Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(15) >>

コンビニの店員さんとバトン♪

 ( バトン・100の質問 投稿掲示板 )
- アクセス(155) - いいね!(0)

(リル・ω・`) ★O7wXKbQKM9_Thk

初めてのバトン!
ぜひやってみてください!

コピーしてください↓

*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆
卍←店員1 ‡←店員2(出番少ないが)
Ω←あなた

あなたは小腹がすいたのでコンビニへデザートを買いに行く
ことに・・・
卍&‡「いらっしゃいませ〜」

Ω「」

あなたはアイスを買うことにしました
そして、レジに行きました

Ω「」

卍「ん、アイスですね」

Ω「」

あなたはほんとは150円のアイスがはんこの押し間違いで1500円になっているのを見つけました

Ω「」

卍「1500円です」

Ω「」

卍「え?違う?150円?1500円です!値札を見てください」

Ω「」

‡「あ、それはんこの押し間違い!ほんとは150円ですよ!」

Ω「」

卍「いーえ!1500円です!1・5・0・0・え・ん!」

Ω「」

‡「お客様!150円でいいですよ!」

Ω「」

卍「お客様!返却はできないんです!強盗になりますよ!!さ!1500円を!」

Ω「」

卍「あーもう!口答えせずに1500円出しなさい!!」手を大きく振る

Ω「」

‡はいつのまにか帰ってしまってました

Ω「」

卍「あの子怖かったのかしら。フッ」

Ω「」

卍「そんなこと言わずに早く出しなさい!!警察行きになるわよ!!」

Ω「」

卍「〜〜〜っ!!こいつ!!」

最後の一撃を!!→Ω「」

卍「くっっ!!!き・・・今日のとこは許してあげるわ!!」
卍は帰っていきました
そして、あなたは特別15円でアイスをゲットしました

Ω「」

END
感想を!Ω「」
*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★

初めてですので下手ですが
やってくれた方ありがとうございます!!

4年前 No.0
ページ: 1


 
 

彩香 ★iPad=N2bAcmeVE4



*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆
卍←店員1 ‡←店員2(出番少ないが)
Ω←あなた

あなたは小腹がすいたのでコンビニへデザートを買いに行く
ことに・・・
卍&‡「いらっしゃいませ〜」

Ω「あ。アイス・・・」

あなたはアイスを買うことにしました
そして、レジに行きました

Ω「アイスお願いしまーす」

卍「ん、アイスですね」

Ω「はい。」

あなたはほんとは150円のアイスがはんこの押し間違いで1500円になっているのを見つけました

Ω「あ・・・あのー・・・」

卍「1500円です」

Ω「150円デスよー」

卍「え?違う?150円?1500円です!値札を見てください」

Ω「ほら。」

‡「あ、それはんこの押し間違い!ほんとは150円ですよ!」

Ω「デスよね〜」

卍「いーえ!1500円です!1・5・0・0・え・ん!」

Ω「・・・」

‡「お客様!150円でいいですよ!」

Ω「んじゃ150円で。」

卍「お客様!返却はできないんです!強盗になりますよ!!さ!1500円を!」

Ω「はい!?」

卍「あーもう!口答えせずに1500円出しなさい!!」手を大きく振る

Ω「いうぴゃです・・・」

‡はいつのまにか帰ってしまってました

Ω「ああああ」

卍「あの子怖かったのかしら。フッ」

Ω「あぅー・・・」

卍「そんなこと言わずに早く出しなさい!!警察行きになるわよ!!」

Ω「もう」

卍「〜〜〜っ!!こいつ!!」

最後の一撃を!!→Ω「うるさぁぁぁぁぁぁぁぁい!」

卍「くっっ!!!き・・・今日のとこは許してあげるわ!!」
卍は帰っていきました
そして、あなたは特別15円でアイスをゲットしました

Ω「イェイ(^O^☆♪」

END
感想を!Ω「面白かった*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*」
*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★

4年前 No.1

ミーミ☆.rsCtiR0ByKf ★OaXdTlAIEq_KMC

*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆
卍←店員1 ‡←店員2(出番少ないが)
Ω←あなた

あなたは小腹がすいたのでコンビニへデザートを買いに行く
ことに・・・
卍&‡「いらっしゃいませ〜」

Ω「・・・こんにちゎ」

あなたはアイスを買うことにしました
そして、レジに行きました

Ω「これおねがい」

卍「ん、アイスですね」

Ω「どうみてもアイスでしょ」

あなたはほんとは150円のアイスがはんこの押し間違いで1500円になっているのを見つけました

Ω「え!」

卍「1500円です」

Ω「ちがいます」

卍「え?違う?150円?1500円です!値札を見てください」

Ω「はい」

‡「あ、それはんこの押し間違い!ほんとは150円ですよ!」

Ω「そーですか」

卍「いーえ!1500円です!1・5・0・0・え・ん!」

Ω「えー?」

‡「お客様!150円でいいですよ!」

Ω「そうですよね」

卍「お客様!返却はできないんです!強盗になりますよ!!さ!1500円を!」

Ω「なんですか」

卍「あーもう!口答えせずに1500円出しなさい!!」手を大きく振る

Ω「な・ん・で」

‡はいつのまにか帰ってしまってました

Ω「ちょとー」

卍「あの子怖かったのかしら。フッ」

Ω「ここサギじゃね」

卍「そんなこと言わずに早く出しなさい!!警察行きになるわよ!!」

Ω「あんたが警察いけば」

卍「〜〜〜っ!!こいつ!!」

最後の一撃を!!→Ω「おまえも強盗だよーぉ」

卍「くっっ!!!き・・・今日のとこは許してあげるわ!!」
卍は帰っていきました
そして、あなたは特別15円でアイスをゲットしました

Ω「ふーつかれた」

END
感想を!Ω「楽しかった」
*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★

4年前 No.2

MILE☆VCjB6o31xbHc ★eJxzuFcdsp_vvM

*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆
卍←店員1 ‡←店員2(出番少ないが)
Ω←あなた

あなたは小腹がすいたのでコンビニへデザートを買いに行く
ことに・・・
卍&‡「いらっしゃいませ〜」

Ω「ども」

あなたはアイスを買うことにしました
そして、レジに行きました

Ω「これ、お願いします」

卍「ん、アイスですね」

Ω「うん、見ればわかるでしょうよ」

あなたはほんとは150円のアイスがはんこの押し間違いで1500円になっているのを見つけました

Ω「あれ」

卍「1500円です」

Ω「違うでしょう。ハーゲン●ッツでも此処までの値段しないよ。150円でしょう」

卍「え?違う?150円?1500円です!値札を見てください」

Ω「何かの押し間違いでしょ。うん」

‡「あ、それはんこの押し間違い!ほんとは150円ですよ!」

Ω「ほら」

卍「いーえ!1500円です!1・5・0・0・え・ん!」

Ω「お前は馬鹿か」

‡「お客様!150円でいいですよ!」

Ω「ですよねー」

卍「お客様!返却はできないんです!強盗になりますよ!!さ!1500円を!」

Ω「店員失格だな」

卍「あーもう!口答えせずに1500円出しなさい!!」手を大きく振る

Ω「それで殴ったら、あんた確実にクビだね」

‡はいつのまにか帰ってしまってました

Ω「おーい」

卍「あの子怖かったのかしら。フッ」

Ω「ある意味ね」

卍「そんなこと言わずに早く出しなさい!!警察行きになるわよ!!」

Ω「それはあんたの間違いじゃないの?」

卍「〜〜〜っ!!こいつ!!」

最後の一撃を!!→Ω「ほんとの値段で売らないと…あんた、それがもし、ばれた時の事思ってみなさい?将来は期待できないよ」

卍「くっっ!!!き・・・今日のとこは許してあげるわ!!」
卍は帰っていきました
そして、あなたは特別15円でアイスをゲットしました

Ω「ふう」

END
感想を!Ω「おもろ」
*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★

4年前 No.3

石ころ。 ★8BCxmxahoW_thG

*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆
卍←店員1 ‡←店員2(出番少ないが)
Ω←あなた

あなたは小腹がすいたのでコンビニへデザートを買いに行く
ことに・・・
卍&‡「いらっしゃいませ〜」

Ω「(軽く会釈)」

あなたはアイスを買うことにしました
そして、レジに行きました

Ω「これくーださいっ。」

卍「ん、アイスですね」

Ω「おういえ\(^ω^)/」

あなたはほんとは150円のアイスがはんこの押し間違いで1500円になっているのを見つけました

Ω「う?」

卍「1500円です」

Ω「いやいやどう見てもおかしいでしょこれ。」

卍「え?違う?150円?1500円です!値札を見てください」

Ω「いや、だかr(」

‡「あ、それはんこの押し間違い!ほんとは150円ですよ!」

Ω「ちょ、喋ってる途中! ってか150円でいいなら150円で。」

卍「いーえ!1500円です!1・5・0・0・え・ん!」

Ω「あんたもかたくなに死守するね。1500円を。」

‡「お客様!150円でいいですよ!」

Ω「じゃ、150円〜。」

卍「お客様!返却はできないんです!強盗になりますよ!!さ!1500円を!」

Ω「いやいや、返却ってwwまだ金払ってないし^p^」

卍「あーもう!口答えせずに1500円出しなさい!!」手を大きく振る

Ω「五月蝿いよ!特に動きが!」

‡はいつのまにか帰ってしまってました

Ω「あれぇ〜?wwちょっとぉ〜!ww」

卍「あの子怖かったのかしら。フッ」

Ω「なんでそんな勝ち誇ってるんですかww」

卍「そんなこと言わずに早く出しなさい!!警察行きになるわよ!!」

Ω「いやいや。いい?聞いて?これね?ガ○ガ○君なのね?でね?この○リ○リ君てね?100円切ってるもんなんだよ。」

卍「〜〜〜っ!!こいつ!!」

最後の一撃を!!→Ω「あ、警察っすか?ちょっと商売に問題があるコンビニを見つけまして。」

卍「くっっ!!!き・・・今日のとこは許してあげるわ!!」
卍は帰っていきました
そして、あなたは特別15円でアイスをゲットしました

Ω「ケータイってベンリー\(^ω^)/脅しに使えるよ! やったねたえちゃん、アイスを買えt(おいやめろ」

END
感想を!Ω「面白かったです!www やりながら爆笑でしたwww」
*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★

4年前 No.4

REX ★dRtPcGqY53_FVZ

あなたは小腹がすいたのでコンビニへデザートを買いに行く
ことに・・・
卍&‡「いらっしゃいませ〜」

Ω「あっ、ただいまー」

あなたはアイスを買うことにしました
そして、レジに行きました

Ω「ねぇ、兄ちゃん、これ何円?」

卍「ん、アイスですね」

Ω「兄ちゃん、今日変だよ、敬語なんか使って」

あなたはほんとは150円のアイスがはんこの押し間違いで1500円になっているのを見つけました

Ω「まぁ、別にいっか」

卍「1500円です」

Ω「ちょ、ぼったくりじゃねぇか」

卍「え?違う?150円?1500円です!値札を見てください」

Ω「それだけ高いってことは高級アイスか」

‡「あ、それはんこの押し間違い!ほんとは150円ですよ!」

Ω「はっ?どっちだよ!」

卍「いーえ!1500円です!1・5・0・0・え・ん!」

Ω「兄ちゃん、そんなことすると母ちゃんに言い付けるぞ!」

‡「お客様!150円でいいですよ!」

Ω「母ちゃんに言いつけておこずかい下げてもらうぞ!」

卍「お客様!返却はできないんです!強盗になりますよ!!さ!1500円を!」

Ω「1500円分!!」

卍「あーもう!口答えせずに1500円出しなさい!!」手を大きく振る

Ω「やだって!そっちの店員さんだってほら・・・っていないし!」

‡はいつのまにか帰ってしまってました

Ω「ちょっ、他の店員いないのかよ!」

卍「あの子怖かったのかしら。フッ」

Ω「て、兄ちゃんオネエだったの!?ww」

卍「そんなこと言わずに早く出しなさい!!警察行きになるわよ!!」

Ω「兄ちゃんがいけー!」

卍「〜〜〜っ!!こいつ!!」

最後の一撃を!!→Ω「あっ、警察ですか?あのうちの兄ちゃnいやコンビ二のオネエ店員がね、今問題を起こしてまして・・・、あぁ、今来るんですね。じゃあ逮捕を・・・、ほぉ、ほぉ、懲役10年以上と・・・、じゃあお願いしますね。(ププッww」

卍「くっっ!!!き・・・今日のとこは許してあげるわ!!」
卍は帰っていきました
そして、あなたは特別15円でアイスをゲットしました

Ω「そういや俺、兄ちゃんいねえわw」

END
感想を!Ω「とても面白かったです!」
*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★

4年前 No.5

ざき ★U5ltmAPckB_WLJ

*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆
卍←店員1 ‡←店員2(出番少ないが)
Ω←あなた

あなたは小腹がすいたのでコンビニへデザートを買いに行く
ことに・・・
卍&‡「いらっしゃいませ〜」

Ω「・・・」

あなたはアイスを買うことにしました
そして、レジに行きました

Ω「あ、これ・・・」

卍「ん、アイスですね」

Ω「はぃ・・・」

あなたはほんとは150円のアイスがはんこの押し間違いで1500円になっているのを見つけました

Ω「・・・」

卍「1500円です」

Ω「え・・・」

卍「え?違う?150円?1500円です!値札を見てください」

Ω「え、いや、あの・・・」

‡「あ、それはんこの押し間違い!ほんとは150円ですよ!」

Ω「あ、はぃ」

卍「いーえ!1500円です!1・5・0・0・え・ん!」

Ω「えと・・・」

‡「お客様!150円でいいですよ!」

Ω「あ、はぃ」

卍「お客様!返却はできないんです!強盗になりますよ!!さ!1500円を!」

Ω「え、えぇー・・・」

卍「あーもう!口答えせずに1500円出しなさい!!」手を大きく振る

Ω「ひぅっ・・・」

‡はいつのまにか帰ってしまってました

Ω「え・・・」

卍「あの子怖かったのかしら。フッ」

Ω「あの・・・」

卍「そんなこと言わずに早く出しなさい!!警察行きになるわよ!!」

Ω「うぅ・・・」

卍「〜〜〜っ!!こいつ!!」

最後の一撃を!!→Ω「い・・・いやだぁ」

卍「くっっ!!!き・・・今日のとこは許してあげるわ!!」
卍は帰っていきました
そして、あなたは特別15円でアイスをゲットしました

Ω「やったぁ」

END
感想を!Ω「おもしろかった(*´∀`*)」
*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★

4年前 No.6

華愛 ★XAOLhTBoYW_KMC


*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆
卍←店員1 ‡←店員2(出番少ないが)
Ω←あなた

あなたは小腹がすいたのでコンビニへデザートを買いに行く
ことに・・・
卍&‡「いらっしゃいませ〜」

Ω「ふぅ。。」

あなたはアイスを買うことにしました
そして、レジに行きました

Ω「アイス下さい。」

卍「ん、アイスですね」

Ω「へい。」

あなたはほんとは150円のアイスがはんこの押し間違いで1500円になっているのを見つけました

Ω「んっ??」

卍「1500円です」

Ω「違いますよ!150円です!」

卍「え?違う?150円?1500円です!値札を見てください」

Ω「値段。。」

‡「あ、それはんこの押し間違い!ほんとは150円ですよ!」

Ω「でしょ!」

卍「いーえ!1500円です!1・5・0・0・え・ん!」

Ω「なに言いはってんの」

‡「お客様!150円でいいですよ!」

Ω「そんなこと最初からわかってますよw」

卍「お客様!返却はできないんです!強盗になりますよ!!さ!1500円を!」

Ω「こーら!」

卍「あーもう!口答えせずに1500円出しなさい!!」手を大きく振る

Ω「わっ」

‡はいつのまにか帰ってしまってました

Ω「あれ?」

卍「あの子怖かったのかしら。フッ」

Ω「くsっ」

卍「そんなこと言わずに早く出しなさい!!警察行きになるわよ!!」

Ω「あれ?女だったの?」

卍「〜〜〜っ!!こいつ!!」

最後の一撃を!!→Ω「あなた方が悪いんですょ?被害届だしましょか?」

卍「くっっ!!!き・・・今日のとこは許してあげるわ!!」
卍は帰っていきました
そして、あなたは特別15円でアイスをゲットしました

Ω「やっほっほ〜い」

END
感想を!Ω「初めてなのに上手ですね。」
*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★

初めてですので下手ですが
やってくれた方ありがとうございます!!

4年前 No.7

寿梨菜、 @serikinu78☆r7jzssF0jAfw ★qYSeM3n7in_Akl

*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆
卍←店員1 ‡←店員2(出番少ないが)
Ω←あなた

あなたは小腹がすいたのでコンビニへデザートを買いに行く
ことに・・・
卍&‡「いらっしゃいませ〜」

Ω「あーいーすー」

あなたはアイスを買うことにしました
そして、レジに行きました

Ω「・・・」

卍「ん、アイスですね」

Ω「・・・」

あなたはほんとは150円のアイスがはんこの押し間違いで1500円になっているのを見つけました

Ω「・・・」

卍「1500円です」

Ω「は!? 150円だろ!?」

卍「え?違う?150円?1500円です!値札を見てください」

Ω「そうだけどww」

‡「あ、それはんこの押し間違い!ほんとは150円ですよ!」

Ω「そうだよ! お兄さんわかってるねぇww(^ω^)」

卍「いーえ!1500円です!1・5・0・0・え・ん!」

Ω「なッ」

‡「お客様!150円でいいですよ!」

Ω「ありがとう!」

卍「お客様!返却はできないんです!強盗になりますよ!!さ!1500円を!」

Ω「なんだとおおおおおお」

卍「あーもう!口答えせずに1500円出しなさい!!」手を大きく振る

Ω「子供が持ってるか!馬鹿」

‡はいつのまにか帰ってしまってました

Ω「ちょッ ああああ」

卍「あの子怖かったのかしら。フッ」

Ω「www」

卍「そんなこと言わずに早く出しなさい!!警察行きになるわよ!!」

Ω「お前だろッ 警察行きは!」

卍「〜〜〜っ!!こいつ!!」

最後の一撃を!!→Ω「こっちのセリフだわあああああ!」

卍「くっっ!!!き・・・今日のとこは許してあげるわ!!」
卍は帰っていきました
そして、あなたは特別15円でアイスをゲットしました

Ω「15円・・・ww」

END
感想を!Ω「www」
*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★

4年前 No.8

遥希 和 輝 ★DpfHEz1oOz_nXr

*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆
卍←店員1 ‡←店員2(出番少ないが)
Ω←あなた

あなたは小腹がすいたのでコンビニへデザートを買いに行く
ことに・・・
卍&‡「いらっしゃいませ〜」

Ω「・・・・」

あなたはアイスを買うことにしました
そして、レジに行きました

Ω「お願いします」

卍「ん、アイスですね」

Ω「ハイ」

あなたはほんとは150円のアイスがはんこの押し間違いで1500円になっているのを見つけました

Ω「?」

卍「1500円です」

Ω「アイスがそんな高いわけないだろ?」

卍「え?違う?150円?1500円です!値札を見てください」

Ω「は?」

‡「あ、それはんこの押し間違い!ほんとは150円ですよ!」

Ω「だろ?」

卍「いーえ!1500円です!1・5・0・0・え・ん!」

Ω「いい加減にしろ!」

‡「お客様!150円でいいですよ!」

Ω「ハイ!」

卍「お客様!返却はできないんです!強盗になりますよ!!さ!1500円を!」

Ω「うるさい」

卍「あーもう!口答えせずに1500円出しなさい!!」手を大きく振る

Ω「やめろよ!」

‡はいつのまにか帰ってしまってました

Ω「チッ」

卍「あの子怖かったのかしら。フッ」

Ω「ハ?」

卍「そんなこと言わずに早く出しなさい!!警察行きになるわよ!!」

Ω「どうでもいいよ」

卍「〜〜〜っ!!こいつ!!」

最後の一撃を!!→Ω「サッサッと150円って言えよ!ホラ!!」
卍「くっっ!!!き・・・今日のとこは許してあげるわ!!」
卍は帰っていきました
そして、あなたは特別15円でアイスをゲットしました

Ω「(ニヤ」

END
感想を!Ω「楽しかったぜ」

4年前 No.9

ジルライラ ★vjJLnhL5gw_Hu5

*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆
卍←店員1 ‡←店員2(出番少ないが)
Ω←あなた

あなたは小腹がすいたのでコンビニへデザートを買いに行く
ことに・・・
卍&‡「いらっしゃいませ〜」

Ω「私がいらっしゃったわよ〜」

あなたはアイスを買うことにしました
そして、レジに行きました

Ω「・・・。(冷たい目線)」

卍「ん、アイスですね」

Ω「そうですけど?」

あなたはほんとは150円のアイスがはんこの押し間違いで1500円になっているのを見つけました

Ω「あの〜それ150円なのに1500円になってるんですけど?大丈夫?」

卍「1500円です」

Ω「だからそれ150円だってば!!」

卍「え?違う?150円?1500円です!値札を見てください」

Ω「じゃあ違うのに替えます!」

‡「あ、それはんこの押し間違い!ほんとは150円ですよ!」

Ω「はっ?あんた誰?」

卍「いーえ!1500円です!1・5・0・0・え・ん!」

Ω「だから違うのに替えますって!!」

‡「お客様!150円でいいですよ!」

Ω「はぁ?あんたは黙ってて!!ほんとイミフ」

卍「お客様!返却はできないんです!強盗になりますよ!!さ!1500円を!」

Ω「返却?そんなもんするかっ!違う!違うアイスに替えるってさっきから何回言ってるかわかってるんか?」

卍「あーもう!口答えせずに1500円出しなさい!!」手を大きく振る

Ω「お前の方が口答えしてるんじゃねーか!」

‡はいつのまにか帰ってしまってました

Ω「・・・。(なにここのコンビニなんか理解不能だわ〜)」

卍「あの子怖かったのかしら。フッ」

Ω「あんたもしかしておネェな感じですかぁ?喋り方がキモいんですけど!?」

卍「そんなこと言わずに早く出しなさい!!警察行きになるわよ!!」

Ω「だからこれは150円だって言ってるでしょ?何回言ったらわかるの?」

卍「〜〜〜っ!!こいつ!!」

最後の一撃を!!→Ω「じゃあもういいわ!バイバイおネェさんwww」

卍「くっっ!!!き・・・今日のとこは許してあげるわ!!」
卍は帰っていきました
そして、あなたは特別15円でアイスをゲットしました

Ω「ありがとう〜しょうがないからまた来てあげるわwww」

END
感想を!Ω「楽しかった〜ww」
*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★

4年前 No.10

桜花 ★vwlFJ0UHiX_MOq

*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆
卍←店員1 ‡←店員2(出番少ないが)
Ω←あなた

あなたは小腹がすいたのでコンビニへデザートを買いに行く
ことに・・・
卍&‡「いらっしゃいませ〜」

Ω「...」

あなたはアイスを買うことにしました
そして、レジに行きました

Ω「これ下さい」

卍「ん、アイスですね」

Ω「はい」

あなたはほんとは150円のアイスがはんこの押し間違いで1500円になっているのを見つけました

Ω「あ....」

卍「1500円です」

Ω「違います」

卍「え?違う?150円?1500円です!値札を見てください」

Ω「うるさいな」

‡「あ、それはんこの押し間違い!ほんとは150円ですよ!」

Ω「良かった」

卍「いーえ!1500円です!1・5・0・0・え・ん!」

Ω「おまw」

‡「お客様!150円でいいですよ!」

Ω「いえい!」

卍「お客様!返却はできないんです!強盗になりますよ!!さ!1500円を!」

Ω「あの...」

卍「あーもう!口答えせずに1500円出しなさい!!」手を大きく振る

Ω「嫌です」

‡はいつのまにか帰ってしまってました

Ω「え」

卍「あの子怖かったのかしら。フッ」

Ω「...」

卍「そんなこと言わずに早く出しなさい!!警察行きになるわよ!!」

Ω「なわけないね」

卍「〜〜〜っ!!こいつ!!」

最後の一撃を!!→Ω「ふざけるなああ」

卍「くっっ!!!き・・・今日のとこは許してあげるわ!!」
卍は帰っていきました
そして、あなたは特別15円でアイスをゲットしました

Ω「やった!」

END
感想を!Ω「面白かったです!」
*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★

4年前 No.11

いるかちゃん ★BwtDFy8u0m_JAR

*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆
卍←店員1 ‡←店員2(出番少ないが)
Ω←あなた

あなたは小腹がすいたのでコンビニへデザートを買いに行く
ことに・・・
卍&‡「いらっしゃいませ〜」

Ω「何買おっかなぁ〜・・・」

あなたはアイスを買うことにしました
そして、レジに行きました

Ω「おねがいしまーす」

卍「ん、アイスですね」

Ω「え?あ、はい・・・」

あなたはほんとは150円のアイスがはんこの押し間違いで1500円になっているのを見つけました

Ω「えっ?!ちょ・・・額が大きく変わってるんですけどっ・・・(汗)」

卍「1500円です」

Ω「だからっ、”0”一個多いんですってばっ!」

卍「え?違う?150円?1500円です!値札を見てください」

Ω「そっちこそ値札見てください!コンビニアイスが1500円なんてありえませんしっ!!」

‡「あ、それはんこの押し間違い!ほんとは150円ですよ!」

Ω「ですよね!!(ほっ)」

卍「いーえ!1500円です!1・5・0・0・え・ん!」

Ω「何言ってんですか?!ほらっ、もう1人の店員さんが言ってるじゃないですか!150円ですっ」

‡「お客様!150円でいいですよ!」

Ω「ですよね〜!100・・・50・・・円っと(小銭を探す)」

卍「お客様!返却はできないんです!強盗になりますよ!!さ!1500円を!」

Ω「だからいつまでバカな事言ってるんですか!頭おかしいですよ?!」

卍「あーもう!口答えせずに1500円出しなさい!!」手を大きく振る

Ω「口答えしますよ、そりゃ!だって値段10倍ですよ?!アイスですよ?!絶対出しませんからっ」

‡はいつのまにか帰ってしまってました

Ω「ちょ!もう1人の利口な店員さぁ〜んっ!帰んないで味方してくださいよぉ!!」

卍「あの子怖かったのかしら。フッ」

Ω「はぁ?!あぁ・・・あなたのそのバカな頭と会話してるのが怖くなったのかもね!うちもそーだしねっ」

卍「そんなこと言わずに早く出しなさい!!警察行きになるわよ!!」

Ω「そっちこそ意味不なこと言ってないで、いい加減値札確認してよ!警察行き?悪いのはそっちでしょ!」

卍「〜〜〜っ!!こいつ!!」

最後の一撃を!!→Ω「そんなこともわかんないなんて、小学生のうちより頭悪いよねっ!w大人失格!!」

卍「くっっ!!!き・・・今日のとこは許してあげるわ!!」
卍は帰っていきました
そして、あなたは特別15円でアイスをゲットしました

Ω「ラッキ〜♪たったの15円でアイスゲット☆いや〜、にしてもあの店員はバカ過ぎて話にならないよw」

END
感想を!Ω「楽しかったですー!」
*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★

2年前 No.12

瑠奈・輝 ★E2eMTkOuwU_mgE

*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆
卍←店員1 ‡←店員2(出番少ないが)
Ω←あなた

あなたは小腹がすいたのでコンビニへデザートを買いに行く
ことに・・・
卍&‡「いらっしゃいませ〜」

Ω「いらっしゃいませ〜」

あなたはアイスを買うことにしました
そして、レジに行きました

Ω「雪見だいふくで〜す」

卍「ん、アイスですね」

Ω「だから、雪見だいふくだよ♪」

あなたはほんとは150円のアイスがはんこの押し間違いで1500円になっているのを見つけました

Ω「あの・・・」

卍「1500円です」

Ω「アイスが1500エンなわけねえだろぉぉぉぉ」

卍「え?違う?150円?1500円です!値札を見てください」

Ω「おまえこそちゃんとみろよぉぉおぉぉぉおぉ」

‡「あ、それはんこの押し間違い!ほんとは150円ですよ!」

Ω「しっとるわぇええええええええ」

卍「いーえ!1500円です!1・5・0・0・え・ん!」

Ω「なわけねぇよぉぉぉぉx」

‡「お客様!150円でいいですよ!」

Ω「はいっ♪」

卍「お客様!返却はできないんです!強盗になりますよ!!さ!1500円を!」

Ω「ばかかてめぇは」

卍「あーもう!口答えせずに1500円出しなさい!!」手を大きく振る

Ω「ッチッ」

‡はいつのまにか帰ってしまってました

Ω「なんだよてめぇ」

卍「あの子怖かったのかしら。フッ」

Ω「?」

卍「そんなこと言わずに早く出しなさい!!警察行きになるわよ!!」

Ω「どうぞ。お前の勘違いだから。」

卍「〜〜〜っ!!こいつ!!」

最後の一撃を!!→Ω「ざ・け・ん・な。」

卍「くっっ!!!き・・・今日のとこは許してあげるわ!!」
卍は帰っていきました
そして、あなたは特別15円でアイスをゲットしました

Ω「よっしゃ!きたーーーーー!!」

END
感想を!Ω「おもろかった」
*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★

2年前 No.13

静香(●´ω`●) ★wMa6pMeQbp_nHx

*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆
卍←店員1 ‡←店員2(出番少ないが)
Ω←あなた

あなたは小腹がすいたのでコンビニへデザートを買いに行く
ことに・・・
卍&‡「いらっしゃいませ〜」

Ω「(いらっしゃいました〜)」

あなたはアイスを買うことにしました
そして、レジに行きました

Ω「(お願いします)(o*。_。)oペコッ」

卍「ん、アイスですね」

Ω「(アイスですよ〜)(^u^)」

あなたはほんとは150円のアイスがはんこの押し間違いで1500円になっているのを見つけました

Ω「(ありゃ?)」

卍「1500円です」

Ω「えっ、あ、あの…これー…」

卍「え?違う?150円?1500円です!値札を見てください」

Ω「そんな…高級なアイスなんすか(・。・;?」

‡「あ、それはんこの押し間違い!ほんとは150円ですよ!」

Ω「あ…(ですよね〜!?)」

卍「いーえ!1500円です!1・5・0・0・え・ん!」

Ω「いや、でも…!」

‡「お客様!150円でいいですよ!」

Ω「あっ、はい!(;´∀`)」

卍「お客様!返却はできないんです!強盗になりますよ!!さ!1500円を!」

Ω「どう考えても150円ですよぉぉー!!(;´Д`)」

卍「あーもう!口答えせずに1500円出しなさい!!」手を大きく振る

Ω「嫌です!」

‡はいつのまにか帰ってしまってました

Ω「あれ、あの人…」

卍「あの子怖かったのかしら。フッ」

Ω「あんた……この店でホントに給料もらえてるの(。-`ω-)」

卍「そんなこと言わずに早く出しなさい!!警察行きになるわよ!!」

Ω「警察行きはお前だわい!w」

卍「〜〜〜っ!!こいつ!!」

最後の一撃を!!→Ω「あ〜あ…ちゃんと義務教育で学んでこなかったから…。。八の段言えます?((おこ」

卍「くっっ!!!き・・・今日のとこは許してあげるわ!!」
卍は帰っていきました
そして、あなたは特別15円でアイスをゲットしました

Ω「100円もまけてもらっちゃってなんか申し訳ないけど…まぁいっか_(:3」∠)_」

END
感想を!Ω「楽しかったーっ(≧▽≦)」
*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★

2ヶ月前 No.14

夢乃 @yumeno03 ★HCHgqahFMk_EP8

*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆
卍←店員1 ‡←店員2(出番少ないが)
Ω←あなた

あなたは小腹がすいたのでコンビニへデザートを買いに行く
ことに・・・
卍&‡「いらっしゃいませ〜」

Ω「どーも。」

あなたはアイスを買うことにしました
そして、レジに行きました

Ω「これ・・・」

卍「ん、アイスですね」

Ω「スーパーカップです」

あなたはほんとは150円のアイスがはんこの押し間違いで1500円になっているのを見つけました

Ω「おりょ?」

卍「1500円です」

Ω「え、ああ、はぁ。えっ?」

卍「え?違う?150円?1500円です!値札を見てください」

Ω「何、確信犯なの・・・?」

‡「あ、それはんこの押し間違い!ほんとは150円ですよ!」

Ω「ですよねぇ」

卍「いーえ!1500円です!1・5・0・0・え・ん!」

Ω「そんなにお金に困ってるのなら・・・(差し出そうとする」

‡「お客様!150円でいいですよ!」

Ω「え?(引っ込める」

卍「お客様!返却はできないんです!強盗になりますよ!!さ!1500円を!」

Ω「あ、どうぞ(差し出す」

卍「あーもう!口答えせずに1500円出しなさい!!」手を大きく振る

Ω「ちょっ笑 あげるってば笑」

‡はいつのまにか帰ってしまってました

Ω「あと、500円ね・・・(ごそごそ」

卍「あの子怖かったのかしら。フッ」

Ω「どうぞ。」

卍「そんなこと言わずに早く出しなさい!!警察行きになるわよ!!」

Ω「え?1000円と500円で1500円ですよ?」

卍「〜〜〜っ!!こいつ!!」

最後の一撃を!!→Ω「あげるって言ってんのにコイツ呼ばわりですか?店長どこですか〜??」

卍「くっっ!!!き・・・今日のとこは許してあげるわ!!」
卍は帰っていきました
そして、あなたは特別15円でアイスをゲットしました

Ω「あの人・・・大丈夫か??」

END
感想を!Ω「んは〜〜」
*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★*:;;;:*☆*:;;;:*★

2ヶ月前 No.15
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる