Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(16) >>

移りゆくもの

 ( テーマ詩投稿城 )
- アクセス(215) - いいね!(1)

美智 ★pfco4SVh9r_0pW

はじめまして。

ここでは、題名どおり何か「移りゆくもの」についての詩を書いてください。
移りゆく心や移りゆく時代、移りゆく季節などなど・・・・^^

もちろん、ここでのテーマにあわない詩の投稿は禁止です。

それでは、どなたでも自由に詩を書いて、楽しんでください!

6年前 No.0
ページ: 1


 
 

キア―ラ ★Jm65ZiDjYj_z5H

 きのうの泪はあったの
 一粒だけの形をとどめて
 たしかに、確かな、確信。

 向かった心
 「さよなら」は言っていない
 キラリ、すーっ、と綺麗な泪
 (わたしのこころから)の
 悲しみが救われない。

 世界で起こる戦ぎに
 あなたの心が向かうの
 私たちが今、何かを願う
 じっとして、居られない
 沈黙を捨てる時が来たの

 過ぎてしまうことに囚われないで、
 朝日が見えなくても、雨や雲だったと。

6年前 No.1

@migraine ★x3uHOjt6lr_rtI

たった今すぎさった
黙認の欲求が火花に併せて
縮れ落ちても「一頻り
冷かしたならば更に
手を取って焼いて。

一頻り?」

ひとしきりの嵐があるか。
ひとしきりの声があるか。
ひとしきりの「取って
手に焼いて冷かした
一頻りの沈黙が在るか。

6年前 No.2

美智 ★pfco4SVh9r_0pW

もしも生まれ変わっても
それは私じゃない

生まれ変わった私じゃない私が
孤独をくりかえすから


6年前 No.3

@migraine ★Q0VWFi157H_rtI

短い生命線が3cm、途切れ
途切れのかぼそい運命線が
歯触り悪く旨くなく、
つい最近のお零れが冷たい。

6年前 No.4

美智 ★pfco4SVh9r_0pW

君が笑っている今が
こんなにも悲しいのは

もうすぐ終わってしまうから。

君と私を繋ぐ何かが終わってしまうから。

6年前 No.5

@migraine ★x3uHOjt6lr_rtI

はろうぃんの教室へ
出かけて天津甘栗をかおうよ、
かち割って空まわってさ」
「けれどかぼちゃはまだ
まだわらってはいないよ、
両手いっぱいの甘いものを
抱え込んだままだよ「だって、

甘くない。

もっとあまくして。

6年前 No.6

@migraine ★x3uHOjt6lr_rtI

決して振り返らないの」
そう振り返って言えるなら
「とっくに振り返っry、、
とか、こまっているなら
振り返らずにそう言っry、、
けっして言わないの。」

6年前 No.7

美智 ★pfco4SVh9r_0pW

君がどこかに行ってしまうとしても
私はここに残る。
そしていつか君が私を静かに思い出すことを
私は願う。

6年前 No.8

てんとう @tenntou ★B1LG6F2tVd_EP8

私はあの花を愛しました
あの花は私を知りませんでした

私はあの花の種を庭に埋めました
あの花の種はずっと黙ったままでした

私はあの花の種に水をやりました
あの花の種は芽を出し葉を2枚つけました

私はあの花の芽に「早く花を咲かせておくれ」と呼びかけました
あの花の芽は私に「あなたはだあれ?」と首を傾けて言いました

私はあの花の芽に再び水をやりました
あの花の芽は2日後花を咲かせました

私はあの花の花を愛することが出来ませんでした
あの花の花は私を一心に愛してくれました

私はあの花の花を知りませんでした
あの花の花は私を知っていました



6年前 No.9

アナグマ ★DOCOMO-92ADeGpeen

小麦色のシーツは
君のお気に入りだった
僕が地味だというと笑いながら
命の色なのに、と

稲穂の海を見たことがなかったんだ
あの頃は誰かの涙さえ
色のない海水だなんて
つまらない感傷で辱めた

狭いベッドに二人で寝ころんだね
君は確かに秋に両耳を差し出して
僕の知らない遠い田舎の水田を歩いていた

ねえ、君の瞼の裏側を僕も覗きたかったよ

先に起き上がるのはいつも僕だった
とっくに見慣れたシーツには
僕を夢中にさせる君のさらりとした髪が散らばっていた
昨日の夜ばかり反芻して
起きない君のあたたかい夢を殺した

小麦色は世界で一番愛しい色だ
そしてそれ以上に悲しい色だ
君が失われてしまった今になって
僕は一人、小麦色の畦道を歩いている

6年前 No.10

美智 @michi13 ★pfco4SVh9r_EiK

多分存在したのだろう

私が聞いたあの声も
私が見たあの姿も

記憶の中にしかない、不確かなもの



6年前 No.11

キシレン☆GSMAPNmZEkg ★ep6XFA0bgb_vbx

ぼうっとしてたら


みんな死んじゃった

6年前 No.12

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【人魚】


ヒトガタの魚
浜辺より押し寄せ

ヒトガタの魚
ヒトに成り代わる

ヒトガタの魚
浜辺より海を招き

ヒトガタの魚
栄枯盛衰の幕を降ろす

ヒトガタの
ヒトと呼ばれるヒト

水底に漂い
水面を見上げる、


8ヶ月前 No.13

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【途】


生まれる
前のことは
知らない

死んだ
後のことは
分からない

生の始めは暗く
死の終りは冥く
私たちの途は
いつも
薄明かりの中に

迷いを
迷いと知る
薄明かりの中に、


8ヶ月前 No.14

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【地球の歩き方】


私は
地球に
棲んで居るのだと
思うけれど

私の識る世界は
徒歩で一時間と少し
地球の丸さでさえ
実感が無い

私が
地球に
棲んで居る事を
識る為に

球体世界の
多様さを
この足で
歩けたなら、


8ヶ月前 No.15

僻猫 @migraine ★Android=mKFsFNjdrY

gw

大学生だったので
カラオケへ行った
カラオケには高校生がいた
高校生はバイトをしていた
私は何をしているのだろう

高校生だった頃
カラオケへ行った
カラオケには中学生がいた
中学生はバイトをしていた
私は何をしていたのだろう

中学生だった頃
カラオケへ行った
カラオケには小学生がいた
小学生はカラオケをしていた
私は何をしたいのだろう

小学生だった頃
カラオケへ行った
カラオケには園児がいた
園児はカラオケをしていた
私は何をしていたのか

園児だった頃
カラオケへ行った
カラオケには幼児がいた
幼児は泣いていた
私に何が出来ただろう

幼児だった頃
カラオケへ行ったらしい
カラオケには妊婦がいたらしい
妊婦は歌っていたらしい
私は寝ていたらしい

私には妹がいた
妹はカラオケへ行った
カラオケへは私も行った
私は兄だったらしい
妹は歌っていた

兄だったので
カラオケへ行った
カラオケには妹がいた
妹はバイトをしていた
私は歌っていた

妹には兄がいた
兄はカラオケへ行った
カラオケへは妹も行った
彼女は妹だったらしい
私は歌っていた

妹だったので
カラオケへ行った
カラオケには兄がいた
兄は歌っていた
妹も歌っていた

私は何をしているのだろう
私は何をしていたのだろう
私は何をしたいのだろう
私は何をしていたのか
私に何が出来ただろう

妹だったあなたに
兄だった私に
何が出来ただろう
与えられはしない
与えられもしない
必要な何か

兄だった私に
妹だったあなたに
家族だったならば
何が出来ただろう
兄だった私に
妹なら何か
与えられただろうか

1ヶ月前 No.16
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる