Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(2) >>
★この記事にはショッキングな内容が含まれます。もし記事に問題がある場合は違反報告してください。

violenceの省察

 ( エッセイ投稿城 )
- アクセス(34) - ●メイン記事(2) / サブ記事 - いいね!(0)

すめん @levinas ★gVURwKBNCQ_15y

こんにちは。
エッセイ初投稿させていただきます。
よろしくお願いします。

日ごろの省察がまとまってきたので、
体系的なスケッチに挑戦してみます。

テーマは「暴力」です。

ぼくは学生時代、
つねにいじめに脅えて、
逃げることに必死でした。

だからメディアでいじめ自殺の報道を見ると、
他人ごとではないように感じます。

外部からの介入の望めないまま、
一方的に暴力を受けている子どもに、
何か希望のようなものは兆しえないか。

そこで、これまで学んできた哲学、
とくにレヴィナスの思想を頼りに、
存在論の観点から暴力の現象的内実について、
省察を重ねていきます。

ここではその成果をまとめたいと思います。

批判、質問、感想、受けつけます。

よろしくお願いします。

ページ: 1

 
 

すめん @levinas ★gVURwKBNCQ_15y

ではさっそく、
体系的に叙述をするために、
見取り図を描きたいと思います。

まず暴力の現象的内実を明らかにするためには、
入念な準備が必要になります。

そこで先立って、このエッセイを貫く、
暴力の存在論的性格を一言で述べたいと思います。

それは「法外さゆえに意味を付与しえない現前」というものです。

つまり暴力とは、そのナンセンスさゆえに、
いかなる意味づけ、正当化も挫折に終わるような、
それゆえに自分の歴史に回収しえない、
まさに法外なものだということです。

いきなり用語が目白押しですが、
その微妙なニュアンスは丁寧に描いていくので、
安心してください。

この性格づけ、
すなわち「法外さゆえに意味を付与しえない現前」によって、
準備すべき主題系を示唆することができました。

それはすなわち「現前の主題系」です。

さしあたり現前とは「目のまえにあること」であり、
「居合わせていること」、「出席していること」を意味します。

コップや木が目の前にある場合、
コップの現前、木の現前と言いますし、
事件現場の現前、などとも言えるでしょう。

したがってこの場合、
暴力の現前が問題となり、
「暴力に居合わせていること」の内実が明らかにすべき対象となります。

それはつまり、当事者の視点から
暴力を存在論的に描いていくことに他なりません。

このアプローチを採るのは、
暴力を空間的に捉えるのではなく、時間的に捉えたい、
という意図があってのことです。

空間的というと、一目で概観できるような、
その個々の要素の関係性、力学にもとづいた構造が
しばしば主題とされてしまいます。

もちろんそれは、
暴力のメカニズムを解明するうえでは、
重要だと思いますが、
ここで問題としたいのは暴力の現象的内実です。
なので、その現れの様式を捉えなければならず、
したがって空間的な解釈というのは斥ける必要があります。

そこで時間的なアプローチを採用することにします。

時間的なアプローチは、全体を概観するというよりは、
順次現れる一場面の展開を扱うことになります。

その構成がここで描かれるものになります。

これで、問題系を示唆できたとして、
次はその内容、「現前と表象(さしあたり思考)の関係」
に立ち入っていきたいと思います。

1ヶ月前 No.1

すめん @levinas ★gVURwKBNCQ_15y

現前とはなんだろうか。

この問いは、現前と表象の関係から浮き彫りになります。

表象とはさしあたり、認識の材料のようなものです。

表象とは英語でrepresentationというように、
文字通りに捉えれば、
再‐現前化という意味になります。
つまり、現前の再提示が表象となります。

たとえば、目の前のコップらしきものを「コップ」と把握することは、
コップの現前を表象することと同義です。
このとき目のまえのものは「コップ」として再提示されています。

しかしここで一つ、疑問が浮上します。

なぜわざわざ、現前が表象になるのか。

この問いに答えるために、表象がない現前を考えてみましょう。

目のまえのコップらしきものは、表象を欠けば、
「コップ」として認識されることはありません。
あくまでも、「らしきもの」として、
もっと言えば「得体のしれないもの」として、
それは現前することになります。

ここで、「得体のしれないもの」が日常生活に、
何の脈絡もなく突如として出現する場面を想像してみましょう。

たとえば、家に帰ったら、
自分の部屋に巨大な何かがいる、みたいな。

私はこのとき、この何かを表象することはできません。
たとえば、この何かが話に聞いていた、
最近出没するゴキブリだとしたら、
話に聞いているので、ある程度推測して、
「ゴキブリかな」と考えることができます。

しかしそれが、あらゆる脈絡を欠いている場合、
その何かは得体のしれないものとして、
私を不安や恐怖に突き落とします。

住み慣れたこの家、この部屋が、
突如として異質なものへと変容します。

それはさし迫った事態として、重大事です。

以上のことから、
表象を欠いた現前というものの性格を、
推測することができます。

つまり、現前とは表象を欠いては、
さし迫るものであり、私の日常を脅かす重大事なのです。
そこから、私たちがわざわざ、現前を再提示する理由も明らかになります。
つまり、表象は安らぎ、ゆとり、
もっと言えばスペースを与えるために生じるのです。

部屋に突如現れた何かを蜘蛛として表象することができれば、
私はただちに、それについて考えるゆとりをもつことができ、
具体的な対処、たとえば逃げるとか、することも可能になります。

しかし、それが表象できなければ、それはさし迫った事態であり、
逃げることすらままなりません。
仮にその部屋を空間的に離れたとしても、
その存在はつねに私の思考を侵し、つかの間のゆとりも与えません。

以上のことを定式化すると、
現前の現前性は「さし迫り」であり、
表象はそこにスペースを与える。

以降、この基本的な考えをベースに、論を展開していきます。

次回は表象からさらに意味へと変容するプロセスを描いていきたいと思います。
その際に理念なるものが大きな役割を果たします。
したがって次回は、「意味と理念の関係」について描きたいと思います。

1ヶ月前 No.2
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…感想・コメントはこの記事ではなく、サブ記事に書き込んでください。