習が増えるだろうね」

「百聞は一見に如かずと言われたことがあるけど」
「確かに、いくら聞いても一度見れば理解は早いね
でもね
百見は一体験に如かずという言葉もあるからね」

「体験しなきゃわからないことは多いよね?」
「喜怒哀楽の感情は体験しない限り無理だからね」
「どんな体験をしたらいいんだろう?」
「人がやりたがらないこともやっておきたいね」

「学級委員とかトイレ掃除の当番とか?」
「そうだね、人としてどう生きるかも学べるね」

「大人になってもいろんな仕事をしたほうがいいよね」
「お金の要る社会なら営業とか接客がいい勉強だよ」
「相手の立場で考えるクセがつくんだね」

「いろんな人の気持ちを考えて生きているとね
不思議なことが起きてくるんだよ」
「どんなこと?」
「相手の気持ちがよくわかるの」
「空気を読むってよく言うけど心を読むって感じ?」
「そうね、表現はいろいろだけどまだ次があるんだよ」

「次って?」
「いろんな人の立場を経験しているから
自分の中にいろんな人の立場の自分がいるの」
「・・・・?」
「自分一人でも多くの人と会話できるってことよ(笑)」

「そりゃあ便利だ(笑)」
「そして・・・」
「そして? まだ次があるの?」
「うん、自分以外の存在とお話する練習が出来る♪」

「自分以外とお話できるといいよね」
「単なる便利だという訳じゃないからね」
「ほかに何かあるの?」
「宇宙は一つだと感じるんだよ」

「宇宙は一つだと感じるって?」
「宇宙は自分だということ」
「誰でも宇宙の一部だって知ってるじゃないか」
「知っているのに戦争や殺人をするのはなぜ?」

「一人一人自分を主張しているから?」
「そうだよ、知ることより感じることが大切なんだよ」
「すべてを自分の事のように感じることなんだね」
「そういうこと」
「いいな〜、こんなの学校じゃ教えないよね(笑)」

「人が進化するためには体験で学ぶことが必要なんだ」
「気付くことは大切だって聞いたことがあるよ」
「そうだね、気付きは成長のきっかけを作るからね♪」


3ヶ月前 No.62

マー坊 ★18NbNZF3b4_ouC

     「お金のない社会の成功者」


「お金のない社会がどんな社会か話したけど
 退屈だと思う人はいっぱいいるんじゃないかな?」
「お金の要る社会は競争社会だからね(笑)」

「競争が好きなんだろうね」
「競争の楽しみ方がたくさんあるからね」
「競争は成長のためにもなるって言うからね」

「競争の悪い面って何だろう?」
「競争は勝ち負けの仕組みを作ってしまうよね」
「勝ち負けが良くないんだろうか?」
「相手の気持ちを考えたらどうだろう?」
「勝負に勝って優越感を感じる喜びもあるよ」

「他人との競争より自分との競争のほうがいいって
 以前言ってたよね?」
「他人との勝負に負けても嬉しいことってあるでしょ?」
「以前より自分のレベルが上がったって感じよね」
「自分の夢や目標に近づいていると実感できるんだね」

「そういえば夢が実現すると成功者と言われるよね」

・せいこうしゃ【成功者】-日本国語大辞典
目的を達成した人。多くは、事業などに成功して
地位や富を得た人をいう。

「成功者の多くはお金持ちだと思わない?」
「お金持ちになることが成功者だと思ってる人もいるよ」
「お金は自由を得るための道具だと言う人もいるから
 夢や目標を達成させるためにお金を求めるんだろうね」

「お金のない社会の成功者はお金を必要としない?(笑)」
「お金のない社会の成功者はどんな人だろう?」
「人から感謝される人?」
「人から必要とされる人?」
「人に喜びや希望や夢を与えられる人?」
「あまり努力しなくても成功者になれる気がする(笑)」

「自然の中で働くとすべての存在が成功者に見えるよ」
「すべての存在って?」
「木や草や虫や鳥、空気や水や土などすべての存在よ」
「すべてが完全ですべてが必要とされているってことね」

「人間は自然に必要とされているんだろうか?」
「人間社会では簡単に成功者になれるのにね」
「自然にも必要とされる人にならなきゃいけないね」
「もっと地球に触れることをしたほうがいいよ」
「野菜作りや草引きもできるだけやったほうがいいんだね」
「そうだよ」


3ヶ月前 No.63

マー坊 ★18NbNZF3b4_ouC

     「お金のない社会の気持ち」


「毎日どんな気持ちで生活するんだろうね?」
「ワクワクするよ♪」
「子どもの頃の遠足に行く前の晩みたいな感じ?」
「そうだよ」

「お金の要る社会では日曜日の晩は最悪だよね(笑)」
「お金のない社会では仕事に行くのが楽しみなんだよ」
「何で?」
「やってみたいこと、やりたいことだからね」
「それでもイヤになることはあるでしょう?」

「自分にふさわしくない職場だったら転職すればいい
努力することは大切だけどね
辛い仕事は健康にも良くないから転職は自由なんだよ」
「お金を稼ぐ必要がないから安心だね♪」

「遊園地に来た気持ちでいろんな仕事を体験すればね
『次はどんな仕事をしようか?』って楽しめるんだよ」
「人生何度も生まれ変わった気持ちにもなれるよね」
「良いこと言うね〜♪」
「だから人間成長が早くなるんだね♪」

「気持ちって大切なんだね」
「気を持つってことだから気も大切なんだよ」
「気って?」
「大きく言えば環境のことだと言えるんだよ
人間は環境によって気持ちが大きく影響される
とくに社会システムという環境にね」

「だからお金のないシステムという環境がいい?」
「そうだよ、楽しく成長できる環境なんだよ」
「なんだかワクワクするね♪」


3ヶ月前 No.64

マー坊 ★18NbNZF3b4_ouC

     「お金のない社会は大人の社会」


「お金の要る社会は義務教育のような社会だって
 言ってたような気がする(笑)」
「お金がないと生きていけないという制限の中で
 いかにして生存していくかを学ぶことと言えるね」

「お金を稼ぐために働かなければいけない
 日本に限らず納税という義務が課せられるんだよね」
「お金を手に入れるためにいかに犠牲が多いことか」

「子どもが『宿題があるから』と言えばお手伝いが
 免除されるという変な決まりごとがあるように
 お父さんが『お仕事だから』と言えば子どもとの
 約束が免除されるような決まりごとがある(笑)」

「お金を稼ぐことが義務になっているんだよ」
「義務を果たすためには許されることが多いんだね」

「その反面おかしなこともあるんだよ」
「どんなこと?」
「お金さえ稼げば働かなくても許されるってこと」
「働かなくてもお金は稼げるの?」
「そうだよ、マネーゲームっていうやつね」
「お金で遊ぶの?」
「そうだよ、お金さえあれば働かなくても良いってこと」
「変な社会なんだね」

「そしてボランティア活動というのがあってね
 活動をしている人たちは尊敬されているんだ」
「ボランティア活動って?」
「お金という報酬を貰わないで働くことだよ」
「見返りを求めないで働くって素晴らしいね」

「だからお金のない社会は大人の社会と言えるんだよ」
「ボランティア活動と同じなんだね」
「そうだよ、見返りを求めない人たちばかりなんだよ」
「奪い合いから与え合いの社会へと言うことなんだね」

「『子どもは得るために知恵を使い
 大人は与えるために知恵を使う』そう言うことだ」

早く義務教育を卒業したいですね。


3ヶ月前 No.65

マー坊 ★18NbNZF3b4_ouC

     「お金のない社会は必然」


「お金のない社会に興味のある人は多いみたいよ」
「そうだね♪」
「でも、もっと話題にする人が増えてもいいのにね」
「未知の世界を話題にすることは難しいかもね」

「アメリカにしても中国にしてもEUにしても
 もちろん日本にしても経済は行き詰っているよね
 それでも経済は正しいと思ってるのかな〜?」
「経済活動が自然を破壊したことも知っているのにね」

「お金の問題ではなくお金の使い方が問題だと言う
 そういう議論もあったけどお金で解決することなの?」
「いくらお金はあっても解決しないよ」
「正しいお金の使い方で解決できないの?」
「それは出来ないね、お金が悪いのではなく
 お金がないと何もできないシステムが悪いんだよ」

「じゃあ、解決方法は?」
「お金の存在を無くすこと(笑)」
「やっぱりね〜♪」

「人間の将来を考えるとお金の存在は障害になるんだよ」
「そう言えば自然にはお金は存在しないって言ってたね」
「人間の生活必需品はすべて自然からの恵みなんだよ」
「自然にお金を払う必要がないのならお金は要らない?」
「そう言うこと(笑)」

「自然と共存して自然を守りたいのならお金は要らない」
「お金のために自然や人の心まで荒廃してしまった(涙)」
「やはりお金のない社会の実現は必然と言えるんだね」

・ひつぜん【必然】(ヤフー辞書より)
 必ずそうなること。
 それよりほかになりようのないこと。
 また、そのさま。「―の帰結」

「みなさんも真剣に考えてみませんか♪」
「子どもたちが安心して生きていける将来のために」


3ヶ月前 No.66

マー坊 ★18NbNZF3b4_ouC

     「お金のない社会の罪と罰」


「いろいろ話してきたけど
 お金のない社会になったからって
 すべての問題が解決できることって無いんでしょう?」
「そうだよ」

「お金のない社会になると犯罪が増えるって
 あたかも無法地帯みたいになると思う人もいるよ(笑)」

「面白いね(笑) じゃあ、一つ例え話をしてみようか
 見通しの悪い交差点で赤点滅と黄点滅の信号機がある
 それでも事故は無くならなかった
 そこで
 信号機をなくしてみたら事故が起きなくなった」

「なぜ?」
「信号機を信用していると信号を無視する人がいる時
 事故が起きるんだよ」
「信号を守らない人が悪いんじゃないか」
「規則さえ守れば安全だという安全神話だね(笑)」
「どっかで聞いた話(笑)」

「信号機をなくしたら何が起きるか?
 安全確認をたくさんするようになるんだよ。
 そして
 相手を先に行かせたほうが安全に早く行けることを学ぶ」

「そっか、我先にという気持ちが薄れるんだね。
 それでも犯罪は無くならないでしょう?」
「たしかにお金を原因とした犯罪はなくなるけど
 犯罪がまったくなくなることはないね」

「過失の事故とか他人への迷惑犯罪なんかは罰金という
 お金で償うことができるけど
 お金のない社会ならどうやって償うんだろう?」
「罪を犯す人は心の病だから病院へ入院する方法も
 あるけどね、償いは貢献労働が良いと思うよ」

「貢献労働って?」
「人がやりたくない危険な仕事や汚い仕事など
 労働力不足を解消するために貢献してもらうんだよ」
「いいかも?(笑)」

「どんな社会でも今のレベルでは犯罪は無くならない
 でもね
 お金を廃止することでレベルは徐々に上がるんだよ」

「お金の要る社会って
 罪を減らすために罰則を厳しくするけど
 お金のない社会って
 罪を減らすために意識を変えていくんだと思った」
「そうだね、互いに感謝し合えれば犯罪はなくなるよ」

3ヶ月前 No.67

マー坊 ★18NbNZF3b4_ouC

     「お金のない社会は地球さんが喜ぶ」


「何でやねん、地球さんが喜ぶって?」
「不法投棄と合法的不法投棄、合法投棄って知ってる?」

「不法投棄なら時々テレビのニュースで見たよ
 でも合法的不法投棄って何?」
「山間部にある産業廃棄物処分場のことだよ」

「知事の認可を受けた埋立処分場のことでしょ?」
「人間が許可しても地球さんは許可しないよ」
「そっか〜」
「不法投棄で自然が汚されるのと同じことなんだよ」

「不法投棄を取り締まったり廃棄物の回収で
 けっこうお金は使われているらしいね」
「そんなお金があるのなら投棄場所を作ればいいのに」
「投棄場所って?」
「ここなら自由に捨ててもいいですよって所だよ」

「あ!わかった、大規模リサイクルセンターでしょ?」
「そうだよ(笑)」
「お金の要る社会でもできたはずでしょ?」
「それは無理なんだよ」

「なぜ無理なの?」
「回収にお金はかかる、分解にお金がかかる
 再利用するためにお金はかかるし新製品が売れなくなる」
「経済的には使い捨てがコストもかからず良いんだよ」
「大量生産・大量消費・大量廃棄は経済の鉄則だね(涙)」

「お金のない社会の便利なところは必要なことや
 やるべきことは何でも自由にできるってことなんだよ」

「大規模リサイクルセンターの役割は何なの?」
「すべての生産物の使わなくなったものを回収する所で
 そこでは修理できるもの、部品として再利用するもの
 溶解して原料として再利用するものに分類するんだよ」

「それでも再利用できないゴミは出るんでしょ?」
「最終的なゴミは無害化して焼却したり土に戻すんだよ」
「それなら地球さんは許可するでしょう♪」

「地球さんと言えば資源の無駄は多いよね」
「電気製品も車も機種や車種が多すぎると思わないか?」
「たしかに」
「部品も規格を統一して互換性が出来たほうがいいね」

「お金儲けのために作っているから無駄が多いよね」
「良いものを作りたいと願って作れば良いんだけどね」
「それと資源を無駄にしないってことね(笑)」


3ヶ月前 No.68

マー坊 ★18NbNZF3b4_ouC

ここからは青年たちの声です。


     1,青年の声「政治」


子供はいずれ青年になり
老人は青年だった時期があります。


青年の頃どんな夢を持つのでしょう?
子供の頃の夢とは違うことが多いです。
現実の厳しさが少しずつわかってくるから。


18歳から選挙権があるからといって
自分の夢が叶う可能性が増えたわけじゃない。


若者たちは何を考え何を夢見ているんだろう?


「君は投票に行ったの?」
「僕は行かなかったよ」
「どうして行かなかったの?」
「だって、誰に投票していいのか・・」


「僕は行ったよ」
「投票用紙になんて書いたの?」
「僕の未来を良くしてくれそうな人(笑)」
「未来を良くしてくれる人?」


「そうだよ、政見放送を聞いてね」
「政見放送を聞いて選んだの? ふ〜ん」
「親に聞くより自分で判断したんだよ」
「選んだ人が当選して未来が良くなるの?」


「政治は政治家に任せるしかないじゃないか」
「今の政治家も過去の政治家も立候補する時
 政見放送でなんと言っていたんだろう?」
「それは、未来を良くしますと言うだろう」
「過去から見れば今は未来だよ」


「未来である今が良くなっていないのなら
 過去の政見放送はうそを言ってたこと?」
「うそじゃないと思うよ」
「だって今の大人たちは生活に苦しんでるよ」
「徐々に良くなるんじゃないの?」


「すぐに良くなることは出来ないのかな?」
「種をまいてもすぐに花が咲かないのと同じ
 そう思えば納得するかもよ(笑)」
「そんな〜♪ 決断して行動するだけだよ」
「自然現象と人間の行動は違うよね(笑)」


「人間の行動にはお金は必要だからね」
「お金がないと何も出来ないのがつらいね」
「だから財源を得るために税金が要るんだよ」
「財源を増やすために増税が・・・・」
「そうだね、税金を払うために国民が苦しむ」


「国民のために財源が必要で
 財源が多いほど国民が喜ぶけど
 財源を増やすために税金を増やしていく
 税金が増えるほど国民が苦しむ
 なんてばかげた政治なんだろう?」


「誰に投票しても変わらないはずだよ」


2ヶ月前 No.69

マー坊 ★18NbNZF3b4_ouC

     2,青年の声「就職」


若者は夏になれば就活に意識が向きます。
進学組みは次の入試の準備がありますが
就職組みは自分が望む会社探しです。


会社を選ぶ基準って何でしょう?
正社員、給料の金額、就業時間、休みの日数、
通勤時間、寮がある?どんな手当てがある?


「君は内定は決まったの?」
「三つ受けたけど一つだけ決まったよ」
「正社員なの」
「そうだよ、第一希望の会社じゃないけどね」


「やってみたい仕事なの?」
「正社員なら何でもいいかな〜って(苦笑)」
「そんなの僕ならイヤだな〜」
「正社員なら収入が安定するだろ?」


「安定収入を優先するわけね(笑)
 僕ならやりたい仕事を優先したいよ」
「それでどこか受けたの?」
「それがね、ハローワークで探してもらったら
 パートやアルバイトならあるんだって」


「多くの会社は利益を上げるために経費を
 抑えたいからアルバイト歓迎みたいだよ」
「僕の先輩はアルバイトから正社員に変わった
 と言っていたよ」
「やりたい仕事ならストレスが少ないしね
 頑張ることも苦にならないから楽しいよ」


「正社員になってもストレスになっちゃあね」
「とにかくお金を稼がなきゃいけないし
 お金を稼ぐために働くのはつらいよね」
「君はボランティアをやっていたんだろ?」


「ボランティアをやっていた頃はストレスは
 感じなかったんだけどね
 いくら社会のために働いてもお金が貰えない
 と続けることが出来ないんだよ」
「お金を稼ぐためにやりたい仕事をやめて
 やりたくない仕事をやらなきゃいけない
 働くことの意味がわからなくなるよ(笑)」


「ボランティアで生活が出来る社会が良いね
 いろんな仕事を経験してみたいもんだよ♪」

2ヶ月前 No.70

マー坊 ★18NbNZF3b4_ouC

     3,青年の声「結婚」


少子化対策で国がいろんな対策を講じています。
シングルマザーやシングルファーザーも増えてる。
共稼ぎをしないと子供を育てることが出来ない。
いろんなしがらみの中で青年は何を考えるんだろう?


「僕は結婚なんてまったく考えていないよ」
「私は若いうちに子育てした方がいいと思うよ」
「男性と女性では考えることも違うんじゃないの?」


「人口を増やすために結婚するのも変よね」
「結婚しなくても子供は産めるよ」
「子育てにはお金が要るからね」
「働くことと子育てすることは一人じゃ無理よ」


「若いころは遊ぶことに時間とお金を使いたいね」
「人生を楽しむ方法は人それぞれだからね」
「結婚は自分の時間が束縛されるのがつらいよね」
「結婚はしたくなったらすれば良いんじゃないの?」


「それにしても出会いってないよね〜♪」
「うかつに出会いサイトに参加したくないし」
「行政で合コンを無料開催すればいいのに(笑)」
「それ、良いんじゃない♪」


「結婚するしないは会ってから決めれば良いんだし
 人間関係が広がることも人生に役立つわよ」
「結婚までたどり着くかどうかわからないけど
 経済的にやっていけるかどうかの判断が難しいね」


「お金のない社会だったら結婚も変わるだろうね」
「結婚も離婚も増えると思うよ」
「どうして?」
「だって、お金がなくても安心して生活できるんだから
 相手の人間性だけで判断すれば良いんじゃないの」


「こんなはずじゃなかったと思うこともあるからね♪」
「子供が出来たら離婚をあきらめる人は多いわよ」
「お金のない社会ならホント、自由で良いわよね」

2ヶ月前 No.71

マー坊 ★18NbNZF3b4_ouC

ここからは「母娘の会話」を掲載します。


      母娘の会話より
   「お金を必要としない社会」


「ねえ、お母さん」
「なあに?」
「社会の勉強の時、日本が財政破綻してるって。
 財政破綻ってどういうことなの?」
「インターネットで調べてみたら?」
「財政破綻って載ってないわよ」
「財政と破綻で見れば」

ざい‐せい【財政】
1 国または地方公共団体が、その存立を維持し活動する
 ために必要な財力を取得し、これを管理・処分する
 一切の作用。
2 個人・家庭・団体などの経済状態。かねまわり。

は‐たん【破×綻】
1 破れほころびること。
2 物事が、修復しようがないほどうまく行かなくなること。
 行きづまること。「経営に―を来す」

「日本ではお金のやりくりが出来なくなっているってこと?」
「そう言うことみたいね〜」
「じゃあこの日本はどうなるの?」
「でも心配ないわよ」
「何で〜?」

「先生はほかに何か言ってなかった?」
「そう言えば日本の借金は外国からじゃないって」
「そうなのよ、だから心配ないのよ」
「だから〜、なぜ心配ないのよ?」

「それはね、お家の中で例えると大家族のお父さんが
 家族みんながアルバイトやお年玉のお金を管理してね
 家の修理や電気代、水道代、食費にお金を使って
 みんなが貯金していたお金を使ったようなものなのよ」

「せっかく働いたお金をお父さんが使ったってこと?」
「そうよ、でもねお父さんはみんなのために使ったのよ」
「一つの家族の中でお金のやり取りって変じゃない?」

「そうよね〜、私たち家族の中でもやってないわよね」
「日本の中では家族のように出来ないのかな〜?」
「お母さんもスーパーで買い物をする時思うわよ」
「何て?」
「我が家の家庭菜園のホウレン草を持ってこようかって」
「そう言えばホウレン草も食べきれないよね」
「みんなが余ったものを出し合えば無料でいいのにってね」
「出すものがない人はどうなるの?」
「それは汗と知恵を出し合って働くことよ」

2ヶ月前 No.72

マー坊 ★18NbNZF3b4_ouC

      母娘の会話より
   「自分のために生きるって?」


「ねえ、お母さん『自分のために生きなさい』って言われたよ」
「誰に?」
「先生に」
「自分のために生きるってどういうことなの?」
「お母さんだってわかんないわよ」

「お母さんは自分のために生きてるの?」
「そうね〜、お父さんとあなたたち子どものためかな〜?」
「じゃあお母さんは自分のために生きていないの?」
「そうね〜。でもね家族のために生きると楽しいのよ」
「じゃあ、お母さんはつらくはないの?」
「ぜんぜん(笑)」

「私ね、自分のために生きるってわがままだと思ったの」
「何でそう思ったの?」
「自分以外のために生きるとつらくなるんじゃないかって」
「それは自分を犠牲にするからじゃないかな〜?」
「自分を犠牲にするって?」
「我慢しなくちゃいけないってことよ」

「じゃあお母さんは家族のために我慢していないの?」
「そうよ〜。みんなが喜んでくれると嬉しいのよ」
「そうなんだ〜♪そういえば思い出したことがあるよ」
「何を思い出したの?」
「それはね、私のクラスに新聞配達する男子が二人いるの」
「まあそれは感心な子ね」

「一人は毎日楽しそうで一人はつらそうなのよ」
「何かわけありみたいね」
「楽しそうな男子はね自転車を買うためにやっているんだって」
「何で自転車を?」
「大好きな女子とサイクリングの約束をしたんだって」
「それじゃあ自分のために働いているんだね」

「もう一人の男子はね母子家庭なの」
「お父さんはいないの?」
「うん。だからね生活費を稼ぐために働くんだって」
「大人から見るとこっちのほうが素晴らしいと思うよ」
「でもね、お母さんの話を聞いていると違うのよ」
「何が違うの?」
「自分のために生きるという意味が」

「そう言えばお父さんだってお金のために働いているね」
「お父さんは家族のために働いているって言ってたじゃない」
「そうよ、家族のためにお金を稼いでいるの」
「契約社員だから一日1万円って言ってたよね」
「そう、一日休むと1万円少なくなるの」
「だから風邪を引いても無理して働いているんだ」

「お金の無い社会ならお金を稼ぐ必要がないからね」
「だったら自分を生きることって簡単なのよね」
「なぜ簡単だと思うの?」
「だって〜、自分と誰かが喜ぶことだけ考えればいいから」
「お金の心配をしなくていいもんね〜」


2ヶ月前 No.73

マー坊 ★18NbNZF3b4_ouC

      母娘の会話より
    「困らないと変らない」


「ねえ、お母さん難しい宿題が出たのよ」
「難しい宿題ならお父さんに聞いてよ」
「親の役割について考えなさいって」
「親の役割って何なのよ」
「だからさ〜、それが宿題なの」

「子供の宿題にこんなことを聞いてどうするの?」
「それを聞いたら社会のことがわかるってよ」
「何でこんなことで社会のことがわかるのよ」
「私に聞いてもわかんないわよ」

「親と言うことは子供のいる夫婦ってことよね」
「子供のいない夫婦は親とは言わないんじゃないの?」
「そうよね〜、ってことは私たち夫婦のことなのよね」
「お父さんとお母さんの役割って何なの?」

「そうよね〜、あなたたちを大人になるまで育てること」
「育てるって、食べさせることなの?」
「それだけじゃないわよ」
「ほかに何があるの?」
「大人になって社会人として生きていけるようにね
 いろんなことを教えるのよ」
「学校で勉強するだけじゃないの?」
「学校で教えることだけじゃだめなのよ」

「そう言えば私の友達はお父さんと財テクをしているって」
「子供がそんなことしてるの?」
「お金を増やす方法も知ったほうがいいって言ってたよ」
「うちではそんなこと教えたくないわね〜」
「で、うちはどんなことを教えるの?」
「失敗すること」
「失敗することって?」

「あなたが欲しい物を勝手に買うことってあるでしょ?」
「お母さんが許してくれないんだもん」
「あなたが買ったものはいつまでも大切にしてるの?」
「もう使わない物っていっぱいあるよ」
「こんな物買わなきゃよかったって思ったことないの?」
「何度もある」

「このままじゃいけないって言ってもすぐやめないでしょ?」
「うん」
「親としては子供に失敗して欲しくないけどね
 失敗するまで気が付いてくれないのよ」
「そっか〜」
「何がわかったの?」
「今のままじゃいけないとみんなが言っているのに
 今のままを続けている大人たちと同じなんだね」
「そうね〜、人間って本当に困らないと変らないね〜」
「私と同じだ(笑)」

「本当は失敗することを喜んでいるんじゃないのよ」
「どう言うこと?」
「失敗して気付いて欲しいのよ」
「何を?」
「失敗した理由や失敗しない方法などをね」
「それで人も社会も成長するってことなの?」
「そうよ、人が集まって社会が出来ているんだから」
「わかった、宿題完了ね♪」

2ヶ月前 No.74

マー坊 ★18NbNZF3b4_ouC

ここからは父と子の会話を掲載します。


      父と子の会話
     「もったいない」


「ねえ、お父さん」
「何だ?」
「宿題が出たんだけどね」
「何の?」
「循環型社会ともったいないことの関係だって」
「循環型社会ってわかるか?」


・循環型社会とは(Feペディアより)
有限である資源を効率的に利用するとともに
再生産を行って、持続可能な形で循環させながら
利用していく社会のこと。


「作ったものはすべて再利用するってこと?」
「そうだよ」
「今は使い捨てが多いよね」
「まだまだ使えるのに捨てるからね」
「それがもったいないってことなの?」
「資源を無駄に捨てることだからね」


「昔はどうだったの?」
「昔は修理して使ったもんだよ」
「お父さんも修理してたの?」
「修理が失敗して捨てたことも多いけど(笑)」


「お父さんは手作りしたことあるの?」
「中学生のころはラジオを作ったよ」
「どうやって作ったの?」
「子供向けの科学雑誌を買ってね
 ラジオの作り方を見て作るんだよ」


「ラジオって簡単に作れるの?」
「まず、紙に配線図を書いてね
 必要な部品や道具を調べて買いに行くんだよ」
「部品って売ってるの?」
「昔の電気屋さんにはみんな売ってたよ」


「で、お父さんはどんなラジオを作ったの?」
「5球スーパーってやつだよ。
 アルミの板に穴を開けたり折り曲げたりしてね
 5つの真空管を使ってコンデンサーとか配線する
 ハンダ付けで接続して今で言う基盤を作るんだよ」
「へ〜」


「作ることって面倒くさくないの?」
「ラジオの仕組みがわかるし作る楽しみもあるし
 資源の大切さが身に付くんだよ」
「で、もったいないとどうつながりがあるの?」
「壊れたらすぐ捨てるんじゃなくて
 壊れた部品を交換するだけで使えるんだよ」


「今はすぐ捨てるよね」
「修理するより新品を買ったほうが安いからね」
「だから循環型社会が良いってことなの?」
「大規模リサイクルセンターという施設が
 その役割をするんだよ」


2ヶ月前 No.75

マー坊 ★18NbNZF3b4_ouC

      父と子の会話
      「循環型社会」


「大規模リサイクルセンターの役割って何?」
「お前は家庭菜園って知ってるか?」
「うん、自分ちで野菜を作るんでしょ?」
「自分で野菜を作って自分たちで食べる。野菜くずはどうしてるか知ってるか?」


「お父さんがバケツの中に野菜くずとボカシを混ぜて作っているやつでしょ?」
「そうだ、ボカシ和えってやつだよ。あれを畑に入れて肥料の代わりに使う」


「あ、わかった。土から出来た野菜の食べない部分をまた土に戻すってこと?」
「そうだよ、それが循環ってことなんだよ」


「野菜以外にもそれをやるってことなの?」
「そうなんだよ。
 オモチャも自転車もテレビもすべての使えないものを集めて再利用するんだよ」


「どうやって再利用するの?」
「修理できるのもは修理するし修理できないものは分解して部品として再利用し、
 それ以外は溶解して原料に戻して再利用するんだよ」


「それなら資源が無駄にならないってことなんだね」
「そうだよ、それが自然と共存するってことなんだ」

「お父さんは産業廃棄物の仕事をやったことあるの?」
「うん、ダンプで運んで処理場に持って行くんだよ」
「持って行ったらどうなるの?」
「山の中で土に入れて埋めてしまうんだよ」


「何でそんなこと、もったいないじゃないか」
「回収して再利用するとお金はかかるし、それに新品が売れないと儲からないんだよ」

「お金の要る社会って儲かることしかやらないの?」
「そうなんだよ、
 だからお金のかかることはしない。もったいないことがいっぱいあるんだよ」


「大規模リサイクルセンターってお金儲けのためにあるんじゃないんだね」
「自然のように循環型社会にするためにはねお金があっては困るんだよ」
「何で?」
「自然界にお金は存在しないからなんだ」


「お金は血液のように流通したほうが良いって聞いたよ」
「本当はねお金より人と人との心の流通が良いんだよ」
「助け合いにお金は要らないんだね」
「そうだよ、心の循環型社会とも言えるかな(笑)」


2ヶ月前 No.76

マー坊 ★18NbNZF3b4_ouC

      父と子の会話
     「もったいない者」


「心の循環型社会って難しいね」
「いや、簡単なことなんだよ。
 遠くの友達とお話したい時どうする?」
「携帯でお話すればいいじゃん」
「簡単なことだろ?」


「でも、電話代がもったいないから
 たくさんお話はできないよね」
「今の世の中は何でもお金が要るからね」


「お金をもらわなくてもやってる人はいるよ」
「ボランティアと言う人たちね」
「ボランティアが増えると良いんだけどな〜」
「ボランティアだけでは生活できんからな〜」


「テレビで失業者が多いって言っていたけど」
「今までもったいない話しはしたよね」
「うん」
「もったいないのは物だけじゃないんだよ」


「他に何があるの?」
「ものはものでも『者(もの)』なんだ」
「者って?」
「者は人のことなんだよ」


「どうして者がもったいないの?」
「働いて欲しいのに働いてもらえない。
 働きたいのに働くことができない」


「何で働けないの?」
「お金が払えないと雇えないし
 お金が貰えないと働くことができないんだよ」


「やっぱり、お金がないと何もできないの?」
「給料をもらえる仕事じゃないと
 大学を卒業した知識の多い人も
 家を建てることのできる大工さんも
 魚を獲るのが上手な人も
 自分を活かすことができないんだよ」


「それじゃあ何で人は生きてるの?」
「今の世の中はお金が無いと生きていけない
 物も者もすべて必要だから存在しているのに
 お金のために無駄にしていることがもったいない」
「どうすれば物も者も活かすことができるの?」
「それはね、お金を無くすことなんだよ」


2ヶ月前 No.77

マー坊 ★18NbNZF3b4_ouC

      父と子の会話
      「資源を使う」


「お金を無くすと無駄がなくなるの?」
「そうだよ、とくに資源だね」
「資源って何?」
「ヤフー辞書で調べてみよう」


・しげん【資源】
1 自然から得る原材料で産業のもととなる有用物。
 土地・水・埋蔵鉱物・森林・水産生物など。
 天然資源。「海洋―」「地下―」
2 広く、産業上、利用しうる物資や人材。


「資源っていっぱいあるんだね?」
「いっぱいあるけどお前の貯金と同じだよ」
「何で?」
「使い切ったら無くなる」
「そっか〜(笑)」


「だから出来るだけ無くならないようにね」
「水や空気は無くならないよ」
「水も空気も汚したら生きていけないぞ」

「だから循環型社会が良いってことだよね」
「電気を作るにも資源が要るんでしょ?」
「そうだよ」


「電気の循環型ってできないの?」
「そりゃあムリだ(笑)」
「使い捨てって感じ?」


「石油もウランも使いたくないしね。
 自然エネルギーだけじゃ足りないでしょ?」
「使っても使っても無くならない資源があるんだよ」
「え〜、そんな資源があるの?」
「そうだよ、不思議な資源だけどね(笑)」


「その不思議な資源って?」
「フリーエネルギーって言ってるよ」
「何度か聞いたことがあるけど」


「第3起電力とも言われているけどね。
 発電機を回すための入力を100とした時
 発電機から出る出力が300くらいあるんだよ」


「それで?」
「出力の300から100を発電機の入力へ、
 残りの200を充電したり電気製品に使う」
「それって、いつまでも回り続けるの?」
「そうだよ、石油もガスも水も使わないんだよ」


「それができるとどうなるの?」
「それができるとね、環境も汚さないし
 資源も使わないで無料で電気が作れるんだよ」


2ヶ月前 No.78

マー坊 ★18NbNZF3b4_ouC

      父と子の会話
   「使わないのがもったいない」


「資源は使わないほうがいいの?」
「フリーエネルギーの発電機の良さは
 まったく資源を使わないことだけどね、
 資源って使うことためにあるんだよ」


「資源って使うためにあるの?」
「そうだよ」
「何で使うためにあるの?」
「使うと言うことは必要だと言うこと。
 必要なものは使われるためにあると言うこと」


「ちょっとわかりにくいよ」
「どんなものでも必要だから存在するんだよ」
「僕でも?」
「そうだよ」
「必要じゃないものは存在するはずがないんだよ」
「なんとなくわかる気がする(笑)」


「お前のおもちゃなんか使ってないのがあるだろ?」
「使っていないのが多いな〜」
「それだって、もったいないとは思わないか?」
「使わないのなら誰かにあげればいいじゃないか」
「だって〜、人にあげるのがもったいない(笑)」


「山の木だって使わないのがもったいないよ」
「今ごろのおうちは木が少ないんだよね」
「そうなんだよ、オマケに外国の木が多すぎる」
「何で?」
「外国のほうが安く買えるからなんだよ」


「日本の山はいっぱい荒れているって言ってたよ」
「お金がかかるから手入れをしないんだよ」
「昔は木と紙で家が出来たんでしょ?」
「そうだよ、だから山の木は大切なんだよ」
「山の木を使わないのも荒れた理由なんだろうね」


「そういえば焚き火をしなくなったね」
「焚き火は野焼きになるからしてはいけないんだよ」
「昔のような焚き火は出来ないの?」
「農林漁業で必要な焼却とか少ない焼却はいいよ」
「お風呂やご飯を炊くのも木を燃やしていたのにね」


2ヶ月前 No.79

マー坊 ★18NbNZF3b4_ouC

      父と子の会話
    「自然と共に未来社会」


「火を使う生活は原始的な生活なの?」
「そうじゃないよ」
「だって燃やすことが悪いことみたいだよ」
「電化生活が当たり前になったことと
 温暖化の原因のCO2を増やさないことなんだよ」


「温暖化が問題なんだね。
 だから節電もうるさく言っているんだね」
「本当は電気を使うことが悪いんじゃないよ。
 発電方法がいけないんだよ」
「例の資源を使わない発電が良いってこと?」


「そうなんだよ。出来ることなら
 すべて電気で生活することが良いんだよ」
「何で?」
「人間の体も電気エネルギーで動いているんだよ」


「自然を守るためには原始的な生活になるの?」
「そうじゃないよ。お金の要る経済をやめること。
 フリーエネルギーで発電して電化生活をする」
「じゃあ今の文化生活は守れるの?」
「そうだね。今よりもっと便利な社会になるよ」


「もったいない話と循環型社会の話だったけど。
 それを実現させるためにはお金は邪魔なんだね」


「そうだよ。自然を大切にして健康に生きる。
 本当に必要なものを必要な量だけ作る。
 自然のようにすべてとつながる循環型社会がいい」
「うん。わかったよ」


2ヶ月前 No.80
切替: メイン記事(80) サブ記事 (1) ページ: 1 2

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…感想・コメントはこの記事ではなく、サブ記事に書き込んでください。