Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(1816) >>

ドラえもんを育てようww

 ( お笑い・コメディ投稿城 )
- アクセス(4143) - いいね!(79)

しっぽ ★3PMZCcWRGw6

言葉遊び板にこのスレ作ってイタチしてしまったので、

ここに作り直しました(><;)すみませんでしたっ




1レスごとに一歳ずつ年をとる!!!

笑える育て方をしましょう!!

例・『1歳 とりあえず耳が退化する。。。』

  『2歳 歩き始める。歩くのが好きなようだ。』
  
  『3歳 歩きすぎて足がすりへり、短足になった・・・。』   

などなど(^^*)

ではまず・・・。

0歳 ドラえもん誕生☆

2008/07/23 18:25 No.0
メモ2011/07/29 00:51 : 麒麟★ZAWOAH6n4q_77F

口論などをすると

歳を取らせることができなくなります。

気付いた方は歳をフォローしてください。


このスレッドには、ジャイアンの他にも「剛田武」と云う名前の人物が居ます( >>1192 参照)。


ドラえもんの誕生日は9月3日。前のスレが‘去年’の出来事であるとは限りません。

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19


 
 
↑前のページ (1766件) | 最新ページ

偽りのKさん ★3DS=xiyfC5lAav

1767歳
ドラえもんは大量の芋をゴンスケに渡した。
ゴンスケ「バッキャロー!!」
何故か怒鳴られてしまった。
ドラえもん「え…どうしてなんだい?」

ゴンスケ「オラは芋は嫌いじゃ!芋を掘るのが好きなんだ!!」

ドラえもん「……ゴメン…」

一方スネオはジャイアン達と別れていた。
スネオ「いやあ楽しかったなぁ」
スネオが歩いていると、前に謎の男が現れた。

4年前 No.1767

なすの ★b2lQynG5ky_Xty

1768歳

スネオが出会った謎の男というのはスネオが小学校のころに「きこりの泉」というドラえもんの道具から現れた「きれいなジャイアン」であった。

スネオ「きれいなジャイアン、久しぶりだなぁ。」

きれいなジャイアン「ほんとに久しぶりだなぁ。今仕事は何やってるんだい?」

スネオ「見ての通りのボーカロイドさ、そっちは?」

きれいなジャイアン(以下KGと略)「奇遇だなぁ!!僕も歌手をしてるんだよ。人気アイドルグループ『山風』でギターの「KG」という名前で活動中さ。」

スネオ「へぇっ、あの『山風』!!出世したじゃないか!!」

KG「スターってのはなかなかつらいもんだよ。まぁお互い頑張ろう!!」

スネオ「ああ!!」

スネオはKGから勇気をもらったような気がした。

そのころゴンスケにフラれたショックからドラえもんは海に向かって泣いていた。

泣きじゃくった結果、ボディは錆び、声も高見山のような最悪の声になってしまった。

4年前 No.1768

ニャーすけ ★TpTq5PlgmZ_Zos

 1769歳

 錆びだらけになったドラえもんは、重い体を押してロボット工場を目指していた。しかし、体が上手く動かなかった。

 そんな時何故か、とある鉄道車両を修理したり、塗装変更したりする工場の近くに来た。

 ドラえもん「ううう、ロボット工場まで持ちそうにない。ここで応急処置をしてもらおう。」

 そこでは今、海辺を走るローカル線のステンレスカーが、どれ位塩害に強いかテストしていた。

 ドラえもん「ううう、ここであのステンレスカーに塗られる色と同じでも良いから、塗ってもらわないといずれ動けなくなる。」

 そうしてドラえもんは、入口のインタホンを押した。

 工場の職員「はい?ご用件は?」

 ドラえもん「ボクの体に、何でも良いから色を塗ってくれぇ?」

 工場の職員「うーん(本当は許されないが。)うちは鉄道車両専門なのでそれ用の塗料しかないけど、それで良ければ、それ位なら今回だけやりましょう。」

 ドラえもん「ありがとう。」

 こうして、ドラえもんは鉄道用の塗料を塗ってもらい、油までさしてもらった。塗料の色は濃い朱色だった。

 ドラえもん「朱色の体は、ミニドラになった気分だ。」

 こうして、ドラえもんは再びロボット工場を目指した。

4年前 No.1769

なすの ★b2lQynG5ky_jJA

1770歳

ドラえもんは何とかロボット工場にたどり着いた。

ドラえもん「ヒィハァ!!何とかたどり着いたぞ!!すみませーん!!」

???「んだ、おめえ何もんだ?」

ドラえもん「僕はドラえもんです。何とかロボット工場にたどり着きました。早く直してください!!ってゴンスケか!!」

ゴンスケ「そうだ。この工場は数年前に閉鎖されて今は芋栽培工場に変わっちまっただ。」

ドラえもん「そんなぁ〜、それじゃあ僕の今までの苦労は〜(泣)!!」

ゴンスケ「そんなに助かりたかったら、札幌に行くといいだ。あそこはどんなロボットでもたちどころに直してしまうスーパー技術者がいるそうだ。」

ドラえもん「解った。札幌に行ってみる。」

こうしてドラえもんは全通したばかりの北海道新幹線で一路札幌を目指した。

一方、スネオは初音ミクの許可を取って「ホッネホネにしてあげる」をリリースしていた。

4年前 No.1770

ニャーすけ ★TpTq5PlgmZ_Zos

 1771歳

 ドラえもんは、札幌へやって来た。そして、ゴンスケの言っていたスーパー技術者に会う事が出来た。彼は明るくドラえもんを出迎えた。

 技術者「遠路はるばるようこそ札幌へ!」

 彼は、ドラえもんが観光に来たものと思っていた。それは、彼の趣味が北海道の観光案内だったからだ。

 ドラえもん「あなたがスーパー技術者さんですね?お忙しい所大変恐縮ではありますが、ボクのこの錆びた体を修理しては頂けませんか?」

 技術者「おぉ、修理の依頼だったのか?じゃあ、早速工場へ。ただ、うちで修理するという事は、北海道仕様に改造する事を意味します。代金が余計にかかりますがそれでも良いですか?」

 ドラえもん「おいくらくらいですか?」

 技術者「相場の4倍位。」

 ドラえもん「えええーそんなに?」

 技術者「はい、北海道仕様という事は、それだけ頑丈な作りにするので、どうしてもそうなります。」

 ドラえもん「仕方が無い。お願いします!」

 技術者「では、やりましょう。」

 こうして、ドラえもんの修理は完了した。しかし今更ながらドラえもんは、自分の手持ち金が帰りの交通費しかない事に気付いた。

 技術者は、のび太に修理代を請求しようとしたが、ドラえもんは彼を止めた。のび太の幸せをぶち壊したくはなかったし、基本的にこの掲示板の登場人物達は、決して頼りになる存在ではないのだ。

 ドラえもん「のび太君には言わないでぇ〜(泣)!ボクがこの北海道で働いてそのお金を払うから。」

 技術者「じゃあ、働いて来い!!」

 こうしてドラえもんは、何故か札幌市某所の区役所で、千早 恵という女性の下で働く事になったのである。

4年前 No.1771

偽りのKさん ★mfAzatWYI0_f6y

1772歳
「ほっねほねにしてあげる」は「みっくみくにしてあげる」の一部の歌詞を変えただけだった為、
ファンから怒りの声が上がった。
スネオは反省を生かして完全オリジナル曲「すねちゃまイケメン」というナルシ歌をリリースした。

一方千早 恵は血が大の苦手、そのためドラえもんの朱色のボディーを見ただけで気分が悪くなり、
働かずに止めさせられた。

そしてドラえもんは自分の色を初期カラーの黄色にし、新しい職場を探した。

4年前 No.1772

ニャーすけ ★TpTq5PlgmZ_Zos

 1773歳

 結局、ドラえもんは自分を修理した、技術者の下で働いて、修理代を返済する事となる。そこへ来たお客達からは「その黄色い体が懐かしい。」と言われた。

4年前 No.1773

偽りのKさん ★3DS=xiyfC5lAav

1774歳
修理代を全額返済したドラえもんはとりあえず家に帰る事にした。

帰る途中、顔が歪んでピクピクしているスネオが落ちてた。

どうやらあのナルシ歌が相当キモかったため、色々な人からフルボッコされたのだろう。

4年前 No.1774

ニャーすけ ★TpTq5PlgmZ_Zos

 1775歳

 ドラえもんは、北海道から上野へ帰る夜行列車の中で、フルボッコにされたスネオを看病していた。

 ドラえもん「スネオ・・・・可哀想になぁ・・・・観客の奴、何もボコボコにする事はないのに、警察は動かなかったのかなぁ?」

 列車は、出来る限り速度を出し、上野へ向けて突っ走った。

4年前 No.1775

なすの ★DOCOMO=v0OGGo0S77

1776歳

ドラえもんはのび太の家に帰ってきた。

するとのび太はキーボードを壊しては組み立てる生活を送っていた。

ドラえもん「君はなんでキーボードを壊しては組み立てるようになったの?」

のび太「いや、ドイツ人の『師匠』がやっていたから・・・。」

ドラえもんは、その『師匠(つまりはキーボードクラッシャー)』に会いに、はるばるドイツを訪ねた。

4年前 No.1776

偽りのKさん ★3DS=xiyfC5lAav

1777歳
キーボードクラッシャーからどんなにキーボードをめちゃくちゃにしても
次の瞬間には何もなかったかの様に完全に直す能力も教わりたかった。

のび太「キーボードクラッシャーさ………」
キーボードクラッシャー「フォアアアアアァア!!」

またゲームに失敗したのか、キーボードを破壊してた。

しかし次の瞬間には完全に直っていた。
のび太「これは…すごい!」

のび太はキーボードクラッシャーに弟子入りした。

一方ドラえもんはジェンガにはまっていた。

4年前 No.1777

ニャーすけ ★TpTq5PlgmZ_Zos

 1778歳

 キーボードクラッシャーに弟子入りしたのび太は、パソコンの修理がとても上手くなり『第二の神戸ひとし』と呼ばれるまでになった。

 一方、ジェンガにはまっていたドラえもんは、やる事なす事上手く行かず荒れていた。

 ドラえもん「ちきしょう、ちきしょう、ちきしょう!!!!!ボクはここまで耄碌しちまったのか!!」

 スネオ「そんな事無いよ、このスレッドの来訪者達がドラえもんをこき使うから疲れるのは仕方が無いよ。さぁ、うちのママがラーメンを作ったから、一緒に食べよう?それで早く休もう?」

4年前 No.1778

偽りのKさん @ituwarinok ★mfAzatWYI0_f6y

1779歳
ドラえもんはその事が悔しくてジェンガの血のにじむような特訓をし、
遂にジェンガのプロとなった

一方…
キーボードクラッシャー「おめでとう、よく頑張った、これで俺が教えることは何もない…
        のび太はこれよりキーボードクラッシャー2世だ!」
のび太「ありがとうございます!!」

こうしてのび太は師匠直々に2代目の称号を得る事が出来た。

のび太は目標が達成できたため日本に帰国した。

4年前 No.1779

なすの ★DOCOMO=v0OGGo0S77

1780歳

のび太はとある敵と戦っていた。それはキボクラ師匠の天敵であったムスカウイルスとドナルドウイルスとアクセラレーターウイルスという、自称「最強の三悪ウイルス」であった。

のび太「ウ〜ン、こんな奴らを相手にしてたら師匠もキレるわな。」

そんなわけでこの3タイプのウイルス対策ソフトとして、「遊戯」の開発にいたるのであった。

その頃、ドラえもんの所に、イギリスのジェンガの貴公子といわれていたニアがはるばる訪ねてきた。

ニア「君がドラえもんですね。挑戦してもらえますか?」

ドラえもん「望むところだ!!」

4年前 No.1780

偽りのKさん @ituwarinok ★3DS=xiyfC5lAav

1781歳
のび太の開発したウィルスバスターによって
ムスカウィルスとアクセラレータウィルスは撃退できたが、
ドナルドウィルスだけがどうしても撃退できずに困っていた。

ドラえもんはニアの挑戦状を受け取った。
その内容は一つのの重さが10トンのブロックでジェンガを行うものだった

しかしドラえもんは100万馬力のため楽々こなしていく

4年前 No.1781

ニャーすけ ★TpTq5PlgmZ_Zos

 1782歳

 ところが、ドラえもんは友達用のロボットの為、どんなに重いジェンガをやっても100万馬力の力は付かなかった。

 ドラえもん「畜生!こうなったら、ロボット工場で改造してもらおう。」

 スネオ「そんな!重機じゃないんだから、力を付けても危険なだけだ。ドラえもんが力持ちになったら、ボク達は近付けないじゃないか!!」

 スネオのママ「そうザマス!!!!!!あんたは友達用ロボットなのよ?なのにそんな力をつけたら、友達ではなくなってしまうザマス!」

 ドラえもん「ううう・・・・。」

 スネオ「どこかにドナルドウィルスを倒してくれる人が居る筈だよ。その人を探してみよう?」

 ドラえもん「うん。」

 そこへ、ドラえ見がやって来た。

 ドラミ「お兄ちゃん!!私が、その人を探して来るわ!!!!!!だから、ちょっと待っててね。」

 そう言ってドラミは、また外出して行った。

3年前 No.1782

ひかり ★DSi=UXensy3UZH

1774歳 ドラえもんは新大阪行き新幹線の中でジャイアンに絡まれ ドラえもんは、ジャイアンを殺し ドラえもんは、名古屋の警察署にいた。

3年前 No.1783

ニャーすけ ★TpTq5PlgmZ_Zos

 1775歳

 刑務所の中でドラえもんは、どら焼きが食べたくて仕方がなかったが、出て来る食事はそれとはほど遠いものだった為、ついに拒食症になってしまった!!

 日に日に痩せて行くドラえもん。それを見兼ねた警察官は、カツ丼を差し出したがドラえもんはなかなか手をつけなかった。

3年前 No.1784

ニャーすけ ★TpTq5PlgmZ_Zos

 先ほどの >>1784 の書き込みで1775歳とありましたが、正しくは1784歳でした。どうもすみませんでした。

 なので、次の書き込みは1785歳でお願い致します。

3年前 No.1785

ニャーすけ ★TpTq5PlgmZ_Zos

 1785歳

 刑務所の中で、すっかり弱ってしまったドラえもん。

 ドラえもん「ああ、どら焼きが食べたい、どら焼きが食べたい、餡子が、餡子が、小豆が。」

 そんな時、何故かアンパンマンが、牢屋の鉄格子を突き破って入って来た!

 アンパンマン「アーンパーンチ!!ガシャーン!!!!」

 ドラえもんは、アンパンマンの頭に、しかも一言も断らずにかじり付き、それを半分以上食べてしまった。

 ドラえもん「久しぶりの餡子だ。」

 そのせいで、アンパンマンの頭はまるで三日月のようになってしまった。

 アンパンマン「こんなにたくさん食べてくれる人は何十年振りだろう?しかし、今の飽食の時代に珍しいな。」

 ドラえもん「どら焼きをしばらく食べていないものでね。」

 アンパンマン「刑務所では、そんなに酷い料理が出るのかい?」

 ドラえもん「・・・・。」

 そんな時、警官が食事を持ってやって来た。

 警官「あああー!アンパンマンがうちの囚人にアンパンを恵んでる!!なんて事だ。」

 アンパンマン「おや、今の時代は刑務所でもまともな食事が出るんだな。」

 ドラえもん「臭い飯なんて、昔の話だよ(?)。」

 警察官の立つ瀬が無くなってしまった。

3年前 No.1786

ニャーすけ ★TpTq5PlgmZ_Zos

 度々すみません。 >>1786 で『1785歳』とありますが、『1786歳』の間違いでした。なので、次の書き込みは、『1788歳』でお願い致します。

3年前 No.1787

なすの ★DOCOMO=v0OGGo0S77

1788歳

脱獄したドラえもんだったが、アンパンマンの密告により再びされてしまう。

その頃、ジャイアンこと出来杉武子の夫である出来杉英才は、なぜかドラえもんの弁護を務めたいと言い出した。

3年前 No.1788

ニャーすけ ★TpTq5PlgmZ_Zos

 1789歳

 ドラえもんの弁護にあたった出来杉英才弁護士は、 >>1783 における新大阪行き新幹線の中での事で、ドラえもんがジャイアンに絡まれた事についてこう考えた。

 出来杉英才「つまり事件当時、先にジャイアンがドラえもんに絡んだ。だからドラえもんは自分が殺されると思いこみジャイアンを殺してしまった。しかし、これでは正当防衛にはならない。」

 ドラえもん「あのぅ、先生?ボクの罪は軽く出来るんでしょうか?殺してしまったので、難しいのだとは思いますが。」

 出来杉英才「任せて下さい!!!!!!あの時、ドラえもんさんは、ジャイアンに絡まれてそんなに怖かったんですか?」

 ドラえもん「はい!!もう、この世の終わりのような、そんな恐怖感でした。」

 出来杉英才「しかし何故、そこまで怖いと思ったんですか?」

 ドラえもん「ジャイアンの奴は、他にも暴力事件や強奪事件を数え切れないほど沢山起こしているので、また何かされるとボクは思ったのです。」

 出来杉英才「なるほどねぇ・・・・・・。」

 話し合いは長時間に及んだ。

3年前 No.1789

なすの ★DOCOMO=v0OGGo0S77

1790歳

ドラえもんが裁判を受けているちょうどその頃・・・、

のび太はドナルドウイルス退治に躍起になっていた。

そんなのび太のまえに、「我こそは修羅パンツ二世だ!!」といいだした人物がいた、その人物とは・・・!!

3年前 No.1790

ニャーすけ ★TpTq5PlgmZ_Zos

 1791歳

 のび太の前に現れた『修羅パンツ二世』とは、何とのび太の息子『ノビスケ』だった。

 ノビスケ「パパ、ドナルドウイルスの退治ボクにやらせてよ?最近、ママがボクがインターネットをするのを邪魔するんだ!!だからボクはパソコンの腕が鈍りそうで。」

 のび太「じゃあ、2人で手を組まないか?」

 ノビスケ「OK。」

 こうして、2人はコンビを組んだ。

 同じ頃、ドラえもんは裁判で無罪判決となっていた。正当防衛が成立して、釈放されたのだ!そこへアンパンマンがやって来て何故かこんな事を言った。

 アンパンマン「君があの時食べ残したボクの顔( >>1786 参照)最後まで食べてくれよ!!!!!」

 ドラえもん「丁度良かった!餡子が凄く食べたかったんだ。」

 こうしてドラえもんはアンパンマンの顔を全部食べた。

 アンパンマン「ジャムおじさん?ボクの新しい顔を。」

 そしてアンパンマンは新しい顔を取り付けた。

 アンパンマン「じゃあ、これからも困った事があったらいつでも呼んでね?」

 ドラえもん「ご馳走様!!!!!」

 そして、ドラえもんは今更ながら名古屋での自分の用事を済ませる為に、市内へと入って行った。

3年前 No.1791

なすの ★DOCOMO=v0OGGo0S77

1792歳

ドラえもんは、ニアとのジェンガの再戦のため、名古屋で決着をつけに来たのであった。

そのルールというのが、幅1ミリのジェンガを虫眼鏡で見ながらやるというものであった。

これは細かい作業が好きなニアの勝ちだろうと思われたが・・・!!

ドラえもん「スモールライト!!」

小さくなったドラえもんはあっさりとニアを倒した。

ニア「なるほど、マシンを使ってはいけないというルールを作るのを忘れました。流石はMr.ドラえもん。でも次は負けませんよ!!」

こうしてニアとドラえもんは4年後のドイツでの再戦を約束してわかれた。

その頃、静は悩んでいた。夫ののび太は興奮するとキーボードを壊しまくるし、息子のノビスケは怒るとパンイチで暴れるからであった。

3年前 No.1792

ニャーすけ ★TpTq5PlgmZ_Zos

 1793歳

 名古屋での用事を終えて帰京したドラえもん。野比家に帰ると静香が居ない!!そこではノビスケが凹んだ状態でパンイチのままで座り込んでいた。一方のび太の興奮状態は変わらなかった。

 ドラえもん「静香ちゃんは?」

 ノビスケ「しばらく実家に帰るって言ってたよ。」

 ドラえもん「ま、まさか!!」

 ノビスケ「いや、離婚じゃないから安心して。」

 ドラえもん「静香ちゃんには、のび太君の破壊行為は仕事なんだと解らせないと!!」

 こうして、ドラえもんは静香の実家源家に行った。

3年前 No.1793

HAPPY*´`*STORM ★e0BnGYHEsl_EP8

そしてドラえもんは、静香の実家源家へ行った。

「ぴんぽーん♪」
「はぁい」
「静香ちゃん、居ますか?」
「あ…居るには居るんだけどね…」
「?」

家の中を覗くと、そこには!
焼き芋を食べ過ぎて、ぶくぶくに太っている静香が─。

3年前 No.1794

HAPPY*´`*STORM ★e0BnGYHEsl_EP8

1793歳

 名古屋での用事を終えて帰京したドラえもん。野比家に帰ると静香が居ない!!そこではノビスケが凹んだ状態でパンイチのままで座り込んでいた。一方のび太の興奮状態は変わらなかった。

 ドラえもん「静香ちゃんは?」

 ノビスケ「しばらく実家に帰るって言ってたよ。」

3年前 No.1795

HAPPY*´`*STORM ★e0BnGYHEsl_EP8

〜1794歳〜
そしてドラえもんは、静香の実家源家へ行った。
「ぴんぽーん♪」
「はぁい」
「静香ちゃん、居ますか?」
「あ…居るには居るんだけどね…」
「?」
家の中を覗いてみると、なんとそこには─!

3年前 No.1796

HAPPY*´`*STORM ★e0BnGYHEsl_EP8

ニャーすけさん、もう来ないんですかー?

3年前 No.1797

ニャーすけ ★TpTq5PlgmZ_Zos

 1797歳(年齢を調整させて頂きます。)

 静香の実家源家へ行ったドラえもんは、ぶくぶくに太っている静香ちゃんを見て仰天した。

 静香「まぁドラちゃん、長い間留守にしてごめんなさいね?じゃあママ、もうお暇するわ。」

 静香のママ「まぁ、もっとゆっくりして行けばいいのに。」

 静香「ドラちゃんが迎えに来ちゃったから、ドッコイショ!!じゃあドラちゃん行きましょう。話は帰ったらゆっくり聞かせてもらうわ。」

 ドラえもん「じゃあ、行こうか。」

 帰宅後、ドラえもんは静香に今までの事を話した( >>1792>>1794 等を参照。)。

3年前 No.1798

ニャーすけ ★TpTq5PlgmZ_Zos

 すみません、先ほどの >>1798 の書き込みの冒頭に「1797歳」とありますが、これは「1798歳」の誤りです。なので、次の年齢は「1800歳」でお願致します。

 それから、HAPPY*´`*STORM さん。わざわざお呼び頂き有難う御座います。

3年前 No.1799

HAPPY*´`*STORM ★e0BnGYHEsl_EP8

〜1800歳〜
静香「まあ、そんな事が有ったのねっ!」」(←なんかすみませんm(_ _)m)

3年前 No.1800

HAPPY*´`*STORM ★e0BnGYHEsl_EP8

↑上のレス…なんか御免なさい!

3年前 No.1801

ニャーすけ ★TpTq5PlgmZ_Zos

 1802歳

 ドラえもんと静香は、のび太のキーボードを壊しまくる仕事と、ノビスケのパンイチで暴れる仕事を手伝うようになった。

3年前 No.1802

なすの ★b2lQynG5ky_mgE

1803歳

そしてドラえもんは原因を突き止める。

ドラえもん「なるほど、これが原因だったんだな!!」

それは、のび太とノビスケのパソコンに存在する、『ウイルス親衛隊』という存在であった。

3年前 No.1803

なすの ★b2lQynG5ky_mgE

1809歳

とある廃墟にて…

???「『ウイルス親衛隊』がのび太とノビスケのパソコンを荒らしているらしい…。」

???「え、あんなアマチュアのパソコンを荒らしてもいみねぇだろうが!!」

???「いっそのこと俺らが押し掛けて『ウイルス親衛隊』倒しちゃおうか!?」

???「オー、それナイスアイディア!!さっそく行こうぜ!!」

そのころ、ドラえもんが間借りしているのび太のパソコンの前で…。

ドラえもん「アー寝過ごした!!じゃまだバックアップCD!!ウイルスまみれだ!!ン、何かパソコンにいるぞ。」

ドナルド「ヤッホー!!ドラえもん。また破壊に来たよー!!」

ドラえもん「またお前か!?この悪質ハンバーガーウイルスめ!!これでもくらえ!!」

???「待てい、ドナルド!!ここは我らが相手だ!!」

ドナルド「ダニィ!?君たち何者だ!!」

炎の槍「炎の槍、1!!」

氷の槍「氷の槍、2!!」

雷の槍「雷の槍、3!!」

風の槍「風の槍、4!!」

闇の槍「闇の槍、5!!」

五本槍『5人そろって、五本槍!!さぁ来い!!』

ドラえもん「よく来てくれた五本槍のみんな、さぁドナルドを倒してくれ!!」

ドナルド「くそ〜!!1対6とは卑怯な!!ここはとりあえず退却だ!!」

ドラえもん「ここでトドメだ!!奥義『運動会プロテインパワー』!!」

ドナルド「ギャー」(デデーン)

ドラえもん「やったー、ドナルドウイルスを撃破したぞ、この調子だ!!」

こうして五本槍とドラえもんは、次々とウイルスを駆除していった。

3年前 No.1804

なすの ★Z1MeccG7Ef_nb8

1810歳

ドラえもんは思い出した。

ドラえもん「そうだ!!昔( >>1792 のころ)にニアとドイツで再戦する約束があったんだ!!ニアも怒っているだろうなぁ。」

こうしてドラえもんはドイツ行きの飛行機に乗った。

しかしその飛行機はハイジャックされてしまう。

だが、偶然乗り合わせていたケンシロウが相手を動かなくする秘孔を押して犯人は捕らえられた。

ドラえもん「ありがとうございます。」

ケンシロウ「いやいや、常識的なことをしたまでだ。ところでお前はドイツに何をしに?」

ドラえもん「いやぁ、ニアとジェンガの勝負をしに。」

ケンシロウ「偶然だなぁ。私もニアに用事があったんだ。」

ドラえもん「え?」

3年前 No.1805

ニャーすけ ★2TVv9ecVxJ_mgE

 1806歳

 年齢が狂って来てるので、ここで調整させて下さいませ。

 ドラえもんの、ニアとジェンガの勝負は、接戦だったが、苦戦の末ドラえもんが勝利した。

 ニア「流石ロボットだ!!以前、別のロボットとも勝負した事があったが、その時もオレはボロ負けしたもんな。」

 ドラえもん「ほめてくれて有難う!!ニアだって凄く強いじゃない?その強さなら、次にそのロボットと当たった時には勝てるんじゃない?」

 ニア「そう言って貰えると・・・・」

 そんな時、ケンシロウが話に割り込んできた。

 ケンシロウ「ニア!次はオレの用事だ!!早速行こうぜ?」

 ニア「そうだった。行こうか?」

 ドラえもん「ねぇ、ボクも御一緒させて貰っても良い?」

 ニア「良いよ。」

 ケンシロウ「でも何故?」

 ドラえもん「これから暇になるんだ。」

 ケンシロウ「解った。一緒に行こう?」

 こうしてドラえもんは、ケンシロウ・ニアと行動を共にする事になった。

3年前 No.1806

ニャーすけ ★2TVv9ecVxJ_mgE

 1807歳

 ドイツでの用事( >>1805>>1806 を参照。)を全て終えたドラえもんは、帰国した。

 野比家に帰ると、そこにはドラえもんそっくりのロボット『トラのもん』が居た。

 トラのもん「初めまして。ボク、トラのもん。今度出来た虎ノ門ヒルズのマスコットキャラです。どうぞよろしく!!」

 ドラえもん「こちらこそ、よろしく。」

 ノビスケ「ボク、トラのもんと友達になったんだ。」

 トラのもん「今度是非、虎ノ門ヒルズに来て下さい。」

 そう言って、トラのもんは虎ノ門ヒルズへ無料で入れる道具を置いて帰って行った。

 こうして、ドラえもん達の新しい生活が始まった。

3年前 No.1807

マスクド @polpolkun ★z2rc1t0Af6_KMC

1808歳
足が地につく年齢になった。

3年前 No.1808

ニャーすけ @nyaa ★2TVv9ecVxJ_mgE

 1809歳

 ドラえもんは去年( >>1808 )から、足が浮かなくなった為、近場に出掛けるのにも大きなエネルギーを必要とするようになった。なので、今まで以上に大食いになった。

 そして、ある日の朝食の時のび太が話しかけて来た。

 のび太「ドラえもん、最近燃費が悪くなったな?」

 ドラえもん「うん、近頃歩くのがおっくうになってね?」

 ドラえもんは、辛そうな顔をしながら食事をし続けた。

2年前 No.1809

荒裸死大帯メガトロン ★3DS=jUMvm6WoyM

1810 スカイツリーより巨大化する

2年前 No.1810

荒裸死大帯メガトロン ★3DS=jUMvm6WoyM

1811歳 ガンダムと勝負する

2年前 No.1811

荒裸死大帯メガトロン ★3DS=jUMvm6WoyM

1812歳 何故か勝った

2年前 No.1812

ニャーすけ @nyaa ★2TVv9ecVxJ_mgE

 1813歳

 いつの頃からか、ドラえもんは今までのどら焼きに加え、ラーメンが大好物になっていた。しかもその中でも一番好きなのが味噌ラーメンだ。

 ドラえもん「嗚呼、あの稚内はあれからどうなっただろう?」

 ドラえもんは、951歳( >>951 参照)の頃を思い出していた。

2年前 No.1813

ニャーすけ @nyaa ★2TVv9ecVxJ_mgE

 1814歳

 ある夜の事、夕飯のおかずが刺身だった。

 ドラえもん「赤いダイヤとはよく言ったものだ。」

 のび太「今度寿司を食いに行こう。」

 そして、次の休日。

 ドラえもん・のび太「うん、美味い!寿司を食うのも久々だなぁ。」

2年前 No.1814

ちび副駅長(旧 ニャーすけ) @nyaa ★2TVv9ecVxJ_yoD

 1815歳

 ある日、のび太がドラえもんに話しかけて来た。

 のび太「ねぇ、ドラえもん?最近は、稚内( >>951 )や帯広(十勝)には行かないのか?」

 ドラえもん「行かない。行きたいと思わなくなった。」

 のび太「何故?」

 ドラえもん「北海道は、交通が不便だろ?」

 のび太「秘密道具を使えば良いじゃないか?」

 ドラえもん「ばか。あの広い北海道を秘密道具だけで移動したら、バッテリーがすぐに上がっちゃうだろ?のび太君だって昔、スペシャル版なんかで、そう云う秘密道具のトラブルを何度か見て来てるじゃないか?!」

 のび太「そうか!」

 ドラえもん「ボクの秘密道具は、家の周りの狭い範囲内をちょっとだけ移動する事を前提に造られてる。」

 のび太「じゃあ、あのスペシャル版なんかでの使い方は、想定を超えていたのか!!?」

 ドラえもん「うん!!本来なら、あんな使い方ではすぐにボロボロになっちゃう。それをボクは何とか防ごうと、道道、道具類を念入りに整備していたんだ!」

 のび太「ごめんよぉ?無神経な質問して。」

 ドラえもん「別に良いのさ。」

6ヶ月前 No.1815

∂ DELL ∂ ★iPad=Jd7Fpahkzt

ドラえもん「ジャイアン、どうしたの?」
ジャイアン「ああ、ドラえもんか。」
ドラえもん「どうした?元気ないね。」
ジャイアン「俺、ちょっと誰にも話せない悩みがあって…」
ドラえもん「大丈夫、話してよ!」
ジャイアン「ああ。俺…。ジャイ子の本名知らないんだ…」
ドラえもん「あ…!確かに《ジャイ子》って言ってる…。」
ジャイアン「確かめよう!」

ジャイアン「おおい、ジャイ子」
ジャイ子「お兄ちゃん、どうしたの?」
ジャイアン「ジャイ子の下の名前って何??」

ジャイ子「えっ!!!」
ジャイ子「そういえば…」

知らない…!

1816歳ですね。

3ヶ月前 No.1816
ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19

 
 
レスが1816件あります。2000件を越えると記事が終了します。
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる