Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>
ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12


 
 
アニメ化して欲しい漫画No.664 だけを表示しています。

ときね ★sdOEDGuJtV_M0e


お久しぶりです。

今日は、御礼を申し上げにきました。


小学館さま
集英社さま

まずはひとえに共同プロダクションを設立してくださり誠にありがとうございます。
これで業種はちがえど

特捜警察ジャンポリス出演の足立梨花さまを実写名探偵コナンの榎本梓に推すことに躊躇がなくなります!
劇場アニメで本人役を演じられたかたですが、2役で「入れ替わりネタ」とか良いと思います。

そしてコナンとジャンポリスと言えば

私のあれと、中田敦彦リーダーですが…

あのコスチュームをみて思い出したことが多々。

あの書き込みに至ったのは、元々

爆笑!大日本アカン警察のウソ泣きがすごすぎる子役事件で
なんで泣きの演技という言葉を選ばなかったの…
こんな最初に大々的にウソと報道されてドラマの仕事などが来たときに本人がいくら魅せても視聴者にどうせと決めつけられるであろうほうが余程「アカン」!!
と思っていて。

しかし、投稿者様や タイホなしとなったのちにも彼女の身元を刑事の役職付きで引き受けた番組関係の方々の奥底には
感受性が豊か過ぎる此の子は将来騙されてしまうのではないのか、はたまた世間にすれてこの武器を過信し騙す方になっては仕舞わないだろうかと
未来有る少女の行く末を思いつつタイトルにある表現を使って
このままでは「アカン」から、
割り切りながらの涙声でなくはっきりした自分の言葉で 状況に乗った対象を想うことや正義の意味深みを語れるよう成長させてあげたいという慈愛の心があったことや
「故郷の親御さんが泣いてるよ…親御さんが…ううう」『ちょっ刑事さん…言いますよ遣ったのは自分です』

と刑事となった彼女の涙で犯人に反省をさせやすく戦力にできるという粋な演出

だとも


彼女が

芸能界に入って、人口分の疑(義)似続柄がキャッチフレーズにつく人も居る。
そうなってしまえば、視野の狭い元々の縁家族だけのものではなくなってしまう。
気を遣わず甘えられる人数も増えるが、もまれる駄目出しも同じだけ多くなるだろう。

それを承知で送り出した実親心と、義親心を、


大人に敬遠されるような残虐シーンもある中

「カミサマは 居る」
「モノにもヒトと同じように命がある心がある」

「そこに感じる限りそれは自分の人生を導いてくれる」

と信じる人物の深層も出てくる

竜騎士07先生の なく頃にシリーズ を愛読書に
しっかりと理解していた 立派なむすめであったことも

その頃の私はわからずに、それ以降視なくなり

そんなさなかのあれだったのです。

>>256,306 奇跡を屈折しいつしか傲慢になり、まるで自分に現に手柄がついていたかのような振る舞いをして
「本誌へは出張とは言え 新作1話目で緊張しているであろう もり先生になんて事を!!
これじゃ、あれと同じ!」と…


しかし、続くべき言葉が
「こんなに、人の名誉に重きを置くべきテーマの漫画を ずっと前から描いてこられた の に」ではなく

「描いてこられた か ら 、」
デザイナーを目指すなら親バカで用意された操り人形で満足するので無く、本物のお客に買ってもらうには、こういう服を作れば良いと、
きわみちゃんの助言で夢をあきらめずにすんだラブちゃんのなれそめのところに通じるような、
間違いに気付いたらいち早く指摘してあげることで、うしろめたい関係に固まらずに済むという本当の友達のありかたをあんな風に説いたエールだと
解釈すればよかった。のが >>650 で分かっただけではなく

いま ウソ泣きという表記が消え子役刑事として活躍した番組が終わってからも女優として活躍されている春名風花さまと 中原杏先生のにじいろプリズムガールで出てきた 虹架に「賞は無理だ」と決め付けて泣かせてしまうがそれを虹架自身の邁進への後押しにさせた人にそっくりな中田さまの警官姿を見ていて


あのアカンという言葉の深層を改めて悟ることができました。


否定は 何かを失わせる為の言葉で無く それ以降に相手をどう変わり成長するかきづかさせるための利益なのですね。


妖怪ウォッチ制作者さま

アニメのコナンパロディも漫画でのちゃお担当者をもりちかこ先生にしてくださったことも、みい子でのパロディ「ブローチ」も心にしみ嬉しかったです。


エンディングようかいたいそう第一の「かきくけこ」で韻を踏んだ部分が
「「回・帰」して「経」緯を「悔い」て改めればもう一度友達の輪に「手招き」してくれる人がいるよ」だと感じ取れる歌詞で
わたしも許されるならこれからも 今度は節度をまもって アニメ化して欲しい漫画や実写や篠塚先生フラグから始まったEテレ信仰の夢を見ることを辞めたくはありませんが…。


◆くるくるりんね◆でテレビ東京の土曜朝アニメ枠を構えられる!とか。
◆COLORS!◆はメイちゃんの執事スタッフ再動員で実写向き!とか

au iphone のCM「親子」篇の女の子の芸術センスにはスキマの国のポルタでお馴染み・荒井良二先生のアシスタントの道が拓けていると僭越な保証をしてみたりとか…



とにかく漫画は、多くの人に読まれるものでありながら、その一人一人のこころにきちんと寄り添い ゆさぶり 大切なことを教えてくれるので、大好きです。

2014/11/21 22:06 No.664

アニメ化して欲しい漫画No.664 だけを表示しています。
ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる