Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>
ページ: 1 2 3 4


 
 
どのお題にも当てはまらない詩No.116 だけを表示しています。

雨降り☆AbEaVPaDAL0x ★SOFTBANK=s7vvki1cQh

【赫頭巾】

きみの
白く靭やかな脚が
手練手管の狼の
顳に閃いた。

ふわり、と翻るスカートの
裾よりも先に沈む巨体
その脳天に止めの踵を落とし、

毅然として歩み去る
きみの頬に赫く、敗者の雫。


2017/01/10 13:39 No.116

どのお題にも当てはまらない詩No.116 だけを表示しています。
ページ: 1 2 3 4

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる