Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(31) >>
★この記事には性的な内容が含まれます。もし記事に問題がある場合は違反報告してください。

おととい来やがれ

 ( 日記投稿城2世(大人風味) )
- アクセス(415) - ●メイン記事(31) / サブ記事 (2) - いいね!(5)

増島 @akai1hana8 ★AEqDK507id_Qc5

誰になんて言われようと、私が一等しあわせなのよ!
思考や情緒の掃き出し場です。生暖かめの目でよろしくお願いします。

1年前 No.0
メモ2017/01/02 17:14 : 増島 @akai1hana8★AEqDK507id_qxX

構ってもらうの大好きです。どなたでも気軽にお声掛けください。

切替: メイン記事(31) サブ記事 (2) ページ: 1

 
 

増島 @akai1hana8 ★AEqDK507id_Qc5

部屋と思い出と小銭

友達の家に行った。月2万の家賃でルームシェアをしている彼女の部屋は、まさに屋根裏部屋と称するにふさわしい狭さだった。
けれど、そのなんと居心地の良いことか。
ほの明るい間接照明の光。積み上げられた本たち。転がるぬいぐるみ。プロジェクターを白い小さな壁に射影すれば、小さな映画館に早変わりだ。
何を言いたいかと言えば、とにかくその屋根裏部屋は素敵だったのだ。
私の部屋の半分ほどの狭さなのに、私の部屋よりもウンと素敵だった。
ということで断捨離を決行。
元カレからもらった趣味じゃないアクセサリー、ホステスのバイトをしてたときに嫌々買ったミニスカサンタ、若かりし頃の青春を捧げた作品のドラマCD。
あれもこれもゴミ箱へ。ではなく、ちゃっかりメルカリやフリルさんで小銭稼ぎ。
快適な部屋と小銭で、暮らしの質をあげてやるぜ。そして、ゆくゆくは素敵なお嫁さんに!!(話の飛躍)

1年前 No.1

増島 @akai1hana8 ★AEqDK507id_qxX

まぁ明日のこともわかってないのだけれど

『一冊の手帳で夢が叶う』という熊谷氏の本を、確か2、3年前に買って、そのハウツーuse手帳を実行している。
が、これまた怠惰なので、10年未来年表というやつを更新しないままだったので、本日その作成に着手。
うちの両親、特に父親はだいぶ高齢で、この人に孫を見せたいと思うなら、あと5年後くらいには産んでおかなきゃなかなか厳しい。
加えて、結婚したいと思っている人も15以上上なので、この人に結婚を決心させようと思うなら、3年後くらいにはした方がよさそうだ。
出産も結婚も、もちろん年齢だけの問題ではなく、そのときの環境も大きな要因なのだろうけれど、それでもやはり事は着々と迫っているのだなぁと実感。
今でもじゅうぶんにウハウハだけれど、貧乏性をいかんと発揮しさらなるウハウハを目指して、ぼちぼちがんばりましょう。

1年前 No.2

増島 @akai1hana8 ★Android=vjs5RT5Sdw

結局その人には会えずじまい

昨日書いてた記事が投稿できずに埋もれていた↓

目下のところバイト中。
年末も年末、忘年会シーズンなのにお客さんが来なくて寂しい火曜日。
わたしはいつもとあるお客さんを待っている。眼鏡と作業服、どこかスれた雰囲気のあの殿方。シンプルな話、見た目も中身も非常に好み。
向こうは妻子が、こちらはパートナーが居る身で、どうこうなりたいという下心は(ほんの少ししか)ないが、
何事もこういう楽しみみたいなものがあると、輝きを増す。よって、自分の欲望にはいつも素直であろうと思う所存。

1年前 No.3

増島 @akai1hana8 ★AEqDK507id_qxX

『私の男』

いつぞやに直木賞を受賞した桜庭一樹の『私の男』を読む。
1度きりの人生ではなく、3回くらいの人生を許されたなら、こうやって愛する人と何もかも奪いあいながら疲れて生きてみたかったなぁ、
などと無駄にセンチメンタルな気持ち。

1年前 No.4

増島 @akai1hana8 ★AEqDK507id_qxX

『私の男』vol.2

上の記事ではまるで読了したように記していたが、実はまだ読んでいる途中。
だけど、あんまりに強烈な小説で思いが溢れるので小出しにしている所存。
最後の章を手前にして思ったことは、自分を愛する人から引き離さんとする何かが現れた場合、私は一体どうするのだろうということ。
それでいて、その何かは、世の中の倫理観とかいわゆる正論とか呼ばれるもので、世界からすれば圧倒的にその何かこそが正しいのだとしたら。
だれもかれも、わたしも、みんなただ幸せになりたいだけなのだけれど、どうしてかそれが難しかったりするんだろうなぁ。
こどもだから、まだよくわからないけれど。

1年前 No.5

増島 @akai1hana8 ★Android=vjs5RT5Sdw

12月24日

クリスマスイブに浮かれる人たち同様、ああ〜好きだわ〜という気持ちをより一層深めた1日でした。

1年前 No.6

増島 @akai1hana8 ★AEqDK507id_qxX

というわけで今日はバイトです

私の男がおもしろすぎて、その影響から本を読みまくるようになったここ数日。
昨日は朝から晩までほとんど本を読むだけで一日を終えたのだが、えらく自分が生産性のない人間な気がしてしまって(実際そうなのだけれど)
やはり論文書くなり、バイトするなり、外に出て遊んで金使うなりしないと、気が滅入ってしまうもんなんだなぁと思った。
つくづく学者業とかはむいてなさそうだ。

1年前 No.7

増島 @akai1hana8 ★AEqDK507id_qxX

『愛してるなんていうわけないだろ』

八日目の蝉とかで有名な角田光代さんのエッセイ本『愛してるなんていうわけないだろ』を読む。
デビューしたての20代前半の彼女が書く文章は、ドンピシャ同世代の私の胸にスーッと入ってきて、
短い本ではあるのだが、たくさん共感させてくれたり、驚かせてくれたり、笑わせたりしてくれた。
「おたがいに負けて、おあいこだあとへらへら笑いあうような恋」っていうのがね。染みましたね。

1年前 No.8

増島 @akai1hana8 ★Android=vjs5RT5Sdw

クロスバイク

クロスバイクに乗ってデートにいった。スキンシップも会話も出費も少なくなる自転車デート。それでも楽しいのは自転車がすごいのか、彼がすごいのか。

1年前 No.9

増島 @akai1hana8 ★AEqDK507id_qxX

名をしほと言う

あけましておめでとうございました。
昼間は家族と、夕方は彼と初詣に行ったのだけれど、夕方の込み具合と言ったらもうすごかった。人混みの中にいるうちに、あっという間に時間が過ぎてしまってげっそりしたのだけれど、元旦を一緒に過ごせるというのはなんだか家族になったみたいな気がして妙にうれしかったのでモーマンタイだった。単純。
単純つながりで言えば、今日一冊の本を読み終えた。江國香織の『スイートリトルライズ』。作中で旦那さんが不倫するのだけれど、その女の子の単純さ、根っからの及び敢えての単純さというのが、女の私からみてもひどくかわいらしくて、ああかくありたいものだなぁと思った。
ひどい雑感だなぁ。まぁ女は単純なのがよろしくて、私は単純なのでいい女であるということで結論づけとこう。今日も一日お疲れさまでした。

1年前 No.10

増島 @akai1hana8 ★AEqDK507id_qxX

『愛してるなんていうわけないだろ』vol.2

>>8 のエッセイに続く話。
この中で、角田さんはタクシーをぶっ飛ばしてみることが憧れなのだと言う。

(引用)

 夜半に突然恋人に会いたくなる。会いたい、そう思い浮かんだらその気持ちがどんどん心の中で膨らんでいくばかりで、気がついたらその気持ちが自分の身体の三倍くらいの大きさで部屋に居座っている。
 今の時間を計算し、――もう電車はない。明日の予定を考えて、――明日は早起きだ。恋人の部屋までの距離を夜間割り増しの代金に換算し、――財布の中ぎりぎりだな。
 そしてやっぱり立ち上がる。各々の常識や計算なんて脱ぎ捨てて、夜の町にダッシュする。空車タクシーを捕まえ、恋人の住所を告げる。
「どこそこまで、おっちゃんぶっ飛ばしてよ」

 完璧だ。完璧な恋の病だ。私が常にあこがれてやまぬ愚者の姿だ。

(引用おしまい)

深い共感を誘った。なるほど、確かにあこがれる。そして、あこがれているということは、まだ私はタクシーをぶっとばしたことがないということだ。
と思っていたのだが、今日フラフラ寒い昼間を散歩していると、ふとある記憶がよみがえった。

あれも冬のことだったような気がする。大学で知り合った同級生と飲みに行った。新大阪だった。
2人ともいい具合に酔っぱらって、大阪まで川沿いをブラブラ歩こうということになった。暖かい缶コーヒー片手に、コートのままくさっぱに寝っ転がったりしていた。
さあ、そろそろ起き上がって帰ろうか、としていた矢先。電話が鳴った。彼だった。

「上司と飲んでた。今終わった。帰るけどいいの?」

この「帰るけどいいの?」というのは彼の常套句で、つまりは帰りたくないから早く来いということだった。
いつもなら喜び勇んでいくのだが、今は大阪と新大阪のちょうどど真ん中の辺鄙なところ。時間がかかるであろうことが予見された。
そのことを伝えると、じゃあ部屋先に入っとくから、と言って電話が切られた。そのあと、ホテルの名前と部屋番号がメッセージで送られてきた。

タクシーしかないと思った。なぜだか彼を待たせてはいけないのだという気がした。快諾してくれた心優しき友人を置き去りに、私はタクシーを捕まえてぶっ飛ばした。慌てて部屋に飛び込むと、「遅い」と言いながら、原っぱに寝転んだ時についたまんまだったらしい草わらを取ってくれた。何で来たかと聞かれなかったから、彼はたぶん私がタクシーをぶっとばしたことしらない。

ここまで思い出して、私は彼の気持ちよく負けさせてくれるところが好きなのだろうなぁと思った。(気持ちよくない負け方とはこうだ。深夜、彼に会いたくなって、彼の家までタクシーを飛ばす。ところが、寝起きの彼に、明日仕事だこの非常識人がと冷たくあしらわれてしまう。)
しっかりと万全なお膳立てをしてくれて、あとは私がおのずと負けるようにしてくれている。そのある種のかいがいしさは、天然なんだろうなぁとおもう。

まあそんなエッセイにかこつけた惚気話でした。

1年前 No.11

増島 @akai1hana8 ★AEqDK507id_qxX

『センセイの鞄』

なんだか読書感想文ばかりだなぁ。気にしないけど。
さて、いつぞやに谷崎潤一郎賞を受賞した川上弘美の『センセイの鞄』を読んだ。

とにかく、最後はボロボロと泣いてしまった。
年の離れた恋人を持つ主人公を、ついつい自分と重ねてしまって。
けれど、読了感はもの悲しくはなく、とっても優しい気持ちになれる本でした。

1年前 No.12

増島 @akai1hana8 ★Android=vjs5RT5Sdw

仕事始め

君、明るくて良いね、と言われるとシンプルに嬉しい。とても素朴な誉め言葉で、スッと胸に入ってくるような気がする。

1年前 No.13

増島 @akai1hana8 ★AEqDK507id_qxX

いいからやれ

無理やり納得させて、自分で納得している気にてっきりなっていても、やっぱり好きなことしかやらないんだよなぁ。
好きなことをガンガンやっていくのもわりとたいへんなのに、好きでもないことガンガンやるなんてそもそも無理ってな話だもんなぁ。
あ、卒論の話です。

1年前 No.14

増島 @akai1hana8 ★AEqDK507id_qxX

それでも稼がにゃ遊べない

年末年始が過ぎ去り、バイトに忙しい日々が始まると、勉強時間も読書時間もぐぐぐっと減る。当たり前のことである。
ここでどう時間を捻出するかのセンスとストイックさが問われるわけなのだなぁ。

1年前 No.15

増島 @akai1hana8 ★AEqDK507id_qxX

そう、すべては教授(黒髪短髪眼鏡の優しいお兄さん)に褒めてもらうために

卒論のデータを集めるために40社に協力依頼をしまくった。たくさんの塩対応を受けたり、すごく優しい対応を受けたり、そのギャップに振り回されながら、テレアポする営業さんっていつもこういう気持ちでお仕事してるんだろうかと思った。
で、会社が定時を回れば、次は先行研究を加筆修正する作業に入る。なんでかしらんが「お!これめちゃ参考になる!」と思う論文はことごとく英語で怒りを禁じえない。中には日本人の学者が英語で書いた論文もあった。英語で書く意義について脳みそでは重々に承知しているのだが、やはり怒りを禁じえない(リフレクト)。

1年前 No.16

増島 @akai1hana8 ★AEqDK507id_qxX

たとえばふと気が向いたときにレモンプリンを作っちゃうような日々がいい

来週の予定を再確認する週末。今週もあっという間の一週間だったが、来週はなんだか忙しそうで心がどんよりする。
ゆとりがなくなると一気に周りが自分を忙しく駆り立てる嫌なモノに見えてきてしまう。なかなか来ないエレベーター。ゆっくり前進する人混み。すんでのところで出発する電車。
考えるだけでストレスフルだ。しかしそんな来週よりも不安なのは、こんな自分が果たして社会人なんかやっていけるのかということである。
歴とした社会人になれる気なんてとんとしないけれど、なんとか誤魔化し誤魔化し社会人をしていけるのではないかという希望的観測。

1年前 No.17

増島 @akai1hana8 ★AEqDK507id_qxX

ビール大瓶あけまくった

古くは物心ついたときから、あるいは中学の時からのともだちと久しぶりに飲みに行った。気を遣わず、どこまでも自然体でありながら、互いに容赦なくも、妙に楽しい。
某パーカー六つ子もきっと一緒にいるときはこんな感情なのだろうなのだろうなぁと思った。
それほどに楽しくて甘えてしまいそうになる時間だった。
幼いころからの付き合いってのはいいもんだなぁ。

1年前 No.18

増島 @akai1hana8 ★AEqDK507id_qxX

積読解消中

久しぶりに体調を崩した。
日がな一日ベットの上にいるもんだから、読書と論文が進む進む。
最近はなんだか妙に忙しくて、ひきこもりタイムを確保できてなかったもんだから、体が強制的にひきこもりタイムを確保しにきたけっかがコレ(体調不良)なのではないかと思った。
あと3日くらい寝込んでおきたい。

1年前 No.19

増島 @akai1hana8 ★AEqDK507id_dB9

恋はみずいろ

海外から投稿しようとしたらできなかったので、帰国した今、再投稿の巻。

友人と二人でフランスはボルドーにやってきた。
一週間まるまるつかってひとつの街にい続ける、のんびり屋なふたり旅。
こちらの人たちは、たぶん日本人の4分の1くらいの時間しかスマホをいじっていない。
頼んだ料理を待つ時間、レジの順番を待つ時間、電車の中、みんなだれかとおしゃべりしてたり、ぼんやり外を眺めたりしている。
なんとなく時間がゆっくりながれているように感じるのは、きっとそのせいなんだろうなぁと思った。
追記:ワインがうまいけど、やっぱりビール党。

1年前 No.20

増島 @akai1hana8 ★AEqDK507id_dB9

にっぽんひきこもり協会

韓国行ったり、東京に行って憧れの人の前で卒論発表したり、その間でバイトにいそしんだりと慌ただしい日々が終わった。
読みたいもの見たいものがたまってるので、しばし引きこもることといたす。

1年前 No.21

増島 @akai1hana8 ★AEqDK507id_dB9

読書in飛行機

小池真理子さんの代表作『恋』をそういえばフランスに行くまでの飛行機の中で読んだ。
『ノルウェイの森』上下巻も読破し、『四十九日のレシピ』という本も読んだ。
感想としては、とにかく好きな人に抱いてほしくなる前者二冊と、好きな人の人のために家事にいそしみたくなる一冊だった。
しかし、本屋に行くと読みたい本が多い。小説はもちろん、実用書や学術書も、途中できっと投げてしまう気がするのだけれど、読みたくなるものもりだくさんだ。
がんがん発行されていく本、短くなっていく残り時間。ケチケチしてないで、たくさん読まねば損である(戒め)。

1年前 No.22

増島 @akai1hana8 ★AEqDK507id_dB9

ラ・ラ・ランド

※ネタバレっぽい注意※

観てきた。最高だった。
道が分かれてしまっても、それでも出会いに感謝できる人。それほどまでに愛していた人。その人がまた違う道で違う形で幸せになるということは、とても切ないことだけれど、とても素晴らしいこと。
今付き合っている人は私にとってそう思えるであろう相手だし、向こうにとっても私はそんな存在であればいいなと思う。
あと主人公の服がいちいち素敵。

1年前 No.23

増島 @akai1hana8 ★AEqDK507id_dB9

Java

プログラミングの勉強を再開した。卒論のためにRをいじってみたら結構楽しかったので、またやってみたくなったためである。
なんといっても、黒背景、白文字、ビビッドカラーのあの画面が、できる奴感満載で楽しい。

1年前 No.24

増島 @akai1hana8 ★Android=vjs5RT5Sdw

『抱く女』

学生運動が翳りを見せはじめた時代に20代を迎えた女の子の話。
こんな恐ろしい時代があったんだなぁと、無学な自分は過ぎし1960年代70年代の日本を最近になって知りはじめた。
しかし、やはり主人公に共感できるのがすごいところで、いつだって自分も気づかない間に自分の中に入り込んでなにかを教えてくれるのは、誰かへの熱烈な恋なのだ。
良い本でした。

1年前 No.25

増島 @akai1hana8 ★AEqDK507id_jAc

『くいいじ』

安野モヨコ氏の食にまつわるエッセイ本『くいいじ』を読む。
まだ数ページしか読んでないけど、庵野安野夫妻の信者である上に最近料理にハマってるので、もう最高。
やんなきゃなことの合間合間でちょっとずつ読んで幸せを小出しに感じよう。

1年前 No.26

増島 @akai1hana8 ★AEqDK507id_jAc

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1年前 No.27

増島 @akai1hana8 ★AEqDK507id_jAc

MAD HEAD LOVE

この曲を聞くと、彼と付き合いだした頃の、意味の分からないくらい熱狂的な楽しさと、まるで整理できてない愛情と憎悪がふと蘇る。

1年前 No.28

増島 @akai1hana8 ★Android=vjs5RT5Sdw

決意表明

おめおめ使われる側に回ってたまるか!
こちとら好きな人のご飯作るのにいそがしいんじゃい!

1年前 No.29

増島 @akai1hana8 ★AEqDK507id_VuR

性癖

叱られると興奮する
これはいいことなのか、悪いことなのか

1年前 No.30

増島 @akai1hana8 ★Android=1tbdowikSq

『のんびり』

ふと思い出して覗いてみたら、まだ残っていたので、また綴ろうと思う。

最終更新日から何が大きく変わったかと言うと、就職したことと同棲をはじめたことである。

そして何より、彼への愛情が穏やかなものになったことだ。

あの時のような苦しくて、浮かれて、腹立たしいくらい好きで、ぐちゃぐちゃだった愛憎が、以前よりももっと懐かしく感じられる。

懐かしけれど、今が一番幸せだ。

8ヶ月前 No.31
切替: メイン記事(31) サブ記事 (2) ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…感想・コメントはこの記事ではなく、サブ記事に書き込んでください。