Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(72) >>

リレーエッセイ♪

 ( エッセイ投稿城 )
- アクセス(926) - ●メイン記事(72) / サブ記事 (10) - いいね!(5)

ひよ ★sUvu1/jWnlA

考案者;愛里棲さん。

はい、みなさん。
もうひとつ、エッセイ城での楽しい遊びを、愛里棲さんが考えてくださいましたので、
提案させて頂きます^^*

その名の通り「リレーエッセイ」

ルール;バトンを繋いで、リレー形式でエッセイを書いていく。

バトン;前の方が書いた最後の文字。(つまり、しりとり形式)

【例】〜のように、感じます。→「す」次のエッセイのタイトルもしくは始まりの言葉「す」「素直」「酢」など(笑
   〜だという達観。→「観」次のエッセイのタイトルもしくは始りの言葉「観客」「観る」「かん」「み」(訓読みの場合)

続きを書きたい人が先着順で書いていくという形式にしようと思います。
あ、これ書きたいと思ったひとは、予約をしてても良いですよ(笑

「この文字もらった〜♪」と、先に書き込んでくれてたら、かぶらなくても済みます(笑
予約を見られた方は、「先着順」というルールより、

※その方がエッセイを書き終わるまで書き込みは控えてください。
(ただし、予約した方が1週間たっても書き込みがない場合は、無効とします、次の人が予約を入れてOK♪)

今回のこのリレーエッセイは「早いもの順」ルールを適用しまくろうと思います(苦笑


同時期に書き始めて、投稿してみたら2,3人の人とかぶってました、と言う場合は、
どれを取ったら良いのか解らなくなるので、次に書こうと思った方が、

「○○さんのエッセイの語尾の文字を使って書きます」

と、
これもあらかじめ、予約してください。
途中で混乱しないためにも、最初にスムーズに続いていくルールを決めておこうと思います。

よろしくご了承くださいm(_ _)m

あ、そだそだ♪

※続き、ではなく、知った方が書いたエッセイに対し、感想を書きたくなった場合、
 必ず、「○○さんのエッセイの感想」と明記した上で、書き込んで下さい。
 そうすれば、皆さん、間違わずに済むと思われます♪

皆さんが、楽しんでご参加いただけることを、願っております^^*
と、言うわけで、スタート♪

あ、一番初めは、、僭越ながら、ひよが書きます(笑


追記:普段、エッセイのところに記事を自分で立てても、あまり続かないし、何を書いて良いのか解らないなぁ、、とか、
   ちょっと気が向いたときだけ、自分の思いを「エッセイ」で表してみたいなぁ、、など
   そんなエッセイ初心者の方にも、気軽に楽しんで頂ける企画だと思います(笑

   愛里棲さん、楽しい企画を考えてくださって、どうもありがとうです^^*

2008/09/05 11:53 No.0
メモ2015/10/13 22:00 : ひよ★iPhone-hU7vf4L5gl

最後の一文字と言うより、最後の言葉を拾って書いてる事に気付いた今日。


頭ヌルくなってしまっててごめんなさい(´・_・`)


許してください。


と、言うことで

ルールもちょっとヌルくしてしまう、今日。

切替: メイン記事(72) サブ記事 (10) ページ: 1 2

 
 
↑前のページ (22件) | 最新ページ

愛里棲 ★Lw9tq.r5aGQ

                                      知的な人

もう、痛くてむ眠れなくて此処に来て時を誤魔化すしかなくてー
知的な人が多分私は好きだ。知識をうまい具合に使いこなせて知恵にしてしまう人かもしれない。
全ての物事において理解が深くかつ、冷静沈着な態度を保てる人かもしれない。
怒り狂ってる人に教え諭す言葉を持ってる人かもしれない。

知的な人に出会えて交流が持てたら成長出来るかもしれないって勝手に思っている。
私は学歴がないので知的な人に憧れている。

2009/06/26 01:21 No.23

Waltzing_B ★KbGlcrwaHs6

− 憧れの人は居るか? −

感想板で文章主義者。且つ、駄文大将のBです。しりとりも難しいなと思っています。取りあえず、また、戯言を書いてみます。何時もの如く、文が長く、難解です。暇つぶしにどーぞ。

とりあえずの本日のニュースから、マイケル・ジャクソンが亡くなられました。あー、スリラーの人です。知らない人も居るかも知れませんね。80年代を飾ったお人です。「We are the world」の作詞・作曲もしています。あーと、私は、彼をあまり好きでは無いですが、残念です。

タイトルと関係ないって、そうですね。此処から、話を始めたのは、セイ・セイ・セイと言う曲を思い出したからです。この曲、ポール・マッカートニーとのデュエット曲なんですね。そう、彼と言えば、ビートルズです。が、私は良い曲も在るのは解りますが、ビートルズも好きではないです。あっれー、本筋とずれてきるなぁ〜。

昔、私の周りにはバンドをやっている方が、多かったのですね。大体の人が、ビートルズを好きで聞いてる方が多かった。やっぱり、基本なんでしょうか。私には良く解らない事です。彼らの憧れがそうなるのかも知れませんね。で、そう言う方に聞かれるわけです。「ビートルズを嫌いって珍しい。では、誰が好きなの」と。

つい最近だと、トム・ウェイツとか言います。そう言うとほとんどの方が知りません。マイナーですからね。では、憧れているかと、そうでもない。確かに作詞に関しては凄い方だと思っています。曲も好きですね。結構、好みが分かれる方です。その当時は、誰だったのか。思い出せないのですよ。あっれー、やっぱり、本筋からずれてるな。

そんな事を考えると、私は、その人の生き様に憧れるのであって、容姿・才能は、余り関係無い事に気付きます。荘子みたいな生き方をしたいですね。でも、彼はほぼ伝説上の人です。古すぎてね。文献が散乱して、事実確認が難しいのですよ。あと、介子推とか、孫武とか。うーん、どうも、太古の伝説に憧れているようです。中国の史書を読もうかと考え中です。でも、読まねーなとも思っています。

ちなみ、荘子は、仕官誘いがあっても断って、貧しい暮らしを選びました。介子推は、仕えていた公子が王位に着いたとき、その論功行賞を嫌って、隠棲生活を母親と選びました。孫武は、呉の国で大功を得たら、すぐに職を辞して、国を去りました。どうも、私は潔い生き方した人を好むようです

話を変えます。昔、私は理工系と言う事もあって、少しばかり理系の専門書を読んでいたことがありました。皆さんの嫌いな(?)物理・数学書です。乱読状態でした。もう、自分の専門分野とは、全く関係ないものばかり読んでました。

その時に知った数学者の話です。クルト・ゲーデルと言う方です。この方の業績を簡単に言います。数学の不完全性を証明した事と、数理論理の完全性を証明したのですね。一応、言って置きますが厳密には違います。あくまで、簡単に言うとです。

こいつがわからなくてね。良く学生時代に数学の助教授(準教授)に聞きに行ったものです。この定理をもっと詳しく勉強したいと思い、大学の数学科への編入を考えたほどです。まさに数学の世界に憧れてましたね。その他、カオス研究とかね。(此方は私の専門にも関係が在ります。)

ゲーデルと言う人は変わり者で、最後の亡くなり方も変っています。確か、アインシュタインに並ぶほどの才能だと言われています。でも、憧れじゃないんだよな。尊敬は出来るけどね。

そもそも、憧れとはなんぞや?
恐らく、自分に無いもの。手の届かない事への渇望なのかもしれませんね。確かに私の憧れる潔い生き方は、今の時代には難しいことだと考えます。手の届かない事を実現しようとする事は大切ですが、ある時を境に諦めてしまうものかも知れませんね。若いうちは憧れが、そのまま、目的や目標に変ったりするのでしょう。

そんな事を考える内に、自分には憧れの生き方はあっても、憧れの存在が無い事に気付いて、年を取ったなと考えてしまいました。それとも、諦観・達観に塗れてしまっているかも知れませんね。

2009/06/26 16:15 No.24

@hanatarou ★s05PeAUbYOI

ナンバー24
最後の言葉「ね」



『眠い』


年がら年中眠いわけですw
前から ずっと言ってますけど。

長い間 夜の生活を送ってきたせいか
昼間 起きてて 夜眠るっていう 普通のことが困難です。

今 これを書いてるこの時間ってすっごい元気なんです。
でも 昼の13時とかってもう前日に どれだけ眠ってても睡魔に襲われます。


逆に どれだけ睡眠不足でも 夜中の12時を越えると目がぱっちりしちゃいます。
体の周期が 半日ずれてるみたいです。

例えば 一日睡眠を我慢して ピークに達するまで寝ないで
極限の状態まで睡眠を我慢してみました。

でも一定の時間を越えると 睡魔が不思議と消えます。

どうしてなんだろう。

万が一 時差のある海外に行ったら
睡眠時間の調節が できないじゃあないですか。
まさに時差ぼけで 何も楽しめない気がします。

そこでいつも行ってる整形外科のドクターに相談して
睡眠導入剤を処方してもらうことにしたんですが。

今度はそれがないと眠れない(苦笑

もしかしたら もう体は 昼間の生活に慣れてるのかもしれないですが
薬を服用するのが習慣になってしまって
飲まないと 眠れないに違いない!って先入観になやまされます。

日曜日が休みなので 土曜日に薬を飲まないで 眠ることにチャレンジしてみましたが。

布団の中で4時間5時間 平気で 読書してしまうんですねw
そして 日曜日の昼くらいに 眠気がマックスになるっていう。

ほんとどーしよーもない。

2009/06/26 22:21 No.25

Waltzing_B ★KbGlcrwaHs6

NO.25の[い]、つー事で
− いたちのさいごっぺ −
どもども、ルール違反が私にもあったようで、お詫びをしておきます。すみません。

普段、私はエッセイ板などに顔を出さないのですが、少し考える所があって、少しの遊びとして書いて見ました。ある程度の予想が当たり、安心と言うところ。また、長いですので、辛抱の程を…

さて、いたちの話。フェレット。昔、かって居る居る人がいて、臭腺を手術で取ったそうです。家のフェレは可愛いとか言うってました。ペットも多様化してるので、昔の様に犬・猫だけではなくなってきていますね。そういえば、飼育禁止の動物を不法に売っているのが問題になった事も在りましたね。

昔、2匹のフェレットにリードをつけて散歩している方を見かけました。白い奴。茶色っぽい奴は細長い狸に見えたりしました。可愛いといわれれば、そうなのかも知れませんが、どうも好きになれません。爬虫類よりは良いのかと思ったりもします。弟は、爬虫類も可愛いよとか言いますが、そのセンスは私の理解を超えて居たりします。イグアナを見ても、怖いし、動かないので面白くないです。

更に昔の話、夏の話です。私は散歩に良く出かけます。その時に何と言うかは解りませんが、虫取り網を持ってサルを連れている方がいました。どうも、蝉をとって、サルの餌にしていたようです。正直、おいおいとか思った記憶が在ります。

家には、猫が居ます。雄猫です。雄猫はマーキングをするので家の中が悪臭で凄くなります。本当は外飼いをしたいのですが、周囲の反対(特に母)もあり、家の中で飼う事にしています。と言う事で去勢と言うことになりました。おかげさまでお子様のままで矢鱈と落ち着きがありません。家の中を全力疾走しています。

この猫、親からはぐれた所を私が保護したものです。物凄い勢いで鳴いてました。余りにも、可哀想なので、放って置けずに拾ったのが、運の尽き。何時もなら、見て見ぬフリをするのですけどね。病院に取りあえず連れて行くと獣医さんに、この猫は生きれないかも知れないといわれたのを記憶しています。でも、今は矢鱈元気です。出来れば、飼い主を探したかったのですが、見付からず家に居候と言う事になりました。いつも、なみだ目です、病気の後遺症のようです。時折、目薬を付けてあげるのですが治りそうにも在りませんね。

さて、捨て犬はわりと見かけませんが、捨て猫は良く見かけます。(そー言えば、野良犬に絡まれた事がある。噛まれはしなかったけどね。)生き物を簡単に捨てるなよとか思います。つーか、飼うなと思います。ある川の河川敷にロシアンブルーなる高級猫が捨てられていたと言う話を聞きました。えーと、調べてみると10万円以上は、軽くするようですね。馬鹿かと思います。高いお金を出して買ったにも関わらず、捨てるってなに?

話しよると、次の日には居なくなって居たそうなので、迷い猫で有る事を切に願います。それか、拾われたことをね。人には、人の事情があると思いますが、私は自分の手で始末をつけるべきだと考えています。捨てるではなく、貰い手を捜すなり、最悪は殺処分です。そうしないと、野良猫は繁殖をして増えていきます。野良猫は、生まれた中で1匹、生き残れば良い方だそうです。心無い人間に殺されたり、病気で死ぬわけです。中途半端な同情は、悲劇しか生まないと考えます。野良猫に餌をあげる人を非難する人が居ますが、元は捨てる方が悪い。まず、そう言う人は、責任を取れない人なら動物を飼うなという、人が動物を飼育する事自体に反対すべきでしょうね。

つー事で、どんな事でも自己責任は果たして欲しいと、私は考えます。自分が罪悪感で苛まれる結果になったとしてもです。どんな自由な権利にも、義務・責任が伴う事をよくよく考えて欲しいですね。そーいえば、関係ない話だけど、狸は見ても、野良フェレットは見ないな。

と言う事で、この駄文は終わります。いたちのさいごっぺって感じで、私のエッセイはこれにて収束。

2009/06/27 06:42 No.26

Miya ★p2rfE3DkLoM_G3

最後の文字「束」より

『束縛』


10年くらい前まで、腕時計に束縛されていた

特に、バスに乗って駅に行く時などは、30秒ごとに見ては、苛立っていた

バスってのは時間通りに運行しないものだから、正確な到着時間はわからない

それが当たり前で、駅に着いた時間によって乗れる電車が変わってくる

それなのに、到着時間を予想し、何分の電車に乗れるかと計算を始めてしまう

信号に引っかかる

予想通りに着かない

計算しなおし

降りる人の両替する千円札がうまく両替機に入らない

時間ロス

計算しなおし

信号が赤になった

いつもより道路が混んでいる

落ち着かない
焦りだす
苛立つ

バスは秒単位の時間に束縛される空間になっていた

腕時計を見なければ良いだけなんだけど、それが出来ない

決められた時間に着かなければならないってのもあったけど、時間が気になって気になって仕方がなかった

毎朝、到着するころにはぐったりしてたかも(笑)

なんとかしたくて、腕時計を外してみた

そうしたら、不思議なもので、時間が気にならなくなった

今が何時かわからないという状況が、思いのほか楽なのだ

いつ到着するのかわからないから、どの電車に乗れるかもわからない

とにかく目的地まで着けば良いやと、バスの中がのんびり、ゆったり空間に変わった

これが10年以上、腕時計をしていない理由なのだけど、実は、自分を束縛していたのは腕時計ではなかったことに最近気がついた

そもそも腕時計は時間を知るためのものであって、束縛するためのものではない

自分が勝手に束縛だと感じていただけ

ということは、束縛していたのは自分ということになる

腕時計は外してしまえは、ただの腕時計(本当は初めからただの腕時計なんだけど)で、自分が束縛だと感じたが故に、束縛となっていた

束縛を感じるものは人によって親だったり、学校だったり、仕事だったり、友達だったり、恋人だったりする

だけど、束縛しているのは、それらのものではなく、自分の感じ方次第だと考えてみたらどうだろう

腕時計をしないことで、束縛から解放されたように、意識の中で束縛だと思うものを外すことが出来たら、それは束縛だと感じなくなるかもしれない

2010/09/30 00:15 No.27

waltzing_B ★JD8su5xyHBo_QS

【意義はあるか?】

くそぉ、タイトル決めてたのに取られたよん、「束」。言葉を逆読みして「くそ、こんなもんなのか」にしようかなって思ってたのね。面白すぎるルールですわん。言葉の取り合い。早い者勝ち。文句を言ってるみたいですなぁ。いかん。。てな、感じで、ルールに則って「い」で「意義」として、遣って見ましょう。文章主義者といわれたBですから、だらだらと、長く書いてみます。先に言っておきますよん。かなり自由にテキトーに書くので、ツッコミ不要です!

半年振りのエッセイです。うーん、自分のスレッドをたてても良いんだけど、面白いんだな、此処は。だって、最期の言葉を意識して書いてやらんと、下手すると同じ言葉が続くのですから。それに続く内容も気になるしね。書き手の話の展開の仕方も在るでしょうし。それがこのスレッドに見出した私なりの此処の「意義」です。要は書き手のあるテーマにおいての思考力・発想力が問われている訳ですからね。

で、少し脇道から入ってみます。束縛の話。結局、時計をメタファーとして読み替えて、普段、無意識的に人が持っている意義性を「外して」見ませんかって事になるもんね。時計をすることにより、縛られてしまうのは時間と言うモノの意義性、言うなら、時計をするのは「時を有意義に使う」と言う意識付けの方向性という事になりますよね。此れは連想ゲームですけど、作者さん、お読みなる方、もし、不快でしたら、ごめんなさい、極めて悪質な遊び人なもんですから。つー事で長い前置きですけど、本筋に行きましょうか。

詩感想版の話です。去年くらいかな。詩人板にて詩感想版の議論をしていた訳です。その時に出たのが、意義とか、目的の話でした。言うまでもなく、あそこには未だに確たる目的性も意義性もありません。そもそも、ルールに書いてないし、ルールからも読み取れませんしね、そんな事。そもそも、意義、目的ってナンだろうって、思うわけです。此処は思考の基本に立ち返って、「言葉、そのものを疑おうかな。」ってことです。

では、どんなモノにも意義があるのかと言うと無い方が多い気がする。例えば、モノで言うなら、在れば便利であって、それが無ければ圧倒的に困ってしまう事は少ない気がするんだよね。卑近な例に差し戻していくよ。靴。必ず必要なのかな? 履いてかないと怪我をする、足が汚れる、あとは、何だ? 思いつかないな、例が悪いのかとも思うけど、このまま、行きます。

まず、靴を履かない生活を想像してみる。うーん、怪我が問題ですけど、メリットの方もあるんでは無いのかなって思います。例えば、水虫とか外反母趾とかの病気にならない気もします。後、扁平足になり辛い気もする。裸足で暮らせば、それなりに足の裏の皮が熱くなって怪我し辛くなるという話も在りますからね。でも、キケンな現場には必要でしょうね。安全靴の話、あれは、別の話になるかな?

汚れるって言うのも、汚さの問題で道を綺麗にしておけば問題も無さそうな気がする。むしろ、公共のマナーが上がる気がする。道が汚れていなければ、汚れる心配はない。うーん、衛生上の問題もありそうだけどね。病原菌を家に運び入れるなんてね。でも、人の免疫力の低下が問題になっているのは、清浄な環境にし過ぎだって話も在りますしね。だいたい、靴をはかないで暮らしている国の人だって居るわけですから。うーん、かなりな牽強付会だ。まぁ、結局、靴を履く便利性は在っても、そんなに人の生活にクリティカルな意義は認められないって話です。

私が思うに、意義はモノの先にあるのではなく、モノの後に付いてくる影だって事。モノ・コトがあるから意義が見出せる(その事象に意味づけが出来るって事です)んであって、モノ・コトがない所からは、そんなもん、なかなか生まれませんもんね。

で、基本は、個人が決めていい気がする。影を作る光は自分自身であると。当然、周囲との軋轢は在る訳です。意見の食い違いとか言うヤツです。で、是非の議論になると。個人の生き方って程度の意義であれば、そんなには問題になりそうにありません。個人主義ってヤツにべったり寄り掛かれそうです。集団おける意義性と個人における意義性は必ずしも一致させる必要は在りませんよね。要はケースバイケースで良いって事。

意義ってヤツは、人の思考に取り憑くんではないのかなって、文を構築していて、ふと思ったりしました。幽霊みたいなモンですね。放っておけば、判断が逆に鈍るって言うか、執着を生むと。例えば、仕事。部下を持つ人なんかの話ね。仕事の意義を追いすぎれば、部下を見なくなることがあって、部下が離れていく事態を生むことがある。逆に部下を見すぎれば、その仕事本来の意義を見失う事って在りますからね。要は、拘りすぎるとバランスが悪くなるって事ね。まぁ、バランスに関してはナンにでも言える事だとは思いますけどね。だとすると幽霊の多いこと、この上ないな。気になる人は御祓いに行かなきゃね。私も行ってこうかな?

そんなこんなで、いままでの経過に合わせて、こんな考察を加えると感想版には、意義性・目的性は無くても良さそうです。要は参加する各個人が感想版の意義を見出して欲しいなぁ、が、私の希望ですね。どんな事でも、一番は個人が自力で見出した意義が尊いのでは無いのかな。まぁ、私の個人的な意義は「兎に角、詩を楽しむ」事なんですけどね。

なんで、こんな事をかいてるかって… ある意味での感想版の宣伝です。詩を書かない人でも感想は書けるかなって思うわけです。況してや、感想な訳です。難しい事は要りません。あくまで、フィーリングで良いんですね。詩が解らなくても、詩を知らなくても、言葉、そこにある感情は楽しめるんではないかなって思ってます。要は、詩を楽しむって事のきっかけに感想版を出来ないかなって事ですね。まぁ、それもひとつの感想版の意義といえますなぁ〜

つーことで、Bのだらだら文章大会は終了〜

2010/10/03 04:26 No.28

山人 ★fXqlOxhVdRc_Vx

 〜。これはどこからどこまでという範囲をさす。それは期間であり、何かの数値であり、中高年なら血液検査の値や体重など気になるところであろう。
 とかく、日本人はこの〜の中に入りたがる。その中に入ることで人と同じなんだという共有意識が生まれ、安心するのである。
 幸か不幸か、私は色んな数値の、この〜に該当しない数値を持っている。健康上やその他に関して〜に収まらない特性を持っているということだ。もともとそういう範囲に拘らない環境でもあったし、それに慣れてしまっているのもある。
 この〜同士の繋がりというものは、私に言わせると脆い。常に範囲に入りたがっている集団であるから、相手の失脚を陰で望んだりするのだ。都合よく失脚、或いは範囲外になると、とりあえず取り繕った言葉を投げかけるが、内心はしめしめとほくそ笑むのだ、たぶん。
 その点どうだろう?、範囲外の奴らって言うのはとりあえず1匹狼(豚やキツネとか?)的雰囲気をまとい、結構図太い。例えば医者関係でも、先生に説教されても、はいはいと都合よく返事はするが、体に医聖でもとり憑いているのか、意外に病気となぁなぁでやっていたりする。
 ただ、しかし、なにかにつけて範囲に入ろうとする気持ちが大事だ。それらを予め棄ててしまうと、それ以上あらゆる事が悪化してくる可能性がある。


 もう一点、この〜の使い方であるが。と、国語学者でもない私が薀蓄を語るのは申し訳ないのだが、エッセイであるから持論で行く。
 ゆるキャラっていうのがあるらしいのだが、深い意味は不明。言葉で印せば最後尾に小文字をつけて〜、を付けるのが一般的のようだ。
 余談だが、登山仲間のEという男の山記録を見ると、いい眺めの箇所では、「○○だぁ〜」という表現を良く使っていた。こういう言い方は故松田優作あたりが口にする言葉ではない。ハードボイルドガイは使ってはいけない口調なのである。ちなみに今回のエッセイはハードボイルドを少し気取っているのでこういうガキボキした文体になっている。
 話が少し飛んだが、Eの意図とするのは、「僕、こういう癒し系男子なんですぅ〜」ってことをアピールしたいわけなのだ。(あっ、これはBさんの語尾のことではありませんよ。)そしてEの場合、ゆるキャラで売って行こうという魂胆があり、自分の体臭や匂いを〜を利用し振りまいているのである。
 そのほか、ラフな文体などにこういう使い方は多々見られるのであるが、こういうのを効果的に使っている人は結構人気者。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
・・・とうことで、殴り書きしてしまいましたので、内容なんて無いに等しいです。
えっと、最後は「人気者」という単語になりますし、「の」でも構わないんでしたっけ?
とにかく書いてみましたが、乱筆乱文お許しください。
 あっ、とりあえずもう1回誤字脱字がないか調べてから送信しますね。

2010/10/03 16:23 No.29

waltzing_B ★JD8su5xyHBo_QS

【No Man's Land】

うーん、「の」若しくは、「者」。と言う事で「No Man's Land」で行ってみましょうか。誰も居ない、無人地帯の意味ですね。そう言うタイトルの映画も在ったみたいです。見てないな。この所、ホント、映画をみなくなった。見ても、頭使わないアクションばっか。そのうち、発作的に始まるんだろうな。ビデオ鑑賞大会が。一日に4本くらい見て、それを一週間くらい繰り返して、頭がおかしくなるパターン。わからないけど。

つい最近、本を読んでいて面白いなと思ったのが【哲学者ちオオカミ(マーク・ローランズ著)】って本ですね。さて、内容はオオカミを飼っていた筆者が、オオカミと人(サル)を比べて、人とは何かを考えていく思想書って言ったら良いかな。あとは、オオカミさん(名前はブレニン)との生活を綴ったものです。この筆者は、かなりの人間嫌いです(本文中で本人も認めている)。

さて、人間嫌いのジレンマと言うものがあると思います。それは、そう言う自分も人間であることです。よく見る人嫌いを自称する人は、自分は棚に上げたような論を展開しがちです。そう言う所から何様って思う方も居るでしょうね。若しくは、酷い自己嫌悪に悩まされたりもしそうですね。この筆者は、どちらかと言うと後者に見えます。自分も人間だからより良い考え方を探している旅人(オオカミかな)って言う比喩がぴったり来ます。

人にはお薦めし辛い本です。筆者は哲学のプロ(大学の教員です)。ですから、ハイデガー、カミュ、サルトル、ニーチェ、ヴィトゲンシュタイン、ラッセル、フッサールとかの哲学関連のお名前が出てきます。でも、まぁ、簡単な解説もありますから、読めない事もないかな。哲学にアレルギーがある方は無理ですけど。うーん、名前だけ見ると「実存主義」系の方々が多いな。妙な共時性を感じるなっと。これはヒトリゴトです。すみません。興味深い考察が多くて、個人的には今年の当たり本かな

個人的に好きなのは、アイルランドの田舎の大麦畑で彼の犬、オオカミが鼠や兎を追いかけて、跳ね回るところですね。絵になりそうで良いです。哀しいお別れもなかなか良かったかな。神様に悪態をついたと書いてありましたけどね。

うーん、哲学的・論理的にフェア・誠実な方なんだろうなと思いましたね。基本、持論を展開する際は、前提条件が問題になるものです。哲学当たりでよく言われるのが「これと言う思い込み」です。要は、人は持論に都合の良い論を展開する為に前提条件を限定しがちなのですね。もしかしたら、前提条件が間違っていることがある。自分を疑ってかかるのは難しいものです。あまり、そう言うことはしてないと言うより、気をつけている。デカルト以降の懐疑主義ですね。

フランスの片田舎に著作の為、篭ったそうです。彼の犬とオオカミと。私も人は余り好きではない。ですから、時折、オオカミはいらないけど、彼の過ごした、極力、人と関わらない生活をしたいですね。土日は「引き篭もり」状態なので同じかな。「散歩」位は行くけどね。彼らの理想生活だったのでしょう。村人は居るけど(No Man's Land)てな、感じでね

さて、(サル)は不快だと筆者は言います。筆者の論の展開はまるで「性悪説」に近いのです。サルもそうなら、仲間の人間もそうだろうってな感じですね。なので人間賛歌が好きな方にも薦められませんね。

多分、より良い思考に行き着くには、本当の孤独が必要なんだろうなって思いした。だから、私は(No Man's Land)に行きたいですね。出来うれば、地平線と水平線、満点の星空があるような所に行きたいですね。

この本のオチは言いませんけど、再度、言いますが、私には当たりな本でした。私は、ある哲学者のストーリーだと言いますよ。一匹オオカミが哲学の荒野を彷徨い、まだ、理想郷は遠いのだろうけど、一時の安息の場−群れを見つけた物語だと。。

さて、終ります。最期にこんな本を贈ってくれたオオカミ・ブレニンが安らかに眠れる様に黙祷。


2010/10/12 03:23 No.30

愛里棲 ★SOFTBANK=lyNybNdfuq

哲学解らない
メビリン内ではまぁ宗教やら物理やら突然変わってたりするけど
各々の哲学的思考を突き合わせるのではなく 議論と同じに知識自慢と持論の披露の場になっているようで

たまたま思う感じることが哲学的で哲学している人の言葉に共感を少しばかりだから

5年前 No.31

ねこなバス ★AU=sPRKuWblVn

>>31 最終文字「ら」
裸族について考えてみれば、彼らは服を着ないのではなく、服をつくる技術を持たなかっただけではないのだろうかと考える。
もし、彼らが服をつくる技術を持っていたら、おそらくはそれにくるまっただろうことが、彼らの住居や狩りの道具を見れば鑑みることができるだろう。

要は彼らにとって便利なものは、彼らは使用するということが、住居や道具から鑑みることができるということである。

最終文字「る」

5年前 No.32

愛里棲 ★SOFTBANK=lyNybNdfuq

るから始まるしりとりはさすがに無理だと思うので 関連性をバトンにするのはありだと思う

5年前 No.33

ねこなバス ★AU=sPRKuWblVn

ううん、ルールについて考えてみるとか、ルンルン気分でお出かけとか、発想しだいじゃないかな?
なんてね。
みんなで描くエッセイ集って趣向もいいかもね。

5年前 No.34

愛里棲 ★SOFTBANK=lyNybNdfuq

皆がルンルンでいる確率はかなりつらいと思う

5年前 No.35

ねこなバス ★AU=sPRKuWblVn

そんな時はル・クルーゼの鍋を思い浮かべてルンルンになればいいと思います。

5年前 No.36

愛里棲 ★SOFTBANK=lyNybNdfuq

誰もがなれないでしょう って同じこと言いたくはないが私の日常は言わされる毎日 自分一人の発想 気分を皆に強要させる気持ちは解らん
そう思うなら連投されればいいのに 解らん

5年前 No.37

ねこなバス ★AU=sPRKuWblVn

んー別に無理して書く必要もないでしょ。
書けない気分の時は書けないわけだし、書きたいけど、ここには書けないってだけでしょ?

もっとも、書きたいものを書くのも当人の自由だとは思うけどね。

5年前 No.38

ねこなバス ★AU=sPRKuWblVn

根っこには善がある。

どのような立場の人も少なからずとも善に向かう性質を持ち合わせています。
一般の善とは相容れないヤクザを例にとれば、ヤクザはヤクザ社会に置ける善に向かいます。
軍人は軍という組織、社会に置ける善に向かいます。

つまりは人は自身が属する社会が持つ社会的善に向かう、あるいは従うという性質ですね。

ですが、どの社会においてもはぐれ者とは出てきます。
自身の属する社会の社会的善に従えないと判断した者ですね。
自身が向かう善を失った者とも言えますが、この場合、この者は己の中に己が思う善を描きます。
これは個人的善ですね。
とりあえず人は善に向かう性質を持ち合わせていますが、
社会的善、個人的善とは時代や立場によっては悪にも変わるものです。
魔女狩りは悪です。
しかしながら、当時においては善です。
歴史を見ればこういったものは多々伺えます。
だからといって善とは形のないものかと言われれば、それは素直に頷けないのです。
わたしは不変の善、真の善、根本となる善といった、社会的善、個人的善の垣根を越えた善があると考えています。
その善をなんて表せばよいのか表現に困るし、わたしが知っている言葉では表せないのです。

もどかしいです。

5年前 No.39

@migraine ★x3uHOjt6lr_rtI

 ――砂を集めて山を造り水で固めて爪で掘る。爪の間には濡れた土が挟まり取れない。親指の付根は未だ乾いて居て、周りの指の付根も乾いて居る。/人差指が最近に触れたのは、厚い壁。だから人差指にとって砂は心地好かった。そして濡れて、――厚い壁には溝が在って、彼は其れを辿った。地面まで続いて居て、上方は蜘蛛の巣の陰に隠れて居る。蜘蛛は此方を観ていて、でも僕は気付いて居ない。其の上、僕の脚と来たら未だガクガクと震えている。怖いのだ。
 ――直ぐに落したのは彼で無いと気付いた。だから離したのだが、彼は此方に気付いて終った。此の壁は随分前から其処に在って、なのにてっきり僕は彼のものだと思い込んで終ったのだ。/じっと彼は見詰める。其の先には蜘蛛が居て、僕は彼を睨み付けて居る。爪の先が痛い。なのにまた砂を集めて山を造り水で固めて爪で掘り始めて居る。――何故、爪なのか。指で掘り出せば良いものを、彼がそうさせない。指では駄目なのだ。
 ――透き通った風が足の裏を抜けて行った。空色の風で、僕は前に見た事が有る。そうだと頷いたのはやはりあの蟲で、僕は少し萎えて終った。けれども彼は実にそんな事は無いぞと言う。僕には其れがいつもどうにも不可思議で、だからいつまで経っても掘る“爪”を止められない。蜘蛛の方はと言うと、そんなことはお構い無しにというより彼の方に意識を向けている。そう、彼は蜘蛛なのだ。けれども僕は其の気付きを伝えられずに居る。だからやはり、僕は掘り続けるしか無い。此の壁を。

4年前 No.40

ひよ ★iPhone=hU7vf4L5gl

『壁を』

乗り越えられませんでした…。
カケ子さん(ノートパソコン)が、
うんともすんとも言わなくなってしまい、使えなくなってしまいました。

自分のアカウントも、もーはいれません。(苦笑)

あぁ、仕舞っておいた言の葉たちが、、f^_^;)

と、久しぶりに訪れこんな風な感じで一つ。

壁を乗り越える、壁を掘り進む、壁が立ち塞がる、壁をぶち破る…そしてまた、新たな壁にぶち当たる。

そんなこんなで、再婚して1年が経ちました。

ここは、あれですね。
懐かしいです。

実生活に追われてる時は、何一つ思い出さないのに(笑)
ふと、時間に余裕が出来ると、ぽちっと覗きにきたくなる場所ですね♪
ありがとうございます。

こうして、此処があってくれて。

なので、壁、と言うよりは…
此処は洞穴って感じです。
私にとっては。

あそこで凌いだあの日々が、
牧の燃えかすだとか、煤のシミだとかから
あぁ、あったなぁと思い馳せられる。

けれど、あくまでも家ではダメなのですよ。
洞穴くらいでなければ…。

それくらいの居心地いい場所。
ありがとう、洞穴。

2年前 No.41

ひよ ★iPhone=hU7vf4L5gl

『穴』

心にぽっかり。
など、穴も心象の表現に使われちゃったりするわけです。

私にも開いちゃいましたよ。
言葉の穴。
や、これは脳の穴というべきか…。

言語能力衰えまくり。
思考能力ともいうべきか…。

老いる目と書いて老眼というらしいのですがね、
とうとう来ちゃったのですよ。
知らない間に、ちょっと本とか離して見てる□□

その時の自分の驚愕さといったら、なかったです…。

なので、本をあまり読まなくなってしまい、
ますます語彙能力衰える。

というわけで、なんで此処に来てるかと言うと、
思考、語彙、そういったものを再び取り戻す為のリハビリな訳です。

すごいぞ、メビウス!
リハビリまで出来る場とは。

2年前 No.42

雲母 ★iPhone=hU7vf4L5gl

『場とは』

その時、その時に自分が居る
または、居られる場は違う訳ですが、
何故でしょう?

ってな事を、真剣に考えみるの回。

まぁ、平たく言ってしまえば、簡単で味気ないもので終わるのですが…

つまりは、
『その時』の自分の中の最優先にしている場があるからです。

以上。

で、終わらせると自身の語彙奪還リハビリになりませんので(笑)

補足。

場と心は連動していて、
以前愛していた事象が色褪せ魅力を感じなくなる所か、嫌悪感すら抱くようになる→
『その時』の場から離れる→新しい『場』へ
『ある時』が訪れる→心境の変化
『以前』の場に戻ってみる→郷愁に駆られてみたりする

では、舞い戻ってみた場は、どうなのか。
よく巷で言われてるポピュラーなのは

懐かしくはあるけど、もう自分の中では終わったものだった。

やはり、自分の居るべきところだった。

いまさら、自分の居場所なんて無かった。

この3パターンが多いのでは、無いでしょうか。

どれもこれも、心情から発せられるものです。
当たり前で片付けるとそこで終わる、
疑問に感じると無限に広がる思考の始まりです。

そもそも
『場』とは?
この回では、心情と連なるものと捉えるとして

それぞれの答えみたいなものがある中で、
私自身の答えは、

落ち着きたくは無い、いやいや安住の地として守りたい…と心が常に葛藤するもの

でした。
いやはや、真剣に考えみるって怖い事だなぁ

結果。

私ってば、冒険者気質?

1年前 No.43

雲母 ★iPhone=hU7vf4L5gl

『気質』


これは、生まれる前から持っているものなのか、
それとも産まれてから形成されていくものなのか。
それとも両方か。

や、単純に考えたら、前者は資質で後者が気質。
そうなんだけれども…。

資質に引っ張られ気質が形成されていくのか?
そして、気質とはやはり変化して行くものなのか?

ある時期、私は物凄いお節介やきだった。
その事由を、他者の行動から知らされた。
認められたい欲求、必要とされたい欲求が
その行為に走る。
他者の為では無いその行為そのものは、欲求を満たしたい自分自身の為だ。

自身の存在意義って、なんやかんや誰にとってもすごく重要なことだと、歳を重ねていく毎に思うようになった。

それは、自己を客観視し辛い人ほど強く欲求する様にも思う。

人、と言うか、時、かな。

側から見ればわかるのに自分の事だと気づき難い。

お節介やきだった私は、他者により
その要因を知る事となり、お節介を止めたか…
と言うと、
その答えは、「はい」でも「いいえ」でもある。

私は、必要とされる満足感を知った。
幸福感とも言う。それにより、

需要と供給
受容と要求

そのバランスを身に付けた。
だから、気質とも旨く折り合いをつけられてる。

そう、なんやかんやと勝手に呟いといて最初に戻るけど(笑)

私にとって『気質』とは、
資質を軸として外界に触れ、他者と自己愛の摩擦に寄って形成されていくもので、危うい。
自己コントロールを必要とするもの。

と、いうことになりました♪

今回は。

1年前 No.44

ひよ ★iPhone=hU7vf4L5gl

『今回は』

すごい。続けて、書けてる(笑)
語彙奪還リハビリ順調か?

なんちゃって。
全然ですわ、脳って衰えるなぁ使わんと…。

女郎花ってハンドルネームでプロ詩に投稿してた時、
もうちょいマシな脳の動きしてたと思う。

昔のものだから、読み返すと恥ずかしくもあるのだけど(笑)
それでも今の私の感性よりかは、痛々しさが出てて面白い。

図々しい年寄り脳の今よりずっと。

作品って、もちろん作った本人のものだけれど、
作り手から離れて、読み手の脳に届いた瞬間から
読み手のものにもなるんだよね。
そんな中で、1つか2つかは私から離れて読み手のものになってくれた作品が昔はあった様な気もしたのに…。(あくまでも自己満足)(苦笑)
まだまだ、まだまだですわ…。

某テレビ局で、漫画家さん同士がトークする番組があって観ていたのだけど、

数十年前のものを改装版として出版するにあたり、
作者本人がどうしても気に入らないところがあって描き直したら、
ファンの方から誰の許可を得てそんな勝手なことをしてるんだ!と、脅迫されたと笑って話していらっしゃった。

え、僕のものじゃ無いんだ〜〜って(笑)

でも、それってすごい。
物凄い褒め言葉だなぁと思った。
そこまで自分の生み出したものが愛されてるなんて。

それと、その番組で思った事は、
継続は力って事。
これは、作品を書き続けるって事に於いて。

私のこの年寄り脳は、何も実際に歳を取ったからってことじゃ、無い。

忙しさにかまけて、使わなかったからだ。
確かに、忙しいよ。
生活に追われてる。

だけど、結局言い訳、それ。
ってことに、打ちのめされた番組でした。
感性って、磨けるもんだということ。

なので、必死にリハビリ中。

1年前 No.45

ひよ ★iPhone=hU7vf4L5gl

『中、リハビリ中』

語彙奪還リハビリって、そしたらいったい何してんだって話し。

まぁ、一つはこれです。
改めて文章書こうと思った時、此処を使おうと思ったのは、
タイトルから、最後の一言まで普通に何となくのエッセイ書くより頭使うから。
次に繋げる為に最後をどう締めようって。

その次は、詩板を片っ端から読んでいってる。
で、すごく惹かれる詩は、感想付けてる。
自分の中でその詩をどう感じたかを書き手さんに伝えるリハビリ。

…でも。
やはり自分の好みってそう変わらないのね(笑)

新しい人達のを読んでると、
どうしても以前にすごく好きだった、いや、
好きどころか崇拝してた人達のが読みたくなって過去ログ漁ってる自分(苦笑)

で、読んでは再度浸ってしまう♪

そして気付いたら、読んでるその詩に
自分の中で勝手に返詩してる…。

やー、今更迷惑極まり無いなぁ〜と思いつつも
何時でも身勝手な私は創作して自分の所に載せてしまってる始末。

ほんと、面目無いです、、。
でも、ごめん。

こそっと此処で謝っとく。
たぶん、またやる。(苦笑)

だってやっぱりすごく良いのだもの。

震える程、響くんだもの。
ぐわって身体の芯が一瞬沸騰する感じ。

アドレナリンがなんか呻いてる感じ。

最高のリハビリでは、無いでしょうか♪

貴方様がたは、ほんと素晴らしいです。
や、もう…こう…

にゅるんってする程!
や、どきんでした…。

脈打つよ、ばくばく。

1年前 No.46

ひよ @hiyojirou ★iPhone=hU7vf4L5gl

『爆・縛』
(今回は、全くもって語彙奪還リハビリではないですん…ただの報告でごめんなさいの回)

カケ子さん(ノートパソコン)が、
壊れてしまい、現在の私のネット回線経路はスマホのみ。

前のアカウントにどー頑張ってもログイン出来なくなってしまって、
メッセージにお返事も返せない始末…。

なので、タロウからジロウへと変身しました。
新しいアカウントは、ヒヨジロウよろしく。

あー、ばくばくとちょっと気になっていたお返事が返せて先ずは一安心。

1年前 No.47

ひよ @hiyojirou ★iPhone=hU7vf4L5gl

『心』

締め付けられると言うよりかは、
きゅっと一瞬心を握られる様な
そんな詩を読ませてくれる人がいた。

随分昔のメビウスに。

その当時から
私もいい大人だったけど、
その人はもっと年配の方だった。

…まぁ、ネットの世界だから、
実際は違っていたとも考えられるけども、
少なくとも、若い人達が書くような詩ではなかったのは確か。
だから、信じてる。
その人が私に伝えたその年齢を。

その人と言葉を交わすのが嬉しかった。

深い深い海の底…と言うよりは、
深い深い森の奥をイメージさせられる方だったのだけれど、
その人はハンドルネームに海を使ってた(笑)

詩作や語彙のリハビリをする為に、過去ログを漁ってると前に書いたけど、
ほぼ私の日課になっていて

その方の何が好きかと言うと、詩もそうだけれど、
詩返しをした人へのコメントが…
もうとにかく秀悦で素晴らしいのだ。

短い文の中に、悲哀と慈愛が込められていて
年輪の深さを何処までも感じさせてくれる…。

メビウスが生まれてから11年が経った。
11年前の初期も初期の頃におられた方で、
今はお見かけする事も無い。

あの深さを感じたいなぁ。
郷愁とはきっとこういう心の事を言うのだろう。

秋の夜に、沁みる。

1年前 No.48

ひよ @hiyojirou ★iPhone=hU7vf4L5gl

『沁みる』

冬に近づくと、沁みてるものが美味しいと
より感じる様になる訳ですよ。

結婚してしばらくの間、専業主婦というものをさせてもらえました。

まぁ、言ってみれば失業保険が切れるまでの間。

その間に起こった出来事と言えば、
まぁ〜〜太る太る(笑)

沁みるものは美味しいわ、
それに合うお酒も美味しいわ♪

おかげさまで、また働き出すまでの約半年間で、10キロ脂肪をつけさせてもらえました(苦笑)

私、今迄にどんだけ動いてたんだって、
感心しきりでしたよ、ほんと。
食べる量はあんまり変わらない、違う事と言ったら身体動かす割合くらいでしたから。

しかし、問題はここからな訳です。
歳喰った分、働き出したとしても痩せにくい。
新陳代謝が衰えて来てるから…(笑)

家にある7号の服がほとんど入らない。
が、しかし!9号の服は買いたくない…
なんか負けた気分になるから(´・_・`)

ということで、なんとか着れる数少ない同じ服を着回している毎日。

やー、女終わった。
そう思いました。

オンナ取り戻す為に、結果にコミットの例の奴に30万円以上をつぎ込もうかとも
イカれてしまった脳が指令を出しそうになりましたが…
できるかっ!
もったいない…(。-_-。)

そんなこんなで、今日も箪笥の肥やしになっている服たちを横目に
着回しアイテムが発動するのでありました。

オンナに戻りたい。
旦那の憐れみの目線から逃れたい。

…働こ。

1年前 No.49

ひよ @hiyojirou ★iPhone=hU7vf4L5gl

『働こ』


ここで、メビウスで知り合った中学生の子たちが、
もう成人して働いてたりする訳ですよ。

なんかね、もー、年月はやっ(笑)

そして、未だに
メールとか連絡して来てくれるわけですよ。
つい最近も2人の子たちから近況報告のメールが届きました♪(*^_^*)

ありがとう。

冥利に尽きるってこういう事だと思います。

パソコン使えなくなったので、
携帯メールに送ってきてくれる分しか
気づいてあげられて無いのですが…
それはほんとに申し訳ないです。

生活に負われて、
ここ数年は遠去かってました。

前から生活には負われていたと思うのですが、
それは、このエッセイに以前書いた様に
その時、私の必要とする「場」が此処には
無かったから訪ねてこなかったとしか
言いようがありません。

なんで今、またこの場なのか…。
それは、これにつきます。

書きやすいから。

なのでね、これ作った城主は
やっぱり凄いなぁと改めて思います。

まぁ、めんどくさっと思ってしまう事は、
そりゃ言って見れば多々あるのですが(笑)

そのめんどくささを加味しても
此処に来て書く、その書き易さに敵わない。

有り難い事でございます♪

なので、次なる目標は
より書き易くする為に、新たなパソコンが欲しい。

やはり、スマホでちまちま書くよりパソコン使いたい…(。-_-。)

さぁ、次のリレーはこれですよ、これ。


(。-_-。)

今回、支離滅裂なエッセイになった事は否めません(苦笑)

だから、支離滅裂らしく繋ぐのはあくまでも

コレ→(。-_-。)

1年前 No.50

ひよ @hiyojirou ★iPhone=hU7vf4L5gl

『(。-_-。)』


肩が言うこときいてくれなくなってます。
これを世間では四十肩というのでせう…。

じゃが、仕事は待った!を掛けれるわけもなく。

最近巷に溢れているあんま屋さんに行ってはみるものの…。
その場凌ぎ。
しかも、高いのね…(´・_・`)
通えないのねん。

病院のリハビリテーション、マジかってほど混んでるのねん。

じっちゃ、ばっちゃ様方の交流の場らしく…。

まぁ、医学的に40代は「初老」らしいので、
その中に社交場でびゆぅ〜しても良いのだけれど♪

さすがに向こうが青二才がっ!と相手してくれないのねん。

若者にも混じれず、老者にもなれず。
中途半端な永遠の夢みる少女時代到来ですよ。

だけど、この年代って面白い。
何気に今が一番楽しい…(笑)

他人に煩わされ無い自分というものが、
面白いなぁ〜と思う。

や、仕事ではね
煩わされっぱなしですよ(苦笑)
なんか面倒くさいこといっぱいあるし。

けどなんだろ。

今までの経験値が、咄嗟に脱出口を探し出すというか、
ほほぅ、なるほどそうきたか♪
と、イラっと来るには来るけど
その状況を楽しんでいる自分を見つける訳です。

図太くなったとも、言うけど(笑)
嫌いじゃない。

ちっちゃいことで癒されてる自分も。

普通って良いなぁってつくづく思う毎日も。

1年前 No.51

ひよ @hiyojirou ★iPhone=k3KWqH97fg

『もういいかなぁ』

って、思える瞬間もあるのに
強慾婆ぁは、嫉妬するのです。

なにに?

才能に。

何故、その言の葉が自分の中から生まれて来ないのかと。
そういう時、人間だなぁと思います。
つくづく人間だなぁと。

貴方の為は自分の欲だと、
昔教えられてから、其れはいつしか自分の中で何度も何度も事ある毎に反芻する癖がつきました。

それならば、この感情は純粋な誰かの
貴方の賛辞ともなり得るのか…。

そんな事を考えた今日です。

己の中の嫉妬心は、相手への最大の賛辞。
あれ?面白い。

そう考えた事で、ちょっと自分が救われてる感じがする。

と、すると
やはり自分の為の行為なのか。

兎にも角にも、こういう思考に至った時、
自分というものが面白くて好きになれる。

そういうお得な人間で居られている
私、という生き物を愉しむ秋の雨夜かな♪

1年前 No.52

ひよ @hiyojirou ★iPhone=oIXAgThK1Y

『な、な、なんとっ』

正直、初めてみたよ。
事務所のトップからクビ勧告受けて、
朝一で自宅待機で帰らされたヒト。

私めは結婚してからは、正社員ではなくパートさん勤務なのですがね、
だからまぁ…なんと言いますか、
無責任な仕事をする訳では無いけれども…
今まで正社員として勤めてた時よりも気分的には楽なわけです。
背負う責任がやっぱり薄いから。

なので、逆に周りがよく見えるというか何というか…(⌒-⌒; )
市原悦子さんの家政婦は見た的な感覚で(笑)

その自宅待機させられた営業マンさんは、
転職2年目の35歳の既婚男性なのだけど
なんだろ、良い人なのだろうけど…
や、営業向いてないのに何故この業種に転職してきた??
と、いう人。

しかも、ちょっとオトボケさんで、
致命傷ともいうべき人の話覚えないのな(笑)
自分の興味を引いた事で無い限り直ぐ忘れられる特技持ってるというか。
営業無理じゃん?
営業なんて他人の興味、好みにどれだけ自分が突っ込んで相手の懐入っていって
優位に仕事の話に持っていけるかが、勝負所だと思うのにさ。

ま、そんなこんなで所長は不甲斐無さや頼りなさにイライラしていたらしく。
私らの目から見ても、厳しくは当たっていたのですよ。
所長も、所長で会社ナンバー1の営業実績のある人だけど、その分やはりワンマンで(苦笑)
あまり他の社員さんからは好かれてはいないっぽいし、子どもみたいな所はある。
ジャイアンな人だから、言い方もキツイ。

その営業さんがキレる様な言い方をしたんだろうけどさ、
所長に対してタメ口の暴言吐いちゃアウトだよね(⌒-⌒; )

実績は一つもまだ無い。
お得意様にまで頼りないと思われてる。
所長がフォローに回ってる。
所長、怒る。
言い方がだんだん辛辣になる。
営業さん、切れる。

どっちもどっちだけどもさ、
35歳で既婚者なら、もう自分の言動にどれだけの責任が伴うか解ると思うんだけどなー。
わかんなかったのな…(´・_・`)

私、その営業さんと2人で得意先に出向く事もあったのだけど、
正直、頼んなかったもん。
私に向けて、助けて目線おくられても…(苦笑)
って、心の中でつぶやいてた事、多々あった。

私より5倍ほど違う給料貰ってるんだから、給料分働いてくれよ頼むから、、、なぁんて。

さぁ、今日は私はお休みの日なのだけど
次の出勤日に彼は果たして在籍しているか否か!

1年前 No.53

ひよ @hiyojirou ★iPhone=hU7vf4L5gl

『加減』

加減って、難しいですよね。
私にとっては、とても難しいです。

特に人との間の加減は。

現実の世界でも
このネット世界でも
この加減を誤るととんでも無く痛い思いをしてしまいますからね〜〜。

そんな中、絶妙な加減さで
私に接して下さる方がいるのですよ。

その人との距離感が堪らなく好きです。

居心地の良い心遣いに、いつも触れさせて貰えてます。

想像するに…と言うか、
私が自分勝手に妄想するに、
その方は、あまり自分と言う存在に触れられる事を元々良しとは思われて無いと感じるので
敢えて、その距離を取っているのでしょうけれど、
それは、私にとっても嬉しい距離感で、
だからこそ甘えられると申しますか…。

そう、私は昔からその方の加減に
救われていて、甘えていると実感してます。

その方は、もしかしたら私のその甘えも
気付いておられるのだろうなぁ〜とも思ったりしてます♪

文字の世界だけの此処で、
そんな風に絶妙に甘えられる存在の
なんと有り難い事かと…感謝の念に堪えません。

今回は、その方への心地好い心遣いへの感謝を書き留めたくなったので
このエッセイに代えさせて頂きます。

貴方様のその距離を、加減を
これ程までに幸福に感じてる存在が居ること、
苛々と遣り切れ無くなった際には、
その存在にも甘えて下さいね。

役立たずながらも、精一杯私なりで御恩返し♪

1年前 No.54

ひよ @hiyojirou ★iPhone=hU7vf4L5gl

『詩』

俳句を勉強し出してたりするのですよ。
歳時記なんてパラパラしちゃったりして♪

17語に季語を必須で自分の思い描く情景を表現するって、すごくないですか!

そしたら、テレビで取り上げられて今
ちょっとしたブームっぽいみたいで、嬉しくなりました。

むかぁし、ちょこっと公募的なものに応募なんてしてた時は、短編詩はちょこちょこっと引っかかってくれても俳句は、ケンモホロロでした(笑)

あー、無才能な我、憐れってなもんです…。

奥が深いものだから、途端に私の浅い浅いモンなど全くダメダメちゃんなのです。
不勉強過ぎるは勉強嫌いだわ、そりゃダメだわなぁ〜。

けど、やはり憧れてしまう。

そしたら、テレビさんのおかげでちょいブーム来てる♪
これに乗っからない手は無いな!と思いました(笑)

ブームがきたってことは、
あれ程見上げても霞んでいる位だった敷居が、
ちょい低くなってくれてるって事ですよ♪

才能無しな私でも、諸先生方の目の端っこに
サッと一瞬でも止まる可能性が生まれたって事ですよ♪
なんか、そう思うと勉強するのもちょこっと楽しくなって来て(人間テ現金ナモノデス)笑

ここの所、真面目に勉強しとります♪

そしてその俳句の勉強は、私の描く詩にもなんらかの影響を与えてくれてる様で、面白いです。

誰かに社会に強要されない自分発信の勉強って、やっぱり面白いですね。

今回はやりますよ!とことん♪

11ヶ月前 No.55

ねことバス @nekoneko10 ★Android=bTRFkWhWb4

んまんまと 新米食べる キララたん



もりもりできた




さんだんばらが




いとおかし





11ヶ月前 No.56

ひよ @hiyojirou ★iPhone=hU7vf4L5gl

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

※警告に同意して書きこまれました (性的な表現)
11ヶ月前 No.57

ねことバス @nekoneko10 ★Android=bTRFkWhWb4

へぇー、なんだか幸せ肥りみたいな(笑)

うん、おいらも最近代謝悪くなってるのか、体重は減ってるんだけど、脂肪率上がってた(汗)

会社に臨月かよってぐらい太ってる人いてさ、この人もう二回熱中症でダウンしたの。
やっぱり熱こもるんだろうね。

しかしあれだよね。
栗ご飯とか、梨とか、蒲萄とか、サンマとか、焼きナスとか、秋は誘惑がいっぱいあるからなぁ。
で、冬くるでしょ。
寒いからって引きこもって、ずるずると春でしょ。
そしたら、今度は春の山菜がー!!

うん、しばらくは巨峰のまんまでいいんでないかい?
背中が凝らない限りは(笑)

11ヶ月前 No.58

ひよ @hiyojirou ★iPhone=hU7vf4L5gl

『笑福』

笑う門には福来る、という。

まぁ、怒ってたり嘆いてたり羨んだりして過ごしているよりは、なんぼかマシな安定感は得られる。

この『笑福』という言葉は正しくだなぁ〜と、最近良く思うのだ。

ぎすぎすしてストレス満載な毎日を送っている方々には、反感を買うだけの持論だけれども。

笑ってみると、良い方へと転がる。
なんだかんだ。

楽しくもないのに笑えるか!的なご意見はもっともだとは思うけど、実際にやってみると私には効果が有るからヨシとしよう(笑)

なので、取り敢えず観たら笑ってしまうツボの画像とか、ギャク漫画とか、そういう小物を常備しておる訳ですよ。

ぁ、私ちょっとイライラ仕掛かってるなぁとか、
理不尽だ!とか、負の感情に流されて行きそうになるとソレ見るの。
つまり本当の意味での常備薬的な感じ。

負の感情に身を任せるのって案外簡単で、
自己憐憫は楽なんだと、前から私は言ってきたのだけど、
楽な方を最初に選んだ分、後々余計に辛くなるんだよね。
そして、其処から中々抜け出せなくなってく。
負のスパイラル!

あれですよね、イケナイ薬に安易に手を出して
ドツボに嵌ってしまうのに似てるなぁ…と。

初期の段階で、自分の笑いのツボど真ん中の何かを見たり読んだりして、
とりあえず負の感情を一旦端にやれた時に、イラついた事を冷静に思い返すと私の場合、第三者的な思考が生まれて、イラつきを大きくする前に解決策を考えだす。

ま、これは、自分が散々痛い思いして来たからこそ学べた方法なのだけど(苦笑)
失敗を次にどう活かすかだよね。
でもって私は基本、あんまり痛い思いしたくないから、出来るだけ初期の内にどうにかしたい。
楽して生きたい♪
出来得る限り怠惰に生きたい♪

そして辿り着いた『笑福』なわけで。

11ヶ月前 No.59

ひよ @hiyojirou ★iPhone=hU7vf4L5gl

『で?』

自分の年齢をものすごぉ〜〜く気にする人が、
皆さんの周りにはいますか?

自分の歳も、その周りにいる人達の事も。

まぁね、確かに歳を取って代謝悪くなって太り易いし(笑)
疲れやすいし、すぐ身体悲鳴あげるし。
そりゃぁ、私だって若い身体の方が良いなぁとは思いますよ。
肌つるっつるっ羨ましいぞ!チクショーめっ!
って、思ったりしますよ(笑)

だけど、それよりも歳を重ねていく事の方が面白い。
その面白さの方が勝っているので、
つい先日…ついつい言っちまったですよ…

『で?』…と。

もうさ、気にするなら自分一人自分の中だけで気にしとけばイイじゃん!とイラッとしてしまったので前述したツボ画像を見たかったのですが、話しをしてる最中だったのでそれも出来ず。

『で?』が出てしまった訳です。
うん、猛省してます(。-_-。)

『で?』って威力あるよね(笑)
次の言葉をゴクンと一時止めてしまえるくらいには…。

まぁ、その方は
「もうこんな歳なんだから、何々は出来ない」じゃの
「こんな歳になって、何々してるのも可笑しい」じゃの
次から次へと自分だけなら未だしも、周りにいる人達、つまりは私に向けてまで自分の中で勝手に引いた年齢制限を押し付けて来られたので

ぁぁ〜〜めんどくさい〜〜…(。-_-。)
って、気分からの『で?』でした。

何歳だろうが、それがどーしても自分のしたい事なら犯罪犯す訳でも無いんだから、自由にすりゃあ良いのに。

なんで其処まで年齢に囚われてるんだろう。
と、後からツボ画像見て冷静に考えて見たのだけど、私には無い感情と思考だから合っているのかどうかは解らない。

でも、思ったのは満足していないからなのだろうなぁと言う事。

若さに取り憑かれているのは、
その歳まで生きてきた人生に対し不満の方が多いからなのかと、思ったり…。

違ってたらごめん。

でもさ。
今現在までの人生を楽しんで来れたなら、其処まで人の若さ羨ましがらなくても、自分にもあったなぁ…で懐かしむくらいで済むと思うのだよね。

それか、分相応って事を自分に当てはめられなくて際限なく求めてしまっているのか。
これは、不幸だよね…(。-_-。)

分を弁えるって大事。
この言葉は、良く目上の…上司とかから叱責の際に投げ付けられる事が多いから一見嫌な言葉に聞こえるかも知れないけど、自分の中に持って置くには、人生豊かにしてくれる良い言葉だと思う。

自分を知っていく事は、幸せへの近道。

11ヶ月前 No.60

ねことバス @nekoneko10 ★Android=bTRFkWhWb4

弔文。

ほんと、3時ぐらいに気づいてからずいぶんと悩んだよ。
書くべくか、書かないでおくか。

でも、そういう流れなんだろうな。
気に障ったら、ほんとごめんとしかいいようがないけれど、やっぱり書くことにする。


五日ぐらい前に、僕は「弔文」という詩を書いたけれど、僕の母親はまだ死んでいない。
けれど、突然に強烈過ぎる程にビジョンとして浮かんで、それはその時、心に実存したんだ。
事実、僕は涙したのだから。

あれはたぶん、君のお父さんが見せたんだ。
そう思うことにした。

そして、ひよさんが、最後の文字を「ち」で終わらせた。
もちろん、それは君がエッセイを初公開する前の話。

だから、そういう流れなんだろう。


でも、僕は君のお父さんを知らない。
でも、君がお父さんを、親を、家族を大事に想っていることは伝わったから、だから、いいお父さん、いい人だったんだろうなと思う。

僕は運命というものを憎んでたりするけれど、運命とはたまに素敵なプレゼントをすることもある。

今回のこともそうなのかも知れないけれど。
それよりも、君のお父さんのことだ。
君のお父さんが、もし、別な人であったら、君はここにいなかったかもしれない。

君がここにいなかったら、メビと出会わなかったら、どうなっていただろうか。
君の人柄はよく知っている。
メビの中だけだけどね(笑)

真面目で、紳士で、優しくて、でも、時々イタズラが好きで、うん、いい人だと思うのだ。
(所々、正体不明な部分もあるけれどね)

そんな君にお世話になった人がどれだけいるだろうか。
僕は、君が今、君としてあることに感謝したい。

君が今、君なのは、間違いなく、君の父親が、父親だったから。

君を君として育てた、その父ぎみに感謝したい。
ありがとう、と。

気を悪くしたらごめん。
ほんとにごめん。

でも、こんなやり方しか思い付かなかったんだ。

馬鹿だから。

うん、馬鹿だから、ただ、心配しているよと伝えたいだけだから、後をなんて書いていいかわからないんだ。

だからね、もう、後はこれしか書けないんだ。

この後も、誰かがこのエッセイの続きを書いてくれること、君と、君の家族と、父ぎみの知り合いの心が静かになること、そして、君の父親の安らかな眠りを願うことのみ。






11ヶ月前 No.61

ひよ @hiyojirou ★iPhone=Au6fHXrXYR

『みかん』


『地球はオレンジの様に青い
間違いではない 言葉は嘘をつかない』

と謳った詩人がおりました。
詩の受け取り方など人それぞれで千差万別です。
例え、作者本人がそれは私が思い描いていた解釈では無いと憤怒したところで、己の中で感じた第一印象を消す事など出来ません。
っていうか、そんな事したくない。
作者には申し訳ないけど…。
自分で感じ得たモノに正解不正解を求める方がオカシイ。

つまり、国語の模範解答は好きじゃないって話ですな(笑)
問い. この時作者はどの様な気持ちであったか?
問い. この時の主人公はどうしてこの様な行動をしたのか?

そんなの本人にしか解んなくね??
って話です。
と、そんな事を書いてますが…実は学生時代は現国と古文が大得意でした(笑)
生物、物理で20点以上取れなくても国語のテストは90点以下取った事ない位に!
だから、先生には毎回泣かれてましたが…(笑)
おっと!話しがズレました。

みかんをね、昨日出したばかりのコタツでむいて食べてたら上の詩を不意に思い出したのです。

お、私いま地球剥いてる!って。
これが地球なら、危なくなったら冷凍ミカンにして保存しておけば良いじゃん!って。
NICEアイデア♪的に思い立ちました。

が、地球凍らせている間に危機から抜け出す方法を教えて下さる方々も一緒に凍って仕舞う訳で、あれ?あんまり役に立たないなぁと、次の瞬間には落胆したアホ脳の私此処に有り!です。
いや。その前にどうやって冷凍保存するんだと言う話ですが、そこはほれ、、ねっ♪

そして、みかんを頬張り甘ぁいとぬくぬくコタツに包まれて悦に浸っておりました。

みかんって、そういう何でもない日常を
馬鹿らしい空想とかで日々をちょいほんわかしたものにしてくれる素敵アイテムなのです。
私にとって。

みかん一つで、詩人を思い出しバカバカしい空想を思いつき、学生時代を懐かしみ、小さな平凡と言う名の奇跡の様な幸せを噛み締められる。

不意に湧き上がる感謝と言う想いが、誰に向けられるのかはわかりませんが…ありがとう。
これが、掛け替えのない感情。

10ヶ月前 No.62

ひよ @hiyojirou ★iPhone=Au6fHXrXYR

『情』

情けは人の為ならず。

これは、私の座右の銘なのでしょうか?
座右の銘って、なんでしょう。

違うと思いたいと言うか、違うと否定したいのですが、この言葉は私が何かしようと思ったりした後にこの言葉を反芻して戒めてる感があります。

しかも、頻繁に。

どう言う意味かと言うと、
他人に情けをかけるのは上から目線に捉えがちだけど、情け…つまり人を助ける行為や人の為に何かをしようとする行動は、その人の為ではなく、自分の為の行為なのだと言う事です。

前にも何処かで書いた事がありますが、
その出来事は、私にとって目から鱗な事でした。
頬を引っ叩かれて目が覚めたというか。

当時、お付き合いをしていた人の事で、私は少なからず不満を持っておりました。
『私は、彼の為にこんなことやあんな事、たくさんしてるのに』
『こんなに頑張ってるのに』
『こんなに想って尽くしているのに』
などなど、浅ましくも偉そうに思っとった訳です。

ところが、とある会社の飲み会で上司の方が言ったのです。

彼の為、彼の為って、自分がそうしたいからしてる事に見返りを求める事がイヤラシイと。
そうして欲しいと、相手から要望されたのか?と。
自分が気を回してしている行為は、相手が好きだから自分がしたくて望んでしてるんだろう?
それに対して、感謝の気持を持たれたいとか、お礼に何かをして欲しいとか、浅ましいねぇ〜〜って。

もしかしたら、相手にとってはそれは全く望んでいない事で、だけど相手がお前の好意を包容力で受け止めてくれてる側かも知れんのにと。
その行為を甘んじて許してくれてるかもしれない事に、逆にお前はそれ以上の見返りを求めるのかと。

貪欲にも程があるな、と言われたのでした。

思いっきりぶたれた感覚でした。
目が覚めた瞬間でもありました。

私は、重いと振られ続けていた要因を知り得たのです。
そして、毒親子でいた要因も。

そう、まさしく私はその行為が、母から受けるその行為が嫌で嫌で堪らなかった。
貴女の為、貴女の為よー、の過多な押し付けの愛情。

うぎゃぁ!私は同じ事しとった!!
怖っ!血の繋がり怖っ!
と、目から鱗な事でした。

情けは人の為ならず

自戒の言葉と成った訳です。
やっぱこれは私の座右の銘なのだろうか?

やー、やっぱり嫌だなぁ。
もっと私を嬉しくさせてくれるヤツが良い。

自戒が座右の銘って…。
うん、見つけよう座右の銘…。

見つけるものなのか?
…か?

10ヶ月前 No.63

ねことバス @nekoneko10 ★Android=bTRFkWhWb4


蛙等は月を見ない
恐らく月の存在を知らない
彼等は彼等同志暗い沼の上で
蛙同志いつせいに鳴いてゐる。

月は彼等を知らない
恐らく彼等の存在を想つてみたことない
月は緞子(どんす)の着物を着て
姿勢を正し、月は長嘯(ちょうしょう)に忙しい。

月は雲にかくれ、月は雲をわけてあらはれ、
雲と雲は離れ、雲と雲とは近づくものを、
僕はゐる、此処にゐるのを、蛙等は、
いつせいに、蛙等は蛙同志で鳴いてゐる。

中原中也 作 【蛙等は月を見ない】



久しぶりに本屋に行ったら、文豪ストレイドッグスの影響で昭和の文豪達の書籍が取り揃えてあって(普段はそんなに昔の本はない)、中原中也さんの全詩集ゲットしました。
本当は亀井勝一郎さんの本が欲しかったけど、さすがになくて、中也さんにしました。
けれど、やっぱり七百ページ越えはきついっす(笑)

冒頭の作品は人間の孤独と自然の無情
を描いているわけですけど、けれども自然の美しさも表してて、詩集に収められている作品の中では好きな方です。

どこまでいっても人は孤独なのでしょう。
相手を思ってしたことでも、裏目になることもあるし、真に繋がることなどあっても刹那の時でしかなかったり。

人が生きていくことの辛さや哀しみはここに起因するものなのかも知れませんね。
けれども、だからこそ、人は人と繋がろうとすることに努めるのかもしれません。

人の寂しさを知ることができるのは、やはり人なのでしょうから。
寂しそうな人がいたら、そっと手をさし伸ばしてもいいと思うのです。
それが人の優しさだとも思うのです。

振り払われてもいいではないですか。
迷惑だと思われてもいいではないですか。
独善的だと罵られてもいいではないですか。

やりたいからやったんだ。

それでいいと思うのです。

フフ、不思議なことに、今、外で蛙が鳴きました。




10ヶ月前 No.64

ひよ @hiyojirou ★iPhone=Au6fHXrXYR

たいていの一般論的なものとして、人は誰しも孤独なものだと言われるけど、コドクではないのだよ、孤独と書いて『ヒトリ』と読むのだす。
と、私は思っとります。

中原中也さんは、中学の頃嵌ったなぁ♪
イケメンだったし(笑)
また早くに夭逝してるって言うところが、厨二な年代にはツボるよね!
…ごめん、軽い感じの好きで(笑)

でもさ、汚れちまった悲しみに〜〜なんて、如何にも思春期の年代が好きそうでしょ?
ストレイドックスの文豪達も全員イケメンで本屋の新しい表装ウキウキしちゃう!(笑)
芥川さんと宮沢さんはなんか逆にカワイソウなんだけど(苦笑)

人の哀しみや寂しさを察するのは人ばかりでは無いよ?
猫バスンのHNにある猫さんも犬さんも人の感情には凄く敏感だよ。
そりゃぁもう、時には人間より細やかに人の寂しさに寄り添って横で癒し続けてくれるよ♪

煙たがられても人に偽善と面と向かって罵られても自分が良かれと思ってする行為って、
『迷惑』以外のなにものでも無い気がするよ…?

…ぁ〜〜ごめん、きっとそういう意図での文章では無いと解っててコレ書いてるから、怒らないでね、テヘ♪

ずーっと変わらないままの猫バスンが、なんかこう可愛く思っちゃってさ。
もう、愛奴め!って感じでイジワル言いたくなっちゃったのだす…ごめんね♪

一度結婚失敗して、再婚してしみじみ感じたのだけどね、人って解り合えるなんて出来っこないんだってこと(笑)
解り合えない事を悩んで哀しむから、猫バスンは人は孤独だと、だからこそ繋がりを求めるのだと書いたけど、今の私は違うんだ〜〜。

解り合えないからこそ、面白いんだよ。
かーっ!なんでだよっ!って怒りや苛立ちが込み上げるからこそコドクでは無いのだな〜〜と思えるんだよ。
そっちがそう来るなら、こっちはこう行くぞ!
どうだ!みたいな攻防がし合えるから生きてる事が面白いって感じられるんだよ。

だってさ、心底解り合える人がもしこの世に居たとしてその人と出逢えたとして、解り合えるって事は会話も要らない訳で、自分の考えが相手も同じなら相談なんてする必要性も産まれない訳で…想像したらものすっごくつまらなく無い?
自分がもう1人側にいたって強さにはならないと思うんだよね。
怖いと感じるツボも一緒だったら恐怖に対面した時にも同じ感覚でパニックになって互いが役に立たないだろうしね(笑)

解り合えないから、孤独にはならない。
違う心が有るからこそ、孤独では無いと思うんだよ。
解り合えない一人同士がいるから楽しい。

なので冒頭の孤独は、コドクではなくヒトリと読むのです♪私はね。

10ヶ月前 No.65

ねことバス @nekoneko10 ★Android=bTRFkWhWb4

根っこの部分は変われないのかもなぁ。

若い頃に比べると、だいぶ丸くなったと思うのだけど、外から見られるとそんなことないんだろうな(笑)

今でも若い人からは怖いって言われるし。
いや、怒ってるわけではないし、別に嫌ってるわけでもないんだけど、なにかの一線があるんだろうなって。
だから、最近は怒んないようにしてるばかりか、冗談とか、悪ふざけとかもするようにしてたり(笑)
この涙ぐましい努力ってか我慢が、日常的に浸透してくるようになればいいんだけど、帰りとか、独りになると素に戻るから、なんか違うんだよなぁ。

あぁ、長々と自分語り(笑)
ごめんなさい。

中也さんはまだ読みかけなんだけど、別に一読者に他の読者がそんな軽い好きだとあかんとか言える権利はないし、それは人の好き好きだから。
ただ、おいらとしては、文豪ストレイドッグスのBL同人が出たらカワイソスと思うwww

中也ウケとか。
「中也とちゅうしたい」とかありそうだし、ことが終わった後に中也が、「汚れちまった悲しみに 今日も小雪の降りかかる」とかありそうwww

いや、すんません。

うん、そうね。
やっぱり自分の考え方、捉え方しだいなんだろうね。
つまらなく感じるのも、面白く感じるのも。

10ヶ月前 No.66

ひよ @hiyojirou ★iPhone=Au6fHXrXYR

もうとっくにそのBL同人は出ていると思ふ(笑)
組み合わせ満載ぢゃん!
私的には、大穴で福沢諭吉所長と、ポート・マフィアの森鴎外さんが良いなぁ♪(笑)
親父好みなんだよね〜〜昔から。
ONE PIECEだったらレイリーが1番好きだし、鬼平犯科帳の中村吉右衛門さん大好きだし(笑)

うむ、探そう同人誌!(笑)

…ぁ〜〜、涙ぐましい努力ぢゃのぅ~_~;
でも、確かに1人に戻った時にドッと疲れが出そうだよね。

私もそういう時期あったから、どんだけ面倒くさくて精神的な疲れが出るか解るなぁ…。
ま、今でもそういう風にする場みたいなのは、完全に失くならないけどね(笑)

多分、自分以外の誰かと接する生活をする限り、付いて回るもんなんだろうね。
そして、それは山奥で自給自足な引きこもり生活、若しくは老親の脛齧りな本当のお部屋引きこもり生活をしない限り必然としてある訳ですしの。

その疲れは、生きてる証ぢゃの(笑)

ま、のんびり行こうよ♪
それが可能ならば。

10ヶ月前 No.67

ねことバス @nekoneko10 ★Android=bTRFkWhWb4

晩秋もいよいよ終わろうとしています。
寒さも日々、厳しくなっていくのでしょう。
紅く染まった葉がはらりと落ちて、風に吹かれていく寂しさと、裸になる樹木の侘しさに、動物達は冬籠もりの支度を始めております。

秋、それは昔「とき」と呼ばれておりました。
「積年の恨みを晴らす秋(とき)はいまぞ」と。
稲刈りも終わり、兵糧を確保する時でありましたし、戦場となる田畑の収穫も終った時期でもありましたから。
そうした使われ方をされてきた秋という古都の葉の哀しみは如何程で御座いましょうか?

哀しいものです。
戦国の時代からどれ程の歳月が過ぎていったのでありますか。
人々は未だ、紛争というものをやめておりませぬ。

凡そ、人が理性ある生き物であると言うのなら、大切の人の命を奪われることの悲しみを理解できることでありましょうから、人が人の命を奪うこと、あってはならぬことでございましょう。


冬がきます。
寒い寒い冬が。
愛らしい動物達は眠り、物言わぬ木々達は裸で堪え忍ぶのみでございます。
この寒い冬を


人間の私は、「秋はいまぞ」といい、コタツを出すのであります。

皆様も、御体、お大事に。

9ヶ月前 No.68

ひよ @hiyojirou ★iPhone=Au6fHXrXYR

ニート


今の私の母の介護が無い時の状態は、冬の寒さに負け極力外に出ないでいる為ニートなのではないだろうか…と思っていたら、年齢制限引っかかっちゃったよ( ゚д゚)
ニートって呼んで良いのは35歳までなんだって!

ちっ。

そんな私の今の癒やしはハムスターでございます♪(ここから本題(笑))

旦那さんにプレゼントしてもろた♪
ハムちゃん可愛い!

名前は、旦那さんからしてみれば綾波レイのレイちゃん。
私からすれば桐山零くんのれいちゃんなのだ。
アニメオタク夫婦極まれり!

今の住まいのマンションは犬さん猫さんは一緒に暮らせないので、唯一狭小住宅に共存可能なハムスターさんに来て頂きました♪

やー、可愛い♪
手乗り。

ハムスターは、寿命が2年からもって3年で大往生らしいので、人からしたら短い一生かもしれませんが、40ヶ月で90歳を迎えるとしたら、おばあちゃんになるまでの人生を…?
…ハム生を、我が家で存分に楽しんで頂きたい!

そう思って、手作り滑り台やらブランコやらを作っては献上しているのですが、
ハムスターの滑り台してる姿ってめっさ可愛くて笑えるんですよコレガ!

ベターって腹ばいでずり落ちていく姿にどうしてもなってしまいちょっと吹き出さずには見れない可愛さ♪
けど、自ら登っていこうとするから本人(本ハム)も楽しんでいるのだろう。

年明けは、我が家のお姫のお話しから♪

7ヶ月前 No.69

ひよ @hiyojirou ★iPhone=Au6fHXrXYR

『雷鳴』

空が鳴いて煌く事が子どもの頃は大好きだった。
窓からずっーと飽きる事なく眺めていられた。

今、は
あまり好きでは無くなった。

何故だろう?

人の趣味趣向は、何故移ろうのだろう。
そう思う事はあるけれど、変わらなければ移ろわなければ辛い事の方が多い気がすると感じる様になった昨今、そんなもんかもなぁと自然に享受しているこの気持ちを。

雷が好きでは無くなった理由は、深層の心を探れば見えてくるのかも知れないけれど、
探ろうとする気が起こらないのが、全ての答えだと私は気づいてる。

好きだったものがそうでは無くなったりその反対だったり、人、というものはつくづく理性と感情に振り廻される生き物で、こうして頭を使って書くという行為により明るみにされてしまう有耶無耶にしておこうとしていた理由を知り苦笑いをする。

人、は遣る瀬なく面白い。

雷鳴をまた好む日が訪れる時が来るのは、
この苦笑いを愛しめる時なのだろうな。

7ヶ月前 No.70

ひよ @hiyojirou ★iPhone=Au6fHXrXYR

なんだかんだと、次から次へと初体験が押し寄せてます(笑)

ひよです。
お久しぶりです。

母がこの3月の頭に亡くなり、1年ちょっとの介護生活に終止符が打たれました。
仕事を辞めて介護のみの専業主婦生活をしていたので、身体のナマリを…日頃の運動不足を解消しようと夫婦でスポーツジムに通いだしました。
インストラクターの先生にプログラムも作ってもらい意気揚々と通い始めて2週間目!
ぎっくり腰になりますた…(´;ω;`)

こんなに痛いの初めて!

なんか、三流エロ小説風に言ってみました。

や、すごいね。
腰って本当に大事ね。
先ず、夜ねれなくなるのね。
寝返り打つのも命がけな感じ。

ぐあっ!
ぎぁ!
くぅ〜〜〜〜!
などなど、少年漫画の殴られた吹き出しの様な
叫び声は、本当に口から発せられるのだな…と
心の底から納得できました。

椅子から立ち上がろうとするだけで5分以上の時間が掛かるので、トイレはもよおす前から準備が必要だったり、
それでも立てないと、痛みと自分自身の情け無さで本気で泣いてしまったり、
初体験だらけの毎日を楽しんでます♪

こういう時の自分を客観視すると、本気で可笑しくて笑えてくるのだけど。
笑いだすと腰が揺れてこれまた痛いのね。

そうそう、一番の情け無さはトイレに行くじゃぁないですか。
そして、くっ!とか呻きながらもパンツ下ろして用をたすじゃないですか。
そのあとね、トイレットペーパーで肝心なところを拭けない!
そこまで手が届かない!
まぢか!(◎_◎;)
と、思いました。

旦那さんから、拭いてやるから…(´;ω;`)
と、憐れみの視線と共にそう声を掛けられた時は、正直夫婦の有り難みを感じはしましたが、女として本気で終わった…と脱力もしました。

因みに、それは断固拒否りました。

こういう時に便利なウォシュレット♪
皆さん、こういう時の生活の知恵伝授します(笑)

よくお年寄りの尿漏れパンツとか、
ドラックストアに売ってるでしょ?
それのパット型があるのでそれを自分のパンツに装着するのです!

そしたら、ウォシュレットでビショビショになったけど綺麗には出来たお尻を、ペーパーで拭けなくてもそのままパンツ上げられるのさっ♪

ひよ、賢い♪

まぁ、その代わり何時もより倍以上のウォシュレットの使用量なので、水道代は馬鹿になりませんが…。

と、そんな情報要らないわっと言われそうな知恵伝授(笑)

4ヶ月前 No.71

ひよ @hiyojirou ★iPhone=Au6fHXrXYR

笑えるって、すごい事ですな。

母を亡くした事を日記に書き、その日記にコメントを書いて下さったマイメビさんへの返信に

「後悔しないなんてどうしたって無理なので、思う存分後悔に浸ろうと思う」

と言う旨を書きました。
今、ひと通りのゴタゴタした後片付けも終わり
まさしく後悔の真っ最中です。
どっぷり浸かってます。

この母に対する後悔は
どうにも「これから」に活かす事のできない後悔なので子どもの様にひっくひっくと泣くことしか出来ません。

それでも、笑えるのです。
泣き疲れた最後の最後に、笑える私がいるのです。

すごい人だなぁと改めて思いました。

父を突然亡くした時、
幼子ふたり抱えて途方に暮れただろうに…
周りから格好の下世話な噂話として、散々ある事ない事言われてた時も自分達に疚しい事など何一つ無いのだから、笑って過ごしなさいと
自ら笑って暮らし続けた、笑う日々を幼い私達兄妹に与え続けてくれてた凄い母でした。

年頃になって反発して憎んで…そう言う葛藤を過ぎた頃、
これからやっと親孝行だな、、と思ってた矢先の突然の死は、今度は私を途方に暮れさせましたが。

なのでこの苦い苦い後悔は、これから私が事ある度に心に流し込んで行くのでしょう。

けれど。

けれどそれでも、尚、笑える私が在るのは
母の偉大さの賜物です。

母の葬儀を担当して下さった葬儀屋さんの方が、日々こういう仕事をしているのでどうしても目を背けたくなる様なご遺族の方々もありますが、私達兄妹は物凄く深い愛情を受けて来られたのだという事が伝わります。

と、母を褒めて下さいました。
私達を見て、母を褒めて貰えた事が誇りに思えました。

なので、笑えます。
後悔や哀しみでどれだけの泪が溢れようと
最後に笑える。

そういう私を構築してくれた母に感謝を。

2ヶ月前 No.72
切替: メイン記事(72) サブ記事 (10) ページ: 1 2

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…感想・コメントはこの記事ではなく、サブ記事に書き込んでください。