Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(558) >>

志野の徒然日記

 ( 日記投稿城2世(大人風味) )
- アクセス(11979) - ●メイン記事(558) / サブ記事 (790) - いいね!(60)

志野 ★nh6hs2FhLvw

初めまして。こちらで日記を書き始めたいと思い、このスレを立てました。
内容としては、私が考えたこと、経験から行き着いたことを書き綴れたらと思います。
あくまでも私の視点からの考えなので、その辺は悪しからず。
それと、特に年齢制限が必要な記事は書かないので、読んでいただける方がいらっしゃるのであれば、お気軽にどうぞ(笑)

2009/05/30 20:17 No.0
メモ2019/01/06 13:17 : のぶひろ @momopen★Android-YPW2DN5VEl

こちらは客員名簿?です。

私の日記に来てくださった方はこちらにお名前を記して、記念にすることもできます。

もちろんお名前を書いていただくことを強制は致しませんし、書き方も自由です。ただし、書いてもらっても何も出ません。


・志野(スレ主)( ̄ 。 ̄)y―~~


・アリス(同級生)( *´艸`)ムフフ♪


・にら玉(愛人(3号))(。-_-。)ポッ


・さく(変人28号)w(゜ロ゜;)w


・香華(お友達)( ̄(エ) ̄)ノ*


・JAM (隠し子(009号))(≧∇≦)/


・のぶひろ(マイメビ)

切替: メイン記事(558) サブ記事 (790) ページ: 1 2 3 4 5 6 7

 
 
↑前のページ (508件) | 最新ページ

志野 ★oxNziOTMi3_yoD

38℃の熱がある中、11時頃まで外出したり、1時頃まで起きていたりするものではないなぁ。
まあ、仕方のないことだったのだけれど。
今日は…いろいろもうムリ。寝ます。(多分午前中だけ)

8ヶ月前 No.509

志野 ★oxNziOTMi3_yoD

議論板や哲学板を見ると、「素人の議論」や「議論ごっこ」といった言葉が見られるが…彼らは議論をどのように捉えているのだろうと思う。
眼鏡を中指と人差し指で「ちゃっちゃっ」と鳴らしているような人たちが、椅子に座って、お茶を前に行うのが議論と思っているのだろうか?
個人的に、議論にごっこも素人もないと思っている。
ソクラテスが若者をつかまえては端から質問をふっかけていた姿が議論のあり方だと思うからだ。
痛いところを突かれたり、分かってもらえたりせずに「ぐぬぬ」と思えば、いろいろと調べたり考えたりしてはまた書いてみる。
そんなやりとりは必ずあるだろう。
もっとも、1部例外はいそうであるが。
そしてその過程には、本来ならば自分が調べたりしなかったことや考えてもみなかったことをしている自分がいることに、さらにそれで自分の知識量が増えていることに…気付くのはいつなのだろうか。

8ヶ月前 No.510

志野 ★oxNziOTMi3_yoD

某所では死刑廃止に関することが熱く語られています。
あまりにも熱すぎて、カオス化しつつある時もあるぐらいなので、個人的なまとめはこちらに書くとします。
死刑廃止は多面的な見方をまとめ上げ、総合的にどうするのか考えないといけない問題だと思うのでね。
でも、一度に全ては無理なので、人目につかないところ?に、こっそりと(ならチラシの裏に)

さて、今回は心理的(倫理的?)な面から見るとしますかね。
犯罪行為を行うことについて、その心理を考えるとしたら、アドラー心理学かなと思います。
本来人は共同体の一員として活躍できることに喜びを感じるはずです。
しかし、人は全知全能ではなく、他人より優れている面と劣っている面を併せ持っています。
そして、この劣っている面だけを指摘され続けると、自分がさも人より劣っているのだと思い込むようになります。
これが勇気が完全にくじかれた状態であり、自信を持てなくなります。
ここから自分自身の優位さを求めて犯罪へと走るケースがあるわけですね。
実はこの状態、かなり危険でして、犯罪を犯すこと=自分の優位さの証明となるわけです。
つまり、人が困難な犯罪を犯せば犯すほど、優越感に浸れるわけです。
それは、死刑へと近づけば近づくほどに優越感は大きくなり、まあ、十二分に優越感に浸れる状態は…言わずとも知れているでしょう。
そう考えると、死刑は犯罪予防にならないという発言も一理あるのかも知れません。

と言いつつ、今度は真逆に。
時に自分で行ってしまった過ちについて、猛反省をすることがあります。
それが反省したり償えることであればいいのですが…。
もし償いきれない過ちを犯したときにどうなるか。
介護で追い詰められた方が、過ちを犯し、執行猶予が言い渡された後、その方は自ら命を絶ったという記事をどこかで見ました。
償いきれない過ちを行ってしまったときに、どんなに反省をしても反省しきれない、取り返しのつかないことをしてしまったときには、人は逃走する可能性は十分にあるわけです。
例えば周りが「反省をしているから」と言っても、自分を許せないのは自分自身。そのようなときに、自分の行ったことに絶望したときの最後の手段としての死刑があってもいいのではないかという考えもあります。

とまあ、どっちつかずで考えを書いていきたい第一弾でした。

8ヶ月前 No.511

志野 ★oxNziOTMi3_yoD

ネットをしていると様々な人間模様が見られるのはネットならではというところだろうか。
さて、様々な人々を見ていると、様々な考えが見られる。
私などはこのような議論板では極力出典はしないようにしている人間である。
何故なら、年齢層が様々である以上、誰でも気楽に議論をするための板であると考えるからである。
でも、中には出典を求める人もいる。出典をすることで、根拠を明確にすることができるからだ。
それを否定するつもりはないし、確かにその通りだと思う。ようは議論板をどのようなあり方にすべきかの違いである。

そして今日感じたのが、出典を通じて相手の手の内を読むという方法があるのだという発見だった。
その発想はなかった。
だが、考えてみればそれによって相手の嗜好などは分かるが…。
もっとも、危険なのは相手が出した手の内がどこまでか推し量れないことだろう。

8ヶ月前 No.512

志野 ★oxNziOTMi3_yoD

世界遺産を見た。
今日はシチリア島のエトナ山でした。
今なお続く活火山であるこの山は、高さが変わるので、「今現在」という限定付きの高さになるらしい。
火山の噴火は人の力ではどうしようもないものです。日本にも数多くの火山があり、時としてそれは牙をむく。
そして災害は火山だけにあらず。それらの脅威にさらされたときに、人はどうなるのであろう?
エトナ山の溶岩を使って商売にするというように、強かであるのか、中原中也の春日狂想のように、絶望にねじ伏せられるのか。
いずれにせよ、人の身は人の身である。人が人らしくその何たるかを吐き出せる状況は平和の一環なのであろうか。

8ヶ月前 No.513

志野 ★oxNziOTMi3_yoD

社会学的に考えてみるかなと思う第二弾。
まずはラベリング理論です。
人はたまたまやらかしてしまうと、そこにレッテルを貼られてしまい、次にやらかした時は「またお前かよ」という目で見られてしまいます。
このように、たまたま深い考えもなく犯罪をしてしまったことで、レッテルを貼られてしまい、犯罪をしていない人々と一線を引かざるを得なくなることがこの理論です。
そうなると、その人は犯罪と隣り合わせの世界で生きていく方法を選ばざるを得なくなり、嫌が応にもその道を突き進むことになってしまうのです。
こういう状況では、社会による教育なり、環境改善のような措置が有効に働くという考えがあります。
そうであれば、社会が犯罪の一因となるのであれば、死刑は必要がないという考えにも頷ける理由はあります。

その一方で、社会の枠組み自体を憎んでの犯罪もあります。
「こんな世界をぶちこわす」というような考えですね。
言ってみれば国への反逆に近い目的とした犯罪です。
この考えになると、国を、そして国の構成員(=国民)を憎んで行う行為なので、教育等が上手く働かないようです。
こうなると歯には歯をではありませんが、刑罰の力で対抗するより仕方なくなります。
そうすると、より強大な刑罰の存在は必要になってくるとも考えられるのではないでしょうか。

まあ、そんな二面性を書いてみました。

7ヶ月前 No.514

志野 ★oxNziOTMi3_yoD

日本の古来の詩には俳句や短歌があります。
俳句や短歌の難しくあり、かつ魅力的なところはぼかしだと思います。
俳句や短歌は説明にならないように必要最小限の情報しか入れないらしいです。
もっとも、文字数があるからそうせざるを得ないですね。
細かいところは、聞き手が想像し、思い巡らせる。
ここに作り手と読み手の双方の楽しみが生まれるのではないかと思うのです。

そんな技法は美術にも通じるものがあります。
必要最小限の情報を描いて、残りは金箔などで埋める技法。
屏風などに使われているこの技法は、独特なものだそうです。
そして日本語の持つ曖昧さ。
当たり前ではありますが、文化は形を変えてはいるが、決して変わっていないのだなと思い知らされます。

7ヶ月前 No.515

志野 ★oxNziOTMi3_yoD

某スレを見ていてなんとなく「郷に入っては郷に従え」を思い出した。
とりあえず、他人の家に呼ばれたら、それなりに気を遣うのがマナーというものだろう。
サイトも同じようなものだ。サイトの主からすれば、サイトは家のようなものなのだから。
サイトに来て、そこのルールに口を出すのは、他人の家に呼ばれておいて、口を出すのと等しい。
匿名性の高いネットだと、どうにもそういう感覚が麻痺をするように思える。
もっとも、私も過去数年前に愚痴を書いたメモリがある…。反省である。

7ヶ月前 No.516

志野 ★oxNziOTMi3_yoD

メビウスリングの存続についてのスレを見ていてふと思ったことがある。
メビウスリングの存続に関してのスレは確か数年前にもあった気がする。
メビウスリングに限らず、世界の存続に関するものも消えては現れを繰り返している。
ノストラダムスの予言のごとく(若い人たちは知らないんじゃないかな)、世界終末論的なものは忘れた頃に出てくるものである。

そこにはどのような心理が働いているのかなと思う。
少なくとも、終末論的な議論をしようとするということは、対象に関心があると考えなくてはならない。
何故なら、関心のないものであれば終末を迎えようがどうなろうが話題にさえのぼらないからである。
例えば、自分の都道府県以外のどこかにいる絶滅危惧種にも指定されていないゲジゲジ1匹の終末を誰が好んで話題にするだろうか。
次に、終末を迎えることが不確定だからである。
確定しているのであれば、誰も議論をしようとは思わないだろう。する意味がないのだから。
不確定だからこそ、議論をしようとするのである。
さらに、必要な場所だからこそ議論にあがるはずである。
例えば、地球から何万光年も離れた恒星が終末を迎えるかもしれないとしよう。
科学に興味があったり、携わったりしている人間は騒ぐかも知れないが、たいていの人は「ふ〜ん」で終わるだろう。
しかし、太陽が終末を迎えるかもしれないとしたら、それはもう大々的にパニックに陥るはずだ。
この差は何万光年も離れた恒星が自分たちにとって必要であるわけではないのに対し、太陽は必要だからである。
必要なものが終末を迎えるかもしれないからこそ、不安に陥り、騒ぐのである。

世界などはいい例だろう。
世界なくして我々は生きることはできない。世界が続くか終わるか、それは大きな関心事であったはずだ。
だからこそ、過去に、世界の、自分たちの必要な場所の存続を知ろうとした結果が終末論ではないのだろうか。
そう考えると、メビウスリングの存続に関するスレは、結局なんだかんだ言っても、ここに来てしまう人たちの、愛情の裏返しなのかも知れないとほほえましく思うのである。

7ヶ月前 No.517

志野 ★oxNziOTMi3_yoD

訂正
「愛情の裏返しなのかもしれない」→「愛情の表れなのだろう」

7ヶ月前 No.518

志野 ★oxNziOTMi3_yoD

私がこのメビウスリングに最初に来たのが2008年の暮れだったから、ちょうど10年ほどいることになる。
まあ、何年か来なかったこともあったので、それを差し引くと5年ぐらいだろうか。
とは言え、14年間続くサイトというのはすごいと思う。
インターネットという法律の定めの遅滞が顕著な世界で、ルールを厳しくしたにもかかわらず、ここまで続くというのはなかなかない事例だろう。
とは言え、「門松は 冥土の旅の 一里塚 めでたくもあり めでたくもなし」で言われるように、10年をまざまざと見せつけられる。…年をとるわけだ(笑)

7ヶ月前 No.519

志野 ★oxNziOTMi3_yoD

インターネットなどのニュース関連の記事を見て思うこと。玉石混交だなと。
いい記事は素晴らしいですが、ダメな記事はとことんダメですね。
本来噛みつかなければならないことに、噛みつくだけの力がないから、どうでもいいことに噛みついて、マスコミとしての体裁を整えようとしているのが見え見えの記事は後者の典型です。
そんな記事を読んでいるとマスコミの存在自体に暗澹たる気持ちを抱かざるを得なくなりますが、それでもいい記事に巡り会えたときにはその気持ちが和らぐのを感じます。
願わくは、全てにおいてマスコミとしての矜持を持ってもらいたいと思う次第です。

7ヶ月前 No.520

志野 ★oxNziOTMi3_yoD

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

7ヶ月前 No.521

志野 ★oxNziOTMi3_yoD

ん〜、フィルターがかかってしまったか。残念。
まあ、かなりハードなことを書いたから無理もないけれど。
521はかなりハードですから、閲覧注意で(遅い)

7ヶ月前 No.522

志野 ★oxNziOTMi3_yoD

ジャーナリストの安田氏が保護されたことが大々的なニュースになっている。
個人的には、十数年前に「自己責任」が問題になったニュースの再来かなと考えざるを得ない。
歴史は繰り返してしまうのだろうか。

さて、安田氏の「政府の忠告を聞かずに自己責任だと言って出国→危険地帯に踏み入り、捕まる→助けを乞う」という経緯を考えると、これは大人の世界を知ったかのように背伸びをした、突っ張った子どもがしくじった構図とぴったり当てはまる。
厳しい言い方になるが、安田氏は結局、中身が成長しないまま、外見だけ大人になった子どもである。だからこそ、自分の世界が全てで、どこからが危険か否かが見えていないのであろう。
そうでなければ、危険かどうかをある程度は判断し、このような事態に至ることはなかっただろう。しかも2回も。
やりたいことだけ目に入り、「自己責任」だと口では調子のいいことを言うが、いざというときには誰かに頼る、だらしない大人?なのである。
しかも、年はムダに重ねているので、ヘンな理屈をこねるだけ、扱いは難しいだろう。
某歌の歌詞ではないが、「子どもだったと いつの日か思うとき」があって欲しいものである。

6ヶ月前 No.523

志野 @sinomon10 ★oxNziOTMi3_yoD

11月になったので、こたつを出しました。
というか、今日はドタバタで昼に出せなかったので、今出し終えました(笑)
軽く掃除機をかけて、カーペットを引いて、メインのこたつ。
こたつはいいですね。
こたつでミカン、こたつでお酒、こたつでテレビ…。
やはりこたつです。
防寒対策はこれでOKです。

6ヶ月前 No.524

志野 @sinomon10 ★oxNziOTMi3_yoD

今日あったことについて振り返ってみる。
相手の同僚の先輩をM氏としよう。
詳しくは語れないので、私が言われた事象をA、M氏の言い出した事象をBとする。

M「Bでいいのですか?」
私「いえ、Aでお願いします」
M「Bですね?」
私「いえ、Aで…」
M「B!!」
私「…(この状況どうすればいいんだろう?)」
M「本当にBでいいの?」
私「いや、Aです」
M「だめじゃない、きちんと言わないと」
私「…(いや、言っていただろう)」

なんだろうね。こういう人は何かしらにけちをつけて自分が優位に立ちたいだけなのだろう。
けちなんてものはなんにでもつけることが可能だから、回避の策などない。
結局悪質のクレーマーのようなものだ。
まあ、こういうヘンな人間のヘンな言葉は気にしないのに限ると結論付けてみようと思う。

6ヶ月前 No.525

志野 @sinomon10 ★oxNziOTMi3_yoD

挑発やら批判やらも学問的なベクトルからだとありな気がするのですが…。
なんというか、それを通り越してあまりにも幼稚なものになってくると、考え物だなと思う。
インターネットでは子どもから大人まで見れるのだから、大人の威厳が失われるようなものは流石にどうかなと思う。
大人が幼稚なことを言い合っているのに、子どもに止めろと言っても、それは子どもたち止めないよなぁと思う。
例を見せつけているのだから。大人が。
1人1人が背中で語れるような大人になれればなぁと、議論+哲学板を見ながら、ふと感じた。
正直、かっこいい議論をしていれば、論破しようがされようが何しようがかっこいいのだと思う。

6ヶ月前 No.526

志野 @sinomon10 ★oxNziOTMi3_yoD

他人が見て、大変だと思うことは「あなたのやるべきことでしょ」と押しつけられる。
疲れた表情を出したりすると、「あなたが頑張らなくてどうするの」と叱咤される。
まあね、世間なんてものはそんなものだろう。今更どうこう言うべきことではない。
だから、「悩みがあるなら、みんなに相談して」なんて言葉は、社交辞令として受け取っておくべきなのかもしれない。
それを信じて本当にそんなことをしてはいけないのかもしれない。

6ヶ月前 No.527

志野 @sinomon10 ★oxNziOTMi3_yoD

そういえば、考えてみると勤労感謝の日ですね。
まあ、そんなこととはつゆ知れず、ちょうどタイミングがよかったので、今日をゴロゴロする日として行動に移しましたが。
結果的に、自分に感謝できたからよかったです(ry)
さてと、7時前後から夕飯にするためにも、ぼちぼち支度をし始めますかね。
元旦まであと1月。今度はそこを目指して頑張るとしましょう。

6ヶ月前 No.528

志野 @sinomon10 ★oxNziOTMi3_yoD

妙に腕が張るなと思って考えてみたら…
そういえば、片手で車いすを押して、片手で買い物をしていたからか(推定10kgぐらい)
いい筋トレだったと考えるとするのが妥当というものだろうか。
とりあえず、月曜日までには治って欲しいところですが。
運動をしていないと、筋肉痛は遅れてやってくるらしいからね。

今年最後にもう一度マッサージ行くかな。

5ヶ月前 No.529

志野 @sinomon10 ★oxNziOTMi3_yoD

今年最後のマッサージに行ってきました。
これで今年最後の大掃除にけりをつけることができます。
とりあえず明日と明後日で大掃除を終わらせて、31日には最後の準備で1年を閉じる予定。
おそらく31、1、2、3と酒を飲むだろうから、昨日から30日までを下戸とします。
……早く31日来ないかな。

4ヶ月前 No.530

志野 @sinomon10 ★oxNziOTMi3_yoD

祖母を見ていると、時々兼ね合いって難しいなと思うときがある。
何かが上手くいかないとき、決まって誰かの責任にする。そこまでは、まだ目をつぶって見れる。
しかし、祖母はその先の問題―誰かの責任にしたら「その人はもうダメだ」と言って関係を絶ってしまう傾向―がある。
つまり、どんどん孤立してしまうのだ。それはよろしくないので、その人に責任はないとフォローする。
だが、それは必然的に責任は祖母自身を意味することになる(大体そうなのだが)。
それによって、今度は自信喪失をして、世をはかなむ結果になってしまうのである。

薬や通院に関しての兼ね合いはさらによろしくない。
薬や通院はしたくないので、「もう年だからどうなってもいい」といって我が儘を言うときが割と頻繁にある。
本人がなんと言おうと、ほぼ強引に連れていったり飲ませたりするので恨まれるときも多々あるが。
しかし、そうはいっても、薬や通院を拒否して、一度具合が悪くなると助かりたいというのが人の性であり、祖母も逃れられないようだ。
血圧などの薬ならまだなんとかなる。問題は骨粗鬆症や命に関する薬である。
骨がつぶれてしまっては、後からはもうどうしようもない。
結局苦痛の中で絶望と辛みを残してクライマックスを迎えることになるのだろう。
そうならないように、なだめすかしながら、強行に出るときは出ている。
なかなかに人の本質でもあるだろう、背反二律は、そしてその兼ね合いはやっかいなものである。

4ヶ月前 No.531

志野 @sinomon10 ★oxNziOTMi3_yoD

西京焼きと湯豆腐というのはどうしてこう焼酎に合うのだろうかね。
日本の酒は魚に合うように作られたという話を聞いたことがあるが、頷けます。
………え?30日までは酒を飲まないんじゃなかったかって?
………記憶にございません(きっぱり)

4ヶ月前 No.532

志野 @sinomon10 ★oxNziOTMi3_yoD

今日の買い物帰りの途中。
信号が赤なのでスピードを緩めていたら、前からオードブルを持って、自転車を片手運転している人がこちらに突っ込んできた。
その人、そりゃあ、後ろをガン見しているからそうなるわな。
幸い、衝突はしなかったものの、片手運転+余所見は危険すぎる。
大晦日は特に、車も自転車も危険な行為には気をつけましょう。

4ヶ月前 No.533

志野 @sinomon10 ★oxNziOTMi3_yoD

明けましておめでとうございます。
平成最後の年末も終わり、とうとう年が明けてしまいましたね。
私は今は酒とつまみと動画の3点セットで過ごしています。
そのうち読書に入るかもしれませんが。
今年もよろしくお願いします。

4ヶ月前 No.534

志野 @sinomon10 ★zoWDbe5fkc_yoD

いつか読もうと思っていた、ロシアのペレルマンの話「完全なる証明」を読み終えた。
彼がポアンカレ予想を解決したにも関わらず、フィールズ賞や懸賞金100万ドル、様々な大学からのオファーを蹴って数学の表舞台から姿を消した話は有名である。
本人はブチ切れて断固拒絶するだろうが、消えた天才特別版でも組んだら面白いだろうなと思った。
あまりにも優秀であった。しかし、彼は自分を、そして他人をも自分の流儀に基づかなければ気が済まない性質であった。
それ故に、自分が自分で完璧に行った証明についていろいろと踏む事務手続きに耐えられなかったのだろう。
さらに、それに加えて起きる人間関係の様々にも。
彼は自分の認める業績は他人に疑われることなく評価されることを望んだらしい。それが彼の流儀であった。
しかし、人間関係ではそれは不可能と言えるぐらい難しいのもまた事実である。
そして結局、彼は失望し、人との関係を断ち孤独へと向かうことになった。
そこには自分の流儀にとらわれすぎたが故に、自分を孤独に追いやってしまった大天才の姿が見られた。
最初は崇高な理念のもとに行ったのかと思っていたが、事実は上のようである。もっとも、本人が語っていないのだからそれもまた憶測に過ぎないが。
いずれにせよ、数学史の中で、様々な事件・話はあるものの、屈指のバッドエンドとも言える物語ではないだろうか。

4ヶ月前 No.535

志野 @sinomon10 ★zoWDbe5fkc_yoD

「我思う 故に我あり」
有名なデカルトの言葉ですが、では我思うの我は、意識の正体でもある脳の情報ネットワークのうち、一体どの辺りが司っているのかを調べているらしい。
つまり、哲学にも科学のメスが入れられるかもしれない。
もっとも、科学も哲学から分岐したのだからそれはそれで面白い展開なのかもしれない。
いずれにせよ、「我思う 故に我あり」は後々「我思う 故に○○(脳の情報ネットワークの一部)あり」となるのかもしれない。
それとも、我を我たらしめているのがその脳の○○ならばやはり「我思う 故に我あり」で変わらないのだろうか。

4ヶ月前 No.536

志野 @sinomon10 ★zoWDbe5fkc_yoD

き、客員名簿が更新されていることに今気付いた(汗)
同級生にお友達、変人、愛人ときて隠し子ですからね…。
躊躇せずに客員名簿を更新したのぶひろさんは勇者かもしれません。
この場を借りて、「改めましていらっしゃいませ」と書かせて頂きましょう。
それにしても、同級生にお友達、変人、愛人ときて隠し子か…。
あの頃は私も若かった…。((遠い目)マテ)

4ヶ月前 No.537

志野 @sinomon10 ★zoWDbe5fkc_yoD

「災い転じて福となす」とはよく言ったものだと思った。
とある記事(メビウスリングのものにあらず)を見ていて、そんなことを思った。
昔は誇りに思っていたことが、時の移り変わりとともに裏目に出ることもある。
昔は劣等感しかなかったことが、時の移り変わりとともにとんでもない武器になることもある。
結局、人間というのは(他の生き物もそうだが)、時の流れには勝てない。
時の流れによってどう変化するのか分からないのである。
では、その時の流れの中の一瞬で一喜一憂することが、果たして本当に正しい判断かどうかと言われると迷ってしまう。
結局の所、自分自身の目指すものが本当に正しいのか否かを自分で判断できる力が必要なのではないだろうか。

4ヶ月前 No.538

志野 @sinomon10 ★zoWDbe5fkc_yoD

考察…ですか。では日記という形で本編に書かせてもらいます。
書ける範囲の中でになってしまいますが、悪しからず。
まずは、2点かなと思いますね。
子どもに挑発された教員というのも、これももっと冷静に対処できなかったのかという批判はあります。
でも、生徒をかばうという姿勢があることも言われていますが、これが本当であれば違和感はあります。
というのも、中学ならばまだしも、高校となると卒業すると、就職か進学が待っています。
ルソーのエミールでも大体この時期に「公共性」や「良心」を身につけさせる旨を述べているようです。
確かに、就職をする場合は言わずもがなですが、進学にしても大学・短大等の専門を学ぶ学校です。
そこで公共性や良心を育てるというのは少し違う気がするのです。
公共性を乱すことをやってもかばってもらえるということが許されるのは、社会人ではあり得ません。
つまり、あまり高校以上でかばってしまうと、社会人とのギャップに悩むのは少年本人になるでしょう。
それはぬるま湯から熱湯に入れられるようなものであり、大変な思いになります。
故に、やってはいけないことに関しては未成年でも「ならぬものはならぬ」という態度を示すべきではあるかなと思います。学校もマスコミもね。

次に、教師を挑発して殴らせ、それを動画に投稿するという行為です。
そもそも、「誰のために高校へ行っているの」という疑問があります。
私も似たような人を知っていますが、おそらく居場所が無いのでしょう。
だからこそ、居場所を作る(目立つ)ことが目的だったのではないかと思います。
つまり彼らは自分のために高校へ行っているという意識が無いのでしょう。
だからこそ、高校に意味を持てないので、そういう行為をして楽しんでいるのであると思います。
それは2つの意味で彼らに十字架を背負わしてしまったと思いますね。
時間を無駄に過ごしているということと、将来に負のイメージをつけてしまったこと。
そういうことを考えることをされずにきたのか、無理に高校へ行かされて二進も三進もいかなくなっての行為なのかは分かりません。
でも、そもそもの居場所の問題から考えないといけないのかなと思います。
それは学力主義になりつつある世界の問題にも繋がってくるような気もしますが、そこまでは触れずにおきます。
この辺が事情を知らない私が書けるぎりぎりの範囲かなと思います。

4ヶ月前 No.539

志野 @sinomon10 ★zoWDbe5fkc_yoD

自分が本当に日記を書きたいと思って書き始めるが、思った以上に文字数がなく終わることがある。
それは単に私の語彙力の問題なのかもしれないが、別の理由もあるのではないかとも思う。
「語りえぬものは沈黙せねばならない」とはウィトゲンシュタインの名言であるが、感情の奥の奥、核心とも言えるものというのはどんな言葉を持ってしても語りえないのではなかろうか。
寧ろ、言葉を重ねるたびに色あせて錆び付いていくイメージさえある。

俳句などもわずが17音の言葉である。その短さで、言葉を用いた表現は無理である。
そこにあるのは読み手と聞き手の言葉を越えた会話ではなかろうか。

さすれば、文字の量もさながら、書いた文章の内容でもコイン評価があっていいのではないかなぁとも思うところではある。
でも、それは機械での範囲を超えているし、管理人さんに求めたら、管理人さんたちが過労死するだろうことも心得ている。
…特に意味はないが、そんなことをふと思った。

3ヶ月前 No.540

志野 @sinomon10 ★zoWDbe5fkc_yoD

自分に都合のいいことはどこまでも追いかける。
自分に都合が悪いことはどこまでも認めない。
自己中心と思うかもしれないが、いかに人間らしいことか。
でも、結局それは長続きしない。
そこに気がつかなければ、いつまで経っても変わらないのだろうな。

3ヶ月前 No.541

志野 @sinomon10 ★zoWDbe5fkc_yoD

自由に選択をしたのだと思っていたことが、実は強制されていたとしたら、認識の転換を行わなければならないですね。
某テレビ番組の内容です。
例えば自殺にしても、自分の意思で決めたのではなく、世間によって自殺を選ばされたのだとしたらそれは…。
そしてそれを知ってか知らずか、「どうしてあのとき相談してくれなかったんだ」という言葉などがもしも免罪符だとしたら。
うむ…怖いな。

3ヶ月前 No.542

志野 @sinomon10 ★zoWDbe5fkc_yoD

議論板などを見ていると、メビウスリングについてのスレでいろいろと書いている方たちがいらっしゃいますが…。
結局、私などとは比べものにならないほどに、めちゃくちゃメビウスリングに執着しているのだろうなと思います。

「好きの反対は無関心」とはよく言われますが、まさにその通りかと。
本当にどうでもいいのであれば「放っておこう」となってしまうわけで。
そうじゃなくて、いろいろと議論板に書いている時点で、関心ありありなのですからね…。
もっと素直になればいいのにと思います。
「ここが死ぬほど好きなので、自分の考えを聞いてよりよくさせてください」ぐらいの勢いでアポとれば状況も変わってくるかもしれませんからね。
…私はそこまで情熱的にはなれませんが…。(だから、そのスレにはほとんど参加してませんが。)

3ヶ月前 No.543

志野 @sinomon10 ★zoWDbe5fkc_yoD

北海道で地震ですか…。
さくさんやごーぎゃんさんは大丈夫だったでしょうかね…。
知り合いに限らず、人的被害はないことを願います。
もちろん、物的被害もですが。

3ヶ月前 No.544

志野 @sinomon10 ★zoWDbe5fkc_yoD

昨日、今日と疲れました…。
いつもは「自由にさせろ」と言って自由にしておいて、いざという時にはなんとかしてくれと言えばなんとかしてもらえるなんて虫のいい話はないんですよ。
もっとも、それを言って問い詰めれば、どうせ逆ギレをする→自分を悲劇の人間だと意気揚々と語る→周りを悪者扱いにする→反動で具合が悪くなって私が再び看護をするというコンボが繋がるのだろうな。
なんだろうね、自分に甘くて人に厳しいというべきだろう。
さらに言えば、人には厳しくしている分、自分に不利になることを認めるわけにはいかないから、頑なに認めることをしなくなるのだろうね。
なんともまあ、自己中というべきかなんというべきか。なかなかに骨の折れる話です。

2ヶ月前 No.545

志野 @sinomon10 ★zoWDbe5fkc_yoD

「歴史は繰り返す」
そんな言葉をふと思い出した。
私の記憶が正しければ、この前が2ヶ月前ぐらい、その前が半年ぐらい前かな。

( ̄ 。 ̄)y―――~~~(ふぅ)

もちっと間があいてもいいのだが…。

2ヶ月前 No.546

志野 @sinomon10 ★zoWDbe5fkc_yoD

ネットニュースなんて見ていると、玉石混合であるが、くだらないものは実にくだらない。
その極みだと思うものにはいくつか出会ってきたが、ナイフやフォークを落とした音や救急車やヘリコプターの音についてそちらを見るかどうか云々について反論がどうのこうのというものはその1つだろう。
そんなものは個人の考え方であり、ニュースにする内容ではない。
私もヘリコプターはわざわざ見ることに意義を感じないし、最近では救急車も近くで止まればご近所さんへの心配で外へ確認に出るが、他はスルーしてしまう。
そもそも、救急車などは見世物ではないのだから、興味本位で見に行くことを支持する気が知れない。
結局、そんな個人のプライバシーな考え1つを取り上げなければならないほど、1部のマスコミは質がおちているのだろうか。
それとも…。
いずれにせよ、もっと取り上げる話題なんかは多々あるだろうにと思う。

2ヶ月前 No.547

志野 @sinomon10 ★zoWDbe5fkc_yoD

とあるNHK教育の番組(録画)を見て、承認欲求というのは怖いなぁと思った。
もちろん、それがいけないわけではない。
でも、何に承認欲求を求めてしまったかによって、明暗が決まるような気がする。
例えば、学問などの知識欲にも、突き詰めていけば誰も見たことのない世界を見ることによる優越、つまり承認欲求があるのではないかと思う。
それはどちらかといえば「明」に当たるものだろう。
しかし、お金を使うことに承認欲求を求めてしまったら、それは「暗」に分類されるのではなかろうか。
他にも、承認欲求はいろいろな影響を及ぼす気がする。
普通は誰もやらないことをやってみるのもそうだし、言えないことを言ってみるのもそうだ。
だが、求め方を間違えると、世間がどん引きするような動画を撮ることになったり、撤回ができなくなって上塗りだけを繰り返したり…。
そんなことを起こしかねなくなるのではないだろうか。

おそらく承認欲求からは逃れられないだろう。できることはコントロールすることではないだろうか。

2ヶ月前 No.548

志野 @sinomon10 ★zoWDbe5fkc_yoD

来週日曜日、世界ウルルン滞在記SP版を放送とあって、ちょっと感動しました。
かなり昔に見ていた記憶があります。あれは…大学に入った頃だったでしょうかね。
内容はすっかり忘れてしまいましたが(苦笑)
個人的にすごく懐かしいので、是非見てみたいと思います。
当然ナレーションはあの独特の語りのアトム氏であってほしいところです。
「○○に出会った〜」を聞きたいなぁ。

2ヶ月前 No.549

志野 @sinomon10 ★zoWDbe5fkc_yoD

歯医者に行ってきました。
する患者の老人と看護師がなにやらもめている様子。
どうやら、入れ歯の型を取った際、前の入れ歯を患者に返したがなくしてしまったようだ。
看護師としては家を探してほしいとのことだが、患者は家にないとのことだった。
看護師が席を立った後、「こんなところはダメだ」とか、「違うところに移るか」と言っていたが…。
残念ながらどこへ行っても同じだと思う。その老人の抱える問題の根本をどうにかしないと、同じことが繰り返される。
そのうち、「この世界は俺が存在していてはいけないんだ」と絶望し、行き着くところまで行き着いてしまうだろう。
新たな管理体制が見つかるといいなと思う。

2ヶ月前 No.550

志野 @sinomon10 ★zoWDbe5fkc_yoD

子どもが怒られ続けると、「親は自分を怒りたいだけなのではないか」と考え、わざと怒られる行動をして怒られることで、やはり親は自分を怒りたいだけなのだと確定していくことがあるのだという。
なんか、そういう姿がちらほらと見られるのは気のせいだろうか。どことは言わないけれども。
削除されて、自分が目をつけられているということの独善の証明のためだけに、わざわざ削除されるような文章を書くことに空しさと哀れみしか感じないのは気のせいだろうか。

2ヶ月前 No.551

志野 @sinomon10 ★zoWDbe5fkc_yoD

ルールを無視すればいい発言まで飛び出しているアブナいスレがあるが…。
サイトでルールを無視すればそれは荒らしになります。
(リアルの世界でルールを無視すれば犯罪者にさえなりかねませんが…。)
荒らしになりはててまで、執着する理由ってなんなのでしょうね。
ここではない新しい場所で上手くやっていくだけの自信がないのか。
好きな子に意地悪をする子どものように、愛情の裏返しなのか。
まあ、当たらずとも遠からずといったところでしょうかね。

2ヶ月前 No.552

志野 @sinomon10 ★zoWDbe5fkc_yoD

批判しかできない人は何をやっても批判しかできないのだろうな。
結局、全てがその時その時で自分の思い通りにならなければ、全てアウトなのだろう。
買い物に行きたいというから連れて行っても、つまらないとなる。
どんなに高級ホテルに連れて行っても「あそこはダメだ」となる。
その挙げ句は、「もう生きているのが嫌になった」が口癖になって、自分を追い込んでしまう。
まあ、向き合う人も大変ですよね…(苦笑)

1ヶ月前 No.553

志野 @sinomon10 ★zoWDbe5fkc_yoD

とあるシリーズの録画を見ました。何しろ1年も放っておいたからね。

貿易による利益のために、グローバル企業を斡旋した国家。
そしてその利益を得ることで国への忠誠を確認したナショナリズム。
金融業によって利益を上げた人々が神への罪悪感から寄付をしたりや芸術を支援したりしたルネサンス。
そしてパトロンから支援され続けるために、自分の描きたい絵と受注との間に揺れ動いた画家たち。
そう考えていくと、なかなかにドロドロしたものが経済というか貨幣と共に蠢いていたのだなぁと思う。
用途は少し違うが、血で血を洗うようなそんなカオスを想像してしまった。
貨幣経済が欲望とともにあったというのも1つの面からの見方ではあるが、なかなかに興味深い。

1ヶ月前 No.554

志野 @sinomon10 ★zoWDbe5fkc_yoD

ADSLから光に変えた瞬間から繋がらなくなった。
快適にインターネットを利用していたADSLの頃が懐かしい。
こうなるとフレッツ光(笑)と言われてもおかしくないなぁと思う。
繋がりやすさ云々と言っていた頃はすでに過ぎ去ってしまったようだ。
個人的にはNTTの口車に乗せられて、まんまとだまされてしまったという感が強い。
…NTTはそんな状況を変えられるのだろうか…。

1ヶ月前 No.555

志野 @sinomon10 ★zoWDbe5fkc_yoD

ヘルパーとして来る人にもスキルの差はあるのだとは思う。
ただ、家に来ているのはどうやら力不足としか思えない。
食べたいものを書いておいてくれると助かると言ったので、書いておいたら、作っていない。
そして祖母が食べようが食べまいが食事の体裁のものを作れば時間だと言って去ってしまう。
はっきり言って、ただのかかしですな(笑)
こういう無能な人に当たると苦労するねぇ。
何故だろう、ヘルパーに入ってもらった方が私の苦労が増えた気がする。
来月からは断るのは間違いないですが、大変でした。

1ヶ月前 No.556

志野 @sinomon10 ★zoWDbe5fkc_yoD

志村・谷山予想を提唱した志村五郎氏が亡くなったとのニュースを見た。
志村・谷山予想といえば、フェルマーの最終定理の中核であり、アンドリュー・ワイルズ氏がこの予想を証明することにより、フェルマーの最終定理の解決に至ったとされる。
もっとも、もう1人の谷山豊氏はすでに自殺により命を絶っているため、偉大な予想を提唱した2人がこれで亡くなったことになる。
数学界としては、偉大な数学者の1人を失ったことにより、大きな損失とも言えるだろうね。
とは言え、いくら優秀な人物といえど、時間の流れに勝つことはできない。仕方のないことといえば仕方のないことなのだろう。
ご冥福をお祈り申し上げます。

19日前 No.557

志野 @sinomon10 ★zoWDbe5fkc_yoD

調子悪い…。風邪ですね。きっと。
熱は測ってないので分かりませんが。
まあ、熱を測るなんて行為、意味ないですからね。
熱があろうがなかろうが家事をしないといけないのは変わりないので。
そういうときこそ介護にヘルパーに来てもらうといいのにとよく聞きますが、あれもダメだね…。
結局仕事なので時間式ですから、きちんと食事をとったかどうかまでは見ないで、時間になれば帰ってしまう。
食事さえ作れば後は野となれ山となれという感じで、ほとんど食べてなくても我関せずなんですね。
事実、4月にそういうことがあって祖母は弱るし、私の時間配分は乱されるしで最悪でしたから。
例えばそれで行き着くところまで行けば、年のせいで済まされる。
祖母もヘルパーは嫌悪しているし、だからといってケアマネを通して改善する姿もなさそうである。
どんなに綺麗事が御託を並べても、これが介護の現場なんですよね。
それを知ってか知らずか、世間は上辺だけの取り組みを流そうとする。
いろいろなものが現場と情報では乖離して、そこにいかんともしがたい壁だけが乱立することになるんですよね。

6日前 No.558
切替: メイン記事(558) サブ記事 (790) ページ: 1 2 3 4 5 6 7

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…感想・コメントはこの記事ではなく、サブ記事に書き込んでください。