Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(193) >>

【心底の閉鎖病棟】

 ( 詩投稿城2世(大人風味) )
- アクセス(1529) - いいね!(13)

クレア @whitehorse ★Android=xiPWVpVwsr


心の奥で震えている。

誰かが私を探して私を求めて笑っている。

頭が痛い。

もう一人の私に心を支配されたくないの。

呼吸が乱れる。

真っ暗で鉄格子の部屋の中で過ごす日々。

牢獄に近いものを感じる。

4年前 No.0
メモ2014/12/12 11:58 : クレア @whitehorse★Android-SmhdbNRVu8


やっと見つけた。


静かに身を置ける場所を。


自殺志願が強い私には最適。

ページ: 1 2 3


 
 
↑前のページ (143件) | 最新ページ

クレア @whitehorse ★Android=SmhdbNRVu8



置いていかないで


独りにしないで


手を振り払わないで


ねえ、どうしてそんなに冷たくするの?


速くしてよ


速くおいでってば


【寝言】

2年前 No.144

クレア @whitehorse ★Android=SmhdbNRVu8

孤独の海

静かに波を立てる

悲しみを訴えるかのように

涙と声が渇れたのならこの海に身を鎮めて消えてゆくわ

愛すべきものや人が懐から消えた

さ迷いながら 戸惑いながら行き場を探していた

「ここが場所よ」とダークグリーンの海が語りかけてくるように想えた

そうよ、ここなら私の想いは総て消せるのよ

孤独の海

ああ 孤独の海よ

海王星に永遠の愛の変わりに死を与えて下さい

【孤独の海】

2年前 No.145

クレア @whitehorse ★Android=SmhdbNRVu8

総てが怒声に聴こえて苛まれる曇りの日中

目眩さえと耳鳴りが空間を歪ませる

体が重い


***


信頼していたあの場所

心を許していた人

安住の地だった場所が黒々としていく

真実を知って 太陽が凍ったのだろうか


【黒い真実】

1年前 No.146

クレア @whitehorse ★Android=SmhdbNRVu8



【鮮明な色の闇】

ああ 白って儚くて優しく鮮明な色

オレンジは 明るく 新しいものを与えてくれる色だわ

赤は エネラギーと向上のしんぼるなのね

黄色は好奇心を擽る色ね


そう、私にとって必要な色

***


だけど、この色がギスギスしているようにみえてしまうの

まるで攻撃してくるみたいに

白は黒のように闇と化して冷淡な色

オレンジ色はしつこく執着される気分

黄色は過去のトラウマを思い出させる色

赤は攻撃的でジェラシーさせるヒステリーな色


***


なら皆闇で染まれ

苦痛で悲しい色合い

信じることもできない

闇に身を封して明るい色に悲愴を与えてやりたい

病みの色にしてあげる

嬉しいなら悲しみをあげましょう

花には墨をぶっかけるの


んふふ あはは

1年前 No.147

クレア @whitehorse ★Android=SmhdbNRVu8



忘れたいの

もう要らないの

だから燃やすの

***

知らないわそんなこと

覚えてるけど思い出さないわ

無実にしても痛すぎてたまらないから

紅く抉られた傷を固めるまで時間がかかりそう

繋がってたものなんて捨ててしまえばいい

【紅い想い出】

1年前 No.148

クレア @whitehorse ★Android=SmhdbNRVu8



暗闇の焼却炉に捨てる

あのとき沢山笑えたけどもういい。

今は必要としていないから


***


とても素敵な想い出だったけどもういいの。

歴史が潰れて新たになる時だと思えば嬉しいことだ。

1年前 No.149

クレア @whitehorse ★Android=SmhdbNRVu8



罪の雨、止まないか

罪の風、唸り声を上げる

罪の空、灰色に歪む

罪の空間、何処に視線を向ければ良いのか

【罪の視野角】

肌寒い朝に、身を凝らして

1年前 No.150

クレア @whitehorse ★Android=SmhdbNRVu8



渇いた街並みにハデな服装で出ていく

黒が怖くて 冷ややかな目線を感じても派手な服で渇いた街並みを突き抜ける

何も出来ぬ朝は嫌だ

夜がやってきたのなら朝まで踊り明かしていたい

何軒も店内はしごして

カラオケ行って

はしゃいで

ビジネスホテルに泊まって

半時計回りの日常送りたい

【現実逃避したくて】

だけど、痛くて悲しい現実はついて回るのね

その分

1年前 No.151

クレア @whitehorse ★Android=SmhdbNRVu8



操り人形

ピエロ

お客さんが入らないショー

夕暮れだけをひたすら待つ日常

忘れたいの 速く捨て去りたいの


【孤独なショー】


求めるは白

無地の白は落ち着くんです

1年前 No.152

クレア @whitehorse ★Android=SmhdbNRVu8


呪文を唱えたら

幸せになれるって本当?

知らないよ

そんな噂

少しだけでもいいから何か教えてよ

嘘をつけば上手くいくって本当だよ

いや、冗談

じゃあ 真実って何?

それは この穴ぼこの中だよ

【本当のこと】

知りたければ土星に藁にもすがる想いで訊ねる他ないよ

1年前 No.153

クレア @whitehorse ★Android=SmhdbNRVu8



心踊る夜に

憂鬱な朝

爽やかな朝に

切ない夜

満月はあの日を吟う

出逢った日がとても嬉しかったことを

心を強く動かされた日

あのときは本当に皆輝いた

今は何をしても闇に打ち消されていくだけ

大切なものが消えていく

心の物置に蓄積されていく

【心の物置小屋】

1年前 No.154

クレア @whitehorse ★Android=SmhdbNRVu8



【彗星が病む頃に】

水色の空を照らすオレンジ色の太陽

外の景色が病んでいるようにみえる

水色とオレンジの景色

それは活動を遂げる彗星が病んだ陰を観たようでした

考えること、知ることに辟易を覚えたあの彗星が色を明るく染めていく

そう感じるのは私が病んでいるからだろうか。

1年前 No.155

クレア @whitehorse ★Android=GTYkBGZW1s



何もしたくない。

何も観たくない。

何も聴きたくない。

暗い部屋で静かに布団の中に身を丸めていたい。


良いと思えてたことが辛く想えて光を失う。
黒を利用して闇光をしていた頃と闇に埋もれるって全然違う。

どんな天気でも仄かに闇が照る。

【消えそうな想い】

1年前 No.156

クレア @whitehorse ★Android=GTYkBGZW1s



音が濁って消えていく。

奏でる音色が病んでいる。

暗い部屋で微細に悲しげに鳴り響くオルゴール。

切なく、寂しげに、涙の粒のようなメロディ。

寒い、震える体を抱き抱えるようにして部屋の隅に腰を下ろす。


今年のクリスマスはきっと黒を帯びることでしょう。

【黒いクリスマスに】

1年前 No.157

クレア @whitehorse ★Android=GTYkBGZW1s



私は闇に包まれ抱かれている。

だけど闇の温みは落ち着く。

支配されていく恐怖があったけど、闇は友達。

黒を好んだあの日が懐かしい。

そう、闇は私の友達。


【闇は友達】

1年前 No.158

クレア @whitehorse ★Android=GTYkBGZW1s


暗い檻の中

それは、暗黙の揺りかご

温くドロドロとした液体に身体は覆われる


紫の光が闇へ射し込む

傷ついた腕(かいな)で遺体を抱き寄せる

重圧な地下の檻の空気を吸いながら目を閉じよう


【檻の中で】

1年前 No.159

クレア @whitehorse ★Android=GTYkBGZW1s


黒いドレスを着た女が睨んでナイフを向ける

鏡の硝子が激しく悲痛に音を立てながら割れる

暗い部屋に響き渡る心臓の鼓動

声にならない声を出してあの人を呼ぶ


爪を立ててガリガリと血が出るまで扉を引っ掻く

(此処に私はいるわ。)

と叫ぶように引っ掻き続ける


鎮静した暗い部屋に憎悪の塊を置いて


【暗い部屋】

1年前 No.160

クレア @whitehorse ★Android=GTYkBGZW1s


闇夜を照らす月

汚れた水辺が美しいのは月のお陰ね


でも、薄気味悪く意地悪な月ね

まるで病んでいる水辺や夜空に威張っているみたいだわ


満月は太陽より歪んでいるのね

寂しく一人で路地を歩く人を見下す満月

別にあなたに照らしていただかなくても結構よ

【意地悪な月】

1年前 No.161

クレア @whitehorse ★Android=GTYkBGZW1s



私、本当はクリスマス嫌いなの。

多分あなたは表面上の私しか見ていないから盛り上がっているように見えてるのよ。

それはね、私がわざと明るくしてるからよ。


これ以上煩くさわがないで欲しいわ。

要らないわよこんなもの。


クリスマスケーキなんて足で踏み潰してゴミに出してやるわ。

それに花束も結構よ!
ライターで燃やしてボロボロにして捨ててやるわ!

だって本心はあんたが私と婚約者を繋ぎ止めておくための手段だものね。

クリスマスなのにどろどろになるなんて思ってもいないからハッピーエンドにしてあんたたちの顔にケーキぶっかけて花で飾ってあげるわ。


ぐしゃっ、べちゃっ

速く帰れ!

もう二度と家に来るな!


1年前 No.162

クレア @whitehorse ★Android=GTYkBGZW1s


鎮静した夜に強迫観念に襲われて布団にくるまる。

辺り一面が光を奪って新たに試練をけしかける。

震える身体、叫びにならぬ叫び。


明日を呼ぶ

震えながら明日を連呼する

冷えた手で何かを探ろうとする。


野心と衝動だけは暴れていくばかり。

心に封鎖された野心を抱きしめて欲しいものは手に入れるのよ。


【暗い部屋の中で】

1年前 No.163

クレア @whitehorse ★Android=GTYkBGZW1s


白というものはね、本当は闇なのよ。

そして、悪魔なの。

知らなかったわ、そんなこと。

優しい嘘をついて冷徹な真実を痛く突き刺すように知らせにやってくるの。


黒は悪魔に見せかけた天使よ。

一見恐ろしく見えるけど懐が深くて情愛的よ。

黒は本当は悪を赦さないのよ。

白は偽善者の色よ。


【本当の白と黒】

1年前 No.164

クレア @whitehorse ★Android=GTYkBGZW1s


どうか忘れないで。

あの赤い闇の出来事を。

切なく儚い雪桜の下で誓ったことだから。


条件付きで抱き合った深夜0時。

その場しのぎの温もりではなくて赤いキャンドルに照らされて固く誓ってくれたあの日を。

切ない予感はしていた。

それでも信じていたわ。

ずっといることを。


それなのにどうして約束を破ったの?

一瞬一打の快楽を永遠のように謳歌してその場を去った姿は今でも鮮明に覚えている。

そうよ、だからこそ赤いキャンドルをプレゼントするわ。

【赤いキャンドル】

1年前 No.165

クレア @whitehorse ★Android=GTYkBGZW1s


鬱陶しい。

邪魔だ。

静かな所にいきたい。

そう、邪魔されないところに。


もう、笑いたくない。

1年前 No.166

クレア @whitehorse ★Android=di8e2Qsyd4


重いからだを起こして窓から空を睨む。

太陽が笑いにやってきたんだ。

うるさいねぇ。

朝からゲラゲラ笑って。

私の顔は曇り空のようだよ。

知ってるよ、そんなこと。


夜は月がゲラゲラ笑っている。

だけど、その笑い好きだな。

夜道をずっと歩いていたい。

闇夜の街灯は心が弾ける。

夜は創造のジェットコースター気分に乗れる。

8ヶ月前 No.167

クレア @whitehorse ★Android=di8e2Qsyd4


目障りで耳障りだ。

とにかく打撃で破壊したい。

赤い液体で身体を包みたい。

その内何かを打破していくことだろう。

何もかもが鬱陶しく感じて神経を麻痺させたくなる。

部屋を暗くして愛マスクと耳栓しても遮断できない。

目標を達成して好きなことができたのなら生を終わらせたい。

生は自分で決めるモノだから、、、、。

8ヶ月前 No.168

クレア @whitehorse ★Android=di8e2Qsyd4


白という純正な色を見たら黒という闇路のお知らせ。

皆白に見せてるだけ。

現実は残酷で黒だらけ。


いや、もしかしたらそう思っているのは自分だけなのかも知れない。

8ヶ月前 No.169

クレア @whitehorse ★Android=di8e2Qsyd4


綺麗事や正義感を一切抜きにして。

曇り空を眺めては何度も生に戸惑い、深い森の奥にきえてしまいたくなる。

ただ残るのは腐敗した身体だけ。

この日常で神経を研ぎ澄ませていることに疲れて溜め息ばかりつくのなら、、、、。

もうそろそろ終わりにしたい。

終わらせたい。

8ヶ月前 No.170

クレア @whitehorse ★Android=di8e2Qsyd4


もう、解らない。

とにかく解らない。

どうしたことなのだろうか、、、、。

私の目と耳、感覚神経が腐ってしまったのだろうか。

身体に震えが走る。

肌寒い夜に鈴虫が運命を笑う宴会を開いて鳴いているようにも見える。

一瞬一打の光は闇に変わるってさ。

常に闇が此処にあるんだよね。

なら、闇に包まれてしまいたい。

8ヶ月前 No.171

クレア @whitehorse ★Android=di8e2Qsyd4


広々としているけど拘置されたように感じる。

無限に広がる青い空の下に日だまりが私を嘲笑う。

自分が馬鹿であることも私は知っている。

もう、これ以上表情は出ない。

そこまで嘲笑されても苦笑いの返し方すら忘れてしまった。

「ごめん、私は笑い方を忘れたんだ、、、、。」と低くこもった声でいう。

心は激しく揺れ動いて複雑だけど表情には出ない。
いや違う、出し方が解らないだけ。

無限の空は曇り、太陽は白い雲に隠れた。

8ヶ月前 No.172

クレア @whitehorse ★Android=di8e2Qsyd4


魔が差したんだ。

悪魔に支配されて心が歪んだんだ。

それを知って地獄の遣いが欲を膨らませて快楽や悦に浸らせてくれた。

そう、それはまるで太陽や虹の光を浴びて心躍るような感覚だった。

甘い蜜を吸って幸せな気持ちにさせてくれた。

だけど、それは毒の入った蜜だった。

そんなことも知らずに飲み続けた。

錯覚を起こしていることを気付かずに。

そんなことを続けている内に麻痺した。

8ヶ月前 No.173

クレア @whitehorse ★Android=di8e2Qsyd4


もう皆一通り終わらせたら本当に姿を消してしまいたい。

感情なんて無駄なもの。

表情なんてなくなればいい。

また雨に馬鹿にされる。

8ヶ月前 No.174

クレア @whitehorse ★Android=di8e2Qsyd4


停まることを知らない、忘れたかのようだ。

ずっと走っていて、意志とは関係なくマラソンを延々としてるようで身心が疲れる。

ただ何をしても残るのは虚しさ。

速く消してしまいたい。

単純に終わらすことが出来ない長い太い路。

土星と冥王星の区間で太陽と金星が消されていくような空間にいるみたいだ。

7ヶ月前 No.175

クレア @whitehorse ★Android=di8e2Qsyd4


気持ち悪い。

腹部が圧迫される。

頭がふらつく。

けど眠れない。

腹部の圧迫感が強くて呼吸が辛い。


ああ 液体の薬。

また この薬が体内を浸食する。

そして 依存が始まる。

なら、皆麻痺させてほしい。


【頓服薬】

6ヶ月前 No.176

クレア @whitehorse ★Android=di8e2Qsyd4


冷たい夜風が心身に無意味な不安と屁理屈を与えるよ。

シャッターを閉めても隙間から微弱に風が入る。

上顎と咽に痒みが走る中、黒い思い出に苛まれて動けなくなる。

鮮やかな未来は黒に変色していくよ。

深夜にもがいても朝は心の準備ができないままやってくる。

暖かい日差しに、楽しいことも死神に黒く塗られていく。

責めてほんの少しでも白い君と爽やかな時間を過ごしたいよ。

3ヶ月前 No.177

クレア @whitehorse ★Android=di8e2Qsyd4


ファンと記憶が消えた。

どうして?

何で?

覚えていない。

経過を辿れない。

こんなところにあった。

驚く所か怖かった。

あの日自棄になって薬をラムネのようにバリバリかじって、シロップの頓服が甘い蜜のように感じて飲んだ。

とにかく体内をすり抜ける強風を伝う音と情報が苦痛で逃げたかった。

神経の尖端が物事に反応するのが嫌だった。

静かにしてよ。

煩くしないで?

と何度も風を睨んで土星に封鎖しようとした。

きっとこれからも防具を横に置いて行動するだろう。

3ヶ月前 No.178

クレア @whitehorse ★Android=di8e2Qsyd4


化石とした過去が今甦る。

何事にも屈せずに挑んで無邪気に笑ったことも、血涙を流すように泣いた思い出も。

結局は進んでる。
前後左右に。

見つけたものが何だったのか。

赤黒い化石の正体を知りたくて何度もコンコンと叩く。

3ヶ月前 No.179

クレア @whitehorse ★Android=di8e2Qsyd4


明け方、院内からこっそり出た。

何だか誰かに呼ばれているようで。

おかしいな、勝手に体が動くようだ。

何だろここ。

いつ頃の空き家かな。

戸も開けっ放しだ。

何か起きたのだろうか。

ん、何だか空気が重くて生々しい臭いがする。

怖くなって身震いをした。

辺りを見回した。

えっ?

畳の上に人が、、、、。

大変だ、誰か呼ばなきゃ!!

急いで空き家を出ようとした。

だけど動けない。

、、、、。

畳に仰向けになってるのが白い服を着て髪を乱した女性。

ん、自分と着ている服が同じだ。

う、嘘。

私、もう既に死んでたんだ。

あのとき何もかも失って生きることが苦痛になって自害したんだ、、、、。

家族や親戚は夜逃げ。

やっぱり独りだったんだ私。

アハハ。

死んだこと忘れていた。

3ヶ月前 No.180

クレア @whitehorse ★Android=di8e2Qsyd4


感覚麻痺すればいいのにと何度思ったことだろう。

液体の頓服飲めば緩和される分、体も重くなって行動が難しくなる。

なにもしたくなくなる。

記憶も曖昧になる。

中途半端だ。


半分は昏睡状態に陥りたくなる。

3ヶ月前 No.181

クレア @whitehorse ★Android=di8e2Qsyd4


静かに消えてゆく冬。

そろそろお別れだ。

そんなときまた新たに悩みが甦りそうで怖くなる。

闇の淵に立たされているようで。

闇の中ならいいけど、中途半端な闇の内部は光を必然的に求めるから苦になる。

今なら闇をいいと思える。

3ヶ月前 No.182

クレア @whitehorse ★Android=di8e2Qsyd4


今までの行動は生きてきた足跡を遺すためのもののように思える。

少しでも姿、状を遺せるように。

だけど、もう力が薄れてきている。

他人からすると何故自分のことしか考えられないのだろうと思われるだろう。

静かに独りで荒野をさすらってまるで何もなかったかのように生を終わらせたい。

そんな気持ちが強く芽生えていく。

3ヶ月前 No.183

クレア @whitehorse ★Android=di8e2Qsyd4


声にならない叫びが闇に入り込む。

眼に映ったのは快速列車。

パパーン、ブワーーンと耳の鼓膜を破裂させるようなクラクションが鳴り響く。

余りの煩さに耳をふさいだ。

それとともに突風が心身を冷たく覆い、髪を乱した。

乾いたコンタクトの入った目で少し歪んだ線路を眺める。

何かが呼んでいる。
手招きをされている。
導かれている。

あー、ここから飛び降りられれば、、、、。

いや、冗談じゃない。
人生二度あったとしてもすることではない。

そういい聞かせて歯噛みをして電車を待つ。

3ヶ月前 No.184

クレア @whitehorse ★Android=di8e2Qsyd4


激情に苛まれて。

激情に駆られて。

激情に覆われて。

一人であの場所で奇行して狂ったように笑って走り回って叫びたい。

理性を一度だけ無くしてみたい。

たとえ警察に取り抑えられたり、追い出されても。

あのショーで多幸感と享楽を心身保てなくなりそうですね吟味して浸って気持ちよくなりたい。

いいんだよね。
する前の緊迫感と背筋に力が入るのが堪らなく癖になりそう。

3ヶ月前 No.185

クレア @whitehorse ★Android=di8e2Qsyd4


足跡を消すときは後腐れなくいきたい。

あの事を思うのは今年で22年目になる。

だけど、邪魔されてその行為は許されない。

そう、あのときから消えなくて黒い光が胸部にある。

3ヶ月前 No.186

クレア @whitehorse ★Android=di8e2Qsyd4


やっとの思いでシャッター開けたら眼がチカチカして外の音が耳を刺激した。

ガダン、ダダダン、ドドンと工事の音が響く。

地面が揺れる。

大型車の通る音が異様に大きく感じる。


この頃太陽の陽が嫌で煩くて。

3ヶ月前 No.187

クレア @whitehorse ★Android=di8e2Qsyd4


暫くは真っ暗なところに一人でいたい。

少しでも光に上がると脳が暴走をするから。

ノートに沢山色々書いて動こうとしたけど、、、、。

3ヶ月前 No.188

クレア @whitehorse ★Android=di8e2Qsyd4


停滞している天王星は革命の仕事を怠る。

もしかしてそう思うのは自分の心がまだ土星に支配されているからかも知れない。

暗い世界を望んでいるから変革ができないのだろう。

沈黙の部屋で時計の針が時を刻むカウントをする。

カチッカチッと強く聴こえる。

このままどうなるかは分からない。

分かりたくもない。

分かる必要もない。

3ヶ月前 No.189

クレア @whitehorse ★Android=vsq2PViunu


自暴自棄になって人生を破滅へと追い込もうとした。

感情が邪魔で物事が神経を刺激していたたまれなくて。

藁にもすがる思いで薬に手を出した。


なのに気持ちが落ち着かない。

記憶が飛ぶことがあるだけ。

単に感覚麻痺をさせようとしただけなのに。

これじゃただの悪い冗談で止まる。


悪戯でそんなことは馬鹿でもやらない。

いくらなんでも質が悪い。

脳が求める。

薬の快楽と麻痺を。

知らず知らずの間に病み付きになっていた。

2ヶ月前 No.190

クレア @whitehorse ★Android=vsq2PViunu


【深夜】

眼が覚めてしまった。

そこで頓服薬を服用した。

あれれ、なんだろう。

凄く楽しい気分だ。

多幸感が体の隋から沸き上がってくるようだ。


きゃっほーい!!

と、叫んで跳び跳ねてパジャマ姿で外に出て走り出した。

アッハハハ!!

公園を走り回った。

まるで子供がはしゃぐかのように。


かと思いきや大声を上げて泣き出した。

公園を出て電信柱に向かって「馬鹿にしないでよ!!何よ!!あたしの何がいけないのよ!!応えなさいよ!!」と喧嘩腰に怒鳴り付ける。

全く返事すらしないのに。

周囲は酔っぱらいを見過ごすように通っていく。



あ、なんだろう。
あの光。

向かった先は自動販売機。

「ねえ、私ね、今日ね、一人でバーゲン行ったよ。友達が皆忙しくて寂しかったの。」と話しかける。
ペットボトルや缶が話を聞いてくれるように感じた。


ああ、眠いそろそろ帰ろう。
もう5時だ。速いなぁ。


ん、んん、、、、。
眼が覚めたのは夕方の5時。

え、しかも素っ裸でベッドで寝ていた。

記憶にない。
何でだ。
しかも、なにこれ、、、、。

ペットボトルが周りに沢山、、、、。

2ヶ月前 No.191

クレア @whitehorse ★Android=vsq2PViunu


【魔法のシロップ】

これを飲むと忘れられる。

感覚麻痺する。

だからいいんだ。

けど、この頃効かない。


ただボーッとなるだけ。

落ち着かせてくれない。

量を増やしてもダメだ。

2ヶ月前 No.192

クレア @whitehorse ★Android=vsq2PViunu


何時間寝たかな。

感覚麻痺してるのか、そのまま時間が過ぎるのも分からなくなる。

エナジーが低空に浮游する魂に吸いとられていく。

与えられるのは脳の隅々まで浸透する怒りと絶望感。

一瞬だけの永遠の光を闇の中から覗いていた。

1ヶ月前 No.193
ページ: 1 2 3

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる