Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(185) >>

架空日記

 ( テーマ詩投稿城 )
- アクセス(1362) - いいね!(8)

ひがみねこ@blackout ★SOFTBANK=KFyJYlBNAbg


自分らしい詩を描こうとしたら
全部嘘になっていました
どんどん描いてたら
沢山の人が次々やって来て
一緒に目茶苦茶描き始めました
僕はもう訳が分からなくなって
でもとても愉しくって愉快で
もう止まりませんでした
夜明けも気付かずに
ずっと描き続けていたら
いつの間にか誰も居なくなっていて
ただ独りぼっちでした
けれども僕はもうちっとも寂しくなんかありません
自分らしく生きるならば
全て現実として受け入れなければ

2009/09/14 03:34 No.0
メモ2011/04/22 12:15 : ひがみねこ @migraine★SOFTBANK-tySPsOir2y

どうせ元々嘘だから

何が嘘だなんて言い訳

もう出来ないよ

ページ: 1 2 3


 
 
↑前のページ (135件) | 最新ページ

ひがみねこ@migraine ★SOFTBANK=tySPsOir2y

ラエルスーンさん来てくれてありがとう。



 +



あなた方が僕に死ねと言ったなら、
当り前だよ、と言える様に。
あなた方が先に怒ったなら、
当り前だよ、と言える様に。
あなた方が自分の仕事に戻ったなら、
当り前だよ、と言える様に。



出来上がっても無いものを
子供みたいにねだられたって、
あなた方の深みに関係無く
僕には何も埋められないし、



でもさ、

当り前だよ。

6年前 No.136

@migraine ★SOFTBANK=tySPsOir2y


 +

大丈夫だから当り前なんじゃなくて、

当り前だから大丈夫なの。

 +

6年前 No.137

ラエルスーン ★BJtyyqAtl1_hfc

眠りの中 夢の世界に迷い込んでしまい

何時の間にか 猫だらけの牧場に立っていた

猫しか居ないのに 牧場?

夢に疑問を投げても仕方ないと 猫を掻き分け歩くと

出口/入口と書いた看板にひときわ大きな猫が

いつも不機嫌そうな顔をしているので

普通にしていても不機嫌な顔にみえるその猫は

どうでもいい この牧場の成り立ちを説明してくれた

話上必要だろうところでの質問をしつつ 一通りの話を聞き終えると

その猫は 私に言った

僕はひがみねこ

ラエルスーンさん きてくれてありがとう

私は言った

ひがみねこさん 僕こそ君にあえてうれしいよ

また機会があれば話をきかせてくれないかな?


言い終えるかどうかのところで

目は覚め 蹴っ飛ばされた布団が仕返しに僕を

寒い中 布団もないまま寝かせていたところだった

あわてて僕は 布団に謝り暖かい二度寝をした

もう夢はみなかったが

遠くで猫の泣き声がしたような気がした




6年前 No.138

@migraine ★SOFTBANK=tySPsOir2y

 +



秋の終りの風が吹く。
早々と出されたツリーの回る
狭い出窓に腰掛け、
厚ぼったい雲の剥がれ行くを観、
表れたフローリングに映る照明を観、
馴々しい業者の声を無視する。

(――二度と会いたくない。)

そう思ってから暫く経って、
まだ聞きたい恥でも有るのかと
ドアを開ければ宗教だった。
それは今年五回目の事だった。
信じた先に希望が見える、
そんな得意の文句だった。
だから私はかなりイラついていた
日常的に。それでも、

(――もう誰にも会いたくない。)

彼らは饒舌を生業とし、
太い身体の一襞一襞に聖水を蓄え、
目眩く回る終末論を唱えている。
もう見たくも無かった筈の彼の
背中と声を少々、右脳へ巡らし、
痛い耳を空ろに笑い、冬に愁う。

(――誰も私に会いはしない。)



 +

5年前 No.139

僻猫@migraine ★SOFTBANK=tySPsOir2y

おはよう、ラエルスーンさん。

僕の話は枕の下だよ、






5年前 No.140

@migraine ★SOFTBANK=tySPsOir2y

《ニヒルメイト》

彼は復讐の旅に出た。
僕は死に場所を探しに。
彼女はトイレへ繋がれてる。
父さんは失踪した。
爺ちゃんはもう寝てる。
婆ちゃんは常習犯。
母さんは家出した。
姉ちゃんは男だ。
兄ちゃんはもう居ない。
妹は幾つか売った。
弟はさっき落ち着いた。
クラスメイトは僕の友達。
先生は皆を知らない。
皆は僕の友達。
いつでも傍で笑ってくれる。
大切な友達。
ダイヤより高価で、
いつも優しい。
月2・3千円掛かるけど。



 +



《猫背パーティー》

招待されて、行って来た。
帰って来たならネコだった。
みんないつでも曲がってて、
みんないつでも笑ってた。
みんないつでも好きだった。
猫背な自分が好きだった。
真っ直ぐなんて、ダサ過ぎる。
時代の先端は猫背さ。
僕らは一風変わってる。
けれどもいつでも笑ってる。
楽しく生きてりゃokで、
いつでも楽しく笑ってた。
耳と尻尾が付く迄は。

5年前 No.141

@migraine ★SOFTBANK=tySPsOir2y

心まで腐ったらスパナでごねる。
どうやって?寒くったって、
君のほっぺに釘付けを。
どうやって?暑くったって。

やんごとなき空の真下で。
海よりあおい、僕が居る。
君の真下であかくなる、
僕の弟返してよ、」

どうやって?眠くったって。
どうやって?渋くったって。
どうやって?、、どうやって?

顔が赤くて何が悪い。
君のほっぺに釘付けを。
空が青くて何が怖い。
君が怖くて何が悪い。

どうやって?
辛くったって。

5年前 No.142

@migraine ★SOFTBANK=tySPsOir2y

匙加減適量の雨と共に
君が降り立った明日には
烏の大群と蝉の抜殻が
散らばる、夜暮れの朝日が、
塞ぐ星の現つを。

5年前 No.143

@migraine ★SOFTBANK=tySPsOir2y

チョコレートスティック
チョコスナック
チョコバー
チョコフライ
チョコパン
チョコレート、チョコレート、チョコレート、
チョコレートバスケット
チョコレートウイスキー
チョコレートチーズ
チョコレートクッキー
チョコレートガム
チョコレート。

チョコレート。チョコレート。



 +



シャワー浴びたまま悔しかったから
暫くじっと、していた。

夕暮の映る白い鏡の背中に指を当て
暫くじっと、していた。

僕は暫く黙っていた。
君は暫くじっと。



  +



貧しい午後の風が吹く。
何も食べずに寝た昨晩の
空腹に似た朝日を観る。
チョークの粉が舞う様に、
今日も月夜がしおらしく、
朝日に負けじと泳いでる。
今日も波音が狂おしい。

5年前 No.144

@migraine ★SOFTBANK=tySPsOir2y

《牧場》



――お礼に一つ譲ってくれ」
「はぁ!それはもう、喜んで!――



此方は迷い猫でございます」
元々此処には居なかったのです。
此方は眠り猫でございます」
いつでもすやすや眠っております。
此方はこたつ猫でございます」
変温動物でございます。
此方は未来猫でございます」
眼が大きくて二足歩行です。
此方は被り猫でございます」
猫を被った猫でございます。
此方は嫌み猫でございます」
尻尾が嫌らしいでございましょ?
此方は瞑り猫でございます」
いつでも寝てはおりません。
此方は妬み猫でございます」
此方は護り猫でございます」
此方は毬藻猫でございry...」

「もういいもういいもういいから!
ヒガミネコてのは何処なのさ!
ヒガミネコってのをおくれよ!
ヒガミネコてのは何処なのさ!
ヒガミネコぐらい居るんだろ?!

――僕の心にも居たんだよ。
前は何匹何千匹!
自分を偽り彷徨って、
居場所を探して居るんだよ!
偽る数だけ居場所を見付けて
其処が居場所じゃ無きゃ生きられ無い。
居場所と思わにゃ生きられ無い!
ヒガミネコだよ!ヒガミネコ!
何処か最近一匹くらい
迷い込みのは居ないかね?!
退屈そうなの居ないかね?!

「はぃはぃ此方、此方です、、、
迷い猫てのが一匹だけ。
あなたの足元に居ります。
さっきからニャンニャン鳴いて居ます。
あなたを大変好いて居ます。
どうぞ其方を受け取り下さい。



あなたが其れと認めるのなら。

そう、あなたが親と為るのです。

そう、あなたは親と成るのです。



《farm》



5年前 No.145

ラエルスーン ★BJtyyqAtl1_hfc

ひがみねこ という猫に

返事をされた気がした

夢の中と

現実の最中(さなか)に

おはよう に こんばんわ を

いつか 架空日記が

猫日記にならなければいいなと

5年前 No.146

ラエルスーン ★BJtyyqAtl1_hfc

人はみな自由にあこがれる

あこがれる ということは自由を手にできないでいるから

そして人はみな 自分が持っていないものを持つ者を妬み 僻む

自由を生業とする 猫

従順を生業とする 犬

猫はそして 妬み 僻まれる

鎖に繋がれ 小屋とえさを手にした犬は

君に何ていったんだい?

羨ましいな 僕は君にいうだろう

自由程 過酷なものであるものはないと

僕は身をもって知っているから

言わせておけばいい

自由をただ眩しい太陽のように思っている輩には

知らないんだよ

太陽こそ 他の何よりも

その身を犠牲にしているものはないってことを






5年前 No.147

@migraine ★SOFTBANK=tySPsOir2y

 +



適当に泣いたら適当に笑えた。
適当に返事をして適当に片付ける。
適当に生きてるから適当に死ぬんだ。

適当だろ。
君の在り処だって。



 +



追伸

君の在り処を教えてほしい、

5年前 No.148

ラエルスーン ★BJtyyqAtl1_a59

架空の名前でつぶやく

架空の日記ができあがる

@rael_soonという私は

誰なんだろう?と

つぶやく


5年前 No.149

@migraine ★SOFTBANK=tySPsOir2y

さようなら、さようなら、僕は苦しい。エチケットは勇気、早く許して。ほら、太陽が有難う。ずっと僕は待ってたんだから。

きゃん ゆー
きゃん ゆー
きゃん ゆー ゆー

静かに、静かに、声はもう沢山だ。あっちへ行け珊瑚礁。狡いよ、狡いよ、ずっと待ってたんだから。僕の隣に座らないで。

ゆー きゃん
ゆー きゃん
ゆー きゃん きゃん

ぱっくり。あんちゅーことにぽしゃふるけ、はむゆ、はむゆはむゆ、ふは。はゃってほゆる。ぴやみんてみにほいて、しょいでしゃんしゃん。

たぷゆ、はんむるかに。
たぷゆ、はんむるかに。
たぷゆ、はんむるかに、はんむるかに。

ちぢみゆ、むわんでばぁい、みゆみゆ、まっちゅんでに。ぱちよん、まによんとにぇいで。はよんにほよんにへにへにくにちにみぃ。

ぱむゆ、ほりゃあんでよ。

宜しくお願いします。



 +



もう12月だよ。
クリスマスが近いね。
だから泣くよ。
ほよーん、ほよーん、って。
でゃからはむくゅんて、てきにほいてね。
お願い。

5年前 No.150

@migraine ★SOFTBANK=tySPsOir2y

僕のレベルはこんなものです。だから頼むのです。



《沈黙》

ひくことなしに、すすけにほよけむ。
てもそよてにひらくは、
まくたくることなし。

弾く事無しに、
煤気に解けぬ。
でも其の手に開くは、
また辿る事無し。

煤を引く事無しに、
解けぬ手に開くは、
辿る事の無い慎み。

煤は慎みを辿らず、
解く事無しに気を引く。

5年前 No.151

@migraine ★SOFTBANK=tySPsOir2y


 +

言葉を与えないならば、
言葉が与えるのであって、
どちらにせよ言葉は在るのです。
在るにせよ誰も得られぬ言葉は
誰もに彼らを与えない。
彼らは誰もに与えない。

 +

与える者への言葉を有し、
与えぬ者への言葉を有さず、
有さぬ者への言葉を与え、
有する者への言葉を与えず。

 +

得ぬ者を与えよ、不明者よ。

 +



意味不明。暗い。

5年前 No.152

@migraine ★SOFTBANK=tySPsOir2y

《試着室から返信中》

君の彼女も試着室から返信中。
僕の彼女も試着室から返信中。
試し打ちの末に信仰表明」

言葉にならない思いから、
思いにならない言葉まで、
君の態度へ試し打ち。

5年前 No.153

★cw3kG68s08_KMC

解釈、
読まれない日記帳に、
読まれない文字で、
読まれない詩情が、
筆記される
まだはじまらない呼吸を、
しようとして
間違って鳴った、口笛のような
愛、もまだ読まれない
音楽、
生まれては、
降り積もるスコア
隣人の隣に腰を下ろして
開く文庫本を、
手遊びに読み続ける、
読み続ける、
に、
僕たちの、
僕が一人、窒息死する

5年前 No.154

@migraine ★SOFTBANK=tySPsOir2y

でも何回も何回も何回も何回も何回も何回も何回も何回も何回も何回も何回も何回も何回も何回も繰り返してれば、君は厭きる筈だ。だから死ね!

もう死ねますね?」



死ぬな。

5年前 No.155

@migraine ★SOFTBANK=tySPsOir2y

《ギトギト、》

もうだれも、
あなたさえ振り向いてくれないのなら、
今日みつけた風鈴も、
明日みつける春風も、
昨日みつけた草原も、
だれもふりむいてくれないなら、
きっと誰も、泣かないし
わらわないしおこらないし
不思議がらないし、ちっとも
いきたがらないとさえ、
思える様な思えない様な、
しね、しね、しね、の午後。

5年前 No.156

@migraine ★SOFTBANK=tySPsOir2y

《カラカラ、》

かーてんれーるに
蜂がついてるよ」



《きょのきょの、》

実は靴下に穴が空いてるんだ」



《はつはつ、》

隈ができて十日、
たった今、いまから
風邪ひくよ、」



《はぢはぢ、》

むっとしたでしょ、」今。


《パーティールーム、》

ところてん式階段降下法。



《遺された岩》

おしまい。



 +



おまえの明日へ問い質したい。
私は今日死ななくて良かったのかと。
明日のお前は知っている。
私が昨日を無視し続ける事を。

ただ、お前にもう一度問い質したい。
お前は明日を生きて居るかと。
今日の私は知っている。
お前が明日を知らずに居る事を。

だから私はお前に書き遺す。
お前は明日に生き、
そして私を無視するだろうと。
それでもお前は今日を忘れない。

お前が生きていた今日だから。
お前が死にたかった今日だから。

5年前 No.157

@migraine ★WILLCOM=pyBamvlXPx

何を求める事も無く
僕ら傍に共に居られるのなら
其処で彼らが何をしようが
僕らの距離は狭く無く
此処で僕らが何をしようが
分け隔て無く付き合えるなら
彼らの拒む訳も無く

彼らを拒む訳も無く
僕ら共に傍に居られたのなら
此処で彼らが何をしようが
僕らの距離は広く無く
其処で僕らが何をしようが
分け隔て無く付き合えたなら
何を求める事も無く

5年前 No.158

@migraine ★WILLCOM=yswqheSdD8

知りなさい。



我ら空への星、
たった一つの希望さえ
大切に出来なかったなら
お前死ね、お前死ね、お前死ね、
桜散る春休みの夢、
ポケットに入りっ放しの
小銭さえ使い果たせないなら
お前死ね、お前死ね、お前が死ね、
我ら草の葉の繋ぎ目の主、
ゆらゆらと勢力闘争の花、
遥かカミキリムシの散りポケットの群れ、
雑念、お前死ね、お前死ね、
お前知れ、お前が知れ、お前が
お前が知らなくて誰が知るのだお前が
知らなくて誰が死ぬのだ、誰が
死ななくて誰が/お前が



死になさい。



 +



きもちよくしれたなら、

5年前 No.159

@migraine ★WILLCOM=kT9YjHZIbT

《曇景》

僕の生きて居る世界はいつだって、
僕の知らない世界でした。
何故なら僕は其処に居られ無かったし、
誰にも出会え無かったからです。

僕らの世界に在るのは希望だけです。
其処で少なくとも僕は希望を
一瞬だけでも好いからと想うのですが、
既に厚い呪いで埋められて在りました。

5年前 No.160

@migraine ★WILLCOM=hPDOG2P48K

本当に死にたく無いかを試したかった
生きたがれないだけなのかを
死にたがれないだけなのかを
試したかった、自分を
決めたかった、己で

5年前 No.161

@migraine ★WILLCOM=hPDOG2P48K

すべきときにすべきことをしない
したいときにしたいことをしない

すべきときにすべきことをしても
したいときにしたいことをしても

すべきなのかやしたいのかは
ときやことがきめるのでもなく

すでにきめられているのでも
きまらずにきめずにでもなく

きめなくてはならないまま
きめねばならないだけなのだから

きまらなくていい
きめなくていい

5年前 No.162

☆KaoGH7xAroQ ★DOCOMO-mjOTGbwKjS

哲学的…綺麗だなぁ
やってみます

どしゃぶりの雨
薄暗い朝に降る雨
見ていると嫌な事も洗い流してくれるよう

でも見つめすぎると
良い部分も流れてしまいそう

雨は好き
晴れより
曇りより
雪より

ずーっと降っていたら良いのに

5年前 No.163

@migraine ★Q0VWFi157H_rtI

一応雑談は禁止な筈だけど、軽くなら見逃してくれているみたいだよ、いらっしゃいませ、^^*



 +



薄暗い朝や夕闇が
ずーっと続く様な天気
ばかりらしいと聞く北欧に、



いつか行ってみたいな、
洗い流されて」海に沈んで
居ないかな、其の頃には
青いブルーに水浸しに
為って手の届かない黒へ、
見詰め過ぎて落ち込んで
朝の雨の土砂降りに」
つかまって、



残って居るものさえ、



>現在、添付できる絵はありません。



 +



――pcは、画面が大き過ぎます、、、





5年前 No.164

@migraine ★Q0VWFi157H_rtI

《爪》

昼少し前、
あたたまった
溜り、水に
ひたしたばかりの
小石をすくう
色のちがう滲み
眼に添えた、

5年前 No.165

@migraine ★x3uHOjt6lr_rtI

諦める為に貸したのでしょう、」
「頼まれた事をしたのだよ、
止められても呑んだけれど。」
「kissは空中でしたかったさ。
離れて居ても一緒でしょ、」
「近くに居ても変わらない、
実感すらも無い癖に。」
「やりたい事はわかったさ。
やっぱり私の言う通り、」
「途中でやめなきゃ好かったの、
あなたが男でよかったわ。」
「僕は自由が好きだった。
あなたはずっと幸せなのね、」
「君が女でよかったよ、



 +



何も信じてないとか
みんな信じてるよだとか、



僕はずっとネコだったのに、。



猫にならなきゃ
かじれないよ、

4年前 No.166

キシレン☆GSMAPNmZEkg ★ep6XFA0bgb_wXi

今日も別に特に面白い変わったことはなくて
いつものようにモノレール壊したり
納豆混ぜたりしてただけ
この日記帳しばらくなくしてたけど
見つかったから前のページ読んだ
やっぱり昔のわたしのほうが
今のわたしを知っている
今日も学校を休んだ
外気に触れるのがめんどくさい
うどん食べたくなってきたから
香川まで行こうかなと思って
やっぱりそれもめんどくさくなって
パソコン立ち上げて
うどん屋の画像見ながらカップめん食べた
最近つまんない
わたし死ねばいいのかもと思って訂正
わたしの死ぬほどの気力はない
ずるずると明日を迎えに行こうかな
やっぱりめんどくさい
あしたはモノレールいくつ壊せるかな

4年前 No.167

キシレン☆GSMAPNmZEkg ★ep6XFA0bgb_wXi

訂正 下から4行目「わたしの」→「わたしに」

4年前 No.168

キシレン☆GSMAPNmZEkg ★DSi=OmYo56SoRp

一種の狂気にきこえる。
私は今日、協力という文字を知ったので唾吐きました。
唾吐くとかいてつはくとよむけど内緒。
昨日の四角い野望に熱く接吻をされて2ヶ月猫が繁殖期なのでアーアーと鳴いています。
変なセンテンスのセンスは必需。
明日も今日に同じ。

4年前 No.169

@migraine ★2nmNIn4tzr_goM

ひまわりがとけていく、証明写真のまわりで
しゃんとしたからだをしていながら。
目脂ばかりぬぐっていたようなきがした、君の
手に負う事のない小さな鼻をして嗅いでいた。
さっきまでサンキューって言いながら
手をつないでいたのに。
服も離さないでいたのに。

茶色い季節が過ぎて行く」と君はヒョウゲンして、
面白い話をしてくれたものだね」と僕は悩む。

早くから触らずに居たものが、ちっとも大袈裟ではないのに
それを大袈裟だといって誤魔化す君の匂う腿が大きくて
遠ざかってみせたりもしてみる、無謀なひと時。

3年前 No.170

@migraine ★2nmNIn4tzr_goM

カラオケをしている。
となりのそのこえを飲み乾してやりたくて
頭上からキスする、一向に離さない、
そのうちにのみほされてくぼくのこえ。
謝るから取り返させてくれ」と彼女の口を内側から塞いで
引き離さない、一向にもうキスしない、
そのうちにのみほされてくぼくのこえ。
ああもう、僕はうたいたいんだよ!」と彼女の
両耳を後ろからそっと塞いで
話しかける、少し。

3年前 No.171

@migraine ★iPhone=ioS36K14w6

受け止めてやる( *`ω´)」とかw




http://mb2.jp/_aria/844.html-227

何故、石を投げるのか。
カミツクという表現があったり
ドロヲヌルと言ってみたり
叩いたり煽ったり蹴ったり抓ったり
吐いたり踏んだり舐めたり振ったり
何か、丁度良い距離感をツカミタクテ、
ふれたくて。

近付いて観て声を掛けようか
迷いつつ、石を投げるのか。
君はそんなに何者かを
憎みたいのか憎まれたいのか」

+

さぁ、石が、
其処にシゼンがあったとする。
其れはみえるのか。ソレが。
シジンがみえるかも怪しい貴様に。

それでも投げるとするならばだ。
おまえは見えもしない石をだ
見えもしない相手に、ほら
投げつけるのだろう?




+


アリエナイw

僕らは放り下ろされて行く




3年前 No.172

@migraine ★iPhone=ioS36K14w6

架空してみたくなる。

+

最近、やっと周りが観える様になって来て
僕の周りには結構、落ち着いたもの
落ち着きそうなものが在ることに気付けて来た。
僕はといえば、放り下ろされてから
未だに漂っては居るけれど。
でも好きな人や虐待板や仕事や
エッセイや日記や詩人板について
皆が落ち着いて行く。

僕には果たせ無い事が多く在ったとしても
居場所へ辿り着き得無い事が不安でも無くて。
ミスドやガストで将来を考えてみても
ふんわりして来ている、。
今迄は固く冷たかった空や地面から滑り下りたり
滑り上がって来て、軽く仕上がって居るのでは無いか。

罪と責任を別けて考えたりする事が
或いは失望と絶望を切り離したり
左翼と右翼を個別に考えたりする事が
人間性の一言で引っ括めて考えたりする事と
併せて考えて行ける様に、息を整えて行く。

3年前 No.173

@migraine ★iPhone=ioS36K14w6

遠く、ちいさく在るのでもない
かれはたれなのだろう、きっと
彼なのだろうと捜せば、たれそ
かれなのかと訊ねたたれは、誰。

+

誰とは、彼だとか僕だとかの問題では無い。
シンプルにアリノママ弄くらずに考えるなら
夕闇や朝闇の最中、誰は誰のままで好い。
或いはきっと彼ならば、彼で好い。
ぼんやり、寧ろはっきり、観て居れば好い。

弄くるから、誰が僕なのだとか
誰が彼なのだとかが問題と成る。
夕闇や朝闇が大切なゲンジツだ。
重要な事実やビガクは後回しで良い。

3年前 No.174

XYLENE @dimethyl ★DiJGf96V6m_1pK

next[私と口に出す円唇半母音→両唇放出音へ素早く変更]
pres[THIS ENTRY HAS BEEN FUCKED]
prev[新しい明日を期待して調音位置目まぐるしく変化]

""の検索結果は異常です

3年前 No.175

僻猫 @migraine ★iPhone=ioS36K14w6

>常に僕らしく在る僕は、常に彼女らしく在る彼女を、常に愛しつつ、常に居る。
>『愛』が”こと”である場合、『愛』は常に善い。

>>僕らしく在る僕は、彼女らしく在る彼女を、愛しつつ、居る。
>>『愛』が”こと”である場合、『愛』は善い。

>>>僕は、彼女を、(愛しつつ、)居る。
>>>(『愛』は善い。)


+

僕は居る。彼女をどうするかが問題だ。
どうしているかでは無く、どうするか。
愛が善であれ何であれ何か”を”せねばならないらしい。
但し「彼女を」と「何かを〜する」は異ならねばならないらしい。
何故なら「彼女を」「彼女らしくする」ことが愛ならば
『彼女』が彼女らしく在らねば僕は
「彼女を」を果たし得無くなるだけで無く
何かが何からしく在るだけで済む事だからだ。

+

僕らはらしく在るだけでは済ま無い。

2年前 No.176

@migraine ★iPhone=ioS36K14w6

僕は苦しみを悲しみに変えて行く。
君の笑みは惨酷すぎて笑うにわらえないよ
きっと望みを絶った日の夜から星空は
僕らを見下ろし続けてる、だから
もう希望は僕らの何かでは無いから

風が奥の方で僕らを呼んで居る
ならば私は応えずに居よう」
いつの日も、君と。

2年前 No.177

@migraine ★iPhone=ioS36K14w6

星の音を聴け

呼ぶ星の声が聴こえる
聴こえて居る此処は儚く
却って声は確かだ

星は小さい、僕の声より遥かに
開けた上空をかなしみは流れ
苦しみを引き摺る足下を照らす

あれが秘密だ」僕が言う
あれは秘密だ」君も言う
たかが疎通に恋愛は語られていく

薄暗がりに寄り添い
互いに理由を尋ねる事の無い
二人の居る事を私は知った

2年前 No.178

僻猫 @migraine ★iPhone=ioS36K14w6

狭い部屋に生まれてそだって、まいにち、狭い空を、それでも沢山の星をながめていると、月や太陽それから「せかい」のことを、いろいろ思うようになる。
朝がくると眠くなる。ここから太陽はみえない。月はたまにカーテンの切間からみえる。知られない外のせかいが、知られないままに、きょうも、ゆっくりゆっくり、まわっている。
たまに僕もまわされる。別の部屋に移って、別のせいかつが、おなじように始まる。照明の位置や家具の配置が少し違う。ほかはみんなおんなじ。大したせいかつが、外のせかいにあるとも思えない。

それでも僕はさびしい。
さびしいから、いきたい。
どこか誰かの居るところへ、いたい。
もう、いたい思いはしたくないが
からっぽのいすをみつけたい。
みつめていたい。

座れなくても良いから安心したい。
せかいの隅っこで構わないから
誰かの傍で無くても良いから
誰か僕を待って居るひとが欲しい。

待つ者よ、
私は君を諦めない。

2年前 No.179

僻猫 @migraine ★iPhone=ioS36K14w6


僕はあなたを捜してた訳じゃない
変わらないあなたを証明したくて
変えようとする度に変えられない
あなたを僕の事だと思っただけだ

あなたは
生きたくて生きて来た訳じゃない
生きたがれない僕を証明したくて
生きようとする度に生きられない
僕をあなたの事だと思っただけだ


2年前 No.180

僻猫 @migraine ★iPhone=ioS36K14w6

朝のべらんだからみれる景色は
これから先のどんな風景ともちがっていた
ふうけいは未来へ、こうけいは過去へ、
広がっていた景色を追っていく

これから後のどんな光景とも
ちがってみれる景色はしんしつの朝。
街はみらいへ、寝室はかこへ、
ちらばっていた景色がふってくる

光は内へ注ぎ込み風は外へ抜けて居た
けれど此れが逆であっても構わない
そう寝返るのは卑怯か誠実か。

2年前 No.181

僻猫 @migraine ★iPhone=ioS36K14w6

隣の部屋で彼女は着替えて居ます

けっきょくのところ

僕には愛とは何かなんてわからない

わからないまま果たすことが

もし何か一つでも在るとするならば

きっと今日という此の日だと思うから

2年前 No.182

僻猫 @migraine ★iPhone=ioS36K14w6

価値



あるていどの物事を手にとるように
したためていた、かぎりある全て
まったく嘘のように待ちかねていた
はるのひのこぼれていく小川の
ほとりを「かれ葉れ晴れと秋のひと
となりを確かめなくとも、価値はある

ある、程度のものごとをてにとる
ように認めて、居た限り、ある
すべて全くうそのように待ち
かねていたはるのひのこぼれて
行く小川の辺を」枯れ晴ればれと秋の
ひととなりをたしかめなくとも、価値は



ある

2年前 No.183

僻猫 @migraine ★iPhone=ioS36K14w6

未来は、僕の前で待つのをやめた
あるいは僕が追い掛けるのをやめた
そのかわりに、気付くと先で
待っているようになった
届きそうで届かなかった未来は
「届かない届きそうに無い未来」に変わった
これは諦めるのとも少し違った
'更に'諦めたのでも無いようだった
僕は既に諦めて居たし、
http://mb2.jp/_pss/244.html-11
諦めるのを諦めていた様でもあった

そのおかげで僕の過去も拡がった。

1年前 No.184

てたく @nikawateta ★gmKGrLQM9U_1zu

写真を見て短歌を読もうと思うが
ちょっと詠んだら直ぐ止まってしまう
俳句も事実に頼り過ぎて居た
時事川柳も。
かと言って空想は荷が重い
チューハイ気分を飲んだ金曜日
料金を請求された土曜日
そんな歴史が繰り返される
金曜日は馬糞のテレビ内容から逃れられたのに
日曜日は仮眠の後のぼけた頭で
食事中にトイレのCMに捕まる
そんな日が有ってもいいと思う
今日この頃であった

1年前 No.185
ページ: 1 2 3

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる