Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(3) >>

  水無月

 ( エッセイ投稿城 )
- アクセス(34) - ●メイン記事(3) / サブ記事 - いいね!(0)

文(あや) ★4uG1tuu7b3_XZQ

  外飼い猫のピアノは、生まれて3ヶ月ぐらいのころ母猫が勝手口の庭に置いてきぼりにしました。
 雪の冷たさに足を交互に上げ下げしている姿や、ミャミャ一日中鳴いていて可哀想なので、パンの
 耳をあげました。
  白と黒のパンダ猫、顔は富士山のように額にかけて白く三角、胸は白のハート型、足は三本が白
 ソックスと後の片足は長めの白、残りは真っ黒。

  雪にも劣らぬ白さに黒、愛くるしさ私はおもわず「ピアノ」と呼んでいた。

  猫は、カラーには見えない 白黒の世界で生きている

  詩人の世界観と同じである 探り続け言葉が生まれても

  カラーには染まらない




6日前 No.0
ページ: 1

 
 

文(あや) ★4uG1tuu7b3_XZQ

  No1で段落がアンバランスになってしまい何故か不思議

  てんでばらばらは、丸で子猫の雪の上の足跡みたい。

  お目汚し失礼いたしました。


  *

  20度未満の気温の日は爽やかさを身体中に感じられる。
  ウエーブでヨガの後冷房入れていますか?との問いに「いいえ」と
  言われました。

  私は、吸う呼吸がとても苦手です。呼吸法を習っていても口から
  吐いていました。でも、最近は鼻から吸い、鼻からすーと吐けるようになりました。
  ほっと肩の力が抜けて静かな気分と地球の夜明けのような。

  それは、明るくなると自然にめざめるときと同じ感じです。
  子供のときから5時起きでした。朝が好き至福の時と言えるのは今。

3日前 No.1

文(あや) ★4uG1tuu7b3_XZQ

  4月頃の気温になると後戻りしたくなって、日記を繰ってみました。

    *

  4月5日木曜日 晴れ

  宣伝も自慢も説明も主張も批判も、どれもこれも本来、
  自然には馴染まないものであるから、自然への道のり
  自然へと還ってゆく道のりに執着なくゴテゴテなく手放して
  ゆくのに他なりません。

     人間的な自尊心を手放してシンプルに、ただ生きてみる。
     「ああだ、こうだと説明することもなく、ただせっせと生きてみる。
           自然に生きてみるとは「私」からの卒業(小池龍之介)

    *

  自分の日常生活だけを記すのはつまらなくて、気になる言葉や良い文章を
  筆写してます。2ヶ月前の心境や出来事は今は必要ではなく全く関係ない。
  こんな私もいたはず、と。

  自分らしく生きれたら幸福度も高いとのではないでしょうか。日本人は
  低いそうです。



3日前 No.2

文(あや) ★4uG1tuu7b3_XZQ

  季節という大切な信頼をどれだけの人が知っているのかしら。
  昨日、蛍袋の紫がかったピンクを頂きました。どちらかというと
  白い花が好きですが、うつむいた重たげな花が更に重みを増したように
  感じられる。

  何に気をとられての日々なのか、そうした季節の草木の音のない教えに
  少々恥を思う。

  囚われてしまう人の言葉によって、溢れる言葉の海の中でもがいている。
  何を読み聞き選択するかは自分であるから、自然に触れてその無言の
  言葉を読み取る。先ずは音であって耳を澄ますのであります。

    あなたのささやく声を聴くのは初めて

    ひょっとして6月に咲くのも

    気づかない人もいるのでは

    手折ったがために時間とともにうなだれる

    数時間の水の中で 命をみるひとに精一杯あたえた

2日前 No.3
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…感想・コメントはこの記事ではなく、サブ記事に書き込んでください。