Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(144) >>

独り言―戯言―

 ( エッセイ投稿城 )
- アクセス(1023) - ●メイン記事(144) / サブ記事 (20) - いいね!(4)

操壊 @tukimonoda ★kIBtVXVdAz_u6T

阿さんに愛は引力というのは比喩で事実命題ではない、と言われたので、哲学板ではなくエッセイ板で書いてやる。他にもふざけたことを書いていきます。

2年前 No.0
切替: メイン記事(144) サブ記事 (20) ページ: 1 2

 
 
↑前のページ (94件) | 最新ページ

操壊 @tukimonoda ★kIBtVXVdAz_BiB

これは昨日風呂あがった時、パンツがなくて家を歩き回って、
その時思い浮かんだ歌詞です。
BUMPの「天体観測」の替え歌で「変態探索」


「午前二時風呂あがって 洗面所で身体拭いた

置いてある 衣類の中 パンツが見当たらない

5分間 歩き回った まっぱで家を歩き回った

始めようか 変態探索 あるはずのパンツを探して

深い闇に飲まれないように 精一杯だった

家の中をまっぱで歩くのが こんなに気持ちいいなんて

見えないものを見ようとして 新しい世界に飛び込んだ

静寂を切り裂いて 歓喜の声が生まれたよ

パンツが自分を呼んだって 返事もろくにしなかった

まっぱという気持ちよさ 今もまだ続けたい

気が付けばいつだって ひたすらいつも隠している

人目という自分じゃない 誰かの心を気にして

生まれたら死ぬまで ずっと隠してる

さぁ 始めようか変態探索 本当の自分を探して

今まで見つけたものは 全部覚えている

僕の心 さらけ出せなかった痛みも

知らないものを知ろうとして 家中をまっぱで歩き回った

暗闇を照らすような 微かな光探したよ

そうして知った快感を 未だに僕は覚えている

まっぱという 気持ちよさ 今も一人追いかけてる

背が伸びるにつれて 伝えたいことも増えてった

パンツのない時間も 崩れるほど重なった

僕はまっぱでいるよ 心配事も少ないよ

ただ一つ 今も思い出すよ

予想外の出来事が僕を 目覚めさせた

自分が まっぱという 気持ちよかったあの日を

見えないものを 晒して 家の中をまた歩いた

静寂と暗闇の家の中を 駆け抜けた

そうして知った快感が 未だに僕を支えている

まっぱという気持ちよさ 今も一人追いかけてる

もう一度君に会おうとして 衣類を全部脱ぎ捨て

前と同じ午前二時 コンビニまで駆けてくよ

始めようか変態探索 二分後に僕が捕まろうと

まっぱという気持ちよさ これからは外でも追いかけてく」

1年前 No.95

操壊 @tukimonoda ★kIBtVXVdAz_BiB

あの「ハーモニー」の痛みや苦しみによって意識が生まれたっていうのがね、未だに心に残ってる。
それで昨日の夜眠るまで考えてたんだけど。
人間の意識っていうのは、他の動物達よりもその精神を占める割合が少し大きい。

昔どこで知ったかは忘れたけど、人間に進化する猿は木のない所にいて通常の猿のように逃げ場がなく、
そこから立って二足歩行になり、遠くまで見れるようになった。
そこからどんどん頭脳が発達していった、みたいな説を知ったことがある。
遠くまで見渡せると言っても、いちいち警戒してなきゃいけない、
それは神経を使うことだ、ストレスになる。

ここで「ハーモニー」のあの言葉、痛みや苦しみによって意識が生まれる、
の痛みや苦しみをストレスに解釈し直してみる。
ストレスによって、神経を使うことによって、人間の意識は精神の占める割合を大きくした。

もっと根本的に意識が生まれた所を想像してみると、植物か昆虫、この辺りが意識の最も小さな、
したがって意識の原点となるような、そんな生き物だろう。
生き物と書いたけど、生き物と意識とはまた密接に関係を持っている。
意識がなくなることを死ぬというのだから。

植物に意識があるかどうかは正直よく分からないけど、昆虫には節足だっけかな、
そこに意識のようなものがある、と高校の生物の教科書かなんかであったと思う。
植物は多分あるだろうくらい。

問題となるのは、神経や意識がない自然のものから、
なぜ生まれたのかだけど、自然だってストレスとなるようなことはあるだろう。
磁石のN極とN極を合わせようとすれば反発する。作用・反作用の法則だって、
物質がぶつかれば反発する。反発するということはそれが嫌なのだ。
それはストレスに類するだろう。そもそも自然にも意識的なものはあった。
それの発展系が生物の普通に言われる意識というものだろう。

1年前 No.96

操壊 @tukimonoda ★kIBtVXVdAz_BiB

最高の自己表現とは、誰にも向けれられてない表現である。

1年前 No.97

操壊 @tukimonoda ★kIBtVXVdAz_BiB

人は考えることにより、分析することにより、世界を明らかに、明瞭に見ようとする。
どこかのレスで書いたが、人の意識とは光である。
しかし光が眩しすぎれば、やがて何も見えなくなる。
ちょうどよい明るさ、ちょうどよい明らかさがある。
生きるのにちょうどよい明るさがあれば、それでいい。
分析には程度のよさが必要である。

1年前 No.98

操壊 @tukimonoda ★kIBtVXVdAz_BiB

鬼ごっこの面白さは、逃げ切ったら勝ちになること。
ただのごっこ遊びだ、と思われるかもしれないが虚構は実在化する。 >>67

1年前 No.99

操壊 @tukimonoda ★kIBtVXVdAz_BiB

チャットやSkypeをしてると時々「こんなんでいいのかな」とか
「もっと頑張るべきかな」とかいう人がいるけど、「自由でいいんじゃない?」って答えてしまう。
でも正直言うとこれが一番倫理的な応え方なんじゃないかと思う。

近代的な、或いは実存主義的な自由の捉え方であり、
他者や環境を考慮に入れない古い考え方、とかいう批判もあるかもしれないけど、
それはそもそも相対的な自由を批判している。

純粋なないし絶対的な自由などない、と言い切る人もいるかもしれないけど、
純粋なないし絶対的な自由に倫理の秘密があるのではないのかと思う。

そもそも、純粋な自由や絶対的な自由を前提にしないで、
純粋な自由や絶対的な自由などない、と言い切る自由があるのだろうか。

相対的な見方は絶対的な見方の先行なくしては有り得ない。
それはよく「絶対なんて絶対ない」という相対主義や、
「人それぞれでいいんじゃない?」という全てを許容する神のような言説にも現れている。

1年前 No.100

操壊 @tukimonoda ★kIBtVXVdAz_BiB

恐がっていることは起こる。

1年前 No.101

操壊 @tukimonoda ★kIBtVXVdAz_BiB

そういや昨日、デイケアで書道のプログラムに参加したら、
先生が俺の名前の読み方にちょっとびっくりしてた。
それはそれで置いておいて、その時改めて自分の名前に注目して、
その後家に帰ってまたふと思い出したら、正しさと美しさ、両方を表現したいい名前だな〜、と思った。
形は少し変えて、もし子供が出来たらそんな名前にしたいと思った。

1年前 No.102

操壊 @tukimonoda ★kIBtVXVdAz_BiB

面白いことを思いつくには馬鹿さが必要だ。
天才と馬鹿は紙一重と言うけど、天才は馬鹿じゃなきゃ。

漫画家で言ったら、バキの作者とか、冨樫さんとか、ジョジョの作者とか。
ミュージシャンもけっこう馬鹿みたいなこと言う人がいる、BUMPの藤原さんとかミスチルの桜井さんとか。

哲学者もやること言うこと馬鹿だなって感じる時がある。
フーコーが「新しい見方をするためにゲイになるべきなのです」みたいなこと言ってたり。
本気で面白いし面白い。
ウィトゲンシュタインが「論考」書いてから、勉強会をしてる人たちに指導を頼まれたけど、
背を向けて詩を読んでたりとか。有言実行してるけど、馬鹿みたいだなと思った。

1年前 No.103

操壊 @tukimonoda ★kIBtVXVdAz_BiB

なんで俺はウィトゲンシュタインとフーコーは呼び捨てで、
藤原さんと桜井さんはさん付けなんだろう。

1年前 No.104

操壊 @tukimonoda ★kIBtVXVdAz_BiB

前々から思ってたけど阿さんは相当バキに愛情があるよね。
バキの内容をよく引き合いに出したり、勇二郎みたいに「なっちゃない」って言ったり、
雑談部屋でも阿さんが「烈海王が死んだ〜!?」とか言ったことに俺が反応したら、
なんか好感抱いてそうなレスをしたり。
いやそれだけなんだけど。

1年前 No.105

操壊 @tukimonoda ★kIBtVXVdAz_kyb

意図することと、望むことは違うことがしばしば。

1年前 No.106

操壊 @tukimonoda ★kIBtVXVdAz_kyb

今日はチャットを朝からして、一人だったんでブツブツ呟いていたのをコピペします。
下から上へ読んで下さい。

最古と最新 その繋ぎ目
ネットはこれからどこへ進むんでしょう
シーラーカンス 君はこれからどこへ進むんだい by桜井和寿
しかし海の底には古くから住む生き物がいる。
ネットサーフィン
社会の底辺は海の底
いやネットですくわれている
社会の底辺にいる者がネットにいると言われる
海にいるものは網ですくう
落ちるもの、下にいるものはネットですくわねば
救う なにを? 落ちてるものを
救うのは手で
手なるイエス・キリスト
主なるイエス・キリストとも呼ばれる
キリスト 訳すと救い主
微妙に字が違う

懷い
父さんは懐かしい
一家の主は父
主 一家の主と言う
主の思い
キリスト教の神は主と呼ばれ、それはどの宗派にしても絶対的な愛をもつ
川の中の主は釣り上げるにしても重い
主な思い
主な

思いは重い
時間が経てば経つほど、自分が研ぎ澄まされていく
自分の中の強い思いが、自分の中の弱い思いを引き
強い思いは弱いものを惹き
強い思いへ惹かれ 牽かれ 光れ
思いとは 重力すなわち万有引力のようなもの 引かれるもの 引くもの
さて
懐かしいという字で懷いという読み方があるみたい
思い 重い 懷い
次々
今年の抱負、駄洒落哲学。パソコンの変換だとものすごい簡単に……。
相手
会うのは誰?
合うことは会ってから
愛とは合うこと
愛 合い 会い 相 
な、なにについて考えればいいんだ……
さあ始まり
これから考えましょう
今日は前もって考えていたことではなくて

1年前 No.107

操壊 @tukimonoda ★kIBtVXVdAz_kyb

これはネットで知り合った人たちへの感謝の気持ちというか、
最近は関係が疎遠になってしまったけど、こないだ話しかけてくれた人がいて、
改めてありがとね〜って気持ちになって書いたポエムというか、そんなんです。
ちょっとこれ歌にしてみたい。

「ずいぶん落ちて 向こうが見えないほど広いネットに引っかかって

その大きなネットの小さな網目で 君達と出会って

最初はただふざけてたんだ 落ちずに自由に飛んでるやつらみたいに

ネットの上で飛び跳ねて はしゃいで

それがただただ楽しかった

その上も見ないで ただ君達といるだけでいいって思ってた

ずっと続けばいいとも思った

でもさ時々君達に嫌われるようなことも言ったりした

時々君達に醜い顔も見せたりした

君達を何度も疑ったんだ何度も怖がったんだ

でもね君達は 相変わらずの接し方だった

それはそれは深い所まで落ちたから 暗くて顔は見えないだろうけど

バカみたいな顔になったんだ

でも君達と一緒に落ちた網目は ある日突然破れちゃって

また網を繋いだけど 繋ぎ目がゆるくて あんまり飛び跳ねることも出来なくなって

離ればなれになっていったね

でもね最近は怖かった明るい世界も

君達が僕にも明かりがあることを教えてくれたから

飛び回れるような気がするんだ

まだうんと高く飛べる気はしないけど

ちょっとずつ飛んでいこうと思うよ ありがとうね」

1年前 No.108

操壊 @tukimonoda ★kIBtVXVdAz_G6E

よかったな〜、阿さんの恋愛の話。勇気が出た。

勇敢な戦士みたいに 愛したいなああああああ fuuuuuuuuuu

1年前 No.109

削除済み @tukimonoda ★kIBtVXVdAz_G6E

【記事主より削除】 ( 2016/03/14 21:38 )

1年前 No.110

操壊 @tukimonoda ★kIBtVXVdAz_G6E

お〜 「starting over」 が流れてきた。「バケモノの子」がよかったです。
最近は「七つの大罪」を夢中になって読んでます。

1年前 No.111

操壊 @tukimonoda ★kIBtVXVdAz_G6E

10巻あたりで人間が散々なことしてくれて、七つの大罪のメンバーの中にも人間はいないような。
主要登場人物で人間で正義の味方っぽいのはアーサー王くらいだな。

1年前 No.112

操壊 @tukimonoda ★kIBtVXVdAz_G6E

正確な言語とは何か。
あるいは正確な言い表し方とは。

言語とは正確なのか。

言い表すとは正確なのか。

正しい命題とは。

正しい言葉遣いとは。

客観的な話し方か。

分かる話をすればいいのか。

哲学的な話は分かるのか。

言葉とは掴めないものではないのか。

言葉は確率的にしか捉えられないのではないのか。

トートロジーは揺れ動かないのか。

トートロジーでさえ色んな捉え方が出来る。

言葉がケンカの始まり。

1年前 No.113

操壊 @tukimonoda ★kIBtVXVdAz_G6E

言葉 現象 形 傾向 ぶつかる 反発 むかつく 争い

何かを選ばなければ 選ばれてるから 選ばなければ

終わらないぶつかり合い だからいつも終わってる

アップルシードのおじさん達「答えは出ている、しかし我々は議論を続けなければ」

1年前 No.114

操壊 @tukimonoda ★kIBtVXVdAz_G6E

アイアムアヒーロー新刊めっちゃ面白かった。

俺はやっぱり精神病と関連付けて考えちゃうな。
ヒロミやヒデオとかが自我と他我の境界線がなくなって、
他者の心が入ってきたり、他者の声が聴こえてきたりするのは統合失調症に似ている。

ZQN達が精神が死んで身体だけが動いているのは、妄想の中に生きる精神病の人のようだ。

まあ統合失調症の人は単なる妄想なんだけど。

1年前 No.115

操壊 @tukimonoda ★kIBtVXVdAz_G6E

泉谷しげるが出てきたのがウケた。

1年前 No.116

操壊 @tukimonoda ★kIBtVXVdAz_P0a

間が差して アニメ見て アニマル忘れて アニマは去って 闇が迫って 病んで

アーメン言って 救ってもらおうとして でもネットにいて でもネットに救われて 網に救われて

網目に捕まって アニメをまた見て アニマル思い出して アニマが訪れて 光が差して

雨は止んで でも雨はまた降って 闇と光を得て 甲乙知って お疲れ様です アーメン

1年前 No.117

操壊 @tukimonoda ★kIBtVXVdAz_P0a

イル ヒトラー どこに入る 人だー いるもの いらないもの分けて

独りで捌いて 独りで裁いて ハイル ヒトラー 残ったのは灰色のヒトラー

色々分けたけど 捌いたけど 自分は 分けられない 裁けない ハイル ヒトラー 色は灰色だー

1年前 No.118

操壊 @tukimonoda ★kIBtVXVdAz_P0a

林檎の木 罪の実のなる木 気になる木

sinがなる木 神になる気? 真に? 落とせば怒る 落とせば起こる

世界の始まり 成った 慣れた それで終わり?

いつも 偉人も 愚人も 言うだろう 予言するだろう

これから世界は終わる と 黙示録は面白く

終わりは外れてばかり 外れた狙い 未来 エンドからまたスタート

スタートしてまたエンド またスタート 繰り返し

世界の始まり 林檎が落ちた そして気付いた 重み 思い 主なこと

始まりは力 始まりは地から 落とされた者は大地から

天使 バッテンし 堕天使 バッテンされ 罪を負わされ 落とされ



罪を請け負ったイエス イエスはルシフェル許せる?

許して終わり?

許そうと狙いを外した矢 これじゃ終わらないや

1年前 No.119

操壊 @tukimonoda ★kIBtVXVdAz_P0a

「セッション」よかったです。

1年前 No.120

操壊 @tukimonoda ★kIBtVXVdAz_P0a

本当の偶然を待つ。

1年前 No.121

操壊 @tukimonoda ★kIBtVXVdAz_P0a

誰々から影響を受けた、というが、そんな一方的なものだろうか。

1年前 No.122

操壊 @tukimonoda ★kIBtVXVdAz_P0a


本当の偶然 一瞬の永遠

形の中の形ないところ 物の心

悪にある善

不自由な自由 孤独なみんな

考えを超えた論理 何も教えない宗教

醜さにある美しさ 嘘にある真理

世界の中の世界

生にある死

1年前 No.123

操壊 @tukimonoda ★kIBtVXVdAz_P0a

羽生さん「玲瓏」 森内さん「無心」

二人とも形而上的なものに向かって、勝負してた。

1年前 No.124

操壊 @tukimonoda ★kIBtVXVdAz_P0a

アイアムアヒーロー20巻、朝の6時に買いに行き、読み終わった。
これはもう全巻買いたいくらい面白い。

1年前 No.125

操壊 @tukimonoda ★kIBtVXVdAz_P0a

谷川俊太郎の「こころ」って詩集が思ったよりよかった。

1年前 No.126

操壊 @tukimonoda ★kIBtVXVdAz_J0f

現代には真面目な人と優しい人がけっこういて、
真面目な人は真面目だから怒って、優しい人は優しいからあまり怒らないけど、
両者が出会った時に両者は困惑する。

両者とも両者の正しさをある程度理解しているけど、
だからこそどちらの言い分が正しいか、
その矛盾に困惑する。

そのどちらの心も持っている人は当然たくさんいて、
その人たちは当然自分の中の二つに悩んでいる。

昔からある問題かもしれないけど、現代に顕著な気がする。

1年前 No.127

操壊 @tukimonoda ★kIBtVXVdAz_g5r

絶対的な答えや、100%の答えはずっと分からないかもしれないけど、
それをずっと目指すことは出来るし、すべきだし、やろうとしなくてもずっと向かっていってる。

1年前 No.128

操壊 @tukimonoda ★dK50itABrg_1zu

白人と東洋人との視覚は見え方が違うそうだ。

白人は明暗がはっきりしていて、コントラストが把握しづらいそう。
東洋人は逆。

面白かった。白人の外見と思想や性格と視覚が一致していて、東洋人にしても。

白人の外見はほりが深く、身体もガタイがよかったり、思想にしてもはっきりしていそう(あくまでイメージ)。

東洋人は顔立ちもはっきりしていなくて、身体もはっきりするというよりは、
白人の筋肉質なゴツゴツした体型に比べて丸っこいと思う。

ところで日本に哲学書が少ないのは、日本人が哲学をしてこなかったからとか、
哲学学者が多いとか、そんなのではなくもっと身体的な理由があるのではないだろうか。

日本人は意見もはっきりしない。そして善悪もはっきりさせないようなところがあるし、
例えば小説の表現とそれに対する分析家の解釈、表現された小説をさらに説明しようとするのは何故か?
という疑問に対して共感を持つ人はたくさんいるだろう、
それに対して分析家の解釈も解釈でいい、でも表現は表現でまたそれも生かされるべきだと、
こう曖昧などっちつかずの意見を持つのが日本人には多いと思う。

この曖昧さは、白人と東洋人の視覚の違いに現れているように、
日本人の身体的なもので、哲学書や理論立ったものが出ないのは、
何ら偶然的なことでも、さらに言えば変えてゆくべきものでもないのかもしれない。

しかし東洋人が哲学書や理論立ったものを提出していないかと言えばそうではない。
聖書だって中東が最初だし。
ユダヤ人は中東の人だ。

日本人が極東だからなのかよく分からないけど、
まあそういうことにしておこう。

禅宗の一つであるという思想。
区別のない曖昧の極致。
それに影響され哲学書を出した西田幾多郎。

東洋の医学や西洋の医学の精緻さの違い。

偶然とは思えない、東洋の曖昧趣向、西洋の区別趣向が私には見える。

1年前 No.129

操壊 @tukimonoda ★dK50itABrg_1zu

完全なオリジナルがないというが、完璧なコピーだってない。

1年前 No.130

操壊 @tukimonoda ★dK50itABrg_Qc5

呼吸について

呼吸は生命である。呼吸は生命であり、その者の魂である。
呼吸の仕方が違う。呼吸のリズムが違う。
様々に言えるが呼吸の仕方が違うのは、どこで呼吸するか、要するに場所の問題となる。
呼吸のリズムは 呼吸の時間の問題である。呼吸には場所と時間がある。それぞれの呼吸がある。
何かを出すこと、機械のように言ってしまえばアウトプット。何かを入れること、インプット。
呼吸には機能を司る原理が込められている。呼吸により自然現象を説明する仕方も出来るだろう。

しかし呼吸はそれに尽きない。アウトプットとインプットその表現ではまだ及ばない呼吸の意味がある。
呼吸には常に温度がある。それは身体的な、身体から発する温度が呼吸には込められる。
呼吸に生命が込められるのである。
「プシュケー」古代ギリシャ語で魂。一説によると息を吹き込むこと、
その動作が魂を込めることに似ることからその音がそのままプシュケーという言葉になったのだとか。
呼吸と魂との関係、それをBUMPの藤原基央は確かに感じ取っている。それを歌詞にしている。

宇宙の始まりは生命の始まりのようだったのではないか。
熱のある息を吹き込んで始まるという。
確かトンネル効果で急にある場所にエネルギーが生まれという始まりだった。 トンネルは息を吹き込む口内だ。

11ヶ月前 No.131

操壊 @tukimonoda ★dK50itABrg_Qc5

可能な主体性とは一体どこまでなのか。

11ヶ月前 No.132

操壊 @tukimonoda ★dK50itABrg_Qc5

いくら主体などとは言っても、主体が0になるわけではない。

11ヶ月前 No.133

操壊 @tukimonoda ★dK50itABrg_Qc5

自分の言葉って何と問えば、人の著作とは何とは問えないのか。

11ヶ月前 No.134

操壊 @tukimonoda ★dK50itABrg_Qc5

悪口が批判的であることは有り得ないのか。
有り得ると思うのが今の僕。
批判が悪口であることも有り得る。
優しく批判をすることも出来る。
しかし遠まわしな批判になってはいまいか。

悪口は自分と他者との違いにより出てくる。
「お前は馬と鹿が合わさっっている」とか。
そういった発言は何か自分には違うように思われることから出てくる。
その違いを指摘しているのだから批判で有り得る。

11ヶ月前 No.135

操壊 @tukimonoda ★dK50itABrg_dB9

「頭が悪いという言い方」

頭が悪いって言い方そろそろどうにかならないのかね。
頭は思考の機能に過ぎない。道具に過ぎない。パソコンだって使いようだし。
脳の作りにそんなに大きな違いはないはずだし。悪いとこは別にありそうだ。

そもそもが頭を使おうとしてないのなら、
今まで育ってきた環境に頭を使うことを教わらなかったとか根本的な問題がありそうだし。
それとも脳の先天的な機能的な違いがあるのだろうか。脳科学はそこんとこ明らかにして欲しいものだ。
男女脳は科学的に反証されてるとか、そんなことは割とどうでもいい。

脳を思考の道具としてるのは心なわけで、
心よくしなくて、思考よくならないと思うわけですよ。
心が大事ってネテロが言ってそう。健全な心に健全な思考は宿ると。

とにかく考え続けること、探し続けること、本当の答えって言われてるやつも言葉である限り多分揺れ動くものだろうから、
考え探し続けること、そしてそれはいつも今に力点を置くべきであって、それが頭をよく使うことだと思うのです。

8ヶ月前 No.136

操壊 @tukimonoda ★dK50itABrg_dB9

意志を意志するというのは無限後退になる、と誰かが言っていたが、有り得るのではないか。
こういう意志のあり方をしたい、ということっを意志する。
いわば意志への願い。願いとしての意志。

自己というものが社会や時代や教育などに影響を受けているなら、
社会や時代や教育とは歴史を持っているのであり、
そこには数多の人やものの意志がある。
ずっと続いてきて、かつ否定もされたであろう意志がある。

意志は形成されてきている。
そういう意志のあり方があるのではないか。

例えば私たちは不随意運動をする。
それはこの身体が遺伝子レベルで形成されてきた意志に他ならない。
私たちが少し意識しても変わらないくらい、歴史をもって形成された意志である。

ところで意志を願う意志があるのなら、
その願いとは夢に繋がるのだろう。

8ヶ月前 No.137

操壊 @tukimonoda ★dK50itABrg_dB9

本は全て要約である。

著者は一冊の本に書きたいことを全部書けていない。
もし議論すべき問題を全て書こうとしたなら、
Aについての議論を書く時に派生するBとCという議論、そこから派生するDとEという議論、
そこから派生するFとGという議論というように、
決してまとまらない文章になってしまう。

語られていることは、話されていることはいつも要約である。
語られていない、沈黙の中にこそ、語られていることや話されていることよりも、
たくさんの議論すべきことが、問題がある。

語られてることも、本の内容と同じくかいつまんで語らなければ、
話がまとまらない。

もしある本に書かれていることで議論が終わるなら、
それ以上人は本を必要としないし、語ることもやめるだろう。

8ヶ月前 No.138

操壊 @tukimonoda ★dK50itABrg_dB9

一人で考える、自分で考える、と言えば聞こえはいいが、
私は一人で考えることと自分で考えることを、少し分けたい。

この世の問題や矛盾は必ず二つのものがないといけない。
それには他者がないといけない。

考えることとは他者をいつも想定している。

自分で考える時も自分の中に他者を呼び込む。

だから私は一人で考えろ、対話ばかりするな、というのに反対だ。
根本的に問題は他者との対話だ。

一人で考えるよりも他者との対話の方が全然難しい。
伝えるのも、相手を理解するのも困難だ。

哲学をして問題に対して解答あるいは回答を与える、
しかしそれを見てくれる他者がいなければどうしようもない。

大体一人で考えすぎてしまえば、独走状態になってしまう。
問題とは他者との対話が根本なのに、独走してどうすると。

8ヶ月前 No.139

操壊 @tukimonoda ★dK50itABrg_jAc

刃牙の新刊を見たら宮本武蔵の孤独が出てたけど、
あの人も強いけど孤独だなーと、思った。

7ヶ月前 No.140

操壊 @tukimonoda ★dK50itABrg_kqX

「言葉は上手に使ったら 気持ちのそばまで近づけるけれど 同じものにはなれない」

BUMPのアリアという曲に出てくる歌詞だけど、言葉じゃなくてもなんでもそうだ。
表現というものはなんでもそうだ。
絵画にしても音楽にしても。

表現というのは何かを何かに写すこと。写す時に移してしまっている。
何かから何かを移してしまっている。

ずらしがある。ズレがある。

世界は鏡に鏡を合わせたようなものだ。
水が心に映り、心が水を映す。
それをまた何かに移す。

川の水の流れが石を削り、水の流れを石の形に移す。

一般的に心がないと言われているものでも、
表現のし合いをしている。

鏡に鏡を合わせている。
うつし合っている。

ズレがある。

そしたら表現に求められる正確性とは、となるが、
むしろずらすことに意義がある。
無限にずらしていくことに、正確性が出てくる。

正確性はただ追い続けるしかない。
100%というものがない。

6ヶ月前 No.141

操壊 @tukimonoda ★dK50itABrg_kqX

時々正確性は、正反対のものへ向けられる。

6ヶ月前 No.142

操壊 @tukimonoda ★dK50itABrg_hWO

その人が映し出す世界は、その人の優しさ

4ヶ月前 No.143

操壊 @tukimonoda ★dK50itABrg_b3g

阿さんがてじさん60点という話題を出していたけど、
あれは優しさだったのだろうか。優しさなのだろう。
確か阿さんはもう来ないと言っていたはず。

阿さんには本当にお世話になった。
本当にありがとうございました。

まあまだまだ不甲斐ないし意気地なしだし未熟者だけど、
まだ全然終わってもないけど、
阿さんの見せてくれた美しさや情熱がまだ僕の心に響いています。

時々思うんです。たくさんこの場所で馬鹿だと言われひどい文章だと言われ、
ある時には怒られたけど、本当に嫌だと思う時も何度もあったし、
本当に怖いし絡まれたくないと思う時も何度もあった。

でもあの時がないと、もっと残念なやつになってたんだろうなって思うんです。
たくさん批判して下さって、たくさん貶したり、たくさん怒ったりして下さって、
本当にありがとうございました。

阿さんがここにいた間、ここにいれたこと本当に幸運だったと思います。

主体を否定することを知りながら、なおのこと人の意見を鵜呑みにせず、
戦いながら自分の道を進もうとする阿さんの美しさを忘れません。

このネットというバーチャルな空間の中での出会いですが、
僕は多分一生、阿さんの心が僕の心に残るのではないかと思っています。
本当にありがとうございました。

3ヶ月前 No.144
切替: メイン記事(144) サブ記事 (20) ページ: 1 2

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…感想・コメントはこの記事ではなく、サブ記事に書き込んでください。